RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

PROFILE

RECOMMEND

新宿スワン 1 (1)
新宿スワン 1 (1)

最近ハマっている漫画
歌舞伎町のスカウト物語。
裏社会に興味のある人は必読
Yの悲劇
Yの悲劇

超有名な作品ですが、
私がミステリーにはまったきっかけの作品です。まだ読んでない方は是非お読みください。ちなみにこの作品は4部作です。
OTHERS


05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Tigers is my destiny  (阪神こそ我が運命)

阪神を中心に野球の話題を
2012セリーグ順位予想
さて、まもなく2012年のシーズンが始まります。
オープン戦も終盤に差し掛かり、いよいよレギュラー選手中心の試合調整がはじまりました。

2011年オフに多くの選手がメジャー行きを表明したり、監督が変わるなど球団毎に動きがありました。
そのあたりも含めて、今年のシーズン予想をやりたいと思います。

まずは昨年2011年のシーズン結果をおさらいしてみましょう。

     試合 勝 敗 引 勝率 ゲーム差
|罅 ‘ 144 75 59 10 .560 --
▲筌ルト 144 70 59 15 .543 2.5
5陝 / 144 71 62 11 .534 3.5
ず紂 / 144 68 70 6 .493 9.0
ス  島 144 60 76 8 .441 16.0
Σ  浜 144 47 86 11 .353 27.5

まあ、昨年は3強1普通1弱1蚊帳の外って感じでした。

では各球団の昨年と今年の変化点を確認してみましょう。

|翔
退団:チェン 河原 小山 グスマン 小池
入団:川上 ソーサ 山崎 ディアス 高橋周
その他のポイント:監督交代 落合→高木守道

まずは監督交代。中日は昨年チーム打率、得点が6球団最下位。
チーム防御率、失点は6球団1だが、得失点差は+9
巨人が+58 阪神が+39(ヤクルトが-20というのは例外)であるのに対し、この状況で1位になれるというのは選手力だけではなく、落合監督をはじめ首脳陣の采配によるものが大きいと考えます。
その落合監督が退任し、今更・・・という感じで高木守道氏が就任。
阪神でいえばよっさん(吉田義男)が監督になるようなもの・・・いや、そこまでひどくはないでしょうが、過去の采配を見てもマジック的な采配は期待できないと思います。
そう考えると純粋に戦力を考えると、まずは吉見と並んでエース格のチェンがメジャーに移籍。4番手外野手の小池も横浜に移籍。2011年はここという場面で活躍したので意外と痛いかも。それ以上に痛いと思うのは小山の楽天移籍だと思います。谷繁の年齢を考えるとフル出場は厳しく、突然の衰えも十分考えられる。そんな中昨年2番手捕手的位置にいた小山を楽天に放出した意味がよくわからない。小田だけでは厳しいと思います。
他には川上や山崎などのベテランを補強しましたが、過剰な期待はできないし、下り坂の元中日の顔選手が入ることで、起用に気を使うマイナス面も考えられます。また山本昌の開幕投手案など高木監督がベテラン重用の起用方針を打ち出しているのもどうなのかなぁ〜って感じです。

▲筌ルト
退団:青木、ホワイトセル、ガイエル、橋本
入団:ロマン、阿部健、ミレッジ

なんといっても青木の穴はものすごく大きい。上田あたりが代わりにセンターに入るにしてもいきなりこの穴を埋めるのは厳しい。
あとはホワイトセルが抜けてバレンティンが不振で二軍という可能性があり、そうなると畠山以外一発を期待しにくい打線になってしまう。
畠山もどちらかいうと広角に打つ強打者なので下手に一発狙いになるとマイナスになります。あとはミレッジがどこまで活躍するかにかかっています。

5霓
退団:グライシンガー、MICHEAL、アルバラデホ、トーレス、藤井、鶴岡、ラミレス、大村、高橋信二、脇谷(育成契約)、フィールズ、ライアル、紺田
入団:杉内、ホールトン、マシソン、中谷、村田、石井義、高口、ボウカー

・・・・入れ替え多ぇ〜〜〜(汗)
まあ、退団する選手の中でまともに活躍したのはラミレスとアルバラデホぐらいですけど。投手陣は杉内、ホールトンが先発に加わるのは大きなプラス。問題は4番ラミレスの穴をどう埋めるかでしょう。
まあ、昨年も阿部が4番打ってたりしますので、村田、ボウカーの活躍次第では十分埋まるでしょう。
戦力的にはプラスになっているでしょう。

ず綽
退団:下柳、上園、桜井
入団:伊藤隼
その他のポイント:監督交代:真弓→和田

はっきりいって、戦力的には何も変わっていません。城島が復帰というのはありますが捕手ではなく一塁手ですので、ブラゼルと併用になってしまいますし。ただ、一番大きいのは監督交代。昨年得失点差+39 打率6球団中1位、防御率6球団中3位でBクラス、しかも勝率5割以下・・・いかに采配がまずかったかということです。そういう面が少しでも改善されたらもうちょっとは上位に上がりそうです。
ただ、問題はレフトに居座る人でしょうね。今年も肩は回復していないでしょうし、この伝説の鉄人をスタメン落ちさせられるかどうかがチームの浮上にかかっているでしょう。

ス島
退団:豊田、シュルツ、ジオ、トレーシー、嶋
入団:ミコライオ、野村、江草、ニック

昨年5位の広島、投手陣は前田健太、バリントンなどの先発陣に抑えのサファテと軸はしっかりしている印象があります。問題は打撃、特に長打力ですがここにきて松山などの若手の成長が見込め、昨年途中に入団したバーデンもそこそこの打率を最終的に残すなど日本野球に適応。
投手陣も今村、今井、中田など若手の成長もあり、昨年よりも戦力UPは期待できる。私は台風の目と思っています。

De-NA
退団:大家、真田、村田、スレッジ、ハーパー
入団:藤井、ジオ、林、菊池、鶴岡、後藤、小池、ラミレス、サラサー

中畑監督就任で注目を浴びている新生ベイスターズ。
ただし、戦力を見ると・・・打撃陣はハーパー、村田、スレッジとクリンナップ揃って退団。しかもそこそこの活躍をしていた3人の穴をラミレス+αでフォローするのは難しい。さらに期待の筒香が怪我で出遅れ。
昨年よりも打撃陣は落ちるでしょう。
そして問題の投手陣だが、高崎、国吉などの成長は確かにあるけど防御率は6球団ダントツの最下位。しかも先発投手の防御率だけでは4.34と統一球になったとは考えられない数字。しかし先発の補強はジオ、藤井。ジオは広島で昨年そこそこ投げたが、藤井はほとんどファーム。そんな状態ではまともに戦えないと思う。
中畑監督の監督采配としての資質には疑問があるし、正直話題のみで終わりそうな予感がします。

以上、各球団の状態を考えた結果の順位予想がこれです。


ゝ霓
∈綽
9島
ぅ筌ルト
ッ翔
De-NA


感じとしては2強3弱1蚊帳の外だと思います。
広島には是非CSに出られるような頑張りを期待します。私はこういう泥臭いチームが好きなんです。世の中金じゃないというところを是非見せつけてやってほしい。(阪神ファンがいうことじゃない・・・)

次回はパリーグを考えてみたいと思います。
| 虎話 | 19:11 | comments(6) | - |
金本に対する相変わらずな異常なまでのヨイショ報道
どうも、お久しぶりです。

最近、仕事が忙しい・・・でも、それだけじゃなく休みで疲れがとれなくなっているかも。
家でのんびりしているといっても、常に子供に注意しておかないといけないので、心底のんびりできていないのでしょう。かわいいんですけどね。
ここにきて、用事の合間に喫茶店とかで本読んだりする時間の至福感を実感していますw

そんな中、オープン戦もぼちぼち始っています。

やはり楽しみだったのは2/19の巨人-阪神戦。
阪神も平野、鳥谷、金本、城島、関本など主力メンバーがスタメン。
巨人はDHを含む守備位置のことを除けば、開幕戦じゃないかという豪華メンバー。
阪神の目玉は4番金本、5番城島。昨年怪我で足を引っ張った高給取り2人がどんなもんかというところです。
まずは城島に関しては1打席目は外の変化球に泳がされたが、2打席目ではセンター方向にヒットを打ち、昨年のひっかけてサードゴロばかりの頃に比べて、まずは良くなっているかなという印象です。

問題は金本。
報道では4番復活や肩は問題ない、返球できた、逆方向に打てたなどと出ていたので少し楽しみに見ていましたが・・・・

昨年と何も変わってないやんけ!!(怒)

相変わらずの引っ張りONLYの打撃。
1打席目も外角の球を無理矢理引っかけてボテボテのゴロ
2打席目も終始引っ張りでセカンドゴロ。
そして3打席目。2死1・2塁、相手はシュートピッチャーの西村。
セオリーとしてはレフト側にタイムリーを狙う場面。
もし、金本の肩の調子が本当に良いならレフト側に強い打球を狙って、広角に打てるほど回復したよとアピールする絶好の場面!

しかし、この打席も相変わらずの強引な引っ張り。
ファールも当てただけでいい感じのファールとほど遠い内容。
結局最後までライト方向狙いだけで三振。

どこが肩が回復してるねん、昨年と全く一緒やないか・・・

そして、さらに驚いたのは次の日の報道

http://www.sanspo.com/baseball/news/120220/bsb1202200504006-n1.htm

魂のスイングって何よ(爆)
言うこと事欠いて、三振まで美化しだしたぞ。
なんで、そこまで金本に対してヨイショせなあかんねん!?
裏にどんな力が働いているんだろうか。さすがにそう疑うしかない内容ですね。

あの打席の内容を見たら、野球をそれなりに見ている人ならわかるはず。

フォロースイングは大きくなっているかもしれないけど、肩が回らなくて逆方向に打球をさばけないなら意味がない。
だいたい外野が広くて左打者に不利な甲子園を本拠地にしていて、かつ昨年からの統一球でボールが飛ばない状況で、「守備が悪くて、打率は低いけど一発のある左の外野手」って一番需要がないと思うんだけどなあ。

結局引っ張りしかできないってことですよね・・・。
和田さんのコメント見ていると真弓さん同様に和田さんの意志に関係なく金本を無理矢理スタメン起用しないといけない状況に追いやられるのかな。
もういいかげん勘弁してほしいんだけどな。

確かに金本が阪神に来てチームが変わったことは今でも感謝しているけど、それとこれとは別。
「色々な事情」があるんでしょうが、これ以上チームの足を引っ張らないでほしい。
しかし、マスコミや一部解説者による金本びいきは異常やね。
最近煽り記事の内容がバカらしくて笑えるレベルになってきている。
なんでここまでしないといけないんでしょうかね?

あまり突っ込みすぎると北野誠みたいになってしまうのかな〜w
| 虎話 | 23:34 | comments(9) | - |
2012年初ブログ
2012年になって初めてのブログです。サボっててすんまそん。

年始に会った友人には更新がおろそかになってきてることから、
「子供もできて、最近余裕なくなってるんちゃうん?」と厳しい指摘を受けました。
まあ、平日は仕事、休日は育児の手伝いになって、あまりネタがなかったんですね。

野球もまだ始まってなかったので、すっかり仕事人間になっていました。
ただ2月1日からキャンプもはじまりまして、こちらで徐々に私も開幕に向けて調整しております。

昨日は年間指定席購入者用の京セラドーム開催分の先行発売もはじまり、いよいよはじまるなぁ〜って感じです。

しかし、今から開幕3連戦はまだしも、8月の開催分も買えってのは無茶やと思うけどな〜。
しかも甲子園の席数+2席(私なら4席)購入できるので、確実にライト下段はこの優先発売でほぼなくなると思います。
昔、年間指定席買う前にぴあやイープラスで発売同時につないでも、すぐライト下段がなくなっていた理由が、よくわかりますわ。
夏の試合には娘もデビューさせようと思っています。

またキャンプや予想などできるだけアップしたいと思います。
ただ、2月末から仕事が忙しくなりそうなんで余裕があるかどうか・・・・

まあ、今年もよろしくお願いします。
| 虎話 | 12:03 | comments(6) | - |
ファン感謝デー行ってきました
先週の土曜日、阪神のファン感謝デーに行ってきました。



娘はまだ4カ月半ですので、さすがにまだ12月の屋外で何時間もというのは無理なので、会社の虎キチ上司W室長と一緒に行ってきました。
嫁は私がいない方が飯作らなくていいし、楽らしく、「どうぞどうぞ。いってらっしゃ〜い」ってことだそうです。

正直、ほとんどイベント見てませんでした(笑)

年間指定席のメンバーと1ヶ月半ぶりの再会ということで、そこで盛り上がるのがメインになってしまい・・・
まあ、シーズン中は月の半分近く球場で会っていて、一緒に騒いでいるわけでそんなメンバーが1カ月以上も会わないと変な感じで。
結局ほとんどグラウンドは見てなかったけど、楽しい時間は過ごせました。

数少ない写真を紹介します。







とりあえず平野がはりきり小僧になっていて、久保田が守護神になっていた。そして新井良太がアライサンの真似をしたのは覚えています。
途中からW室長は寝てるし(笑)

あと、今回は最後のサインボール投げがなかったですね・・・。
フィナーレのときにみんな一斉にそれ目的で前の方にいったのに、何もなくて「なんやねん・・」みたいな感じで戻っていくのが印象的でした。
ちょっと残念。

そのあとはこのメンバーいきつけの某お好み焼き屋で17時から21時まで飲んで騒いでいました。
このメンバーと春まで会えないのはさみしいですな。

まあ、ファン感も終わって2011年の野球も終わったって感じですね・・・。
| 虎話 | 23:49 | comments(5) | - |
2011シーズン終了
終わってしまいました・・・・

4位が決定して、最後の甲子園4連戦は笑ってしまうぐらいガラガラでした。ヤクルト戦なんぞ年間席の仲間と一緒にヤクルトの傘あげて遊んでました。
でも、最終戦だけはさすがにそこそこ入りましたね。







この真弓”監督”を見ることはもうないかもしれませんね。
監督としては??だらけでしたし、管理能力や采配の一貫性など管理職として部下を統率する能力に疑問符がついたということで、再登板はないでしょう。3年やってもそのへんは変わらなかったし。
元々、職人的な選手でリーダーシップとかいうよりも「俺は俺の仕事をする」というタイプ。人を動かすのは合ってなかったんでしょうね。
そして優しすぎるところもね。
監督は「おれが監督じゃ。文句あるか!」というぐらいの我の強さが時には必要なんだけどそういう点も見られなかったね。

まあ、これで真弓元選手に戻るわけでようやく「真弓ファン」に戻れるかもしれない。

ただ、次は和田さんって・・・・
ご存じの人も多いでしょうが、私は和田さんとはヒョンなことから知り合いでして、しかもうちの奥さんとの仲人みたいなもんなので・・・結婚式でもサプライズプレゼントいただいてるし(嫁号泣w)、和田さんがいなければ、長女も産まれてこなかったわけで、ある意味恩人でして。。。。

あ〜、来年からは下手に監督批判できないわ(苦笑)

ただ、いくら打率はセリーグ1とはいえ真弓政権の打撃コーチとして4位の責任はないわけではないし、首脳陣が総辞職すべきところに監督昇進ってのも変な話だし、真弓さん同様「職人肌」「優しすぎる」というところがある。取り巻きが良ければいいけどヘッドコーチにはすでに吉竹という、和田さんの意志と無関係に思われる人事(監督より先に決まってる)であまり期待できないし・・・・
まあ、真弓さんと違ってコメントには自分の意志とか方向性が明確に出ている点はあるのでそれを貫き通せるかがカギでしょう。
ただ和田さんは守備走塁重視の野球をやりたくても、レフトに聖域があるからねえ・・・。これじゃ誰が監督やってもね・・・
| 虎話 | 23:50 | comments(8) | - |
驕る球児(藤井)は久しからず
久々に野球の話題です。

今日の横浜-阪神戦、9回裏に横浜にまさかのサヨナラ負け。
巨人も勝ったためゲーム差はまた4まで広がりました。

別に負けたこと自体は仕方がないことだが、負け方が悪い。
私に言わせれば怠慢です。

8回に球児を登板させたことは仕方がないと思います。
2-1で1番からの下園、松本、筒香の左打者3人に榎田。
3人で抑えてくれたら良かったが、松本を出して2死1塁。
打者は4番村田。
今は横浜は外国人2人が帰国し、5番の藤田も今日は途中交代で「村田を抑えたらなんとかなる」という空気があった。
一発が出れば逆転になるわけで、イニングまたぎを考慮してでも球児を村田に起用したのは私は正解だと思う。

問題は9回
山崎を打ち取って、渡辺にヒット。
1死1塁でバッターは荒波。渡辺盗塁で1死2塁
ストレート2球に完全な振り遅れの後、ファールで4球目
2ナッシングから真ん中のフォークをライト前に打たれる。

2ナッシングというカウントで、ストレートに押し負けている打者に変化球を投げるならボール球でしょう。何故ストライクを投げるのか?
相手がルーキーということでなめてかかったとしか思えないです。
これで1死1・3塁のピンチになる。
しかし、これは序曲。
そのあとの代打内藤は見事に三振に取って2死1・3塁

バッターは細山田。横浜は捕手2人制のため黒羽根スタメンであったから代えられない。打撃も200前後で決して打撃の得意な選手ではない。
私も正直「これで勝ったかな?」と思った。

しかし初球に1塁ランナー荒波が盗塁。しかし阪神バッテリーは投げる真似すらせずにフリーパス。2死2・3塁になる。
この1塁ランナーはサヨナラのランナー。果たしてフリーパスで2塁に行かせて良いランナーなのか?

相手もプロの打者。球児のストレートに対してバットに当たれば単打の可能性はある。しかし長打の可能性は低い。
そんな状況で簡単に単打で2点入る状況を作ってしまってよかったのか?
まあ、3塁にランナーがいるので下手に2塁に投げるとホームにかえってくる場合があり、投げないケースもある。
しかし、今回の場合は藤井は投げるかっこうすらしなかった。
まるでこのランナーの得点は関係ないような。

なんでこういうことになったのか、それは藤井の頭の中に「ランナーが進んだところで細山田でアウト取れるから関係ない」という驕りがあったんじゃないだろうか。

ただ全く投げるポーズもしないというのは横浜からしたら「打てないと思ってなめてやがるな・・」という闘争心を煽ることになっただろう。
私は非常に嫌な予感がした。
そしてその次のストレートを見事にはじきかえされてサヨナラ負け・・・
せめて盗塁のときに投げる真似や牽制などをしておけば、こんなことにならなかったかも。

しかも、この2球目も安易にストレートでいったような感じがする。
一打サヨナラの場面になったというのに、それに対する注意と言うようなものが全然感じられなかった。素人の私でも嫌な予感がしたのに捕手が間を取るとかそういうものはなかったのか!?

なあ?阪神はいつから横浜をなめてかかれるほどえらくなったのか!?

荒波の攻め、サヨナラのランナーのフリーパス2進、そのあとの細山田への投球。
このすべてに何か阪神バッテリーの慢心が見えた。

確かに8回に村田を抑えて、山崎、渡辺、荒波と下位に行く打順で長打もなさそうなので球児であれば連打はないだろうという思いはあっただろう。
球児ほどの投手だから見下ろして投げられる相手かもしれないが「見下ろす」と「なめる」は違う。

やるべきことをやって見下ろして投げるならいいが、やるべきことをきっちりやらずになめてかかってやられたとなるとお話にならない。

序盤の試合であれば反省して褌締め直すということで良かったが、この土壇場でこんなことやっているようではCSなど出る資格はない。
自分らは何様だと思っているのだろうか。6年間優勝していないし、たかがAクラスの常連程度で横浜をなめてかかれるほどえらいのか!?
なんか成金根性丸出しで恥ずかしいわ。

もう一度暗黒時代のころを思い出して、精進し直せ!

久しぶりに怒り心頭の試合でした。こんなくだらん試合しているのならCSなんか出てほしくない。
どんどん負けて来季に根本的にチームを叩き直してもらいたい。
今日に関しては真弓監督は悪くないが、こういう雰囲気にしたのは首脳陣の責任だからな。ほんと落合監督にでも来てもらって、精神部分から鍛え直してもらわないとな!
| 虎話 | 23:02 | comments(6) | - |
久々の更新
すっかりごぶさたでした。最近、仕事が忙しく、バタバタしておりまして
ブログを更新しようと言う気力がなかなかありませんでした。
水曜も東京日帰り出張で、朝6時に家出て、11時に埼玉春日部に着いて、
仕事して15時に東京出て、19時に帰宅すると言うあわただしさです。

また、嫁が産休に入りまして、いよいよという状態になってまいりました。

そんな中、なんか正直、阪神に対しての情熱を失いつつあります。
どう考えてもおかしい金本スタメン固定に、久保先発の時だけ金本はでないなどありえないことばかり。
こんな状態で勝てるわけないね。
今年はもう金本大選手の引退セレモニーを1年通じてやっていると思うしかありません。
まともに守れない投げられない選手がレフトにいたら投手はたまったもんじゃないし、その分打つかといえば今年に入ってヒーローになった試合はなし。

年間指定席をもう買ってしまったし、周りの仲間は楽しい人たちばかりなので甲子園には行きますが、以前の負けに対する悔しさがなくなったきています。「はいはい、そりゃそうですね」という感じで冷めています。

あえて飛車角抜きで将棋しているようなもんやもんね。

江草のトレードもなんか付け焼刃的
昨年オフに水田出しておいて、小林の補償で高濱がロッテに行って・・・
ちょっと内野手にけが人が続出したら黒瀬獲得。
バッカじゃなかろかルンバ。

一度リセットするしかないね。
それには負け続けて真弓に休養してもらいましょう。
今は阪神が負けることを望んでいます。少なくとも金本が守備についているときはそう思っています。
| 虎話 | 23:49 | comments(6) | - |
脇谷の落球に関する大誤審について
今週は巨人戦2試合と昨日の横浜戦に行ってきました。

あの脇谷の落球は私もはっきり見えました。
白い球がはずむのを。だから審判がコールして巨人守備陣がベンチに戻るのを見て、「おいおい、なんでやねん!!」という声が外野中から出ていました。

外野から見てもはっきりわかることをわからないってどういうことやねん・・・

アウトセーフとかストライクボールの微妙とかいう判定のレベルじゃない。
確かに後でモニターを見たら審判の死角になっていたが、それを見れるようにちゃんと移動するのがプロの審判でしょう。
見えないのなら他の審判に聞けばよい。判定するな!

土山はプロの審判として失格です!

給料もらってやるレベルじゃないわ。

以前、ロッテ−日本ハム戦でフライの後、完全に帰塁しているランナーをアウトといった審判がいたが、それに匹敵する大誤審。

ホームランに関してはビデオ判定というルールができたが、これじゃあやはり6人制を復活させた方が良い。
最近、どんどん誤審のレベルが低くなっているような気がする。
切に審判のレベル向上を願います。

さて、問題はプレーの主、脇谷。

正直、私はプレー自体はおかしくないと思う。
野球はある意味だましのスポーツであり、そういうズルさも技術のうちという面はある。
だから「被災地に対してフェアプレーうんぬん」という理由に関してはちゃんちゃらおかしいと思う。

ただし、問題はここから・・・・
試合後の脇谷の発言です。

捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。
 VTR?テレビの映りが悪いんじゃないですか

これは最低の発言ですね。

誰がどう見ても落としていることに関して、シラを切る。
おまけにテレビの映りとか人を馬鹿にした発言。

こういうときはノーコメントか「審判がアウトといっているので・・」とけんもほろろに対処するのが普通。開き直るなんてもってのほか。
原監督でさえお茶を濁した発言をしているのに、本人がこんなことを言ってはいけない。
だいたい、本来はブラゼルの当たりはイージーフライで「捕らなければいけない打球」
反省すべき内容のはずなのに、これですわ。

「普通に取らないといけない打球なんですけどね・・・騒がして申し訳ありません。もっと練習します」

ぐらい言えば、ここまで皆の反感を買わなかったと思います。

この発言に関しては日本がこういう状況でプロ野球で勇気づけようという流れに反すると言えます。
巨人ファンからも「この発言はない」という意見が多数出ています。

まあ、土山も脇谷も社会的制裁を十二分に受けているので今回の自分の引き起こしたことの罪深さを身にしみて感じているでしょう。

十分反省してもらいたい。

でも脇谷が出てきたら阪神戦ではしばらくブーイングは続くよ。
まあ、身から出たサビですな。

以上をまとめると

「プレー自体は仕方がない。審判が見ていないのが悪い。ただ、試合後にはっきり落ちているのをわかっているのにたばかる脇谷の発言は最低。プロの発言じゃない。」

こういうことです。



| 虎話 | 11:22 | comments(8) | - |
金本の連続試合出場ストップ
昨日、金本の連続試合出場が1766試合でストップしました。

金本が代打に出た時に俊介が盗塁失敗してチェンジになり、守備位置につかなかったことから試合出場にはならなかったという想像もしないような形でした。

ただ、結果としては良かったと思う。

金本が昨年連続フルイニング出場がストップしてからも、連続試合出場は続いていた。ただし、この連続試合出場は金本が実力で出ていたとはとてもいえない状況。
意味のないところでの代打や、守備固め、試合展開を無視したような「明らかに記録が目的の出場」というのがはっきりありました。

そして今年も肩は回復したとはいえず、内野になんとか返せるのが精いっぱいという状況。
こんな状態で「毎試合出場しなければいけない」という縛りがあるのは厳しい。
ただでさえ本拠地の甲子園は外野が広い上に、今年はボールが飛ばなくなったというので守備力というのは非常に重要。

それに金本の打撃力がこの守備のマイナスを補えるだけの状態かどうかということも正直疑問。
まだまだ打撃ではすごいものがあるとは思っているが、一昨年までのような「押しも押されぬ不動のスタメン」という域であるかどうか・・・
おまけにあれだけの守備のマイナスを考えると、林や浅井との併用も十分に考えられる状態です。

実際、昨日は林がスタメンだったわけだが、現在林の状態がいいので、
良いときの林であれば今の金本よりもパフォーマンスは上であってもおかしくないと思う。
それでも金本を記録のために使わなければいけないとなるとチームの勝利よりも記録が大事なのかということになってしまいます。
(代打になると試合展開関係なく出さなければいけなくなり、やりにくい。)
昨年末には実際にそんな試合ありましたし。
正直、昨日も浅井に代えて金本を入れるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが・・・

まあ、首脳陣にとってもいい機会でしたでしょう。
代えたくても代えれないという雰囲気もあったでしょうし。
昨日もその後の守備に金本を入れなかったということは「これが良い機会」という感じはあったのでしょうね。

後は俊介に対してのフォローですね。
金本自身は後輩でもある俊介に対して、気遣いはしていますが、
周りが変な雰囲気を作らないか心配です。
まあ、金本の連続出場について懐疑的な見方も多いと思うので、それほど影響は無いかと思いますが、俊介本人はかなり深刻でしょうね。

ただ、俊介は未来の阪神を支える選手!
逆にこれを機にさらなるステップアップをしてほしいです。
こういう場面で出て来ることは逆に「もっている」選手なんだと思います。

金本についてもこれで無理矢理な起用をしなくて済むわけで、調子のよい時やDHなどではまだまだ十分活躍できると思います。
それに代打でも以前は記録重視で試合展開無視という場面が多かったですが、これで試合展開に沿った形で出せる。別に必ず出さなくていいんだから。

前にも言ったかもしれないが、どんな名選手でも衰えるときが来る。
王や立浪のように「自分のプレーができなくなった」とバットを置く選手もいれば、野村や工藤のように控えでも良いからボロボロになるまでやるのもあって良いと思う。
ただ、衰えを認めずに無理に出場し続けて、それが周りの迷惑になるようなことだけは絶対にあってはならないと思う。
ただ、これぐらいの選手になると影響力がありすぎて、自分だけの決断じゃどうしようもできないのかもしれない。

ある意味一番ほっとしているのは金本自身かも。

| 虎話 | 19:39 | comments(6) | - |
セリーグ予想 2011
どうも、お久しぶりです。
仕事が忙しすぎて心身共に疲れていたときに大震災が発生して、かなり気が滅入っていました。
野球にもほとんど関心を示していませんでしたが、昨日今日と日本ハム−阪神のオープン戦を見ていてようやく元気が出てきました。
7月には父親になるんだから、しっかりしないといけませんわ。

さて、そういうわけでセリーグの戦力分析をやってみようと思います。

中日

IN:グスマン・カラスコ・ソト・佐伯・水田・大野
OUT:セサル・新井良太

ざっと入れ替わりを書きましたが、正直グスマンの加入以外はあまり大きな影響はなさそうです。
ただこのチームも主力の高齢化が目立っています。荒木・井端も35前後、和田が39歳、谷繁が41歳。そして投手でも抑えの岩瀬が37歳と徐々に下り坂、もしくは急激に衰える可能性もある状況です。おまけに先発の吉見、チェンが共に開幕から離脱となるとかなり厳しい状況です。昨年もそんなことを言いながら大島、堂上弟あたりが後半戦では十分な一軍戦力になったということからも、この球団の育成能力はすごいのでなんともいえませんが・・・。

阪神

IN:小林宏・榎田・加藤・藤井・新井良太
OUT:矢野・高濱・高橋光信・フォッサム

昨年は藤川球児、西村の計画性のない酷使がかなり終盤影響しました。そこで小林宏を獲得。まあ、渡辺・久保田・西村→小林宏→球児という継投は延長がない今季にとっては完璧な投手陣かも。しかも昨年半分休んでいた能見に全部休んでいた岩田が復活すればかなりの投手陣になるかと思います。
野手に関してはもう何も言うことがないでしょう。金本を無理矢理使って自爆するようなことがなければね。

巨人

IN:バニスター・アルバラデホ・沢村・ライアル・紺田
OUT:クルーン・オビスポ・豊田・小林雅・藤田・李・エドガー

豊田・小林雅・藤田の元パリーグ実績組は昨年まともに活躍していないのであまり影響なし。やはりクルーンの穴でしょうね。不安定な抑えとはいえ、抑えにいたからこそ山口をセットアッパーで使えたというところがあったと思います。
越智・山口→クルーンと言う部分が越智→山口になるのはマイナス。ここにMICKELやアルバラデホなどの候補が穴埋めできないとしんどいような気がします。
沢村を思い切ってここに持ってくるのも面白いかと思ってますが。
野手に関してはエドガーがライアルになっただけでたいして昨年と変わらないでしょう。ただボールが変わってドームランが減少するということは考えられるので、その点に対する対処がどうなるか。

ヤクルト
IN:バレンティン・濱中・宮出
OUT:デントナ・李・ユウキ・志田

ここもデントナとバレンティンの入れ替えぐらいですかね。
外国人が投手は林、バーネットといますが、場合によっては野手3人というケースも考えられなくはないですね。守備に不安はありますが破壊力はありそうです。
川島慶三が復帰しますし、畠山や武内が準レギュラーと考えると結構な戦力層ですね。投手陣も由規が化けかけていますし、私が左投手の中でトップクラスと思っている村中など先発投手陣も豊富。5・6番手の投手次第では十分Aクラスに入ってくる戦力だと思います。

広島
IN:バリントン・サファテ・豊田・福井・トレーシー
OUT:スタルツ・高橋建・チューク・ヒューバー・フィオ

昨年は前田健太しかまともに機能しなかった先発投手陣、おまけに抑えも永川・シュルツが離脱とボロボロの投手陣。今年はどうなるかだが、早くも横山が離脱と雲行きが怪しい。ただ新外国人のサファテの評価が高いが救い。
打線はトレーシーがどこまでやるか。まあ、ヒューバー・フィオ以下ってことはないでしょうから昨年よりは良くなるでしょう。

横浜
IN:山本・大沼・リーチ・加賀美・森本・渡辺・一輝・喜田
OUT:寺原・高宮・ランドルフ・ブーチェック・弥太郎・桑原・内川・カスティーヨ・佐伯

相変わらず入れ替えが激しい横浜。ここはともかく投手陣であるが先発陣に山本・大沼が加わったがまだ足りないような気がする。
打線も内川が抜け、1・2番タイプと一発はあるが穴が多い打者ばかりになってしまった。森本、渡辺も1・2番タイプだからあまり補強にならないと思う。守備面ではそれなりのプラスはありそうだが。そして何よりもこの球団が勝てない理由は他にあるような気がする。そのへんの意識が変わらない限り上昇はなさそう。

よって順位は

1.阪神
2.ヤクルト
3.巨人
4.中日
5.広島
6.横浜

でもCSで阪神は負けそうな気がしますw
パリーグはまた後日




| 虎話 | 18:44 | comments(5) | - |
小林宏の人的補償は高濱
以前ここで人的補償について「結局は金銭」と予想しておりましたが、高濱君が人的補償でロッテに移籍することになりました。

確かに自分なりのプロテクト枠を作成していたときに、高濱で一瞬考えましたが「素質は言われていたけど、入団して以来怪我でまともに出場していないし、育成枠へという話もあったぐらいだから」と外しました。
「取られてもいい」というより「ロッテが取りに来ないだろう」という考えでした。

あの時点では鳴り物入りでも3年間怪我ばかりで一軍未出場の選手をロッテが取りに来るとは思えないし、坂、狩野、江草といった準レギュラーや一軍中継ぎ候補がボーダーラインになると言われたプロテクト枠に高濱を入れることは難しいと思います。

だからプロテクト枠を外したことについては仕方がないという感想です。
その後の紅白戦やOP戦の活躍を予想しろと言われても厳しいですよ。

ロッテからしたら数年前の高校生ドラフトをにぎわした選手だし、ポジション的にも目に止まるけど、リストが来た時点では一軍どころか二軍の実績もない選手を獲得するのは冒険だったでしょう。しかし、OP戦などの活躍によって前評判に対する裏付けができたので獲得になったと。
ゲームじゃないんだから、裏付けがないと安易に決定できないわけで。

そう考えると阪神にとっては運が悪かったとしかいいようがないのかな。

ただ、高濱本人にとってはチャンスだと思う。
ショート、サードには阪神だと新井、鳥谷という大物選手がおり、しかも真弓監督は「意地でもフルイニング」みたいな起用をしているので、一軍に上がれてもそうそうレギュラーのチャンスはなかったと思う。

しかし、ロッテは西岡が抜け、今江も怪我して開幕微妙な状態。
ショートは荻野がコンバートされるようだが、他の候補は根元、塀内、細谷などとこれといった選手が今のところいない状況。
十分、競争の中に入ってくる可能性はある。
問題は怪我だが、続木が二軍トレーニングコーチやっている阪神よりは絶対良いと思うのでしっかりやってもらいましょう。だいたい海老野コーチはともかく選手上がりにトレーニングコーチまかせているのって阪神ぐらいじゃないか?

そう考えると高濱本人にとっては良かったのかもね。
ロッテで頑張ってください。

しかし、小林宏の獲得はウィークポイントの補強だと個人的には思うのだが、この件だけではなく「大物選手を獲得して、若い有望選手の芽を摘む」といった形になるケースがどうも目立つね。
確かに昨年球児につなぐ投手に苦労したのはわかるけど、だから安易にロッテの抑え投手を獲得って・・・もうちょっと首脳陣があがく要素があると思うんだけどなあ。
なんか10数年前の巨人みたいですごく嫌です。
補強するなとは言いませんけど。
| 虎話 | 02:06 | comments(6) | - |
2.14
いや〜、2月11日に続き、珍しく大雪。
阪神地区でもかなり積もりました。会社でもみんな「今日は帰れるのだろうか・・」と不安気。
定時になると滋賀県在住(草津線沿線)の所長が即効帰りました。
帰り際に「尼崎のビジネスホテルとっておきましょか?」とか茶化されていましたがw
そんな感じで私もそそくさと帰らせていただきました。

さて、2月14日はヴァン・アレン帯の誕生日です。

・・・すいません、わからない人はスルーしてくださいw

嫁さんが「あんたにピッタリなやつ用意した」ということで、





写真撮る前にうっかりリボンを外してしまいましたが、ちゃんとTigersと書いてあります。
中には5枚ほどチョコレートが入っていましたが「1日2枚まで!」と釘をさされました。

ありがたくいただきます。
| 虎話 | 23:50 | comments(6) | - |
小林宏の人的補償について
今年も週刊ベースボール選手名鑑号が発売されました。
これを買うといつも「いよいよ始まるな」と思います。

マスコミはとにかく斎藤佑樹、斎藤佑樹・・・少し食傷気味。
2月頭に阪神FC先行のチケットが発売になったそうですが、噂によると日本ハム交流戦のチケットが平日にもかかわらず人気だったらしいです。
しかし、果たしてそのときまでローテにいるかどうか。
まあ、日本ハムの昨年から先発投手難でダルビッシュ、武田勝、ケッペルの後に続く投手がおらず、昨年は大ベテランの木田が先発ローテに入るような状態でした。
巨人から移籍のオビスポが4番手の筆頭とはいえ、あと2つ枠があり、
そこを増井、矢貫、糸数、ウルフや復活を期す八木などと争うわけですが、
正直、斎藤佑樹が勝ち取れるかどうか・・・
人気先行も助けて勝ち取れたとしても6月の甲子園までもっているかどうか。
ルーキーなら乾や榎下といった有望な投手が他にもいますし、戦力だけを見るなら乾の方が良いような気すらします。

古い人なら太田幸司フィーバーを思い出すのかもしれません。

話は変わりますが、本日、FAで獲得した小林宏の人的補償に関するプロテクト枠が決まったそうです。
当初は新人、外国人選手、移籍選手は対象外だったようですが、どうやら移籍選手は支配下登録日数の関係上該当する模様・・・なんでやねん。

結局、FAで来た藤井にトレードで来た新井弟や横浜を自由契約になった加藤も該当するということですね。

では28人のプロテクト枠を考えていきましょう。

確実にプロテクトされるであろう戦力

投手:渡辺、能見、藤原、二神、岩田、藤川、秋山、久保田、久保、西村
捕手:城島、藤井
内野手:鳥谷、関本、上本、平野、新井兄
外野手:金本、俊介

これで19名

ちなみに藤井が入っているのは「FAで獲得した選手をプロテクト枠から外したというような情報が流れた場合のデメリットを考慮」ですね。
戦力的にはどうかな・・・と思うのですが、もし藤井を外して取られるようなことになると球団の姿勢が問われるし、総すかんを食うだろう。
今後FAで阪神に選手が入らなくなります。入れざるを得ないといったところでしょうか。
金本は万が一取られた時の営業上のデメリット。
ロッテからしたら3億5千万のまともに守れない43歳の選手を獲得するメリットはまずないでしょうが、阪神からすると広島から移籍して8年間でチームの顔となった選手でグッズなどの売れ行きもトップクラス。
そして新井を代表とする「金本一家」のモチベーションなどを考えると阪神フロントはビビってプロテクトするでしょう。
中日落合監督などならシレッと外すかもしれませんが、阪神にそんな勇気はないと思います。

では残り9人の候補となる選手

投手:蕭・筒井・江草・小嶋・下柳・鶴
捕手:小宮山
内野手:大和・坂・野原将
外野手:浅井・桧山・林・桜井・狩野

ちなみに桧山は金本と同じような理由です。特に生え抜きですからね。
外れていても絶対ロッテは取らないと思いますけど、阪神フロントはプロテクトしそうな気がします。
逆に下柳はプロテクトしないかもしれないですね。移籍選手だし、金本や桧山ほどの人気は無いと思いますので。

となると・・・9名は

投手:蕭・筒井・江草・鶴
内野手:大和・坂・野原将
外野手:浅井・桧山

このあたりがプロテクトされるのではないでしょうか。
ロッテも神戸や福浦などの守備に難があるDH候補がおり、ルーキー伊志嶺が外野に入ったならば大松あたりもDH候補になる可能性がある状態で、同じような左打者を取らないでしょう。
それに林はあまり阪神首脳陣に好かれていないような気もしますし、プロテクトをはずれそうです。
また、桜井も28歳。大器と呼ばれた打撃も頭打ち。一向に上手くならない守備面を考えたらパリーグの方がいいかも・・・ボールが変わってより守備が重要になる中、プロテクトする選手かどうか疑問。
ロッテにも竹原という似たタイプの選手がいますし、現在のチームの方針にあった選手とは思えません。
多分、ロッテは投手か俊足好守の野手が欲しいんじゃないでしょうか。
狩野は該当しますが、ヘルニアの手術明けなので獲得に二の足を踏むのでは。

となると・・・
小林宏の年俸が1億7000万円なので、金銭のみだと8割の1億3500万円、
人的補償なら5割の8500万円。差額は5100万円
正直、この5100万円に見合った選手がいるのかどうか。
今後の成長次第といった選手もいるかもしれませんが、それならばロッテが自前で育成もしくはドラフトなどで獲得していけばよいので、「これはっ!!」という選手がいない限り、獲得しないのではないでしょうか?

結論:なんやかんや言って結局は金銭に落ち着くと予想します!
| 虎話 | 22:09 | comments(13) | - |
キャンプ開始 阪神中毒復活
とうとうはじまりました〜。キャンプ

毎年オフは「今年はなんか冷めた感じで見るかも」とか思いつつ、嫁から「あんたに限っては絶対ない!」と断言されています。

先ほど、阪神のキャンプを見た後、風呂に入っていると
勝手に2003年ごろのスタメンヒッティングマーチを歌っていました。

やはり自分の意志ではなんともならないようですw
麻薬中毒患者ってこんな感じなんだろうか・・・・

今年も怒って喜んで叫んでるんでしょうね。

みなさん、今年もよろしくお願いします。

| 虎話 | 00:15 | comments(7) | - |
コバヒロ阪神入団決定他球界ニュースまとめ
バタバタしている間に2011年に入って、各球団に結構動きが出ています。
いくつか気になったニュースをピックアップ!

やはりまずは我が阪神

メジャー希望でロッテからFAしていた小林宏之の阪神入りが決まりました。

まあ、コバヒロのメジャーに対する気持の面での疑問など入団の経緯にいささかなモヤモヤ感は拭い切れませんが、阪神にとってはまさしく一番欲しいところだった補強ポイントだと思います。
コバヒロはロッテの抑えですが、終盤調子を崩して日本シリーズでは実質伊藤が抑えをやっていたような感じがありました。
そういう意味で波のある選手であることは間違いなく、絶対的クローザーとしては少し不安はあると思いますが、球児の後ろのセットアッパー、もしくは球児メインでWストッパーというような起用にはうってつけの人材だと思います。
ここに江草・筒井の復活や藤原の成長などあれば、先発陣の負担も楽になるし、何よりも球児のイニングまたぎが格段に減ることが期待されます。
昨年は岩田・能見が怪我で久保しか完投能力のある投手がいなかったことも大きな問題でしたが、彼らが戻ってきて中継ぎも頭数があるとなればかなり球児や久保田の負担もなくなるでしょう。

戦力としては大きな補強だったと思います。
後は人的補償があるのか、ないのかでしょうね。

このとき同時に横浜・弥太郎⇔西武・大沼のトレードもありました。
弥太郎は先日横浜球団に対して意見するなど、

♪こらえているのも〜男なら〜売られた喧嘩を買うのも男〜

というようなまさに「もーれつヤ太郎」って感じです。
ヤクルト→日本ハム→横浜→西武とジャーニーマンになってますね。
大沼に関してはロマン型投手でものすごい良い球を投げるけど、ノーコンで安定感がないタイプ。正直、尾花監督が嫌いなタイプだと思うのですが・・・いまいち意図が見えないトレードですな。戦力的にはw

他にはオリックスが坪井を獲得しました。
阪神ファン兼日本ハムファンの私としては坪井が現役を続けられるというのはうれしいニュースですが、オリックスが坪井を獲得した理由がいまいち・・・。
それなら大村を何故解雇したのかってところですね。
「守備力、走力は衰えたが打撃技術は健在」
という点では同じですからね。

坪井は阪神ファンからいまだに人気があり、濱中を解雇(ヤクルトへ)した後の阪神ファンの顧客確保を狙っているのかなと感じました。
すでに巨人から李とメジャーから朴といった「一昔前の韓国の歴史的プレーヤー」を獲得して韓国ファンをターゲットにしているし、以前もヒザがボロボロの清原を客寄せパンダのように使ったり、ローズやラロッカ、カブレラなどの大砲ならべてボコボコ打って見た目は派手だが、投手力守備力のマイナスで負けると言ったような、試合の勝敗よりも観客確保、「戦力よりも金儲け」という色合いが強い。
もともと阪急ブレーブスファンだった自分が現在はオリックスを応援せず日本ハムを応援しているのはこのあたりが大きい。
この親会社の姿勢がどうも好きになれない!

え〜と・・・話が脱線しましたが、
最後は巨人がバニスターを獲得しました。

よくあちこちで親子選手で父はヤクルトにいたダメ外人と言う書き込みがあるが、決して親父はダメ外人じゃなかった。
メジャーで130勝以上している投手で来日してオープン戦で格の違いを見せて、当時の監督のノムさんもエースの太鼓判を押していた。
シーズン入ってからも4月は3勝をあげて、それなりに活躍したのだがそこでもともと爆弾を持っていた肩が悪化してしまって退団。
肩の古傷はある程度わかっていた(当時、そういうことでもない限りバリバリのメジャー投手は来なかった。)から仕方ない。
だから短期間だがそれなりに活躍した投手だったと思う。
そのあとに来たロックフォードと言う投手に比べたらよっぽどマシ(笑)
ロックフォードについて興味のある人は調べてみてください。
話はそれましたが、息子のバニスターについてはロイヤルズの先発の一角というイメージですね。2010年の防御率は6点台か・・・う〜む。

このロイヤルズ、ここんところずっと最下位の常連。
昨年まで元日本ハムのヒルマン監督が采配していたり、一時期ロッテの薮田もいたが、まあ弱い。
だから正直メジャーのローテーション投手といっても過信はできない。
だって数年前はあの阪神にいた汗かきジャンが抑え投手やっていたぐらいですから。
昔はジョージ・ブレッドとかすごい選手もいたんだけどなあ。
巨人も外国人たくさんとるねえ・・・それ以上にあの新マークの気持ち悪いジャビットなんとかならんか!ww

まるで「きれいなジャイアン」みたいやん。

以上、最近気になった野球ニュースまとめてでした!
| 虎話 | 00:48 | comments(6) | - |
クリスマスプレゼント?新井弟阪神入団
今日、会社で特許関係の仕事をしていてネットで色々検索していると
Yahoo!の記事見て、思わず噴き出しました。

阪神が新井弟・良太を中日から獲得 水田とトレード

ちょうどおすぎ44こと同僚Sもデスクに戻ってきたので手招きして、
無言でこの記事見せると同じように噴き出しました(爆)

「ギャグですか!?」

これが第一印象。新井良太には失礼だが・・・
だってポジション兄貴と一緒やし、ファーストもブラゼルがいるわけやし。
もし、ブラゼルが離脱しても関本で新井弟にはならんでしょう。
せいぜい高橋光信の後釜の右の代打候補でしょう。
まあ、交換相手が水田ということで別に損得はそんなにないでしょうけど、率先して補強するポイントじゃないのは確か。

どっちかいうと営業的な部分でしょうね。来年には「新井兄弟グッズ」でも出すつもりなんじゃないでしょうか?
そんなトレードしてるヒマあったら投手をなんとかしようよ・・・。

オリックスもイスンヨプの後はパクチャンホで親会社の絡みで韓国向けの営業を見込んでの獲得というのが見え見え。こういうところがあるからオリックス好きになられへんねん。特にオーナーが嫌いやし。

そりゃ球団経営も大事なんはわかるけど、こうあからさまな営業目的で選手獲得されるとちょっとね・・・・。
やはりあくまで目的は「強いチーム作り」というところだけは、せめてそのポーズだけは忘れないでほしいです。
| 虎話 | 00:45 | comments(4) | - |
FAの藤井獲得について
FA解禁などストーブリーグも熱くなってきました。

特に楽天は星野新政権で岩村を獲得するなど、2003年阪神のようにどんどん選手を獲得していこうというのが目立っています。
まあ、こういう政治力に関してはやはりすごいと思うのですが、監督としてはどうでしょうか?暴走した場合に故・島野さんのようにストップをかけられる人がいるのか注目です。

さらに広島がなんと内川の獲得に乗り出したというのは驚き。
是非、行ってもらいたい。意外と内川が3番に座って、栗原、岩本で
新外国人がそこそこ当たったりしたら打線はかなりのものになる。
逆に横浜は西武の細川を狙っているが、捕手よりも投手が先だと思うんだけどね。野口、橋本とFAで獲得して次は細川。前者に比べれば守備力やリードは比べ物にならないけど、相変わらず金の使い方に疑問がある。
だいたい内川・村田・ハーパー・スレッジ・カスティーヨといた打線で断トツ最下位になった理由は明確だと思うんだけどね。

そして我が阪神は楽天からFA宣言した藤井を獲得するとのこと。
理由としてはこのオフに手術をする城島が来季開幕が微妙ということでのいわば「付け焼刃的補強」ですな。
藤井も悪い選手ではないが、楽天嶋との競争に負けた選手が城島に太刀打ちできるとはとても思えない。
城島が戻ってきたらなんかあったときの控え捕手としてずっとベンチにいるでしょう。
そんな選手に2年で1億2千万(推定)も使うか。小宮山・清水という捕手もいるわけだし、城島がいない間フォローするのならそれこそ横浜自由契約の野口を呼び戻して、日本ハムの中嶋兼任コーチみたいな形でやればいい。
阪神の投手もよく知っているわけなんだからさ。

これじゃあ横浜のこと笑えないよ。
それなら投手の補強をしてもらいたい。

藤井にとっても「活躍の場所を求めて」のFA宣言だったのに、より活躍の場が少ない球団が手を挙げるとはね。
まあ、年齢も30半ばだし、関西出身で入団も近鉄となると2年契約の好条件で阪神となれば「喜んで」という話でしょうね。
推定年俸が4000万で今年ほとんど一軍で出ていないから、普通なら3200万ぐらいにダウンしてもおかしくないぐらいだからね。
それにこの状態がもう1年続けば年齢的に解雇も考えられる。
そう考えれば、この阪神の条件は願ったりかなったりでしょう。

だから入団となれば藤井本人に対してはどうこう思わないし、当然応援するけど、こういった球団の体質がねえ。。。
なんか一昔前の巨人みたいですごく嫌。

城島が帰ってきてからも定期的に休ませて藤井にマスクをかぶらせるような柔軟な起用ができればいいけど、今の真弓阪神にそんな采配はまあできないでしょう。目先の勝利にこだわって計画性ゼロってのはここ2年通じて変わらないので。
ただ、城島も今季見ていればもうフル出場は体力的にしんどいようなので、上手く休ますことでシーズン終了まである一定レベル以上のパフォーマンスを保つことができれば良いのですがねえ。

小宮山や清水を試す良い機会だと思うのですがねえ。

明日はファン感謝デー、正直あまり興味はないが年間指定席メンバーと久々に会う機会なので忘年会風に楽しんできます。
| 虎話 | 02:41 | comments(6) | - |
久々の更新 生きてますw
あのCS終戦後に燃え尽き症候群が来まして、疲れがどっと来たのと仕事が増えて多忙になったのとですっかり更新が滞っていました。

今度、中途で入ってきた知的財産室のW室長がはりきっていまして、知的財産管理も兼務している私はそのへんの仕事も大量に回ってきて、定時まで自分の開発テーマをやって、残業で知財やISOをやるというとんでもない状態で・・・・。
ただ、このWさんは現在、神奈川県在住で単身赴任してきているが、大の阪神ファン。関内のショップの常連だったそうで、おすぎ44に続くプライベートでもウマが合いそうな人が見つかりました。
先日も特許事務所に行った後に一緒に飲みにいったのですが、どこでもいいというので梅田の金本プロデュースの鉄板焼き屋に行くと大喜び。
野球の話でも高校野球も大好きで、息子さんが横浜で球児やっているらしいく、かなり濃い話ができます。
おすぎ44はそこが弱いので、がっつり野球の話を楽しむのには非常に良い人が来てくれました。

でも、仕事に振り回されすぎでドラフトも当日「そういえば・・・」って感じでした。
阪神は大石を外して榎田。社会人No.1の技巧派左腕ということでまあOK。
2位は珍しく今年の高校野球のスター一二三を指名
2位〜4位まで高校生を指名・・・今年は「高校生不作、大学・社会人の年」という中でどうなんでしょう?
まあ、こればっかりはわかりませんからね。意外と阪神は見る目はあるんだけど、育成面が弱いんでねえ。
こんだけ高校生を取るのなら、もっと育成環境の強化など必要があると思うのですがね。
まあ、ストーブリーグを楽しみましょう。
そのうちトレードなんかもあるでしょう。阪神も内野手、外野手が少しだぶついているので投手狙いであるかもしれませんね。

さあ、中日−ロッテでも見ます。
| 虎話 | 19:30 | comments(6) | - |
シーズン終了 真弓以下首脳陣の無能さが鮮明になった2010年
はい、今年の阪神は終了しました。

巨人がヤクルトに負けてくれて、甲子園開催になったものの
地の利も何もありませんでしたな。

やはりチーム特に首脳陣のCSへの取り組みの姿勢の差が大きく出たのでしょう。
2試合とも甲子園で見ていましたが、選手の闘志が全然違いました。
日曜の試合はリードしているときはともかく、逆転されてからはもう完全に負け犬モードでした。

1試合目は守備力の差で負け
2試合目は投手継投が裏目に出て負け(しかも全く同じ失敗)

まさに今シーズンを象徴する試合でしたね。

いったい、真弓監督はなんなんでしょうね。
1つ目は一貫性の無さ
例えば金本の起用。あれだけ「投げられない状態でのスタメン起用」に関してしつこく使い続けて、突然やめる。理由を聞かれて「肩の状態が良くない」ってそんなこと誰が見てもわかるよね。
そこまで徹底して使い続けて、それが理由でシーズンの優勝を逃したようなものなのに、CSではスタメン起用せず。
いったいなんなんだ!?(怒)って言いたいね。
あんたはどうしたいんだって。金本を使い続けたことに何か真弓なりの根拠があればあんな中途半端な起用にはならなかったはずだし、なんかフィーリングだけで選手起用をやっているとしか思えない。
そしてその場その場の思いつきで動くから、全く一貫性がない。
これって部下にとって一番困る管理職なんですよね。言うことがコロコロ変わる。どう従っていけばいいかわからん。

そして2つ目、
同じ失敗を何回も繰り返す。学習能力がない
ご存じ継投の失敗ですな。久保からの継投で何度同じミスを繰り返しているのかってところ。
理由は明快!「最悪の事態を想定せずに常に楽観的に考えている
久保田が2イニング、球児が1イニング抑えて勝てばOKという起用だが、当然毎回うまくいくわけがない。
久保田が打たれて1イニングももたなければどうするのか。久保田の後は真弓の単純な采配なら球児を出すしかない。じゃあ2イニング以上投げさせるの?最近の調子を理解しているか?
そうなると「もし久保田が打たれた場合」などを想定した対策や、「それならば7回も久保を引っ張って様子を見て、危ないなら久保田」とか「渡辺を起用して様子を見る」など色々と案はあるはず。
常にすべてが上手くいくとしか想定できていないから、予定通りにいかなかったときの対処策が用意できずにボロボロになる。
これは選手を使いきったりするところにも共通しますわな。
問題点がわかっているのに全然改善されていない、反省できていない。
これじゃ進歩はしないわな。

3つ目は上でも書いていることだが計画性が無い。
選手采配の計画性も勿論のこと、育成もそう。
ベテランの実績ばかりにこだわり、若い選手を試すことを怖がる。
後半、戦力的に追い込まれて仕方なく若手を使い始めてやっと秋山、藤川俊介、坂あたりが出てきたがこれは計画的なものではない。
俊介に関してもあの横浜戦でのホームランなどがあったから使ってもらったようなもん。若手を育てる計画性がない。
このあたりは中日をよく見習ったらいい。堂上弟や大島などを根気強く使う理由をよく考えろ。

4つ目はこれはあくまで推定だが選手からの人望がない。
よく「真弓は人が良すぎる」「非情になりきれない」とか言ってそれは由とする人がいるが、それはあくまで「選手からの人望があったなら」の条件付き。ここというときも全然マウンドにもいかないし、選手に対して「守ってやる」という意識が全く見えない。
ここが一番大事かもしれなくて、巨人の原監督も采配云々の部分は非常に疑問があるが、ここの人望という面では間違いなくあって、それでコーチ陣とかに支えられているような気もするし、選手もついていってるような感じがする。岡田監督もここは大きかったと思う。しかし、真弓監督には一切感じない。なんか他人事やもんな。コメントも。
これでは選手のモチベーションが上がるわけがない。
個人記録がこれほど出ても、優勝できなかったのは結局個人プレーでチームプレーにならなかったことが大きいと思う。
真弓の求心力のなさが要因。結局コーチ陣もバラバラなので一貫性がなくなる。

こうみると「短期的戦略」もダメ、「長期的戦略」もダメ
はっきりいって、何のメリットもありません。

2年目でほとんど成長も見せなかった真弓采配。
とりあえず、この戦力で2位でCSも1stステージ敗退は「足を引っ張った」ことに間違いない。
その責任を全く理解していないんだから呆れる。

早々に主要コーチと一緒に責任を取ってくれ。
特に久保Cは投手陣を上手く使いこなせなかった責任を取るべき。

真弓のままだと何のコンセプトもないまま、ズルズルといって選手は衰え、若手は育たない。暗黒時代の再来になるのは目に見えている。
かといってメジャーから大物を取って力任せの補強をやられても興ざめである。
とにかく真弓を一刻も早く辞任させてほしい。

どうしても真弓をやめさせられないのなら、ヘッドコーチにコーチ陣を統率でき、選手もまとめられる人材を置いて欲しい。
木戸のような好き嫌いのある人間では無理。

今回は抽象的な部分でいかに真弓が監督として無能であるかを論じてきたがまた別の機会にデータとして論じていこうと思います。
多分中日の戦力構成と比較すれば歴然とするはずです。

今まで着てたビジターブルーの「MAYUMI 7」のユニフォームは彼が監督の間は封印したいと思います。
誰のユニがいいか、みなさんの意見を募集します。

KAKEFU 31かSHINJO 5あたりが私の現在の候補です。
| 虎話 | 00:38 | comments(8) | - |
ルーピー真弓の自滅による終戦
はい、終了です。

本日の試合に関してはずっと残業していたので見てすらいませんでしたが、
負けても別に悔しくもないし、「そらそうよ」という感じで鼻で笑ってしまいました。

もう昨日の件で呆れ果てていましたので。

まあ、勝負より金本の連続記録を重視する采配をしたり、意味不明の投手継投をしたりして、最後はこの大事な時期に矢野の引退試合をしようとして、
負けた挙句矢野を出すことすらできなかったという最悪の事態。

まあ、今年の真弓阪神にはふさわしい終わり方ですね。

一言でいえばやることに一貫性がなく行き当たりばったり。危機管理能力が皆無ということです。

だいたい、矢野の引退セレモニーはわかるけど、一軍登録って。
今、どういうときだったかわかってる?もう順位が決まっていて試合結果が関係ない時ならわかるけど、1試合1試合を大事に闘う時だよ。
何のために鳴尾浜で引退試合やったんだ!?

「もし、矢野の起用が仇になってこの大事な試合を落とすことになったらどうなるかわかっているのか?」

結果的には矢野は直接的ではないにしろ、「おれがキャッチャーで終わりたい」と言ったばっかりにと責任を感じる結果であったし、球児もトラウマになりかねない状態。
中には9回の矢野コールを批判する筋違いもいるが、そんなもん一軍登録したら矢野が見れると思うし、9回の球児の登場曲が矢野のテーマだったわけでそうなったら矢野の登場を期待しないファンはいないよ。
この日は超満員だったが、ほとんどの人が「矢野の最後の雄姿が見れる」と来たんじゃないかな?

危機管理の上で一番大事なのは最悪の結果を想定して予防すること。
最悪の結果は「矢野で負けた場合」。
次はじゃあそうならないにはどうするか。
当然一番は「一軍登録しないこと」セレモニーだけにする。
そして一軍登録してしまった後は「一番矢野に負担のかからない方法で出場させること」
あの試合でいえば、僅差の試合であれば9回はどうなるかわからないから、代打起用するなど方法はあったはず。それもせず

無策のまま、結果的には大事な試合に取り返しのできない負けをした上に、矢野も出れないという最悪の結果になってしまった。

管理職として最低です。
落合監督ならまず一軍登録なんでしないでしょう。「優勝が目の前にあるときに言語道断」と一笑にふしたでしょう。
思慮の浅い温情や甘さは最悪の結果をもたらすんです。

まあ、正直もう真弓はいいです。
今までいろんな監督見てきましたけど、これほど計画性がないというか思慮が浅い監督は見たことがありません。
だいたい野手がなくなるとか、守備固めに記録のための代打金本、さらに金本代打起用の後桧山が守備に入る。
いかにその場その場でしか物事を見ていないかはっきりしています。

これでは選手もついていけません。

普通にやっていれば当たり前のように優勝できたぐらいの戦力で足を引っ張ったのは首脳陣。実際目に見える采配ミスで落とした試合だけでも勝っていれば優勝できているわけですから、いかにベンチが足を引っ張ったか。

そして真弓は責任感もなく、全く他人事。
今日の試合後に「昨日の負けを引きずってたからね」というコメント。
お前監督と違うんか!?お前の馬鹿げた起用のせいでこうなったという自覚はないのか??

とにかくもう真弓と久保Cには辞めてもらわないと話になりません。
未来の阪神のためにさっさとやめてください。

そして金本も連続試合出場にこだわって、まともに投げられない状態なのに守備について打撃もままならず、チームの足を引っ張った責任をとらなければいけないと思う。
フルイニング止まった時点で治療に専念していれば、金本の偉大さを保てたものの、今や「老害」とまで言われている状況。
個人的にはフルイニングや連続試合にこだわらないなら相手投手による併用起用などで十分やれると思うが、来年以降もフルイニングや連続試合にこだわるのであれば、それはもう迷惑です。
来年も4億で契約とか言う馬鹿な真似はやめてほしい。

来年も真弓継続で金本の記録優先起用が続くようなら、阪神ファンから足を洗おうかなとまで思う。
とにかく、目の前の試合に勝つために最大限の努力をするという当たり前のことをやってくれよ。

その当たり前のことができないチームに優勝なんぞする資格はない。

今年ほど腹が立ったシーズンはない。勝てる試合にわざと負ける流れに持っていく。その理由が記録とか勝負に関係ないものばかり。
そりゃ野球の神様もそっぽ向くよ。
大砲と強打者集めたら勝てるほど甘くない。

多分こんなあほらしい状態じゃ甲子園でCSもないでしょう。
観戦成績31勝18敗2分
・・・とうとう今年は50試合観戦です。

来年も甲子園に行く気が起きるようなチーム作りをお願いします。

最後に矢野のセレモニーの様子を。。。
あまりの後味の悪さにやる気を失いかけたが、なんとか気を奮い立たせて撮りました。



| 虎話 | 02:38 | comments(7) | - |
残り10試合・・・とにかく目の前の試合に勝つことだけに集中してください。
運命の巨人戦、中日戦6連戦が終了。
トータルで3勝3敗の5分だったものの、やはり中日に2つ負けたのはかなり痛かった。

能見で2勝、秋山で1勝、久保、スタンリッジも試合は負けたが好投。
論外だったのはメッセンジャーだけというのは希望は持てそうです。

ただ、今後も連戦は続くので5人目の先発投手が鍵になってきそうです。
メッセンジャーがあの状態なので果たして誰を先発させるのか。
秋山に中4日を続けるのは酷のような気もしますし。
ここにきて福原に先発というのも、なんだかな〜って感じですね。

まあ、ここまで来たら後はやるだけってとこなんですが、一つどうしても気になるのが金本の起用法

そこまでして金本を起用しなきゃいけないのか??

本人は連続試合出場にはこだわっていないという。
しかし、真弓監督は毎試合展開がどうあれ起用する。
私が一番許せなかったのは中日戦2試合の代打金本。

初戦は左のチェンに対して9回まで6人で終わった場合を想定して無理矢理代打。あの時点で左右病の真弓監督なら通常なら関本か浅井を起用していたはず。
さらに昨日の試合は9番久保まで回ったら金本で文句なかったが、9回表8番で終わりそうだったから守備固めで入っていた俊介に代打金本。

要は負けた時を想定して記録のために金本を起用したということ。

この大事な一戦に負けることを予想して采配する監督がどこにいるか!(怒)

結局最後はブラゼルのエラーで負けたが、私はこの舐めた采配が原因だと思っている。
野球って流れがあるんだから、この期に及んで勝負を度外視して記録のために起用するようなことをすれば野球の神様はそっぽ向いて当然!!

何がいったい一番大事なのか。チームの優勝より個人の連続試合出場記録の方が大事なのか??

これに関しては真弓が悪いのか、金本が悪いのか、それとも「金本を出せ」と命令している輩がいてそいつが悪いのかわからんが、とりあえずこんなファンを冒涜するようなことはやめてくれ!

阪神ファンは、当然阪神の勝利を願っている。
金本の連続試合記録さえ続けば、チームは負けても良いなんて奴はいない。
いたらそいつは阪神ファンじゃない!

もうええやん。ここまで来たら大事な一戦で金本を起用する機会がなくてもファンは「何故記録を止めた」なんて絶対言わないと思う。

頼むから勝負に徹して目の前の試合に勝つことだけを考えて采配してくれ!!

結局、こんな起用を続ければ続けるほど、金本に対する阪神ファンの印象も悪くなるのがわからんか?
あの肩の状態見たらわかるでしょ。反対方向に押し込めないんだよ。
プロなんだから肩の状態が明らかにバッティングに影響しているのがわかるでしょ?

プロ野球は夢を売る商売です。こんな「大人の事情」みたいなことはいらん!現実世界でそういうものをたくさん見ていて嫌気がさしているのに、せめて野球の世界ぐらい純粋な戦いをしてほしい。
大好きな野球でもそんな「大人の事情」を見せられたらたまらんよ。

金本もここにきて晩節を汚したなあ。
今までは連続フルイニング出場を実力でやってきて、「男らしさ」「ストイックさ」「公私混同しない」など阪神のヒーローだったのに、
ここにきて無意味な連続試合出場を続けて、「無理に出させてもらっている」発言など、今までの金本像を否定するようなことばかりしている。
せっかくフルイニング出場を「これ以上チームに迷惑をかけられない!」と1500試合を前に自分で退いて止めて、「それでこそ金本!」と改めて尊敬したのに、オールスター後に肩の状態が全く治ってないのにスタメン復帰して結果的に打てず守れずチームに迷惑をかける。
やっていることが矛盾している。

今年これで優勝を逃した場合、金本に一片のプライドが残っていればバットを置くでしょう。
逆にこれで来年も4億もらって居座るようではファンは本当に愛想を尽かすでしょう。

本来であればフルイニングを自分で止めて治療に専念するか、DH制のある交流戦まで出て治療に専念するべきだったと思う。
やはり投げられない選手が外野守るなんてプロ野球ではあってはいけないですよ。

まあ、ともかく・・・

残り10試合は記録よりも・・・というより勝負にだけ徹して闘ってください!!

お願いします!!
・・・なんでこんな当たり前のことをお願いしなければならないのか・・・情けない!
| 虎話 | 01:12 | comments(3) | - |
ベンチがアホやから野球が出来ん!
タイトルはここ3試合の内容についてです。

本来3勝が2敗1分になってしまった。
ベンチのアホさ加減で。完全なる自滅です。

木曜は辛くも藤川俊介の3塁打と桧山の執念のヒットで引き分けに持ち込んだが行き当たりばったりの選手起用でブラゼルが退場になった時に野手がいない状態に。余計な代走とかが多すぎる。
城島に代走大和を出した時も正直、浅尾から岩瀬に代わることを想定してなかったんじゃないかな?多分左右病の真弓のことだからそこまで読んでいたら岩瀬が出てきたら大和を代打に出しそうだったし。
結果的に桧山が執念のタイムリーを打ったから良かったもののもうちょっとご利用は計画的にしてほしい。

この試合はとりあえず「引き分けでよかった」と思えるような試合だったけど昨日今日が問題。

昨日は久保が6回1失点に抑えていたにもかかわらず、福原を7回に起用していきなり畠山にホームラン打たれて同点、その後も2安打打たれて久保田に交代、久保田も不運な当たりもあったが抑えきれずに2失点で逆転。
後は渡辺、桟原と点を取られて敗北。

ここで大事なのは”福原を起用したことではなくて、久保を交代させたこと!”
福原はここ最近良く頑張っていたし、西村がここのところ疲れが顕著(これも首脳陣の無茶な起用のせい)のために久保田につなぐ7回の投手がほしい!そこに福原を使えないかという期待もわかる。
しかし、わざわざ久保が安定したピッチングをしているときにわざわざ交代する必要はない。
今は目の前の1勝が大切なときなんだから、できるだけ石橋を叩いて渡りたいときに無理に福原をテストする必要はなし。
久保コーチは試合後に「失敗、失敗、大失敗」って・・・この失敗がどれだけ大きいかわかってんのか(怒)

そしてその怒りも冷めないうちに同じことを繰り返す。

本日メッセンジャーが7回まで2安打無失点。
7回裏の阪神の攻撃は城島から。メッセンジャーのところには桧山が出ていた。確かに2−0なのでチャンスならば桧山で一気にいきたいのはわかる。
しかし、城島、俊介が凡退し、2死ランナーなし。
桧山が引っ込んだのでメッセンジャーそのままだなと納得していると、
代打坂・・・

なんだ!?この中途半端な采配は!(怒)

まあ、中2日だし無理はしないということなんだろうけど・・・となんとか納得して、8回は久保田かなと思っていると流れていたのはリンドバーグ・・・耳を疑いました。

なんで8回頭から球児なん!?

火曜日のスカイマークのときも8回から2イニングいったけど、あれは大事な中日戦だったし、それまでそれほど無理遣いしてなかったから問題なかったけど、この試合に一昨日の試合も2イニング打席にも立っている。
隔日で2イニング投げていて、かなり疲労がたまっているのは見てもわかる状態だっただけに8回頭から球児は無茶!!
当然2イニングということだっただろうし。

結局、球児が打たれて負けたわけだが、もしこれが9回1イニングで打たれたなら仕方がない。しかし、8回頭から起用したことに関しては信じられない。球児が故障したらどうしてくれるんだ!?(怒)

選択肢としては
1.メッセ続投、9回球児かうまくいけば完投
2.メッセ交代なら8回は久保田か渡辺で9回球児

普通に考えればこの選択肢しかない。それで裏目に出たなら仕方ないが、
この状況において8回から球児という選択肢はありえない!!

これはただの自滅。完全なる首脳陣のミス。

ただの2敗ではない。今年は優勝が現実的な位置にあるときのとても痛い2敗。それがベンチの継投ミスが原因となると真弓や久保の責任は重い。
これで球児が潰れたりしたら、久保コーチはもう阪神にいられない。

中日戦のあの桧山の執念打で追いつき、サヨナラで勝っていれば流れは完全に阪神だった。引き分けでもまだまだわからなかったがここ2試合で完全に流れが中日に行った。
その要因が采配ミスというんだから情けないし、真弓や久保コーチの責任は重い。
優勝を逃すことになったらとっとと辞任してくれ。
優勝しても久保コーチには辞任してもらわないと。何人投手をつぶす気だ!?

とにかく明日負けたらもう今シーズンは終わり。
正直、今日のアホな負け方で相当やばいのだが、とりあえず最後まで希望は捨てない。

しかし、ここ2試合の敵はヤクルトではなく、自軍ベンチとは・・・

ちなみに本日のヤクルト小川監督代行のコメント

(七回まで2安打の劣勢をはね返し)「メッセンジャーには手も足も出なくて…。野球って分からないですね」


これを聞いて久保コーチよ。なんか言ってみろ!!
これがヤクルトの率直な印象だ。わかったか!(怒)
| 虎話 | 23:34 | comments(7) | - |
気になった2つのニュース(矢野引退 田原逮捕)
とうとう矢野選手が引退を表明しました。

城島との競争とかいう以前に右ひじの状態が悪く、捕手としてプレーできないのを歯がゆく感じたのでしょうね。
思えば関川・久慈⇔大豊・矢野のトレードで阪神にきて、
関川などが中日で大活躍する中、大豊はそこそこの成績でトレードは阪神にマイナスと当初言われていましたが、今考えれば矢野さんが来ただけで阪神にとって大きなプラスでした。

というか、矢野さんがそもそも生え抜きじゃないことを知らないファンもいそうなぐらい阪神の顔になった選手です。今の真弓監督みたいなもんですかね。

矢野選手の思い出といえば、皆さん挙げるのが2003年9月の横浜ギャラードからのサヨナラホームランですね。
しかし、私は見ていないんですよ・・・。
このとき出張で1週間ぐらい台湾にいて、現地のNHKニュースで結果を知っただけ。映像は後から見ました。
あのときは「もし優勝の日が台湾出張とかぶったらどうしよう・・・」と不安だったのを思い出します。

私が矢野さんの思い出で真っ先に思い浮かぶのは1999年の甲子園の最終戦。
このシーズン終盤に矢野さんはデッドボールで腕を骨折。
初の規定打席到達にはあと1打席という状態で、最終戦に代打で出場。
勿論スイングできないのでセーフティバントを決めて、規定打席に到達し打率304で打撃10傑にも乗ったというシーン。
あの頃は勿論優勝なんて言うと笑われるような状態で、こういうささやかな内容でも大いに喜べました。
今の横浜ファンや広島ファンはそういう心境なんでしょう。
だから彼らを嘲笑うことはできません。

当時の暗黒時代から常勝軍団へ、これには矢野選手の力が大変大きかったです。本当にありがとうございました。
9月30日の甲子園最終戦では出てくるのかな?
私の斜め前の席に矢野の大ファンの女の子がいるのだが、現在アメリカに短期留学中。戻ってきたときにショックを受けなければいいが。


田原成貴元騎手また逮捕

またかよ・・・・
天才も落ちるところまで落ちたって感じだな。
私が競馬に本格的にはまったのはちょうどナリタブライアン時代で、
私が好きだったのはマヤノトップガンという馬でその鞍乗が田原騎手。
武豊が登場する前は天才騎手と言われた名ジョッキー。
まあ、現役時代から色々とその行動に物議をかもしたり、調教師になってからも馬に盗聴器をつけたり変なことやっていましたわ。
結局2度の薬物使用逮捕などで競馬界からほぼ追放状態なわけですが。

現役時代の騎乗はまさに天才肌で武豊や岡部といった名人は馬の最大限の力を引き出すという感じでしたが、田原の場合は「なんでこの馬で勝てるの!?」という理由がわからない勝利が多かった。
その反面「不可解な負け方」も多かったw
まあ、武豊がイチローなら田原は新庄といったところでしょうか。

好きな騎手だっただけにこのニュースはショックだったな。
今でもスプリンターズSのフラワーパークとエイシンワシントンの激闘の後の長い審査中モニターをじっと見つめる田原と熊沢のシーンが思い浮かぶ。

確か藤田とか四位は田原にかわいがられてたみたいだけど、今の田原をどう思っているのかな。なんかさみしいわ。
| 虎話 | 00:12 | comments(4) | - |
甲子園三昧
久々にタイガースが甲子園に戻ってきました!
火水木と3試合・・・結局全部行ってしまいましたw

「仕事しろw」という意見もおありでしょうが、その逆で現在自分の開発した製品が量産化することが決まり、お客さんが栃木から来社して打ち合わせしたり、その後社長や取締役らに囲まれて、今後の設備案についてプレゼンしたりで正直、野球でも行ってスカッとしないとやってられない状態でしたw
ちゃんと家帰ってから議事録とか作ってるし・・・

まあ、それはおいといて、見事に3連勝でした。

火曜日はまあ・・・とにかく打つわ打つわ。
ブラゼルのホームランからはじまって、横浜をフルボッコ。
マートンからの攻撃で、次の回もマートンからとかw
金本のホームランから始まって、新井さんのホームランで6点取って、
まだブラゼル、金本とヒット・・・・
正直、「もうやめてあげなよ・・・」というぐらいのボコボコぶりでした。




水曜日も前日打ち過ぎたからどうなるかと思いましたが、関係ありませんでした。昨日のリプレーのようなブラゼルのホームランなどで、2回ですでに6点取って試合を決めてしまいました。
この日は悪名高き「爺&のら」コンビの観戦でしたが、危なげなく行きました。




この日思ったのはこの展開にもかかわらず、8回9回に点数が入ったら盛り上がる横浜ファン。けなげです。
10年ぐらい前の自分たちもそうだったわ。
よく会社の広島ファンの同僚に「そっちは首位なんだからいいだろ〜」と言われますが、贅沢言ったらいけないんですね。

木曜日はおすぎ44を誘うつもりが、急遽お客さんとの接待が入ったそうでキャンセル。
彼がうらめしそうに見る中、球場へ行きました。
一人ですが、もう周りの年間指定の方々と完全に意気投合しているので全く問題ないです。
この日は前の席に3人の小さい子供とそのお母さん2人(姉妹だそうです)
とお祖父さんが座っていました。
3人のうち1人の男の子は寝てましたが、2人の女の子が自分の方を見ながら必死に応援しているので、応援の仕方を教えたりしていました。
2人ともものすごく愛嬌のある子で周りのみんなもおどけたりして遊んであげて、女の子たちもキャーキャー言いながらものすごくはしゃいでいました。
結局、あまり試合は見ていませんが、勝ったようですw
お母さんやお祖父さんは「すいません。野球観れなかったんじゃないですか?」と何回も聞いていましたが、みんな子供と遊ぶのが楽しかったので
「こちらこそなんか癒されました」と、すごく和気あいあいな甲子園でした。「今日この席で本当によかったです!」と言われた時はうれしかったな。阪神ファンってだけでこんなに打ち解けられるんだからねえ。
この子たちもこれで甲子園大好きになって、ますます阪神を応援するでしょう。未来の阪神ファンの育成に成功しました!w




試合は桧山の決勝タイムリー!
今まで散々なことを言ってきましたが、ここ最近の活躍を見ると何も文句はありません。
ただ、今までの不振があったから今打っているとは思えないし、調子の悪かった時期は二軍で調整すべきであったという意見は変わりませんが。

それとヒットが左中間にライナー性のヒットだったことがうれしい。
先日はホームランも打っていますが、桧山の真骨頂は私は左中間への鋭い当たりだと思っています。
この日のタイムリーはその片鱗が見えるような当たりだったので、京セラドームのホームランよりも「桧山の調子が上がっている」ことを感じさせるヒットでした。
2ストライクに簡単に追い込まれた時は正直、厳しいかと思いましたが・・・右サイドハンドの投手には強いですね。


さすがに仕事終了後の3日連続甲子園は疲れました。。。
来週の4連戦はどうしよう(スカイマークは地理的に仕事後は無理)。
しかも土日はデーゲームだよ!トム!(誰やねんw)
予想気温36℃って・・・・絶対倒れる人続出やで。

・・・土日のどちらかは休養しようかねえ・・・。

| 虎話 | 23:02 | comments(5) | - |
野球のはしご??
暑い日々が続きまして、ちょっとバテ気味です。
仕事で屋外(屋根はあるけど)で行う作業が多くて、暑さに弱い私としてはかなりきついです。

そんな中、昨日は野球三昧でした。
昼は京セラドーム大阪でオリックス−日本ハムを観戦。

週末に京セラで日本ハムの試合があって、かつ甲子園の阪神戦とかぶらないときは土日のどちらかに応援に行くのですが、今回はチケットを取ろうとすると早々と外野自由席がなくなっていました。
なんで??と思いつつ、内野自由席を取ります。
そんな状況なのでいつもは試合開始1時間前に行けば十分なのですが、友人と確認して2時間前に行っておこうと早めに行きました。

正解でした。ドーム前駅に到着したときに先に着いた友人からメールがあり
「内野席の行列がすごいことになっている!」とのこと。
夏休み最後の土日ということで、子供連れや少年野球の子が異常に多かったです。
正直、日本ハム戦は結構ガラガラなんで、こんなに混むとは予定外。
多分この日は先発がダルビッシュだということも混雑の大きな要因でしょうね。日本一の投手を見れるわけですから。

開門後に移動しますが、幸いなことにほとんどの人は内野のホーム寄りを狙います。私たちは本来外野狙いなのでポール際、競争率は非常に低く良い席が取れました。


今年はダルビッシュ2回目かな。土曜日に登板が多いのでうれしいです。



日本ハムはダルビッシュ、オリックスは中山。
中山といえば、期待の左腕ですが一皮向けず、昨年は12失点もしているのにベンチは動かずというさらしものにされた投手。
正直、この日結果を出さなければ来季の契約があるかどうかという選手。
実はうちの後輩社員が昨年まで住んでいたマンションの隣人が中山夫妻だったそうで、何回か球場に応援にいったりしているそうです。
ちなみに隣のマンションには阪神の先日広島打線にぼこぼこにされたA投手も住んでいたそうです。
・・・はい、そこ!石ぶつけにいくとか言わないw
まあ、話を戻すとどう見てもオリックスは「捨てゲーム」という感じです。
実際、セットアッパーと抑えの平野と岸田はベンチ入りしていなかったそうで。私たちもまあ、勝てるだろうと踏んでいましたが。。。。

中山投手が7回無失点の快投。
岡田監督はまさしく「聞いてないよ〜」という状態でしょうね。
平野、岸田がいないので鴨志田、香月とつなぎ、1失点に抑えられました。
ダルビッシュは不運なタイムリー2本の2点以外は抑えていたのにそれで負けてしまいました・・・。
今年のオリックスを見てわかるのは捕手の重要性。今までは日高が正捕手としてやっていたが、今年は投手によって鈴木、前田と起用している。
打者としては圧倒的に日高なんですが、金子は鈴木が受けて連続完封。
この日も前田が受けて中山が好投。
いくらタイムリーを打っても、リードでそれ以上に失点したら意味がないということでしょうね。今までは控え捕手としてしか出番がなかった鈴木や前田もやりがいがあることだと思います。
問題は日高のプライドでしょうね。ある意味オリックス一筋で長年やっている選手だけに。

あと、この日もう一つ思ったのは日本ハム中田とオリックスT−岡田のすごさですね。中田はファールですが5階席に行くような打球を打つし、T−岡田も天井に当たりそうな打球。
この2人は日本人離れしていますね。打球の質がカブレラとかに負けない。
将来楽しみです。

そして17時過ぎに球場を出て、梅田に移動。
夜は大学時代の友人たちと飲み会。
企画者が阪神百貨店のビアガーデンに17時集合ということでしたが、私は遅れると思うから先にやっといてくれと事前に伝えていました。
しかし、当日昼に企画者から「体調不良のため申し訳ないが不参加」と連絡があった。
そこで急遽もう一人の幹事役に連絡するが連絡が取れない。
参加者は不参加の企画者を省くと4人の予定だったので、先に行っている2人に連絡してなんとか段取りしてもらった。
17時半ぐらいに会場に到着すると、場所取りをしてくれていたが・・・
モニターの陰でしたwまあ、そんなに野球に興味がない2人だったので仕方ない。事前に言っておくべきでした。
本人らも日陰のここが空いているのになんでみんな取らないのか不思議に思っていたそうです。
そして肝心の幹事役がいませんw誰も連絡が取れないとのこと。
仕方ないので3人で始めておくと、連絡があり「今、会議が終わったから向かう」とw
事前に連絡しとけよww 
そして18時半に到着して、第一声が「なんでこんなとこ取ってるねん。モニターみえへんやん」

まあ、文字だけ見たら揉めてもおかしくない感じですけど、まあ、昔から彼はこんな感じでファジーなのがキャラなんで、「何ゆうてんねん!」で笑って済むんですけどね。

結局飲みながらも、阪神戦の状況が気になったちょこちょこモニター見に行ったりしていました。「相変わらず”病気”やな」と言われながらw
でもビアガーデンには普段甲子園でよく見かける同じ”病気”の方々がたくさんおられました。みんなちゃんとユニ着てるもんね。

試合に頭が半分ぐらい行って、酔いもあってあんまり何話したか覚えてませんw
同じ”病気”の方以外と飲むには適さない場所かもしれません。
今度はちゃんと友人との会話に集中しながら飲みたいと思います。

本日は自宅でのんびり。嫁さんは仕事なので晩御飯は私が担当。
何をつくろうかな。
| 虎話 | 15:54 | comments(7) | - |
散々な誕生日
もう日付は変わりましたが、37歳になってしまいました。

誕生日で喜ぶ年齢ではないですが、やはり特別な日なのでなんかいいことないかな〜って思っていたのですが・・・

まず夕方の野田のアホ会見で頭に来る。

この期に及んで何が緊急会見だ!?おまけに「見守っていく」だ!?
そんな悠長なこと言っている場合なんだろうか。
何か具体的な対策も出さずに「指をくわえて眺めてま〜す」といわんばかり・・・・こんな政権にまかせていたら本当に日本は危ない。
まあ、トップは日本を潰したいと思っているのかもしれないけどね。
主義主張は左右あってもいいが、基本的に「国を良くするために」という大前提が必要なわけで、国歌を歌うのを拒否するような奴が首相なんかやっているようじゃ到底良くならないし、本人もそれを望んでいるかもしれないしな。
円高さらに加速して83円・・・当たり前だ。火に油そそいでやがる。

政権が民主党に一度変わってもひどくなるのは予想していて、それでも左うちわの自民党に対して良い薬になるんじゃないかと思っていたが、民主党が予想をはるかにしのぐダメっぷりが誤算だった。
国民に対して良心があるのなら、さっさと解散総選挙して野党に戻ってください。それが国民のためです。

さらに阪神が・・・まあ、藤川が打たれたのは仕方がないが、
なんかみんな大振りでつなぐ意識がない。
金本なんかはタイムリーは打ったけど、肝心な場面でボール球振って三振したり、勝負どころで凡退。守備では相変わらずのひどい状態。ほとんど藤川俊介まかせ。
4連敗したことだし、そろそろ金本スタメンはずしてみませんか?
確かに最近ヒットは出ているけど、ここ一番というところで活躍した試しがない。ヒットなら浅井だって打てるし、満足に守れる分よっぽど良い。
金本に何を求めるかというのはこないだも書いたようにここ一番での活躍、4番の風格なんですよ。それができないようじゃあのひどい守備に目をつぶって使っている価値がない。

それに最近、やたらボール球を振るケースが目立つんですよね。
多分ヤマを張っていてはずれたときなんでしょうけど、それは動体視力が落ちている証拠なんですね。矢野が昨年そんな感じでした。捕手だけにヤマが当たることが多いですが、はずれたらとんでもないクソボールを振っていました。
金本もそういう状態になってきたんでしょうかね。
その上、肩が万全じゃないせいか今までホームランになっていた打球がお辞儀するんですよね。これではちょっと厳しいです。
日替わりでスタメンならともかく、固定するレベルじゃないと思う。
浅井、桜井、林の中の一つの選択肢にしてもらいたいのだが・・・

阪神は金本にしろ、桧山にしろ異常なまでにベテランに聖域を作りたがる。功労者なのはわかるが、それは試合以外のところでやるべきことで
ちゃんと競争してほしい。
金本を応援はしているが、金本とともにタイガースが心中するのは勘弁してもらいたい。

誕生日なのにこんなコメントですまぬ。
ちゃんと嫁が焼き肉にケーキにプレゼントを用意してくれたんだけど、
阪神があんな試合してくれるもんだから、ちょっと気まずくなってしまった・・・・。
よりによってなんでこんな日にあんな負け方かつ首位陥落やねん。

でも我が家は平和ですよ。ご心配なく!
| 虎話 | 00:23 | comments(6) | - |
黒虎強い!!
黒ユニで臨んだ横浜3連戦。

まさにダイナマイト打線でした。

初戦の長野では伏兵藤川俊介のバースデーアーチなど、
まさに「俊介くん だ〜いすき!」というフレーズがぴったりな試合でした。

そして横浜に行ってからの2試合はまさに一方的。
2戦目は林が久々にらしい本塁打。
黒ユニで「平成の呉昌征」とか思うオールドファンがいたとかいないとか。
新井さんも同じ広島出身の初代ミスタータイガースに負けないような打撃。バットは長くないけどね。

個人的には福原の2登板に注目です。
両方とも1点取られていますが、内容は悪くない。
昨年までの「逃げて逃げて」の投球じゃなくて、ちゃんと勝負にいっている。城島とのコンビは良いのかもしれない。
これなら今後も期待できると思う。

逆に心配なのは金本。
確かにヒットは出ているが、な〜んか「主役の打撃」ではないんですよね。完全に新井、ブラゼル、城島に隠れてしまっているような。
まともな返球ができないという致命的な守備に関しては目をつぶっているんだから金本に求められている打撃をしてほしい。

つなぎの打撃は浅井にもできる。金本にしかできないのは試合を影響する活躍

「金本が打ったから勝った」「金本があそこで打っていればなあ・・」
こういう発言が出てこそ、金本のスタメンの価値があると思う。

林があの調子なので、桜井や浅井の出番が限られている。
場合によっては金本を休ませるのもアリかなと思う。

ただ、現状のムードで金本をはずすのは雰囲気に影響しそうだけど、このままずっとスタメンというのは疑問です。

まあ、金本が「主役の仕事」をすれば問題ないんですけどね。それを次の東京ドーム3連戦で期待します。
| 虎話 | 00:36 | comments(7) | - |
盆休み
皆様お暑うございます・・・
昨日、仕事中に軽い熱中症みたいになって、本日午前休をいただいた私です。みなさんも十分気をつけましょう。

今年の盆休みは短く、13日〜16日まで

13日〜15日は京セラドームで試合があったのでほとんど試合観戦でした。嫁が職業柄盆休みはなくて、この間13日のみ休みだったので、
試合前に両実家に行って、ご先祖様に挨拶してきました。
まあ、一番の楽しみは両家の犬に会うことなんですけどね。
うちの実家ではお昼をいただいて、嫁の実家ではおやつをいただいて京セラドームへ。
のら家の場合は両方の実家が阪急電車で10分なので便利ですw

さて京セラドームの試合ですが、嫁と行った以外は勝ちましたw
特に3試合目は5/1の甲子園の巨人戦を最後に扁桃腺腫らせて入院して、
しばらく観戦自粛していたおすぎ44が久しぶりの参戦。

いきなり天井に当たった誤審などで、怒鳴る場面が。
そこから怒涛の攻撃などが2回もあったりして、最後の方はクタクタ。
おすぎ44は握力がなくなったとかゆうていたw

まあ、3試合は2勝1敗で好調ヤクルトをうっちゃった感じです。






やはり金本と城島の9億コンビのインタビューは面白いね。
さすが、超大物同士

しかし、誤審の場面で打ち直しでホームランを打つ金本ってやはりすごい・・・。
あの坂井審判は一軍3試合目であんな取り返しのつかない誤審をして、
もしそれが勝敗に関係するようなことになったら、ものすごい罵声をあびてトラウマにでもなりそうな状態で、「じゃあ、わしがホームラン打ちゃあええんやろ?」と打つところがほんますごい。

守備の問題点があるので正直常時スタメン起用は反対ですけどこういうのを見ていると金本の力を感じる。
こういう活躍が続いてくれればいいんですけどね。

最後の休みは盆休みらしく、大学時代の友人と夕食。
今回は男女5人(男4人女1人)集合。
当初は三宮の個室のある飲み屋を探していたのですが、先日観戦を一緒したUが「心当たりがあるから」というのでまかせると、

なぜかフレンチになってしまいましたw

大学の最寄り駅近くにあるなかなか良い雰囲気のフレンチレストランでした。

駅で1人の友人と合流し、一緒に向かうとすでに1人到着していました。
その後次々と合流。

赤ワインを飲みながら6000円ぐらいのディナーをいただくという優雅な時間を過ごしました。
ちなみに5人中3人が所帯持ちで2人は子持ち。
紅一点のRさんは2児の母親であり、初心者のM君とこれからの私に色々とレクチャーしてくれました。
やはり話題が家庭的な話題になりますな。。。年相応です。

嵐のような4日間で盛りだくさんでした。
あまり休めなかったので今週末は・・・・あ、予定入ってる。

まあ、体調崩さないように頑張ります。







| 虎話 | 00:11 | comments(4) | - |
体調も阪神もあまりよくない
まだ体調が完全に回復してません・・・。
今度の風邪はしつこいです。
それとも年のせいで回復力が落ちてるんか?w

とりあえず、声が全く出なかった火曜以外はなんとか会社に行っています。
そして土日を迎えたのだが、阪神と同様体調もいまいち。

日曜はスカイマークのスーパー花火ナイトの内野席チケットを取っていたので、まあオリックス-ロッテ戦でそんなにエキサイトすることもないので
嫁と行ってきました。

嫁はパはオリックスファンですが、私はオリックスはそんなに好きではなく、1に日本ハム2にロッテ、後は同等って感じなのでロッテ応援していました。
的場の3ベースとかめったに見れないものも見れましたが、8回終了で22時前!
スカイマークの場所をご存じの人なら分かるが、三宮まで出るのに30分かかる上、交通手段がそれしかないので試合終了まで待つとえらいことになるので、9回表終了後に球場を出ました。
阪神戦では考えられませんけど。
結果、比較的すいている電車に乗れて助かりました。

なんとか週末の京セラまでには体調を完全復活させておきたいですね。
その前に阪神も復活しないと・・・・。
とりあえず6番金本固定と桧山一軍固定はやめようよ。
いくら二軍でスタメンで出したいというのはあっても、今の状況で上本を落として桧山を残すのはどう考えても普通じゃないでしょ。
いい加減特権とか聖域とかやめてほしい。
この時期にベテランを落とすとチームの雰囲気がという意見もあるが、そもそもそんな空気自体を作っていることがおかしいんですよね。
やっぱり平等に競争してほしい。

これが引退勧告というのではなくて下でじっくり調整して、9月戦線に照準を合わせてほしいし、もしそれで本人に気力がなくなればそれは仕方ない。いずれにせよ誰がどう見ても代打専門(守備にはつかせないようなので)、どうでもよい時に使うような200以下の打者を一軍に置くのはおかしいって。

金本のスタメンもそう。今の打撃内容とあの守備と肩では完全にマイナス。中日戦では金本の守備による失点の方が多かった。
これでその分打撃でカバーしてくれれば問題ないけど、そうではない。
別にスタメンで出ることには反対しないが、結局スタメン固定になってしまっているのが問題。
林や今度上がってくる桜井を起用して、その中の選択肢として金本も置いてほしい。
先日の巨人戦だって林スタメンはいいけど、浅井を代えるのはおかしいでしょ?明らかに金本→林にすべきでしょ?

金本にしても桧山にしても今までの阪神を引っ張ってきた功労者には間違いないし、非常に感謝している。
でも、それと今の起用とは別。
「功労者だから打てなくても起用する」なんてのは絶対おかしい!

こういう変な制約がある限り、阪神は上にはいけないんだろうなあ。
どこで真弓さんが英断を下すか、それともそのままズルズルいくか。
明日からの広島戦も相変わらずレフト金本でいくのだろうか、桧山はどうでもいい場面の代打で起用されるのだろうか・・・

そんなこと思いながら、明日は香川に出張です。
| 虎話 | 00:30 | comments(8) | - |
久々の東京出張でした
今週は出張で久々に東京へ行ってきました。
たぶん1年ぶりかな?昨年9月ぐらいにセミナーに行った時以来。
結婚式の返事を直接もらったりしてたから、かなり前です。

それまでは静岡は何回かあったけど東京はありませんでした。

木・金と東京滞在で宿は池袋にとったので、東京の友人と会うつもりでいましたが・・・・
風邪をひいてしまいました。
火曜にリーガロイヤル大阪でセミナーを受けたのですが、会場がめちゃくちゃ寒くて、それでどうも体調を崩したまま出張で、このときにピークを迎えたようです。
木曜はつくばでお客さんと会ったのですが、正直何を話したか覚えていません・・・。
秋葉原からつくばまでのつくばエキスプレスもほとんど寝ていました。
ちょっとでも元気なら誰か声かけようか(だいたいいつも同じメンバーですが)と思っていましたが、とてもそんな状態ではなくホテルに戻って休養。
金曜は久々の埼玉。
西武池袋線に乗って、前の会社のすぐそばまで行きました。
訪問先から「遠くまでお越しくださりありがとうございます。道とかわかりましたか?」と聞かれたので、「いや、昔毎日車でここ通っていましたのでw」と答えて、そこからはローカルトーク。
そして、仕事が終わってそのまま帰宅。
今回は木曜の仕事後、時間があったので元気ならいろいろとできたのですが体調悪くてそんな余裕なし・・・残念。
東京ドームで巨人−中日という手もあったなあ。

そんな状態で帰宅して、ぐったりと就寝。
土曜の甲子園の試合も正直、しんどかったのですが、大学時代の友人を誘っていたので少し無理して行きました。
そしたらこの試合が・・・ご存じのとおり5時間半を超えましたw
でも汗をかきすぎたせいか、風邪はだいぶ抜けました。かなり疲れましたけどw
それと帰途がね・・・私は自転車なのでよかったのだが、友人は京都太秦から来ていたので、さあ大変。
「とりあえず、梅田まで行ってみる」と行きました。
後から聞いた話では無事に最終の新快速に乗れたらしいが、環状線の人身事故のせいでかなり遅れたらしい。京都からタクシーで帰ったみたいだが・・・おつかれさんでした。

そして本日はロード前の最後の甲子園。
嫁さんと行ってきました。この日もすごい蒸し暑いし、試合展開がハラハラドキドキ。。。
おかげでまた大量に汗をかいて、すっかり風邪は治りました。


交流戦後は7勝2敗1分です。なかなか調子よいですね。
しかも2敗はすべて某Gさんとの観戦分www

トータルで21勝12敗1分

さあ、盆の京セラドームまでは仕事がんばろう!
| 虎話 | 00:34 | comments(6) | - |
劇的勝利を呼び込んだのは広島野村の意味不明采配
本日は仕事も忙しかったので、芸人の従弟にチケットを譲って残業していました。帰り際に新井・ブラゼルのダブルスチールってのを見て何かの間違いかと思いましたがw

まあ、前半戦はおまけみたいな延長後のすざまじい展開でした。

勝った〜やった〜うれしい!ならみんな書いているので、あえて本日の問題点を挙げてみよう。
まず真弓采配。8回だったか久保田が1死ランナー2塁で嶋のシーン。
2−2でこの時点では明らかに1点勝負なんだから、レフトは金本から藤川俊介に交代すべき。
8回裏は9番からだから確かにランナーが出れば9回に打席が回ってくるが、ここで点を取られては意味がない。
レフト前ヒットなら100%点数が入るという危険性を考えれば、交代が妥当。金本に気を使うのは良いがそれで試合落としたら意味がない。
そして10回の安藤の起用。
ホームゲームで延長に入ったら、サヨナラがあるので良い投手から順に使うのがセオリー。
確かに最近渡辺、西村も決して調子が良いとは言えないが、緊迫していない局面で2回ほどリリーフで良かった安藤よりは絶対マシ。
本来なら10回・11回は西村・渡辺でいって、それでもダメなら初めて安藤というのが普通。
本当に真弓監督は継投下手だよな。

しかし、それ以上にひどいのがいた。広島の野村監督
10回表に赤松が2点タイムリー
勝ち越してイケイケのときに4番嶋に代打山本芳彦

確かに投手は左の藤原に代わった。しかし、仮にも4番を任せた元首位打者の嶋。それにここ4年間一軍でヒットすらない打者を代打に出すか?
阪神でいえば左だからとブラゼルに代打狩野という感じ。
真弓監督も左右病だが、ここまではさすがにしないはず。
その反面、10回裏の投手起用では逆
リリーフエースがいない状況なので浅井、関本という打順なので右の上野を持ってきたと思った。結局浅井の代打林にホームラン、関本にもヒットを浴びる。ここまでは采配としては問題ない。
しかし、鳥谷、平野のところで投手を代えない。
ベイルがまだ残っているのに・・・ベイルはサイド気味の左なので左打者は非常に打ちにくい。てっきり鳥谷からはベイルにスイッチかと思えばこれはそのまま。
結果はみなさんご存じのとおり。

これを見ていると広島ファンのやるせなさに同情する。
なんか民主党のトンチンカンな政策に国を憂う国民のような感じか。

真弓監督の采配ミスなんぞかわいいもんですわ。
投手は酷使して潰す。4番も怪我、采配はめちゃくちゃ。これじゃあんまりだわ。前田健太も疲労とかいって登板間隔あけたのに明日投げさせるかもって・・・オールスターに中1日登板ですか?
いいかげんにしろ。

まあ、奇跡のサヨナラに林の1号も出て、気分はいいはずなんだが、広島を思うとなんか藤田平時代の阪神みたいで他人事とは思えない。
よくここでも言うけど当時は3番和田4番平塚、抑えはオリックスをクビ同然の古溝、連れてくる外国人は外れの山。期待は当時売り出し中の新庄、桧山。ちょうど今の広瀬、岩本のような感じかな。
そういえば桧山は本日もヒット出ず。
スイングが完全についていけていない。11打席ノーヒット。
本日、育成選手になっていた森田が支配下選手登録、野原祐も先日二軍戦に復帰。そろそろ結果を出さないと桧山もやばいでしょうね。

| 虎話 | 00:53 | comments(6) | - |
気分の良い勝利の後だが。。。
いや〜、いいよねえ。
今日は嫁も休みということで、京都まで行ってきた。
3連休ということでめっちゃ混んでいた。
東本願寺と東大谷に行って、帰りに祇園小石で抹茶パフェ食べて帰ってきました。
私らが入った時は待っている人もおらず、すぐに案内されましたが、
しばらくすると店の外にまで列が・・・・ラッキーでした。
ただ、帰りに見た都路里の行列はもっとすごかった。
まあ、観光客が多いんだろうね。

帰って、横浜-巨人戦の結果を見るとなんとハーパーのサヨナラ満塁ホームラン!!
先日の甲子園での横浜戦でもこのハーパーにだいぶやられたのだが、
球場で某Gさんと見ていて、お互い絶賛していました。
なんといってもマートンと一緒で軸がぶれない。
スイングで泳がされることがほとんどない。おまけに選球眼もそこそこでなんといってもブラゼルクラスのパワーも備えている。
この状態を維持できれば、かなりの成績を残しそう。
ただでさえ、横浜打線は要注意で私も開幕前はこわいと予想していたのだが、村田と吉村が絶不調で最下位。
しかし、このハーパーの加入に加え、村田が復活すればスレッジ、カスティーヨなどとの巨人や阪神に引けを取らない打線ができます。
後は投手陣ですね。清水以外にまともな先発投手がいないという状況。
これがもうちょっとマシになれば、もっと上を狙えると思うのだが・・・

そして、ヤクルト-阪神戦
途中まで、由規の完璧な投球内容に厳しいかなと思っていたが、
6回裏の無死1・3塁のピンチを抑えたことから流れが来た。
そこから怒涛の攻撃で圧勝!
巨人とのゲーム差を0.5にした。

それはいいんだが・・・・今日の起用で気になる点があった。
この7回、ブラゼル、金本の連続ヒット、城島は倒れて1死2・3塁で浅井に代えて林。
この回の流れは6回裏の守備から来たもので、浅井のバックホームはその代表のようなもの。流れを呼び込んだ選手に代打ってどうなん?
さらに林の後は代打桧山。
これは何回も言っているが、相手は由規で155kmの速球投げる投手にベテランをぶつけてどうする?四球を選んだがストレートがストライクゾーンに決まっていれば打てなかったはず。
いい加減に臨機応変な采配というものをやってほしい。

金本にしても、桧山にしても功労者というのはわかるのだが、平等に評価してほしい。金本には実績や威圧感などがあるのはわかるが、打率200程度の状態が続くのであれば300以上打てる状態の林を使ってほしいし、
桧山も代打で結果が出ないのなら、二軍にいる庄田や葛城、森田などにチャンスをあげてほしい。
確かにベテランには今までつちかった経験や数字に見えないものがあるのは理解しているが、阪神の場合はあまりにも無条件というか聖域のようなものを作りすぎ。
たとえば、横浜の佐伯なども最近まで二軍にずっといて、やっと最近一軍に上がってきた。佐伯はまぎれもなく横浜の功労者でしょう。
でも佐伯よりも調子の良い打者が一軍にいると評価されていたから二軍にいたわけで、それが本来の姿であると思う。

金本がスタメンで戻ってきたことは喜ばしいが、あの返球を見る限り余程の打撃成績を残さないとスタメンで起用する意味はないと思う。
最初は1日おきの起用とかいっていたのに、結局3試合ともスタメン。
なんか金本特権というようなものが見え隠れする・・・
それに見合った活躍をしてくれたら文句はないし、今まで金本自身がそれをやってきたのだが・・・
桧山に関しては何故代打専門にしているのかがわからない。そして代打専門なら今の成績では一軍にいる意味は微妙かな。
まだ外野も十分守れると思うんだけどねえ。

ただ、最近俊介や大和、上本、田上など若い選手を積極的に一軍に上げているのは良いと思います。
| 虎話 | 01:45 | comments(8) | - |
肩は痛くとも甲子園
最近、左肩が四十肩で上がらなくなっています。
おかげで作業するのに一苦労。たまに動きの中で激痛が走り、うずくまったりして周りに心配かけていました。

整体にも2度ほど行きましたがなかなか良くならず、今日ダメなら整形外科にいこうと思っていたら、奇跡的に肩の食い込みがはずれて回るようになりました。まだ多少筋肉は痛いですが、この分だと治りそうです。

そんな中で「肩痛いので・・・」と残業せずに帰ってそそくさと甲子園に行く私(といいつつ現在のペースでも十分組合に許可もらわなあかんようになるが)

水曜日は親戚と嫁と4人で3塁アルプスで観戦。
正直肩の痛みがピークで野球に集中できませんでした。
特にマートンやブラゼルの時の「ドンドンドドドン(ウ〜〜〜)・Let's Go!マートン!(ブラッズ!)」のときのウ〜〜でメガホンを上げるときに
ある一定以上上げると激痛が走りましたw

試合は関本の代打ホームランで勝利。あまり盛り上がる場面がなかったのがかえって幸いでした。





木曜日はまた血迷って某Gさんをお誘いしてしまった。
私も土壇場で追加の仕事が入って、18時半ごろに到着するとGさんもちょうど到着したところで2点先制しているという話。
今日はなんとかなるかなあ・・・と言って入ると安藤が・・・・
もういいたくない・・・・

ほんま最強・・いや最狂コンビですw

この日の収穫、上本プロ初出場



金曜は先発久保だし、なんとかこののら爺コンビの連敗記録に終止符を打ちたいということで、金曜もGさんは「遅れると思うけどいく!」とのこと。

そしたら金曜、当初は晴れ予報がいきなり雨

その手があったか・・・・・(爆)

中止かなと思いつつ、残業しようかなと思っていると夕方には雨がやんだ。
運よく定時に出れたので、Gさんに「後からゆっくり来て」とメールすると
「もう駐車場」

はやっ!やる気満々やん(爆)

朝は雨だったので自転車ではなく、電車で甲子園へ移動。
甲子園の駅前では日曜の参議院選挙の関係で、エモやんと桂きん枝がいました。エモやんには握手してもらいました(ミーハー)
まあ、国民新党@女投げ亀井にも民主党@実態は社会党にも入れないけどね。

みなさん選挙には行きましょうね!
あとオールスターの60周年枠にもブラゼルを投票しましょう!

到着するとすでに2点先制。しかし2人がそろうと2ラン3ラン打たれてあっさり逆転。投手が久保なのにこの状態。
さすがにきついと思っていると、なんと信じられない形で逆転。
大和は好走塁だけど、上本のは完全に横浜のミスです。
でも、これで長きにわたったのら爺連敗伝説に終止符を打つことができました!万歳!万歳!マンセー!




本日は嫁が観戦。私はTVでゆっくりと・・・・
こちらは書きたいことは多いので別枠で。
| 虎話 | 00:32 | comments(4) | - |
久しぶりの甲子園
久しぶりに阪神が甲子園に戻ってきましたので早速行ってきました。
火曜日はたまたま休みをとっていたので(6月は休みがないし、ずっと残業が続いていたので、上から仕事に支障がないならば1日ぐらいリフレッシュしなさいと・・・)最初から行けました。

この日は金本選手のギネスの授賞式で、入場客に下敷きを配っていました。
せっかくなんで、久しぶりに私もハラミ丼を食べて臨戦態勢。







私個人の意見を言わせてもらえれば、1492試合というのは非常に意味がある。これが1500試合だったら最後は記録のために無理やり・・・という印象があったと思うが、あと8試合というところで自ら辞退したからこそこの記録はすごい記録になったと思う。

さて、試合の方はスタンリッジ‐朝倉

とにかく阪神打線はブラゼルが大爆発。1本目は甲子園特有のレフトへの本塁打、2本目は高々と打ち上げたのがのびて入ったような東京ドーム風ホームラン。そして3本目は本物のライトへの本塁打。
ほんまに段々バースに見えてきました。

この日はさらにおもろいことが



4番に新井兄弟そろい踏み!!
おまけに堂上兄弟もいるし、兄弟2組という非常に珍しいメンバー。
兄弟といえば、うちら世代なら嶋田兄弟に仁村兄弟かな・・・。
マニアックなところならレーシッチ兄弟(弟はゲーリー)、ギャレット兄弟

脱線しそうなのでやめw

つうか俺は堂上兄弟の親父さんが投げている頃知っているからなw


最後はブラゼルのヒーローインタビュー。

この日はサッカーがあるので、嫁が早く帰りたいらしくヒーローインタビュー終わった瞬間、帰りました。

さて、水曜日。
この日は一人で観戦予定。
まあ、一人といっても周りは知ってる人ばかりなので、問題ないんですが
気まぐれで某Gさんを誘ってしまいました。
Gさんと私が行くとかなりの確率で負けますw

Gさんは結構遅れるということなので、携帯で連絡待ち。
携帯が鳴った瞬間、和田にホームラン!
即、「やっぱり帰ってw」とメール。

おそるべし、G・・・

・・・やっぱり負けました。
つうか久保田はなんでああなんでしょねえ。
この日は藤原をワンポイントで使ったことが収穫かな?
今の中日打線は1番と3・4・5番以外はこわくないんだけどねえ。
そこだけでやられたなあ。

でも、甲子園に行くとなんか気力がみなぎるな。
7月は出張が多くなりそうだけど、できるだけ行きたいなあ。
| 虎話 | 00:44 | comments(7) | - |
交流戦終了です。
本日で交流戦が終了です。
結果は11勝12敗1分と惜しくも5割を逃しました。

ただ、先発投手で計算できるのが久保だけの状態かつ各球団に絶対的エースの多いパリーグ。特に西武は涌井2回、日本ハムもダルビッシュ、楽天岩隈、田中マー君、ソフトバンク杉内とエース級に結構当たりながらもこの成績はまずまずかな・・・。

ただ、今日にしても負け方が悪いよね。
ある程度はわかってるにしても守備がね・・・外野守備。
桜井の守備はほんとになんとかならんかねえ。

林、マートン、桜井の外野陣なんて下柳がキレそう。
せめて藤川俊介か平野をかましたいところです。

まあ、交流戦は終わったので、リーグ戦です。
ポイントは

1.先発投手陣は?
2.金本に守らすのか?
3.鳥谷1番の打順は変えないのか?

私が一番心配なのは先発投手陣。能見が怪我して駒不足だったが、交流戦の変則日程のおかげでなんとか久保を中心にフォッサム、スタンリッジ、鶴、下柳で回すことができた。
しかし公式戦で6連戦とかになってくると、もう一人必要になってくる。
たぶん上園になると思うが、上の顔ぶれ見ても安心して見れる投手が久保しかいない。
後は5回か6回を2〜3点で抑えたら御の字という投手ばかり。
これでは中継ぎ投手に負担が生じる。西村、渡辺あたりは無理遣いすると潰れてしまう。

よって重要なのは「安藤と久保田の復活」でしょう。
他には金村あたりが城島のリードで昔を思い出せないかと期待しています。
後半戦はたぶん上記の頑張っている投手がバテてくると思うので、こういう実績のある投手が出てくる必要があります。

そして打撃陣では金本がどうするかですね。
交流戦でわかったことは「金本は明らかに代打向きではない」ってこと。
もし、起用するならスタメンで使いたいところ。
どこまで守備ができるのか、6回ぐらいで交代はOKなのでそこまで持つぐらいのレベルまで復活できているか。
ただ、そうなるとセンターの守備範囲が重要。
マートンがライトできれば藤川俊介センターでいいんだけどね・・・。
まあ、桜井・マートン・金本で、後半は金本が退いて藤川俊介入れて、マートンレフトというパターンでしょうね。
そうなると桜井の守備固めが必要なので、平野を外野で大和セカンドという起用も多くなるだろう。できれば田上や柴田あたり「外野守備だけは安心して見れるよ」という選手がほしいですね。
高橋光信は好きだけど、浅井がいるなら代打専門よりこういった外野守備要員を重要視してほしい。

そして最後は打順。交流戦中にマートンは1番だったのが、鳥谷と入れ替えることになった。マートン3番は十分機能しているが、1番鳥谷が全く機能していない。
もし、金本が復帰したら1・2番の打順が非常に難しくなる。
平野を1番にしたら2番打者がいなくなる(桜井を藤川俊介にする。平野外野で大和を入れるのであればアリ。しかし、桜井ははずさないでしょう)
そうなると・・・・やはり1番マートンになるかな。
しかし、そしたら3番が不在。
新井さんでもいいんだけど、私の「3番打者像」は1番打者の強化版
ヤクルト青木、横浜内川、中日にいた福留なんかは完全にそのタイプでした。
チャンスに打てることよりも1・2番が凡退した時に自ら出塁して4番につなぐことが理想だと思う。
新井・城島・ブラゼルはそのタイプじゃない。
そうなると鳥谷の復調が必要です。
鳥谷が堂々と3番打てるようになったら阪神はより巨人を脅かす存在になるであろう。

さて、今日から金曜まで野球はお休み。
仕事に集中します。
| 虎話 | 00:23 | comments(7) | - |
交流戦観戦終了
最近、更新の余裕がなくてすいません。
返事やメッセをくれた方々、レスもつけずに申し訳ない。

先日の日曜で交流戦の観戦は終了。
(さすがに千葉マリンはいかんと思う・・・・)
甲子園8試合、スカイマーク1試合の観戦で4勝5敗。
いきなり日ハムに2連敗、楽天に1勝1敗、オリックスにもビジターで負けてどないなるんかと思ったら、6月に盛り返しました。

現在のところ、14勝10敗です。

ソフトバンク戦の日曜は久々に大学時代のクラブの友人Uと観戦。
彼は数年前まで福岡勤務で、ヤフードームの交流戦阪神戦は毎年行っていたそうだが、そのたびに杉内で悔しい思いをしていたらしく、
リベンジできたと大喜びしていました。
是非、土日また誘ってくれということで、おすぎ44のライバル誕生です。

さて、この週末は家でゆっくりするか・・・
最近、疲れ気味だし、来週は関東へ出張になりそうだからなあ・・・

あ、本棚つくらなきゃ。
| 虎話 | 23:15 | comments(4) | - |
久々に自宅でゆっくりテレビ観戦
ここのところ、仕事が鬼のように忙しかったり、嫁の実家の方で色々あったりで、バタバタで更新できませんでした。
(一応、それなりに観戦はしていますが)

そんなんで今日は久々にゆっくりできた土曜日でした。

でも朝から本棚が来たり、テーブルが来たりで対応したりしてました。
それでもお昼までゆっくり眠れたのでだいぶすっきりしています。

テレビで日本ハム‐阪神戦を観戦。

ダルビッシュ‐鶴・・・まあ、誰もが阪神不利と思いますよね。
かたや球界No.1投手とまだ未勝利の売り出し中の投手。

いきなり2点取られた時は正直厳しいかと思いましたが、
野球の神様は鶴の頑張りをちゃんと見ていてくれたようです。
ブラゼルのファーストゴロを高橋が悪送球(走者新井のメットに直撃)
、さらに城島のサードゴロでホーム送球も新井の好走塁でノーヒットで2点で同点。
さらに鳥谷のタイムリーで逆転。
7回に代わった西村がピンチを迎えるものの、森本の打球があわやトリプルプレーというようなサードゴロで抑え、
球児が2イニング。最後は少し危なかったが無事勝利

鶴投手 初勝利おめでとう!!

ダルビッシュに投げ勝ったことは鶴にとっては非常に自信になったでしょう。これで私は鶴は一皮むけると思う。
今はデモシカでローテに入ってるが、押しも押されぬローテ投手になるでしょう。
将来阪神を背負って立つ投手になるかもしれません。

将来の阪神のためにも価値のある一勝です。

ご機嫌なので夕食を私が作りました。
今日は嫁は仕事なんで帰りにお惣菜とか買ったり、こっちがスーパーで買ってきたりしているのですが、久々にカレーを作りました。
でもにんじんの皮むいているときに包丁で指を切ってしまいました・・・

まあ、カレーは嫁に大好評だったのでよかったわ。
明日のタイガースにがんばってもらいましょう。


| 虎話 | 01:19 | comments(4) | - |
真弓采配に一喜一憂
甲子園の日本ハム戦、楽天戦は全部行きましたので交流戦観戦成績は1勝3敗です。
まあ、桜井の守備のまずさなど、ここにきて守備の重要性がクローズアップされてきましたね。

そんな中、迎えた福岡でのソフバン戦

火曜の試合は正直、1−2になった時点でファルケンボーグor摂津→馬原のJFKばりのリレーでやられると思いました。
9回に馬原から城島がヒットを打つとすかさず代走大和。
そして大和が盗塁。
そのあと、2死3塁で代打桧山。
馬原のような速球派に桧山出してどないすんねん!っと思ったら
ソフバンバッテリーが血迷ったか初球に変化球。
それを逃さずに桧山が起死回生の同点タイムリー!
打った桧山はもちろん見事だが、ストレートではなく変化球を打たれた馬原は悔いが残るでしょうね。

そして延長に入って、摂津から平野がヒット、そして鳥谷がヒットエンドラン。そのランナーを新井と大和がきっちり犠牲フライで還すというまさに理想的な試合。
藤川球児の調子はいまいちでしたが、大和の犠牲フライが効きましたね。

こういう機動力を使った野球をやってほしかったんですよ。
今年の阪神は強力打線が売りなので、守備や機動力が軽視されがちですが、
ここというときは守備力や機動力を使わないと野球が面白くない。
そういう面では最近大和や藤川俊介を効果的に起用している。
真弓野球が完成されてきたかとご満悦の昨日でしたが、本日の試合では別人のような内容。

まずレフト狩野・・・
確かに昨年ホールトンからホームラン打ってるけど、昨日の流れなら藤川俊介でしょう・・・なんで流れを読めないかな?
そして相手投手がサイドハンドの藤岡になったら桜井に代打葛城
確かに葛城はヒットを打ったけど、それが問題ではない。
言いたいのは守備を我慢して桜井を起用するのは当然打撃に期待しているんでしょ!?相手投手が代わったら代打を出すような評価なら最初から使うな!ということ。

全くコンセプトに一貫性がない。

そして驚いたのは最終回
ライト大和・・・・
いったい何の意味がある?平野ライトでセカンド大和でええやん。
しかも大和にこれから外野を守らすこともあるならまだわかるが、試合後のコメントで「もうないよ」

いったいなんなんだ!?それ(怒)

確かに試合は久保田が新井の連続エラー(記録はヒットだがあんなもんエラーや)の後、ヤケになって多村に3ラン打たれて、試合としては終わっていたけど、監督がヤケになってどうすんねん。

そこまでヤケになるなら、今日の戦犯である打てない守れない新井を代えろよ!!
とりあえず、新井の守備はフルイニングの価値はない。
(鳥谷は守備は安定しているので、打撃面が落ちない限りはアリだと思うが)
守備固めをするなら関本の出番や二軍にいる坂の出番もあるのに・・・
新井だけはかたくなに代えようとしないよね。。。。

なんか2試合でころころと印象が代わる試合でしたわ。
次は岡田オリックスとの交流戦。
しっかりたのんまっせ。真弓さん。

| 虎話 | 00:36 | comments(5) | - |
交流戦前最後の甲子園
GWも終わり、日常が始まりました。
新居からの通勤でなんか変な感じです。

さらに会社の貴重な甲子園同行者のおすぎ44君が扁桃腺腫らして入院。
5/1に観戦したときはそんなことなかったんだけど・・・
扁桃腺が腫れすぎて、食べ物も通らずにヴィダーインゼリーで食いつないでいたという・・・そりゃ弱るよ(汗)
へたすりゃ手術ということでこりゃ大変だ。

嫁が仕事の日の観戦相手を探さなければいけない・・・。

というわけでおすぎ44の分も応援がんばらねば。。。。
金曜日、到着後いきなり城島の満塁弾。
おすぎ44に早速連絡すると「ええ薬になる」
しかし、5−4まで追いつかれて8回に久保田が栗原に逆転2ランを許す。
ここでおすぎ44からメール
「久保田のせいで悪化した・・・・」
しかし、これで終わらないのが今年のタイガース。
満塁にして代打矢野の同点タイムリー。斜め前にいつも熱心に観戦している親子連れ3人がいるのだが、娘さんが矢野の大ファンで涙目になりながらキャーキャーゆうてました。
そしてマートンの満塁弾。ほんま頼りになります!!





土曜日はノーガードの打ち合い、守備のミスが多かった分阪神が負けました。
スタンリッジは悪かったけど、それ以上に鳥谷とマートンの交錯による落球や狩野のへたくそな追い方・・まあ、外野手やないからしゃあないけど。
こっちは何年外野手やってるねん(怒)という桜井のへぼ守備など・・・・ええ加減にせえよ。
まあ、最後にもうちょっとで同点ってとこまでいったのは今年の打線がすごい証拠かな?
しまりのないしょおもない試合でした。

そして日曜日、おすぎ44のピンチヒッターに大学の同級生Kを呼ぶ。
Kは以前紹介したかもしれないが、大学時代はよく観戦に行った仲間で
当時の弱い阪神(主力は新庄、大豊、関川など)を熱心に応援していたが、そんなKが就職してから阪神に興味がなくなったようで、今回も久々の甲子園。選手応援歌も桧山と矢野と普通のやつしかわからんらしいw

試合は広島はエース前健、こっちは谷間で鶴という状況で厳しかったのですが、ブラゼル、マートンの活躍でなんとか勝利。





しかし、マートンはほんまにすばらしいね。
シーツありがとう!!開幕前にボロクソゆうてた諸君謝りなさい!
え?お前もやろ?って(汗)
まあ、守備は不安なのは事実でこんなに打つとは思ってなかったんだもん(言い訳)
マートンさまさまです。

逆に久保田と桜井!廊下に立ってなさい!

これで観戦成績も10勝5敗となりました。
交流戦も仕事に支障をきたさぬように頑張って応援します。
| 虎話 | 00:39 | comments(7) | - |
GW終盤の過ごし方
ゴールデンウィークも今日で最終日。
前半は野球観戦などにいそしみ、後半は旧友と会ったりしてのんびりすごしています。嫁さんは仕事なんで申し訳ないんだけど・・・

3日は嫁さんも休みだったので、携帯の変更をしてきました。
うちの父と弟がドコモ、嫁さんと義母もドコモ、私と母がauということで
多勢に無勢でドコモに変更です。
もともと私もドコモユーザーだったのですが、いろいろあってauに変更して3年・・・正直ドコモに戻したいという気持ちもあったのでいいタイミングだったと思います。

新規ユーザー割引やもろもろで母と一緒に携帯変更でも6000円ぐらいで済みました。何万かかるかなと思っていたので助かりました。

そして甲子園歴史館へ。
嫁が金本の殿堂入りユニを見たいということで、試合のない甲子園球場に行ってきました。
近所だからできる特権です!




やはり私の世代はこっちに目がいきます。
嫁は90年代の映像や和田コーチのコーナーにくぎ付けでしたが。


バックスクリーンのところに出れます。ただし試合30分前に閉館するのでここで試合は見れません。でも練習は見れますね。


これがメインの金本の殿堂入りユニです。

なかなか他にも見どころのある歴史館です。
入館料は500円、ちなみに阪神FC会員証があれば400円になります。
あと試合の日は年間指定席チケットでも割引になります。

さて、今日も大学時代の旧友と飲みに行きます。
3人で会うのですがKくんは私の1週間前に挙式して同じような状況にあるので
お互いに生活の話になるのだと思います。

まあ、年に数回しか会えないので楽しんでまいります。

| 虎話 | 15:27 | comments(7) | - |
首位だ首位だ!・・・ってうかれててええん?
昨日は年に一度の大学同期との恒例麻雀大会。

麻雀打ちながら競馬するというクズな1日を過ごします。
みんな院卒なので卒業して10数年になりますが、Hくんには子供が2人、
Mくんにも昨年子供ができ、私も昨年所帯を持つ・・・
やはり時の流れは感じますね。

昼の12時に奈良のMくん宅に集合し、夜9時過ぎまで麻雀のみ
普通は日常の話などになるが、ひたすら17時までは競馬、そのあとは麻雀。

もう4人ともええおっさんなんで、普段麻雀など打つ機会がなかなかないので年に1回思う存分楽しもうという所存です。

そのうちナイターも始まり、TV横目に麻雀。
家主のMくんは巨人ファンなのであまりこっちもエキサイトできません。

注文したピザをMくんが取りに行っている間に城島がホームラン打って、
戻ってきたときMくんがピザを落としそうになったり、
久保田の独り相撲でさすがにキレかけたり、
(嫁が家で「今日あなたと甲子園じゃなくてよかった。たぶんキレまくってたと思うからって言われた。)
野球に気を取られていたIくんがフリテンリーチでチョンボになって飛んで、
その時点で一人ヤキトリだった私がえらい迷惑を被ったなど・・・

まあ、楽しい1日でした。

しかし、阪神はあの流れで新井のホームランで追いついて、さらに勝ってしまうってのはすごいねえ。
関本も大和、平野のアピールに対して、「長打力なら俺じゃ!」といわんばかりのアピール。正直関本のモチベーションが心配だったのですが安心しました。
いい競争になっていますね。

気になるのは西村かな。昨日はすばらしいピッチング!
最近の安定度はピカ一なのは確かだが、なんか久保田と同格のような周りの見方になってきているのがこわい。
ゆうてもキャリアはまだ少ない。確かに将来的には期待できるけど今、下手に重圧をかけすぎるとつぶれてしまいかねない。
渡辺の方がキャリアはあるんだから、渡辺、筒井、川と一緒に上手に起用してほしい。

能見もそんなに重傷じゃないみたいだし、巨人戦3タテはやはり気持ちいいね。

まあ、この時期首位は関係ない。
今日からの中日戦も巨人戦で燃え尽きていないことを祈ります!
| 虎話 | 11:35 | comments(6) | - |
盛りだくさんでおなかいっぱいの甲子園
昨日のサヨナラ勝ちの余韻が冷めやらぬ甲子園。
本日も行ってまいりました。

先発は巨人がオビスポ、阪神がスタンリッジと本日もどないなるかわからんような先発投手。
案の定、あっさり先制されてしまう。
しかも坂本2ベースの後、脇谷のバント失敗があったにも関わらず
ボークとワイルドピッチで結局脇谷を3塁にやってしまい先制されるという流れ的に自滅のパターン。

しかし、ちゃんと逆転するのが今の阪神。
新井が出て、城島がエンドランで1・3塁
ブラゼルは倒れるものの、桜井、葛城の連続タイムリーで逆転。

今日はとにかく阪神には足を使った攻撃が多かった。

平野盗塁→鳥谷タイムリー
鳥谷走る→ランエンドヒットで併殺免れる→ブラゼル2ラン
大和盗塁→藤川俊介犠打→マートンのゴロで追加点


すべて貴重な追加点につながっています。
最近の阪神はこういう積極的走塁が多い!
一時はマートン以外誰も走ってませんでしたが、中日戦での大和の2盗塁からチーム全体が積極的になっています。
平野と大和は守備というセールスポイントは同じなので何かアピールポイントが必要なところに大和の盗塁というのがクローズアップされてきた。
尻に火がついた平野も必死で盗塁で「簡単にセカンドはやらん!」という気迫のプレー!いいですね!(関本もがんばれ)

こういう野球を見たかったんですよね。大満足です。

そしてやはり本日は西村につきます。
無死満塁から巨人の1〜3番を抑えるというすごさ。
彼は只者ではないですね。小笠原を三振に取った瞬間、サブイボ立ちました。そしてそのあと渡辺が2イニングしっかり抑えます。
渡辺も良い時の糸を引くようなストレートが戻っていますね。

久保田、藤川につなぐ投手がこの西村、渡辺、そしてロッテから移籍の川。最近筒井がいまいちですが豪華な布陣です。
特に西村はすでに3勝・・・彼は何かもってますね。

本当に快勝でした。
同行したおすぎ44も「今日の試合に誘ってもらって本当に感謝です!」とご満悦。






しかし、昨日のサヨナラに今日の試合と両方行っていた私は果報者ですね。
幸せすぎます。

これで観戦成績も8勝4敗になりました。

明日は用事があるために野球観戦はお休みです。
それでも巨人戦3連勝目指して頑張ってもらいたいと思います。


| 虎話 | 02:59 | comments(4) | - |
やっぱり巨人戦のサヨナラ勝ちは最高です。
4月最後の試合、私は29日から連休に入り、妻も休みだったので2人で甲子園へ。新居生活始めて最初の甲子園です。

試合自体も見どころ満載だったし、最後は今季甲子園初のサヨナラだったし、阪神ファンには最高の試合だったのではないでしょうか。

先発投手は巨人西村 阪神フォッサム
どっちもまあ、裏ローテっぽい感じでスタート。
ここ2試合好投のフォッサム。
この投手は面白いんですよね。ストレートは140km程度の変化球投手。
変化球投手にはコントロールが命になってくるのですが、フォッサムはコントロールはよくない。でも三振は取れるという「本格派変化球投手」という感じ。これで下柳のようなコントロールを身につければかなりの投手になると思います。
開幕前は一度も一軍に上がる前に落ちるんじゃないかといわれていたのに、うれしい誤算です。

しかし、いきなり小笠原にホームラン。まあ、ソロで良かったという感じ。
巨人打線を相手にするときはある程度の失点は覚悟しとかないといけない。
だからポイントとしては「いかにランナーを置いて長打を打たれないようにするか」
結論としてソロならしょうがないと切り替えができます。
これは他球団から見た阪神打線でも同じでしょうね。

その阪神打線は新井の内野安打に坂本のエラーで同点に。

そして3回 この試合の1つのポイントはここです。
坂本にタイムリーを打たれて、坂本・脇谷にダブルスチールまで決められる。完全に巨人に流れがいっていたところに巨人の大チョンボ

1死2・3塁で小笠原のセカンドゴロ 平野がホームに返球し坂本が三本間に挟まれる。そして3塁に坂本は戻るが、そこにはすでに脇谷が。
2人が3塁ベースについた時点で、城島は
まず坂本にタッチ→脇谷にタッチ→ベースを離れた坂本にタッチ
2人ベースについた時点では優先権は先のランナーにあります。
このときでいえば坂本。だからベースに坂本と脇谷がいる場合、最初の坂本のタッチはセーフになります。
そして脇谷はアウト。要はそのまま坂本がベースに居座ればセーフだったのに城島の最初のタッチでアウトと勘違いしてベースを離れた。
そこでタッチしてアウト。これが今回のケースです。
要は坂本がルールを理解していなかったということです。
城島はわかっていたのか偶然なのかはわかりませんが、もしわかってやったなら「兄さん悪よのぉ〜」という感じですね。

まあ、このプレーで巨人は流れを逃しました。
その裏に阪神は逆転。一度は追いつかれるもののこの流れは最後まで阪神にありました。

阪神側のポイントは2つ
1.平野の再三の好守備
セカンド平野の守備が光った。特に9回の2死1塁からの守備。
あのときエンドランがかかっていて長野がスタート。
ランナーに目が行って動いたところに高橋が強い打球を打った。
2塁に入ろうという動きの中で打球に対応したというすごいプレーです。
昨日の試合は平野の守備でかなり助けられました。
2.阪神の攻めの継投
フォッサムの後、川、久保田と1イニングずつ。
久保田は神宮で2イニング投げているので仕方ないですが、驚いたのは9回藤川を9番に入れたこと。
7番桜井で終わったので、9回裏に回ってくることはわかっていた。
策としては7番に藤川を入れて、9番に藤川俊介や狩野を入れることも考えられたはず。
しかし9番に入れた。ということは
「延長は考えてないぞ」という檄ですね。
現実的に考えれば延長を考慮して7番に入れるのが普通かと思うが、こういう不退転の決意というような攻めの采配が功を奏しました。

正直、私は気合とかそういった精神論はあまり好きじゃないけど、巨人戦だしこういう攻めの気持ちというものも必要なのかなと考えさせられた一場面でした。

そして代打桧山の3ベース。
久々に桧山らしい芸術的スイングを見ることができました。
相手投手も速球派越智ということで評価できると思います。



現在金本が代打専門でいるので、外野守備陣のひどさを考えると柴田あたり守備固めがもう一人ほしいなあと思う今日この頃で、結果が出ない桧山の代わりにとずっと思っていましたが・・・
すいませんでしたw
ただ代打専門というならば、もっと打ってもらわないといけないし、
金本を絶対に使うという条件のもと、桧山を代打専門として起用するならば正直あまり使いどころがない。

いっそのことスタメンで使いませんか?
今更という感じはありますが、今の葛城を起用するなら別にそれでいいと思う。そして葛城を二軍に落として柴田あたりの守れる外野手を上げてほしい。ファーストは関本も守れるし。
個人的には林の打撃が見たいが、今のチーム編成では守れる外野手が優先ですね。

まあ、何はともあれサヨナラという最高の勝ち方でした。



満足満足

| 虎話 | 11:34 | comments(4) | - |
金本のフルイニング記録ストップについて
色々と書こうと思っていたが、これを書かないと話にならない。

金本フルイニング出場が1492試合でストップ!

まず、私の感想としては「正直、これでよかった」ということです。

今までの金本のすごさはただ出ていただけではなく、
攻守ともにどんな状態でも一流のプレーをしていたこと

しかし、ここ最近の金本は打撃はともかく守備面で誰が見てもフルイニングで出ていることに違和感を感じるプレーであった。

私の予想では区切りの1500試合フルイニング出場に関して、色々とグッズを準備していたため、とりあえずそこまではプレーすると思っていた。

この状態で球団の商売のために出るというのは果たして正しいのか、
しかも1500試合で終わりだと「記録のために出た」みたいになるので継続とかになったら話にならない。
今日、金本がフルイニングをやめたことで「金本のフルイニング出場の価値」は守られた。
この偉大な記録の晩節を汚すことがなくてよかった。
今日、この決断をした金本はさすがだと思う。

これで金本の起用方法に制約がなくなった。
途中交代やDHなどで出場するならまだまだプレー可能。
フルイニング出場というのが足かせになっていた昨年〜今年なので
守備固めができるようになれば、かなり大きい。

まあ、まずは無理せずに肩を治してください。
代打であれば、今でも十分いけると思います。

桧山もこれでうかうかできなくなったね。
今日はヒットが出たものの、ここ最近の三振の仕方だと速球についていけてないんじゃないかと勘繰られる内容。
金本のフルイニングと同様にタブーのようになっていた桧山の一軍についても結果次第では見直す時期にきていると思う。
正直、守備で使わず代打専門でいくなら、もっと打ってもらわないと一軍にいる意味はないと思う。
今年は昨年までなら間違いなく桧山という重要な場面で葛城が起用されることも増え、桧山の存在意義が薄れている。
矢野は控え捕手という部分があるが、桧山を外野で起用しないのであれば林や庄田などとの入れ替えも視野に入れてほしい。
もちろん、桧山がそんな声をはねのけてガンガン打ってくれれば文句はないのですがね。

とりあえず、金本選手お疲れさまでした。また火曜日から新たなスタートでがんばってください。
| 虎話 | 19:26 | comments(7) | - |
週末甲子園まとめて
水曜木曜は仕事が忙しかったのでチケットを人に譲りました。
おかげで巨人戦は勝ち試合だけ観戦することができました。

しかし・・・今回通勤帰りに甲子園帰りの客に遭遇するという「被害者の立場」を経験いたしました。
いかに自分たちが迷惑この上ないかよくわかりました(爆)

特に巨人戦は大阪方面に帰る人が
「のらさん、まだ大丈夫(試合終わらない)ですよね?」
と聞いてきて、急いで帰る感じです・・・。
ど〜もすみません。だ〜(古)

このヤクルト戦はすべて参戦でした(笑)

金曜日も仕事が講演の傍聴だったので、定時に終了。
「今から加害者になってきます」といそいそと甲子園へ。
仕事が休みだった家内と合流。
藤本がショート守っているのは変な感じですね・・・
藤本の打席が回ってくるとみなさん大拍手。
注目の甲子園初打席は貫禄のポップフライでした(爆)

変わっとらんなぁ〜おまえさんは(笑)

変わってないのは安藤も一緒でした。
なんか闘志を感じないというか・・・ピッチングに気迫を感じないし、
打席でも振り逃げで走らないなど、なんかイライラする。
打線もあと一押しが無く、あっさり逆転されました。
まあ、展開的に逆転されそうな流れでしたけどね・・・つうか阪神に攻守においてミスが多すぎる!
まあ、救いは金本のスイングが戻ってきたことかな?初球から積極的に打てるようになってきました。
それまでは「1打席1スイングまで」みたいな感じでしたから。
(正直そんなんで4番打つなとも思いますが。記録があるとはいえ)

土曜日はもう城島の満塁アーチに限ります。
上園もよく投げました。城島の上園をたたえる感じもうれしいですよね。
しかし、上園も開幕前は全く一軍戦力に名前がなかったが、岩田の離脱やフォッサムのはずれなどで急遽お鉢が回ってきて、ここ3試合ちゃんと試合を作ってますからね。やはり実戦型なんでしょうね。
こういう気持ちで行く投手には城島は合いそうですね。
逆に安藤や福原なんかは城島はイラつきそう。杉山なんか・・・(以下自粛)

そして本日は雨模様。
どうやらファームで杉山が先発するからのようだ。
新居から自転車で向かおうと思ったがやめた。
いきなり初回に金本のビデオ判定ホームラン。
明らかにボールの跳ね方がフェンスじゃなかったのに審判はどこに目をつけとるんだ・・・。
土曜の平野の件といい、審判のレベルの低下は著しい。
あのレベルなら基本的に機械にしてしまって、補助で審判がやった方がいい。
追いつかれるもブラゼルの見た瞬間の3ランで逆転。

結局3連戦は2勝1敗で、観戦成績は4勝2敗と好調です。

しかし、気になるのはタイムリーの少なさ。
ホームランで点が入るのはいいが、なんかつながりというものがあまり感じない。マートンがあれだけ出塁しているんだから、もうちょっとなんとかしようよ。
まあ、金本が復調気配なので鳥谷が打てばそのあたりは改善されるでしょうが・・・。
後は守備だな・・・金本に早く守備固めできるようにしないときついね。
肩の問題で浅いフライでも犠牲フライだし、今日も守備のうまい選手ならアウトに出来ていた打球がいくつかあった。
センター赤星のフォローがなくなった今、そのあたりが如実に出ているね。
鳥谷の負担も大きいし、正直いつ決断するか。
1500試合連続フルイニング出場をメドに考えて欲しいのが本音です。

野球以外に気になること。
それは私らの席の前はある応援サークルが4席とっている。
毎回入れ替わり立ち変わりで色んな人が来るのだが、だいたい4人中1人〜2人は酔いどれ女性がやってくる(笑)
今日も前は20半ばぐらいの若い子だったが、完全にベロベロになっており、
こちらにクダまいたり、しまいには同行者おすぎ44に抱きついたり(爆)
まあ、おすぎ44は後で「ラッキー」とゆうとりましたが(アホ)
どうやら斜め前にいる常連親子3人組も気づいていて、「この席には必ずああいう系の女性が一人はいるよね〜(笑)」って。

私から席を購入する人は十分気をつけて下さい。
くれぐれも自分から抱きつかないようにね?>長田や伏見在住の方
| 虎話 | 23:47 | comments(8) | - |
超多忙!
すんません。全然更新できてません。

仕事が勝負の時期なのと新居準備でほぼ休みなしの状態。
ようやく仕事も結果が出て、新居も大きな荷物の運搬は終わり、
今月末には新生活スタート・・・やっと落ち着いてきました。

そんな中でもきっちり野球観戦には行っています。
京セラドーム開幕シリーズは1戦目と3戦目観戦で1勝1敗
甲子園は昨日の1勝。
家内と行った試合は2勝、おすぎ44ことSとは1敗。。。。
今週末のヤクルト戦は家内と1試合、おすぎと2試合・・・
ってことは1勝2敗なのか?

まあ、それはともかく

木村拓也の突然の訃報には驚きました。
まだ若い・・・っていうか一つ上なだけだし。
昨日の試合前も巨人応援団が1-9の後にキムタクコールしてました。
今日はまあ、負けてもしゃあなかったですね。巨人の選手の気迫がすごかった。ご冥福をお祈りします。

阪神についてはここにきて今頃投手不足に気づいたのか(まあ岩田の故障もありましたが)
元ソフトバンクのスタンリッジを獲得
そしてロッテから川崎を金銭トレードで獲得。

スタンリッジはソフトバンク時代にそこそこ活躍していたイメージがあります。そのときの力が継続できていればそこそこいけそうです。

そして何よりも不思議なのはロッテ川崎の金銭トレード・・・

2008年の最優秀中継ぎ投手を金銭で出すか!?
それにロッテも左の中継ぎそんなに豊富とは思えないし。
いくら昨年から調子がいまいちだといっても、まだ28歳だし
準レギュラークラスと交換でもおかしくない投手なのに。

昨年の久保といい川崎といい・・・ロッテは阪神に寄付してくれているのか?
まあ、これで江草はピンチですね。

ただ投手以上に野手がね・・・なんかバラバラなんよね。
一人一人はすごい選手なんだけど、つながりがないというか、
単発で攻撃しているだけで、チームプレーになってない。
まあ、4番があの状態だからしゃあないんだけど。
金本もようやくまともな打ち方に戻っている(っていうかまともに打てないのに出場しているのもおかしいが)し、もうちょっと様子を見ますか。
| 虎話 | 23:16 | comments(5) | - |
開幕直前!セリーグ順位予想2010
昨年の予想はヤクルトの3位を的中。
阪神と中日が逆だっただけで、かなりいい線をいったと思う。

まあ、阪神びいきになるんですけどね。

では今年の順位予想ですが

巨人 投手±0 野手+0.5 計+0.5
阪神 投手-1.0 野手+0.5 城島効果+0.5 計±0
ヤクルト 投手-0.5 野手±0 計-0.5
中日 投手±0 野手-0.5 アライバコンバート-0.5 計-1
横浜 投手+0.5 野手+1.5 計+2.0
広島 投手-1.0 野手-0.5 計-1.5


昨年の予想と横浜と広島が入れ替わっただけなんですが・・・
基本的に巨人が抜けて、阪神・ヤクルト・中日がだんご、そこに横浜がひょっとしたらかかわってくるかもしれないという予想。
広島はかなり厳しいね・・・・。
各球団の戦力分析の詳細は下記参照


巨人
IN  投手:藤井・小林雅・土本・高木
   野手:エドガー・長野
OUT  投手:高橋尚・木佐貫・バーンサイド
   野手:木村拓・アルフォンゾ

昨年は圧倒的戦力差を見せた巨人だが、さらに今年は高橋良伸が戻って来、新人の長野も加わり、さらに厚みを増した。
投手は高橋尚がメジャー挑戦で抜けたものの、藤井を日本ハムから獲得。
そして中継ぎには小林雅。ただし、MICKEL同様こちらは不安な部分もあり。
しかし、豊田にMICKELに小林雅ってパリーグの元守護神集めて何やってんだろうね。スキがあるとしたらグライシンガーの離脱とクルーンの状態か。

阪神
IN  投手:メッセンジャー・二神・藤原・フォッサム
   野手:城島・マートン・藤川俊
OUT  投手:ウィリアムス・アッチソン
   野手:赤星・藤本・今岡・バルディリス・メンチ

正直言って2位は希望です。まともに予想するなら4位になりそうです。
投手ではアッチソンという絶対的セットアッパーとウィリアムスが抜け、
そのカバーが必要だがメッセンジャーも未知数で、アッチソンの活躍をいきなり求めるのは酷。結局は渡辺・江草・筒井・久保田でフォローするしかない。野手では城島という日本一の捕手を獲得したものの、外野ではセリーグ一の俊足と守備範囲を誇った赤星が引退。棒引きか。
後はマートンがどれだけ打撃で活躍できるかであるが、守備面の不安は否めない。他に期待するのは城島による投手陣への効果。ここに期待したい。

ヤクルト
IN  投手:中澤・バーネット
   野手:藤本・荒木
OUT  投手:五十嵐・木田・バレット
   野手:城石

まあ、簡単に言えば五十嵐が抜けただけという感じ。
藤本を獲得したが、怪我している川島慶三の代わりになれば御の字で鬼崎あたりが結局ポジションを取るような気がする。
ヤクルトは足を使った攻撃が持ち味だが、阪神に城島が入ったことで今まで盗塁フリーパスだった部分が難しくなり、対阪神戦は苦労するのではないか?

中日
IN  投手:バルデス
   野手:セサル・大島・松井佑
OUT  投手:パヤノ
   野手:立浪・井上・李・デラロサ

立浪・井上というドラゴンズの歴史を支えてきた選手が引退。
まあ、ほぼ活躍の場は代打ではあったのだが、彼らが抜けて代打陣の層がかなり薄くなった。そしてライトのポジション層が薄く、新人大島がいきなり守る可能性もある。まあ、疫病神ビョン吉がいなくなったのはプラス?
投手はチェン・吉見以降の投手が課題、小笠原、伊藤、朝倉、中田あたりがどこまでやれるかが鍵、後はアライバコンバートがどうなるか・・・


横浜
IN  投手:清水・ブーチェック・弥太郎・加賀・篠原
   野手:スレッジ・橋本・カスティーヨ・早川・稲田
OUT  投手:グリン・加藤・ウォーランド・那須野・工藤・横山
   野手:ジョンソン・仁志・斉藤俊

尾花ベイスターズになって、かなりの戦力補強を行った。
まずは先発投手に元ロッテのエース清水を獲得。
昨年途中から入団したランドルフも開幕からいるということで、
三浦・ランドルフ・寺原・清水と先発の頭数は増えた。後は抑え候補のブーチェックがどこまでやるかが鍵。ダメなら山口を戻さないといけない。
野手はスレッジが日本ハムから移籍、さらに捕手には橋本、セカンドにカスティーヨとかなり打撃面での強化が行われた。
元々3・4番は球界トップレベルのため、かなりの重量打線になりそうな予感。5位予想だが、場合によってはクライマックス圏内と見る。

広島
IN  投手:ベイル・ジオ・高橋建・武内
   野手:ヒューバー・フィオレンティーノ
OUT  投手:ルイス・ドーマン
   野手:フィリップス・マクレーン・シーボル・緒方

まず、絶対的エース、ルイスの穴は計り知れない。さらに大竹も怪我ということでかなり投手陣に不安を抱える。高橋建、ベイルの復帰などもあるがこの穴を埋めるのは難しい。
また打者も2人外国人を獲得したが小粒なイメージ。
フィリップスは存在感があっただけに、昨年より落ちそうな感じ。
今年は前田が復活するといっても、代打か交流戦のDHと思われるので過剰な期待はできない。「彗星のごとくやって来た選手」が出てこない限り、かなり厳しい戦いが強いられそう。
| 虎話 | 00:05 | comments(3) | - |
やっぱり野球っていいね。
この週末、今年初観戦にいってまいりました。



土曜日はライトで観戦。義父から「TVに映ってた」とのこと。
この日の能見は良かったね。
城島とのコンビで萎縮しないか心配だったけど、いらぬ心配でした。
試合は広大の2ランだけで2−0の勝利・・・。
てか2時間ちょっとで試合終わってしまった・・・。

この日はマートンがめまいで欠場でセンターには育成枠の田上。
赤星タイプの選手だと聞いていたので見てましたが、
確かに足は速いし、肩も良いけど打球判断がまだまだかな?
この試合もダイビングキャッチで一見ファインプレーがあったけど、
打球が飛んだ瞬間、後ろに下がってあわてて前進してたからね。
最初から前進していれば、普通に取れていたでしょう。
打撃は守備以上にまだまだ課題がありそう。
日曜の試合後に二軍落ちになったけど、まずは二軍でプロのスピードに慣れる必要がありそうですね。ただ、素質はありそうなので楽しみです。

日曜は巨人戦!
公式戦は席が決まっているので、OP戦ぐらい内野のいいとこで観ようと
みずほシートで観戦しました。



スタメンは開幕を意識したメンバー。


試合前に新入団選手の紹介がありました。


城島の打席

この日はマートンがスタメン。
ずっと観察していましたが、打撃に関してはそこそこいけるんじゃないでしょうか?選球眼が良く、打撃も外国人に多い力任せなものではなく広角に打てる。古くはパチョレック、最近で言えば楽天にいたリックのようなタイプかもしれません。
守備に関しては確かにうまくはないですが、中継プレーで3塁で亀井をアウトにしたり、最低限のことはできそうです。
まあ、終盤は守備固めがあった方がええかな。

先発の安藤は城島とのコンビで非常にテンポが良かった。
途中、坂本に2ランあびたりしたが、色々と試しているみたいだったので問題は無いでしょう。
何よりも今年は体が絞れている!
これならいけるんじゃないかなと思いました。

OP戦なので精神衛生的には問題なかったが、1回だけキレそうになりました。それは投手若竹へのファースト葛城のタックル・・・

ちゃんと声かけようや!一塁はじめてなわけちゃうし。

確かにマウンド近くに上がったフライは野手が取るってのはあるんだけど、
投げている投手の経験などを考えれば、目視確認は必要だし、せめて俺が取るってアピールが必要だった。
葛城も中堅〜ベテランになる選手だからそのあたりまで考えないと。

結局、若竹はその後1球投げたが、やはりおかしいので降板・・・
長期離脱にならなければいいけど。こういう正直つまらないミスや軽率なプレーでけが人ってのは馬鹿らしい・・・。

まあ、それ以外は楽しく見れました。
今年もはじまるな・・・・って実感が。

2日見て思ったのは、やはり城島が捕手にいる安心感ですね。
投手ものびのび投げているというか、テンポもいいし、
やはり日本一の捕手だな〜と思いました。
別に矢野さんが悪いって言っているわけじゃないけどね。
なんか矢野さんのリードはよく言えば緻密、悪く言えば考えすぎというような感じがする。その点、城島は大胆ですよね。
投手にもよると思うけど、メンタル面の弱い投手が多い阪神には城島はいいかもしれない。杉山あたりが城島と組んで化けないかな・・・。

まあ、それ以前に杉山がそこまでたどり着かないといけないんですけどね。
今の状況では・・・・・・

逆に下さんなんかは矢野さんの方がいいかもね。
後は狩野だな・・・。矢野さんも年齢が年齢だけに捕手としてもう一皮むけてほしいところです。打撃は申し分ないけど。

さ、次は開幕戦だ。
その前にパリーグの開幕シリーズも見てきます。
| 虎話 | 23:53 | comments(3) | - |
とんまのマートン
♪とんまのマートンに誘われて 悪いことしてるんでしょ? ア〜ウ〜

・・・これがわかる人は30越えているでしょうねえ。

昔巨人にいたマントもそんな風に呼ばれていたっけ。

それはともかく、キャンプにて早速、守備の不安を露呈したマートン。
センターの守備経験があまりないってのが正直不安だったが、案の定・・・

前にも言ったかもしれないが、真弓監督は守備重視といいつつやってることが矛盾。
ライトが桜井にしても林にしても守備に不安があるし、レフト金本は今や名実共に「不動のレフト」になってしまっており、まだ赤星の守備範囲がある分救いだった。
左中間、右中間を抜ける打球は場所関係なく赤星が追っていた。(金本などまともに追っていなかった。膝が悪いのだろうが、そこまで悪いなら休む勇気も必要だと思う)
ただでさえ、こんな布陣なのに本拠地は広い甲子園・・・・。
今年は3塁打、下手したらランニングホームランも出そうな勢い、これじゃ投手はたまらないよ。
城島を取って重量打線で見た目派手はいいが、昨年のオリックスみたいに7点取っても8点取られて負けたら意味がない。
1985年の再来だとか言っている連中もいるが、ラッキーゾーンはもうないってのわかってるんか!?

平野はセカンドは天下一品だが、センターはそれほど上手くない(基本的に内野手の守備)
まあ、それでも他の外野手に比べれば安心できるというのが情けないが。。
今、セリーグで一番上手な外野手(のら評価)のが赤松というのが皮肉なもんだな。

真弓監督は言っていることは正しいのに、やっていることが違うからな・・・。
これは昨年から共通することなんだけど。
まあ、金本に守備固めを出すことができればそれだけでも賞賛しますけどね。
無理でしょうけど。

とにかく外野守備は重要
打撃に目をつぶってでもルーキー藤川や、思い切って狩野を外野コンバートするなどの守備面強化を目標としたキャンプを望んで欲しい。
| 虎話 | 21:30 | comments(6) | - |
エース小林繁を偲ぶ
2日前に小林繁氏の訃報がありました。

ちょうど新婚旅行の旅行記の編集中にこのニュースを見て、しばらく固まってしまいました。
昨年まで日本ハムの2軍コーチで今年から一軍コーチに就任。
そんな予兆など全く感じなかっただけに衝撃でした。

小学生低学年ぐらいでしたか・・・まだファミコンなどのない時代、プロ野球選手といえばやはり「かっこいいあこがれの存在」でした。
その頃の阪神のエースは小林、4番は掛布
小林氏はまさにみんなのあこがれでした。(私は真弓現監督のファンでしたが)

1983年に確か13勝14敗と負け越しながらも、まだまだ健在だったときに突然の引退。
まだ小学生だったので、「なんでやめるの?」と思った記憶があります。

江川事件の関連で阪神へ・・・巨人の主力選手がバリバリの状態で移籍・・・例えば阿部が阪神移籍みたいな感じでしょうか?今では想像もつかないですね。

村山投手などは現役時代を知らないので、まさに伝説の投手ですが、
小林投手ははっきりと覚えていますし、大洋戦のサヨナラ暴投もよく覚えています。
当時、まだブレイク前の明石家さんまがよくモノマネやってました。

そんな選手が亡くなってしまうというのは、時の経過を感じると共になんかさみしくなってしまいます。まだ57歳・・・若すぎます。

ご冥福をお祈りします。

| 虎話 | 17:45 | comments(5) | - |
赤星引退
結婚式の余韻も覚めやらぬ中、いきなり名古屋に学会発表で行かされて、
しかも日帰りで会社に戻る途中、信じられないニュースが目に入った。

赤星引退・・・・

久々に頭が真っ白になってしまった。
勿論、首が悪いのは知っていた。多分今後はフル出場は難しいとも思っていた。しかし、引退は晴天の霹靂でした。

今岡にしても片岡にしても、古くは掛布にしても
ある程度覚悟はできていた。小林のときもなんとなく雰囲気はあった。

ドクターストップとは・・・赤星も無念でしょう。
脊髄損傷・・・それで寝たきりになってしまった人も知っている。
赤星は弱音を吐かないからとことんまでやりそう。
誰かがストップさせてあげなきゃいけない・・・
今回の社長の英断は悲しいけど、よくやってくれました。

結局、この試合が最後になってしまいましたね。

これは言ってはいけないんだろうけど・・・なんで、福原はあの状況を作ってしまったのだろうか。
そう思うと悔いが残る。
福原にはやはり責任を感じて、来季に向けて死に物狂いで頑張るしか挽回の道はないな。

ともかく9年間ありがとうございました。
あの暗黒時代末期に唯一といっていい他球団に誇れる選手で、
2003年は感動を私たちに与えてくれ、今年まで私たちをわくわくさせるプレーで魅了してくれた赤星選手。

あの、「走れ〜走れ〜赤星」を言えなくなるのか。

フィールド駆け抜ける セ界一のスプリンター 期待と夢乗せて 走れ赤い彗星

やっぱりこの応援歌だよね。

本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

あかん・・・まだ気持ちの整理がつかないし、実感がわかない。
来年、赤星がキャンプにいないときに実感するのかもしれない。
| 虎話 | 21:57 | comments(3) | - |
FAにトレード
ここに来て動きが激しくなった野球界。

やはり私ら阪神ファンにとって一番大きなニュースは藤本FAでヤクルト入り。これですね。
まあ、私の感想としては「阪神にいても出番は少ないだろうから、試合に出られるチームへ行くのが本人のため」ということで人気選手だけにさみしい気持ちはあるが、野球選手は試合に出てナンボだから、飼い殺しにされるなら他球団でプレーしている姿を見る方が良い。

主に二塁を守る4選手(平野、関本、藤本、大和)の現時点での単純比較を考えてみた。

二塁守備: 平野≧藤本>大和>関本
打撃  : 関本>>平野≧藤本>大和
走塁  : 平野≧大和>藤本>関本
小技・つなぎ:関本>平野>大和>藤本


これを見るとわかるが、平野と特徴がかぶる上に主な要素ですべて平野が上という印象なんですよね。おまけに平野は外野も守れるとなれば藤本は厳しいよね・・・。
大和に関しては現時点では総合力で藤本の方が上だろうけど、今後の成長に対する期待を考えれば分が悪い。
藤本の場合は、阪神という人気球団で人気先行してしまったことが不幸だったね。
ちょうど2003年の大フィーバーにスタメンに定着したので、成長しようとしているときに、そこでストップしてしまったんですよね。
それが濱中と藤本だったと思います。自分は赤星とかと一緒と勘違いしてるような雰囲気がありました。
今回、安泰を求めずに他球団に行こうとした藤本の前向きな姿勢を応援します。
ひょっとして未だに勘違いをしているかもしれませんが(汗)
ヤクルトに行って客観的に人気を度外視した自分の実力を評価できると思います。そこで壁を乗り越えて一皮向けるか、それとも現実から逃げるか・・・
川島慶三が戻ってきたら今のままの藤本ではあっさりポジションを奪われるでしょう。そこでポジションを死守できるぐらいの藤本の「もう一頑張り」に期待しましょう。
ただ、ヤクルトファンのコメントを見ていると結構勘違いしている。
上でも言ったけど藤本は器用な選手じゃないぞ。今、阪神には2番を打てるつなぎのできるタイプ選手がノドから手が出るほど欲しいんだから、器用な選手なら絶対出さないよ。

しかし、今年は横浜が本気ですね。
トレードとFAでロッテから清水、橋本を獲得(あれ?野口は?w)
さらに日本ハムとの大型トレードが決定した模様です。

稲田・坂元・松山⇔加藤・松家・関口

ん〜、なんともいえないトレードだなあ。
稲田は小谷野の成長ですっかり出番がなくなったが勝負強い打撃と安定した内野守備が売りの選手。坂元はヤクルトから移籍して日本ハムで中継ぎとしてそこそこ活躍。
横浜の方は加藤は右サイドハンドで中継ぎで以前はかなり活躍したが、最近はいまいちという印象。松家はとにかく東大卒というイメージ。
残りの2人の松山、関口の印象は正直ない。関口はパワーのある右打者だったかなという認識。
まあ、レギュラークラスではない選手はこういうきっかけで芽が出ることもあるのだが、いまいちコンセプトが見えてこないトレードだなあ。
それに横浜→日本ハムの選手は奇しくもみんな国立大学卒の選手ばかり。
将来のフロント補強か?(笑)

まだまだ動きはあるでしょうね。来季開幕時には各球団どんな布陣になっているやら。
楽しみです。
| 虎話 | 17:32 | comments(3) | - |
上太郎の店
3連休は泥のように眠っておりました。
最終日のみカラオケへ。今週末に友人の結婚式はあって、そこで歌を披露してほしいと頼まれておりますので、一応練習しとこうかと。
自分の方の準備でもてんやわんややのに(笑)

別件で相方と祖母の見舞いに行った後に、御影のあたりにいくことになったので、近くの独身寮にいるSを誘う。
確かSは前の日、ツーリングに行くとかいっていたので疲れてるかなと思ったが、数分後に「歌う!」とメールが返ってきた(笑)

結局、JR住吉駅前のカラオケで3時間歌う。最後はウルトラソウルにギリギリChopという30代の限界に挑むハイテンションカラオケでした。

その後、夕食をとなったが、せっかくなので一度行きたかった店に行くことにした。

もつ鍋 かみ坂

そう、上太郎こと上坂太一郎がオーナーをつとめる店です。

店内はそれほど広くなく、入った時点で満員でしたがちょうど1卓が空こうとするところだったので、運良く入れました。
みそ味のもつ鍋を人数分、あとサイドメニューを少し頼んだとき、相方が「え!?加藤さん!?」
「はい、そうですけど・・・」
 
2000年のドラフト5位の加藤隆行元投手でした。

私も入ったときに体は大きいし、体格がやはりスポーツ選手なので元選手かなとは思いましたが、名前までは・・・・
顔見てすぐにわかった相方はすごい。
そこから相方はソワソワしだしました(笑)ミーハーめ。

肝心の味ですが、これがかなり美味!
〆のおじやがまた最高。話題性だけではなくて、かなり本格的。
ただ、にんにくが大量に入っているので、帰りの電車や次の日は気をつける必要あり。
(現に帰りの電車で、周りに人があまりいなかったw)
かなり満足しました。神戸にはやま本というもつ鍋で有名な店があり、ここも元オリックスの選手がやっています。かみ坂は板宿にも店舗があるらしく、結構人気みたいですね。

帰りは店長の加藤さんが直々にお見送り。相方は握手してもらってました。
「ボクでいいんですか?」とテレておられましたが。

Sも独身寮のイベントで使えると大絶賛。
場所はJR住吉駅の南口すぐです。大きくない店なので予約するのがベターです。
もつ鍋はみそとしょうゆがあって、今回はみそを頼みました。上記の通りかなりイケます。
ただし、匂いは相当なので要注意です。女性は次の日休みの日に行ったほうがよいでしょうね。
| 虎話 | 17:45 | comments(3) | - |
ジョーがジョーの下に来たw
先週東京で2泊3日で仕事してきました。
2日ともに友人にいろいろとご挨拶も兼ねて会ってきました。
一人は時間がないということで近くのホテルオークラに入って、3000円のカツ丼をごちそうになりました。
普通のカツ丼なんだけどね・・・さすが一流ホテル。

さて、城島が本当に阪神入りしてしまいました。
まさかと思っていましたが・・・
賛否両論あると思います。巨人みたいとか狩野がかわいそうとか・・・

でもね、阪神は今年Bクラスで、かつ主力にベテランが多く来期以降はもっと戦力が落ちる可能性が高いんですよ。

生え抜きとか自前とかいうけども、育成環境が全く育っていない状況で無理だし、そこにテコ入れしようともしない。
そして暗黒時代にかすかな希望を持ってシーズンを迎えて、最初の1ヶ月でその希望が消えてしまうという経験を何度も体験した結果、やはり夢とかそんなことを言っていては勝てないということに気づきました。

狩野を正捕手として来年1年シーズンを過ごすのは正直厳しいよ。
それに狩野の場合は案外外野手にコンバートした方が良いかもしれない。

とりあえず、今の阪神は補強はいらないという状況ではない。
城島の獲得は歓迎します。

ただ、金本、城島、新井・・・・
これで巨人の補強に文句は言えませんなw
変な派閥争いとか出てこなければいいけど・・・

すいません・・・最近忙しくてまともに更新できません。
人生も仕事もものすごい良い方向に進んでいるのですが、ダブルで忙しさがのしかかっており、正直グロッキー寸前です。今月の3連休の出勤分の代休すら未だ取れていません。
総務に早く取ってくれと怒られますが・・・取れないっつ〜の!
代休取ったらその分休日出勤せなあかんよ。
| 虎話 | 16:05 | comments(4) | - |
取り急ぎ更新
最近めちゃくちゃ忙しくて、更新せずバタバタしているうちにペナントレースも終わってしまいました。
この3連休もフォークリフトの講習でつぶれました。
というか、俺にフォークリフトの運転をさせようというんだから命知らずな会社である(爆)よっぽどのことがない限り、講習を受ければもらえるはずのフォークリフト免許だが、最終日まで危うく「よっぽど」になりかけるとこでした。
だって、クラッチなんて使うことないもん!w
まあ、無事に免許は取れましたが、朝6時起きで駅から30分以上(朝早すぎてバスがない)歩いて8時から17時まで屋外で講習・・・めっちゃ疲れました。
代休はあるのですが、取ろうにも取れない・・・でもなんとかして取らなければいけない(意外と組合が強い会社なので)。そんな感じで公私共にバタバタしております。

野球の話でもしましょうか・・・。
真弓阪神は初年度4位。正直、これでよかったんじゃないかな?
勿論CSに行って欲しい気持ちは強かったんですが、その一方でシーズン負け越しているのに下手にCSで勝ち進んで、「今年はよくやった!来年もこのままで・・・」と勘違いされたら困るとも思っていました。戦力的には明らかにベテラン偏重の下り坂であり、実際に昨年に比べてチーム力はさらに落ちています。
今回4位になったことで、「このままじゃいけない!」と大改革に乗り出す大義名分が出来たほうが来年以降のためになると思います。
岡田監督時代に育成をおろそかにしたツケが来ているのをわかっているのに、まだベテランばかりを起用する真弓監督にはイライラしていたのですが、後半戦になってやっと大和をはじめ、若手と呼べる選手たちを起用し始めた。
阪神は固定メンバーで戦いすぎで、しかもそのメンバーがほとんどベテランの域に達している。これでは年々成績が落ちるのは当たり前。
序々に新陳代謝をしていかないといけない。
正直、桧山や高橋のような「代打専門の選手」や葛城、藤本などの「ある程度の結果は出せるが成長は見込めない」選手が多すぎる。
スタメンが若手中心で優勝に向かって勝つこと最優先にあるチーム状況ならまだしも、今の阪神は横浜同様世代交代を急がないといけないチーム状況。
そんな状況で上記のような選手ばかりがベンチにいても仕方が無い。
投手でももう成長が見込めない福原を使うのなら、今は福原よりレベルが下でも一軍を経験することによって将来ローテが期待できる可能性のある選手を起用すべきである。
ローテの中心がそれだと困るが、谷間もしくは6番手ぐらいの先発ならそれぐらいやっても良いとおもう。そこで一昨年の上園みたいなのが出れば儲けものぐらいの感じで良いと思う。
今は付け焼刃で中途半端に3位狙うなら、数年かけて常勝軍団を作り上げた方が良いとおもうのだが・・・。

まあ、とりあえず2009年のシーズンは終わりました。
今年の問題点を振り返り、何がダメだったのか、そして来年に向けて何をすべきなのか考えていただきたいです。
真弓監督について、前半戦は正直言って即辞めて欲しいと思うような状態でしたが、後半戦はあまり不満がなくなりました。後半戦のような采配を来年も期待します。
ただ、投手起用に関してはもう少し改善してもらいたいですね。まあ、コーチが悪いんでしょうけど。
| 虎話 | 20:43 | comments(4) | - |
甲子園今季最終戦
先週末、今年の甲子園最終試合がありました。
前日の土曜日も試合に行きましたが、安藤の情けないピッチングにキレて
思い出したくありません(笑)

最後は中日戦です。
相方がライト2枚持っていたので、自分の席は後輩Sに売ってライトで観戦しました。
岩田のリズムの良いピッチングで昨日とは違って気分良く見ていました。

試合は1-0と重かったのですが、7回裏に平野のタイムリーと葛城のタイムリーで追加点!!
岩田の代打桧山が三振したのでどないなるかと思いましたが、後続が打ってよかった。二軍落ち前は全然だった葛城も下に落ちて調整してきたようで、ちゃんと良いときの打撃に戻っていました。
桧山と明暗でしたわ・・・桧山も二軍で調整できればねえ。
変に神格化されているからなあ・・・

代打といえば、相手中日の立浪選手。
2480本もヒットを放ち、二塁打は日本記録。
今年も代打で323というすごい成績を残している。
しかし、「守って走れなくなった」ということで引退を決意。
立浪が新人王取ったのは1988年・・・俺はちょうど阪大病院入院で高校休学していた年だな。
当時の応援歌が光GENJIの「ガラスの十代」だったからいかに昔かわかる・・・。
三拍子揃った良い選手でまさしくミスタードラゴンズ。永久欠番の価値もあるでしょう。
試合後に甲子園でもセレモニー。
甲子園のオーロラビジョンに他球団の選手がアップになるなんて滅多にない。



阪神側からも大「立浪」コール!

冴える闘志は 会心の一打を呼べ
光るグラウンドを 駆け抜けろ立浪


他球団の選手の中でも特に好きな選手でした。本当にお疲れ様でした。

さて、甲子園も最終戦。ヤクルトとのCS争いはまだ続きますが、私の観戦はこれにて多分終了。
最後は無事、勝利で飾ることが出来ました。




私の最終観戦成績は22勝23敗1分1中止

雨にはあまり祟られなかったようですが・・・惜しくも借金1
今度の、マツダか神宮で帳尻合わせに行こうかなww
東京出張ないかな〜。

まあ、とりあえず甲子園での観戦はこれにて終了
次はファン感謝デーかな?
あっ!日本シリーズかっ(笑)


| 虎話 | 18:08 | comments(3) | - |
金本のフルイニング出場について
最近、更新する時間がなかなかありません。すいません。
仕事もプライベートも現在忙しさがピークです。

阪神もいよいよ今年の土壇場を迎えています。

昨日は4番 金本の活躍で勝利しました。やっと20数打席無安打という状態から抜け出せたみたいですね。
調子の波ならいいんですけど、金本自身がとてつもない無理している状態なのではないかな。

最近、すごく思うのは「フルイニング出場ってなんだろう?」ってことです。
特に今年、金本の守備の衰えが顕著です。
肩が衰え、しかもクッションボールの処理にもたつく、打球がいとも簡単に抜けるなど・・・昨年までも決して上手いとはいえませんでしたがそんなに気にはならなかったし、打撃のことを考えれば、まあフルイニングの価値はあったかと思います。
しかし、今年の守備は正直ラミレスよりひどいかもしれない。
その上、打率250そこそこではフルイニングが弊害になっているのではないかと思い出してきた。

交代できないという部分がマイナスになったら、正直フルイニングの意味はないと思う。
最近は二塁打性の当たりでもなめられて三塁にいかせてしまったり、前進守備していても二塁ランナーが躊躇なく本塁に還ってくるような現状。

4番金本の存在感はまだまだ健在だろうし、他に代わりはなかなかいない状況なのは確かですが、フルイニング出場は正直限界にきているのではないでしょうか?
明らかに足の状態が悪いと思われるときもあるし、休めないというのが逆に負担になってしまっているのではないかな?

もし、金本を下げるようなことがあれば、チーム内への影響はかなりあると思います。
フルイニングができなくなれば金本はバットを置くかもしれません。
しかし、今の現状では「フルイニング出場の金本」はチームにマイナスになりつつある状況だと思います。それにソフトバンク松中のような起用をすれば、もっと良い成績を残せるかもしれません。まだまだ打撃は健在だと思っています。

まあ、とにかく目の前の試合を今は戦うのみですが、来季も金本フルイニング出場となるのなら少し疑問を感じます。
| 虎話 | 12:40 | comments(4) | - |
秀太引退試合
このシルバーウィークの5日間、
「野球、野球、寝る、寝る、野球(ウエスタン)」で終わりました。

日曜にはジェンの初勝利や金本のしびれる本塁打もありましたけど、
やはり今日のウエスタンが一番盛り上がったかもしれません。

そうです。秀太の引退試合。
試合開始は12時ということで、10時半前に早めに行ったつもりでしたが
すでに500人以上並んでいた模様。
関係者出口横の発売所から1号門近くまで長蛇の列・・・
秀太人気おそるべし。
まあ、そんなにかぶりつきで見たいわけではなかったので、屋根の下の席をチョイスし、友人らと観戦。



阪神も葛城、林、ソフトバンクも村松、柴原と結構なメンバー。
でも秀太のコールのときはやはりすごい歓声でした。
ふと後ろを見ると片岡氏も来ておりました。多分ぶったまのオフの特集でもするんでしょう。

さて、1回表早速秀太の打席です。





最初の打席は凡退しましたが、2打席目でライト前ヒット!
下は塁上の秀太。打席は葛城です。



葛城もヒットを打って、バルディの内野ゴロでホームにかえってきました。



2−2でしたが、なんと秀太のタイムリーエラーで勝ち越しを許し、



この久保田さんが2点取られてしまいました(汗)
最初の2人には圧巻のピッチングで一軍も近いかと思ったが、辻、中西といったあたりの一軍クラスに痛打される。・・・・一軍は遠いか。
球の勢いは他の投手と比べ物にならないんだけどねえ。。。
何がいかんのか。

結局試合は2死1・2塁で高橋勇が出れば満塁で秀太というときに1-3から高橋勇が打ってしまい、さらにソフトバンクがファインプレーで捕球してしまう・・・なんとも気まずい空気に。
相手投手の山田はストライク取るのにきゅうきゅうしていたのに・・・・
空気よめよ。

まあ、2安打したものの決勝のエラーして、最後も目の前で終わってしまう・・・秀太らしいちゃあ秀太らしい。
にくめないキャラですわ。

さて、引退セレモニー、ソフバン柴原や阪神福原から花束をもらう秀太
その前に花束を渡している2人が来月花束をもらわないことを祈るww



そして、最後はウイニングラン(?)
ホームにヘッドスライディング!!!



そしてトラッキーとご挨拶。



秀太が入団したのは15年前ってことは私もまだ大学生だったんだな。

さんざんほめたりけなしたり・・・いや、ほとんどけなしていたなw
でも憎めないキャラだったんだよね。
星野さんがベンチにおいていたのはムードメーカーとしての意味もあったし、数字以上に阪神に貢献した選手だったと思います。
これからも阪神にかかわる仕事をやってほしいですね。
それか$10かストリークに入って漫才やってほしいw

私の秀太自慢は神宮での延長戦でのホームランを生で見たことかな?
みんな喜ぶ前にあぜんとしていましたがw

何はともあれ!

秀太選手15年間お疲れ様でした!! 

そしてありがとう!!


| 虎話 | 19:49 | comments(7) | - |
進歩のないベテランよりも勢いある若手を!
土曜、日曜と観戦していました。
土曜は先発福原・・・捕手も狩野のまま。
「まだ真弓は懲りないのか?」と思いつつ、まあ、見てみようと思った。
2回までは良かった。そして問題の3回。
横浜打線は7番山崎から、山崎、武山、ランドルフと打率2割も満たない打者が続き、さらに下園、藤田と「ゆうても見下ろして投げられる打者」に3つも四球を出して、満塁で内川を迎える。
結局内川に走者一掃の3ベースを打たれた上、赤星が捕球しようとしてダイビングしたときに首を痛めて一人で立ち上がれずに退場。
正直、今の横浜打線でこわいのは内川だけ、塁があいていたら極端な話内川を歩かせば良いような状態だが、満塁で内川だとどうしようもない。
警戒しないで良い打者を四球で出し、最も警戒しないといけない打者を逃げられない状況で迎えて、きっちり打たれる。最悪ですな。
しかも、こんなピンチで迎えなければ赤星も無理に飛び込む必要はなかった。
すべては福原の無様な投球のせい。
プロで10年以上もやっていて、進歩のない投手はいらない。それなら若手の投手を試して経験させるほうがまだ良い。
前回の広島戦の登板は過去の実績を考えて、試してみるというのはアリだったと思うが、今回コーチが「今の状態じゃ通用しない」というのであれば、前回の時点でにある程度「通用しない」という答えは出せたはず。
今回の福原の無様なピッチングと赤星の怪我は首脳陣にも責任はあり。
多分どこかに「数年前の福原に突然戻るかもしれない」という願望があったんだろうね。
でも、現実はちゃんと見ないといけない。
福原≧若手投手(小嶋、上園)であっても福原<若手投手+登板による経験値獲得であれば若手投手を起用して欲しい。
まあ、これで福原は今年一軍で投げることは無いだろう。それどころか今後阪神のユニフォームを着て投げることはないかもしれない。
それぐらいひどい内容だった。
周りからも「帰れ!」「二度とその面見せるな!」とひどいもんでした。あの内容なら責められて当然。
帰ってからも福原の顔をテレビで見るたびに怒りがわいた。
勝負に行って打たれたならともかく、ドラクエで言えばスライムやドラキー相手に逃げて逃げて追い込まれて、ドラゴンが出てきて瞬殺された感じでしょうか。
この日は野原祐に初ヒットが出たぐらいか・・・・

しかし、日曜はスタメン見てびっくり。



1番野原祐!!

真弓さん!これ!これなんだよ!
実績に囚われずに今、乗っている選手を積極的に起用。
こういう起用を待っていた!
昨日の福原で反省したのかもしれないけど、この采配は良い意味で今まで実績重視の真弓監督らしからぬファインプレーだったと思う。
こういう過去の亀山のようなチームの勢いをつける打者が今の現状では必要!
トータルで見ればまだまだかもしれないが、今は短期間でいいので起爆剤になるような存在が欲しいし、野原はまさに適役だった。
結果、点には結びつかなかったものの二塁打を含む2安打。
センターの守備機会がほとんどなかったので守備に関しては未知数だが、しばらくは右投手のときは起用するのは面白いと思う。

でもこの日も打線は沈黙、正直横浜だから勝てた感じかな?
だって2点が「サインミスによるパスボール」「ピッチャーゴロでホームに投げずにセカンドに投げるボーンヘッド」によるものでまさしくもらった2点だからね。

初回の1死1・3塁で金本が三振しているようじゃあかんわ。
しかも金本の守備が最近本当にひどい。昨日の取られた1点も本来なら2塁打のところをなめられた3塁まで走られたのが原因だからね。
正直守備固めが必要な状態になってきているのは事実。スタメンで金本が必要なのは事実だが正直フルイニングは無理矢理な印象になってきました。
桜井も戻ってきたけど、早くブラゼルに戻ってきてもらわないと打線は厳しいね。。。巨人戦が心配だわ。
赤星にはかなり無理していた部分もあるからあせらずにゆっくり治してもらいましょう。

これで観戦成績は20勝21敗1分
試合観戦予定はあと4試合・・・・。3勝1敗だと勝ち越しなんだが。。。。
土曜の成績が悪いからなあ。

まあ、3位に浮上したことだしなんとかこの位置を死守してください!!
| 虎話 | 18:19 | comments(6) | - |
満足の行く試合
どうもこんにちは。変な気候のせいですっかり疲れています。

阪神は最近CSが現実的になり、一気に盛り上がってきました。
これを見ると、やはりCSという制度は希望があっていいのかな?
この制度がないときなら「Aクラスになったからって何かあるの?」って感じだし。
ただ、1位のアドバンテージが1勝ってのがねえ。。。140試合戦った結果だからそこはもうちょっと差をつけても良いとおもいます。

さて、昨日水曜日、当初は午前中に大阪の出先に行って会社に戻る予定だったのですが、仕事の都合で夕方に大阪の出先に行くことに。時間が時間だったので直帰OK!!
このわずかな時間が大きくて、試合開始から甲子園で観戦できました。
(いつもは早くて1回裏)

試合前にはカーネルサンダースに人がむらがっています。



「おかえり!カーネルサンダース」・・・ってちがうやろ(笑)
本人(?)の意志に反して、川に投げ込まれたんだから
「今までごめんなさい!」が正しいんじゃないでしょうか?

まあ、そんなことは置いといて、試合開始です。
岩田はいきなり井端、荒木を三振。なかなか三振してくれない打者をあっさり空振りにとるところに今日の岩田は切れていると印象。
問題は攻撃だが、前の日にチェンに完全に抑えられていた打線だが、立ち上がりの朝倉はコントロールがままならず、鳥谷があっさりタイムリー。
その後、連続四球で1死満塁で葛城は三振・・・。葛城はこの次の無死1・2塁のチャンスでも内野フライで進塁打も打てず・・・。
ブラゼルと同じ活躍とまでは言わないけど、これではちょっと・・・・。
守備でも積極性がなかったり、なんかしんどそうにしていますね。どこか悪いんじゃないかな?
そんな嫌な雰囲気で次の林も簡単に2ストライクに追い込まれて、ここで追加点ないのは嫌な流れやなってときに会心の当たりが目の前に飛んできました。
一軍復帰後初スタメンで結果を出してくれました!!

この4点があればこの日の岩田には十分だったのですが、中押し点がなかったのは残念ですね。やはり貪欲に点をとっていかないと。

そして最終回は林に代わって育成枠出身の野原祐が守備に。ライトは大歓声。



こういう選手には是非頑張ってほしいです。でも、彼って守備そんな上手かったっけ?
まあ、一軍の試合の雰囲気を味わって来いって感じなんでしょうね。

このまま岩田が最後まで投げきります。
最後は森野の3塁打打たれて完封はどうかなとおもいましたけど、勝敗にはかかわらないので安心してみていました。そしてきっちりブランコを三振。
ブランコを完全に抑えきっていましたね。





これで私も観戦成績がなんと19勝20敗1分となんと借金9→1までいきました。
なんとか貯金目指して頑張ります。
ってか40試合も行っているのか・・・w
| 虎話 | 12:02 | comments(2) | - |
未完の大器服部からタムジイへ
またもや、更新が滞った・・・みなさんこんにちは。
最近土日問わずドタバタしており、ゆっくり日記書く時間がありません。
でも順調に色々と進んでいるのでご心配なく♪

一昨日とうとう36歳になってしまいました。完全におっさんです。
自分が子供の頃は36歳ってかなりのおっさんのイメージだったんですが・・・
結婚して、責任ができれば変わるのでしょうかね。
誕生日はせっかくなので休暇をとりまして、相方も休みを合わせてくれたので
私の祖父の墓参りの後、神戸三田プレミアムアウトレットに行ってきました。



電車だったので三田からバスに乗って20分ほどゴトゴトと
三田といっても神戸市北区になります。
そこでうろうろと2時間ぐらいしておりました。
なんか改築するようで、今年冬には2倍規模になるそうです。
そのときまた来ようかな。あじさいスタジアムも意外と近いし。

そういえば野球ですが、なんと観戦6連勝で16勝19敗1分まで持ち込みました。





ちゃんとTシャツももらってきましたよ。



昨日も勝利・・・ヤクルトの調子次第では本当に3位が狙えそうな今の状態ですね。
ただ、もしあかんかった・・・しかも今後に向けて若手を起用する余裕がなかった。となるのは一番こわいんだけどねえ。

昨日の横浜戦もそうだけど、ミスが多すぎる。
平野のアウトカウント勘違いは勿論、2死1・2塁からのセーフティ狙いも次が不振の赤星ということを考えれば、ミスチョイスということがわかるはず。この日の平野はあかんかったねえ。
あと、金本の大飛球での走塁なども確かに吉村の動作もあるけど、やはりもうちょっと考えて欲しいね。金城が昔からよくわれをやるんだから。
でも横浜が連続バント失敗とか2死2・3塁になって1-3から桜井と勝負してくれたりとか
早々に4番ジョンソンを引っ込めてくれたりとか阪神以上に考えられないプレーがあったので助かったけど、本当なら1死1・3塁でのブラゼル三振で完全に終わってた流れ。

横浜相手だから助かったけど他球団なら負けていた試合。結果オーライだけでなく、やはりこういうスキのあるプレーは反省してもらいたい。そうじゃないと3位なんて夢。

さて、今週末も甲子園いってきます。なるべく頑張って更新しますので大目に見てやってください。

| 虎話 | 12:18 | comments(2) | - |
自滅とファンと監督
完全に自滅した試合でしたね。

岩田は投球内容は良かったけど、野選に暴投。
野選なんかは狩野は一塁指差していたのに強引に二塁へ投球。
新井のエラーもあったけど、結局は岩田の自業自得でしたね。
ここのところ、すばらしいピッチングが続いて本人もどこかに慢心があったのかもしれません。良い薬になったでしょう。

それよりもブラゼルの故障がいたいね。軽症であることを祈りたいが
もしあかんようなら今年はあきらめて育成に切り替えたほうが良いかも。

そして試合内容については
葛城の絡む2プレーについて責めている人が多いけど
まずサンスポでダンカンが吼えている六回無死1・2塁での葛城強行だけど
もし、バントして1死2・3塁になったら確実に狩野は歩かされるだろうし、そうなると1死満塁で岩田。
昨日のあそこまでの内容では交代はできないでしょ。
そしたら2死満塁でここんとこ期待できない赤星・・・・。
葛城強行は正解だと思います。

ダンカンは岩田に代打桧山とか言っているけど、正直今の桧山は阪神ファンが思っているほど期待できないよ。ヤクルトからしたら「岩田を交代してくれてありがとう」と思うはず。

そして8回の1死満塁での葛城のゲッツー。
内容は最悪だったけど、あの時点では葛城そのままでしょう。
ここでも代打桧山という声があったけど、速球派の五十嵐に対して
葛城>桧山でしょう?
阪神ファンは桧山を過剰に評価しがちなところがあるからね・・・。
今の桧山なら正直、二軍に落ちた林の方が相手にとっては嫌だったと思う。

それよりも問題は4回のダブルスチールでしょう。
なぜ2死1・2塁 打者桜井でそんな冒険をする必要がある?
打者が赤星とかであればわからんでもないけど・・・。
あれが正直変な流れにしてしまったと思う。

先の6回にしたって葛城を強行させるのであれば、4回のこの場面も動くところじゃないでしょう。
6回は動かずに正解だと思うけど、それなら4回はそれ以上に動かない場面だったはず。。。
相変わらず真弓采配には一貫性がない。

ブラゼルが長引くときは若手を上げて使ってよ。
間違っても今岡とか上げてくるなよ・・・でも上げてきそうやなあ。

| 虎話 | 18:02 | comments(2) | - |
暑いのにもうストーブリーグの話かいっ!
最近、公私に忙しくてなかなか更新が滞っておりました(汗)
いろんな準備などもあって、週末も仕事以上のスケジュールでまともに休めるときはありません。夏場の暑さと疲れで体調もいまいちですがなんとか乗り切っていきたいと思います。

まあ、阪神も東京ドームで2勝1敗、ヤクルトとの神宮初戦も勝利となかなかいい感じですけど、その1敗が筒井先発、中継ぎ金村でしょ?
結局筒井を中継ぎに戻すって・・・・何をやりたかったのでしょうか。
第一ジェフがいない状態で、なんでわざわざ左の中継ぎを江草一人にしてしまわなければいけないのか?それなら小嶋とかを上げた方が良いと思うんだけどね。
真弓監督が動かないような試合展開が続いているからいいけど、やはり真弓監督が動くとおかしな方向に行くということを本人も自覚して欲しい。

そしてフロントもわけわからん。
来季、WBCの4番キムテギュンの獲得を検討って・・・
キムが守るのは一塁か三塁だったと思うけど、ブラゼルと新井を押しのけてまで取る必要があるか疑問。
韓国球界は投手は確かにイムチャンヨン(ヤクルト)などトップレベルの選手はかなりの実力だと思うが、打者はそうでもない。イスンヨプは韓国の英雄でいわば松井やイチローみたいな感じで、そのイスンヨプですら今や二軍落ちしている状態だからね。
韓国のイチローといわれたイビョンギュ(中日)なんてレギュラー争いが精一杯だし。
WBCで韓国が強いのは団結力。兵役免除など具体的な「人参」があるため、それに向かって一丸になって戦う姿勢があるからであって、個人個人は実際はそんなに高いレベルじゃないと思う。
それを勘違いしていると痛い目にあいそう。
また、キムテギュンなんかはなまじWBC韓国の4番という肩書きがあるため、中途半端な起用は難しい。
新井、ブラゼルが不振になったときのスペアなら獲得してもいいだろうが、獲得した以上、起用しないといけないとなるとややこしい。

それよりも守ってそこそこ打てる右の外野手かな。下手にメンチみたいなの取るならバルディリスあたりを本気で鍛えたほうが良いような気もするけどね。
ホームランが圧倒的に少ない甲子園という球場をホームグラウンドにしている以上、守備と走塁にたけた選手を優先的に起用して欲しい。

はあ、今週末も忙しいぞ・・・京セラドームは行くけどねw
| 虎話 | 17:41 | comments(2) | - |
これからの阪神について(オフも含めて)
久々の観戦という感じがします・・・ってゆうても2週間もたってないんやけど。
実はこの日、夏場の疲れもあって体調は激悪
正直、家に帰って休もうかとも思いましたが、先に相方が行っており一人にするわけにもいかずに仕事後、京セラドームへ。
年間指定の恩恵を受けて、ライト下段の良い席&端でした。
この日は岩田がほぼ完璧な内容。文句の付けようのないピッチングでした。
打線は最初こそグズグズしていましたが、金本の2点タイムリーに桜井の2点タイムリーなどで中日を圧倒しました。
でも何よりも効果的なのは2点目の岩田のバスタータイムリーでしょうね。
この日はまさに岩田の一人舞台でした。
久保・能見が今、安心して見られる投手ですが、ここに岩田が加われば安藤・下柳があの状態ですから心強いですね。というかキャッチャーが・・・ねえ?

そういえば、今岡の戦力構想外のニュースが出ました。
まあ、ここ4年間まともな成績を残していないので逆によく阪神が我慢したと思います。
本当なら昨年戦力外でもおかしくなかった状態でした。
今、阪神は世代交代しないといけないときです。
ただ、真弓監督がそれを理解していないのか、わかっていてもできないのか若手起用に消極的。となると「若手を使わざるをえない状況」にするしかないのかな?
そこでオフの大粛清予告・・・
自分なりにオフにヤバそうな選手をリストアップしてみました。
予め言っておきますが、あくまで阪神のチーム戦力として現実を見て考えたもので、特定の選手に対して批判するものではありません。
それを理解した上で、読みたい方は見てください。
特定の選手に肩入れして、願望が強い方は見ないことをお勧めします。
続きを読む >>
| 虎話 | 17:39 | comments(6) | - |
不可解な行動を取る人たち
まあ、先週は芸能界で色々とありました。
酒井法子容疑者の覚せい剤の件でてんやわんやですが、どう考えても押尾学の件の方が悪質で取り上げるべき内容だと思うのだが・・・。
こっちは人が死んでいるんだよ!!
まあ、酒井法子の方が意外性があるのと、失踪などワイドショーが涙を流して喜びそうなネタを提供してくれたからね。結局は話題性→視聴率なんだよね。
逮捕して一段落した今、押尾学の方を徹底的に問い詰めて欲しいね。
多分、芋づる式にどんどん出てくるんじゃないか?
草なぎのときも警察は芸能界の薬物問題の突破口にしようとしたんじゃないかな?
結局、彼は善良なる(?)ただの酔っ払いだったみたいだけど。
裏のターゲットは別だったんだろうね。

そういえば薬をやっていないのに、不可解な行動をするのは阪神の真弓監督。
せっかくチームの調子が上がって、オールスター後まともな采配になったなと思っていた矢先・・・・。
土曜日に意味不明なことをしてくれました。
先発金村と誰しも思っていたときに筒井、そして筒井が打たれて満塁で金村登板。
あんた投手をなんだと思ってるんだ!?てか久保もこんな投手起用止めろよ(怒)

正直、筒井の先発をテストしたい気持ちはわからんでもない。
しかし、それならこの試合を捨ててでもとことん投げさせるべき。
中途半端に金村に交代。しかもこの金村も先発の勝ちがつかずにもがいているような状況。
おまけに今までの実績から中継ぎで使う投手じゃないことは誰もがわかっているはず。
すべてが中途半端なんだよな(怒)

それなら安藤や下柳など最近不振な投手の登板予定日を飛ばして、筒井を投げさせればよかったんだ。筒井は不完全燃焼、金村は無駄にプライドを傷つけられただけ。
何も得るものもない愚策。

そもそも奇策というものはチーム状態がいまいちのときなどに行うもので、せっかく好調なときにやるものではない。打順だって好調なときは変えるなとよく言うでしょ。
それに奇策なんてものは策士といわれる上級者レベル(ノムさんあたり)が理屈に基づいた上で行うもので、初心者の真弓がやるものじゃないし、下手にやったところで使いこなせないよ。途中で金村を登板させたところがその証拠。
結局、思いつきで行動してそれに対する準備が万全じゃないからこういうことになる。

せっかく良い流れだったのに首脳陣がわけわからんことして水を差してしまった。
もう真弓には動くな。周りにまかせておけといいたい。
しかし、素人でもわかりそうなことを彼はなぜわからないんだろうか。
| 虎話 | 12:11 | comments(4) | - |
今後の選手起用
やはり赤星抹消ですねえ。
まだ正式な情報は入っていませんが、赤星本人の関係筋によると「内出血がひどいが、腱や骨は大丈夫らしい」ということなんですが・・・
変にぬか喜びしてもアレなんで精密検査の結果を待ちたいと思います。

代わりに上がってきたのは藤本。
藤本って結構なんやかんやでチャンスが回ってきているように思えます。
裏を返せば、そのチャンスをことごとく逃しているともいえますが・・・(汗)
まあ、今回はかなりアピールするチャンスと思います。
逆に今回のチャンスをモノに出来ないようであれば、オフはかなり危ないと思います。
阪神のユニフォームを着続けたいなら是非ここで藤本の存在をアピールしてもらいたいです。もうちょっと小技と足が使えればいい選手なんだが・・・と言われ続けて何年もたってしまったなあ。

本当は若手を上げて欲しいところだけど、若手枠は大和に途中入団の水田がいるのでこれ以上増やすのは厳しいかなあ。まあ、浅井が上がったので右の代打が矢野(狩野)、高橋といるから浅井の活躍次第では守備に難のある光信が厳しくなってくるか?

そして問題は金本ですねえ。不振というより明らかに走り方がおかしいです。
ここまで打てないとそろそろフルイニングの意味合いが変わってきますね。
今までは不振や怪我でも総合的に見て、金本より上を行く選手がなかなかいなかったので仕方なかったですがさすがに今回は打率も260近くまで落ちてしまいました。
私は250がリミットだと思っています。
これを切るようなことがあればご自分から休むことを申し出て欲しいですね。
さすがに首脳陣がはずすのは金本の存在がここまでなった以上無理でしょう。

まあ、その後のチームへの影響が心配ですけど。ある意味低迷している今年がチャンスかもしれない。
一番いいのは中日戦以降で金本が復活してこんな話が杞憂に終わるのが一番なんですけどね。
| 虎話 | 17:40 | comments(2) | - |
後半戦は采配もさえてる?
良い感じで来ていたのに赤星離脱とは・・・・痛い。
早く戻ってくることを祈ります。阿部は土用のウナギ犬で蒲焼にしてやりたいですわ。

でも後半戦の戦い方は非常に良いですね。
土曜日は負けはしたけど追い上げたし、タダでは終わらんという良いときの阪神に雰囲気が戻ってきましたね。
そして真弓采配にも変化が出てきています。
私が「おっ!」と思ったのは負け試合でしたが、土曜日の8回の攻撃。
矢野のタイムリーで2点差になって1死1・3塁で赤星に代えて代打高橋光信
巨人はここで山口から越智にスイッチし、結果的にはゲッツーでチェンジ・・・
しかし、プロセス的に考えると

1)あの場面は一気に勝負に行く場面で、犠牲フライを考えれば赤星よりも高橋光信
2)さらに代打高橋によって投手を山口から右投手にしてくるので、平野、鳥谷、金本と続く打線にとって交代してくれると後続に有利


ただ、結果が「それだけはやっちゃいけない」という最悪の併殺になってしまったことで采配ミスのように言う人もいますが、采配としては状況と確率を考えた好采配と思えます。
横浜相手のときの久保続投を踏まえた攻撃の仕方など、後半になって「確率の高い手段を選んだ采配」が増えてきています。前半戦は「意味の無い采配」でしたが。

昨日の試合でも後半にブラゼルが出塁したとき前半戦の真弓監督なら代走を出すのかと思ったがそのまま。
結局、桜井のタイムリー2塁打が出るがブラゼルそのままのため2点目は入らなかった。
しかし、あの点差を考えればまだ巨人打線に対して守備固めは早いというブラゼル温存には納得です。

後は赤星離脱で真弓監督はどうするのかですね。個人的にはライト桜井は固定で使って欲しいがセンター守らせてライトに葛城や林を入れるのはやめてほしい。
多少打撃は落ちても守備を重視した野球。となるとセンター平野、セカンド藤本になるのかな。でも大和など若手も使って欲しい。こういうときこそ若手を起用して欲しいんだけどねえ。

しかし、今週は観戦3勝で13勝19敗1分。20敗までなかなかツモらないです。
このまま流局でもいいんだけどね。
この巨人戦はほんとによかったわ。一番見てて気持ちよかったのは能見−狩野コンビ。
坂本を三振にとったときの配球は見ていて気持ちよかった。狩野の成長がよくわかりました・・・・と思ったらその次の打席で初球ホームラン・・・・
まあ、勝ったからご愛嬌だね。
次は京セラドームまでお預けか・・・。球場的にあんまり好きじゃないんだけどね。
見づらいし。
| 虎話 | 18:04 | comments(2) | - |
珍しく観戦して圧勝でした
久々に観戦して勝ちました。
まあ、横浜相手なんですけどね。でも勝ちは勝ち。
新井・金本の3ランに岩田の完封!出来すぎです。









試合のほうはみなさんご存知の通りだと思うので、気づいた点をいくつか
まずは横浜の惨さ。まあ、投手があの状態だから仕方が無いのかもしれないけどやはり阪神以上にチグハグだなあ。
岩田も先頭打者を四球で出したり、スキもいくつか見せたんだけどねえ。
内川・村田・吉村あたりは他球団から見ても十分な戦力だと思うのだけど。
やはり田代監督代行の投手起用もまずいしねえ・・・。左右にこだわりすぎるし、抑えの山口のイニングまたぎを何度か失敗しても、まだわかっていないし。
後さぁ・・・今更仁志とか起用してるのはなぜ?
佐伯もスタメン固定はどうかと思う。
大矢監督は更迭される直前は内藤や山崎など若手をどんどん積極的起用していて、横浜ファンも「やっとわかってくれたか」といった矢先に更迭されて、また元に戻る。
つらいだろうなあ。。。。

阪神もしんどいけどね。新井が一発が出てのっていけるかだけど。
ただここ2試合見たところ、積極的な走塁(1・3塁のケース多し)、バントと決め付けない臨機応変なつなぎ、ライト平野、センター赤星で鉄壁な外野(金本はまあしゃあないとして)、大和の有効な起用(まあタイミングはアレだが)
ようやく真弓監督の言っていた「守備・機動力を重視した野球」になってきたんじゃないかな?
後はこれが継続できるかどうかだけど、軸がぶれなければそれなりに結果は残せるはず。
ちょっと上手くいかなかったからってオロオロせず、熟考してそれでも本質的に変えなければいけないと判断したらスパッと変える。
シーズンが終わったときに成績だけではなく、どんなプラス要素を作ることが出来たかという視点で残りの半分の試合を臨んでもらいたい。

11勝19敗1分・・・なかなかリーチ一発20敗は難しいわな。
そのままツモれずにシーズン終了でもいいんだけどね。

本日は研修で来ている子たちにチケットをあげましたので、ゆっくりTVで観戦します。
| 虎話 | 18:41 | comments(2) | - |
野原祐 ようやく支配下登録
育成枠1位で二軍で頑張っていた野原祐也選手がようやく支配下登録されました。

まあ、二軍でも非凡なものを見せていたので、まあ秒読みだろうと思っていましたがなかなか決まらずヤキモキしていました。
楽天あたりは丈武などを早速登録して活躍していたり、同じく育成枠出身の中村真人が活躍とイキのいいのがいっぱいでているのに阪神はやっと。

今の阪神に足りないのはこういったハングリー精神の塊のような選手。

阪神のスタメンはご存知のように高給取りばかり。
ある程度のレベルのプレーはできるけど、もうがむしゃらなプレーはかっこ悪いみたいな感じのする選手ばかりで、気合とか意気込みとかを感じない。
悪い意味で「綺麗なプレーをしよう」という選手が多い。
せいぜい平野ぐらいだろうか。
やはり競争が少ないから、その瞬間全力よりも怪我しないようにというような感じになってしまうんだろうね。

多分、野原祐を一軍で使っても短期的な起爆剤にはなるだろうが長期的にはまだまだレギュラーの力は無いだろう。
しかし、こういった選手が他のレギュラー安泰の選手にカツを入れる存在になると思う。

ただ、相変わらず真弓監督は・・・(怒)

『真弓監督は「はっきり言ってそこまでは見てなかった」「もう一頑張りしてくれると(1軍ベンチ入りの)チャンスあるかな」と今後の猛アピールを要求した。』

なんていい加減な・・・自分とこの二軍の戦力もろくに把握せず、適当に支配下登録したんですか??しかもどっちでもいいよ的なコメント。
これじゃあ、選手は誰もついてこないよ。

大粛清するなら首脳陣の大粛清もやってくれ!!!!
| 虎話 | 19:33 | comments(2) | - |
前半戦終了
前半戦終了。32勝46敗の5位。5位にいるのが不思議な成績ですね。
ここんとこ観戦も負けっぱなしで、ここ5試合ぐらい負けてます。
観戦成績も10勝19敗1分と20敗にリーチです。
一発でツモる自信あります!(こら)

まあ、このヤクルト相手の2試合なんかは最悪でしたね。
完全に自滅です。

月曜は星野、岡田両氏指摘の山脇コーチのひどい判断と新井の謎の盗塁死
ヤクルトに勝ってもらいたいのか??新井の盗塁死の後、応援する気力がなくなって
久々に応援ボイコットしましたわ。
さらに試合後、山脇コーチの言い訳「外野がごっつい前に来ていたから」ってうそつけっ!!(怒)

現地で見ていたが、青木が1点は仕方が無いという捕球をしていたのに、バカコーチが3塁で止めたからあわてて本塁に返すという動きしてたわ。
自分のミスを認めるならまだしも、ウソをついてまで保身に回る山脇を見てあきれ果てる。
さらに呆れたのは新井の盗塁がサインだったということ。
素人でもあの場面は絶対盗塁死は許されない場面なのはわかるぞ。

水曜日は併殺の山にチャンスでことごとく凡退。11安打で無得点って・・・。
まるで真弓監督に対する選手のストライキかと思ったわ。

今のこのふがいない状況について原因は何って部分ですが、選手個々の力も多少は落ちていると思いますが、ここまでむごい状態になるほどではない。それは打率252(4位)、防御率3.28(3位)を見てもわかる。
(ちなみに少し上にいる広島は打率234(6位)防御率3.57(4位))
一番目に付くのはミスの多さ。しかも怠慢のような緊張感の無いミス。
これはやはりチームをとりまく雰囲気が原因でしょう。
首脳陣及びフロントの責任です。

とにかく真弓監督の采配のひどさにはほとほと呆れます。
どう考えても誰か止めろよというような内容が多すぎる。そうじゃないとあの場面で新井に盗塁のサインなんか出さない。木戸や和田ならそれぐらいわかってそうなんだけど、多分監督が暴走しているんでしょうね。これじゃ前監督と一緒。
さらに新井を使い続けているのに何か根拠があるのかと思ったら、デイリーのインタビューで「使い続けたらそのうち打ち出すでしょ」ぐらいのニュアンスだったのでがっくりきた。
なんか・・・・もう残念で仕方が無いわ。
まあ、選手の起用の根拠も意味不明だし(林があまりにも干されている)、そりゃ選手のモチベーションも上がるわけないよ。
緊張感が無い、ミスが多いのは結局真弓監督、あんたが原因なんよ。わかってる?

オーナーも今更後半戦に「方向性の明確化」「采配の内容向上」などを言っているが、それをわかっている人ならすでに実施していると思うんだよね。
この期に及んでまだわからない人に改善は期待できないよ。

まあ、言いなりになって後半戦はどんどん若手を起用してください。
どうせノープランで試合に出すだけだろうけど。

一方、中日落合監督のコメント

5月14日に落合政権6年目でワーストとなる借金5を抱えたが、オレ流指揮官はビクつきもしなかった。「荒木、井端、ベンちゃん(和田)、シゲ(谷繁)。去年からのケガを持ち越してる連中がいただろ。交流戦までは苦しむだろうなと踏んでた。交流戦から足が動きだせば、何とか戦えるだろうなと」。ズバリ、計算通りの数字が残った

真弓に爪の垢を煎じて飲ませたい・・・・。
少しはこういうほかの監督の方針などから学んで欲しいね。

それからもう一つ突っ込み
真弓監督の後半戦を見据えた発言
「1つ気合入れて元気でやっていきたい。疲れているチームもあるんでかなりチャンスはある

あんたのところが一番疲れていると思うんですけど〜!残念!!(ちと古め)
自分のとこの状態ぐらい把握しておけ(怒)
| 虎話 | 17:40 | comments(5) | - |
真弓采配の謎(その2)
ドラクエ9に現実逃避中ののらですw

土日に甲子園に行ってきましたが、相変わらずの真弓の不思議采配にイライラしっぱなしです。

私が謎に思ったのは以下の2つ
この采配に対して理由を聞いて見たい。

 ̄篦垢貌って10回裏ノーアウトで関本が1塁で打者葛城、途中あわてて代走大和を出して葛城はバントの構え。
私はレフトで「そんなもん金本敬遠してくださいってゆうてるもんやんか!!おまけに5番は藤本に交代したの忘れてないか!?」と叫んでましたが
当然聞こえず、予想通り金本は敬遠。藤本、新井はポップフライでチェンジ。1死1塁もしくは併殺打で2死になっても一発が期待できる金本と勝負をしてもらうべきではなかったか?結果的に1死2塁になったならともかくわざわざバントでその状況をこちらから作る必要がどこにあったのか?

12回裏 葛城・金本・藤本・新井という打順で投手は左の山口
控え打者はバルディリスと清水。藤本に代打バルかと思いきやいきなり葛城に代打バル。バル凡退で金本ヒットの後、藤本に代打清水。
結局併殺でゲームセット。いくら相手が左でも清水の打力に期待できんのか!?代打の場所は違えど、結局真弓監督は左の山口に対して、清水>葛城という評価をしたわけだけど、どうなんだろうか?
左右病もここまでくるとひどくないかな?
さらに,竜佞農郷紊紡任燭垢里覆蕕泙瀬丱鵐箸膿薫罅鳥谷に期待した方がマシではないかな?
まあ、そもそも清水を使ったこと自体おかしいと思うけど。


以上について、何か意見がある方募集しています。

とうとう自力V消滅です。まあ、今年はあまり期待はしていなかったし、
今シーズンを捨てても次代の阪神を担う選手を育ててくれればと思っていたが、どっちもしないんじゃ話しにならないですね。
真弓監督のコメントもひどいし、「頑張れば自力V復活するんでしょ?じゃあ頑張ります」
何を頑張るの?頑張ったら勝てるのか?
いい加減に根拠の無い精神論だけの発言はやめてほしい。
お前は川藤か(怒)

そもそも岡田監督が使い潰した戦力だし、こうなることはある程度想定できたし、真弓監督自身も「若手の育成が急務」って散々言っていたじゃないか!?
なぜ、動こうとしない?このまま今の戦力を使い続けてもどんどん悪化するのがわからないのか?

私は負けていることに怒っているのではない(怒ってるけどw)
負けて当然の状況でありながら、何の解決策も打ち出そうとしない姿勢に腹が立っているんだ。
試行錯誤を繰り返して裏目に出るなら、まともなファンなら納得するし擁護論も出るでしょう。
なぜここまで批判されるか真弓監督考えてくれ。

結果だけじゃなくてプロセスもおかしいんだよ。だから不満が爆発してるの。
今回藤本を落としたのはいい機会。ここで一気に考えを改めて欲しい・・・・でも上がってくるのは赤星、ジェフ、矢野、久保田ということでは期待できないな。
ここで野原とか柴田とか上げたなら見直すんだけどね。
まあ、二軍に興味がないらしいから無理か。

| 虎話 | 19:10 | comments(9) | - |
真弓の暗中模索に振り回される選手たち
・・・呆れてます。

もう杉山抹消ですか?
真弓さんよ。先日中継ぎで投げたときにあんたなんて言ったか覚えてるか?

「しっかりした球を投げていた。次が楽しみ。先発?あると思います」

それで1回先発してダメなら二軍ですか!!??
ええかげんにせえよ。ほんまに(怒)

そして能見が中継ぎで快投したら、今度はセットアッパーに色気って
あまりにも安直すぎないか!?
そんな簡単なもんじゃないだろ!?
じゃあ、それで今度セットアッパーで失敗したら杉山みたいに二軍に落とすのか?
だいたいさあ、能見は安藤よりも防御率は良いし、奪三振数なんかセリーグ2位。
それなのに数試合の結果で配置転換やなんやて言われたら選手はかなわんよ。

第一、能見より結果が出ていない福原はなんで先発ローテから落ちないんだ!?
やっていることが矛盾だらけじゃないか。

これじゃあ選手も大変だわ。
全く長期的な構想というか目的が見えずに、その場その場の結果でころころその場しのぎのこと行って、結局シーズン終わったらどっちつかずで何も得るものがないというパターンですな。

開幕直後の坂の扱いのときから全く進歩していないわ。

ベテランはポジション安泰で慢心、他の一軍選手は不条理な起用や配置転換でモチベーション低下、二軍の若手はいくら活躍しても一軍に呼ばれることはなし(呼ばれてもまともに起用されず二軍へ)

こんな状態で選手のやる気を期待できるか!?
これが現状の位置にいる原因だと思うよ。でもそれに真弓監督はいまだ気づかない。情けない・・・・。
早々に休養してもらえないかな。ほんまに。今年はどうせ厳しいんだし、
来期以降にまで毒が回らないうちに元を断って欲しい。
| 虎話 | 18:18 | comments(6) | - |
土日の出来事
土曜日、用事があって相方と某ホテルへ行ってきた。
午前中に入って、午後2時過ぎに外に出ようとすると、なにやら人だかりが・・・
見ると阪神の観光バス2台、そして人だかりの手にはサイン色紙。

「あれ?ヤクルトの宿舎ってもしかして・・・」と相方に聞こうとすると
なんと後ろにユニフォーム姿の青木と五十嵐がいるじゃありませんか。

相方はすっかり舞い上がってしまってます。

さらに宮本キャプテン、高田監督、最後に林昌勇とバスに乗り込みます。
相方は完全ミーハーになって由規に手を振っています。

わし「今日投げる相手に手振ってどないすんねんw」
相方「ええやん。めったにこんなことないんやから!」


こんな感じで我々も甲子園に向かいました。
サヨナラ勝利の女神が今日は完全にヤクルト選手にやられてしまったために見事に負けてしまいましたw
しかも今日、目の前で見た選手に全部やられてしまってるし(爆)
某ホテルに行くときはなるべくヤクルト戦ははずすようにしないとな。
試合内容は能見だね。ここ最近は昨年までの能見と今年の能見がジキルとハイドのように交代するねえ。
青木に本塁打打たれた後はなんか吹っ切れた感じでリズム良く投げていたんだけどね。それまでが悪すぎたかな。
しかし、能見をローテからはずすというけど、ここではずしてしまうと今年せっかく積み重ねたものがオジャンになってしまいそうな気がする。
彼の場合は自信が問題なんだからもうちょっと先発で様子を見て、それでもダメならいっそのこと二軍に落とすべき。中途半端な起用はよくない。
このままではほんまに”益山2世”になってしまう。
能見の成長は数少ない真弓監督の成果なのに、それまで無にしてしまうのか!?今年1年は能見を先発ローテで使い続けて欲しい。
そうすれば本人も「1年間先発でやれた」という自信になるはず。
この「自信」こそが能見にとって一番必要なものだと思います。

そして日曜日
さすがに月〜金で目いっぱい仕事して、土曜も朝から1日用事に観戦となると体にひびくようで、ほとんど寝ておりました。
そして夜は同僚Sと観戦。
赤星の離脱といういやなニュースがあり、1番平野でしばらくいくのかと思っていると、なんとバルディリスが1番。

まあ、相手が石川だからわからんでもないけど、昨日あれだけ活躍したんだから平野を使って欲しいところだなあ。
岡田監督時代から継続するこの極端な左右病をなんとかしてほしい。

しかしそのバルちゃんが先頭打者ホームランを打つんだからわからんもんだけどね。
でも、せっかくバルちゃんが活躍したんだから、投手が右になったからって代打出さなくても良かったんじゃないかな?
それにあの場面ならバルディリスを交代じゃなくて、センター平野、ライト桜井、そしてサードバルディリスでいいんじゃないかな?
なぜ、鳥谷だけでなく新井にも「フルイニング出場」にこだわらせるのかな?

新井はただいま絶不振。ただ今までの実績は十分だし、復活を期待して使い続けることはわからんでもない。
しかし、この日も全くノー感じ。守備も上手い方ではないとなれば、終盤に守備固めで交代してもいいんじゃないかな?
外角低めの変化球に三振する姿は嫌というほど見せられている。
結果が出ない日で勝っている時は守備固めで交代しても良いと思うけどなあ。
そして落ちた小宮山に代わって再び上がってきたのは大和。
藤本ですらほとんど出番が無いのに、大和上げてどうするんだろうね?
それなら野原や柴田などに一軍の空気を味わせてあげるか、
ファームで頑張っている庄田あたりのご褒美昇格でもあれば活気づくと思うんだけどねえ。
なんか固定のメンバーで戦っている感じで・・・その点ではバルを上げてすぐに起用したことは評価したいけどね。







試合はまあ危なげない試合でした。
同行者Sはこれで4勝4敗の勝率5割に戻しやがりました。
さんざん負け男や言っていたのに、立場が逆転・・・・
でもチケットの胴元は私なので「じゃあ、シーズン終わりまでこのまま5割キープでいるかい?」と言うと「すいません」となるんですが(悪いやっちゃw)

でも私もこれで観戦10勝目。でも14敗もしています。
私もこつこつ借金返していきたい・・・けど次は巨人戦か(汗)

| 虎話 | 18:04 | comments(4) | - |
当たってほしいものとほしくないもの
先日、飲み会で当たったというのの続編です。
原因と思われる金曜日行った店に事務課から連絡し、診断書うんぬんの手続きを始めていたところ金曜日の飲み会参加者以外の社員も腹痛などの症状を訴え始めた。
ちなみに木曜の飲み会は部署全体の歓送迎会で総勢25名、木曜はその中のチームでの飲み会で総勢9名。当初不調を訴えた人は木曜と金曜両方参加しています。
そして木曜のみ参加した人も不調を訴えた。
どうやら木曜に行った店が原因
・・・しょっぱなにこの時期にとり刺しが出てきて正直大丈夫かなと思ったが、どうやらそれが原因らしい。
結局、そこの店から担当者が謝罪に来まして、治療費等はお支払いしますということのようです。そしてとり刺しは提供中止するとのこと(この時期は当たり前だ。)
まあ、ようやく収束しそうな状態です。

当たりといえば全くあたりが出ない阪神打線。
絶好調中日相手に1勝2敗・・・まあ精一杯でしょうね。
火曜の無様な負けを木曜に取り返してチャラということで納得しています。
でも、結局木曜もブラゼル一人だからねえ。根本的な問題は解決されていない。
確かに主力選手をはずすのは冒険だが、これだけ軒並み調子悪いなら若手を上げてきてカンフル剤的に起用するのもいいと思うんだけどなあ・・・どうせ今のメンバーでも打てないんだし。今のメンバーはなんかかっこつけて野球やっている感じでがむしゃらさを感じない。

今日から甲子園・・・なんか杉山が上がってきたということは先発かな?
その証拠に天気予報は晴れだったのに今、甲子園近辺は雨が降っています。
迷惑なやっちゃ(爆)
と思ったら安藤か・・・一軍に上がるだけで雨を降らすとはおそるべし杉山。
今日は同僚にチケット譲ってさっさと帰って休養しよう。
| 虎話 | 17:58 | comments(2) | - |
久保×マストニー×甲子園=奇跡?
木曜金曜と歓送迎会続きで疲れたせいか(後述に理由は判明)、ものすごくしんどかった。
よっぽど土曜日のチケットを譲ろうかと思いましたが、結局都合がつかずに一人で行こうと思ったら相方が「仕事終わってからいこうか。時間は保証できないけど」と言ってくれたので、行くことにした。
いきなり、能見が四球、犠打、タイムリー、そして特大の本塁打とあっさり3点失点。特に村田の本塁打なんて上段あたりまで飛んでいったw
久々にあんなすごいの見たわ。

この日の能見は昨年までの能見やったね。
6回も自分の悪送球でピンチを広げて、村田敬遠で満塁にしたのに次打者の左の佐伯に押し出しと、不快指数の高いピッチング。
全般的に球が高かったね。まあ、今まで一年を通して活躍していないからそろそろへばりが来る頃。これを乗り越えてこそ本当のローテーション投手になるんだけど、彼の場合は自信喪失というのが悪影響しそうで困る。
ただこの日は写真のような2人足して87歳というとんでもない対決も見れました。



しかし、工藤は金本にホームラン、ブラゼルに火の出るようなヒットの後、代打高橋光信にもホームランとやはり年齢を感じさせる内容でした。
だって渡辺久信監督より2つ上なんだもんなあ(汗)
まだ一軍で投げているだけで尊敬に値すると思う。まあ、全盛期を知っているだけにさびしいちゃあさびしいけどね。
結局、ジェフが伏兵新沼に本塁打打たれて万事休すなんだけど。
まあ、先発が三浦だけに苦労するかと思ったが・・・

気を取り直して、日曜日。この日は朝から色んな用事があって出かけましたが、色々と幸せなことがあったり、宝塚記念が見事完璧的中したりと「今日はついているぞ」という感じで甲子園へ。

・・・・6番ライトウィリアムス???
偵察メンバーだってことはわかるんだけど、普通は使わない先発投手を偵察にしないかい?それともジェフに何かあってとても投げられる状態じゃなかったが抹消する時間がなかったとか?意味がよくわからなかった。
まさか、「ジェフが残っていると使いたくなるから最初から使えなくしてしまえ」というようなダイエット中の人が欲望から逃げるみたいな内容じゃあるまいな?

先発は久保とマストニー。前回の奇跡のサヨナラと同じ先発。
いきなり久保は伏兵下園に一発を浴びる。そして阪神打線はのらりくらりのマストニーをつかまえられない。関本と林以外はなかなか捕らえられない。

そんな状態なのに7回表にアッチソンを登板させるときに当たっている林をはずす。
あのなあ(怒)アッチソンを2イニング投げさせたいのはわかるけど、今は0-2で負けてるんやぞ。点取らないと勝てないのをわかってんのか!?
9回に確実に回ってくるんのに、なぜ当たっている林をはずすかなあ?
0-0か勝っているならいいけど、2点負けているときの策じゃないと思うぞ。

さらに7回、無死1・2塁で赤星の場面、木塚に2ストライクに追い込まれたあげく併殺打・・・。私は選手じゃないし技術的なことはあまり言いたくないのだが、2ストライクになって赤星でスリーバントなんかありえない状態でなぜバスターもどきのような中途半端な構えをさせていたのだろうか?
これによって結果がどうなるかはわからないけど、なんかすっきりしないというか。。。
正直、この後関本が凡退した時点で「今日は負けか」と思ったし、周りもぞろぞろと帰り始めた。

9回に藤川投げさせたときも「こんなグダグダな試合で藤川見てもうれしないわ〜!」と球場で怒号が渦巻いていました。
そして9回裏、相手は横浜売り出し中のリリーフエース山口。今日の阪神じゃ太刀打ちできそうにないやろなあ〜とヤサグレ状態でまず林の打順に入っていた平野が2ゴロ。
ここでさらに帰る客が増える。

鳥谷イレギュラーヒット「ラッキーやな。でも2点あんねん」
狩野ヒット「一発でたらサヨナラやけど・・・中軸ちゃうしなあ」
葛城ヒット「おおおおおおおおお???」


1死満塁です。そして赤星に代えて代打桧山。
後から知ったが岡田元監督がこの「代打桧山は狩野のところでするべきだ」と言っていたそうだが、この状況では赤星→桧山で正解でしょう。いくら経験は薄くても打率チーム1の狩野を代えるのは間違いだと思う。チャンスで一撃で決めたい場面で長打のない赤星に代打桧山でよいと思う。
しかし、犠牲フライ。1点は入ったが2アウト。正直、万事休すかと思った。
2死で関本。目の前の左中間が空いている。「ここに打球が抜けたらなあ〜」なんて願っていると本当にそこに打球が飛んで抜けて行った。
そこからしばらく覚えていない。周りの人たちと大騒ぎしていたとは思うけど。
相方のサヨナラ伝説はまだ生きていたか・・・・。
しかし久保VSマストニーin甲子園は2回とも奇跡の展開。ありえへん。

まあ、今日はめでたい序曲な日なのでふさわしい内容でよかったです。





これで観戦成績9勝13敗・・・相変わらず負け越しが減りません(涙)
今日は運良く勝てたけど、もうちょっと真弓采配の精度を上げてもらわないとしんどい試合が続きそうですね。

少し体がだるかったがこの喜びで吹っ飛んだ。
そして本日会社へ行くと、どうも金曜日の飲み会メンバーが軒並み体調不良を起こしている。群馬から出向していたS沼くんと新人の子の歓送迎会だったのだが、群馬に帰ったS沼くんにもメールしてみると「腹痛がひどかった理由がわかった」ということでどうやら軒並み当たったらしい・・・・。S沼くんは群馬で点滴を受けているそうな。

原因は牛肉のたたきか?鶏肉のたたきか?それともサーモンの和え物か?

どうやら土日しんどかったのはこのせいかも・・・ただ腹の方は俺にはわからないからねえ・・・普段からだから。

みなさんもこの時期からの生ものはくれぐれもご注意を。
| 虎話 | 17:55 | comments(3) | - |
ジェット風船問題について
神宮での風船飛ばしが禁止になった。
これは新型インフルエンザ関連でなく、環境や周辺への配慮などが要因なので今後もずっと続くでしょう。

逆に甲子園は本日から風船飛ばしが解禁です。
甲子園の阪神ファンの中でも賛否両論ありますが、私の個人的見解を以下に言わせていただきます。

まず、この新型インフルエンザ関連での風船飛ばし自粛によって、試合後の甲子園が非常にきれいになりました。
試合後に多数の有志がボランティアでゴミ拾いをして帰りますが、以前は落ちた風船が多く、その中に食べ残しや食べた後のゴミが散乱することがありましたが、風船がなくなってゴミが目立つようになって放置しづらい雰囲気になったのか、自主的にゴミを持ち帰ったり、収集している人のゴミ袋に入れてくれたりするような傾向が見えていました。

そういう意味では風船飛ばしはなくしてもいいのかと思いますが、一方、長年の阪神の応援のある意味「ジェット風船=阪神の応援の象徴」になってしまっているという問題です。
私たちのように四六時中阪神のことが気になる人と違って、チケットもらったから行こうというようなLightなファンは結構この風船飛ばしを楽しみにしています。
実際、今回うちの会社に研修に数ヶ月来ていた子を数人甲子園に連れて行きましたが「風船飛ばせなかったのが残念」と言っておりました。
球団が運営する「応援シート」みたいなものにも応援グッズとしてジェット風船がついてきたりと球団もいわば「公認」しているわけだし、阪神を中心に報道する虎バンやぶったまなどの報道番組も番組特性のジェット風船を作るなど「阪神の応援はジェット風船ありき」というのが一般の人の認識だと思います。

そういう中で廃止するには今回のインフルエンザのような「絶対的な理由」が必要だと思います。不衛生とかそういう価値観レベルの内容では廃止はできないでしょう。
神宮で廃止にできた背景にはヤクルト側は風船を飛ばさないという部分があったからだと思います。もし、これが「傘での応援は禁止」となったら大変なことになると思います。
実際、風船で長年商売やってきている人もいるわけで、上記のように球団が実質的に公認している以上これをなくすにはかなりの労力が必要になってきます。

その反面、私が不満なのは風船を飛ばすタイミングですね。
現在、7回の風船飛ばしだけでなく、勝利の瞬間に飛ばすのが慣例化しています。
これには反対です。その頃にはだいたいの場合、藤川球児が投げているわけで野球を見に来ている人は藤川の投球が見たいのに風船のおかげで見づらい。
甲子園は試合中にイベントはあるけど、そもそも目的は野球を見に来るところであって、その目玉とも言える「藤川の投球」が見づらいというのはおかしいと思う。
私はあと1人コールのときの風船はふくらましません。

ラッキー7の風船飛ばしはもう「名物」化していますし、インプレーではないのでこちらはそのまま継続で良いと思います。
ただ7回の風船とばしのために7回表に早々と風船をふくらませている人もいますけど、これもなるべく遅めにしていただきたいものです。(まあ、肺活量は人それぞれなんでこちらに関しては程度問題と思います)

結論として、正直、私個人の価値観としてはゆっくり野球を楽しみたいし、風船飛ばしはなくなっても良いと思います。

しかし、現状として甲子園名物となってしまっており、これを楽しみにしているファンが多い中、すぐに廃止というのは無理でしょう。
不衛生だとか言って即廃止、廃止と叫んでいる方は左に多い自分の価値観しか認識できない連中と同じだと思います。よく「タバコなんか害があるんだからこの世からなくしてしまえ」とヒステリーに騒ぐ嫌煙家のような人ですね。

ただ今回、風船飛ばしがなくなると球場内が綺麗になるのではないかということも証明されました。

まずは勝利の瞬間の風船を自粛する方向でいけば、散乱する風船の量も半分になると思いますし、環境問題という点については良化傾向にあると思います。
実際、私のように「藤川の投球が見たいのに、風船が邪魔」って人も多いと思います。

急激なダイエットはリバウンドが激しいのと一緒で徐々にフェイドアウトさせる方向が一番いいでしょうね。

ん〜、なんか自分に都合のいいような意見になってるかな?(笑)
| 虎話 | 12:42 | comments(3) | - |
リーグ戦再開を前にして
いよいよ明日からリーグ戦がはじまります。
これまでの阪神の成績は24勝33敗3分の5位。
昨年の終盤のバテや、主力選手の高年齢化による戦力低下を考慮しても13ゲーム差ひっくりかえされたとはいえ、82勝59敗3分の堂々の2位だった昨年に比べてあまりにも無惨な成績だと思います。
せめてこの戦力なら5割前後にいてもらいたいんだけど。
ただ、このままの戦力では来年以降どんどん落ちていくのは目に浮かぶし、真弓監督就任時には「今後の阪神を担う選手の育成」という展望もあったはず。
それにしては今のところ「虻蜂取らず」でほとんどプラス要素がない。
前半戦の真弓阪神での動きは

1.JFKの解体(先発投手の辛抱、能見の成長はここにあったと思う)
2.狩野の育成(矢野に比べるとまだまだだが、来年以降正捕手でいけそうなメド)
3.ブラゼルの加入

なんかさみしいよねえ。やはり選手の競争がないんだよね。
ライトは桜井、林、葛城の併用だが競争というより投手の左右や真弓監督のよくわからない一存で決めている感じで競争という感じがしなかった。
葛城はともかく、桜井、林は併用というより競争させてほしいね。
調子の良いときは固定してやって、ある程度我慢して使って内容が悪くなったら(結果はともかく)交代する。2人とも調子が出ないなら短期的に葛城や平野、もしくは桧山を起用するなど。

ようやく最近桜井がポジションを獲得した感じがするけど、しばらくは我慢して使って欲しい。他球団を見ればわかると思うが1年間我慢して起用した結果、数段レベルアップして今年活躍している選手がいる。(例:日本ハムの糸井など)
やはり選手の成長には我慢が必要。
平野、葛城はすでに経験は十分だから併用でもいいけど、林や桜井はまだ経験させる価値はあると思う。林は年齢的にもギリギリだけど楽天草野などを見ればわからないし。
というわけで後半戦は桜井を固定してとことん我慢して欲しいです。林がもったいないんだけどね。
ほんと、なんで交流戦のDHで林をほとんど使わなかったのか。。。

後は新井、鳥谷あたりの「不振の中軸」をどうするかかな?
鳥谷も一度代打は出されたものの、その後もずっと特待生扱いは変わらないし、新井も過去の実績から代わりの選手は難しい。けど、ずっと出ずっぱりにするメリットってあるのだろうか?
それと、いつぞやの真弓監督の発言「調子のいいヤツをはずして、わざわざ調子の悪いヤツを使うはずが無い!」

この発言見て唖然とした・・・思いっきり使ってるやん。

「調子は悪くとも実績があるので、そのうち活躍してくれることを信じて使ってます」
とかいうのならまだしも・・・・。真弓監督自身に自覚がないのが一番こわいね。

まあ、選手たちもいくらモチベーションが下がっているとはいえ、この順位では情けないと思っているから奮起してもらいたいね。
まあ、一番は真弓監督が選手のモチベーションを上げることができればいいんだけど。

チームの防御率や打率を見てもこの順位にいるのが不思議だし、やはり真弓監督以下首脳陣になんらかの問題があるのは明確。
(打てないことを理由に「真弓采配はおかしくない」という方々は広島のスタメン野手の成績を見ることをお勧めする)
ブラゼルが入って、「わかりやすい野球」ができる環境になったので、まずは難しいことは考えずにオーソドックスに戦って欲しいです。奇策はいりません。第一、使いこなせてないし。

後半戦は本人が宣言した「調子の良いやつを使う」を是非実践して欲しいね。有言実行でお願いします。

あと、若手の可能性追及もね。藤本や葛城、光信なんかは起用したらある程度の活躍はするけど、レギュラークラスになる可能性は低いんだから、未来のレギュラーやエースを探してください。それだけに今年初めて二軍戦を見たという真弓監督のコメントには失望した。

「藤本や林の調子を見に来たんだけどね」
「(若手の入れ替えはないかと聞かれて)誰を落とすんや?」

自分の発言の影響力と、何を求められて監督になったかをもう一度考え直してください。
これじゃ二軍の選手たちがかわいそうだわ。

真弓監督本人には正直、期待できないから誰か右腕になる人物が欲しいですね。
岡コーチでは役者不足みたいだから。島野さんなんかは星野氏の良いところだけを引き出して悪い部分を押さえていたからね。押さえ役のいなくなった今、星野氏は「分別わきまえないただの我の強いおっさん」になってしまったからね。
中で育ててもいいし、外部招聘しても良いから頭脳が欲しい。
巨人を見ればわかるでしょ?
戦力もあるが伊原、尾花などの名コーチと言われる人々に支えられて快進撃を続けている原監督。しかし、名コーチを集めただけでは決してチームはまとまらない。では原監督の役目は何か?真弓監督にもそのあたりを考えていただきたいものだ。
ただこの部分には「持って生まれたもの」も多少必要で努力でカバーできないからなあ。
まあ、まずは前半戦の戦い方の反省をしてもらって、自分の失敗に対して正面からぶつかっていける器量があるかどうかが、今後の阪神の戦い方に影響しそうな気がします。

リーグ戦再開後、前半と違ってどれだけ真弓阪神に進歩があるか、それともまたもや落胆させられるのか?
お手並み拝見といきましょう。
| 虎話 | 12:40 | comments(4) | - |
先週は観戦1勝2敗でした。
先週は観戦成績1勝2敗。
日本ハム戦は負け、楽天戦は1勝1敗・・・

日本ハム戦については言いたいことは先の記事のTomoさんへのコメントで書いたから割愛します。しかし、普段京セラで応援しても負けてばかりの日本ハムがこんな日に限って勝たなくてもねえ・・・。日本ハムの応援団の方はそんなに多くないのですでに何人か顔見知りで最近は挨拶もしてくれるようになりました。
レフト見ながら「楽しそうやな〜」と思いつつため息ついていました。



週末は甲子園での阪神−楽天戦
土曜は勝利の女神のパワーも届かず、安藤がボッコボコに打たれて負け。
ピンチで首位打者草野。「まあ、1点はしゃあないわ。長打は少ないからまだ救いが・・・」と話していた瞬間にライトにドカン・・。
続いて山崎で「本塁打警戒するならこっちやのに・・」と話していたら山崎もバックスクリーンにドカン。
そっから長打2発でさらに1点。ボコボコです。
まあ中継ぎ陣も頑張りましたが、ブラゼルの2点タイムリーだけじゃあねえ。
相手の3番中村は昨年育成選手上がりで、6番丈武なんてこないだ育成から登録されたばっかりだよ。
高い給料もらっている連中が何やってるねん(怒)

日曜日はなんと楽天の先発は藤原。阪神がクジではずした新人を初登板で持ってくるとはなかなか皮肉なことをやってくれるもんだ。
これで抑えられたら赤っ恥というところでしたけど、さすがに意地を見せてくれましたね。
ただ、ヒットがラッキーヒットが多かったのがちょっと引っかかりますが(汗)
楽天も色々苦難があった元阪神ドラ1の中谷が10年目のプロ初本塁打を甲子園で打ったし、
思わず拍手してしまいましたわ。勝ったから良かったけどあれで1点差になってしまったから結構やばかったんだけど。まあ、球児も見れたんだけどさ。





しかし、この試合いまだに引っかかるのは1死1塁での狩野の送りバント。
セーフティかと思ったけど、どう見ても腰を落としての送りバントでした・・・。
次の打者は能見なんですが(汗)
さすがに真弓監督の采配ではないとは思いますが、(もしそうなら速攻辞めろと言いますw)山脇コーチのミスか狩野のミスかはわからないけど、ちょっとは疑問を持って行動しろよ。誰がどう考えてもおかしいやないか(怒)

能見がムーアだったら話はわかるけど。

真弓監督もなんかここんところ投手の継投がやはり早いねえ。
まあ、しばらく休みが続くこの状況だからというのならいいんだけど、リーグ戦開始後も同じようでは元の木阿弥だ。せっかく先発が我慢できるようになっているのに。
それと気になったのは桜井の交代。2点差で守備固めで平野に代わったが、すこ〜し早くなかったかな?
まあ、これはあくまで私の直感で思っただけなので、おかしな采配でもなんでもないんだけど・・・。

まあ、真弓監督にはこの交流戦休みでちょっと前半戦の自分の行っていた発言や行動を振り返ってもらいたいね。後半戦そのあたりの修正や改善が見られることを願う・・・ってか祈りたい!
私の中ではここ最近にも2つほど納得できない真弓発言があるのだが、それについてはまた今度かきたいと思います。

しかし、これで観戦成績8勝12敗・・・・勝率400
まあ、しゃあないか。
日曜は負け男S君と一緒だったが、これで彼は観戦成績3勝4敗となり、勝率を抜かされてしまいました・・・。うむう。
| 虎話 | 17:55 | comments(3) | - |
岡田時代の悪い部分はマネしなくていいんだってば
やっと連敗が止まった。
勝つには勝ったけど、私はちょっと気になった部分は多い。

久保を5回で下げて、渡辺→ジェフ→アッチソン→藤川と投手リレー。
ジェフの登板について疑問がある。あの場面代打坪井が出て、田中、糸井と続くことからジェフを持ってきたのだろうが、その後に稲葉やスレッジがいることを考えれば2イニングを考えるべきだし、打順もそれを加味して考えるべきだと思う。
結局、ジェフが抑えたものの7回に代打の関係で8回は稲葉、高橋、スレッジと2人の左の中心打者がいる場面でアッチソンを使わざるをえない状態へ。
結果論的にはよかったが、稲葉の当たりが新井のファインプレーで助かったようなもんだ。
稲葉、スレッジを考慮するなら7回は江草、8回ジェフで小谷野までいったらアッチソンで良かったんじゃないかな?8回に稲葉から始まるところにジェフをぶつけるべきだったんじゃないかな?

それともっと気になったのは、この投手継投って岡田采配の起用法だよね?
真弓監督になって良くなった部分は「先発投手を我慢する方針」「機動力重視」
その場その場の投手起用や投手の選択肢などには非常に疑問符のつく采配が多いが、先発を我慢するという方針は中継ぎ陣にとって非常に良いと思う。
その良い部分を否定して、岡田監督時代と同じような投手起用したらあかんでしょ!まあ、勝ちにこだわって昨日だけこうしたってならいいんだけどねえ。
こういうところが一貫性がないんだよ。
やはりこういう大方針ってものは余程のことがない限り動かしてはいけない。

あの投手起用では決まった投手以外使えないのは岡田時代で実証済み。
ただでさえ、岡田監督が酷使した戦力で同じことをやっても昨年以下の結果しか残せないと思う。
今はやはり新たな道を探るべきであり、先発投手陣の我慢というのはその点で非常に良い方向性でどんどん若手投手などを育てて起用してほしい。ジェンや小嶋を起用していたのに、ここにきてそのあたりの部分も消極的になっているしねえ。
そういった良い部分はどんどん継続して欲しいんだけど。

ただ、そんな中、トレード話が浮上してます。
藤田太陽と西武赤田・・・っていうかよく赤田を出すなあという印象ですが
それについては決定してから話します。

これは真弓監督の意向でしょうね。
本来はヤクルトのような守備力機動力で勝つチームにしたいのだろう。
これで本当にG.G取ったら「全然言っていることと逆やんけ」って言うところですがw

しかし、昨年までの阪神は対極のようなチーム、そんな中で5年間野球やってきたのにいきなり全部変更されたら選手は戸惑ってしまう。
特に「そこそこ打てるが守れない、走れない」といった林や桜井にとっては死活問題になる。大きな変更をするときにはそのあたりのケアなども必要だし、いきなり一気に変えようとしても選手はついてこられないと思う。
そういった選手の立場も考えてやってほしい。

昨日打順を岡田監督時代のような感じに戻したが、どういった真弓監督の考えがあったのか。そこがポイントだと思う。
「うまくいかないから昨年までの起用に戻そう」というような安易な考えであれば、やはり今年でやめてもらいたい。
そうではなくて「とりあえず、原点に戻ってそこから自分の色を出したい」という意思であることを願いたい。

私が真弓監督に不満なのは「言っていることと、やっていることが違う」「計画性が無く場当たり」「選手起用が不明瞭」

そして何よりも一番不満なのは「起用に真弓監督の考えが見えない」こと。
確かにフロントからブラゼル獲得したりと真弓方針に反してチャチャが入る部分はわかりますが、そこはやはり真弓監督がそういった方針を明確にしていないという原因もあると思います。

結果論でしか物を見られない人は昨日の試合の采配を名采配とか言っているけど、私は岡田監督時代の悪い部分が復活しないか非常に心配です。

岡田采配は「目の前の試合をいかに勝つか」に長けた采配であり、今のような育成急務なチーム状態にはそぐわない。だからこそ岡田采配にはないような今のチーム編成にあった采配を真弓監督にはしてほしいもんですが、今のところそれ以前の問題ですね。
やはりもっと真弓色を前面に出してもらわないと・・そうじゃないと選手もどういう野球をやれば起用してもらえるのかわからないと思うし、選手のためにもそのあたりは明確にしてほしいものです。
最近、こういった管理職目線で見てしまう自分に時の流れを感じてしまいます。

しかし、鳥谷・・・最近守備がすごく良いねえ。
中心打者として期待するからアレだけど、あの守備なら守備だけでも十分価値あるし、なんか15年前の新庄みたいになってきているなあ。
ただ、ポテンシャルと年俸考えたら打つほうももっとやってもらわなあかんけどね。
| 虎話 | 12:44 | comments(7) | - |
もうルンバ真弓と呼んでいいですか?
呆れて何も言えないね。

勝敗は別として、なんであそこでジェフなの?
いろんなところで言われているけど、「今期の与四死球率」「慣れない球場のマウンド」
いきなり9回の満塁のサヨナラのピンチで出すか?普通。
真弓監督は選手のデータとかを分析するってことをやっているの?
ミーティングでは何を考えているんだ?

確かにG.Gに打たれて1死1・3塁になった時点でサヨナラは覚悟したよ。
ただ、あんな自滅で負けちゃあ話にならない。
アッチソンそのままか、交代するならいっそのこと藤川だと思う。
ただ藤川も最近コントロールがいまいちなんで、やっぱり交代はないかな・・・。
あそこでジェフが出てきても脊髄反射的に右打者に代えずに左の大崎のままでいった。
江藤とかを穴の多い選手を代打に出すなら、大崎の方が四球をとれるという見事な判断ですな。
やはり臨機応変に頭を使って采配している渡辺監督と左が出たから何も考えずにジェフを出した真弓監督。
悲しいほど采配力の差が出ましたな。

そもそも試合当初から今日も5番DH桧山。
真弓阪神の方針は「若手中心の起用」だったはずよね。今更桧山ですか?
先日の楽天戦はカンフル剤として効果が出たけど、だからといって今後もずっとDH桧山で良いわけがない。
それに林はどうするの?林は打撃好調なのに守備に不安とか言って使ってなかったが、DHでも使わずにどうするの?
なんか林の扱いが理不尽なまでにひどいような気がする。
結果出しているのに使われなかったり、使われても左投手が出たら交代。
無理に林を起用していないような感じすらする。
前任者の岡田監督は一部の選手を贔屓する傾向はあったが、一部の選手を干すということはあまりなかったように思われる。(贔屓の結果、干される形になることはあっても)

とりあえず、今の阪神は防御率2位、打率4位、本塁打5位、盗塁1位
そして得失点差は+14点(ヤクルト+18点、広島−17点 中日+21点 横浜−65点)
得失点差が+14点なのに借金6って、明らかに采配に問題があるということを示しています。
広島なんかすごいよねえ。いかに上手に戦っているかってことです。
逆に阪神はいかにまずい戦い方をしているかってことですよね。

おまけに若手を使ってこれならまだしも中堅、ベテランばかり起用してこれでは話にならない。

正直、3ヶ月経ってもこんな采配続けているようじゃ、経験を積んだからといってまともな采配になるとは思えないね。

とりあえず今のところは素人以下の采配と言われても仕方がないよ。
ファンの方が今年の選手の状況をよく知っているんじゃないかな?
それぐらいひどい采配だということを自覚してもらいたいよ。
改善しようと努力するか、身を引くかは本人の自由だが、このままでは阪神がボロボロになるのは確か。
| 虎話 | 12:49 | comments(5) | - |
先週末の感想を一気に
最近、忙しくてすっかり更新が滞り、すいませんでした(汗)

でもちゃんと週末と月曜の観戦は行ってきました。
土曜はオリックス戦。久々に大学時代の旧友Kと観戦。
関東にいるときは正月や夏休みなどの節目節目の帰省時に会っていたが、こっちに戻ってきていつでも会えるという感じで1年半ほど会っていなかった。
たまたまKから飲みの誘いがあったので「昼、久々に甲子園はどう?」という流れ。
実はKは大学時代は熱烈な阪神ファンで在学初期は2人で真弓監督の実質引退試合や平田ニ軍監督の引退試合他数々の試合に行った。しかし、3年生ぐらいになってKが競馬にはまり、天皇賞のビワハヤヒデ単勝(確か1.5倍)に親からもらった生活費10万円全部突っ込んで(結果5着、レース中屈腱炎発症が判明しそのまま引退)一文無しになったりと話題をふりまき、そのうち今度は玄人女性にはまったりとどんどん阪神から離れていきましたw
今回の観戦も7年ぶりだそうで、外野席は10数年ぶりだそうです。
まず応援歌(HM)がわからんとゆうてました。当然やわなw
1番・2番以外は桧山の応援歌ぐらいしかわからないんじゃないか?いや、桧山の応援歌自体もまだ藤田平のやつだったかも。
そんな友人も試合が良い感じだったのもあって、試合が進むにつれて昔の血が騒いできたようで、俺の歌うHMを覚えてマスターしていました。





その後梅田で一杯やりましたが、「昔と違って強くなったなあ〜あのころの4番って平塚か?」とか「昔は5連勝しただけで優勝したような大騒ぎしてたなあ〜」など昔話で盛り上がっていました。確かにファンも贅沢になってきたのかもねえ。

そして日曜は会社の同僚2人を連れて観戦。九州から今月一杯まで新人研修でこっちに来ているあびる優似のTさんといつものボギ男Sくんです。
先発杉内」「好調ソフトバンク」「負け男S」さらにS以上に負けが混んでいる某会長も参戦
ということで覚悟はしていましたが、最終回にドラマ!





Tさんにはいい思い出が出来たと思います。実はこの日もう一つすごいことがあって、偶然昔、持病で手術したときに一緒だった同じ病気の戦友たちと再会した。
うち1人は2年前の京セラドームの開幕戦のときに試合前のドーム見学会で偶然再会していたが、ちょうどそのときの話をしていたらしく、

「そういえば、前に京セラドームでのら(仮名)に会ってん。」
「へー、元気にしてるんかな?」
「元気そうやったで」
などと話しているときに私が前を通ったらしく、

「っていうかあれ、のら(仮名)ちゃうん?」

ということで声をかけられた。球場には知り合いはいっぱいいるが、あまり本名で呼ばれることは少ないので最初は誰やろうと思ったけど、まさかそっちの人間関係とは(笑)
試合後に興奮冷めやらぬ状態で2人がやってきて、大喜びで写真撮りました。
写真は載せられませんが、一見阪神ファン3人の写真だが、全員腹に傷跡があったりしますw
これもやはり縁なんでしょうねえ。5万人の中でまさかねえw

さて、2日間最高の試合で明けて月曜。3戦連続観戦はしんどいので誰かに譲ろうと思ったが貰い手がなく、例のGさんが「のらが行くなら行くよ」ということで結局行くことに。
仕事が終わって18時ごろに会社を出ようとすると、「今から組合の打ち合わせするっていったら怒る?」と言われました。
「怒る」と答えて行きましたが、もっと早く言えよ。
結局試合は散々・・・まあ、それまで勝ってたし、ある意味完敗だったので腹も立ちませんでしたわ。
しかし、Gさんと一緒にいくとあかんねんなあ(爆)
まあ、これからGさんは季節的に忙しくなって観戦する機会も減るので私の勝率も上がるでしょう(笑)
でも、秋になって阪神がシビアな順位にいるときは観戦誘うのやめとこ(爆)

しかし、ブラゼルが入って打線に重量感が出たよねえ。
新井や金本がいくらパワーがあるとはいえ、ブラゼルのパワーを見ていると日本車と外車のパワーの違いを感じるね。やはり外国人取るならこういったパワー型の選手がいいんだろうね。日本野球のレベルがかなり上がった今でもパワーだけはやはり勝てないもん。
| 虎話 | 17:42 | comments(3) | - |
普段見ない試合も楽しいもんだ。
阪神は札幌に行っておりますが、相方がオリックス−横浜戦が見たいということで土曜日に付き添いでスカイマークスタジアムにまで行ってきました。



私はご存知かもしれないが、パリーグは日本ハムファンであり、オリックスは正直そんなに好きではない。(オーナーと親会社の体質及び近鉄との合併のいざこざのときに一気に嫌いになった)阪急ブレーブスや近鉄バファローズなら喜んで応援していただろうけど。
新庄、坪井と好きな選手が移籍した日本ハムを応援するようになった。
ただ、スカイマークスタジアムは大好きである。まあ、私はいまだに「グリーンスタジアム」って言ってしまいますがw
オリックスが嫌いな要因の1つに利益ばかりに目がくらんで、この球場を捨てようとしたこともあります。
多分、札幌ドーム、広島ZoomZoom以外のフランチャイズには行った私が思うに「スカイマークが一番綺麗で見やすい球場」です。確かに利便性を考えると少し不便だが環境も良いし、大好きな球場です。京セラドームは選手が遠く感じ上、死角が多すぎる。ライト外野の上段席なんかライトの選手見えない!はっきりいって構造的に失格です。
食べ物の質もスカイマークの方がダントツに良い。スカイマークの食べ物なら現地で買おうと思うが、京セラで買うなら持ち込もうと思うし。
現在、スカイマークでのホームゲーム開催は京セラドームの半分。これからどんどん減っていくだろう。もったいない・・・。花火ナイターなんか最高なのに。

話はそれたが、そんなわけでオリックスも横浜も私からしたら敵チームであり、どちらが打っても「打たれた」という見方になってしまう。
ただ、私が観戦すると自分の意に反してオリックスの勝率が非常に高い。
大概は相手チームを応援しているのだが・・・。オリックスが負けたのは昨年夏に行った楽天戦ぐらいしか記憶にない。相方が阪神の勝利の女神なら私はオリックスか・・。
でも、決定的な違いは相方は望んでいる結果だが私は望んでいない結果であることだ。



試合はやはりオリックスの打撃陣が爆発。ラロッカのホームランにフェルナンデスが2発。
不振のフェルナンデスの本塁打はこれで見るの3本目。6本中3本見てるってのもすごいなあ。途中までぽーっと見てましたが・・・・

レフト大村に代わって、なんと高波が入りました。そして今年初打席。



多分最後に見たのは7〜8年ぐらい前に千葉マリンでヤクルト−阪神戦があったときに2番で大活躍したときじゃないかな?確か、先発が横田で八木が3ランかなんか打った記憶があるからかなり昔のことだろう。どっちもエラーしまくりでグダグダな試合だったと記憶している。
もう一軍で生で高波の打席を見ることはないと思ったが・・・・。
結果はもうちょいでホームランのセンターフライ。惜しかった。

そのまま6−0で9回になり、オリックスは今季初登板のレスターという外国人が登板。
ところがストライクが入らない。速球は150km出ているがコントロールがひどい。
2連続四球、打ちにいった村田は三振にとったもののまた四球で満塁w
あわてて投手を香月に代えるが吉村に満塁弾w
まあ、準備が不十分だったんだろうけど・・・やっと最下位同士らしい試合になってきた。
でも6-4になったが、そこまで。オリックスは加藤が登板。
打者が7番下園、8番黒羽根という打線だったのできつかったねえ。金城もベンチにいたのだろうけどランナー1人出ないと使いづらい場面でしたね。

結局そのままオリックスが勝利。



まあ、たまにはこういう精神衛生上平和な試合もよかったね。
多分この日の日本ハム−阪神をTVで見ていたら怒り狂ってたやろうし・・・。
はっきりいって今の阪神よりは上の2球団の方がマシな試合をしていると思う。

なんか選手自体はそんなに悪いメンバーではないんだけど、なんかスキが多いし、軽率なミスが多い・・・選手だけではなくコーチもね。
昨日の延長11回の狩野の本塁突入なんて・・・いくら2死とはいえレフト捕球時に3塁に到達していたかどうかの状態でしかもレフトは森本。これで突入させるのははっきり言ってルンバ。
返球がそれる可能性とか言っているが、そういう次元の問題じゃなかった。

逆に阪神の方は簡単にランナー返してしまうよね。
まあ、金本の場合はある程度仕方がないけど、もうちょっと色々と守備走塁コーチが教えることがあると思うよ。
先日のロッテ戦の葛城の返球がファインプレーとか言っているけど、あれは他球団なら普通にありふれたプレーだと思う。ナイスプレーだがファインプレーではない。いかに阪神の外野陣の肩が情けないかということ。
打撃だけじゃなくて守備もライトはもうちょっとなんとかしてほしい。
投手陣は頑張っているんだけどねえ。ただ、土曜の敗色濃厚の試合展開で江草を起用したり、相変わらずよくわからん投手起用もあるし。おかげで昨日の展開で使えなかった。

なんか阪神のチーム自体にゆるんだ空気を感じるのは気のせいでしょうか?
この雰囲気は10数年前に感じた空気によく似ているよ・・・・選手の気持ちがついていってないというか。真弓監督と選手の間になんか壁を感じます。
監督の起用する判断基準に一貫性がないから、選手のモチベーションが上がらないんじゃないかな?もうちょっと選手の立場、使われる立場になって考えて欲しいもんです。
活躍した次の日に起用されなかったり、なんか空気が読めないというか選手のやる気をそいでしまう起用が多いような気がします。
選手のご機嫌を取れというわけじゃないけど、やはり信賞必罰を明確にやらないといけないと思います。

最後はやはり阪神の愚痴になりました。
| 虎話 | 17:53 | comments(1) | - |
日本はまだまだ平和で安全
火水木と3連続観戦になってしまいました。
結果はご存知のように1勝2敗。
しかし、その1勝は相方と行っていました。
これで相方は4勝1ノーゲームと相変わらず勝率10割でございます。
なんなんだ!?この人は。

しかし、S以外にも天敵が増えまして、某G(?)さんと火、木行ったのですが、これで3連敗です。ん〜〜、これから観戦相手選ぼうかな(笑)

水曜の試合は今岡のヘッドスライディングで流れが来ましたね。
正直、この日のスタメンがラストチャンスであの打席凡退したら選手生命終了になりかねない打席でよく崖っぷちで残ったと思います。
今岡って過去の実績があるせいか、なんかプレーが無気力に見えて凡退してもベンチで笑っているし、そういう必死のプレーがここ最近見えなかっただけにこれを機会に昔を思い出してくれればと思います。まだ35歳だからね。

逆にジェフは右打者には通用しなくなりつつありますね。
ただ左打者には圧倒的な強さは間違いないので、江草とポジションチェンジしたらどうかと思います。とりあえず8回セットアッパーとしてジェフはもうこわいです。
ただ、木曜日の真弓監督の継投は7回に主力打者が来たのでアッチソンを出したのは正解だと思います。単に7回アッチソン8回ジェフと決めていたのではないことを祈ります。
個人的には安藤降板のときに江草じゃなくて思い切ってジェフでも良かったかなと思います。まあ、どうせ右の代打が出てくるので一緒でしょうが。

あと、狩野がなんか攻守に精彩を欠いていますね。
少し疲れと慣れが来たんじゃないでしょうか。5月病みたいなもんですね。
こういうときに矢野がいればいいんですけどね。矢野が帰ってきたら終盤に代打→そのまま守備って形が理想です。

そして阪神はブラゼルを獲得しました。
結構、「若手の弊害になる」という声が多いのですが、私はブラゼルならよいと思う。
ズレータ、ブラゼル、ウッズと名前が挙がっていて、最初はズレータという話だったので、それに比べれば良いでしょう。明らかにズレータは下り坂だったので。
まあ、短期的に見て一番活躍するのはウッズでしょうけど、年齢を考えると本当に付け焼刃。でもブラゼルは29歳で、昨年もメジャー昇格を蹴って西武に入団したいわばこれからの選手。決して付け焼刃の補強ではないと思う。
問題は引っ張り専門の打撃と甲子園の風でしょう。ただ今年の風は変なんですよね。ライトでも結構打球が伸びる。銀傘を少し変えただけでここまで変わるのですかね。
とにかくブラゼルは今年だけではなく、ジョージのように数年は活躍してもらいたいし、できる選手だと思います。期待しましょう。

あと、今回実は火曜日の観戦後、頭にきてたせいかカメラを席に忘れていたようで、水曜日に写真とろうとしてないことに気づきました。
家で探してもなく、甲子園に落としたと思い、あきらめ半分で甲子園球場に電話すると
「それらしきものが届いています」
とのこと!試合前に関係者入り口で落し物取り扱いのところにいくと、ありました!

ん〜、やはり日本って平和だ!!

ということで今回は写真なしです。

観戦成績は5勝9敗・・・・なんとかしなきゃいけませんな。Gさん?
| 虎話 | 12:45 | comments(5) | - |
クボクボクボ〜
チョコボみたいなタイトルですんません。

やっとクボチューが阪神で1勝あげました。
今まで好投するも勝てないで、とうとう5月終盤まで勝ち星なし。

毎回、今日こそは勝てると期待もたせといて追いつかれたり、やられたりw

この日も新井の3ランなどで逆転するがすんなりいかないし。
7回にランビンにホームラン、8回には堀のヒットであやうく追いつかれそうに(葛城をライトに回していて良かった)
そういえば、葛城が10日で一軍に戻ってきました。
それはいいんだけど、落ちたのが藤原。なんのためにあげたんでしょうね。
二軍で結果出してたんだからもうちょっと見ても良かったのに。
他に落とすべき選手がいるような。。。。

そして9回は球児が登板し、これでいけるわと思ったらなんと2死満塁、2-3とそこまでやるかという演出w

あれで追いつかれてたら、久保自身がもう気持ち折れそうやもんね。
「なんか俺悪いことしたか!?」って。

まあ、この流れならロッテ戦で初勝利ってなりそうでしたからね。
なんかオカルト的な力ってあるんかなと思います。

ちなみに昨日は行きませんでした。俺が行ってたらどうなってたやらw

日曜はえらい目あいましたわ。





このときはあんな土砂降りが来るとは予想だにせず。
「先発は中田良弘か〜w」とか「ライトに掛布、セカンドに金森」とかアホなことゆうて楽しんでました。
しばらくするとポツポツきたので、雨具を持ってこなかったSに中入っとけとゆってしばらくしたら土砂降り。
廊下に批判しようとするが、以前より狭くなった廊下は満員電車状態。
これじゃ、インフルエンザ対策でジェット風船自粛した意味全くなしw

球場も急遽「一旦外出OK」と特例処置をしましたが、結局ノーゲーム。

強運の女神とSの勝ち運と負け運が相互作用を起こして雷雲を呼んだことにしておきます。

さて、今日は行ってきます。
| 虎話 | 12:34 | comments(1) | - |
真弓采配の謎 回答募集
先日、大目的についてオーナーなど外野の意見に振り回されて大変だという話をしましたが、ここ対オリックス戦2試合不可解な「点」での采配が3つ見られました。

私は「線」での真弓方針には賛成ですが、「点」での采配には疑問点を持っております。脊髄反射的に「真弓監督批判だ!」と思い込まれる方がおられたら嫌なので予めそれだけは言っておきます。

さて、本題。ここ2試合の謎

1)初戦 金本の本塁打で2−4になった後、7回無死1・3塁で投手が左の清水に代わったところで林に代打今岡

2)2戦目 4回にミスが続いた藤本が”ヒットを打った後”に懲罰的な代走平野

3)2戦目 8回にヒット&後逸で3塁まで行った”指名打者の林”に代走藤原


この3つの采配について。
私の見解はこう

1)左対左ということで脊髄反射的に代打今岡。
外から見ればソフトバンク戦で活躍し、いくら清水が変則気味な左腕といえ、今の現状を考えれば期待度は林>>今岡。
代打今岡のコールで球場のファンのざわつき方でいかに不思議な采配だったか物語っている。過去の実績にとらわれて現在の力量をまともに判断できていなかったのではないか?

2)打撃ではピッチャーゴロ打ってエンドランだったにもかかわらず最悪のゲッツー、守備でもある意味怠慢と言えるようなタイムリーエラー。
そして次の打席で藤本はレフト前ヒット。少し名誉挽回したかなと思った矢先に代走で平野に交代。
「灸をすえる」という起用で藤本に代打平野、もしくは藤本が凡退した場合に次の回から平野というのなら理解できるが、せっかくヒットを打った藤本に代走平野ってあまりにも藤本がかわいそうじゃないか?

3)林が守備についていて、次の回から守備固めを考えて代走に藤原を起用するならわかる。しかし、林はDH。しかも3塁ランナー。
もしこれが今岡など鈍足な選手ならわかるのだが、それほど足の遅くない林。どういう理屈で代走を出したのか?
それとも林がライトを守っているとでも勘違いしたのか?

以上、私の疑問および予想でした。
これが当たっているとなると、やはり真弓監督の点での采配はルンバと言われても仕方がないと思います。

もし、「あれはそうじゃなくて、こういう意図だったんだ」という意見があればコメントお願いします。

さあ、明日というか今日のロッテ戦。
いよいよサヨナラ勝利の女神様と1勝4敗のS君と3人での観戦です。
どっちのパワーが勝つか!?
っていうか天気ヤバそう・・・・。
| 虎話 | 01:33 | comments(4) | - |
勝利最優先ってアホか?
私は散々、真弓監督の采配について一貫性がないなあと話してきたが、どうやら原因はこれじゃないか?
「勝っていかなあかんとき」って何を基準にそう言っているのでしょう?
常時そうだと思いますよ。
長いこと野球を見ている人ならわかるだろうが「盛者必衰」はこの世界の常。
時には世代交代のために育成せなあかんのですよ。
岡田監督がそれをバランスよくやっていればよかったんですが、勝利至上主義で5年間もやってきたわけですから、現在貯蓄が尽きた状態。

巨人みたいなえげつない補強でもしないと、「育成しながら勝つ」なんてことはできません。
岡田監督時代後期は毎年後半バテたのは主力戦力が軒並みスタミナ切れして、本来そこで別の選手(育成した若手もしくはベテラン)が出てくるのだが、育成もしていないし、ベテランは開幕から出ているから代わりがいない。
星野監督時代の2003年に優勝したときも後半バテかけたときに二軍から広澤や早川などが出てきて活躍したのが記憶に新しいと思う。
そういった選手が出てこなかったというか育成しなかったから、ここ数年の後半落ちていく傾向があったんです。2005年がピークとして3年間もほとんど育成しなければそりゃ成績落ちますよ。

現在、二軍の育成体制はなかなか良く、中西コーチや八木コーチが頑張って良い感じになっているので、そういう選手が今後の阪神を引っ張るためにも経験の年は必要で、それが来年以降に生きるのです。
巨人も昨年はそのつもりだったんでしょうが、思いのほか坂本、越智、山口などの成長がすごかったために後半に戦力ができあがった感じです。
今年の中日も同じ感じですね。あれだけ打てなかったブランコがちゃんと4番の仕事やっていますからね。さすが落合監督と思いました。

せっかく投手があそこまで育っているのに、なぜ同じことを野手でしないのかずっとイライラしていましたが、こういう部外者の圧力があったんですね。
1年目の監督に「育成しながら勝て」なんて無茶苦茶な要求だと思います。

阪神ファンはせっかちだからなあ。
何回も言うけど、今年はBクラスでも来期に光が見える内容であればいいと思う。
(ギリギリ3位で成長した若手と共にCSというのが理想だが)
単に成績が悪いから真弓はダメだって意見は論外。

本当は真弓監督が「やかましい!黙って俺のやり方をみとけ!」と言える人ならいいんだけどなあ。現役時代はライトで声をかけても絶対に振り向かない職人肌の選手やったから言えそうなんだけど。
長いものには巻かれろなのかねえ。

本来は真弓監督も二軍からイキのいい若手を上げて、スタメンで使いたいのを目先の判断しかできない球団関係者に気を使っているのかな。
正直、今の状態の今岡などを一軍に置くなら野原とか使ってあげたいもんなあ。
横浜もせっかく若手がのびてきたのに、田代代行になっていきなり仁志を一軍でレギュラーで使うっていうからアホかと思ったら、ハマファンいわく「田代さんは若手を使いたいんだが、上がねえ・・・」とのことです。
どこの球団も一緒なんですね。はぁ・・・・

勝利最優先なんてしなくていいよ。オーナーも茶々入れるならもうちょい野球を勉強してくれ。付け焼刃の戦力補強で勝っても来年また困るんだから。
ヤクルトを参考にチーム作りをしてくれ。私も開幕前に「今年のヤクルトは手ごわい」と話しましたが、予想以上に頑張っている。
相川などの補強効果もあったとは思うけど、これも昨年を戦力の底上げに徹して、若手に野球を覚えさせた高田監督の先見の明でしょうね。
同じことを今年の阪神にして欲しい。
| 虎話 | 17:43 | comments(4) | - |
鳥谷への代打
打てない・・・ほんま打てない。なんだこれは・・・
まあ、9回の1死2・3塁で1点しか取れなかった時点でダメですね。
というか2点取るのが久しぶりってなんだこれは(怒)
この日も好投した先発に負けがつかなかっただけ良かったと思ってしまう自分が情けない。
ただでさえ、インフルエンザのことでイライラしてんのに阪神もこれではストレスたまってしゃあない。

ただ、昨日は変化がありました。鳥谷に代打を出したことです。
巷ではいろんな意見があり、サンスポなど「最悪」とまで評していますが、
私からしたら「真弓監督、よくぞやってくれた」ですね。

他に何があっても代えない傾向の選手は金本と新井。
金本の実績はもう説明することはないし、新井にしたって広島時代は本塁打王に打点王で昨年の北京五輪では日本の4番を打つほどの実績の選手。
野手で言えば、この2人に赤星ぐらいが「日本を代表するプレイヤー」だと思います。
ただ、鳥谷はあくまで「阪神のレギュラー選手」であり、前者の選手たちと同列に語るのはおかしいと思います。関本とかと同じクラスでしょう。
なのに、アンタッチャブルな選手のように扱われるのはおかしいでしょう。

デイリーの鳥谷のコメントを読んだが、本人も勘違いしているね。
フルイニングとか言うのは首位打者でも取ってからにしてほしい。

逆に鳥谷に代打出すなら、新井もはずせよという意見もあるが、それは違うと思う。
新井には上記のような十分な実績がある。今は確かに状態は悪いが、そのうち打ち出すことも十分推定される。今岡のように何年もふがいない成績であれば仕方がないけど、今の段階でスタメンをはずすのには反対です。
まあ、フルイニングにはこだわらなくていいと思うけど、終盤の勝負どころで代走を出すのは良いと思う。

あと、鳥谷に代打を出すのなら打順を先に落とせという意見もありますが、それに関しても「真弓監督が鳥谷を3番として育てたい」という気持ちが強いなら、3番で使い続けてダメなら代打、もしくはスタメン落ちです。変に6番とか打順を変えたらそのときはいいかもしれないが、鳥谷自身にそれ以上の成長は期待できなくなる。

昨日の鳥谷の件に関しては私は納得です。
ただ、条件として次のオリックス戦も3番鳥谷で起用するのであればです。

真弓監督が次のオリックス戦に中途半端に6番で使ったりしないか心配です。
采配に一貫性がないのでねえ・・・。
打順落とすのならいっそのことスタメン落とすべきです。

もしあの代打が真弓監督の意思であればそんなことはしないはずなんだが・・・なんか不安だな。
監督の意思がしっかりしてないと選手もついてこないですよ。
| 虎話 | 12:28 | comments(1) | - |
交流戦前までで借金5 起用に主体性が見えない
交流戦前の神宮で3連敗ですか。
しかも全試合1点ずつしか取れない体たらく。先発投手はみんなよく頑張った。

確かに野手が軒並み不調になっているということはわかるけど、それなら打線を組み替えるとか足を使うとか、何かあると思うんだけど、あまりにも首脳陣が無策すぎる。

だいたいメンチの使い方も間違っている。
前の試合に活躍してヒーローインタビュー受けた桜井をはずしてまで起用したら、結果うんぬんよりも最初の打席からすでにメンチには「なんで桜井じゃないんだ?」というアゲンストな空気になるし、凡退したらブーイングされるのは当たり前。

起用するタイミングが悪すぎるよ。それでも我慢して2試合使って結果が出なければ、スタメンはずして二軍落ち・・・・。
これじゃ、メンチがあまりにもかわいそうだ。さらしもんだよ。
練習では調子が良いと信じて桜井をはずしてまで使うのなら、交流戦ももうちょっと様子を見るぐらいすれば?
開幕直後の坂のパターンと一緒だよ。そんな使い方するのなら最初から桜井をスタメンにすればよかったし、メンチも急いで上げる必要なんてなかったやん。

岡田監督は頑固すぎたけど、真弓監督にはもうちょっとポリシーみたいなもんを持てといいたい。
なんか自分の意思みたいなもんを感じずに周りの意見に流されているのか一貫性がなさすぎる。周りの意見を聞くことは重要(岡田監督はこれがなかった)だけど、自分の意思がないのは一番管理職として失格。安心して部下はついていけない。

試合後のコメントでもどこか他人事。
「自分が何とかしなければいけない!」というような責任感を感じるコメントがないんですよね。勝ったときもなんか傍観者のようなコメントするし。やはり人間的に監督には向いてないのかな?と思う。

打線にしてもビジョンが全然見えないしねえ。
前にも話しましたけど、他のチームと違って阪神はベテランや中堅ばかり出来上がった選手ばかり起用している。それでいて、結果が出ないんじゃどうしようもない。
和田コーチや中村コーチはいったい何をやっているんでしょうか?
和田コーチも赤星、藤本などの育成手腕は定評があったけど、「出来上がった選手の調整」となると苦手なのか?ところで中村豊コーチは何をやっているのか?

とにかくこんだけ打てないのに全く打線の組み替えや動きがなさすぎる。
野手には調子の波があるんだから、そこをなんとかするのが首脳陣の役目、あがいてダメなら仕方がないが、全く動きがないなら首脳陣の必要性がなくなってくる。

このまま勝負に徹するのなら、打順の組み換えや作戦などをどんどん充実していけばいいし、若手を育成するなら若手をどんどん上げて積極的に起用して欲しい。
(和田コーチなんかはこっちの方が得意だと思う)

このままではどっちもせずに惰性でズルズルと低迷しそうな気がしてならない。
その先には暗黒時代が待っている。
投手陣はかなり充実してきているというのに、野手がこれでは投手も嫌気がさしてくる。

交流戦では生まれ変わった真弓阪神を期待します。
投手は育成面で特に結果が出ているんだから、次は野手!
とにかく何か動いてくれ。
| 虎話 | 19:08 | comments(3) | - |
良い勝ち方
私が行かない日は勝つんだよなあ。

まあ、ある意味大きな一勝でした。
広島の先発は前田健太であるのに、ライトは桜井。
順当に行けば林のはずだが、PLの先輩後輩というのを買ったのか、それとも「先発を読み間違えたのか」。次の巨人戦があるから左の大島でも投げると思ったのか?
まあ、理由はどうにせよ、その桜井が活躍。この分ならしばらく右左関係なくライト桜井固定でいいんじゃないかな?バッティングに勢いが戻っている感じがするし。
今後の阪神の主力にならなければいけない選手だからね。
メンチが上がってくるそうだけど、今日はライト桜井で行って欲しいな。
葛城が落ちるみたいだから、そうなると桜井のスタメンが前提なんですよね。
(桧山、林と左の代打が2人いるから・・という理由なので)
逆に林は心配かな?怪我して以来バッティングのスケール自体が小さくなってしまったような・・・。一昨年のような豪快さが見られない。

セカンドは平野。まあ、藤本の内容があれでは仕方がないね。
その平野も大活躍。平野も藤本も30歳以上でもう中堅なんですが、平野の場合は内外野をかなり上手に守れるし、やはり打席でもセーフティしたり、何をやってくるかわからない塁に出たらうるさいし、相手投手からしたら嫌な雰囲気を持っているんですよね。
藤本にはそういう「嫌らしさ」がないし、そういう工夫もないから投手から見たらストレスを感じないんじゃないかな?昨日の平野を見て痛感しました。
藤本の守備は確かに上手いけど平野は同等もしくはそれ以上に上手いから、平野がいる限り今のままでは藤本の存在意義がない。藤本が今後、阪神で生きていくためには何か他の人がないものをアピールする必要があるかな・・・あ、ポップフライ能力はいらないからね。
鳥谷も一発は出たけど、初回に1死3塁で犠牲フライも打てないとは情けない。
3番打者なんだから、「死人に鞭打つ一発」だけでは満足できません。
ちゃんとここというチャンスに打ってもらわないと。なんか藤本と雰囲気がだぶってきた。

野手はともかく安藤が完投、惜しくも完封はなりませんでしたが、3連戦で2人が完投なんて岡田阪神時代には考えられなかったことです。当初は「なぜ真弓はここまで引っ張る!?」という声がありましたが、昨日の安藤を見ていると「我慢が効く」ようになってきたような感じがします。
この分だと中継ぎ投手は休めそうですね。ただ、逆に投げる機会がなさすぎるのも困ったもんです。贅沢な悩みですが。
投手交代のタイミングや中継ぎ投手の選択に時々疑問を感じるときはありますが、先発投手の育成という大目的は十分に達成できているんじゃないでしょうか?
これなら後半戦に中継ぎ投手がバテるってことも無さそうです。
逆に巨人はこのままいくと間違いなくバテそうなので、楽しみです。

神宮3連戦で借金2返せば、交流戦前5割・・・引き分けは難しいから3連勝しかないのかな。まあ、無理しなくてもいいけど。能見、福原は投げるだろうけど日曜日は誰が先発するのでしょうか?
次、観戦するときは交流戦か〜。早いなあ。
| 虎話 | 18:15 | comments(3) | - |
明暗
昨日と明暗くっきりw
漫画のような明暗ですな。これが相方と私も”持ってるもん”の差でしょうか・・・・。
昨日、“私は球児が見たいなあ”と書いた。今考えれば“球児が投げて抑えて勝って欲しいなあ”と書くべきだったと反省しております・・・・。

仕事終業後、いそいそと出かけて甲子園駅まで着いたときに「これだけ急いでチケット忘れたら話しにならんなw」って言ったら、Sが「あっ!?」って・・・
「またまた〜w」って言ったらヤツはほんまに忘れていました。
朝に車で来て、会社の荷物を社内に置いたときに一緒に置いてきたらしいw
Uターンして取りに行きましたw

また久保の初勝利ならず。このツキのなさをほんとに金村化していますなあ。
一塁審判深谷の「どこに目ついてるんや?」的なありえない誤審まで起きるし。
あんなはっきりした判定も出来ないのなら、やはり線審復活させた方がいいよ。
先日の日本ハム−オリックスのカウント間違いの件といい、審判のお粗末さがひどい!
給料もらっているんだったら、責任持って仕事やってくれ。
ミスにも限度ってものがある。

あれで久保は降板になってしまった・・・しかし、あそこで江草が奇跡的に抑えて、それでも勝てないのは重症だね。

ジェフはここずっと3人でピシャリと抑えている記憶はないし、江草とポジションチェンジした方がいいんちゃうかな?左専用なら十分使えるけどセットアッパーとしてはもう厳しいのでは。
球児は球は走っていたし、栗原に関しては狩野のリードだったんかな?
矢野の復帰はいつになるのだろうか。狩野もそろそろ一軍のスタメンリードになれてきたし、教材という意味で矢野のリードもベンチから見せたいところ。
以前のような控えの状態と、レギュラーになった今では見方も全然変わってくるし、球児のリードの仕方というものを勉強して欲しい。矢野が帰ってきたら日本ハム中嶋兼任コーチかMICHEAL専用捕手だったような形でバッテリーごと変わるのかな?

ともかく打線が打たないとな。特に鳥谷のような今後の阪神を背負っていく選手が。いつまでもベテラン頼みじゃあかんねんから。
それと藤本は相変わらずだね。
ここという場面で全く期待できない。金本や下柳クラスのような「代わりがいない選手」ならともかく、「代わりがいくらでもいる選手」なら若い選手使ってあげてよ。
今、坂とかを内野で固定してスタメンで使えば、後半は十分戦力になっているかもしれないし、昨年の巨人にやられた教訓があるんだったらいいことは真似しようよ。
昨年の今頃の坂本なんかボロボロだったんだから。しかもなんで7番なんだろう・・・。

これで観戦成績4勝7敗になってしまいました。

Sは1勝4敗。俺もS以外の人と行った時は勝率5割なんだけどね。
次の交流戦は女神様とSと3人で観戦することがあるから、どちらのパワーが勝つか乞うご期待!
もしSのパワーが勝ったらしばらく観戦自粛してもらうか(笑)
| 虎話 | 12:22 | comments(6) | - |
神がかり×2
急に暑くなって、早くもバテ気味の私です。

阪神は下柳完封、金本サヨナラホームランの1点で1−0で勝利しました。
勝利自体は勿論うれしいのですが、またもや41歳トリオで勝利。
しかも、肝心の鳥谷あたりはやる気がないようなプレーを連発・・・。
なんだかなぁ。
でもサヨナラ3試合がすべて金本なんですよね。やはりすごい・・・

しかし、うちの相方もすごいです。
昨日、私は友人にチケットを譲って仕事をしていたのですが、相方は仕事が休みなのでライトで観戦していました。
0−0が続いて、9回裏になったときに「今日もサヨナラ頼むわ」とメール送って
「了解!」って返事が返ってきた瞬間に金本のサヨナラ弾・・・

なんなんですか!?あなたは(爆)

これで相方は観戦3戦3勝、しかも全部サヨナラ勝ちと今年の甲子園での阪神の成績を考えれば脅威の成績です。
勝利の女神だけではなくて、サヨナラの女神・・・・
いや、なんかゲンが悪いからやめとこうw

本日は観戦成績4勝6敗の私と1勝3敗のS(元ボギ男)での観戦・・・しかも投手は勝ち運に恵まれない久保・・・・

Sからチケット没収して、仕事終わってからでもいいから相方に来てもらおうかなw

でも今日から球児が一軍復帰なので、久々に球児登場が見たいなあ。
今年はまだ球場で見ていないから。
| 虎話 | 12:18 | comments(4) | - |
暗黒時代の再来だけは阻止しよう。そのためにも若手野手育成を
あえて日曜まで何も言わずに静観していましたが、久保、安藤、能見が好投する中、打線が全く機能せず、見殺しの上、守備でも足を引っ張る状態。

日曜は打線爆発したものの、きっかけは最下位横浜の守備の乱れや凡ミス。
これで緊張感が取れたから良かったものの、上位チームは絶対こんなミスはしない。

岡田監督時代の酷使がたたって中堅以上の選手が故障がち+衰えが見えている中、同じ選手を使っていても昨年まで以上の結果が出るわけないんですよ。
それには若手選手を育成しなければいけないが、当初は色々やっていたが今は結局狩野ぐらい。大和もベンチを暖めている。
私が一番気にしているのは1987年の再来のパターン。

現在         1987年
赤星  33歳     真弓   34歳
関本  31歳     田尾   33歳
鳥谷  28歳     バース  33歳
金本  41歳     掛布   32歳
新井  32歳     岡田   30歳
林   30歳     佐野   36歳
藤本  32歳     平田   28歳
狩野  27歳     木戸   26歳

平野  30歳     北村   30歳
今岡  35歳     長崎   37歳
葛城  32歳     柏原   35歳
桜井  26歳     八木   22歳
桧山  40歳     大野   27歳
矢野  41歳     和田   25歳


ご存知のように阪神は1985年にダイナマイト打線爆発で日本一になりました。しかし、その2年後に勝率331とぶっちぎりの最下位になっています。

原因は完全な育成不足。1985年の主力メンバーが軒並み下り坂になり、特に4番掛布は前年のデッドボールなどもあり急激な衰えを見せ、次の年に引退してしまいます。
しかもこの年は当時売り出し中だった26歳の吉竹を出して、全盛期の中日時代より明らかに下り坂だった田尾を獲得。
結局、この後、阪神は準備期間もなく無理矢理世代交代を余儀なくされるが、吉田政権時代に育成を軽視していたツケがきて、村山、中村時代まで影響が及びます。
1992年の亀新フィーバーまで世代交代に苦しむことになります。

なんか今年はこの1987年と非常に似ているような感じがします。
このときも渡真利や服部など未完の大器と言われた大砲候補はいましたが、結局起用機会がほとんどないままに芽が出ませんでした。
そろそろ真剣に若手を育成しなければ、本当に暗黒時代の再来になりかねません。

だからここ3試合でも負けたことに関してよりも、負け方に腹が立ちました。
今の横浜や中日のように経験の少ない若手を多く使って負けたなら話はわかるのだが、狩野以外ある意味底が見えた選手ばかり起用してこれでは話にならないんだよ。
ファンには悪いが、藤本や葛城と言った選手はこれ以上画期的な成長をする可能性は低い。
それなら坂や大和、野原などのある程度二軍を経験し、実績を残している選手を一軍でスタメンで起用して欲しい。
8番を「育成枠」にして日替わりで、試合いかんによっては2打席で交代してもいい。
使うことに意義があるわけだから。
昨年の序盤、巨人は低迷していた原因の1つに坂本の起用がある、しかし後半当たりからメキメキ頭角を現し、今現在はご覧の通り。
中日あたりも今は低迷しているが、後半は現在起用している若手選手が経験を積んでかなりレベルアップしていることだろう。4番ブランコなど昨日見たら安全パイだった外角の変化球にも対応できるようになっている。
また巨人は二軍の有望株を一軍の練習に参加させて、一軍首脳陣が直接状態を見るというシステムを採用している。

阪神はこのまま中堅・ベテラン選手ばかり使い続けると、昨年と一緒で後半絶対バテる。そして代わりの選手を育てていないからさらに順位を落とす・・・それこそ最下位へまっしぐら。

勿論、育成と結果を両立して出すのは難しいだろうけど、今の状態だと結局どちらもままならない状態になりかねない。
とにかく、岡田監督が酷使した選手を中心に起用しても3位が精一杯でしょう。
それでもCS出場に固執して暗黒時代を迎えるか、半分結果は度外視に未来のために新戦力の経験を積ますか・・・どちらが良いかは自明の理だと思う。

いまだに「桧山5番スタメン」「今岡固定」とか言っている連中がいるし、一番呆れるのは岡田復帰待望論・・・。
星野、岡田と「現有選手をいかに使うか」という監督が続いて、そのツケが見え始めているときにちょっと負けたからって岡田待望論・・・・

そんなに阪神を荒れ野原にしたいのか?

もうちょっとファンも長期的なものの見方を勉強して欲しい。目の前の1勝にこだわるのはシーズン後半でええねん。


投手継投は最初は渡辺、江草酷使になっていたが、最近は筒井、阿部がそこそこ使えるメドがついたわけだし、先発を引っ張るのも段々7回まで乗り切れるようになったし、結果的には負担軽減になってきています。
負けが続いたとはいえ、藤川がいなくても酷使せずにいけるのはそのあたりの起用の賜物でしょう。

だからこそ同じことを野手でもやってほしい!

結論として、真弓監督が目指そうとしている野球は正しいと思う。
ただ、なんかそこへ向かう手段に疑問を感じる。
当初は足を絡めた攻撃などを積極的にやっていたが、最近少しおとなしめだし。
(まあ、それでも岡田時代に比べれば)
もっと、自分に自信を持って失敗を恐れずにやってほしい。
監督も新人、失敗を経験して学んでいくんだから!
その代わり同じ間違いはしないように。
| 虎話 | 18:26 | comments(7) | - |
ファーム観戦記 5/6
GW最終日となった5/6、人が行きそうなところはどこも混雑するということで、甲子園のウエスタン阪神−広島戦に行ってきました。

ファンクラブ会員だと250円で入れるので、金もかからない。
券は20年前の自由席の券だ!懐かしい。

ただ、甲子園でのウエスタン観戦は初めてのため、中の売店の様子がわからず、外にいる係員に聞くと売店は開いていないということで戻って、ダイエーで買い物してから中に入ると・・・

売店やってるやんけ(怒)

係員ええかげんなこというなや(怒)
しかし、ウエスタンの試合で係員多数に売店ってすごいなあ。
まあ、昨日は5000人以上入ったらしいからねえ。

結局、そのロスタイムがひびき、前の方の席は取れませんでした。
しかし、おかげで途中の雨のときは助かりました。



先発メンバーはこんな感じ。
広島は3番の小窪以外はあまり一軍で聞かないメンバーなのに対して、阪神の3〜6番はなんだこりゃ(笑)豪華なメンバーです。



先発はドラ1の蕭投手 現在ファームの防御率1位です。
ただこの日見た感じではストレートは135km前後でした。
コントロールと変化球のコンビネーションで打たせて取るタイプなんでしょうけど、それにしてもストレートがこの球速では一軍ではきついなあ。
それこそ、下柳並みの投球術が必要になってきます。
ファームでストレートの球速を上げるか、それとも変化球やコントロールにさらに磨きをかけて球威不足を補うか、いずれにせよまだ二軍で学ぶことはありそうです。まあ、大卒とは言えどまだ1年目だし成長に期待しましょう。



この方もいらっしゃいました。家族も来ておられたようですがファームの試合だとさみしいなあ。この日は守備の返球でなかなかいいプレーを見せましたが肝心の打撃は死球に併殺打とさっぱりでした。
一軍はまだまだっぽいなあ・・・ってか一軍で見られるかどうか・・。



最近、打撃好調で一軍合流間近と言われる林です。
やはり人気で、林のときに歓声が上がります。
ヒットは打ちましたが、なんか一昨年の豪快さは陰をひそめているような気がするのが心配です。あのときにあったオーラのようなものを感じない。
交流戦前ぐらいに上がってくるようですので、それまでにもうちょっと二軍で調整してください。葛城が少し下降気味なので右投手のときはライトで出番はありそうなので。



蕭→横山とつないで次に出てきたのが中村泰広です。
背番号が10倍近くになってしまいました。
この日もスライダーを多投していました。相変わらず曲がりはすごいのですが、全体にキレがなくなっています・・・何があったんだ!?
一応1イニングを無失点には抑えましたが、球は高めに浮いてストライク取るのにきゅうきゅうしていましたね。
数年前に一軍で活躍したころに戻ってほしいんですけどね。

吉岡を挟んで、9回には黒田が投げました。
151km出して球場をどよめかせましたが、その自慢のストレートを打ち返されていました。
相手もプロなのでいくら150kmといえど、コントロールされておらずかつ見え見えであれば打ちますよね・・・。
結局2失点でとどめを刺されました。
黒田の場合は低めに投げられるコントロールと実戦で使える変化球を何か覚えることでしょうね。スライダーでもフォークでもいい。
藤川の変化球はそんなにたいしたことはないが、それでストレートが生きるわけだし。
まあ、150km投げられるのは天性のものなので、これらの課題がクリアされれば大化けする可能性もあります!

さて、打撃に目を向けるとこの日はパッとしませんでした。
メンチ、バルディリスといったあたりが併殺でチャンスをつぶしたり、
林もチャンスで三振と良い場面はありませんでした。

攻撃で一番盛り上がったのは



代打秀太!

まるで桧山が出てきたかと思うような歓声でしたが、結果は見逃し三振・・・(苦笑)
観客席から「せめて振れよ!」と怒号が・・・まあしゃあないわな。
チャンスでしかも5番に入っていた打撃が売りの野原祐に代えての代打ということはファンサービスってとこもあったんでしょうが・・・。

せめて振れよ・・・・

庄田もチャンスの代打でボテボテでしたし、中堅組はピンチですな。



最終回に代打に出た高橋勇、済美のときは中心打者だった現日本ハムの鵜久森よりも上という評価でしたが怪我に泣いています。
まあ、その鵜久森も二軍でくすぶっているのですが・・・。
今日は代打でもうちょっとで本塁打というセンターフライ。
今後の活躍に期待です。

試合は1−5で負けました。
今日はカープの今井投手が良かったですね。
140kmそこそこの速球ですが、変化球とのコンビネーションが良く
打たせてとる感じの良い内容でした。

たまには勝ち負けにこだわらないタイガースの試合もよいですね。

はあ・・・寝て起きたら仕事だ・・・(鬱)
| 虎話 | 00:53 | comments(4) | - |
巨人にやっと勝てたぞ〜
巨人3連戦のうち、後の2戦だけ観戦しました。
2日は年に1度のギャンブル三昧デーで、奈良に住む大学時代の友人宅で麻雀をしながら競馬をするというクズな1日。

競馬が一段落して、家主が「阪神巨人にTVしてみよか〜」って変えた時が球児が坂本に被弾した瞬間でした(汗)
家主は巨人ファンなのではしゃぎだし、そこから麻雀も怒涛の攻めでトップをまくられてしまいました。まるで昨年の阪神と巨人みたい・・・。

しかし、話は変わるが阪神なんば線ができて奈良まで行くのが楽になった。
西宮から大和西大寺までわずか1時間でいけるようになるなんで信じられないわ。結局友人宅で22時過ぎまで麻雀してました。

さて、日、月と巨人戦だったわけですが、日曜到着した瞬間にベンチ入り選手で・・・

金村大・・・・ん?誰が落ちたの?球児がいない!?

初っ端から出鼻くじかれました。
球児がひじの違和感で登録抹消。幸い10日で帰ってこれるということですが・・・やはりWBCのツケは大きいですね。

日曜は覇気が感じられない試合。ゴンザレスに見事してやられました。
だいたいセンター前ヒットでランナーゴンザレスに3塁いかれたらあかんわ。
完全に暴走やのに。
まあ、赤星もファインプレー連発しているので文句は言えないけど、あそこで2・3塁にしてしまったのがターニングポイントでしたね。
まあ、金村大の一軍登板や清水の捕手起用など負け試合をうまく使っている部分はあるけど・・・・。情けない試合でした。

そして月曜日、巨人戦12連敗だけは避けたいところ。
なんとか攻撃のリズムが良く、ランナー2塁の繰り返しで得点。
まあ、小笠原のトンネルや相手のミスにつけこんだ部分はあるけど、胸のつかえが少しとれた感じの試合でした。
しかし、内海も相当調子悪いね。甲子園のスピードガンって高めに出るはずなんだけど(昨日のゴンザレスが149km)、その甲子園ですら140km出ないんだよね。やはりWBCの影響なんでしょうか?







下柳の単独インタビューなどもファンサービスでしょうね。
これで観戦成績は4勝6敗まで戻してきました。
今日負けたら、今後の阪神は球児もいないことだし、育成に力を入れろというような内容を書こうと思っていましたが、もうちょい様子を見ることにします。
| 虎話 | 01:36 | comments(3) | - |
4月最終日は良い日でした
GW2日目。本日は祖母のお見舞いに行ってまいりました。
相方を連れての初のお見舞いでしたが、祖母に紹介するとものすごい笑顔で迎えてくれました。
もう94歳で同じことを繰り返し聞いたり、眼も耳もだいぶ不自由になっているのですが、今日の祖母はしっかりしていて「これからも元気で頑張って支えてあげてください」と、そして帰り際も介護士さんにうれしそうに話をしていました。
一緒にいった親戚も「あんな笑顔のおばあちゃん初めてちがうかな?」と。
祖母のメガネにかなったようですね。
まあ、年はとったといえども何人ものお客さんを相手に商売してきた祖母、一目見ただけで相手の人間性がわかるんでしょうかね。おそるべし!です。
ともかく祖母を喜ばすことが出来て何よりでした。

そしてそのまま甲子園まで送ってもらって観戦。
今日は久々にライト観戦で、その上久々に開門直後ぐらいに来たので普段は球場で食事はしないんだけど(オペの関係上、トイレが近いので)、焼き鳥と金本兄貴のハラミ丼を食べました。
焼き鳥は前はビニールに入れてくれてたが、紙コップ・・・。
しかも味付けがあっさりに。私は関西人なのであっさり好みだけど、この焼き鳥は前のタレべったりの方が良かったな〜。
そしてハラミ丼は長蛇の列・・・15分ぐらい並んだかな?
赤星ラーメンとか球児のタタキ丼はガラガラなのに・・。
匂いに誘われるのでしょうか?

そして試合開始ですが、始球式になんと映画ROOKIESの関係で佐藤隆太が始球式!!
カメラがかばんの中で間に合わなかった(汗)
うちの相方はROOKIES大好き&GReeeeN大好きなので始球式から超ハイテンション!舞い上がっておりましたw

試合は久保とマストニー。
阪神は赤星が腰痛で平野が1番センター。昨日の試合でセンターの守備の重要性を見直したのかな?w
でもその分、セカンド藤本で打線の厚みがなくなったのはきついところ。
阪神打線はなかなかマストニーをつかまえられず。
頑張って投げていた久保も5回に伏兵梶谷にプロ初本塁打を浴びてしまう。
石川の盗塁の流れなのだが、天才的クイックの久保をもってしても狩野の送球難が・・・・。
そのまま0−2で試合が続く。。

久保は7回途中で交代するのだが、横浜の攻撃が謎でした。
先頭金城がバントヒット&悪送球で2塁へ。次の8番細山田が送りバント。
1死3塁で代打起用かと思いきや、投手マストニーはそのまま。
送りバントするなら代打じゃないの?続投ならば細山田に打たせるべきでしょう。マストニーのスイングを見ていたら打てるスイングじゃなかったし、
なんのためのバントだったのか皆目わからない。
敵ながら横浜采配を心配した。
結局ここで江草にスイッチして、この日久保から3安打の石川を抑えてチェンジ。
阪神はその後再びチャンスになるが山口に抑えられて無得点。
しかし、横浜も山口や高崎や先日の小林など150kmクラスの速球を投げる良い投手が出てきたねえ。
俺の一押しの牛田くんは体調崩してからぱっとしないけど。。。

そしていよいよ最終回。横浜は当然、抑えのサイレントK石井裕也が登板。
桜井が空気を読まずにあっさりファーストフライ。
狩野もセカンド梶谷の良いプレーであっさり2アウト。

ここまでは完全にラッキーボーイ梶谷の日でした。

狩野が出塁して今岡でなんとかと思っていましたが、ランナーなしで今岡、次は左の平野だし、相手は抑えの石井なんでそうそう連打は難しいと思っていました。
お客さんも8回の攻撃が終わって帰りはじめ、9回2死になった時点でさらに帰りはじめました。まあ、さすがに今日は無理だろって思ってました正直。

しかし、野球はわからんもんです。

9回2死ランナーなしから3点とってサヨナラって漫画か(爆)





関本の内野安打もあやうく梶谷のファインプレーにはばまれそうでしたが、
佐伯が後逸してくれました。この回、ジョンソンに代わって”守備固め”で入ったはずの佐伯・・・・。
何のための守備固めだったんだかw

応援団の兄ちゃんが「帰ってしまった人にはなんかお土産を買ってかえってあげましょ〜」ってw
やっぱ最後までいるとなんかいいことあるんだね〜。

しかし、相方はすごい。今月は仕事の関係で2試合しか観戦できなかったのだが、その2試合が共に大逆転サヨナラ劇で2勝0敗・・・・ほんまに勝利の女神になってますがな(汗)
「私のおかげやで〜」と言われても返す言葉がありませんです・・・お見それしました。
まあ、祖母孝行したから神様が勝たせてくれたのかもね。

これで阪神は4月はなんとか5割。
試運転での真弓阪神、メンチが足を引っ張ったり序盤はボロボロでしたが、
5割は上出来も上出来じゃないでしょうか?
ただ金本一人で勝ってた部分もあるので、5月以降は球児が登板するような守り勝つ野球が見たいです。

・・・そういや、今年まだ公式戦で生で球児見てないわ(汗)
そんな私は観戦成績3勝5敗。
5月は巨人戦含め勝ち越して、まずは観戦成績5割を目指します。

あ〜、今日は気分がよろしいw

帰りの阪急電車が人身事故で遅れて接続待ちで20分待たされたが、そんなことも余裕で許せる日でした!
| 虎話 | 02:15 | comments(4) | - |
8連休
昨日から8連休に入りました。
うちの場合は5月1日はメーデーで休みなので、4月30日だけ有休を使って8連休にしました。まあ、こんな機会でもないと有休は使えないし、今日だけ来たところで研究関係は何もできないからね。

まあ、うちの会社もご多分に漏れず製造業のため、業績悪化。
自動車産業に使用するパーツなどに使われるものも多いのでもろに食らっている状態かな。
工場を週休3日制にするって話もあったぐらいだからねえ。
次の賞与も期待できないので、あまり無駄遣いはしないように、このGWは近距離の移動のみの予定。まあ、相方が業種の関係でこのGWはほとんど休みなしってのも理由なんだけど、甲子園で5試合もあるからそのほとんどの観戦ですまそうかなと・・・。

しかし、甲子園で勝てないね。
いまだに私は球児の登板見てないしw(1試合は群馬と高知から来た同僚にあげた)
昨日も1番藤本にしたと思ったら、2打席で交代・・・投手読み間違いってあんた。。。えらい序盤で今岡を代打で使うな〜と思ったら。

まあ、昨日は安藤がすべて・・・と言いたいところだけど、もうひとつ思ったのが桜井の守備ね。
状況判断が相変わらず悪い。結局シングルが2ベース、2ベースが3ベースになるなどして、失点に拍車をかけた。
そもそもセンターに桜井ってどうなんでしょうかね。
赤星の体調が悪いのはわかるけど、守備の要なんだから打撃はおいといても平野を起用するとかもうちょっと重視した方が良いと思う。
桜井がボカスカ打っているなら別だけど、それほどでもないし。

昨日は新井さんの併殺2こが痛かったね。本塁打打ってるから文句はいえないけど。アッチソンが無死1・3塁を見事抑えたからそのままいけるかなって思ったけど、村田の本塁打の中押しが試合を決定づけました。
なんか亮ちゃん大丈夫かな。球はいってたけど表情が暗いねえ。

まあ、ファースト今岡、セカンド関本の起用テストもできたし、筒井はどんどん成長している感じだし、良い部分はあるんだけど。
安藤を無理に中5日にする必要はあったのかな?次の巨人戦を見据えてだろうけど、久保も巨人相手に実績あるんだし無理する必要あったのかな〜。

これで2勝5敗・・・かなりやばい観戦成績です。
うち2勝が超劇的サヨナラと金本3連発だからしゃあないのかな!?

ちなみに日曜はスカイマークに小雪がちらつく中、オリックス−日本ハムを見てきましたが、ローズの3連発食らって、打線も岸田に6回までパーフェクト・・・
これで昨年から日本ハムの勝ち試合見てません(笑)
6月の阪神との交流戦で勝つというのはやめてほしいけどね。

さて、今日も行きますか・・・。
| 虎話 | 13:08 | comments(8) | - |
平野の振り逃げがカギ、でも福原も頑張った
本日は完全休養日なり。まあ天気も悪かったし。

広島戦も中止になるだろうと思い、まあ福原だからその方が良いと思ったらなんと試合決行。

初回にいきなり平野が三振振り逃げ。
これが広島長谷川のリズムを狂わせた感じ。
不振新井の2ベースに葛城の2ランで一気に試合を決めてしまいました。
鬼神の活躍だった金本がブレーキになっているだけに鳥谷、新井の活躍が必要なんだが、今日の感じで新井もスランプから脱せそうですね。
それとやはり葛城、桜井の活躍かな。
〇ンチで切れていた流れがつながったおかげで、打線や守備にもリズムが出てきた感じ。
葛城も桜井も調子の良いときならレギュラー選手に負けないわけだし、林も含め調子の良い選手をどんどんライトで起用していけばよいと思う。
メン〇は二軍で日本野球に慣らして、自信をつけさせたからでよい。
結果が出なければ日本野球に適応できないってことだし。
とにかく桜井、葛城たちを差し置いて起用する必要は無い。

投球に関しては初回の4点で栗原抜きの広島打線は戦意喪失。
雑な攻めでベテラン福原を助けてしまった。
正直、福原の内容は横浜戦よりも低めには来ていたが、全く打てないというような投球ではなかったと思う。
こちらも広島打線の淡白さに助けられました。
まあ、福原も今日がラストチャンスだっただろうから、これを機に変身してほしいね。
元々、速球で押すことのできた福原がコントロール重視の技巧派に変身するのは並大抵ではないが、それを出来ない限り一軍に残ることはできないんだからね。福原や金村暁はそういう時期になっているのだ。
金村はそこに「元エースのプライド」が邪魔してるのかなあ?
日本ハム時代に鎌ヶ谷でサインもらったので応援しているんだけどな。

でも福原が8回投げきったのは大きかったね。9回は筒井が経験を積むために投げたけど、江草、渡辺、アッチソンあたりは肩を作らずに完全休養できたんじゃないかな。そういう意味でも能見、福原の功績は大きい。

しかし、球児の出番がないな〜(笑)
| 虎話 | 23:47 | comments(2) | - |
能見が立った!
立った立った 能見が立った〜♪

若い人にはわからんネタでしたね。

本日は会社の歓送迎会だったんで、詳細は見ていませんが、
能見が頑張ったみたいですね。

前回の横浜戦に続いて今回は一人で投げきり、しかも完封。
相手に貫禄負けさえしなければ十分やれる投手。
ただ今回は広島が栗原が欠場して、大物と言える打者がいなかったのは事実。
後はもっと自信をつけて、そういう一流打者にも貫禄負けしないようになってくれれば巨人にも中日にも通用するでしょう。

とにかく気持ちなんですよね。彼は。
あんだけ良い球を持っているんだから、もっと大胆にいけばいいんだけど、ついつい弱気になるんだよね、

でも、今回の完封は自信になるでしょう。
今までの谷間の先発ではなくて、ローテ投手での完封。
能見が「俺ってできる子なんやぁ」と思うには十分。

次は4/30の横浜戦登板でしょうね。できれば今の段階で巨人あたりにぶつけてみたいんだけどね。巨人相手に勝つことが出来れば完全に一本立ちできると思う。
「小笠原、ラミレス?そんなん怖ないわ。」
ここまで思ってくれれば完璧です。
普通は逆だけど、能見にはもっと天狗になってもらいたいね。

さあ、次は杉山、お前の番だぞ

明日は福原・・・でも雨っぽいか。
スライドさせなくていいからなw小嶋かジェンでいいよ。
たとえ打たれても良い経験になるんだからな。
| 虎話 | 22:00 | comments(7) | - |
勝ち負けは別として一貫性のある采配を
なかなか3タテは厳しいね。
でも今日は勝てる試合だったような気もする。

まあ、勝負の結果については仕方がないにしてもやはり投手起用に不満が残りました。
6回の福原を続投。正直素人目にもバテバテの福原を続投。
もし、これが先日の石川や能見などの経験が少ない投手なら今後のためにとして考えれば納得もできるけど福原でしょ?
下柳や福原にこれ以上の伸びしろを求めても仕方ないやん。
なんでもかんでも先発を引っ張るのは納得がいかない。

まあ、これに関しては「福原を信じた」と考えたとしても、そしたらその後の投手継投。
福原と心中と一度決めて失敗したのだから、勝ちパターンの投手を休ませたらいいのに、渡辺、江草。
昨日のアッチソンも今日の江草も3連投。

そもそも先発を長く投げさそうというのは中継ぎ陣の酷使を避けるためでしょ?それで藤川、ジェフが休めても、彼ら3人が酷使されたら本末転倒やん。

この調子でいけば本当に誰かつぶれるよ。
今日は福原と心中で失敗したんだから、最後は筒井にでも投げさせればよかったんよ。良い経験になるやん。
もし、勝負にいくんだったら6回打たれる前に福原を交代するべきだった。

なんか投手起用に一貫性がないんだよね。
真弓監督1人の責任じゃないんかもしれないけどさ。

別に勝てなかったことに対してはそれほど不満はないんだけど、今後のことを考えると中継ぎ投手をもうちょっと考えて使って欲しい。

そして9回表。2点ビハインドの状況で狩野がヒットで出て、代打浅井。
三振してもいいから思いっきりいけと思ってたら目を疑った。。。。

バ・・・・バント!?

浅井がセーフティ気味にバント。結局送りバントになって1死2塁。

サインだったら首脳陣は飛んだルンバだし、サインミスだとしても
浅井は捕手だったんだから、この状況でバントのサインが出るわけが無いのを理解してもらわないと。
もしセーフティを狙ったとしても、「お前は何を求められた代打かちょっとは考えろ」といいたい。

1点差ならともかく、2点差なんだから浅井に期待されたのは一発長打に決まってるやん。バントなら大和の方がまだマシかもしれんし。

まあ、とにかくイライラする試合でしたね。
内容がお粗末。福原にしたって横浜の拙攻に助けられただけで6回まで2失点で済んだのが不思議なぐらいだもんね。
あれで「(福原のコメント)調子は悪くなかった」では一軍で使えないよ。
ここ3試合見て明らかに福原は一軍の先発では厳しいと思う。

今の福原を使うなら、まだ若手投手に経験の意味も込めて先発させた方が今後のためを考えても良いと思う。
真弓監督は変に我慢強いところがあるからね。
若手に対してはそれでいいと思うけど、ベテランは結果で判断してよいと思います。

この横浜戦は2勝1敗で勝ち越しましたけど、昨日今日と両チームグダグダの試合でしたよね。下位球団同士の泥試合みたいな。。。。
横浜だから一緒に泥試合してくれたけど、他球団はそうはいかないんだから・・・。
とにかく、今、真弓監督が選手を大事に使おうと思ってやっていることが逆に裏目に出ているという現実は考えて欲しい。

やろうとしていることは間違いないのは確かなんだけどね・・・。
難しいね。監督業って。
| 虎話 | 19:54 | comments(2) | - |
能見よ!もっとうぬぼれろ
久々に家でゆっくりすごす週末。
ここんとこ忙しかったので、ゆっくり休養をとっております。

昼からはTVで野球観戦。
先発は能見。快投って言っていいようなすばらしい内容でした。
ほめるだけなら誰でもできるので、気になった点は初回。

石川、山崎といった若手を簡単に抑えた後、内川に2ベース。
そして吉村、佐伯と四球で満塁。
結局次の大西を抑えて事なきを得て、結局、これで勢いがついた感じになって6回まで三振ショーとあいなった。
ここで気になったのは石川、山崎といった若手には見下ろして投げているが、内川、吉村といった主軸や佐伯のようなベテラン打者に対しては貫禄負けしかけているのではないかということ。
ファームでは無敵だったのも、相手打者がみんな見下ろして投げられたからだと思う。

今日の能見の球のキレを見ていたら、好打者でもそうそう打てないはずだが、こういった実績のある打者に対しては能見が弱気になっている感じで自滅しかけている。
正直、6番がそれほど実績の無い大西だったからよかったものの、金城あたりだったら・・・やばかったかもな。

それに横浜ならまだいいけど、巨人などビッグネームがバンバンいる打線に対してだったら、こんな調子だと臆してばっかりになってしまう。
これを打開するには能見自身がもっと自信を持てるように実績を積んで、こういった大物選手に対しても臆せずに投げられるかどうかが今後活躍できるかどうかのカギでしょう。

要は能見よ、もっとうぬぼれろ!ってことです。

阪神には昔からこういう投手が本当に多い。伊藤や仲田を思い出す。
結局、カギはハートなんですよね。

後、心配なのは渡辺の調子ですね。
コントロールが定まらず、代打森笠は三振にとったけどこれも2−3
マウンドでもなんかしんどそうですよね。
結局、アッチソンの3連投になってそのアッチソンが打たれてあやうく能見の勝ち投手が消えそうになりました。
藤川やジェフの負担が減っても、渡辺、江草、アッチソンの負担が増えたら意味ないんだから。

しかし、横浜は惨いねえ。村田がいないのでこの状態かなと思ったら、
あの守備じゃあ勝てないよ。
金本のタイムリーのとき、金城がせっかく好返球しているのに誰も刺せずにその間に平野はホームイン、ランナーも進塁して1アウトも取れず・・・。
さらに新井のサードゴロでは絶対間に合うはずもないホームへ送球。

お前ら草野球か・・・。

しかも前者のランダンプレーは仁志、佐伯といったベテランだから救いようが無い。
他人事ながら、横浜は何を考えているのだろう?
そもそも若返りをするために鈴木尚典、石井琢朗を切っておいて、
開幕直後はルーキー松本、山崎や藤田、内藤を積極的起用してやる気見せたと思ったら、ちょっと負けが混んだらベテラン起用。
しかも仁志なんか全然打てないし、いったい何を目指しているんだろう。
佐伯の起用にしたって、内川を一塁に戻せば外野で内藤とかを使えるでしょうが。
別にベテランを全く起用するなとは言わないが大矢監督は「先を見据えて野球やってるの?」と言いたくなるような行き当たりバッタリの印象があります。もし勝つ気があれば5回のチャンスにグリンに代打出すと思うし。
これじゃ、ベイファンはかわいそうだよ。

我々阪神も長い冬の時代はあったけど、ノムさん時代なんかは赤星、藤本、濱中、井川といった当時の若手が育ってきていて、勝てないなりにも希望はあったもんな。
それに比べてベイスターズは村田が欠場しているけど、内川、吉村といった球界を代表するレベルの選手がいるだけ良いと思うけどなあ。
10年前の阪神なんて新庄・桧山の3・4番が2人あわせて300三振したぐらいしかニュースなかったぞ(笑)

・・・まあ、阪神も他球団のこと言っている余裕はない。
ただ真弓監督の場合は「場面場面の点の采配」はともかく「長期的視野の線の采配」は間違ってないと思う。
ダブルスチールにしても、先発を引っ張るにしても経験を積ませることは大事。失敗を恐れずに頑張って欲しい。

今日の試合で「点の采配」で気になったのは8回だったか赤星が葛城の代走に出て、初球に桜井がセカンドゴロ打って2塁封殺。
前の回に7番にアッチソンを入れて9番に葛城を入れた。
その葛城が塁に出て、わざわざ赤星を出すということは足を絡めて攻めるということ。
当然、じっくり行きたいところでしたけど・・。

桜井はそのベンチの意向を当然考えないといけないし、ベンチも「じっくりいけ」とか指示出せたと思うな。

結局この後、怒涛の攻めになったので問題なくなったけど、桜井本人もベンチもここは反省して欲しいです。
| 虎話 | 01:42 | comments(2) | - |
同じ負けるのなら明日につながる負けを
なんか今年は勝率が悪いなあ〜と思ったらチームと同じ勝率か。

昨日も行っておりました。
途中までは良いゲームだったんだけど、今回も魔の7回でした。

先発投手を引っ張るのは大賛成だし、狩野や岡崎の勉強にもなるとは思うんだけど、昨日の投手は下柳でしょ?6回完了でもよかったと思うんだけどね。

これが先日の石川や久保なら今後のことを考えて続投も良いんだけど、40歳すぎのベテランなんだから臨機応変に考えて欲しい。
結局、エラーもあったが炎上して渡辺や江草が出てくるようじゃ、せっかく中継ぎの酷使をさけようという目的が反って仇になってるよ。
点差があいたときに渡辺、江草を起用するのはもったいない。それならファームにいる若い投手を1人おいといて経験を積ませばよい。

若手の経験にしても、先日坂が二軍に落ちた。以前ブログで代打坂という采配に疑問を唱えたが逆に「真弓監督は坂をそんなに評価してんのか。」と思ったら二軍落ち・・・
いったいなんなんでしょう。

なんかここまでまだ10試合だけど、真弓采配に「あきらめの早さ」が顕著に見られる。
一度決断したらある程度までやってほしい。
岡田監督が逆に頑固だったから柔軟性があるといえば聞こえが良いけど、ちょっとあたふたしすぎのような気がするねえ。もっとどっしり構えてくれたらいいのに。

それから守備のほころびが目立ちます。エラーが原因で2敗、大逆転はしたものの広島戦の7点取られたのもメンチの状況判断できない守備。昨日もとどめになった森野の走者一掃の3ベースのメンチの守備はひどい。
肩はいいけど、守備範囲と状況判断が悪すぎます。元々、桜井と林の守備の不安があって、ある程度守れる右の大砲としてメンチを取ったはず。
それがあの守備では・・・。打撃に関しては昨日ももうちょいでホームランとかあったので全くダメとは言い切れませんが、あの守備なら桜井か葛城使おうよ。

そもそも真弓監督は「守り勝つ野球」を提唱していたのに、これじゃあねえ。

まだ10試合だし、成績に関してはまだまだわからんと思うけど、負け方が悪いよ。もうちょっと「身のある負け方」というか今後糧になる負け方なら文句はないんだけどね。

まあ、そんな無茶苦茶な采配やっているとは思えないんだけど、なんか地に足がついていないような感じがします。これが経験不足によるものでそのうち改善されるのであればいいんですけどね。

矢野さんも復帰延期みたいだし、捕手を育成するチャンス。
大和なんて岡田監督時代ならまず上がってこなかっただろう選手。
そういう次世代を担う選手を使っていこうという面では真弓監督はすごくいいですね。


大和一軍デビュー


狩野もバットは絶好調。あとはリードとキャッチングだね。

後半戦にはそういう戦力がレギュラーをおびやかすようになっていることを期待しましょう。今は我慢のときなのかもしれない。
| 虎話 | 12:02 | comments(4) | - |
甲子園3戦目木曜日編
甲子園3戦目。
元々誰かに譲ろうと思っていたチケットであったが、結局1枚余ったのでいってきました。
でも、会社で席替えがあり、17時から始めるとの管理職からの通達。

あのさ・・・30席近くある机の大移動を30分で終わらせられる(終業は17時半)と思ったのか?管理職連中よ(怒)

結局、総動員で移動と配線終わったのが19時すぎ。
全員1時間半の残業です(苦笑)先日、全体会議で「残業は少なめに」と言ったのはどこの誰だったっけ?w
しかも先に帰っているし・・・なんだかなあ。

まあ、それから甲子園に向かったので19時半過ぎで、すでに6回に入っていました。
結局風船飛ばしただけって感じでした。
しかし、最後のほうに真弓采配の謎がありました。
7回にメンチが凡退して、代打葛城。それは良いけど葛城ヒットの後、代打桧山。1死1塁で桧山はもったいないな〜と感じた。
まあ、これだけならいいんですけど、さらに9回。
2−4で代打今岡の2ベースなどで2死2・3塁。
一発出ればサヨナラの場面で代打は・・・・坂!?

桧山と坂の使いどころは絶対逆だと思う。それにベンチには桜井もいた。
一発でサヨナラという場面なんだから本塁打のある桜井でしょうよお!
もし、桜井が調子悪いなら代走に出した浅井でもいいし、左打者なら坂を出すなら経験のある藤本。
どういったケースを考えてもあそこで代打坂はない。
確かにOP戦では調子良かったけど、あの緊迫した場面ではまだ厳しいよ。
選手がいなければ仕方ないけど、あの時点で桜井、浅井、藤本と残っているのになんで坂なのかは非常に不可解です。

石川を7回まで引っ張ったり、赤星を引っ込めて休ませるなど納得できる采配もあるのですが、なんかポイントポイントで??ということがありますね。
特に昨日の代打に関しては納得が行きません。
勝負勘うんぬんという問題じゃないような気もしますし。選択肢を間違えたのではなく、そもそもその選択肢自体が間違いというような感じがします。

結局6回から見て、帰りに一緒に観戦していた友人及び別席観戦のメンバーと4人で食事に行きました。これが一番楽しかったかもね。
さあ、東京ドームでの巨人戦、がんばってください。

そろそろ打線入れ替えてもいいんじゃないかな?葛城もったいないよ。

私は日本の果てから応援しています(謎)
| 虎話 | 12:40 | comments(2) | - |
甲子園観戦2日間をまとめて 水曜日編
前日の興奮冷めやらぬ甲子園。

本日は会社の後輩「元」ボギ男ことS君をお供に甲子園へいってきました。
仕事を終了後、少しSがぐずぐずして出発が遅れる。
その影響もあって、タッチの差で金本の初回の3ランを見逃す。
(ちょうど甲子園に入場するとき)

お前のせいで見られへんかったやんけ〜!(笑)と後輩に八つ当たり。

でもこの後2本も見れるとは思いませんでしたわ。
観てください。これ(笑)



前日の8回から確変入りました金本。
4打席目はタイムリーにもかかわらず、球場ため息(笑)
タイムリー打って残念がられる選手って・・・・
だいたい開幕5試合で16打点って何さ!(爆)
このペースだと年間450打点だぞ!おい!

完全に金本デーでした。恐れ入りました。
終盤は本日別席で1人観戦していた〇ろっ!さんも時々合流して、興奮状態で話をしていました。
最終回に調整で藤川を出すかと思ったが阿部。
昨日の頭部死球退場のイメージを早く払拭させたいという狙いもあるでしょうけど、真弓監督の色だと思います。


今日はちゃんと風船飛ばしました。


最終スコア、本日はブレることもなく・・・


噂のバケモノさんです(爆)

2試合連続すざまじい試合を見てきました。
なんて果報者なんでしょう。日ごろの行いがよいのか、運を使いすぎているのか・・・前者といえるように仕事がんばろっ。

さて・・・本日もいってまいります!(爆)
| 虎話 | 02:21 | comments(2) | - |
甲子園観戦2日間をまとめて! 火曜日編
昨日は余韻にひたりすぎ、本日は仕事が多忙で休み時間にも更新する余裕がありませんでしたので、まとめて報告。



いよいよ甲子園での公式戦が始まりました。



実はこの日、会社の偉いさんからVIP席の誘いがあったのですが、
開幕戦は自分の席で観たいということで丁重に断りまして、
予定通り観戦。



平日なのに早々から満員、さすが甲子園開幕。みんな待ち望んでいたんですね。
ちなみに入場したときにはブラウン監督はすでにいませんでしたw
(球場の外で退場のアナウンスを聞いた)

甲子園開幕投手はロッテから移籍の久保。
さすがにリズムの良いピッチングで淡々と進むが、栗原一人にやられています。今の栗原は手がつけられないのは事実ですが、苦手を作ってしまうと難儀ですね。
7回にランナー出して降板しましたが、私はまずまずの内容だったと思います。
しかし久保の後のジェフが醍醐さん・・・じゃなくて大誤算。
岡崎のリードの原因もあったのでしょうけど。
メンチのまずい守備もあってビッグイニングにしてしまう。
ここで藤田が登板。さらにあっさり2点取られる。
この回だけで7点・・・・

真弓采配で疑問があったのはここですね。まずジェフを出すなら東出から出しとけよって思いました。久保に7回を投げきらせたいという気持ちはわかりますが、あそこまで行ったら逆に続投の方がマシでしょう。
中途半端でした。また、広島打線がのっているときに投手藤田。
正直、藤田は敗戦処理。私らは藤田登板=「試合諦めた?」という印象があるのは否めない。
負け試合に投手温存という考え方は間違いではないし、現に昨年までは中継ぎ、抑えの酷使が問題になっていた。
しかし、この場面ではまず広島打線の鎮火が大事。渡辺かアッチソンあたりで静めてから次の回から藤田ならわかるんですけど、あの場面で藤田は火に油。
もう一つの疑問は7回裏、岡崎のタイムリーで10−5になり、ひょっとしてまだいけるんちゃう?って一瞬思ったときの代打坂。
坂も良い打者だけど、やはりここで代打となると「負け試合の若手経験」という印象が出てしまう。
せっかくこっちが「いけるんちゃう?」って思っても、それを采配が否定するような形になってしまった。
ここは桧山といわなくても葛城あたりを起用して「まだあきらめてへんで」という意志を見せて欲しかった。

しかし、ここで葛城を温存したのが9回に功を奏するんだから野球は面白いねえ。
もうみなさんご存知なのであえてふれません。

鳥谷ホームインで審判がセーフとジャッジしたのを見てからしばらく記憶が飛びました(笑)
涙腺がゆるんでしまい、感動で震えていました。



スコアボードを取りましたが、震えでぶれてちゃんと取れません(笑)

実は7回に風船飛ばしませんでした。やさぐれて応援もおざなりになり、
相方から「まだわからんやん!」と言われて「ここからどうやったら逆転できるっちゅうねん!」とぼやいていました。
周りもどんどん帰っていき、内野は空席が目立つようになりました。

しかし、結果はこの大逆転。試合後に相方に「だから言ったやろ?」と怒られましたw
ほんまに勝負は下駄はくまでわからんねんなあ。

8回の栗原の頭部死球(明らかにすっぽ抜けでしたが)があったり、雰囲気的には阪神の大敗という感じだったんですが、広島の敗因は8回に点差を考えて
予定の継投を変更して上野をもってきたことかな?
これがスキを生んだのかもしれない。
まあ、永川が悪すぎたのもありますが。

まあ、色々と学ぶことが多かった試合でした。
しょっぱなから感動をありがとう!
| 虎話 | 00:53 | comments(2) | - |
2連敗も真弓采配にはほぼ納得
あ〜あ、いきなり観戦2連敗っす。

まあ、土日の先発が能見、福原と「お試し」のような試合だったので、しゃあないかなぁと。他にもメンチの実力調査や狩野の捕手育成など手探りが多い中で1勝2敗なら、まあええかなと思えなくもない。

一つ言えるのは今の真弓阪神には「育成」という明確なコンセプトが見える。
先発を我慢するのも、メンチや狩野の起用なども今後のことを見据えた起用ということで納得はいっています。
中継ぎ投手も1回限定を徹底し、代打桧山には代走。
桧山は代打専門として起用する部分がはっきりわかります。
岡田監督時代と違って「起用に明確な理由が見える」という点では良いかもしれない。

ただ、野球はオーソドックスに戦ったから勝てるというものでもなく、試合の勝ち負けになると勝負勘みたいなもんが必要になってくる。
このあたりがどうかでしょうけど、今年の阪神の場合は育成が急務であるので今の真弓監督の起用が合っていると思います。

昨日の試合で1点だけ気になったのは8回裏。無死満塁から桜井凡退、赤星犠牲フライで6-7になって2死1・3塁で平野に代打今岡。
3打席立っている平野と今季初打席の今岡。どちらが期待できるか。
しかも3塁ランナーが帰れば同点なのでシングルヒットで良かった場面だったので、そのままで良かったかもと一瞬思いました。
でも、今岡登場で球場のボルテージを上げるのと、まだ打席に立っていない今岡の状態を見るチャンスだったという意味で「十分に考えられる起用」だったとは思います。

そういうのも含めて真弓阪神は「選手を大事に起用しているなぁ」という印象があります。
2試合目も4点差になったらさっと赤星をひっこめたり、中継ぎに藤田を試しに起用したり、長期的視野で選手を大事にしているというところはうれしいです。
これは岡田監督に起用にはなかったことです。
ただ、今が序盤だから言えるのであって、4点差程度で休養させるような起用だと不満が残るかもしれません。
まあ、これから不満も出てくるのでしょうけど、前監督ほど納得のいかない起用はなさそうな気がします。

ただ、これが結果にすんなり結びつかないのが野球の面白いところ。

しかし、メンチはどうするんでしょうね。大ファールはあったもののやはり内容が悪いのは一緒ですね。
契約に色々とあると思うので打てないからってすんなりはずせないんでしょうね。
ただ、あの状態を見ていると葛城起用したほうがよっぽどいいですね。
日本野球への適応が課題なんでしょうけど、あの状態ならまず二軍で慣れるべきだと思います。正直、二軍でも結果が出せるか疑問ですけどね。あの内容では。

さあ、明日から甲子園です。開幕3連戦は全部行く予定なので勝ち試合を見に行ってきます。見れるよね?w

でも、相手は広島。帰宅後巨人−広島戦を見ていたが、今の広島って全員野球でものすごい良い雰囲気だし、ものすごい俺好みのチームになってるんだよな。

・・・広島応援しようかな(ボソッ)
| 虎話 | 12:03 | comments(0) | - |
開幕2戦目行ってきました。
いよいよ開幕しました!
金曜日はチケットはあるという話だったのですが、さすがに仕事後には厳しいかと思ったら、午後から管理職は全くおらずに定時ダッシュはおろか
「今日開幕やろ?いかへんの?半休とったらええやん」って言われる始末。

まあ、初日は安藤の好投に関本、金本のホームランで藤川に少し不安はありましたが良い勝ち方。

というわけで本日2戦目早速いってきました。



今日は内野の上段の最後方。友人に取ってもらったチケットなので文句は言えませんが、やはり上段席は見難いです。

先発は真弓阪神期待の能見、ヤクルト期待の由規と今年一本立ちしてほしい両先発。

能見はいきなり伏兵川島慶三にソロホームランを打たれるが、その後はピシャリと抑える。
「お、今年の能見は少し違うな」と思ったのは2回ぐらいまで・・・。
3回ぐらいから弱気の虫が出てきました。
2−3から根負けして四球。ヤクルトは足のある選手が多いので、気になるのか牽制球を多投。
内野から見ててもものすごくイライラするような雰囲気だったので野手はもっとイライラしていたでしょう。
なんかテンポが悪いんでしょうね。
確かにヒットエンドランがかかっていて、平野が2塁カバーに入ろうとしたときに打球が逆をつかれるなどの不運もありましたが、エラーや打線のリズムの悪さは能見本人が生んだものだとも言えます。
まあ、これは本人も十分分かっていると思います。

ただ、やはり能見の勝負弱さが気になりますね。ここというところで根負けしてしまうのは相変わらず。
久保コーチの「いい球を投げるが勝負師じゃないね」というコメントはある意味投手失格というような厳しいコメントだと思う。
以前たかじんのそこまでいって委員会で三宅先生が理想論ばかりで全く話にならない極左のHという女に「Hさんはいい人だけど、政治家には向いていないね」と一蹴した発言を思い出した。
ここを改善しないと「やはり能見は能見・・」で終わってしまいそう。

逆にヤクルト由規もリズムが悪く、決して良い内容とは言えなかったが、
ポイントポイントでの勝負強さで結局そのまま抑えてしまった。

でも確かに阪神は今日は運がなかったね。
メンチに2度もチャンスが回ってきて凡退したり、満塁での平野の良い当たりが正面ついたりと「今日は負けやな」と諦めがつく状態でした。

しかし、メンチはかなり厳しいね。精神的にもかなりナイーブになっているだろうし、あの打撃じゃねえ・・・。
センターに飛んだ打球でも完全に振りまけて逆方向に飛んだ感じだったし
実力的に厳しいのかな。
しかも阪神ファンは短気だから4打席目には「桧山だせ〜!」って各所で叫んでたからね。実際次の岡崎の代打で桧山がヒット打ったから余計にね・・・。
まあ、明日まで様子見て、ダメなら途中交代もありですね。

ヤクルト側も青木の状態がかなり悪いね・・・。
あんな青木見たこと無い。やはりWBC燃え尽き症候群なんでしょうか。

とりあえず、日曜は私に観戦初勝利をください!
| 虎話 | 00:23 | comments(0) | - |
謹賀新年度
みなさま、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さあ、いよいよ開幕です。

真弓阪神の門出ですが、わくわくよりも不安のほうが高い幕開けになりました。
怪我人続出や思ったより若手も出ず、メンチもここにきてフォードよりひどいんじゃないかという噂もあり、いったいどないなるんやろうという様相ですが、
そもそもの戦力は結構なもので、かつ実績のある選手ばかりなのでOP戦で無理に結果を出す必要はなく、それぞれ思い思いに開幕に向けて調整していたと思います。
だからOP戦の結果はあまり気にしていません。

さあ、ここからが本番。
今日はほっかほっか亭の日(うちの会社は毎週金曜はほか弁にするという慣習あり)なので、ロースカツスペシャルと奮発して開幕に臨みたいと思います。
本当はヤクルトを飲み干す予定でしたが、コンビニ2件回りましたが置いていませんでした。

観戦は明日から参戦です。いきなり6連戦中5試合行く予定になっております(汗)

今年も応援頑張りましょう!
| 虎話 | 12:20 | comments(0) | - |
OP戦最終戦
日曜日は京セラドームのOP戦に行ってきました。
またカメラを忘れてしまった・・・・。最近物忘れが多いな(汗)

この日はせっかくなんで阪神なんば線を使って行きました。
会社に行くのと同じように阪神西宮について、快速急行。そのまま京セラドームまで30分弱で到着。これは楽チン!
しかも、会社からなら、なんと20分で行ける。
定時に会社を出れば、甲子園なら18時20分には席に到着できるが、こちらもこれで18時半までには球場入りできるようになった。
なんて良い職場環境なんだ!(爆)

この日は3塁内野で観戦。入ってみるとオリックスが練習中。
あれ???なんで、この時間にホームチームが練習?と不思議に思っていました。
しかし、よく見ると球場のアナウンスは甲子園仕様(DJ堀江じゃないw)
おまけに六甲おろしにLet’s Go トラッキー・・・
チケットを確認すると“主催 阪神タイガース”

ホームなのになぜ3塁側なんだ!?ややこしい・・・・

試合開始、阪神の先発は下柳。オリックスの1番は濱中(笑)あっさり三振。
この日、濱中は3打数ノーヒット2三振。全然ダメです。
3塁側からも「濱ちゃん、もうちょっとしっかりせえよ〜」と野次が。
まあ、野次の主は私なんですけどね(笑)

下さんは安定したピッチング、開幕に合わせるところはさすがですね。
その後が驚いた。なんと球児が登板!
相手はオリックスの下位打線でしたが、ストレートも150km前後で安定しており、全く問題ありませんでした。やはりWBCはボールの影響なんでしょうか?

試合の方は阪神が鳥谷のタイムリーと葛城のタイムリーの2点を守って勝利。
葛城も最後の最後で結果を出しました。守備でもナイスプレーをしましたし、林やメンチがあの状態なのでライトスタメンのチャンスはあるかも。
なんか葛城って一昨年から毎年、OP戦の瀬戸際で活躍してアピールするねえ。まあ、そんな爆発力は期待できないけど、ある程度の実績はあるので安心して起用できる選手だから重宝するかもしれない。

最後の最後に勝てたからまあよかったかな。

しかし、オリックスの打線はやはりえげつないねえ。
途中でラロッカが代打で出てきたので、ラロッカ、カブレラ、ローズ、フェルナンデスと打順が並んだwこれは相手投手はたまったもんじゃない!
・・まあ、それと同時に自軍投手もたまったもんじゃないんだけどね(笑)

試合後は晩御飯に行くのだが、今日は会社の同僚Sも一緒だったので食べるものが限られる。
彼はめちゃくちゃ好き嫌いが多くて牛乳系が一切ダメ。おまけに辛いものもダメということでまずイタリアンやエスニック系は絶対無理。
結局、三宮まで出て、沖縄料理にしました。
ここの料理はかなりいけます!
味付けが素材をいかした薄味だったのも、個人的には良かった。
そして、ここの接客が非常に丁寧で気分良く食事ができました。
お勧めできるお店です。

そして、食事中の話からカラオケへ。2時間半、3人で歌いまくりました。
あ〜よく遊んだ日曜日でしたわ。
| 虎話 | 17:35 | comments(3) | - |
WBCと阪神
なんとか日本も準決勝に進みました。

ただ、村田の欠場は痛いですね。
何回も話していますが、チャンスメーカーばかりの日本代表の中、
村田は貴重なポイントゲッターでした。
他でポイントゲッターと言えるのは小笠原、内川。
稲葉、城島もポイントゲッターになりうるが稲葉は基本的につなぎの打者、
城島も捕手。あとはみな1番タイプの打者・・・

代わりに栗原というのは正しい選択だと思いますが、栗原は足のせいで
ファーストしか守れないので、起用はDHか一塁に限られます。

そもそも日本代表は投手がボコボコに打たれることは今までの試合ない。
結局、打線のつながりがキーです。
相手投手が良い場合は連打は難しいので、長打を打てる打者が必要になります。また、ランナーを確実に返すということが重要になる。
そうするとやはりいくら日本の持ち味がイチロー、青木を代表する3拍子揃った選手でも、村田、小笠原のようなバッターが重要になってくる。

でも、村田が欠場した以上、栗原に頑張ってもらうしかないですね。
ベネズエラとアメリカでは投手が良い日本、韓国ならK.ロッドが出てくるまでならベネズエラの方が組み易かったかもしれません。
ただ、韓国の手を抜いたってのは言い訳だと思いますけどね。
(韓国は日本に負けることは優勝より大事なはずなんで・・・アホらし)


そして阪神の方は安藤が昨日、打球直撃。
幸い、軽症のようでしたが、最近は打たれまくっています。
報道ではいろいろと言われていますが、私は心配していません。
今、安藤は覚えたツーシームが実戦で使えるかどうか試しているような気がします。西武とのオープン戦でも突然打たれだしましたから、なんか球に投球パターンも変わった感じで。
まあ、次の登板では開幕戦の予行練習となるので、その結果で確認ですね。
逆に最近、評判が良いのは能見です。
しかし、彼は知ってのごとくハートが問題。
このまま好内容で行ってくれれば、自信もついて十分ローテでやっていけると思うんだけど、一度歯車が狂ったときが心配です。
とにかく開幕後にローテに入ったなら最初の登板がポイントでしょう。
彼の場合は力は十分あるんで、本当に自信だけなんでね・・・。

なんか昔のマイク仲田を見ているみたいだ(笑)

まあ、監督が代わったので波に乗ったら星野時代の今岡のように大変身する可能性は十分あると思います。

問題はライトでしょうね。メンチに不安ができて、林が深刻な不振・・・。
不振というより、怪我してからバッティングが小さくなってしまった感じがします。桜井が頑張っていますが波があるし、守備は不安。

・・・開幕したらライト桧山なんてことないだろうな(笑)

開幕戦は私が今年の台風の目と見ているヤクルトなんで、波に乗らせないようにしてほしい。とにかく足でかきまわしてくると思いますし、故障から復帰した4番候補デントナも評判良さそうなので不気味です。

今のところはローテは安藤・岩田・下柳・久保が確定。
調子から能見が5人目、あとはベテラン金村暁か福原、復調すれば上園、石川という感じでしょうか?
安藤もあの調子だから内容によってはわかりませんしねえ。
後ろは久保田の代わりは渡辺が十分勤めるでしょう。


| 虎話 | 13:45 | comments(0) | - |
充実した週末(日曜)
さて、日曜日。

リニューアルした甲子園を観に行ってきました。
年間指定席購入者だけに公開ということでせっかくなんで。


私の席からはこんな感じ。なかなか見やすい良い席です。


座席はこんな感じ。前よりは座り易い樹脂に表面は変わっていました。
下に確かに荷物入れはありますが狭く、スポーツバッグとか入るか心配。
また奥行きも狭くコンクリートに当たるので、結局後ろから流れてくるビールからかばんを守るビニールは必要かも。
ただ足元に置かなくてよいのは楽になったかも。


内野に出来たLEDの表示板です。
正直いらね〜
なんか高校野球など伝統の甲子園が軽薄になった感じがする。
まあ、千葉マリンみたいな感じといえばわかってもらえるかな?
個人的には文句たらたら

そして今日は内野も見れましたので、行って来ました。
これが噂の三ツ矢サイダー席です!


・・・・なんだこれ?(笑)
靴を脱いで入るらしいが、座るところは板の間だし・・・第一


これじゃ、京セラドームの上段よりも見づらい。
そのためか、上にはモニターがある。
でも・・それじゃ球場に来ている意味があるのか!?

まあ、会社の接待とか球場の雰囲気を楽しむだけでいいって人にはいいだろうけど。野球をがっつり観たい人には無縁の席だな。
どうせ観づらいからいっそのこと雰囲気席にしてしまえって感じかも。

その後、こちらも年席購入した広島−巨人−西武と移籍したホームランバッターによく似た友人たちと合流し、時間までだべっておりました。

球場を出た後、食事してから西宮ガーデンズへ。
この日のもうひとつの目的・・・映画ヤッターマンを観ることっ!!

この日はお昼に西宮ガーデンズ内で食事したので、そのときに夜のチケットを購入しておきました。そのときは次の上映は満席で、その次の上映も「残り席がわずかです〜」とアナウンスされる状態・・・。
すごい人気ですわ。
私らは20時から。さすがに終わるのが22時なので子供はいないし、近所じゃない人は結構つらい時間なのですいていました。

まだ見ていない人のために内容は書きませんが感想は

30年前のヤッターマン見ていた人には非常に楽しいと思う。
ところどころに懐かしいネタがちりばめられています。
子供っぽい下ネタも入れて、今のヤッターマン世代に気を使っているのはわかるのだが・・・結局、大人向けになってしまってます。
親子で行くと多少気まずくなる場面もあります。
お子様はおとなしくドラえもんを観たほうが賢明です(爆)

個人的には生瀬勝久のボヤッキーははまってましたね。
ドロンジョのフカキョンも文句なし。
原作に忠実というか、原作の良さをこわさずに演出しているいい感じです。
そして最後の方に「あ〜そうやったそうやった!」と昔のヤッターマンのストーリーを思い出すような下りがあったりと、
タイムボカンシリーズ大好きだった私にとっては涙が出そうでした。
後、やっぱりヤッターマンの歌は山本正之さんが一番!!
思わず映画館で歌ってしまいそうなぐらいでした。

ドラゴンボールは前評判が不評ですが、こっちは昔、ヤッターマンがすきだった人は是非観て欲しい。

あ〜楽しかった。
さあ、キューバ戦のために早朝起きようかどうか・・・・どうしよう?
| 虎話 | 00:45 | comments(3) | - |
充実した週末(土曜日)
土曜日はスカイマークで阪神−西武のOP戦。
夜中まで大雨で開催が微妙でした。
ただ、今回は群馬から短期間出向で来ている野球好きの子を連れて行ってあげることになっていたので是非やってほしかった。
願いがかなって、なんとか晴れました。
集合時間遅らせたり色々したのでカメラを忘れてしまいました。
試合中、あられが降ったり大変でしたが、席も良くて堪能してもらえたようです。捕手の真後ろでジェフのスライダーのすごさなんかが良くわかりました。あれは確かに魔球ですわ。
試合は負けましたが、OP戦なので関係なし。
ただ、気になったのは外野の西武応援団。点が入っても旗が8つほどしか振られない。西武の攻撃のときはミットに入るボールの音に、バットの音。
そして審判のコールが響きます。

唯一の例外は栗山の打席。
彼は兵庫の育英出身で多分彼が所属していたボーイズのチームが来ていたみたいで彼の打席だけ内野の一団から栗山コールが起きていました。

外野の西武ファン頑張れ!!

その後、六甲の夜景を楽しんでもらいました。
周りは当然カップルばかり。男3人でいくとこじゃねえよ。

群馬の子の感想「すごいっす。ファミスタですね!」

確かのあの席からはファミスタだな。
他にもミスターサスケの山田さんが間近で見れたことを喜んでました。
今回、私も寒かったのでコーヒー頼みましたが、
手のひらはまるでグローブみたいでした・・・。
ウンテイの練習のせいでしょうか?

とりあえず、群馬に帰ってから「なんもしてくれなかった」といわれることはないと思います。
| 虎話 | 23:16 | comments(0) | - |
2009セリーグペナント予想
そろそろペナント予想をしたいと思います。
セリーグから

1.巨人 投手±0 打者+0.5 守備±0 計+0.5
2.阪神 投手+0.5 打者+0.5 守備−0.5 計+0.5
3.ヤクルト 投手+0.5 打者+0.5 守備+0.5 計+1.5
4.中日 投手−1 打者−1.5 守備±0 計−2.5
5.広島 投手±0 打者−0.5 守備±0 計−0.5
6.横浜 投手+0.5 打者+0.5 守備−0.5 計+0.5


基本的には、巨人・阪神>ヤクルト>中日・広島・横浜の2強1中3弱の構図という感じ。
巨人と阪神は差がなく新井の復活分で阪神かとも思ったが、主力にアラフォーが多いので急激な衰えが懸念される分、昨年と同じ順序にした。
ヤクルトは今年一番戦力が強化されたチームだと思う。クライマックスシリーズもあるのでウカウカできない存在だと思う。
また中日、広島は戦力ダウンと評価しているので、横浜の投打がかみあえば一気に上昇も考えられると思う。
では、チーム毎に詳細を見てみましょう。
続きを読む >>
| 虎話 | 18:07 | comments(0) | - |
まとめてポン!
一気に色々とニュースがありすぎて困っています。

WBC韓国に惜敗、優勝候補ドミニカ一次予選敗退

これはまあ、十分考えられた話。先日の中国戦のパターンと一緒。
チャンスメーカーはいるからそこそこ塁にランナーは出るが、ポイントゲッター次第。
村田などに当たりが出れば大量点になるけど、打てないとこうなる。
しかも不振とはいえ小笠原をスタメンからはずしてしまい、村田の負担が大きくなってしまった。(稲葉は打点もかせげるが、基本的にはチャンスメーカー)はずすなら福留でしょ。
結局、村田が打てず、もう一人のポイントゲッター候補の内川に代打を出してしまうし・・・。
1死からイチローがヒットで出て、中島の場面もバント策自体は悪くないと思うが、もうちょっと足で揺さぶるとかやり様があったと思う。初めからバントって決め付けたことは不満。
ただ、A.ロッドはいないといえど、オルティス、テハダと重量打線のドミニカが一次敗退。
やはりポイントゲッターにいくら強力なのがいても、守りや投手が弱いとあかんねんな。
バランスって難しい・・・・。

阪神日本一のときに道頓堀にほうりこまれたカーネルサンダース、24年ぶりに発見

いやはや、びっくりしました。
ニュースにもびっくりしたんだが、

A「カーネルサンダースが道頓堀から出てきたらしいで」
B「うそぉ〜すごいやん、ナイトスクープでも見つけられへんかったのに。」
A「そうそう、そういやナイトスクープで生瀬勝久が探してたな。」
B「当時は槍魔栗三助って名前やったな〜。あの頃は探偵やってたな〜今や名俳優やのに。」
A「そういや、生瀬勝久って映画のヤッターマンでボヤッキーやってるんやろ?」


この一連の会話が全く同じ流れであちらこちらでやられていることに一番驚いた!
まあ、阪神ファン=基本的に関西圏もしくは関西好き、関西を代表する番組=探偵ナイトスクープってことで「阪神ファンはナイトスクープへの関心度が高い」っていうわけなんだろうか?
とにかく見るところ見るところこの話になっていて笑った。

新井右腕故障 開幕微妙

うわ〜、この大事なときに・・・でもまだ早めでよかった方かな?
玉置も右ヒジに張り・・・相変わらず怪我人続出やなあ。
海老野コーチというプロを呼んだんだけどな〜。
関本に代わりはさせないとかいうけど、別にそこはこだわらずにいいんじゃないかな?
藤本を三塁、関本二塁にするぐらいだったら逆のほうがいいしねえ。

うわ〜もう3月中旬やん。
ペナント予想早くしなければ!(誰も気にしてないって?そう言うなw)
| 虎話 | 12:41 | comments(3) | - |
今年初観戦
いよいよオープン戦がはじまりました。
早速土曜日のスカイマークでの阪神−ロッテ戦を観てきました。



甲子園はまだなのでOP戦は主にスカイマークを本拠地でやります。
オリックスが本拠地を京セラドームをメインにしているため、
あまり使うことがないのが残念。すごく綺麗な球場なのにね。

バックネットで観戦・・・練習のときもいろんな光景がありました。
写真には取れなかったですが、久保投手も挨拶に来ていました。


新人上本・・・初々しいね。やはり


メジャー帰りの井口


岡田前監督も来ていました。ついつい「岡田”監督”」って呼んでしまう。


円陣。さあ、はじめるって感じ


真弓監督です。メンチの頭も見えます



さあ、試合開始です。

スタメンはこんな感じ。



この日の上園はよくありませんでしたね。
バックネット裏で見ているとよくわかるんですが、とにかく変化球が完全なるボール。ストレートしか入らない。
打者を追い込んでも、結局ウイニングショットが決まらないのでフルカウントにしてしまう。
そして2−3から打者は変化球はボールになるのでストレート一本に絞る。
結局、上園は2−3からストレートを投げれば打たれて、変化球ならボールで四球というパターン。
相手もプロだからストレートが来るとわかっていたら、140km前後のストレートならやっぱり打ちますからね。
わかってて打てないのは全盛期の球児ぐらいでしょう。

相手の小林宏之はさすがって感じでしたね。まだ時期が早いのかストレートはあまり走ってませんでしたが、多彩な変化球と投球術で阪神打線をよせつけませんでした。
この日阪神はアッチソン、リーソップ、渡辺亮が投げました。
アッチソンはまあまあ、リーソップは以前のオリックス戦よりはマシかな。
ただリーソップは一軍では厳しいような気がします。
今日の上園と一緒でストレートは速いけど変化球がいまいちで、打者からしたらフォームで球種がわかるんじゃないかな?
なんか打者の対応を見ているとそんな感じです。
渡辺亮は圧巻でしたね。他球団なら抑えできますよ。

かたやロッテ投手陣は



小宮山ですwそんな年寄りにこんな寒い中。。。
しかも小宮山の前は阪急ブレーブスの生き残り高木というアラフォー継投。
高木は鳥谷の打球を股間に諸積・・・・ではなくてモロに受けて降板。
かわいそうに・・・もうプロ23年目なのに。

後は今岡のファースト



意外と無難にこなしていました。
シーズン中も見られますかね?それも今岡の打撃次第。
その他目立っていたのは平野ですかね。守備打撃両方見ているとやはり彼がセカンド守っていると安心かもしれません。
後、悪い方で目立っていたのは狩野。なんか守備も打撃も浮き足立っている。バットを2本も折られるし、三盗はあっさり決められるし。
岡崎もしくは小宮山が矢野のフォローになるのかなあ。

試合は結局4−4で終了。
でも最後は代走の上本が盗塁死で終了という、なんとまあ。。。。

まあ、やっぱりナマ観戦はいいですね。内野でおとなしく見てましたが
応援歌を聴くとなんか血が騒ぐのがわかります。
まだまだ俺にはライトスタンドがいいんでしょうね。

そういえば、メンチの応援歌を初めて聞きましたが俺にはどうしても
♪山脇 山脇 それゆけホームラン〜
に聞こえてしまうんですが・・・・(汗)

試合終了後はWBCをTV観戦しました。
その感想はまた別に話したいと思います。
| 虎話 | 21:26 | comments(1) | - |
さらに鄭選手の入団、そしてハシケン⇔クボチュウのトレードに関する再考察
続々ニュースがやってきます。
http://www.daily.co.jp/newsflash/2009/03/04/0001734626.shtml
テストでキャンプに参加していた台湾代表右腕の鄭凱文投手の正式入団が決まりました。

まあ、環境としては林という大先輩がいるからいいんでしょうが、林は一軍にいてもらわないと困るし、鄭は二軍だろうからなかなか直接コミュニケーションとはいかないでしょうね。

それに林と違って鄭は台湾の学生なので、外国人枠になります。
これが結構厚い壁ですね。実際巨人にいた姜は昨年解雇されましたし、ソフトバンクの陽もなかなか一軍での活躍のチャンスが少ないようです。(日本ハムにいる弟はドラフト入団なので外国人枠関係なし)
あくまで助っ人としてのポテンシャルを期待されるわけですので、うかうかできないでしょうね。まあ、一軍枠はメンチ・バルディリス・アッチソン・ジェフに決定的なので、今年は来年以降にローテに入れそうな片鱗を見せて欲しいですね。

そして、昨日のハシケン⇔久保のトレードですが、もう一度彼らのデータを見直してみました。すると驚くべきデータを見つけました・

橋本健太郎 
 05 投球回66回2/3 奪三振67 奪三振率9.05(四球 27)
 07 投球回49回1/3 奪三振61 奪三振率11.13(四球 28)
 08 投球回13回   奪三振15 奪三振率10.38(四球 16)

ちなみに昨年の藤川球児の奪三振率は12.05。それに匹敵するような奪三振率ですね。
与四球がかなり多いのがマイナスですが、小林雅、薮田などが抜けたロッテにとってこれだけ三振が取れる投手は確かに喉から手が出るほど欲しいかもしれない。

逆に久保のすごいところはこちら

久保康友 
 05 投球回121回1/3 四球26 完投5(うち完封3)
 06 投球回140回1/3 四球32 完投1
 07 投球回128回1/3 四球11 完投2
 08 投球回91回   四球33 完投3

2008年は何があったか知らないが、それまでの3年間の与四球の少なさ!!
特に2007年なんか9回投げて平均四球数0.77って神ですよ!

おまけにDH制というのはあるけど、完投ができるスタミナがあるのが大きいね。
阪神の先発投手陣にはこれが欠けているので。
昨日も言いましたが、金村と違って明確な理由があって成績が落ちたのと違うし、28歳という年齢を考えれば余程水が合わないってことでもないかぎり、阪神の先発投手陣に間違いなく食い込んでくるでしょう。
先発未知数の久保田の穴なら十分埋められるでしょう。

昨日はまさにエビタイと申し上げましたが、思ったほどでもなさそうみたいです。
それは勿論ハシケンの未知の可能性を感じた部分からです。
でも、阪神に有利なトレードだろうという見解には変わりませんけどね。

お互いの需要にあった良いトレードだと思います。

しかし、阪神で出番のない選手が他球団でこれだけ評価されるってのは阪神も層が厚くなったんだなあ・・・(しみじみ)
10年ぐらい前なんかありえなかったもん。
オリックスで低迷してた古溝や横浜解雇された伊藤敦が阪神でバリバリ活躍してたもんなあ。
| 虎話 | 12:13 | comments(2) | - |
ハシケン⇔久保 ロッテさん後で返せなんていわないよね?w
朝、携帯をいじっているとデイリーのニュースを見て驚いた。

ハシケンと久保!?
第一印象は
「え?ロッテさん、本当によろしいんですか?」
自分が阪神の投手陣を過小評価しすぎなのだろうか?どう考えてもハシケンと久保じゃつりあわないと思うのだが。。。。。

巨人の久保の間違いかとも思ったぐらいです。
それともロッテが「橋本健太郎」と「関本賢太郎」を間違えたとかw

だって

橋本健太郎
05 51試合 2勝2敗1S 防御率2.30
06 2試合  1勝0敗 防御率20.25
07 46試合 3勝2敗 防御率4.74
08 10試合 0勝0敗 防御率5.54
通算成績 109試合 6勝4敗1S 防御率3.73

久保康友
05 19試合 10勝3敗 防御率3.40
06 23試合 7勝13敗 防御率4.55
07 21試合 9勝8敗 防御率4.00
08 33試合 4勝7敗 防御率4.95
通算成績 96試合 30勝31敗 防御率4.19

中継ぎと先発の違いはあれど、2005年しか活躍していないハシケンと昨年は不振だったもののロッテの先発で活躍していた久保じゃあどう考えても久保なんだけどな。

昨年、甲子園での交流戦のロッテ戦でKOされた唐川の後に出てきて、「今年の久保ならこわくない」とタカをくくっていたら、150kmの速球とスライダーで手も足も出ませんでした。
力で抑えられてかつ完投能力もある先発投手という阪神にはいないタイプです。

正直、久保クラスなら江草か渡辺を出して取れるか取れないかというレベルだと思うのですが、ハシケンでくれますか、そうですか・・・・・。

久保ならエースにすらなれるぐらいの力を持っていますよ。
金村暁の場合は怪我してエース時代より球威が衰えているのもあって、
期待ほど活躍できてませんが、昨年の球を見る限りそんなことはなさそうだし・・・

っていうか、あまりにうますぎる話なので何かないか心配です。
ただ、ロッテも薮田、小林雅がメジャーに行って、藤田も衰えて巨人へ行くなど中継ぎ以降の投手に不安をかかえているのは確かです。
でも、久保ならもっと良い投手を取れたような気がするんですけどね・・・。

ともかく、阪神にとっては先発に大きな柱が入りました。楽しみです!
よく考えれば矢野の後継者争いで頑張っている岡崎とは松下時代のバッテリーですね。良い刺激になるかもしれません。

ハシケンよ。オリックス戦で会いましょうw
| 虎話 | 12:04 | comments(3) | - |
OP戦など阪神のいまんとこの感想
WBCについて持論を熱く語りましたが、今度は阪神。

先週のぶったまを見ていてまず感じたのが、鳥谷の顔

随分、引き締まったというか・・・昨年までは俗に言うボンボン顔だったんだけど、スキのない責任感の強そうな顔になっていて驚きました。
やはり「そろそろ自分がチームを引っ張っていかなくてはいけない」という自覚に芽生えたのでしょうか?
それとも早稲田の大先輩である岡田監督が辞任して、鳥谷の特権的な部分もなくなることで「このままじゃいけない」と悟ったのでしょうか?
いずれにせよ、そういう意識が芽生えたのなら非常に期待できそうですね。
昨年までの鳥谷は確かに好選手なんだけど、なんか甘さのようなものが時々見え隠れしているように感じた。

OP戦に関してはまだなんともいえないですが、リーソップは今年も使えなさそうってのはわかった(笑)
ボギーが中継ぎOKって言ってくれていれば良かったのに。
そういえば土曜日のオリックス先発はボギーでした。相変わらず先発したいってダダこねているようですね。
オリックス入団時に「中継ぎもやる」とか言っていた時に「うそつけ」って思っていたが案の定。
だって、その柔軟性があれば阪神がクビにしないって(笑)
それでもオリックス・・・・

http://www.sanspo.com/baseball/news/090303/bsk0903031117001-n1.htm

だからやんないって!(爆)

玉置、白仁田、石川などの若手投手が良い結果を出して、課題の一つの先発投手は結構いい感じなんですが、最大の課題の「矢野の後継者」が・・・
最右翼である狩野があの状態だからね。重圧が大きいのかねえ。
岡崎が崖っぷちから復活してなんとか頑張ってはいますが、いきなり2番手捕手ってのはまだ早そうだし・・・
こう考えると野口の存在の大きさを感じるが、いつまでも頼っているわけにはいかないので良い機会でしょう。
ただ、狩野の様子を見ると浅井じゃなくて彼こそが外野転向必要なんじゃないかと思えてくる・・・。ファームで首位打者も取っているんだからね。

外野手といえば桜井も相変わらず。昨年は林が怪我でフォードがあんなんでも出てこれず、今年はメンチが評判良くて、林も健在な状態でこれじゃあますますあかんやん。

本日はこのへんで。

そろそろ順位予想の準備しないと・・・。
| 虎話 | 18:07 | - | - |
キター!!
とうとう念願のこれが来ました〜。



てっきりチケット以外になんか入っているのかな?と思ったけど
案内みたいなのと食べ物関係の申込書だけ。

殿様商売やの〜阪神さん。

まあ、それでも売れるんだから当然か。

俺みたいなサラリーマンには結構思い切った買い物なんだけどな。
とはいっても、自分が行かない分や一緒に行く人には譲るわけだから
そんなに今までと差はないかも知れないし。
チケットの心配をしなくていいという安心料と思えば安いかな?

しかし、パッと見いなんかの伝票台帳みたいやのぉ。



明日はこれでS君の横っ面でもはたいてやるかw
| 虎話 | 17:35 | comments(5) | - |
「ぎぶみーちょこれーと」というとなぜかチョコレートが
・・・出てきません。

というわけで土曜日はバン・アレン帯のお誕生日・・・じゃなくてバレンタインデーですね。
そういえば、先日ジェネレーションギャップの話から戦隊物の話になって、
「ゴレンジャー」とか「サンバルカン」とかいう名前の中に「コウガマン」と言ったヤツがいた。
「なんでハロゲン氷酢酸しぶきやねん!」ってつっこんだら「さすが!通じましたか!」と喜んでいた。う〜ん、すばらしい会社だ。

なお、ここまでのやり取りがわからない人は考え込まないように(笑)

今年も無事にいくつかはもらえた。
グランフールという店のチョコレートが美味しかった。関東で有名なベルアメールの系列店らしく、阪急百貨店のフェアで横にあったマカロンが美味しそうで、ついでにチョコもそれにしたそうな。
洋菓子は阪神間が一番と思っていたが、さすが東京ですな。

さて、話は変わって練習試合。
メンチが一発を打ちました。この時期なので結果だけではなんともいえないけど、外国人が苦手な低めの変化球を下半身を使ってもっていったところを見ると、ちょっと期待できるかなって感じがした。昔、フィルダーがこれをできるようになってブレークしたからね。今度は外角の逃げるスライダーのような変化球(シーツがよく空振りしていた球)に対する対処を見てみたい。
当日は出かけていたため、ニュースではこの映像ばっかりでしたので、それ以外はわかりません。白仁田は打たれたみたいですけど内容はどうだったんでしょうね。

宜野座キャンプも終わりですね。今年も沖縄には行かず。(別件で4月に行く予定はあるが)
来年以降は仕事も忙しくなるだろうし、諸事情もあってどんどん難しくなるだろうな。
まあ、一度記念に行ってみたいもんですけど。
| 虎話 | 12:24 | comments(3) | - |
練習試合!
今年から当社に産業医の先生が来まして、健康診断で引っかかった人が呼ばれてアドバイスを受けるのですが・・・

産業医「お酒は結構飲むの?」
のら「いや、ほとんど飲めないです。」
産業医「うそ!?」
のら「なんでですの?」
産業医「だってこれ、君、この血液検査の結果は典型的な酒飲みだよ。」


産業医は酒の飲み方のアドバイスをするつもりだったらしく、その前提が完全にくつがえされたため、かなり困っていた。結局「太り気味なんで少し痩せられるように努力しましょう」で終わりました。

俺は体内で自家醸造できるらしい(笑)

確かに阪神戦を見ていると体内醸造が加速されているのかもしれない。
そういえば2/11に阪神−日本ハムの練習試合がありました。
どちらも贔屓のチームということもあり、注目していました。

感想

白仁田:うまく言葉で表現できないが、かなりやれそうな感じ。
    あのソフトバンクが1位で狙っていた投手だから故障が治った今、
    期待できそう。

玉置 :相変わらずまとまった感じで小気味よい投球。岡田阪神時代は若手
    戦力を試すのを怖がっていたが、真弓監督になってどうか?
    チャンスをつかめばいけそう。

黒田 :評判は良かったが、コントロールと変化球がないと一軍相手だと
    厳しい。調子うんぬんというより現時点での力不足を感じた。

今岡 :この時期に打者うんぬんはまだ早いのだが、三振の内容が心配。
    とても首位打者、打点王を取ったベテランとは思えない内容。

中田 :2安打しているのはいいが、なんかバッティングに豪快さがなくなっ
    たような。。。
    確実性を求めて広角に打っているのはわかるが、なんかこじんまり
    したような。
大野 :高橋信二の打撃をいかすためにも、大野の台頭は必要。
    見たところ早いうちに一軍で見れそうな感じがする。

鵜久森:なぜ1番?育成方針を変えたのか?

ざっとこんな感じかな?実績のある選手(今岡もそうなんだけど・・・)はまだこの時点でどうこういう必要はないと思うので、今回はこれぐらいで。
| 虎話 | 12:06 | comments(4) | - |
FC先行発売
本日は阪神タイガースのFC先行発売。
甲子園の巨人戦以外の全ゲームと京セラドームの試合の一部の席を一斉発売。

例年(といってもFC先行発売は最近だが)なら、めちゃくちゃがっついて買うところなのだが、今年は年間指定席があるから精神的に余裕あり。
といいつつ、いつもは会社の弁当なんだけど、パンを購入して備えているところが十分がっついてるか?

やっぱりたまにはライトで応援したいし、週末なら大人数で応援したいということもあり、週末の交流戦を中心にライトを狙ったところ意外とあっさり取れました。

ところで、ローソンチケットなんですが、最初の同意事項のところを「同意しない」にすると先に進めるというとんでもない状態で、”これはかなりのクレームが来るんじゃないか!?”と思いつつ、会社の昼休みに頑張ってました。

開幕戦の京セラドームのチケットは今年から年間指定加入の人は先行購入間に合わないので欲しいところですが、今回のFC先行では特別指定席と内野上段のみ。
京セラドームの上段席って見難いんですよね。
まあ、一般発売でレフト指定狙いでダメならいっか〜って感じです。

会社帰りにフラッと甲子園

なんば線ができれば、ちょいと京セラドームも可能。
ん〜、良い環境に会社があるもんだw

といっても、毎日定時に帰れるわけがないんだけどね・・・(汗)
| 虎話 | 18:21 | comments(1) | - |
シュート打ちの名人の訃報
山内さんが亡くなった。
私は現役時代は勿論知らない。中日の監督のイメージがある。
ただ、年配の阪神ファンの方と話をしていると必ず出てくる人だ。
「山内⇔小山」世紀のトレードで大毎オリオンズから阪神へやってきました。今で言えば「岩隈(楽天)⇔村田(横浜)」というような感じですか?
そう考えるととんでもないトレードですね。

うちのおかんはあんまり野球に興味がない(最近私の影響で見るようになった)そんなおかんが学生時代に一時期大毎オリオンズをなぜか応援していたらしい。
当時ミサイル打線と言われた大毎打撃陣の4番打者。
ちなみにうちのおかんはその前の3番を打っていた葛城隆雄という選手のファンだったらしい。

阪神に来てからも4番として1964年の優勝に貢献。
その後広島に移籍して引退。

山内さんを見たのは2年前、ロッテ−日本ハムの千葉マリンでの開幕戦。
大阪行きの直前に観に行った時に始球式をつとめられました。
しかし、そのときすでにかなり痩せられていてマウンドへ歩くのがやっと。
ボールも手を上にあげて放したというような感じで“投げた”と言えるものではなかった。
つい最近まで各球団で精力的にコーチしていた印象があったので、その姿を見てショックを受けたのを覚えています。もうその時点でだいぶ体を悪くされていたのでしょうね。

ご冥福をお祈りします。
| 虎話 | 12:08 | comments(4) | - |
阪神タイガースと阪神電車
いよいよキャンプインです。あっという間ですね。
これから開幕まではワクワクドキドキなんですよね。
あと、オープン戦も楽しみです。阪神の試合を勝ち負けこだわらずにのんびり見られるのはオープン戦だけだからね。
真弓阪神なんですが、キャンプのメンバーで今年どの部分を強化したいかがわかるという点は評価したいね。矢野の後継者に若い先発投手に出てきて欲しいという意図が明確に見えます。
後はどう強化するか・・・これはコーチの仕事になってくると思いますが、楽しみですね。
1回ぐらい記念にキャンプも見に行きたい(安芸は行った)けど、民間企業で仕事している身ではなかなか難しいなあ。有給休暇は取りやすいほうだけど、ちょうど監査やなんやらでとても休めるような時期じゃない。まあ機会があればかな?

そういえば、阪神なんば線もいよいよ来月開通です。
仕事後に京セラドームまで行くときの時間が30分ぐらい短縮されそう。
それはいいんだけど、同時に当然阪神電車のダイヤ改正も行われるわけで・・・
電車の便数や停車駅などが大幅に変わります。

これがうちの社内で非難轟々です。

まず、現在平日の夕方しか走っていない快速急行が奈良方面に行くために常時走るようになります。私の会社の最寄り駅は武庫川駅のため、平日のラッシュ時は快速急行は停まりません。しかも毎朝乗っている急行がラッシュ時の運転をやめるということなので、快速急行乗って甲子園で乗り換えるか、それが面倒なら普通に乗っていくしかなくなります。

私はまだ良いのですが、西宮以西の人はもっと怒っています。
山陽西代から急行(多分東須磨発)に乗って通勤している人は「特急で西宮で乗り換えなあかんし、これじゃ座っていかれへんかもしれへんやん。」
またうちの会社の独身寮(マンション借り上げ)は御影駅にあるんだけど、快速急行は今度の改正で魚崎や芦屋には停まるようになるのだが、御影は停まらないまま。
したがって、御影は特急と普通しか停まらないわけわからない駅になってしまいました。

青木は区間特急の始発駅になったからまだしも、岩屋(快速急行・急行停車)や大石(急行停車)は普通しか停まらない駅に戻ってしまいました。
なんか、西宮以西の住民に喧嘩売っているようなダイヤ改正ですなあ・・・。

なんば線が出来たのはうれしいけど、こんなに本線が不便になるとは・・・。
開幕戦は早速、これに乗ってドームに行くことにしよう。
| 虎話 | 12:39 | comments(3) | - |
剥奪じゃなくて変更
各スポーツ紙に“杉山、筒井背番号剥奪”って書かれていたが、

杉山 18→17
筒井 19→20


これ、ただの変更やん(爆)
確かに18って巨人とかならエースナンバーだけど、阪神では特にそんなに印象は強くないし、心機一転って感じやん。背番号剥奪っていうから40番台とか50番台になるのかと思った。(金村大は“剥奪”だね・・・)

ただ、杉山に取ってはてっきり40番台とかに変更されると思ったのに17というそれなりの番号だったから、「よっしゃ、がんばろか」って気にはなるかもね。
杉山の性格だと40番台や50番台になったら「ああ、俺はもうダメなんだ・・・」って意気消沈しそうな感じがしていたので。監督も代わったし、いい切り替えができるかも。

この背番号変更は「このままではあかん」「だけど追いつめ過ぎてもあかん」という状況でちょうど良い塩梅だったかも知れない。
杉山、筒井のプライドを保ったまま、奮起を促すというなかなかのやり方ですね。

でも・・・阪神の背番号17で真っ先に思いついたのは源五郎丸だった(汗)

20は・・・伊藤・・・年に1回だけ確変起こす分、こっちの方がまだマシか?w
| 虎話 | 12:22 | comments(2) | - |
プロ野球オールスタースポーツフェスティバル
来年1月4日放送の「プロ野球オールスタースポーツフェスティバル」の収録に行ってきました。
正直、”お供”ですw
だって、基本的に試合が見たい人だから選手がゲームやってるのを見ても・・・って感じです。
まあ、一度に豪華なメンバーが見られるちゃあ見られるんですけどね。

入場したら恒例の選手とのハイタッチ。
今回もパリーグ側。オリックス組(小松・坂口・加藤)+田中賢介(日本ハム)、松坂健太・涌井(西武)という面々でした。
涌井がちょっとめんどくさそうな顔してましたけどw
相方はオリックスファンなので小松に「新人王おめでとうございます」って言って「ありがとう!」といわれて舞い上がって、「今日はこれでもう満足!」とご機嫌でした。そんなもんなんかねえ・・・w

内容は放送のお楽しみってことで、写真だけ適当に何枚か載せておきます。


オープニング収録(蛍ちゃん・ココリコ遠藤・里田まい・品川庄司・ブラマヨ)


球児です。


解説(?)の金本&新井師弟コンビ


浅尾美和。やっぱ背は高い


クイズ出演の葛城。珍回答やってくれました。内容は放送で。


他にもシークレットゲスト(ほとんどは芸人だが)がいっぱいいますが、
これは放送のお楽しみということで、ここでは触れないようにします。
まあ、とにかく猪木がいっぱいいました(謎)
来年も相方は行く気満々でアリーナいきたい!とか言ってますけど、
まあ正直どっちゃでもいいや。
まあ、数千円で選手やタレントが見れるっていうのは安いっていえば安いかな。いい気分転換にはなったかも。
| 虎話 | 18:10 | comments(2) | - |
メンチ勝つ or メンチ切る
新外国人としてケビン・メンチが合意に至ったという報道がされています。

まあ、フォードより実績あるし、成績見たところ選球眼もそんなに悪くなさそう。問題は日本野球への適応性やろね。
特にフォーク、スライダーといった変化球への対応。
パワーは十分ありそうなので、ちょっとだけ期待してみましょうか。
あかんかっても林に桜井と候補はおるしね。
とかゆうて、昨年フォードについても同じことを言って、結果総崩れだったけど・・。

しかし登録名は“メンチ”のままでいくのかな?
いろんなところで“メンチ勝つ(メンチカツ)”というような内容を見ますけど、実は関西ではメンチカツって言わないんですよ。
基本はミンチカツ。

関西人はメンチって聞いたらそっちより

何メンチ切っとるんじゃあ〜こらぁワレ!!

の方を連想する人の方が多いでしょう(笑)

グレンみたいに登録名はケビンになりそうな予感。
さあ、競争に”メンチ勝つ”のか、それとも負けて”メンチ切られるのか”・・・どっちでしょう。
| 虎話 | 17:41 | comments(2) | - |
野球と政治のお話
週末の出来事を2つ

まずは三浦のFA残留。結局、三浦は横浜残留となりました。
正直、これで良かったと思います。全盛期ならともかく衰えの見られ始めた三浦をお金だけならともかく人的補償まで取られることを考えると。
しかもこの人的補償が1軍戦力クラスになると思われるからね。
しかし、三浦も理由が「横浜に愛着」「強い球団を倒してこそ」と言うけど、その理由ならなぜFA宣言して、しかも「五分五分」という発言をしていたのか・・・。
ここからは私の推測ですが、もし岡田監督のままなら三浦は阪神に来たでしょう。恩人ですからね。シーズン中から三浦もその気だったんじゃないでしょうか?
しかし、あの一連の件で急遽辞任した。三浦は、
「ここで岡田監督がやめてしまうってことは、横浜に残れということかな?」と思ったかもね。真弓新監督は口では欲しいといっている割にはあまり行動せず。
本音はどうだったんだろうね?このあたりも関与したのかもしれません。
惜しむらくは
リーゼントのトラッキーが見れなかったことかな?

もう一つは日曜日の「たかじんのそこまで言って委員会」
あの田母神氏が登場するということで楽しみにしていました。
私の田母神氏に対する印象は以前ここに書きましたので興味あればどうぞ。

しかし、この番組でむごかったのが新社会党の原和美氏
前日の参議院選挙でも兵庫県で9条ネットから出馬していた左翼の非戦論者なんですが、言っていることが支離滅裂
口を開けば、周りから矛盾指摘されてフルボッコw
まあ、あまりにも内容がお粗末なので仕方がないんですけどね。
そのお粗末な発言をいくつかご紹介します。

政治家は理想を語らなきゃ 
政治家は現実を見ないといけません、理想ばかり語って実現しなければ意味がない。

テロリストが責めて来たらどうするの?の質問に「だからそうならないように話し合いをするんです!」 
話し合いですべて済むなら、北朝鮮に対して何も苦労しません。ムンバイで起きたテロが今まさに起こっているときになんでそうお気楽お花畑な発言ができる!?

田母神さんは公人なのに政府の見解に従わなかった。だから違憲 
どこが違憲?じゃあ、国歌斉唱、国旗掲揚を反対している日教組はどうなん??

とにかく、すべて性善説から入っているんですよね。泥棒に対してどういう対策をしようかという話に「泥棒来たら話し合いしましょう」と言っているのと一緒。
なんでセコムが商売として成り立っているのか考えたことがあるんだろうか。
社民党の福島にしてもこの原氏にしてもなんでこういうマヌケな発言を真顔でできるのか不思議だ。
辛坊さんの抑止力についての質問の意味も理解できないし、何しに出てきたんだって感じ。

「原さんはいい人だけど、政治は任せられない」という三宅さんの言葉が物語っていますよ。
彼女らは理想論ばかり唱えているし、“世の中悪い人なんていない”って前提ですべて物事に入っているからあんなちゃらんぽらんな発言になるんでしょうね。
もし、本気でそう思っているなら相当のバカだし、現実をわかっていてあえて理想ばかり唱えているのなら変な宗教家と一緒、かなりタチが悪い。

もう一人の天本氏という左派もポツダム宣言を全く勘違いしているのか、都合のいいように取っているのか支離滅裂だし、番組ももっとまともな左翼を呼べなかったのか??
でも、そんな原氏はうちの母校出身(大学院)だったりします・・・・
ああ、恥ずかしい。

最近、資本主義の行き過ぎで共産主義が見直されています。実際、蟹工船が今になって再びブームになったのもその影響でしょう。
弱いものが淘汰される現状に、「みんなで助け合って頑張ろう」という共産的思想は確かに必要だし、右に寄り過ぎることをけん制するためには必要だと思う。
しかし、人間が聖人君子でない限り、共産主義国家は独裁国家になることは東欧諸国の崩壊や北朝鮮の状況を見れば明らか。だから資本主義が行き過ぎないように理想に近づけるための共産主義的な考え方は必要だが、共産主義は理想であり現実は不可能だということは理解しないといけない。
彼女らはその「理想」の前提で議論しようとするから矛盾だらけになり、その矛盾を肯定するために支離滅裂な発言を感情論で繰り返す。

しかし、インタビューで本気で南京大虐殺はあったと信じ切っている人がこれだけいるとは驚いたな。
前にも書いたけど、もうちょっとみんなリテラシーというものを持って欲しいものだ。

なんかこういう論調になることで段々オヤジになっているような気もします(笑)
| 虎話 | 12:44 | comments(5) | - |
選手は試合に出れてナンボ
この3連休、完全に風邪でダウンしていました。
いやはや、今回の風邪はめちゃくちゃきつい!
3日間で箱ティッシュを4つ以上消費しました。おまけに咳をしすぎて血が出る始末。なんとか本日は会社にいける状態になったんですが、まだ胸の筋肉が痛い(咳のしすぎ)
しかし、今回は3連休でよかった。昨日なら歩くのもままならず、とても会社へ行けるような状態じゃなかった。
“せっかくの3連休がもったいない!”というよりも“風邪ひいたのが3連休でよかった”と思ってしまうところがサラリーマンの悲しいところかな。

ところで三浦のFAの陰にかくれてしまっているが野口のFA移籍がほぼ確実との噂。

阪神にとっては矢野のスペアとして重要な選手でありますが、横浜は正捕手相川がFA移籍確実で、それまで第2捕手を務めていた鶴岡も今シーズン途中、巨人へ移籍。よって一軍定着すら微妙だった武山、斉藤のような若手捕手しかいない状況。
野口がレギュラー捕手として期待されているわけです。
逆に阪神もいつまでも矢野、野口に頼っているわけにはいかないので野口がいなくなることによって狩野や小宮山をどんどん起用する環境になることを期待する。
岡田監督時代は失敗を恐れるあまり、矢野か野口の実績ある捕手しか起用しなかったが、捕手というのは実戦で何度も失敗して経験しないと育たないポジションだと思う。たとえ数試合犠牲にしてでも将来の阪神のためにどんどん若手捕手を起用し、育てて欲しい。

私の価値観では
「野球選手は試合に出てナンボ。飼い殺しするなら他球団でチャンスを」
いくら金積まれてもベンチを暖めるだけなら、必要とされるチームでレギュラーとして活躍してほしい。それが阪神にとってマイナスになっても野球界としてはプラスになるわけだから。私の巨人に対する一番のアンチ理由もこれですね。

これは能見や杉山にも同じことが言える。
先日のブログでメンタル面の話をしたが、彼らは阪神にいる限りそういったレッテルが付いて回ると思うんですよね。
今年の能見に関しても2〜3回登板で良い内容で1回打ち込まれたら即二軍落ちなど、平等に見てももうちょっと見てもよかったんちゃう?と思うこともありました。
今の阪神では彼らは常に二軍に落ちることをこわがってビクビクして投げているような感じがします。
幸い横浜は投手難であり阪神より競争が激しくない分、チャンスも多いと思うし多少打たれてもまたチャンスがもらえる環境だと思う。
そういった環境で再出発する方が選手たちにとってはいいかも知れないと思い始めた最近。

阪神も真弓体制になって少しは変化があると思うが、やはりイメージというものはそう簡単に払拭できるものではないし、投手コーチも一新したわけじゃない。
そう考えれば、いっそ新天地でイチからやった方がいいのでは?と思う。FAの人的補償ってことはその球団が欲しいと思ったわけで、「期待の戦力」だからこそなんだから。
広島の赤松が「阪神では常に二軍落ちと背中合わせでネガティブになっていたが、広島では失敗してもどんどん使うと言われて前向きになれた」というようなコメントをしていたが、能見や杉山にも同じことを期待している。2人とももうすぐ30歳とあまり時間は残っていない。

もし、三浦獲得となって人的補償に彼らが指名されたら、「“阪神のプロテクトをはずれた”ではなく“横浜に戦力として期待された”」と前向きに捕らえてもらいたい。
彼らにとっては間違いなくチャンスなんだから。

ん?もし、甲子園で完封勝利されたらどう思うかって?
そりゃそんときは

なんでプロテクトはずしたんじゃ〜!ボケ〜!
ってヤジるでしょうね(爆)
野口とのバッテリーにやられたときたぁ日にはねえ・・・・(笑)

まあ、阪神で開花してくれたら一番いいだけどね。そりゃあ。
| 虎話 | 12:40 | comments(2) | - |
FA三浦の代償は?
最近、野球ネタを書いていませんでしたが、久々に書いてみます。
横浜三浦がFA宣言をして、阪神入りが噂されますが、ここでまたプロテクト枠の問題があります。
28人のプロテクト枠、対象は新人、FA宣言中、外国人選手を除く全員。
複数年選手は大丈夫という話はどうやら間違いのようです。
さて、その28人の候補を考えていきましょう。

まず・・・確実にプロテクトされるであろう選手

投手:渡辺・安藤・岩田・藤川・江草・久保田・上園・下柳
野手:矢野・鳥谷・関本・平野・金本・新井・林・桜井・赤星


これだけで17人・・・・

あと、若手有望株でプロテクトされるであろう選手は

投手:白仁田・鶴・石川・若竹・阿部
野手:狩野・橋本良・坂・野原・高濱・高橋勇



・・・・うそぉ!これだけで28人枠埋まってしまった(汗)

では、

投手:金村暁・能見・杉山・福原・橋本健・玉置
野手:小宮山・今岡・浅井・藤本・桧山・葛城・高橋光


このあたりははずれてしまいそうですね。
まあ、上記の若手有望株のうち数人入れ替えたとしても谷間の先発、準レギュラークラスが対象外になるんでしょう。

じゃあ、横浜はどういった選手を欲しがるでしょうか?
捕手は野口をFAで獲得しようとしているし、実績にある捕手が欲しいと思うので小宮山・狩野のような選手なら武山・斉藤・細山田を育てると思います。
外野手は早大の松本をドラフトで獲得、そして広島から森笠を獲得している。
また、若返りをしようとしているのでベテランは獲得しないでしょう。
だって、「石井琢朗と鈴木尚切って、桧山獲得」なんてなったら横浜ファン切れますよ(笑)

となるとやはり可能性の高いのは投手でしょうね。
能見・杉山・福原あたりが候補かな。年齢的には能見・杉山が可能性高そうですね。(金村は日本ハム時代のいきさつがあったりするので敬遠しそうな気がする。)
・・・・杉山になったら背番号18同士の交換になってまうな。

いずれにせよ、このクラスの選手なら環境が変われば大化けする可能性も高い。赤松の場合は「阪神にいてもポジションがなかったからな」という言い訳ができるが、投手になったらできないからね。
まあ、あくまで予想のプロテクト枠だけど、このクラスの選手が1人人的補償になるのは確実だから、慎重に行ってほしいね。
三浦も年齢が年齢なので下手したら出て行った選手のほうが活躍したなんてことになりかねないからね。

それから三浦に関しては経緯上、昔からいずれは阪神にといわれていたので個人的にはいいかなと思うけど、川上にまで手を上げるような節操なしはやめて欲しい。
それこそ今までの巨人と一緒だよ。巨人は逆にFA獲得凍結、若手育成重視と改革が進んでいるのに今度は阪神が同じようなことすることだけは勘弁して!
巨人に対するアンチテーゼの一番の理由がそれなのに、巨人がやめて阪神がそれをするようなことになったら、阪神ファンを続けていけるかどうか正直あまり自信がない。

まあ、大枚はたいても補強に失敗するんだけどね。阪神は。
3億もかけて、ジャンとかいうわけわからん外国人連れてくるんだもん。
それが阪神らしいちゃあらしい!にくめないところだわ。

さてさて、どうなるやらねえ。
| 虎話 | 17:51 | comments(6) | - |
阪神のコンセプトは何?(ドラフト)
ドラフト会議が終わりました。

1.蕭一傑(奈良産業大学) 投手 右
2.柴田講平(国際武道大) 外野手 左
3、上本博紀(早稲田大)  内野手 右
4.西村憲 (九州産業大) 投手  右

育成1 野原祐也(富山サンダーバーズ)外野手 右
育成2 吉岡興志(常盤大)      投手  右
育成3 藤井宏政 (加古川北高 )   内野手 右


まあ、早稲田の松本を取りに行って、クジをはずして
さらに藤原取りに行ってはずして・・・・
南さん、あんたねえ(苦笑)

まあ、それはしゃあないからおいといて、
松本はずして、なんでいきなり蕭?
柴田は俊足の左の外野手・・・赤星、平野とかぶりますが・・・・
早稲田の上本!確かに3位で取れたなら上出来だが、内野手って飽和状態だよなあ・・・それに1・2番タイプは結構いるよね。

投手も右ばかり・・・

補強課題の捕手は!?右の打てる外野手は!?(育成枠では野原がいるが)

なんかビジョンというかコンセプトが全く見えないんだよね。

まさか行き当たりばったりで取ってないだろうな!?

相変わらずドラフトが下手だなあ〜というのが印象。
ただ、正直今年は不作の年かもしれないねえ。
案外、育成枠の方が良いような。。

しかし、もしFAとかで捕手の補強ができなかったらどうするんだろ?
浅井は外野手専念だそうだし、狩野になるのか?
結局、矢野が頑張っていそうな気がする・・・・・。

お〜い!一軍投手全員英会話に通わせて外国人捕手補強しろ!
昔、ロッテにディアズっての捕手やってたな。そういや。

ところで長野はロッテに行くのかな?
| 虎話 | 18:15 | comments(2) | - |
結果以前に試行錯誤が見えなかった広澤コーチ
岡田監督、吉竹ヘッドに続き、広澤打撃コーチが解任された模様。

まあ、しゃあないね。
2年間コーチやって、何も結果出せなかったわけだし。
せめて広澤色でも出してくれればまだしも、ただ好きにやらせているだけという感じが否めなかった。
和田コーチが打撃コーチだったときは赤星や藤本がまさに現役時代の和田豊のようなフォームになり、それなりに結果を出した。
当時大砲候補だった関本まで“つなぎの打者”になってしまったのは賛否両論あるが、今年の活躍などを見ているとは少なくともチームに貢献はしています。
そして、守備走塁コーチになり、3塁コーチャーになったら中日落合監督が「阪神の積極的な走塁にやられた」というように敵から見ても意識が変わったということがわかります。

別に結果が出るかどうかはわかりません。時には悪くなる場合もあります。
でも結果が出ないときにあれこれ考えて工夫するのがコーチの仕事だと思います。
しかし、打線が不調になっても何か動くわけでもないし、エンドランなどの作戦を多用する風な感じも見られない。
正直、広澤コーチの改善しようという意思が見えなかった。
結果が出ないならもがいて欲しいんですよね。せめて何か現状を脱しようという姿勢が見えればよかったのですが、正直それが打線には見られなかった。
これはあくまで素人目線とは思いますが、広澤コーチのブログの内容を見ているとこの通りなのかなと思います。常に他力本願で、なんか他人事のような内容が多かった。
これじゃあきませんわ。

後は久保コーチが二軍コーチへ配置転換ってことですが、投手に関してはなんやかんやで頑張ったと思うし、岩田が一人前になり、石川も出てきたなどそれなりに結果は出たと思う。ただ、終盤にちょっと無理な起用をしすぎたかな〜。
なんでもかんでもアッチソン、ジェフ、球児になってしまっていたからな。
渡辺、江草とかもいるのに。
まあ、一軍コーチは「出来上がった選手の調整がメイン」、二軍コーチは「若手選手の育成がメイン」と役割が違うので、ガンガンいい投手を一軍に送り込んでください。

来年はバルちゃんあたりが大化けしてくれることを祈ります。
まさか、来年オフに小指を骨折してメジャーに行ったりしないよね(汗)
| 虎話 | 12:17 | comments(3) | - |
終戦
終わっちまった・・・・byシャ乱Q

古いなぁ〜・・・。まあ、それは置いといて阪神タイガースの2008年は終了しました。
昨日の試合は岩田VS吉見の投手戦・・・・。
ただ、岩田がほぼ完璧だったのに対して吉見は1点ぐらい取れそうな感じしましたけどね。
ことごとく打線が凡退しました。

そして9回に岩田に代わり球児。そして運命の瞬間・・・・
球児VSウッズ。カウント2−3
球児は真っ向勝負にストレートを投げ込んでホームランを打たれました。

まあ、球児の真っ向勝負はしゃあないし、個人的には納得いっているのですが、「ここで打たれたら岡田監督の最後の試合になってしまう」ということが球児の頭にあったかどうか。結局、球児は「ストレートで勝負をしたい」という自分の信念を選択した。
それが悪いと思わないが、球児自身は後悔しているでしょう。
多分ウッズの打球がスタンドに入った瞬間、岡田監督のことを思い出したような感じだったんじゃないでしょうか。

そしてもう一人・・・このクライマックスで全く貢献できなかった新井。
2戦目の内野安打1本のみ。前半戦の活躍は良かったが、腰を痛めてそれを承知で五輪行き。(勿論、星野が悪いが、新井にも責任ある)
そこで悪化して、五輪終了後にもチームに戻れず、その間阪神は巨人に歴史的屈辱を与えられる。しかも最後の打者は新井。
そしてクライマックスシリーズでも全く活躍できず、足を引っ張り最後の打席もポップフライ。運命って残酷だわ。

まあ、今シーズンは終わりました。岡田監督は辞任し、真弓監督という噂です。そこでの活躍を期待しましょう。
そして今年の反省を来季いかしてください。

最後に藤川球児殿

今オフ、メジャーに行きたいなんて言い出さないでしょうね?
あなたがある意味岡田監督に引導を渡してしまったのは事実です。
夢を捨てきれないのなら、来年日本一になってやり遂げてから夢へ向かってください。
私は貴方は星野仙一と違って、責任、けじめのつけられる漢だと信じています。来季も阪神の藤川でいてください。
| 虎話 | 17:50 | comments(0) | - |
CS観戦記
土日クライマックスシリーズに行ってきました。

土曜日は外野レフトスタンド。
京セラドームの場合、外野は「外野指定席」と「上段外野指定席」があります。
当然ライト外野指定が一番良いんだけど、ここはほぼ年間指定などの先行発売で売り切れ。
そうすると上段ライト外野・・・・となるのだが、これがまたグラウンドから遠いのと、応援団はライト外野指定におり、その間には当然床があるので音が聞こえにくい。そのへんを踏まえてレフト外野にしました。
(ただ、CSに限っては上段にも応援団がいたようでしたが)

普段に比べてドラファンがそれなりに多かった・・・って言ってもまあ1割いるかどうかでしたが。。。
試合は投手が踏ん張るも野手がふがいない。
矢野が出て、無死1塁で2−3からエンドランかけるも8番平野はポップフライ。
平野さぁ・・・お前の仕事っていうか持ち味わかってんのか!?(怒)
せめて転がせよ!!それやったら藤本と一緒やんか。

おまけに無死1・2塁から3・4・5が何もできずに凡退・・・情けない。
ほんまに情けないだけで終わった初日でした。写真取る気も起こりませんでした。。。

ちなみに色んなところで見かけた「代打桧山は早すぎたんじゃないか?」という意見について・・・私はあれで良いと思います。理由は

1.中日には左の中継ぎに良い投手が多く、抑えも左の岩瀬。阪神打線も左の主力打者が多いので、左が出てくる可能性が高い。

2.打線の重苦しい雰囲気を桧山起用によって早く払拭したかった。あそこでタイムリーが出れば流れが変わった。

このへんでしょうね。右投手川上のうちに桧山を起用して登場による盛り上がりを有効的に使おうとしたのでしょう。けど、見逃し三振じゃ盛り上がれませんわ。

そして後がなくなった2戦目。
1塁側の内野を取ったのですが、ほとんどライトでした。しかも最後尾。
なかなかの席でございました。



ただ、鳥谷のホームランがわかりません(爆)
ちょうど死角になってしまいまして、周りの反応で入ったかどうかがやっとわかる感じ。だから浅井のファインプレーも家帰ってから見ました。

最初の4点と鳥谷のソロホームランはいいけど、後の2点は完全に中田の自滅。やっぱりもうちょっと打ち込まないとね。
新井の不振がひびいている感じかな。ほんまに腰は大丈夫なんかいな・・・。
8回はなんと久保田登場。久保田のテーマソングが球場に流れた瞬間、なんかザワザワザワって空気になりました。明らかに球児のときとは違う雰囲気。
まあ、岡田監督も早くこういうイメージを払拭したかったんでしょうけど、いきなりウッズにホームラン。和田打ち取るも中村にヒット。井端のときに交代で入っていた藤本がファインプレー。あのアウトが非常に大きかった。

藤本はあの後ヒット打って盗塁を試みるアグレッシブさ(盗塁はアウトw)
なんとなく、この短期決戦のラッキーボーイは藤本じゃないかと思った。
今日は是非藤本をスタメンで使って欲しい。なんかやってくれそうな気がする。

なんとかこの試合勝って1勝1敗。




本日はさすがに仕事があるので、TV観戦です。
(甲子園ならいけるけどね。仕事後に京セラは厳しい)
岡田阪神の野球をもうちょい見たいなあ・・・・。

それと勝ってもらわないと、今週末の会社の研修旅行のしおりの内容を一部急遽差し替えしなければならないので(汗)
頼みますよ!!!
| 虎話 | 12:25 | comments(0) | - |
真弓〜真弓〜ホームラン♪
次期監督に真弓さんが最有力候補に上がっているみたいですね。
まあ、私のことを実際に知っている人は私が「古くからの真弓ファン」ってのはよくご存知だと思います。応援ユニフォームも「MAYUMI 7」ですからね。

ただ、かといって監督となると「う〜ん」ってのが本音。
結構、職人気質なんですよね。昔、真弓さんがライト守っているときにファンがいくら声をかけても手も振らなかった。
そういうタイプの人がチームを指揮するのは果たしてどうなんだろうかという不安があります。まあ、言ってもコーチ陣次第だと思いますけどね。
個人的には「チームのコンセプトや戦い方を明確にして、目的がぶれない采配」を期待ですかね。
岡田監督は頑固でしたが、ある意味「一度決めた徹底する」というのは評価できました。
ただ、思い込みで突っ走ってしまう観は否めませんでしたが。。。

あと、真弓さんが近鉄でヘッドコーチをやっていましたが、あまりコーチの仕事の評判は聞きませんでした。良いとも悪いとも。
まあ、梨田監督、真弓ヘッド、小林(繁)投手コーチと一昔前の男前集めて何たくらんどんねん!?マダム狙いか?ついでに江本も呼んでこい!って方が強かったし(爆)

もし、決まったら応援するだけですけどね。
でも、真弓さんってあんまり監督って向いている感じしないんだよなあ。

しかも現在の阪神ってベテランが多くて、ある意味今年がピークだったかもしれない。
来年、アラフォー他30歳越えた戦力がガタガタっとくると、1987年の再来の恐れもある。
正直、若手の育成や補強が急務なこの状態では誰も引き受けたくないし、
木戸ヘッドコーチってことは“数年後の木戸就任までへの中継ぎ”ってのが見え見えで本当に手腕を請われての監督就任じゃなさそう。
俗に言う“デモシカ”っぽいのが非常に気がかりです。
そういった印象を払拭するだけの手腕を期待します。

もし、著作権の問題なければ1〜9のHMの後にミッキーマウスマーチ入れられるんだけどね。。。

お〜っとまだ終わってなかったな。岡田監督CSの采配頑張ってください!
運よく土日のチケット取れましたんで!!

はい、そこ!行くな〜とか言わないの!
| 虎話 | 12:29 | comments(5) | - |
今季最終戦
10月12日 スカイマークでの今季最終戦。
ひょっとしたらとんでもない試合になる可能性があったが、
その希望もむなしくただの消化試合になりました。

今回は会社のSも引き連れての観戦で、もし胴上げの試合になったら
多分一生Sは俺に頭が上がらないだろうと思ったんだが・・・
残念(笑)



でも、なんか今までと違って、ギスギスせずにほんわか楽しめました。
オープン戦というか昔の弱い時代の阪神というか、なんか結果にこだわらず純粋に「頑張れ阪神」って感じで。
横で相方が「普段もこんな感じで見てくれたらいいのに」って。
どうやら先日までが毎日怖いぐらいの緊迫感を漂わせていたらしいw
Sに聞いたら「話しかけたら吹っ飛ばされそうな感じでしたよw」

・・ううむ、まあ、今年は特別だ。勘弁してくれ。
また今シーズンの結果の原因究明についてはまた別の機会に行います。

試合は岩田が6回投げて1失点で10勝目。
打線は山本昌に助けられ、押し出し連発で勝ちました。
なんか中日の温情のように思えたのがさみしい・・・・。

平野の久々のヒットも見れたし(カムバック賞おめでとう!)
まあ、最後の試合勝ててよかったね。



試合後には岡田監督の挨拶はありませんでした。
まあ、それは毎年のことなんですが、今年は事情が事情だけにあるかなと思いましたが・・・・



まあ、来週からCSがはじまります。
選手たちも責任を感じていることでしょう。必死で頑張ってください。
そして日本シリーズ出場といきましょう。

これで観戦成績も20勝にのりました。

20勝14敗1分
あの怒涛の観戦8連敗のわりには優秀でしょ?
| 虎話 | 17:09 | comments(2) | - |
とりあえず・・・・
まだ決まったわけじゃない。

12日のチケットは奇跡的にGETできた。

結果はどうあれ最後まで阪神を応援するだけ。

現在の結果における原因や考察で言いたいことは山ほどあるが、
それはペナントが決定してから行いたい。

とりあえず見守ります。
| 虎話 | 12:34 | comments(0) | - |
ヒゲの団長との思い出
応援団長の松林さんが先月亡くなっていたらしい。

昔からのファンならご存知だと思いますが「ヒゲの団長」と有名だった初代私設応援団団長です。

実は私は昔、よくお世話になりました。
最初に会ったのは確か小学生の頃・・・ちょうど阪神が虎フィーバーにわく頃だったかな?

「おお!“ボク“が噂のトラキチか」・・・松林さんは実家のお客さんで、よくお見えになっていました。どうやらうちのおかんが「うちにもトラキチが一匹おります」とよく話してたみたいで・・・「チケット欲しかったらいつでもゆうてな」と、それからたびたびお世話になりました。

一度、大学生の頃に部活の阪神ファンの先輩の退院祝いに無理を言って
“阪神−巨人戦のライト12席”という無茶なお願いをしたことがありました。
(さすがに「かなり無理したんやから、もう勘弁してや」と言われましたが(汗))
8段ぐらいのものすごい見やすい席で、試合も8回に和田(現コーチ)が桑田から逆転打で勝ったのを覚えています。
そういえば、そんとき一緒に観戦してた1年が今、某スポーツ紙でトラ番記者やってるんやから世の中わからん!(当時確かそいつは広島ファンだったはず)

実家に阪神の選手が買いに来ていたのも松林さんの紹介だと思うし、
そのおかげで私も某球団関係者と個人的なつながりがあったりと、私と阪神の関係の中には重要な位置をしめる人であったには違いありません。

喫茶店を経営されていたまでは覚えていますが、最近お見えになっておらず
親父も「松林さんどないしてるんかな〜」とよく言っていました。

松林さんお世話になりました。天国からも阪神を見守ってください。

そしてタイガースよ!松林さんのためにも頑張ってくれ!

松林さんのご冥福をお祈りします。ありがとうございました。
| 虎話 | 12:05 | comments(0) | - |
久保田は「はかいのつるぎ」
私は基本的にプロセスで人間を評価します。
会社でも部下の仕事の結果が良くなくてもプロセスをしっかりやっていれば評価をするし、逆に結果が良くてもプロセスがいい加減ならば、結果を評価した上でプロセスを注意します

野球もそういう視点で見てましたが・・・・
さすがに金曜日の試合でその価値観が揺らぐぐらいの衝撃を受けました。

勿論、久保田のことです。
私は久保田を評価してきた方だと思います。
久保田が例のごとく劇場になっても、球自体が走っていたり、アンラッキーな当たりが多かったりしたら
「ついていないだけ。阪神にこれだけの球投げられる右投手が藤川以外にいるんかい!?」
と久保田批判する人たちに言っていましたが、さすがにここまで来るとさすがに疑問符がつく。。。

そもそもなぜ久保田は打たれるのでしょうか?

150kmを超える速球に鋭いスライダー、スタミナもあるしコントロールもクルーンほど悪くない。特に“これという技術的な問題点”は見当たらない。
杉山や能見みたいな精神的な弱さというわけでも無さそう・・・・。
技術的な問題点があれば、プロなんだから気づいて修正しようとするだろうしなあ。

となるとやっぱり「そういう星の下に生まれた」としか考えられない。

よく“交通事故にあった場合の各国の人の対応のたとえ話”にインド人なら“事故に会うのは前世の行いが悪いからだ”と言うといわれるが、そういうオカルト的なものがあるんじゃないかというぐらいの久保田の内容です。

久保田はドラクエ2でいう「はかいのつるぎ」なんでしょうか。
ちなみに私なら少し攻撃力は落ちるが呪われない「いなづまのつるぎ」を使いますw

本人は一生懸命やっているし、内容は良くてもここまで結果が出ないのであれば、やはりこの大事な時期に使うべきじゃないと思う。久保田には申し訳ないけど。
プロセスは良くても、やっぱり結果が出ないと意味がない・・・・
そういう価値観もあると思わせるような久保田のピッチングでした。

今年、もう一度同じように久保田を登板させて失敗したら、それこそ久保田の野球人生にかかわると思う。まず阪神にいられなくなってしまうよ。
このままでももしペナントを逃したら「久保田と星野SDのせい」って図式になると思う。
それは登板するたびに一生つきまとうと思う。
1973年に最後の最後で優勝逃したときも「池田の落球」が本人が亡くなった今でも言われ続けているのを考えると、下手したら引退してからも言われ続けるだろう。

久保田のためにも阪神ナインには奮起して欲しい。仲間を守るためにね。
| 虎話 | 08:52 | comments(3) | - |
雨に濡れても
ってことで雨の中、甲子園行ってきました。
ちょうど外野の照明灯の下でまさに
♪Raindrops keep falling on my head
でした。(汗)
ちなみに雨の歌で好きなのはThe Cascadesの“RHYTHM OF THE RAIN”なんですが、和訳タイトルが“悲しき雨音”・・・
悲しくないし♪

まあ、とにかく会社(武庫川周辺)にいるときから、時々外を見ながら
“ほんまにやるんかい!?これで!”と心の中で突っ込みながら結局終業時間になって甲子園に向かいます。
会社の門を出ると、別部署の女の子がカッパ着て自転車に乗ってます。
下にはユニが見えます。
「今から甲子園行って来ます!」
「いや、俺も行くねん」
「おお!じゃあ頑張って応援しましょう!」
この雨の寒い中、さすが地元です!

球場は勿論びしょ濡れ。おまけにめちゃくちゃ寒い!
こんなガラガラのライトスタンド見るの久しぶり。
ただ、この日のファンはカッパ着て雨に濡れながらも一生懸命応援。

そしてどう見てもガラガラなのに

大入満員御礼(爆)

多分、“「瞬間」を狙ってチケット取ったものの先延ばしになって、その上この天気なので来なかった人”や“遠方などの理由でこの天気なので来る踏ん切りがつかなかった人”などたくさんいたのでしょう。
ただ、こんな天候の状態で甲子園で応援しようというファンは間違いなく「筋金入り」でしょう。
だから一体感がすごかった。応援団もそれをわかってか、
「みんな今日は立って応援しましょう!」と促してました。なんか弱かった頃の消化試合の甲子園を思い出して懐かしかったです。

ただ、一番違うのは今の阪神は「強い」ということ!
この日、新井が3番スタメンで復活。新井が打線に戻ったことで
3番新井4番金本5番今岡6番鳥谷7番関本という一気に強力打線になりました。
早速今岡のホームランで先制。その後も無死1・2塁で今岡が最悪の併殺打で2死2塁に・・・しかし、そこからが違う。鳥谷がタイムリー。関本が続いて、矢野もタイムリー。良いときの粘りの打線が復活した感じでした。

しかし、ここで試練が。先発石川がピンチを背負うも気合で5回を0点に抑え、(彼は本当に上園と同じ雰囲気がありますね。度胸あります!)
天候もあり、早めの継投。
ただ、ここで私は不安に感じた。外国人投手は結構神経質。
マウンドの状態を気にする傾向がある。ジェフが以前札幌ドームのマウンドが合わずにボロボロになったこともあるし、アッチソン、ジェフが大丈夫か心配した。
予感的中・・・・(涙)
アッチソン、ジェフが打たれて同点に追いつかれる。
でも彼らは責められないよ。
第一、こんな状況で試合していること自体本来おかしいんだから!!

まあ、広島投手陣も同じ・・・と思ったらこちらはスイスイ。
ほんと、8回の金本のホームラン・・・というか“風”様様やね。
この日ライトへの打球はめちゃくちゃのびる。広島の天谷や喜田の打球しかり。鳥谷の普段は平凡なライトフライもかなりのびた。
その“神風”に押されて、起死回生の2ランで逆転。
8回から球児登板でどうなるかと思ったが、この一発は大きかった!

最後は球児がきっちり締めました!

そして、やっぱりヒーローインタビュー!
金本、新井そろい踏み。しかもこの日試合出場のなかった葛城が呼ばれて
定番の“1・2・3・ウォ〜!!”
後から放送で見たが葛城がベンチで1人待機していたところを見ると、金本あたりが「ちょっと残っとけ」とか言っていたんでしょうね。
葛城は前日の日曜が誕生日だったので金本からの誕生日プレゼントだったのかも知れませんね。
ちなみに私は葛城の“ウォ〜〜!”デビューも球場で立ち会っています(笑)

試合内容といい、最後のインタビューといい、雨の中来た甲斐がありましたわ。

帰りにはズボン(スーツです)はびしょびしょ。指はふやけてしわしわになっていました。
今日は会社の用事があるので、中止にならない限り昨日がリーグ戦最後の観戦になりそうです。
<週末、東京からお誘いが来れば別ですけどね(笑)>

これで19勝14敗1分 これが今シーズンの観戦成績になりそうです。
あの怒涛のホーム9連敗があってこの成績なら優秀でしょうか・・・・。

今日はいまんとこ天気が落ち着いています。
昨日やったのならグラウンド状態が大丈夫ならやるでしょう!
そして今日は横浜に頑張ってもらわないとね。
| 虎話 | 08:36 | comments(2) | - |
勝負のあや
土曜日の巨人戦、行ってきました。
1塁アルプスの前から3段目というすごい席でした。。。
ただフェンスで試合が見にくい見にくい・・・
選手が好きな人(特にライト守る選手)のファンにはうれしいだろうが、
試合見るのにはちょっとなあ・・・

首位攻防ということもあって、白熱した試合だったが分岐点が3つあったと思う。
どっちが正しいとは素人の私には言えないが、ポイントであることは間違いない。

1.2死満塁、打者ラミレスの場面での岩田の交代 

確かにこの日の岩田はデキが悪く、今まで相性の良かったラミレスにもタイムリーを打たれる状態。しかし、2死満塁で渡辺を登板させるという采配はどうだったんだろうか。
多分普段の試合なら「自分のケツは自分でふけ」で続投だったんでしょうが、落とせない試合ということでこういった起用になったんでしょうけど。
結局押し出しに2点タイムリーという最悪の結果になってしまいました。

2.無死満塁で関本に代打桧山 

この意図はなんとなくわかるような気がします。鳥谷が死球になって甲子園が異様な雰囲気になって先発内海が交代、投手は越智。満塁での関本の強さはわかるが、ここで桧山を出して球場の雰囲気ごと巨人を飲み込んでしまおうという算段だったんでしょう。
多分速球派の越智に対して、結果の期待度は関本>桧山だったのでしょうが、本当の目的は次の代打新井を最高に球場がヒートアップした中で登場させたかったんだと思います。
桧山が打てば御の字でしたが、桧山の効果は“球場のボルテージUP”だった。
ただ、そうすると次に挙げる部分で矛盾が生じます。

3.1死満塁で6−4で浅井に代打葛城

2で挙げた作戦が功を奏してか、代打新井が最高のボルテージの中タイムリー。
矢野が押し出し四球と完全に越智が球場の雰囲気にメロメロになってしまっていた。
ここで9番に入っていた浅井。多分越智は結果がどうあれ、この浅井までだったと思う。
赤星、平野と続くところには間違いなく山口が出てきたでしょう。
しかし、ここで代打葛城を出すことで一足先に山口に交代となった。
もし、岡田監督が2で球場のボルテージを上げることを目的にするならば、ここで投手交代でイケイケの雰囲気に水をさされるのは非常に嫌だったと思う。
結局、山口が葛城、赤星を連続三振。
確かに浅井の打力うんぬんの部分はあっても、もし、“球場のボルテージ”を考えたならば
桧山クラス(もう桧山は当然使っているが)の代打ならともかく葛城であれば、そのまま浅井でよかったような気がします。

別にどれが正しい、間違っているはないと思います。
ただ上記2と3に関しては“采配の一貫性”がなかったように考えます。

まあ、試合に関しては正直あの無死1・3塁での金本のファーストライナーゲッツーで今日はツキがないなと思ってしまいました。
本日の試合が中止になるとすればこの試合がリーグ戦今季最後の観戦になるかもしれない。

18勝14敗1分

微妙な数字ですなぁ。
今日の試合が中止になったらスカイマークでの開催になるんでしょうな。
週末ならともかく、スカイマークなら平日は無理です。
また週末ならチケットが大変なことになりそうだしな。

まあ、なんでもいいから最後には笑っていたいもんです。

ただ、土曜日に新井が戻ってきてくれました。確かにまだ完璧な状態じゃないかも知れませんが、甲子園で新井が出てきたときに「よし!行ける!」という雰囲気になったし、
新井がラインナップに名前をつらねることで阪神打線に重みが加わります。
とにかく終盤戦は貧打に泣いたタイガース。
ここに来て今岡もそこそこの状態で戻ってきたし、新井が加われば金本の負担も明らかに減る。さらに鳥谷が6番になることで“並み(以下?)の5番打者”から“恐怖の6番打者”に変貌します。
さあ、こっからが勝負やで!一気にいくぞ!!
| 虎話 | 13:27 | comments(4) | - |
甲子園観戦連勝
よっしゃあ!再び単独首位だ〜。

2日連続甲子園・・・ってか、土曜、月曜と会社の用事のある来週火曜以外はすべての甲子園での試合抑えているんですけど・・・・。
勿論、当初の目的は「目の前で胴上げを見たい!」だったんですが、
とんでもないことになってしまって・・・・・(汗)

久々に水曜日に甲子園での勝利を見て、木曜も!と意気込んで甲子園に向かいました。
阪神安藤、横浜阿斗里・・・・横浜いきなり高卒ルーキーぶつけてきたか。
阿斗里はコントロールが悪く、四死球を連発するもここというところを抑える。
安藤も3塁打などを打たれるが要所は抑える。
そして4回に2死1・3塁から安藤のタイムリーで先制。
実はこのとき1死1・2塁で矢野のセンターフライで鳥谷がタッチアップ。
センターは肩の良い金城だったので
「お〜い、次安藤なんやから無理すんなよ」
2回にもレフト越えの当たりで3塁欲張ってアウトなってるし・・・と思って言ったら、相方が「そんなんわからんやん。安藤打つかもしれへんし!」
そして安藤タイムリー、そこから怒涛の攻撃で最後は今岡が満塁で走者一掃。

安藤さん失礼いたしました・・・・(汗)

しかし、今岡のこのときの当たりは凄かった。ものすごい球足の速さ。
久々に今岡のすごさを見たような気がする。勿論ホームランもすごいけど、
私は今岡の真骨頂は左中間を抜ける物凄い2塁打だと思うんです。

久々にそれが見れてうれしかった。

しかしその一方、金本の状態は深刻ですね。
単なる凡退ではなく、あっさり打ち取られる。高卒ルーキーに2三振。
最後の打席でもうちょっとで本塁打という当たりは打ったが、あれも金本の打った瞬間の目線を見る限り、思ったよりも振り遅れている感じでした。
それ以上にひどかったのが守備。吉村の3塁打のときも球の追い方が緩慢。
そういうシーンを2回ほど見ました。(もう一つは村田の2塁打)
金本らしくないんですよね・・・・膝がやっぱりかなり悪いのかな?

打線も5点取ったものの、もうちょっと打って欲しいね。
アッチソンは5連投、球児も4連投。

しかし、このすばらしい投手陣が抑えて勝利。
直後に巨人も負けたという情報が入って、甲子園はお祭り騒ぎ。

これで観戦成績も18勝13敗1分になりました。

TOTALで見るとそこそこやのに、なんで「お前いくな〜」って言われるんやろw
| 虎話 | 18:50 | comments(3) | - |
やっと勝てました・・・・
長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった・・・・

やぁ〜っつっと、甲子園で勝てました。
いつ以来かと調べてみたら、なんと7月12日の関本サヨナラヒット以来でした。

2ヶ月以上甲子園での勝ちを見てなかったのね。
それ以来、ビジターである広島市民球場を除けば9連敗中でした。
(甲子園6試合 京セラドーム3試合)
この日も三浦が先発、阪神はリーソップ。正直、不安。
1回表に甲子園に到着するなり、村田にタイムリー・・・。
前回も来た途端に安藤が荒れて、喜田ゴーに3ラン打たれたりしたので
すでに到着していた相方が「また、あんた来た瞬間に打たれたやん!」って。

しかし、この日の阪神は違った。
今岡の2ランで逆転。この打席はその前にレフトポール際に惜しい当たりを打っているんでよく言う「三振前のバカ当たり」と内心思っていましたが、なんと打ち直しました!
やっぱりこの男は、よおわからんっ!!

そして4回裏には無死2・3塁で矢野が三振に倒れると、なんとリーソップに代打林。
林の打球はボテボテのゴロであったが、これがフィルダースチョイスで追加点。
さらに赤星のタイムリーで2点追加。8回にも赤星のタイムリーで1点追加する。

久々の勝利・・・・だけど、今日の展開には少し不満がある。
もっと点を取れていてもよかったはず。
だって今岡のホームラン以外、クリンナップにヒットが出ていないってどういうこと!?
金本も一度、東京ドームならホームランという当たりはあったけど、それ以外は覇気なし。
鳥谷も相変わらず・・・・。そして代打の林も結果的に野選になったが全く打てそうな雰囲気がなかった。
ここにきてアッチソンが毎日のように投げているのが非常に気にかかる。
もし、打線がもっと点を取れば阿部や江草でつなげる展開になっていたのに。。。
もうちょっと打線に奮起を願いたい。

赤星はこの日、頑張っていたね。前日のあの件に関してバットでちゃんと答えを出した。
感情をぶつけるのはやはりプレーにお願いしたい。

これで観戦成績は17勝13敗1分

あと3試合観戦なんで勝ち越し決定です。
しかし、チームはそんなこと言っている状況ではありません。
観戦成績20勝到達になるように頑張ってもらいましょう。

そして、頼むぞ!広島カープ!!!!!
| 虎話 | 08:52 | comments(3) | - |
TG揃って引き分けw&王監督お疲れ様でした
あ〜あ、長い試合でした。
明らかに投手戦じゃなく貧打戦でしたなあ。
巨人が引き分けたからってなんでわざわざ付き合うかなぁ〜
なんかこれからの残り試合デットヒートの予感がしますな。

横浜の投手、小林が四球連発して2死満塁に2回もなるけど、ヒット出ず。
ヒットはたった3本、しかも下柳と鳥谷2本(ホームランと内野安打)のみ。

他の連中なにやっとんねん!!(怒)

まあ、同点で良かったかな。
10回に久保田が出てから毎回のように久保田劇場。
10日間の分をまとめて一気に放出したかのような大サービス。

藤本の大ファインプレーがなければ負けていたでしょうね。

しかし、普通はこの後に流れが来るはずなんやけどなあ。
レフトから見てたのでわかりませんでしたが、試合後、赤星が激怒していたようですね。
何を言ったのかはわかりませんが、選手が怒るのはよっぽどだったんでしょう。
満身創痍で頑張っている選手に対して、野次程度ならいいけどもうちょっと考えて欲しい。

ただ・・・問題を起こしたファンは論外だと思うけど、今日の試合は野次りたくもなるよね。しかも貧打は今日だけじゃないからね。

選手も怒るパワーがあるんだったら、もうちょっと打線にまわして欲しい。
事情はどうあれ選手は注目される立場であり、子供たちのヒーローでもあるんだから、ゲーム以外の場面で感情を露にするのはいかがなもんでしょうかねえ。
それも球界を代表するプレーヤーなんだから、もうちょっと野次った相手を精神的に見下すぐらいの余裕が欲しいよ。
ということは、やっぱり今の赤星には余裕がないってことだね。

これで観戦成績は16勝13敗1分 

とうとう観戦30試合突破やね。
今までの年間の最多観戦試合数が31試合なので、今日でタイに並びます。
レギュラーシーズンは後4試合の観戦なので1つ勝てば勝ち越し決定っす。
全部勝ってください!!

後、王監督が勇退されます。
あえて”勇退”という言葉を使わせていただきます。
はっきりいって巨人時代は「ピッチャー鹿取」連発のイメージでとても名監督といえる内容ではなかったと思います。
そしてダイエーの監督当初もバスに生卵をぶつけられるなど、散々。
あの当時はとてもここまでの長期政権になるとは思いませんでした。

2003年阪神がダイエーにやられたときの打線はまさに鬼でした。
8村松5川4井口3松中2城島7バルデスDHズレータ9柴原6鳥越

小久保が大怪我をしていたものの、まさに恐怖の打線でした。
いつの間にか名監督と言われる存在に。
「名選手&名監督」ってあまりいませんよね。野村監督ぐらいかな?
まあ、王、野村クラスになれば別格なのかもしれませんね。

王監督の体調もあってか、今年が最後の采配と明言していたこともあって
ホークスナインもなんとか王監督を、という気持ちがあったでしょう。

しかし、五輪で杉内、和田の先発両輪が抜け、川は五輪の怪我でシーズン絶望。結局CS進出も難しい状態・・・
その五輪の結果がよければ、まだ報われるだろうが結果はご存知の通り。
おまけにいくら本人が志願したとはいえ、足を骨折していた川を起用して悪化。

星野さん、あんたの罪は重いよ。
いくら選手が志願したとはいえ、それを止めるのが監督の仕事。
タイガースに迷惑をかけ、ホークスに迷惑をかけ、ドラゴンズはじめ他の球団も迷惑をこうむった。
そんな状況下で平然と野球中継や報道番組に出て、軽口をたたいているあなたの姿を見て、各球団のファンはどう思うだろうね?
あんたは他人事のようにTVに出ている立場じゃないことを理解しろ。

王監督お疲れ様でした。
ゆっくり休養して、プロ野球界全体をこれからも支える存在でいてくださいね。
| 虎話 | 12:03 | comments(2) | - |
今のうちに追いつかれて良かったんちゃう?
あ〜あ、追いついちゃいましたね。
ん?なんでそんなに落ち着いているのかって?

正直、追いつかれた方が良かったと思っているからです。
この3連戦、最低1勝2敗という意見が多かったけど、私にしたら

1勝2敗なら3連敗の方がええなと思っていました。

1つは阪神の精神状態
もし、2勝1敗なら4ゲーム、3勝なら6ゲーム。これなら阪神もこれで大丈夫と思うでしょうけど、1勝2敗なら2ゲーム。
2ゲームって差は阪神からしたら非常に不安なゲーム差なんですね。
元々13ゲームあったわけですから、当然阪神からしたら「追いつかれる」ことを非常に恐れるわけです。いくら頭でわかっていても実際にはやはりストレスを感じます。
そんな状態がずっと続いて、最後の最後で追い抜かれるなら今のうちに追いつかれて仕切りなおしになった方が良いということ。
残り数ゲームであれば、「もうあかん・・・」って半ば選手たちもなってしまいますけど、まだ14試合もあります。開き直れるには十分な試合数です。
逆に「追いつかれる」というストレスから今の時点で解放されたのはかえって良かったのではないでしょうか?

2つ目は巨人の連勝継続。
確かに今の巨人は強いです。すべて歯車がかみあっていると思います。

しかし・・・10連勝ってのは異常です!

下手にここで6連勝ぐらいで止まって、また連勝というパターンが一番嫌だった。10連勝もすれば絶対巨人ナインの疲労もたまる。
しかもここで目的であった「追いつくこと」を達成。この状態から「さあ、勝ち星をのばして・・・」といけるほどタフじゃないですよ。ある程度は反動が来ると思います。
残り10数試合でその反動というのはあまりにも大きな影響をしめると思います。

さあ、今の精神状態でどちらが有利でしょうか?考えてみてください。

後は阪神が“自滅”しないことです。守る必要はなくなったんだから初心に帰って戦えば、多分大丈夫だと思いますよ。

それとも巨人が14連勝、15連勝するとでも思いますか?

さあ、今日からの甲子園頑張りましょう。
新井ももうすぐ帰って来れそうですし。

頑張れタイガース!!
| 虎話 | 11:59 | comments(3) | - |
どいつもこいつも・・・・
昨日、実は京セラドームにいました。
以前からオリックス−日本ハム戦を観に行ってました。
相方から誘われたんですが、当時は阪神がまだ余裕があって、
ひょっとしたらこのころに決定するんじゃないかという感じだったのですが、まさかこんな状態になっているとは・・・

まあ、チケットはあるし、清原も見れるだろうと行こうと思いましたが、
いきなりつまづく・・・
最寄り駅に行ったら電車が走っていない・・・・

駅員が「代替バス」に乗ってくれと誘導。
結局いつも夙川まで2分のところが10分弱かかる。
何よりもこの”電車が走っていない””代替バス"というのは、
私にとっては、あの13年前の悪夢を思い起こさせてしまい、出発時点からブルー入っていました。

早めに球場入って、日本ハムの練習を見る・・・今年日本ハムの勝ちを見てないな・・・と。
でも相変わらず打撃練習でもほとんど柵越えなし。。。
とにかく投手が抑えないと・・・と思っていた試合を向かえる。

2回がすべて2死1・2塁で坂口をセカンドゴロに打ち取ったと思ったら、
その投球がなんとボークで打ち直し。結局四球になり2死満塁。
こうなったら瞬間湯沸かし器グリンは滅多打ち。
最後はローズのホームランで一気に6点。終了・・・・

そのころ、携帯で見ると東京ドームでも滅多打ち・・・・。
つうか1死満塁2回あって、セカンドゴロの1点しか取れない打線ってどうなん!?どうしても新井がいれば・・・と思ってしまう。
怪我にかかわった人間は知らん顔で解説やってるし・・・。

もう一回追いつかれた方がいいかもね。
なんか追い込まれているのは阪神やわ。相手は9連勝と明らかに異常な連勝なんだから、これが15連勝16連勝と続くわけ無いのに。。
阪神が自滅していたら意味ないよ。

結局、日本ハムは1−6で負け・・・・
2回以外はグリンも抑えたのにねえ。清原のピッチャー強襲の当たりにもめげずに。

とりあえず、阪神は今日もしあかんかっても振り出しに戻るだけ。
巨人はそこからがしんどいのを理解して余裕をもって試合をして欲しい。
今日、負けたら終わりじゃないんだから。

来週は最初は決定の瞬間が見れるかと思っていたが、必死の応援にシフトして頑張ります。

帰りも甲陽線は復旧しておらず、ブルーな気分で代替バスに・・・
なんか疲れた1日やったなあ。
| 虎話 | 13:29 | comments(2) | - |
いよいよでんな
いよいよ来ました。天王山トンネル3連戦。

おととい日本テレビのZEROで、どっかのアホボンが90%巨人優勝とかのたまいましたが、昨日、星野氏が「阪神有利は間違いない。」とはっきり言ってくれた。
相変わらず、星野氏がメディアに出すぎなのには疑問だが、阪神の人間としての立場でのコメントだったので安心した。
今日の解説もそのあたりは忘れないでほしい。

まあ、個人的には楽観視しています。
巨人はここまで7連勝でしょ?そんなに連勝は続きませんよ。最低1敗はするでしょう。
もし、3タテ食らったとしてもそうなると向こうは10連勝になるわけで、
こういった連勝は反動が来るのは昨年の阪神を見てもよくわかると思います。

でもやはりここは阪神が最低2勝1敗、あわよくば3勝して引導を渡して欲しい。
そして次に最近苦手の横浜戦があることを忘れずに、決定の日まで気を抜かないようにしてください。(しかもCSもあるから、抜く気は少しだけで)

ここにきて、ようやくうれしいニュース

新井〜!待ってたよ!!
すぐにバッティングというわけにいかないし、慣れも必要。
さらに「あせって悪化する」ことが一番心配。
あせらず急いで戻ってきてください。
今年を総括しても新井の活躍はMVPもの!
是非、決定の瞬間に輪の中にいることを願っています。

しかし、今日は不吉だ。。。

朝、携帯の充電器が壊れる。というか、指しっぱなしでとろうとしたらコードがひっかかって先が折れた。充電は可能だが、抜くのが一苦労。さらに携帯自身の端末を傷つけそうなので、多分廃棄。
そして、いつもの通勤の阪神電車に乗ると、車内につり広告が1枚落ちている。

見ると金本の写真・・・・なんと!阪神戦の案内!!(涙)

他の乗客が網棚にのせてたけど・・・・なんだかなあ。

杞憂と思わせるように頼むよタイガース!
| 虎話 | 12:24 | comments(2) | - |
星野よ、そんなにテレビに出たいならとっとと阪神から出て行け!
あ〜あ、負けてしまいましたね。これで3ゲーム差ですか。
まあ、1死2・3塁であんなわけのわからん走塁してたら勝てませんよね。
前日の中日といい、情けない・・・・

でも、それ以上に頭に来たことがありました。
19日の巨人−阪神戦のよみうりテレビ(日本テレビ)の解説に“星野仙一”の名前が。

お前、どの面下げて解説なんか出やがるんじゃ〜!!(超怒)

現在の阪神の不振は明らかに「新井の抜けた穴」が大きく影響しています。

その原因の張本人とも言える人間が何を他人事のように解説に出てるんじゃ!ボケ!

そりゃあ、新井も悪いよ。だけど、五輪で選手を預かる身として当然メディカルチェックはするべきだったし、ここまで悪化した以上星野氏の責任もある。
事実、新井の骨折を聞いて星野氏も「そんなに悪いとは知らなかった。タイガース及びタイガースファンに申し訳ない」とコメントしているからね。

そもそも阪神に籍を置く人間が解説に出るのもおかしいし(以前からもそれは感じていた)
少なくとも阪神が追い詰められているこの時期にその原因を作った人間がなんで他人事のように解説に出てるねん!
阪神に所属している人間が阪神ファンの神経逆撫でしてどないすんねん(怒)

星野さんよ、あんたに男気ってもんが残っているなら

「阪神タイガースの人間でありながら、私の監督不行き届きでチームの主力打者の怪我を悪化させてしまい、ジャイアンツにここまで追い詰められている状況下で他人事のように解説などできる立場ではない。
制作局である日本テレビには申し訳ないが今回は解説を辞退させていただきたい。
私は阪神タイガースの一員である以上、阪神の優勝のために最大限の努力をしていきたい。それが全国の阪神ファンへのお詫びだと考えています。」


これぐらい言ってみなよ。これがケジメってもんだ。

それが嫌ならとっとと阪神から出て行ってくれ!
元々シニアディレクターって何やってるかわからんし。

中日ファンは元から、さらに今回の五輪で怒っているだろうし、
ソフトバンクファンも王監督の最後のシーズンってことで優勝で花道をってときにキーマンの川を潰され、低迷。「この大事なときに何してくれよるん」と思っているだろうし、野球ファン全体も今回の五輪後の責任逃れ、逆ギレ発言に不信感。
喜んでいるのは阪神の急降下を喜んでいる一部の愚かな巨人ファンだけやろ。(まともな巨人ファンなら、なんか水をさされて不快感を感じているはず)

身内に敵がいたんじゃ、しゃれにならんよ。
19日の放送で星野氏がどのような発言をするか。
気分悪くなるだろうから見ないほうがいいかもしれないな。

2003年のころは「星野監督には足を向けて寝られない」と思っていた私が、
そのころの恩を加味しても自分の中でどんどん評価が失墜し、今やアンチにまでなっています。同じようなファンもいるでしょう。
まあ、星野さんの自業自得。

天国の島野さんはどう思っているだろうね。今の星野氏の言動を。
| 虎話 | 12:24 | comments(2) | - |
おうちでゆっくり3連休
いや〜、久々に何もしない3連休を満喫しました。
絶対いつもならどこかに出かけていましたが、ここんとこ休みも出っ放しだったし、
来週もほとんど出かけることになりますので、良い休養にはなりました。

月曜はTVで野球三昧です。
昼は日本ハム−オリックスを見ていました。
ダルビッシュの鬼神のような投球に好調オリックス打線は8回まで無得点。
3-0のまま完封かな?と思いきや9回に突如オリックス打線が火を噴き始める。
森山・坂口を四球で歩かせて、後藤は打ち取ったがカブレラ・ローズを迎える。やはりこの2人の威圧感、存在感はすごいわ。
5年ほど前は王さんのホームラン記録を抜こうという勢いだった2人が同じ球団にいるんだから。そのカブレラ・ローズがタイムリーを打ち、5番に入った今年打撃開眼の日高が逆転2点タイムリーで一気に逆転。ダルビッシュ相手に恐ろしい勢いです。
しかし、これで終わらないのがすごいところ。
9回裏は当然、加藤大輔登板。オリックスの加藤は多分安定感では今、パリーグで一番でしょう。(馬原が本領発揮すれば多分馬原でしょうが)
正直、なんでオリンピックに呼ばなかったのか不思議な選手でした。
田中賢介を打ち取った後、森本が四球で出塁。そして稲葉がヒットで1死1・3塁!
ここで稲葉の代走紺田が盗塁。サヨナラのランナーをあっさり進めたオリックスも不思議だったのだが、4番高橋信二は三振・・・万事休すかと思いきや、5番スレッジがサヨナラ2点タイムリー。ものすごい試合でした。

続いて中日−阪神戦だが、これはこれですごい試合。
何がすごいって、中日側のとことんツキのなさ。まあ、チーム状態を物語っているのかもしれないけど、無死1・2塁で小笠原のバント空振りで2塁ランナーが飛び出してアウト。
野口のライト前をセンター藤井とライト李が譲り合って後逸(三塁へ)
とどめは3塁コーチがランナー李に接触して、肉体的援助(?)でアウト・・・

肉体的援助って・・・・なんだかな(笑)

こんなことしてたらさすがに勝てないよねえ。
しかしこの李って本当に負のオーラを持っていますね。確かに怠慢プレーもあるので本人の責任もあるでしょうが(これが理由で韓国代表からもはずされる)、何かマイナス的な場面になるとクローズアップされる。
阪神で言えば、久保田がそうなるのでしょうか?久保田の場合はそれなりに頑張っていますけどね。
まあ、巨人が連勝街道突っ走っていますが、そろそろ反動もあるでしょう。
今の横浜は前半戦の横浜と違うので、奮起を期待したいです。
といいつつ、来週甲子園で横浜4連戦なんだよな・・・・。

新井さ〜ん!まだぁ〜?(涙)
| 虎話 | 17:42 | comments(1) | - |
サヨナラサヨナラサヨナラ”負け”サヨナラ
淀川さんか、”権藤、権藤、雨、雨、権藤”みたいになっていますけど。。。

なんか神がかり的な状態になっていますな。

しかし、その間にある”負け”・・・・

なんで俺の行った試合だけやねん!!(涙)

いつもは写真とったりして、写真つきのレポートを入れるのですが、
会社終わって、着いた途端に安藤が大乱調。
喜田ゴーに3ランまで打たれる始末。
この日の安藤はよくなかったねえ。それ以降も形上は抑えていたけど
当たりは全部良い当たり。サードライナーゲッツーとかラッキーもあっただけでいつ炎上してもおかしくなかった。

収穫は阿部健のピッチングぐらい。ほんま安定していた。
福原の代わりに先発させたらええんちゃうかと思うぐらい。

打線は相変わらず最悪。1死満塁で金本ゲッツー。
ここしかチャンスなかったね。

でも、昨日は投手が踏ん張り、延長後に矢野さんがまた決めました。
っていうかさあ・・・

いつまでも40のおっちゃんに頼るな〜!ゴラァ〜!!

新井がいないとやっぱりあかんのかなあ。
潰してくれた張本人がデカい顔して球団のSD続けているのが余計に腹立つ。
責任を感じろよ。

さあ、今日も頑張ってもらいましょう。
みなさんご安心ください。

今日は私、甲子園に行きませんので(自爆)
| 虎話 | 12:39 | comments(1) | - |
神がかりの3連続サヨナラ
3日連続のサヨナラとはすごいっすねえ。
しかもこの日はいきなり“3番サード今岡”
以前から言っていましたけど、優勝するチームは後半バテたときに救世主が現れる傾向があります。2003年は広澤、2005年は中村豊
そして、今年は今岡じゃないかとずっと期待しておりました。

初回の2ランの打席は携帯で見ていましたが、携帯の小さい画面からもオーラというか、
気迫が伝わってきましたからね。これはいけそうだと思いましたが、完璧な当たりでした。
最終回も同点で今岡に回ってきた時点で「もらった!」と思いました。
巡り合わせってあるんですよね〜。

今岡のバロメーターは左中間を鋭く抜く打球。昨日の打席はヒットは1本でしたが、
全部左方向に納得が行く打球が飛んでいました。
二軍降格前の今岡は技術でチョコーンとライト前に持っていく感じでしたが、今は振り切っています。スイングに力強さが戻っていますね。
昨日は間違いなく合格点、問題は今日から!
2005年以前の今岡の打撃が復活してくれれば、現在の貧打解消。しかも右打者ということで非常にありがたいことになります。

しかし、昨日の試合は手放しで喜んで入られない。
リーソップはなんやかんやいいながら5回2点で抑えた。やはりランナー出すと不安定になりますね。しかも投手石川を2回も塁に出したらあきませんわ。
ただ、速球一辺倒から変化球を交える投球へ順応しようという意識は見えます。
次回に今回の経験がどのようにいかされるか期待です。

渡辺は明らかに疲労ですよね・・・。なんかフォームに躍動感がない。
ランナーためて、久保コーチがマウンドに行ってから少し戻りましたが、下半身に粘りがないのかボールが浮くような感じですよね。少し登板間隔を上げるか、思い切って10日間二軍に落として休養も兼ねた調整するなどしてもいいかもしれません。
そして能見・・・また例の弱気の虫が出ましたな。
ここんとこしっかり投げていたので大丈夫かと思っていましたが、宮本、青木といったところに気合負け。満塁になった時点で目が明らかに泳いでいました。
これで今までの好投もチャラになってしまいましたね。
勝負に行って打たれるならともかく、逃げてばかりで勝負すらしてないんじゃ話になりませんわ。
格下相手ならいけるんでしょうけど・・・。このオフに新井、金本と護摩行でも行ってきたらどうか?杉山もね。

さあ、とてもいい雰囲気なんですが、私、今日観戦です。
先日の広島で一応8連敗は脱しましたが、どうでしょう?
もしあかんかっても試合後、石とか投げないでくださいね(笑)
| 虎話 | 12:21 | comments(1) | - |
感動した!!・・・見てないけど
実は今、出張で静岡県富士市にいます。

明日、朝から仕事があって前泊で前入りしたのですが・・・

こんな日にかぎってこんなすばらしい試合するかぁ〜!!(涙)

なんとかスポーツニュースで確認ができましたが・・・
ちなみに相方は甲子園で生でこの感動を体験しています・・・・。

そういえば、2003年に矢野が同じように甲子園でサヨナラアーチ放ったことがあったなぁ・・・確かギャラードからだったよなあ。

そんときも確か台湾にいたような気がするなあ・・(爆)

なんだかなぁ・・。
しばらく関西に帰らないほうがええのかな。
まあ、とにかく今日の試合は間違いなく勢いがつく試合でした!
波に乗っていきまっせ〜。
| 虎話 | 23:35 | comments(4) | - |
広島市民球場最後の阪神戦
今年で広島市民球場は広島カープの本拠地としての役目を終えます。
ということで4月の時点から、この土日は行くことに決めていました。

昼の新幹線に乗って、新神戸から広島へ。
関西に戻ってから初めて広島に行きますが、1時間ぐらいなんだよな。
関西からなら意外と近いねえ。
広島に着いたらすぐにホテルにチェックイン。
そして荷物を置いて、ちょっとしたら球場に出発。

最初、市電のある南口への行き方がわからずに駅内を右往左往。
結局、タクシーで行きましたが1500円かかりました・・・。
市電の10倍やん・・・。




土日とも満員でした。



土曜は死闘ともいうべき延長戦を制して勝利!
勝ったときに周りは優勝が決まったかのような騒ぎでした。
ものすごいしんどい試合でした・・・。


帰りは広島市電に乗りました。実は以前、広島訪問時は移動はすべてタクシーだったので乗ってません。



今回は野球だけではなく広島の雰囲気も楽しみたかったので、夜も八丁堀にお好み焼きを食べに行きました。
実は前回の広島行きのときも食べていなかったので・・・・・
一応、お好み村を目指していくと、横にすごい行列ができている店が。。。
せっかく広島に来たんだから美味しい店で食べたいということで並びました。しかし、なんか阪神のユニ着ている人が多いし、見覚えのある人たちもいます・・・・後で知ったのだがどうやらここは阪神の選手が来ることで有名な店だったらしい。
ここで大きなイベントがありました!
(少し私及び相手の人のプライバシーにも関係ある内容なので、知りたい人はメールください)
相方は天にも昇る気持ちだと帰りの市電で、なんかボ〜っとしていました。
日曜の昼も別の店でお好み焼き!
いやはや満喫しました。

よく関西人はお好み焼きに関して誇りを持っているように言いますが、
実は私は広島風お好み焼きの方が好きだったりします。
生地よりも野菜がいっぱい入っていて、軽い感じがいい。
だからもんじゃ焼も好きですよ。
以前、東京にいるときに初めて食べましたけど、関西ではあまりいい話は聞きませんでしたが食べたら美味しかった。
関西にはもんじゃ焼やっている店が少ないんですよね〜。

おっと、話が脱線しました。
ホテルは選手の宿舎を選んでましたが、エレベーターで移動しようとするとなんと中に金本さんが乗っていました(驚)

「乗りますか?」と聞かれましたが、なんかトレーニング後かなんかで疲れた感じだったので「いえ、結構です。行ってください」というと「すいません」と言って行かれました。

昼夜問わず、追っかけの方々がロビーを占拠して選手を待っていますが、
意外とこういう無欲の方が選手に出会えるのかもね。

他にも球場行くエレベーターが渡辺投手と一緒だったり、日曜にホテルに荷物を取りにいくときには駅に向かう林選手と出くわして、
「お疲れ様でした」というと挨拶してくれましたし(その後、血走った目で走っている追っかけ数名ともでくわす・・・)
負けた試合の後だし、もうちょっと気遣ってやってもらえないかな?
自分の欲望のことばかり考えずにさあ。
なんか選手がどんどんファンに対して疑心暗鬼になってしまいそうで・・・

まあ、そのへんのことは置いといて、日曜日
スライリーが球場外にいました。



試合はとにかくついてなかった・・・いい当たりがすべて正面。
広島はボテボテの当たりがヒットやエラーを誘う。
金村ってなんてツイていないんだと思いましたわ。



しかし、この2試合、鳥谷の覇気のなさはひどかった・・・。
土曜日の最終打席で決勝打は打ったものの、正直それまでもひどい内容で
「鳥谷〜ここで打たなかったら明日の応援ボイコットすんぞ〜!」
と言ったら打ってくれました。
しかし、日曜日は決勝のエラーを犯してそれもチャラ。

普段、ヤジると「選手も一生懸命やってるんやから、あんまりいいなさんな!」って注意する相方もこの日の限っては
「この2日間の鳥谷に関しては何言われても仕方ないと思う。私も呆れている」と言う始末。
やはり新井1枚の穴が全部に対して響いているよなあ。



しかしこの球場にももう来ることはないんだろうなあ・・・・
広島市民球場での生涯観戦成績は3勝1敗でした。

そして今季の観戦成績はこれで16勝12敗になりました。
次は甲子園での観戦予定・・・・って、また広島戦やんけぇ〜(爆)

楽しい2日間だったことには間違いありません。

| 虎話 | 20:40 | comments(4) | - |
恵みの雨
昨日はノーゲームで助かりましたね。

まあ、あの流れなんで乱打線にはなったかもしれないけど、
3回で3−6、続行でも5回で終わる可能性が高かったので
ノーゲームで良かったと思います。
ハマスタにいた人たちはたまったもんじゃないでしょうけどね。

2度目の中断中、巨人−広島に切り替えて、途中経過でノーゲームって出たときは親父と2人「助かったぁ〜」って言いましたもん。

ある意味ツキがあったんだから、これを糧にして広島戦頑張ってください。

明日からは私も加勢します!
(行くな〜って声が聞こえるような気がするが、気のせいでしょうw)

そして

頑張れ!ヤクルト!!

こっちの方が重要かもしれん・・・・。
| 虎話 | 17:55 | comments(3) | - |
捨て試合?
三浦と杉山ね。
まあ、開始前からなんとなく試合展開は予想していたけど、福原をあえて木曜にずらして、杉山を投げさせたのもなんとなく作為的やし。
そんな半分あきらめたような状態で勝てるわけがないよなぁ。

でもね・・・杉山。
君にとっては汚名返上の場でアピールできる格好のチャンスだったんやで。

お前はほんまに学習能力ないのぉ!(怒)

四球出して金城に2ラン。そこで頭が真っ白になって相川にもホームラン。
やってることは毎回一緒。同情の余地もなし。一度打たれたらもう修正がきかない。
先日のピッチング内容なら即二軍に落とされても仕方がないのに、もう一度チャンスを与えてくれた首脳陣をバカにしたような内容。
よく3点で済んだと思いますよ。

能見はここ2試合の中継ぎを見ると、1球1球粘り強く投げている。
以前の能見は追い込まれると投げ出すような感じでしたが、その点進歩を感じます。
杉山、能見のような選手は素質は十分あるけど、欠点も多い。
その欠点をいかに自覚して、修正できるか、修正しようと努めるか・・・ここがポイントだと思います。
少なくとも先日の能見のピッチングにはそういう目的意識のようなものが見受けられました。
ここからは人の価値観もありますけど、私は結果が悪くてもそういう目的意識を持って改善に取り組もうとする姿勢が見えるときは納得しますし、そういう選手は成長していくと思います。
能見の場合は、ファームで抑えを経験したことが良かったのかもしれませんね。
ただ、こればかりは本人の自覚の問題なんで本人が気づいてなんとかしないといけません。杉山の場合は毎回反省しているが次の登板時にはもう忘れている感じです。

いくら素質があっても現状がこれで進歩がないなら使いもんにならん。

試合自体は3点差でハシケン登板で引っ張ったところからすでに敗戦処理という感じでこの試合は捨てにかかったような感じでしたけどね。

でもいくら三浦だからといって気持ちで負けていたら話にならんわ。
途中から巨人−広島戦見てました。
どちらも試合をあきらめずに食らいつく姿はこれぞ野球という感じです。
特に広島の10-6からクルーン相手に10-9まで追い込んだガッツは阪神も見習え。

せっかく9月末の甲子園のチケット頑張ってとってもらったのに・・・・・。
神宮にもつれるどころか・・・って状態になってきました。

ただ、まだ5ゲームあります。
今日阪神が勝って、巨人が負ければまた6ゲームになります。
昨年阪神が終盤追いついてからズルズルいったように、巨人もずっと勝ち続けるわけはありません。
一番危険なのは阪神があせって自滅することです。
普段どおりの野球やりましょう。

新井はシーズンは復帰無理なんかなぁ・・・(ぼそっ)
| 虎話 | 08:31 | comments(1) | - |
まだ6ゲーム差!ベンチが浮き足立つな!
おいおい、横浜相手に何してんねん・・・

序盤は赤星の盗塁などで先取点でいいリズムだったが、
喝を入れた本人がゲッツー、そして次の回は三者三振と
おやおや?と思ったら、一気に逆転されました。

一度追いつくも再逆転されて、結局そのまま。

確かに横浜の投手もよかったんだけどね。6回に投げた牛田は以前から「かなりの素質」と思っていた選手で広島の永川に似たタイプ、あの2種類のフォークにストレートが決まったら手も足も出ない。
怪我がなければストッパーやってたと思いますよ。

そして中日から移籍のサイレントKこと石井。
序盤と違って、横浜も整備されてきたってことかな?

ただ、気になったのは阪神が浮き足立っていること。
選手だけではなくベンチも。

最大の謎は最後の関本に代打桧山

関本はこの日2ベースを含む2安打。
投手は速球派の寺原だったし、代打でベテランを出すのなら
すでに4打席立っている関本の方が絶対良いと思うのだが・・・

バルディリスに代打平野も少しもったいないなと思ったが、あれは牛田のコントロールが定まってなかったので選球眼の良い平野ということで納得はできたのだが、最後の関本に代打桧山だけは到底理解できない。

なんか岡田監督もあせっていないか?

6ゲーム差って結構あるわけだし、マジックも点灯している。
ただ、チームが浮き足立って自滅するような状態だと危険。

もっとどっしり腰をすえていきましょうよ。


| 虎話 | 08:56 | comments(2) | - |
俺が応援するチームは打てない・・・そして負ける。
日曜は気分を変えて、パリーグ観戦。
京セラドームのオリックス−日本ハム戦の観戦に行ってきました。
日本ハム側を応援していましたが・・・序盤は稲葉のホームランで先制しましたが、結局、立ち上がりがいまいちだったオリックス金子をとらえきれず・・・。
カブレラの特大3ランが出た時点で“はい、それま〜で〜よ”って感じでした。
というかこの回に多田野が大引、小瀬にヒット浴びてシモヤマンにタイムリー打たれたときにベンチから誰も出てこない・・・なんか日本ハムベンチにやる気が全く見えません。

4−1になったら今の日本ハムはお手上げ。
稲葉しか打てそうな選手がいない。稲葉の前にランナー貯めておかないと得点が入る気配すらなし・・・。稲葉の次を打つ小谷野の成績が打率255 本塁打4ですから(汗)
外国人2人はスレッジが故障明け、ボッツは日本球界に適応中、8番9番は2割打てるか打てないか。この打線で3点追いつくのがいかにしんどいか。

阪神打線であれば、このプレーが痛かったとか、まだそういう要素があるのだが、それすらない状況。

とうとうBクラス転落です・・・。阪神戦観戦8連敗の後にこれ・・・きっついわぁ。

帰宅後、阪神−巨人戦見て、また激怒。
でもぶつけようのない怒りなんよね。
アッチソンからジェフにスイッチしたのは采配としては正解だと思うし、小笠原のバットへしおってのヒットがなければスイスイいけた感じがあったのにねえ。

やっぱ打線だよな。昨日も感じたが・・・威圧感のある選手が金本しかいないんだよね。
新井がいないと昨年の貧打線と一緒だからねえ。
そもそも私は五輪終了後に5ゲームあればいいと言っていたが、それはあくまで「五輪選手が戻ってくる」という前提でそのメインは新井でした。

その新井が戻ってこないとなった今、相当苦しくなっています。
やはり阪神に身を置く立場の癖にあちこちの番組に出まくって、その挙句メダルは取れないわ新井は潰すわ・・・・星野さんへの行動にほんま不信感を感じます。
帰国後に星野氏は「たたくのは時間が止まっている人」とかほざいていたが、
あんたが一番時間が止まっているやろ!!

謝罪ばかりしてんと、行動で示せよ。
口先ではなんとでも言えるねん。相変わらずCM出ながら謝罪されても説得力ないねん。とにかく阪神に迷惑をかけたんだからSD職を辞めるぐらいのことが言えないのかね?全然行動で責任取ってないやん。

ほんまに悪いと思っているのなら動けよ!なんか行動しろ!

星野のことよりも今の阪神の現状をなんとかしないとな・・・
わらをもすがる思いで思い切って今岡を上げますか?
彼はモチベーションの選手なんで二軍での状態は関係ないと思いますが。。。。
ほかの選手に喝を入れる意味でも!

とにかく今週の横浜、広島でなんとかしてください。
巨人もいつまでも勝てないはず。内海、グライシンガー以外はそんなに厳しくないはずなんだから。
| 虎話 | 08:54 | comments(1) | - |
また負けた・・・・・
本日久々に甲子園に出陣してまいりました。

投手は金村−グライシンガー
一抹の不安を感じる・・・。

初回、立ち上がりの悪い金村・・・ラミレスをゲッツーと思ったら
1塁セーフ。そして李のタイムリーであっさり1点。

その後、金村は日本ハム時代同様のいまいち煮え切らないピッチングも
なんとか抑える。
そして5回なんとか投げきりました。
まあ、こういうピッチャーなんですよね。

しかし阪神打線のほうが・・・相手がグライシンガーなんでしゃあないんですが、ここというときに打てない。
特に6回裏、鳥谷の3ベースが出て1点入って、なお一死3塁
打者は4番金本。ここで初球を簡単に打ってセカンドゴロ・・・

初球から行くのはいいけど、狙い球じゃなければ打つなよ。。。。
初球打ってアレはないやろ(怒)

結局この回追加点とれず。正直、この時点でここが試合のポイントと直感しました。
最終回も1死満塁にあったけど、葛城、矢野ではクルーン相手では荷が重すぎたね。
特に矢野の打席、2−1からワンバウンドのフォーク
阿部が間一髪で止める・・・こうなった以上ストレートしかない。
矢野も当然わかっていたはず。しかしボール球のストレートを振って三振・・・やはりクルーンのストレートはもう矢野には打てないってことですね。グライシンガーのストレートならヤマはってなんとか打てたけど。

こうなると新井の穴が非常に痛い。
新井が6月から故障していたとか言っていたが、もし本当にそうなら
星野氏のところにも絶対情報が行っていたはず。ますます星野は止めなければいけないんじゃないかな?
まあ、このゲーム差があるので大丈夫とは思うが・・・・

それ以前に私の観戦試合はこれで8連敗

通算では15勝11敗ですが・・・・ちょっとやばいです。
とにかく来週末の広島で止めなきゃ(汗)

今日の収穫は能見のピッチングかな?
2軍での成績がいいのはいつものことで、ただ今回違うのはいつもは先発だが今回は中継ぎとして抑えの実績を買われて上がってきたとこと。

今回左3人を抑えたことが自信になってくれればいいが・・・
杉山も能見もあとは自分に自信を持つだけなんだけどねえ。
| 虎話 | 00:50 | comments(3) | - |
怪我しているのをわかっていて五輪に呼んだ代償
やっと甲子園に戻ってきたタイガース。
岩田の前回同様の好投。一時期、調子を落としたこともあったが、休養が効いたのかここのところいいときの岩田に戻った。このままいけば新人王はほぼ間違いないでしょう。
吉見(中日)が離脱した今、村中(ヤクルト)、小窪(広島)、坂本(巨人)あたりと競合することになりそうですが、現時点では岩田が頭2つぐらい抜けていますね。

林も月曜の神宮でも凡退にはなるが、レフトへ強い打球が飛んでいたのでようやく本来の調子が戻ってきたなと思ったら甲子園でホームラン。
これは本人にも自信になるでしょう。
そしてきっちり金本が中押しの2点タイムリー2ベース。
まさに非の打ち所のない試合でした。

ただ、ひとつ気になるニュースがあります。
新井疲労骨折、シーズン絶望か

最悪の事態ですよね。先日のブログでも話したと思いますが、
五輪で突然悪化したのではなく、五輪前から腰が悪いのはわかっていたんですよ。
それをわかっていて五輪に招集して4番打たせた結果がこれ。
星野氏はこの事態をどう考えているのでしょう。
新井だけじゃありません。川も五輪前にわかっていた疲労骨折(前回五輪中いためたと書きましたが事前にわかっていたらしい)が無理な出場で悪化して新井同様今季絶望。
ロッテの西岡も五輪前からいためていたわき腹を悪化して、里崎は登録されたが西岡はまだ。

ここまで来たら明らかに「怪我している選手をわかった上で無理に招集した結果」ですよね。私は以前から五輪に「事前に怪我がわかっている選手」を呼ぶことを非常に危惧していましたが、予想以上に最悪な結果になりました。

星野さんどう責任とってくれるんですか?これ。

選手の自己管理能力の問題という声も一部ありますけど、あの状況で選手が「怪我が治らないので無理です」と言えると思いますか?
五輪に選ばれるぐらいの選手なら責任感、使命感が強いので絶対断らない。
特に新井の場合、星野氏から「新井と心中」「4番は新井、それしか考えていない」まで言われて辞退したら非国民扱いされますよ。
結局、主力が怪我人で100%の力を出せずに五輪で敗退、その選手は潰れてしまって今度は所属チームに迷惑をかける形になった。

そんなえげつない話がありますか!?

これでは、日本のために戦った新井、川、西岡といった選手があまりにもかわいそうですよ。
星野氏は知らなかったで済まされる問題じゃない。
あなたは監督であり総責任者ですよね。当然、こうなった以上あなたの責任は相当重いですよ。
5年の監督ブランクがあっても、中日時代のクラッシャー星野は健在だったようで。

もういいよ・・・星野さん。
俺は2003年の阪神を立て直してくれた星野さんに感謝し、星野さんの少し強引なところもあるが親分的言動を支持してきた。
しかし、いまやどこかの都知事と一緒で自分勝手で強引なだけのおっさんにしか見えない。

しかも阪神のSDという立場で何をやっているかわからん状態で、あちこちTVに出て、在職のまま五輪監督になって、メダルも取れずに最終的には所属するチームの主力を潰す。

いったいあんた何やってんねん!!(怒)

少なくとも、阪神のSDというわけのわからん職は辞任してもらいたい。
最低それぐらいの責任は取って欲しい。あなたの無茶な招集のおかげでプロ野球界全体が迷惑しているんだから。
最近TVに出るたびに「星野さんってこんな軽い人間だったかな」と思っていて、五輪後はさらにその見方に拍車がかかった。
正直、これ以上醜態をさらさないで欲しい。

2003年阪神優勝で勇退したまま、NHKの解説ぐらいでいたならばここまで落ちることはなく、阪神の恩人として伝説として感謝されていたのにねえ。

そんな時期にWBCに前向きとかふざけた発言。こんだけ選手潰しといてよく言えるもんだ(呆)

もうあんたの時代じゃない。一線から引いてくれ!

阪神が勝ったのに非常に気分が悪い・・・・。
| 虎話 | 08:51 | comments(3) | - |
オリンピックの敗因
阪神は広島市民で3連勝。
あれだけ打てなかった鳥谷が大活躍!
もうちょっと京セラドームで打ってくれていたらねえ。
ただ、ここにきてやっと林が本来の打撃に戻ってきたのが好材料か。
もうすぐ新井も帰ってくるし、9月戦線に向けて準備が整いつつあります。

藤川が戻ってきたら、アッチソン・ジェフ・藤川を勝ちパターン
同点、僅差の中継ぎに江草・久保田・渡辺
ただ、最近の渡辺の調子を考えるとビハインド場面での起用、もしくは
一時的に休養も兼ねて藤川の代わりに落としてもいいかもしれない。

さあ、そのオリンピックですが韓国に負けて、金メダルはなくなりました。
私は別のところで書いていましたが、正直今回のオリンピックは期待できなかった。
まずは星野さんの選手の選び方。

新井はご存知の通り腰痛、西岡もわき腹痛で公式戦を出たり出なかったりで調整、稲葉もでん部の痛みでDHをやっているような状態
成瀬、岩瀬は今年、決して良い内容ではない。

確かにこれらの選手が全員全盛期でかつ故障も無ければ、問題ないだろうけど最初から怪我しているのがわかっている選手を取るぐらいなら、何故万全な選手を取らなかったのか?
「DH 西岡」なんて起用はあまりにもかっこ悪い。
G.G佐藤に関してはもっと不思議。
元々、春先だけの男で今年はそれが少し長かったが、ここにきてやはり調子が落ち気味だった。
守備に関してはエラーする前から問題視されていて、打撃を買うのであれば
松中や小笠原(DHなら十分いける)の方が上である。

なんか”名前””数字だけの成績”を重視している感じで、正直、星野さんは最近のプロ野球を見ているのかなといぶかしく思った。

決して結果論ではない。例えば村田の不振に関しては仕方がない。
川の怪我にしても同じ。彼らは当然選ばれるべき選手であり、選出されてからのアクシデントだったので運が悪かったとしかいいようがない。

ただ、最初から怪我しているとわかっている人や不振の人を入れるのなら岩隈(楽天)、石川(ヤクルト)、加藤大輔(オリックス)野手では森本(日本ハム)、松中(ソフトバンク)などいるのにと思える選手がいるのは確か。

結局、この裏にはシーズンを同時に行っているので特定の球団に支障が集中できないという問題なのか。
ソフトバンクなど杉内、和田でもえげつないのに松中なんてことになれば
また日本ハムもダルビッシュ、稲葉の他に森本が抜ければ、シーズンにさらなる大きな痛手を負うわけです。
まあ、中日はこれに近い状態なんですけどね(汗)

そうなるとシーズンを中止して望む韓国との姿勢の違いとなるわけです。
別にシーズンを中止せよとは言わないが、それならアメリカみたいにオリンピックとメジャーは別というように3Aの選手でやるとかするべき。

それを考えると日本は余りにも中途半端!!

ある意味日本はオリンピックをなめていたんでしょう。片手間で金を取れると思ったんじゃないでしょうか?
普段は全く報道されずに地道に頑張って、オリンピックというこの一瞬に賭けて陽の目を見たソフトボール女子の金メダルと全く好対照。
このへんに何か教訓があるのではないかと思います。

岩瀬の登板に関しては完全に星野采配の裏目ですね(ミスではないと思う)
星野さんって変なところで「情」が出るところがあって、
2003年の日本シリーズの伊良部先発のときもシーズン頑張ったから・・という情で先週打ち込まれているのに起用。この年終盤に福原が復帰して良かったからそちらかと思いましたが・・・
案の定打たれて、その後福原が登板していいピッチングをして
「最初から福原出しとけや!(怒)」って思ったことを思い出す。
その日、東京から福岡ドーム行ってましたもん(涙)

話はそれましたが、結局岩瀬も同じなんでしょう。
しかも岩瀬の全盛期を星野さんは味方・敵としていやというほど見ているので「衰え」というものを監督自身が認められなかったんでしょうね。
「そんなはずはない」「そんなはずはない」で結局どんどんドツボに。

正直、岩瀬の今後が心配です。
川上・岩瀬というエースと抑えの上に森野・荒木を取られてシーズン優勝を実際諦めざるをえない状態になった上に、岩瀬をつぶされるようなことになったら中日ファンの心情を思うといたたまれない。

やはり中途半端な状態で挑むべきではなかったと思う。
目先の観客動員収入に目がくらんで、シーズンを続行させたNPBと各球団が一番責任があると私は思います。

まあ、せめて銅メダルは取ってもらって、星野さん以下首脳陣やかかわったNPB関係者には十分反省してもらいましょう。

選手にはこの状況でよく頑張ったとたたえたいと思います。
| 虎話 | 13:00 | comments(6) | - |
金返せと言いたいような3試合
・・・・もう呆れて何も言えません。
最下位横浜、しかも4番村田のいない横浜に3タテ。
これでなんと観戦7連敗になりました(涙)
初戦はすでに書きましたが、2戦目もやはり野口のリードにイラッときました。吉村にノーツーから2ラン。
野口は攻めのリードと言われていますが、一つ間違えば無謀です。
失礼ながら今の横浜でこわいのは3番内川の確実性と4番吉村の長打力。
5番の金城なんて今年は打率240程度。
巨人のような強力打線ならともかく、時と場合によってはこの3・4番との勝負を避けるのも手です。
1死2塁で内川のノースリーからのタイムリー・・・
同じく2死2塁から本塁打は避けたい場面で吉村にノーツーから勝負に行ってホームラン・・・・

ちっとは考えろ!馬鹿正直にどんな場面でも勝負するな!臨機応変って言葉を知れ。

杉山も相変わらずでした。狩野のリードが・・・という意見もありますが、
崩れ方が前と一緒。
思い通りに行くときはスイスイいくが、誤算が生じたら動揺して打たれたらそのショックを引きずって頭が真っ白になって最後は試合をぶち壊す。

昨日も投手(とはいえ吉見の打撃は投手の中で球界一だが)の吉見にタイムリーというのが誤算で動揺しはじめて、なんとかその回はしのぐが次の回も引きずったままで金城のタイムリーで頭真っ白になって佐伯にとどめの2ラン。後はメロメロ・・・・

杉山よ、年に1〜2回完封して後はノックアウトされる投手と毎回7回を2〜3点で安定してしのぐ投手とどちらがチームにとって必要か考えてくれ!

毎回完封なんてダルビッシュでも無理やぞ!

金城のタイムリー打たれても2点!3点ぐらいまでなら、打線が取り返してくれるんだから、そこで立ち直らないでどうすんねん。
精神的なもんなんやろなあ・・・気持ちの切り替えってのがでけへんで、ズルズルいくんよな。かといって立ち上がりも決して良くないから中継ぎには向いてないし、正直、精神的な部分を改善しないと使いもんにならんのが現状やなあ。

まあ、それ以前に打線がボロボロなんやけどね。
3番鳥谷がまったく機能していないし、光信も調子落としているのかポップフライばかり。
林も怪我復帰後いきなり一軍で、まだ本来の打撃にはほど遠い。
結局金本が徹底マークになる。

ほんまなんとかしてください。
とうとう観戦成績も15勝10敗になってしまいました。
観戦連敗始まる前は15勝3敗やったのに・・・・

金曜はビールかかるし、日曜は日曜で隣にいたおばはん2人組が攻守関係なく食べてばかりでその食べ物を何度もこっちにこぼすわ(まあ、ポッキーとかなんで実害はなかったが)、別席にいるらしいおばはんの子供が絶えずやってきて、「ママお金ちょうだい」とか言って目の前をちょろちょろ行ったりきたり。そのおばはん達の横にいる旦那も子供の様子が気になるのか目の前を行ったりきたり・・・・

おばはん達はまともに試合も見ないで横でペチャクチャしゃべってばかり。

一応、子供が通ったりこぼしたりするときは謝りはするんですが、何度も同じことやられたらさすがに頭に来ますわ。
おまけにずっと野球見ないんで関係ない話しゃべってるんやったら喫茶店でも行って来いって感じやわ。何しに来てんねんって・・・。
目の前チョロチョロされて、野球見てるのを邪魔される身にもなってみろや(怒)
ほんま自分勝手な連中が多いよなあ。

ただ、その試合も見どころ無しやったんやけどね。
もう写真載せる気もしないわ。逆にストレスがたまるお盆休みでした。
| 虎話 | 12:49 | comments(6) | - |
最悪な観戦
試合も試合中も最悪な観戦でした。

まずはチームの方。
どっちが首位でどっちが最下位やら・・・・。

つうか野口のリードがひどすぎる。
今日のポイントは横浜の2点目。内川のタイムリー。
石川を仁志が送って1死2塁。内川の場面、
この前の2打席はタイミングばっちりで素人目にも今日の内川は下さんに合っているとわかる状況。
本日の同行者、ボギ男くんと
「まあ、くさいとこ攻めてあかんかったら四球で吉村勝負やな」
と話していました。
案の定、きわどいところをせめてノースリー。
「それでええ」と納得していたら次の瞬間唖然としました。
ストライク投げて打たれてタイムリー・・・・

野口!何年プロでキャッチャーやってんねん!(怒)

当たっている内川にノースリーから勝負はないやろ、いくらなんでも。
さっきの2打席の打球見てたんか!?
矢野さん・・・早く帰ってきて(涙)
というか数年後、すなわち矢野さんが引退後にまた暗黒時代が来ないか心配だわ。もう野口は控えでいいから狩野や小宮山を育てよう。
どうせ野口でも大差ないし・・・今日のリード見て情けなくなった。

もう、それを皮切りに流れは完全に横浜へ。
そりゃあんなことやってたら勝てないわ。
4・5番もチャンスでポップフライばかりやし。

試合もたいがいでしたが、もう一つ・・・・
だいたい球場では飲み物を床に置きます。
よくこぼれたビールが上流から流れてくるので荷物はビニール袋に入れます。
しかし、直接かけられたら逃げようがありません(怒)
しかも犯人はビールの売り子。売り子が後ろの席の人が置いていたビールを蹴飛ばしてしまい、直接私の服にかかりました。

後ろの人(ビールを蹴飛ばされた人)が「大丈夫ですか?」「ごめんなさい」とタオルで拭いてくれたり、床を掃除しようとするとマフラータオルを「これ使ってください」と言っているのに、売り子は突っ立ってるだけ。
「なんか拭くもの持ってきいや!」というとあわてて係員と共にやってきて、ワイパーを手渡してきた。
周りの人が試合を見ずに床を拭いたりしているのに、当の売り子は突っ立ったまま・・・
さすがにキレて、「自分が蹴飛ばしたんちゃうんか!」と怒鳴りました。
結局その売り子は「すいません」を連呼するだけ。
ほんまに悪いと思っているのかすらわからん。

そして処理後にも後ろの人は申し訳なさそうにしているので、
「あんたたち何も悪くないよ」って言っていると、横の人も
「あの売り子が悪いねん。そういやあんたらビール弁償してもらってへんのちゃうん?」と・・・。
あの売り子なんもやってへんやん(怒)

その後も何事も無かったように後ろでビール売っている売り子(怒)
よっぽど文句言ってやろうかと思ったわ。
ミスはしゃあないけど、それに対する誠意の無さに怒り心頭。

ユニ脱いでも、下のTシャツにもビールがかかっているし・・・
ほんま気分の悪い観戦でした。
| 虎話 | 00:58 | comments(5) | - |
アレを決定づけた試合
なんとなく昨日の試合が「今季を振り返ったときのポイントとなる試合」だったような気がします。2006年の中村豊のホームランの試合みたいな。

ポイントは勿論10回表の攻撃。
2番からの打順ということでクルーン登場。これは当然の策。
そのクルーンが関本、鳥谷に連続四球。無死1・2塁で打者金本を迎えるところでなんと原監督は投手を交代、左の藤田が告げられた。

阪神からしたらコントロールは悪いが、立ち直ったら手のつけようがないクルーンを代えてくれたことは万々歳。岡田監督も笑顔で「やったぁ!代えよった!」と口の動きから言っていたような気がした。

確かにこの1試合だけのことを考えたら、ありえない策ではない。
しかし、絶対的抑えであるクルーンの途中降板ということで、チーム全体に不穏な空気が流れるし今後の試合に影響が出ることも十分に考えられる。

それをわかった上であえて、「今日負けたら終わり。後のことなど知ったこっちゃない」という高校野球のような精神で大バクチを打ったのならという条件でなら理解できないこともない。

競馬で言えば、最終レースに今日の負け分取り返すために大穴にドカンと投資して一発逆転を狙う感じかな?
でも、こういうとき大概「やめときゃよかった」と後悔することになるんだけどね・・・。

まあ、原監督がただ単にルンバ♪だったのかそこまでの覚悟があったのかは別にして、巨人に引導を渡した試合だったように思えます。
この場面でホームランを打てる金本も金本なんだけどね。

オリンピックは残念だったけど(あそこで成瀬ねえ・・・・)、昨日の阪神の勝利でなんか胸のつかえがとれました。
これでMも再点灯36!

明日からの横浜戦頑張って応援しましょう。日曜には杉山が上がってくるみたいですね。
まあ、京セラドームなんで中止の心配は無いけど、雨は嫌やなあ・・・。
| 虎話 | 10:42 | comments(2) | - |
久保田よりも岩田の投球内容が問題
M消滅ですなあ。
しかし、昨日の岩田のピッチング内容はひどかった。
広島が再三の走塁ミスなどで何度も挽回するチャンスはあったのに・・・
というか、あの内容でよく6回を2点でしのげたと思う。
逆に2点しか取れなかった広島の攻撃内容にも反省しなきゃいけないレベル。

そのグダグダの流れをそのまま引き継いでしまったのが久保田。
確かに久保田の出来も良くは無かったが、あちこち見ていると久保田のみを批判、糾弾している内容が結構見られるが、
昨日の試合で久保田だけを非難する人は野球をわかっていない人だと思う。

岩田は今シーズン初めて一軍ローテでフル稼働しているため、ここにきてスタミナ切れという感じですね。まさしく昨年の巨人の金刃のような感じ。
ただ、ここでこういうことも経験しておくことで来年に向かって一軍で一年間ローテを守れる体力作りに励んでもらいたい。
そういう意味ではやっぱり井川ってすごかったんやなあ〜。下さんもすごいけど。

打線もひどいねえ。昨日は岩田のリズムの悪さが影響したこともあるけど・・・。初回の攻撃、赤星がヒット→盗塁で無死2塁。
ここで平野がポップフライ。最近気になるのがこの平野
確かにヒットもコンスタントに出ていたりするが、こういうつなぎどころで淡白な場面が目立つ。私は平野のセールスポイントは「価値のある凡打」だと思う。
勿論ヒットなら尚良いのだが、打席での粘り、進塁打、投手のゆさぶりなど記録に出ない部分での貢献に価値のある選手、さらにいえば藤本と違うのがこのあたり。

ただそのへんが最近ちょっと見られないのが気になります。

結局3番4番も凡退し、この回点が取れなかったのが痛かった。
やはり3番鳥谷はちょっと早い・・・というか向いていないよ。
チームバッティングとか状況とか全然関係ないもん。自分のバッティングしているだけ。
「1番鳥谷」というのも打者のタイプからしたら理論上はいけそうだが、これは過去に合わなかったという事例がある。結局、今のバッティングなら6番あたりしかないのかな?
福留や岩村のように状況関係なくても330ぐらい打てるなら3番でもいいけどねえ。
新井がいない今、好調の関本が3番に一番あっているかもねえ。彼なら状況に応じたバッティングもできるし。

しかし、広島の前田健太はいいねえ。
何がってやはり度胸、ハートがいい。相手が金本でも2ストライクから緩い変化球を投げる度胸。
投手はなんぼええ球持っていても、これがないとなかなか勝負どころで自滅したり、ストライク入らなかったりする。投手で「未完の大器」と呼ばれたまま終わった選手にこのタイプは非常に多い。
ブルペンではものすごい球投げるのに、いざマウンドにいくと人が変わってしまう。
・・・前にも書いたけど、この前田健太の度胸が杉山や能見にあればなあ。2人とも15勝ぐらいしてるかもしれん(笑)

まだ弱冠20歳!
今はこわいもんなしに近いやろうけど、今後ここという勝負どころで痛打を浴びてそれがトラウマにならないことを祈りたい。
そうすれば間違いなく次代の広島のエースになるでしょう。
(大阪出身やからってまた阪神が取ったらあかんで!)
| 虎話 | 12:40 | comments(0) | - |
岡田監督の長期的視野
やっぱり大勝した後はこうなるんですね・・・。
初回関本の3ランで、相手投手三浦やけど今日もいけるやん!と思いましたが、金村が誤算でしたよね。
ただ、今回4回2/3・・・あと1アウトでという場面。
3−2でピンチでも続投、同点にされても続投、1点勝ち越されても続投、そしてさらに2点タイムリーでKO降板。

これは岡田監督の金村に対するメッセージでしょう。

有名な話ですが、日本ハム時代に5回2死、同じような場面で交代させられてヒルマン監督を批判して出場停止になったことがありました。
本人にとってはトラウマの部分があったのかも知れません。
しかし、岡田監督は逆転され、さらに追加点を取られるまで、金村が納得するまで投げさせました。
今回負け投手にはなりましたし、金村も投球内容には反省しているでしょうが、岡田監督が「信頼している」ということを起用で証明したことは金村にとっては意気に感じたことでしょう。
ナインも5回の守備で「勝ち越しは許さない」という守備陣系をしいて、なんとか金村に勝たせてあげようという気持ちも見えましたし、金村自身も次の登板ではこの気持ちに応えないといけません。

後半戦、金村はどうしても頑張ってもらわないといけない投手。

この試合が高校野球のように一発勝負なら、同点の時点で交代でしょう。
しかし、今後のことも考えて目先のことで動かず、金村にすべてをまかせた岡田監督を私は評価します。

金村自身も過去の批判事件のことは反省しているでしょうが、人間ですしもしあそこで同じように交代させられたら何かモヤモヤが残ったでしょう。
しかし、あえて逆転されてからもまかせたというところに岡田監督の管理職としての手腕を感じました。
次の金村の登板が楽しみです。日本ハムの元エースの意地を見せてくれるでしょう。

そしてこの日に大記録が・・・
山本昌200勝! 

分業化が続き、中5日が当たり前になった現在のプロ野球。次点の西口(西武)が150勝で今の状態を考えると後50勝は厳しいと思われる。
メジャーは1年の試合数が多いのでメジャー+日本球界なら今後も出てくるかもしれないが、日本球界単独では最後の200勝投手かもしれない。
おめでとうございます!!しかし、この勝ち星の中に阪神相手に何勝したことやら・・・
2年前はノーヒットノーランである意味阪神に引導を渡してくれましたし
(ショックで車を物損事故したのでよく覚えています)
阪神に感謝せえよ(爆)

オリックスの清原も初安打が出たようですね。多分あのレベルになればシングルヒットは技術で打てると思うんですよ。後はチャンスで長打がどれだけ打てるかですね・・・
今岡くん!!聞いてるか?
| 虎話 | 16:44 | comments(1) | - |
オールスター&清原復活についてなど
いや〜、暑いですねえ・・・・

金曜は会社で熱中症っぽい状態になって大変でした。
諸事情で人一倍熱中症に気をつけないといけない体なんですが、
皆様もお気をつけください。

前半戦最後の試合はどしゃぶりでのコールド勝ち。
先週に関西でも降った大雨と同じような雨。
ABCラジオがちょうど福本さんの解説でアナウンサーが楠さん
中断中のやりとりは最高でした。

オールスター第1戦は誘われていたんですが、仕事の関係でいけず。
仕事が終わった後がちょうど9回の久保田ぼっこぼこでしたw
まあ、久保田らしいといえばらしいですな。
この久保田のピッチングについては賛否両論あるようですが、
個人的には「まあ、オールスターなんだから大目に見てやれよ」って感じですね。
それよりも第2戦の小倉優子音楽隊の空気の読めなさとあんなん出したTBSの方が問題あるわ。ありゃひどい・・・・野球を馬鹿にしてんのかw

さて、今日から後半戦はじまります。
メディアでは清原の復活を取り上げています。
引退宣言とメディアがとらえて、取り消すようなドタバタもありましたが
あの状態で「清原らしい打撃ができるかどうか」というと正直厳しいでしょう。事実上の引退発言ですが現役に未練がある、一縷の望みに賭けたいという清原の気持ちでしょう。
これを野球に賭ける熱意ととるか、桑田に比べて潔くない、未練たらしいととるか・・・・。

ただ昨日、日本テレビのZEROで川藤が清原と球場で対談しているのがあって、そのとき清原が
「ユニフォームは自分で洗っている。二軍の選手と一緒に洗ってもらいたくない。これが捨てられないプライドです。」

「自分は二軍の選手と思っていない」


などの発言をしていましたが、正直くだらないプライドだと思いました。
私には「過去の栄光にしがみついて現実逃避している」としか見えませんでした。

あれだけの実績残して少なくとも球界の歴史に名を残す選手としては器が小さすぎる。
結局「ひざの怪我」を理由に逃げているような気がする。
「ひざの怪我がなければ、俺は一軍のスターなんだ!」というけど
俺からすれば「実際に怪我しているんだからしゃあないやん!」と思います。

それならば、二軍にいることで自分は今は二軍の選手だということでもう一度ゼロから必死にスタートするという気迫が必要。
ユニフォームを二軍の選手と一緒に洗いたくないなど結局現実を直視できていないのが、今の清原です。
メジャーで一から頑張った桑田と大きく違うところだと思います。
桑田はメジャーに渡って「日本球界の元エース」という肩書きを捨てました。そして右腕一本で現在の自分の力を確認して満足して引退しました。

別に清原が必死に現役にしがみつく姿は否定しません。
しかし、それには現状や現実を直視するべきです。
過去の栄光を忘れられず現実逃避して、しがみついているのならとっととやめろと言いたいです。
オリックスは清原だけで野球やってるんじゃないんだから。

桧山がバットを短く持ったように、清原も今の現状で何ができるか、何をすればチームに貢献できるかを考えなければいけません。

本日、この私の所感が正しいかどうか確認してきます。
京セラドームでのオリックス−南海戦。
今日はまた”南海ホークス”です。楽しみ〜。
| 虎話 | 13:51 | comments(1) | - |
前半戦終了とルパン三世
前半戦が終了しました。

60勝32敗1分・・・優勝M41 

恐ろしいペースですな。
ちなみに私の観戦成績は

15勝7敗

チームの勝率より微妙に上か・・・。
まあ、ホームの試合ばかりだから当然か。
サヨナラ勝ちを今季6試合中5試合観戦しているのはちょっとすごいかも。

ただ、ここにきて少しペースダウン。新井の故障などもあるけど、それ以外にもやや軽率というか、緊張感に欠けたプレーが目立つようになった。
昨日も勝ったからいいものの、矢野の2死1・3塁からの二塁送球→挟殺プレー中に1点なんてプレーは罰金ものですよ。
ボギーのホームランも怒りの一発だったんかもね。
でも、そういう意味では調子が落ち気味のところにオールスター休みという流れも阪神にはついていたね。
まあ、選手にとって短い休みだけどゆっくり休養とって欲しいです。
オールスターに出る選手は気分転換してリフレッシュしてください。

突然の大雨で神宮のゲームがコールド勝ちになったため、その後はNHK-BSでルパン三世を見ていました。

今回は1stシリーズでルパンのジャケットが青の方。
いつ見ても新鮮・・・という35年前、私が生まれる前にできた作品とはとても思えない!
当時は視聴率がのびなかったらしいが、今考えれば時代を先取りしすぎていたのかもしれない。
当時の文化がまだこの作品についていけなかったんだろうねえ

月曜から毎日やっているようで
今回は8〜15話、すなわち4時間ぶっとおしw

14話では後の不二子の声をやる増山さんがキャサリンという役で登場。
不二子はそのキャサリンの侍女をやっているのだが、2nd以降を見ているので
声を聞いていると、どっちが不二子だかわからなくなるwまたキャサリンというキャラの顔立ちが2nd以降の不二子によく似ているので余計にややこしい。

後、この頃の作品は次元と五右衛門は必ずしもそろってなかったんだね。
次元だけしかいないパターンも多かったのが意外でした。

今日も続きがあります。興味がある方是非ごらんあれ。
| 虎話 | 12:14 | comments(3) | - |
にちようび♪
らりるれ〜り らりるれ〜り らりるれ〜りる♪
ダーリン ラムネを買ってきて 二人で飲みましょ散歩道 月が昇るまで〜♪

というわけで「にちようび」
本来は完全休養日にする予定でしたが、前日夜に「明日の甲子園のチケット1枚あるけどどう?」

はい、休養日じゃなくなりました(笑)

結構、夏バテ気味なんですけどねぇ。
昼間はいつものごとく「たかじんのそこまで言って委員会」を見て、その後巨人−ヤクルトを見るが、ヤクルトの不甲斐なさに呆れてNHKやABCでやってた高校野球の南大阪大会決勝 PL−近大付属を見出した。
PLには清原の再来と言われる1年生4番勧野。この日も本塁打を放つ。
しかもこの決勝の先発投手まで勤めているんだから脱帽。
途中6−2とPLが4点リードして、ほぼPLが優勝かという雰囲気になっていた・・・。
しかし、ここから近大付属が粘る。思えばPLも終盤の4点リードということで多少「勝ちを意識した」のではないだろうか。そして9回裏にとうとう近大付属が追いつく!
そしてサヨナラという流れが普通だが、ここでPLのエース萩原が渾身の投球で三振を取り、延長!
10回表にPLが勝ち越して、勝負あったかと思ったが、さらに裏の攻撃で近大付属が追いつく!そして11回裏にとうとう近大付属がサヨナラ。
セカンドのファーストへの悪送球が決勝点という厳しい現実。しかもピッチャーがはじいた打球にセカンドがよく追いついたのに。。。。

しかし、本当に良い試合でした。プロ野球もいいけど、こういう「負けたら終わり」という一発勝負の高校野球もスリリングで面白いです。

さて、結果が出たところで甲子園に向かいました。
今日は3塁アルプスです。通路の前の席だったんですが見えにくい見えにくい・・・



視界にお客さんや売り子がウロウロするのでちょっと集中できませんでした。

しかも途中いきなり照明の故障の関係で一時ゲームが中断。
先発の金村は5回無失点でマウンドを降りて渡辺にスイッチ。
先頭打者は俊足荒木、セカンドゴロに討ち取ったと思ったら関本がエラー。
代わりバナの先頭打者、しかも荒木を出したというのは投手にとってはものすごいプレッシャー・・・この関本のエラーが敗因と言っても過言ではない。
後で3ランを打つけど、このエラーを挽回するまでは至らなかった。
まあ、その前の2試合は関本で勝ったようなもんだったんだけど、
「調子に乗んなよ」という神の声だったのかねえ?

収穫はリーソップの初登板を見れたぐらいかね?





160km近い速球という触れ込みは大概140km台なんで・・・と思ったら
初球153km、MAX156km・・・球速は本物だったようです。
後は変化球とランナー出たときのピッチングやね。
昔、抑えやってたリベラはセットになった途端あかんかったからね。



ともかく負けた負けた。また負けた。
これで阪神戦の観戦4連敗 15勝7敗になってしまいました。
まあ、しばらく観戦がないのでその間に勝っておいてちょうだい。
9月には観戦勝率の調子をまた上げないといけないからな・・・。
| 虎話 | 17:39 | comments(1) | - |
選手への気遣いを持ちましょう
昨日も行ってました・・・。



全くええとこのない試合でした。ボギーが6回にいきなり豹変して4失点。
小笠原の2ベース・・・1塁が葛城。左投げなので逆シングルになるんですよね。
右投げの野手だったら取れたかな〜・・・まあ、すべては古城へのツーナッシングからの死球が原因だと思いますが。
とにかくついてなかったね。平野のピッチャー強襲の当たりが3塁フォースアウトになったり、桧山のテキサス性の当たりが微妙で3塁アウトなど。
最後に桧山が久々のライトの守備も今日見に来た阪神ファンへのせめてものサービスのように思えましたわ(笑)





3・4番が打てないからね。
昨日のブログで、「選手が自分のやるべきことを考えてやっている」という話をしたが、
3番鳥谷にそういう意志が見えないんだよね。赤星や平野、関本あたりは凡打でも「有効な凡打」などチームプレーの意志が見えるんだが、鳥谷にはそれを感じない。
ヒットが出ていた頃はさほど気にならなかったが、不調になるといかに意味の無い凡退が多いかがクローズアップされる。そのあたりもあって岡田監督は6番鳥谷にこだわったんでしょうね。
3番打つならもうちょっと考えて欲しいです。単に来た球を打っているようにしか見えません。

後、赤星選手のブログでこんなことを書いていました。
http://redstar53.tblog.jp/
前から思っていたんですけど、ホテルにいるときは選手はオフなんですよ。
夜中までホテルでしつこく選手を待っているような人も見られますけど、
オフの時間まで監視、ファンサービスを求められたら選手はどう感じるでしょうか?

逆に自分が仕事を終えて家でくつろいでいるときに会社からいきなり「仕事してくれ」と電話かかってきたらどう感じます?
自営業なら多少はありえることでしょうが、それでも夜中に電話かかってきたら「何時やと思ってるねん!非常識な!(怒)」って思うでしょ?

勿論、ファンあっての選手なので自分のことを応援してもらえるのはうれしいだろうけど、少なくとも夜中まで見張られて喜ぶ選手はいません!
自分のエゴや欲望で好きな選手に不快な思いをさせるってのはファンとしてどうかと思います。
その選手が好きなら、その選手のことを気遣って欲しいです。

ユニフォームを脱いでいるときはゆっくりさせてあげてください。
そしてユニフォームを着ているときは精一杯応援してあげてください。
| 虎話 | 12:27 | comments(1) | - |
意志のあるプレーが勝利を呼ぶ
昨日は残業なしで帰宅、ちょうど18時過ぎぐらいに会社を出ました。
携帯でTV見てましたが、あっという間に3点、最寄駅についたときにちょうど4点目を取られたぐらい。
駅にはこれから球場へ行こうという人たちがいるが、やはり表情は暗い。
前に座っている2人組も
「なんや今日の上園は・・・」
「向こう内海やで・・・4点はきついなぁ〜」
と携帯TV見ながらぼやいていました。彼らはため息をついて苦笑いしながら、甲子園で下車しました。
私もこのときは「今日はあかんやろな〜。かわいそうに」と実際思っていました。
この2人が試合終了後にどんな顔していたか是非見たかったな〜(笑)

きっかけはやはり清水の後逸でしょうね。
正直、巨人は勝ったと思ったんでしょう。2回で4点取って先発投手降板させれば思いたくもなるけど、気を抜いたらいけない。
阪神はそのスキをついたんでしょうね。

そして昨日の試合で特に感じたのが、阪神の各選手が「自分が今、何をすべきなのか」よくわかっているということ。
まずは高橋光信の清水の後逸を呼ぶヒット。ポッカリ空いた1・2塁間を狙い撃ち。点差を考えて決して引っ張らない。

そして代打桧山の1死満塁からのセカンドゴロ。
同点になって追加点が欲しい場面、とにかく1塁側にゴロを打てば1点は入るという場面できっちり仕事をする。どんな形でもいいから勝ち越そうという桧山の意志が見えた。

そしてやはり代打庄田のファーストゴロ!1−4で無死2塁の場面、左の内海に対して左の庄田。
とにかく1死3塁にして犠牲フライで1点の形を作ろうというチームバッティング。しかもこれが小笠原のエラーを呼ぶ。

今挙げた3人は考えて野球をやっている。
対称的だったのが浅井。
1死1・2塁でバント空振りして二塁ランナーのバルディリスがアウト。それだけでもチョンボやのに結局その打席、何の意志も見えずにただ振り回して三振・・・・。
まだこの時点では内海が投げていたが、この回に代打に出た庄田と交代させられた。
このあたりの起用も岡田監督はさえていると思った。

先日フォードが同様のプレーで岡田監督の逆鱗に触れて二軍落ちになったが、狩野も上がったことだし、浅井も落とされるかもしれませんね。
そろそろ桜井の本領発揮が見たいのだが・・・。

庄田からすればエラーがなければアウトになる打球だったけど、ちゃんと意志を持って打席に臨んだことを評価されたわけだし、本人は意気に感じたことだろう。
案外、オールスターまでの間ライト庄田で起用しても面白いかもしれない。

この試合決めたのは矢野、勝ち投手は江草だったけど、やはり勝因は庄田のバッティングと4点ビハインドでしっかり2回抑えた阿部のピッチングでしょう。
そういう意味ではお立ち台に阿部も呼ばれたのはうれしかった!

しかし、阪神はいつからこんな大人の野球をするチームになったんだろうねえ。
| 虎話 | 12:03 | comments(1) | - |
打てません!
打てないなぁ〜・・・



月曜日の巨人戦行ってまいりました。
やはり打線の厚みが無いですわ。
ただでさえ、左打者に不利な甲子園で3番鳥谷・5番関本ではランナー無しではこわくないですもん。金本だけ注意すればええって感じ。

チャンスはあったんですけどね。
高橋光信のタイムリーの後の赤星のショートライナー
鳥谷のグラブ強襲ヒット(笑)の後の葛城の三振。
葛城の場合はその前の直球を仕留め損なったのが運のツキでした。
今の豊田は追い込まれるとフォークでやられます。

9回2死ランナーなしで桧山出されても盛り上がりもほとんどなし。
それにベテランが、しかも代打でクルーンの球は無理。



観戦20試合目です。15勝5敗・・・まあまあかな?

まあ、岩田もそれなりに頑張ったけど伏兵鶴岡に2ラン打たれてはねえ。
横浜時代からバッティングはそこそこいいんだから。
前の打席のこともあって、多少なめてかかったんでしょうな。

渦中のモ・・・じゃない二岡への野次は予想通りw
ただ直球のひねりのない野次が多かったのでもっとウィットにとんだ野次が欲しかったね。

”二岡〜暑いやろ?「モナ王」食べるか〜?冷たくて美味しいで〜”

こんな感じかな?w
そういう意味では昔のパリーグはこういう野次の宝庫やったね。

香川〜!お前日本ハムにトレードや〜。選手としてやないで〜商品としてやで〜!
| 虎話 | 12:45 | comments(3) | - |
無理すんな〜無理すんな〜♪
ボクは賢い良い子です♪

・・・若年層にわからないネタですいません(笑)

それはそうと、完敗でしたね。
ここにきて、前半戦のぶっちぎりを担ってきた選手に疲れが出始めたようですね。

岩田はここ何試合かのピッチングを見ていると、調子うんぬんより開幕からローテを守ってきた疲れでしょう。球のキレが全然違う。
ローテを守るのは初めてでかつハンデもあり、このくそ暑い気候。
一度、広島のルイスのように積極的休養のための二軍落ちもアリかもしれない。
ただ、来季以降のことを考えてこの時期の苦しさを経験させておこうというのもあるかもしれないし・・・難しいなあ。

そして新井さんの腰痛もここにきて限界にきたようだ。
4番金本があの状況で試合に出続けているので多少の怪我では休めないというナインの気持ちは諸刃の刃で今回は悪い方に出た感じですね。
なんかで読んだことがあったが、江本氏が400勝投手の金田氏に「今の投手は走りこまないからバテるんですよね?」と振ると「お前はアホか」と返されたという。
金田監督時代の「走れ走れキャンプ」は有名。とにかく足腰を鍛えることが大事という方針の金田氏。そのときの江本氏への返答が
「まずは走りこめる体を作ることが先だ。いきなり走りこんだら逆に潰れてしまうわ」

今回の件もこれに少し当てはまるような気がする。
金本の影響で多少怪我しても出場にこだわるのはいいが、やはり満足に結果を残せないのなら治療に専念した方がいいと思う。
新井も体力には自信があるだろうが、実際ここ5試合で1安打。腰痛でまともに打球を引っ張れないような状態では仕方ないよ。
腰痛を治すことが先だと思う。

金本のように左腕が折れても片手でヒットを打つというのは決してマネしてはいけない(笑)
あれは金本にしか無理です。

私も昔、持病が悪化したときに入院するのが嫌で「明日になったら良くなってるかもしれん」と思って家で頑張った結果、とことん悪化して救急車で運ばれるということが何度かありました。
今、思えば1日家で我慢したら1週間は入院期間がのびたような気がします。
やはり早めの治療が大事、時には休む勇気も必要だと思います。

そして訃報もありました。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20080716-00000030-nks-base

あの決勝のPL−取手二高。
取手二高の4番がこないだ無免許運転で逮捕された吉田剛でした。
この頃のPLってめちゃくちゃ強かった。千代の富士の全盛ぐらい(このたとえも古いなあ)、そのPLを退けて優勝したので全国をあっと言わせました。
今でも延長戦での勝ち越しのシーンは思い出されます。
ご冥福をお祈りします。
| 虎話 | 12:47 | comments(2) | - |
がんばれ!秀太
日曜日の試合、勝利の後のベンチの様子を見ていると、一つ印象に残ったシーンがあった。
勝利の後、ベンチがナインを迎えてハイタッチ。
そこには好投したものの、今日も勝ち星の付かなかった金村に最後、秀太が声をかけていた。
前回の登板時も試合後に秀太が金村にボールを見せて何やら話していた。
多分「阪神初登板のボールやけどどないする?」みたいな感じでしょう。
金村はあの様子から「勝利投手になったらもらいますよ」的な感じでしたけど。

ここで感心したのは秀太の気遣い。
今年から移籍してきて下柳や野口ぐらいしか一緒にやった選手はおらず、しかも夏になってやっと一軍に上がってきたということもあって孤独な状態。しかも元日本ハムのエースという“なかなか気軽に話しかけづらい雰囲気を持った選手”
そんな金村に対して学年が一緒(秀太は早生まれ)というのもあるだろうが、気さくに話しかけるなどして早くチームに溶け込めるように秀太が頑張っているように見えた。

先日、ぶったま(関西ローカルの情報番組、虎バン同様阪神ファン御用達の番組)の番組で選ばれた6月の最優秀選手は渡辺だったんですが、渡辺を待つ片岡の横を通りかかった秀太が捕まえられて、連れて来られて

片岡「状態はどやねん?」

秀太「はあ、バッティングの状態はいいです。でもチームには関係ないですから(笑)

こらこら・・・自分で言うな(爆)
ただこのときも、片岡は秀太のムードメーカーとしての重要さを話していました。

正直、今の秀太の仕事は代走か守備固め。その守備固めというポジションも平野が復帰、バルディリスの成長でますます出場機会が減ってきている。
そんな中、秀太は「自分に出来ることは何か?」というのを非常に考えたと思う。

何の職業でも共通することだが「自分の立ち位置」を理解することは非常に大事です。
自分の得意分野は何か、どの分野なら自分をいかせるか・・・。
そういう工夫というか試行錯誤ができる人間は大成すると思う。
正直、秀太はこの先レギュラー復帰は厳しいだろうが、彼の存在価値というものはこういった努力で十分アピールできたと思う。

前半戦の西武の快進撃は大久保コーチがムードメーカーとしてベンチの雰囲気を良くしているのも大きな要因だと思う。解説者のときは正直あんまり好きじゃなかったが、今思えば解説者としてえらそうに感じていた部分はコーチとして「面倒見がいい兄貴分」から来るものだと理解した。だから選手に対してフランクに接しているのが解説者としては「なんやえらそうに・・」と見えていたように思う。
大久保だって選手のときは巨人で一瞬花開いたがトータルでは実績はたいしたことない。
(亀山みたいな感じか?)
名コーチと言われる人には意外と実績がない人も多い。

フォードが二軍に落ちてもうすぐ10日たって再登録可能になる。
林の故障の関係上、多分すぐに上げてくると思われるので、代わりに秀太が落ちる可能性は非常に高い。
でも秀太のことだから二軍でもムードメーカーになることでしょう。

そろそろ20年前に川藤が就任した謎の「総合コーチ」という役職復活させますか?(笑)
それか大阪ローカルで10$やストリークと番組でもやってください(爆)
もしくは「ぶったま」の岩本努のポジション奪うとか。

秀太の明るい今後に乞うご期待!
(選手としても期待せんかいっ!←ツッコミ)
| 虎話 | 12:47 | comments(1) | - |
広島強いわ
いやはや苦しい3連戦でした。
すべてが接戦、広島ってこんなに強いチームでしたっけ?
昔の広島の嫌らしさを存分に感じた3試合でした。その一角を担っているのが赤松というのもなんともいえないですね。

阪神のこの日の先発は金村。阪神に来て2回目の先発です。
6回で2失点(自責点は1)、さすがのピッチングでした。
ただ、相変わらず打たれ出すと止まらないという傾向がありますね〜。
自分のピッチングをしているときはいいんだが、一つ歯車が狂うと・・・・
まあ、でもこの日は6回の大ピンチに崩れずにもったと思います。

ただ日曜の試合に関しては中継ぎ投手の使い過ぎが影響したようで、高橋建を1イニング引っ張るなど苦労も見えた。
そして8回裏に金本が1死から出塁するとなんと盗塁!
相手投手シュルツのモーションが大きかったかららしいが、1死2塁で1ストライクからなんと関本に代打桧山!
しかし、これはどうなんだろうか。確かに金本の盗塁で「さあ、行くぞ!」という空気になったところに桧山登場で球場の雰囲気ごと広島を飲み込んでしまおうという算段だったのかも知れないけど、相手は150km超えのシュルツに対して1ストライクというカウントから代打桧山というのはどうなんだろうか?
代打というポジションはタイミングを取ったりするのにストライクを有効に使う。
ある意味2ストライクまでは見ることが出来るわけだが、この場合1ストライクしか見ることが出来ない。この状況で桧山を使うのは正直もったいなかったなあ。
1ストライクという中途半端なカウントから代打ならそのまま関本でも良かったような気がします。しかし、この後結局鳥谷が敬遠され、葛城の決勝3ベースが出るんだからわからない。

葛城の「うお〜〜〜!!」はなんか代名詞になりつつありますなあ。
そのうちに○ァー○産業あたりが「葛城ストラップ(押すと叫びます)」みたいなグッズを出しそうな・・・(爆)

ただ、お立ち台に立てないと当然叫べないわけで、ちゃんと勝利に貢献している証拠です。活躍しているからこそ叫べるってわけだから、もっともっと叫んで欲しいですわ(笑)
ただ、お立ち台とか特別なときだけにしときや〜。
あんまりやり過ぎると、どっかの芸人と一緒で飽きてくるからね。
ナイスバッティン“グゥ〜”・・・ほら飽きてきているでしょw
| 虎話 | 12:34 | comments(4) | - |
久々の負け・・・・
金曜に続いて、土曜も観戦でした。
休みだったので最初に三宮で買い物をした後、甲子園へ。

今日は1アルでした。


久々の貧打でした・・・・。
やはり関本が金曜日のヒーインで禁句を言ってしまったのが原因か・・・・。

まあゲーム差に余裕があるせいと、手も足も出なかったのであきらめがつきました。
それよりも広島永川の状態が心配でした。フォークばかりでストレートが140kmそこそこ・・・。本来150km以上の速球投げる投手なのに。。。
ブラウン監督の投手起用に問題があるんじゃないかな。つぶれるよ・・ほんまに。



まあ、負けは負けなんだけどね。
これで観戦成績は15勝4敗になりました。

今日のお弁当は念願のコレ



肝心のお味は・・・・う〜ん・・・。
正直、期待したほどじゃなかったなあ。。
サンドイッチは正直、コンビニのカツサンドに近い感じだし、
バスケットの白身魚フライはなんか臭くて、ほんまにフィッシュ&チップスみたいだった・・・。
1200円という価格を考えるとちょっと質的に問題ありという評価です。

次回は鳥谷にしようかな・。久保田はめちゃくちゃ量が多いらしく、
相方が買おうとしたら、店員のおばちゃんに「貴方じゃ絶対無理」と止められたらしいw
| 虎話 | 17:37 | comments(1) | - |
サヨナラ男とボギ男
前の日記で報告したとおり、金曜は関係会社の福利厚生に呼ばれて
甲子園の3塁アルプスで観戦でした。

3アルなんて久しぶり〜

夕方17時ぐらいになって、「行けるかどうか」と言っていたボギ男ことS君が
必死で戻ってきたw
「あ〜あ、これで先発ボーグルソン決定や」
と笑っていました。
先発発表・・・・ほんまにボーグルソンや・・・(汗)

ボギ男おそるべし!!

定時に終わったら、関係会社の人がタクシーでいきましょってことで
タクシーに乗り込む。
甲子園到着は1回裏。ボギーはえらくいいピッチング・・・


久々の3アルの印象・・・・えらくまったりしている。
みんな野球自体よりも雰囲気を楽しんでいる感じで、我々みたいなのは逆にどちらかいうと異質な感じ・・・・。
まあ、盛り上げるために1アルのつもりでやりましたけど、
応援団のリードがないのでやりにくい・・・。

試合は広島前田の緩急をつけたピッチングにきりきり舞い。
2−3から緩い球を投げ込んできたり、かなり度胸ありまんな。
杉山や能見に爪の垢飲ませてやりたい・・・(涙)
まだ若いし、これから広島のエースになりうる存在ですね。

しかし、そんな苦労していた前田をブラウンが交代してくれたのがラッキー。なんかブラウン監督の投手交代は落ち着きが無い・・・。
そしてとうとう高橋光信の犠牲フライで同点に!

阪神は9回藤川、10回ジェフ、11回江草とサヨナラの機会をうかがう。
しかし12回の投手を考えると11回は江草をそのままいかすと思ったが、
代打藤本・・・もしサヨナラにならんかったら赤松・嶋・栗原を阿部で迎えていたのだろうか・・・・。
まあ、広島も投手不足で岸本を2イニング引っ張って、結局サヨナラ勝ち
シュルツ、永川を早く使いすぎたのもあるが、何故横山じゃなくて岸本だったんでしょうねえ・・・・。



終わったのは22時過ぎ。久々に鳴り物なしの応援もやりました。
3アルだとやりにくいねえ・・・・。



これで観戦成績も15勝3敗!

しかもサヨナラ勝ちが5勝、阪神のサヨナラ試合は6試合なんで6試合中新井のサヨナラ弾の試合以外5試合見ているということです!すごいかも。

さて、明日もいってきます!
| 虎話 | 01:22 | comments(1) | - |
暑い夏に向けて
まあ、たまには負けることもあるでしょう。

なんか余裕持ってみていました。
阿部はさすがやね。あの右中間にライナーとはいえ、軽々と運ぶんだもん。
上原や小笠原も復調気配だし、北京五輪のことを考えればこれぐらいやってもらわないと困りますからね。

まあ、試合は内海の打席はポイントでしたね。2死3塁で代打かと思えばそのまま。ハーフスイングの誤審判定・・・球審橘高ばかりに注目していたら3塁塁審にやられた。
しかもこいつ、矢野がアピールしたときにランナーで明らかに見えていない様子でジャッジしとった・・・この誤審が致命的やったね。まあその後内海に打たれた下さんも悪いけどね。
しかし、原采配は不思議やね。代打を出さずに次の回まで引っ張った内海をあっさり降板・・・確かに鳥谷・矢野といい当たりしたけど、それやったら前の回に代打出しとけよ。

8回の江草の時も無死1塁で代打大道にバント。バントさせるなら大道使わなくてもええやん・・・。結果的で高橋が本塁打でダメを押したが・・・

原采配は行き当たりばったりが多いなあ・・・だからルンバ♪なんだよね〜。

さあ、気を取り直して今日から甲子園での広島戦。
甲子園といえば、夏の高校野球の予選も始まりました!
まあ、勝てっこないんだが、うちの母校はどうなんだろうと見たところ、
1回戦の相手・・・・上宮!!

いきなりか〜〜〜い!(爆)

もし・・・いや、万が一勝てば延々に代々語り継がれるだろうなあ・・・(笑)
| 虎話 | 12:05 | comments(1) | - |
5番問題再燃
林は靭帯損傷だそうですね。
あちこち調べたら色んな意見がありましたが、1ヶ月以上かかるぐらいの覚悟は必要みたいですね。
やっと林が本格的に復帰して5番問題が解消できたと思ったのに・・・・

今日の5番はどうなるんでしょう?
今後は多分5番葛城がメインになると思うけど、今日の試合は「5番 ライト桧山」で行って欲しいね。こういう衝撃的なアクシデントのときはベテランの力を借りた方が良いと思う。

ただ、林が故障でチームとしてはものすごい痛いはずなんだけど、その反面
「なんとかなりそう」という感じもする。
フォードは月曜に落ちたので来週まで一軍登録できないけど、葛城、桧山、浅井でなんとかいけそうな気もする。
フォードにしたって交流戦以降はは3割打っているわけだし、来季に向けての日本野球の適応性をチェックするのにももってこいですね。

林ちゃんゆっくり治してください。無理はしないように・・・・

しかし、それよりも

お〜い!広大何しとるんや〜!!
| 虎話 | 12:11 | comments(1) | - |
ボギ男
うちの会社の同僚S君。
熱烈な阪神ファンということで、平日などは彼と甲子園に行くことが多い。
ただ、彼と行くとあまり勝率は良くない。大阪ドームの2試合含めると4勝2敗だが、甲子園となると2勝2敗となる。
私の今年の観戦成績が14勝3敗なので彼と行ったのを除くと10勝1敗になる。

そしてもう一つ大きな問題(?)がある。
彼が甲子園に行くと先発ボーグルソン率が高い(爆)
ちなみに2敗は共にボーグルソン先発のとき。

さらに恐ろしいのは先日、会社のイベントで行ったときも
「今日はボーグルソン一軍にいないから大丈夫!」と本人は言っていたが、
実はその日にファームでボーグルソン投げてたりした(爆)

本日も観戦予定だが、先週から水曜はボーグルソン先発説が高かった。

しかし、昨日の時点でS君が急遽出張が入って試合に行けなくなった。
「これでボギー先発じゃなくなるんちゃうか?」と笑っていたら

ほんまにボギーの先発は広島戦にずれこみそうになった。>特選デイリー情報

今日からS君のことを「ボギお」と呼ぶことにしたw

阪神CSマジック点灯か〜すばらしいね。昨日は藤川がヒヤヒヤだったけど、
たまにはこんな日もあるわな。それよりも林の状態が心配です。

(追伸)
関係会社から金曜の会社のイベントで甲子園行くけどチケ余っているから行くか?と言われて、私とS君が行くことになったが、どうもその日はボーグルソン先発っぽい・・・・

おそるべし!ボギ男!
| 虎話 | 08:42 | comments(4) | - |
勝ってかぶとの緒を締めよ
横浜に3連勝。

金曜、土曜は矢野のホームランなどでほぼ圧勝の展開。
そして日曜日も序盤に野口の3ラン、バルさんの初ホームランなどで
4−2の2点リード。

ここで阪神になんか緩慢なプレーが目立ち始める。
再三チャンスを作るのだが、淡白なバッティングでチャンスを潰す。
守備での関本がゲッツーにしなければいけない当たりを緩慢な守備で取れず。結局このプレーが同点にされるきっかけになる。

なんか中盤の阪神は覇気がないというか、なんか「どこがで横浜をなめていたんじゃないか?」という感じがしました。
結局8回にジェフが打たれて4−7。
正直、私は「気の緩みがあったらこうなるねん。ええ教訓になったやろ。まあ、ふんどし締めなおして次の巨人戦いどんでくれ」と思っていましたが・・・・。

ここから逆転するか!?普通ぅ〜〜〜!!

まあ、「気の緩みの怖さ」を痛感して、阪神が本気を出した結果というか阪神の底力を見たわけだけど・・・・すごすぎる。

渡辺とジェフが打たれたのはあの悪い流れの中だったので、それほど心配していません。

確かに3連勝はうれしいんだけど、横浜ファンの気持ちを察すると・・・
2001年以前から阪神ファンやっている人ならば横浜ファンの気持ちはわかると思う。
今日は勝てると思った試合を何回ひっくり返されたことか。

9回2死に広島市民球場で葛西が緒方に逆転サヨナラ満塁弾を打たれたのはいつだっけ?
後、神宮で9回2死まで勝っていて、池山に同点弾打たれて延長。
そしてペタジーニにサヨナラ弾打たれたのは・・・・
この試合は神宮で観戦していました。
いつもは帰りにみんな飲みにいこうという話になってたんですが、
この日は誰も会話を交わさず、そのまま帰宅したのを覚えています。
みじめでしたわ・・・・。

思えば10年前は横浜マシンガン打線全盛。
甲子園ですら、佐々木登場のときに大魔神の曲が流れる始末・・・
そして甲子園で優勝決められる。まあ、その当時はくやしさなんてなかったね。優勝なんてとても恐れ多くて言えるような戦力じゃなかったもん。

奢る平家は久しからず

今の状態に奢らずに、謙虚にそして全力で目標に向かって邁進して欲しい。落ちるのはあっという間やで。
もちろん阪神ファンも一緒!

さあ、火曜からの巨人戦、かぶとの緒を締めなおして頑張ってもらいましょう。

| 虎話 | 23:50 | comments(3) | - |
今季最高の試合観戦
昨日のブログでも話したように、水曜も甲子園。

無事に仕事も定時にかたずいて、いそいそと帰宅する私に
みんなが「行ってらっしゃ〜い」と(笑)

1回裏の攻撃中に到着。すでに相方は仕事休みだったため先に着いてました。
「何か買っておいて欲しいものない?」とメールで聞かれたので
「ジェフのバスケットお願い」と言っていたが
「ごめ〜ん、到着したとき売り切れで代わりに新井の穴子弁当にした。」
ってことで・・・


これが弁-1グランプリの最初の弁当にしました。
相方も新井の穴子弁当。どうせなら桧山の桧舞台とかにしとけば2つ味が楽しめるのに(笑)
まあ、そんなことゆうてたら金本がタイムリー。
こんな日に限ってカメラ忘れる。携帯写真がコレ。


立ち上がりの山本昌は状態は良くない。しかし、要所要所をなんとかしめて大量点は防ぐ。(というか野口の打撃が・・・・)
そうすると今度は岩田が不安定。
どうも、セットポジションになると制球が定まらないというか高めに浮くような感じでした。
再三のピンチを押さえ、なんとか5回2失点で降板。
しかし、江草がデラロサにホームラン。
このデラロサ、開幕当初は内野の守備要員で打撃はさっぱりでしたが、
昨日といい今日といい、かなり当たりだした。
日本球界に慣れたのだろうか。昔、中日にいたパウエルも最初散々だったが途中から日本球界になれて首位打者取るようになった。(晩年は阪神へ)
デラロサも要注意かも。・・・まあ井端が戻ってくれば守るところないんですけどね(汗)

7回ぐらいから雨が降ってきました。試合展開はヒヤヒヤの連続。
9回には藤川が登場。ジェフをもう1イニングいくかと思ったが、8回の内容を見ると少しこわかったのか。
しかし打順のことを考えると1回限定。延長になったら渡辺だったんだろうが、最高3回あるわけで・・・どうするつもりだったんだろう。

そしていよいよ9回裏、林の一ゴロをウッズがエラー。
なんかこの2試合中日のエラーが多いなあ。
岩田のセカンドゴロを名手荒木がファンブルして1点入ったし、なんかおかしいなあ。
そして鳥谷が送れず、一死一塁で代打桧山。
桧山の強烈な打球がこっちにやってきました。ちょうど正面からボールが来る感じ・・・。打球の勢いからホームランと確信したのだが・・
正面から見ていると、まるで空気の壁があるみたいにボールにブレーキがかかりフォークボールのように失速して李が取ってライトフライ。

あれが入らないなんて・・・これが浜風の恐ろしさか・・・・。

2死1塁で今度は代打葛城。
同じような打球が飛んできた!李がバックする!
ここで私の視界の死角に入って、ボールがどうなったのかわからない。
しかし、葛城はガッツポーズしているし、鳥谷はホームに戻っている。

なんとサヨナラ勝ち!!

これで観戦3回目のサヨナラ勝ちだが、今日ほどうれしい勝ちは無い。
ものすごい苦しい試合だった・・・本当によく勝った。
前の席に座っていた3人の年配の方は徳島から車で来てたらしい。
しかも試合終了後、そのまま帰るらしい。
でも「こんなええ試合見せてもらったら、帰りもつらないわ〜、ほんまよかったわ!」と大感激してました。

葛城はインタビューでおたけびを上げましたが、私は葛城のガッツポーズでサヨナラを確信した後、しばらく記録が飛んでいますww
気がついたらみんなベンチに戻っていましたw

帰りも相方と喜びをかみしめながら、ため息と笑顔の繰り返しでした。
電車の中もみんな明るい明るい。
これで観戦成績もさらにのびて14勝3敗!!

さ、あと2日仕事頑張るぞ〜!!いやあ気分爽快!
| 虎話 | 02:25 | comments(4) | - |
公的観戦
交流戦終了後、初の甲子園となりました。
しかし、今回はいつもと勝手が違います。
なぜかというと「会社の福利厚生」での甲子園観戦です。まあ、チケットは私が手配したんですが(笑)このへんが関西の会社らしい。
チケット代は会社負担。定時に終了後、会社に呼んだタクシー3台に分かれて出発。

総勢12名、1塁アルプスで観戦しましたが、甲子園常連は私とS君の2人だけ。
他の人たちは食事しながら、甲子園の雰囲気を味わうって感じ。
幸い、席が51〜53段と最上段の一つ下なので最上段の人は立つから我々も久々に立って応援しました。


途中から会社で来たのをほぼ忘れた状態で、S君と2人でもう「自分たちだけの世界」に入っておりました。時々、話しかけられて我に返るという感じ。
他の会社の人たちが炎の5回ウラのトラッキーのバク転で盛り上がっているのが非常に新鮮でした(爆)

試合はいきなり2回にアッチソンがボークで1塁ランナー和田を2進させた後にタイムリーを打たれる最悪の流れ、かつ裏の攻撃では無死1・2塁から矢野が強攻して最悪のダブルプレー。完全に流れは中日でした。
しかし、3回に赤星のショート内野安打を皮切りに中田がコントロールを乱して満塁。
そして林のファーストゴロをウッズがエラー、同点。
あっちもミスをしてくれました!これで流れが来ました。
この日のショートは井端を怪我で欠くためにデラロサが守っていました。
確かに難しい打球でしたが、井端ならなんなく処理していたでしょうね。

さらに5回、四球に打撃妨害(珍しい・・・でもこういう上手さも必要)などで2死満塁から新井のショート強襲の2点タイムリー。
これも井端なら・・・というような感じがしました。

井端の穴が如実に感じられた2つのプレーでした。

しかし、ここからアッチソンがまたいただけない。せっかく点を取ってもらったのに先頭荒木に四球。その後3連打であっという間に同点。
この日の岡田監督の決断は早かったね。絶妙のタイミングでの交代でした。
序盤戦ならもうちょっと様子を見たでしょうが・・・ある意味これが首脳陣のアッチソンの評価(信頼度)ということでしょう。渡辺にスイッチ。
ここで我に返る。会社の人らが「渡辺って誰?」って聞いてきたから。
ん〜、まだ我々が思っているほど知名度がないのかな〜渡辺。こんなに頑張っているのに。

その渡辺がきっちり抑えて、後は阪神ペース。
荒木の珍しい判断ミスの野選で勝ち越し。無死2・3塁。
藤本の打球を取るまではすばらしいプレーだったが、フォースプレーでなくタッチプレーであったということを考えればホーム送球は疑問符が付く。
まあ、条件反射もあったんだろうけど(実際谷繁は1塁を指示していた)

金本もライトへのホームラン(あのポール際だけは打球がのびる)もあったし、8−3の5点差。ここでまた会社の人が「藤川出てくるかな〜?」
私とS君は「ないない」と全否定。ところがどっこい出てきました。
まあ、交流戦後投げてないし、調整登板ってとこでしょうか?


普段来ない人には金本のホームランに、藤川に阪神の勝利で最高のゲームになったんじゃないでしょうか?後は桧山が出てきたら完璧でしたが。
代打葛城のときに桧山も考えられたけど、まだ回が浅かったし相手投手の浅尾は150km超えの速球投手ということでベテランよりも・・・というのがあったんでしょうね。
まあ、贅沢言ったらきりがない。

結局ほとんどS君と2人だけの世界にいた我々。
他の人たちはなんか風船飛ばしなどのイベントを楽しんでいる感じでした。
まあ、こっちが普通なのかもしれないですけどね。







帰りもみんなバラバラになったようで、結局S君と普段の平日観戦同様帰りました。
これで13勝3敗!貯金10達成!

さあ、実は今日も行ってきます。元々春の時点から今日は決まっていたので、後から会社の野球観戦会が出来て、この3連戦のどれかで当初はノー残業デーの水曜日にするって話だったんですが、
「水曜やったら、一緒に甲子園までは行くけどそこで「ばいば〜い」って言うよ」っておどし・・いやお願いしたら火曜日にしてくれましたw
どうも、彼らは私とS君が甲子園でどのように豹変するのか見たかったらしいです。
期待に応えられたかな?w
| 虎話 | 12:43 | comments(1) | - |
野球選手が集う焼肉屋
今回は日曜も出かけておりました。

晩御飯に肉の日ということもあり、尼崎・塚口にある焼肉「光」に行ってきました。
阪神の関本他多くの野球選手のお勧めとして有名な店。
ものすごい地元の焼肉屋という感じの店ですが、入ったらサインや写真がいっぱい。

特にソフトバンクの秋山コーチや西武の大久保コーチは親しいらしく、あちこちに写真がありました。どうも元々西武ライオンズ関係の人が御用達のようですね。
すごいなあ〜と思っていると店主が「お兄ちゃん野球好きなんか?」と聞いてきて「奥に色々あるから見てみぃ。」といわれて見たら、すごいすごい
秋山選手の500安打、1000安打、1500安打のバットなど。
店主いわく「2000本安打のバットもあげるといわれたんだけど、自分で持っとけと断った」代わりに2001本目のバットがありました。
横には秋山選手の引退試合に福岡ドームのグラウンド内で撮った写真がありました。

前の会社で親しかったY主任は秋山コーチの大ファンでそのために西武ファンからホークスファンになったぐらいの人なので、早速メールするとごっつい興奮したみたいで大阪に行った時は是非よらしてもらいます。と。

勿論、肉もホルモンも生レバや生センマイも美味しく、店主やおかみさんもすごく気さくな方で「先週は中日の選手が来ててねえ〜」とこちらが野球好きだとわかったらどんどんお話してくれました。12球団色んな選手が訪れるみたいですね。

安くて美味しかったですし、運がよければ野球選手に会えるかも知れませんよ。
ただし、煙がすごいので行くときは服装に気をつけないと匂いがついてしまいますのでご注意。

食べ過ぎたのかあまりお腹の調子が良くない(ある意味いつもよくないが・・・汗)、焼肉食いすぎたのか、ミルクの旅のヨーグルトデザートのせいか・・・いずれにせよ食べすぎですなw
| 虎話 | 12:22 | comments(2) | - |
交流戦ラストゲーム!
日曜日は朝から西宮は大雨。
とても試合ができそうにないな〜と思いましたが、
天気予報の18時以降の降水確率30%&週末の交流戦最終戦すでにチケット完売というドル箱試合ということで多少の雨ならやるだろうと・・・。

本来16時すぎに家を出ようと思っていたが、少し様子を見て30分遅らせました。すると雨もなんとかやんだので試合はできそうな感じ。
勿論、カッパは必要かなと思いましたが。



今日は1塁側アルプス。ポールよりの前のほうだったので、上の写真のような視界で見えにくかったです。
先発はアッチソン−グリン。
正直、アッチソンは前回のこともあり不安でしたけど、今回は安定したピッチング。こないだは球審の判定も辛かったのも原因でしょうな。
この感じなら多くは期待できないけど、先発の一角としてはやっていけそうな感じです。
ただ賢介に完全にモーション盗まれているなど、ランナーが出たときのピッチングが要注意ですね。
日本ハムのグリンも思い通りにいかないとカリカリする外国人特有の投手なので、赤星あたりが足でかきまわせと思ったのですが、それ以前に金本が力でねじ伏せてしまいました。
この日は天候の関係もあり、普段と逆方向の追い風がかなり強かった。
普段もこの風なら金本はHR王でしょうね。
(帰ってからニュースで見たが、東京ドームの今日の阿部の打球がホームランになったのを見て呆れた。あれはひどい。他の球場なら間違いなくただのライトフライ)

相手も普段は応援しているはずの日本ハムのために非常に複雑な気分で
稲葉が再三にわたりファインプレーするんやけど
「稲葉〜そういうプレーは来週やってくれ!!」と叫んでしまいました。
※ちなみに来週は京セラドームで日本ハムを応援する予定ですw

8回にジェフがヒットに自身のエラーやワイルドピッチも絡んで2失点。
思わず「こら〜!お前左で投げてるけど、実は久保田ちゃうんか〜!?」
・・・・このヤジは結構周りにうけましたw

まあ、なんとか1点差をキープしたところで8回裏。
当然、交流戦最終戦だし日ハムも臨戦態勢で久(武田久)を出すと思ったら
出てきたのは星野・・・・。
梨田さん投手ケチりよった・・・。1点差で新井から始まるクリンナップ
確かに金本から始まる左打線には歌藤をぶつけたいのはわかるけど、
金本〜鳥谷に対しても今の状態では武田久>歌藤だと思う。
結局この投手起用がポイントになってしまった。
まあ、こっちとしては久が出なかったのでラッキーだったけど。
そして鳥谷がダメ押しの犠牲フライ(稲葉のファインプレーで本来はヒットだろう)
次に藤川が出てくるのはわかってたんだからね〜・・・。

というわけで




金本は期待通りのヒーインでしたww
この時点ではまだ東京ドームの結果はついておらず、その後喫茶店で混雑緩和を待っている間にソフトバンクの優勝が決まりました。

また、巨人は走塁ミスで自滅しているw今回は成功したら意味のある盗塁だったようですが、でも失敗したらあかんよねえ。
前の会社のソフトバンクファンのY主任から「日本ハムに勝ってくれてありがとう〜」というメールが来ました。

・・・まあ、巨人−ソフバンの試合が引き分けになるなんて都合のいいことは思ってなかったし、巨人が交流戦優勝するのだけは避けたかったので
ソフトバンク優勝は素直に祝えました。

おめでとう!福岡ソフトバンクホークス

まあ、阪神も同じ15勝9敗なんだから胸をはれると思いますよ。

さて交流戦も終わりました。今週末からまたセリーグでの試合が始まります。まずは秋田から。行く人たち応援よろしく。
私は京セラドームのレフトスタンドから応援してますw

これで観戦成績も12勝3敗 勝率800

7月は観戦予定がたくさん入ってますのでこのペースでいきたいですね。
| 虎話 | 01:49 | comments(2) | - |
交流戦もあとわずか
水曜日の楽天戦に行ってまいりました。

ノー残業デーだったので会社の同僚といきましたが、
定時すぐに2人していそいそと出かける様子で、すぐばれました。
まあ、関西なんで「おお!行くんか。ええなあ」って感じで。

いつも思うけど、17時35分定時で甲子園の1回に間に合う環境はすごい。

しかし、この日は甲子園の駅を降りた時点で関本のホームラン。
入場したときは1回終わってました。


楽天の先発は高卒2年目の片山!地元報徳出身の子です。弟の後輩。
朝井とばかり思っていたからびっくり。阪神も林・藤本をスタメンにしていたところから朝井と読んでいたらしい。
ノムさんからしたらしてやったりだったんだろうけど、
それ以上に片山の序盤のコントロールが悪すぎました。
途中藤本の落球などヒヤヒヤもありましたがそれ以降は終始阪神ペース。
安心して見れました。




これで交流戦首位!私の観戦成績も11勝3敗になりました。

かばんにひそかに忍ばせていた↓が効果あったのかな?


次は週末の日本ハム戦、雨が心配です。
日本ハムよ。次の週は京セラで応援するから今回は阪神に勝たせてね。
| 虎話 | 22:52 | comments(0) | - |
鶴をここで試さないといけなかったのは
本日も出かけていましたので、あまり試合見てませんでした。

鶴の降板までは家にいましたから見てましたが、
まあ、やはり一軍はまだ早かったみたいですね。
完全に力負けという印象ですね。やはりプロの一軍ってすごいね。

結果はご存知のようにサヨナラ負けでしたが、私的には鶴の負けを消した打線に感謝したい。
鶴自身もすごく救われたと思う。
正直、1アウトも取れずに降板して自信喪失になりかねないところで、
先輩たちが奮起して自分の負けを消してくれたことに関して意気に感じて感謝していることでしょう。
鶴自身にはいい経験になったでしょう。
多分、これで二軍に落ちると思いますが、自分が目指さないといけないレベルがこれではっきりわかっただろうし、頑張って先輩たちが負けを消したくれたことで「もう一度頑張って戻ってきます!」と一層レベルアップに励んでほしい。

そしてもう一つ忘れてはいけないのは
鶴が何故ここで先発したかという理由。
それは・・・6番目の先発投手がいないから!
今回アッチソンまで黄色信号になったことで、腰痛の安藤の状態次第だが
岩田、下柳、上園しか計算できる投手がいない。

そこで先発投手を2人なんとかできないかということで鶴に白羽の矢が立った。
今日の江草も先発テストじゃないかと思わせる起用だったし、それだけ先発陣がいない。
結局、本来そこに入らなければならない杉山、能見、ボーグルソンお前ら何しとんねん!?ということですな。

特に杉山は今回二軍で結果を出して一軍先発濃厚といわれていたが、
鶴が上がってきた。これはどういう意味か考えて欲しい。
首脳陣は「杉山よりも未知数の鶴に賭けた方が良い」と判断したとも考えられる。

杉山は相当瀬戸際に追い込まれていることを自覚しなければ!
これは能見もボギーも一緒。

多分、この先発陣の状態ならまたチャンスは来るでしょう。
それが最終テストだと思って(ボギーなんかはほんまの最終テスト。他の2人も結果次第にはオフにトレード要員になりかねないと思う)
今度こそは取りこぼさないようにせんと。

ところで福原はいつ戻ってくるんだ!?
それから金村暁はいつ調子が上がるんだ・・・ううむ。

とりあえず、甲子園の楽天戦たのんまっせ。



| 虎話 | 00:36 | comments(0) | - |
あっさり40勝
強いねえ。本当に強い。昨日の西武戦見て思いました。
特にすごいと思ったのは7回ウラの守りと8回表の攻撃。
久保田がボカチカにソロ食らって片岡にヒット、栗山に四球・・・
せっかくの凱旋なんだからしっかりほおらんかいっ!と思ってましたが(多分、ご両親も応援に来られているはず)正直、同点までは覚悟しました。
しかし中島はサードゴロ。これをバルディリスが三塁踏んで、さらに2塁へ送球。
これは大ファインプレーだと思う。
三塁踏んで1塁に普通は投げるが、思い切って2塁へ投げ俊足栗山をアウト。
次の打者が左のブラゼルということでジェフにスイッチしましたが、
ジェフとしてもヒットを許せない2死2塁とヒットならOKの2死1塁。
全然違います!バルディリスの守備力は本当に大きいねえ。

しかもその次の回に代打葛城がヒット、矢野が簡単に送って代打桧山がタイムリー3ベース。相手は大沼。先日の巨人戦では150km/hの速球などで快投を見せ、この日も悪い出来ではない。そんな投手からいとも簡単に追加点。
1点差まで来られた後の1点だったので西武の勢いを止めるに十分な1点だった。
あわよくば3塁までいったのでもう1点欲しかったが、贅沢でしょう。

しかもこの日の最初の3点は高橋光とフォード。
普段は代打の高橋がきっちり仕事をして、不振のフォードがHR。
投手が代わって出た林も2安打・・・なんだこのチームは!?
そしてここという場面で桧山を代打で使えて、きっちり結果を出す。すごすぎる。

早くも40勝・・・しかし、別に不思議は無い勝ちだと思う。
阪神の強いのは守備だと思う。特に内野守備。もともと投手は良いわけで安心して投げられるということもあって、リズムがよくなる。それが打者のバッティングにも影響する。
すごい好循環。だから当然新井の加入も非常に大きかったが、平野の功績も非常に大きいと思う。彼の躍動感のある内野守備が内野陣を引き締め、チームをのせたと思う。
現在、怪我しているのが残念だが平野が離脱してもバルディリスがサードで良い守備を見せて、危機感を感じた関本、藤本が負けじと良いプレーをしてポジションをわたさじと頑張る。すべてがうまくいってますね。
後は5番ライト・・・桧山にいつまでも頼ってないで桜井あたりががんばらにゃあ。
そこまで言ったら贅沢か(笑)

そういえば横浜と巨人でトレードがあったみたいですね。

捕手鶴岡と投手真田。神港学園と姫路工の兵庫県トレードw
巨人の鶴岡獲得は31歳という年齢を考えると正直、阿部の五輪用という感じが否めないが第二捕手に苦しんでいるチーム事情にはぴったり。
逆に横浜は儲けたと思う。真田はまだ24歳。
かなり強気な投手なので一軍でチャンスを与えたら一皮向けそうな気がします。

さ、今日は涌井と岩田のエース対決。しまった試合になるかな?
| 虎話 | 18:35 | comments(2) | - |
贔屓の引き倒しは見苦しい
関西ダービー終了。甲子園では2連勝。
いやはや、阪神強いです。2試合見ていて、やはり大きかったのは守備力の差ですね。
DHが使えないためにローズがレフト、ラロッカが怪我のために急造三塁手北川。2日目はさらにライトは濱中。これでは投手がかわいそう。

特に北川の三塁ってのは正直無茶かと。本来捕手だったのが肩がいまいちなので一塁に転向、さらに昨年は右肩をこわして長期離脱。
そんな北川に三塁守らすなんて「掛布故障時のサード柏原」よりひどいと思う。
一昨日のファースト新井の守備などを見れば、守備の重要性がわかるはずです。序盤に阪神が勢いに乗ったのも私は平野のセカンド守備が大きな要因だと思っています。
鳥谷も守備力が上がっているし、バルディリスの打撃が良くなれば最強の内野陣が完成します。(関本にしてもサードは上手いほうだと思う<セカンドは普通>)
現状戦力でやらないといけないのはつらいところだろうが、オリックスが上に上がるためにはやはり守備走塁面の強化が必要です。

大石監督代行も守備走塁型の監督のようなのでDH制に戻ったらサード北川はやめてあげた方がいい。そんな中、ショートの大引が指骨折・・・・きついなあ。

今回日曜月曜と見ていたが、日曜のABCの放送でつくづく思ったのは
阪神びいきの放送は今に始まったことじゃないから仕方ないけど、オリックスも関西の球団なんだからもうちょっと考えてもらいたかった。

それから、もう宮根は中継に出てくるな!見苦しい!(怒)ってことやな。

なんていうか、典型的な他球団に嫌われる阪神ファンやな。
自分の知識の無さを棚に上げ、他球団を見下して馬鹿にする。
オリックスファンに対して阪神ファンが圧倒的に多いさことが偉いかのように勘違いしている。
まさに文字通り「虎の威をかるミヤネ・・・もとい狐」ですな。
巨人でいう徳光と一緒。

こんなやつが阪神ファンの代表みたいな顔でやっていること自体が腹が立つ。だいたいこいつは元々阪神ファンじゃなくて、2003年の優勝争いのときに便乗して出てきたからね。だから知識も少ないし、コメントも浅い。
だから他球団を馬鹿にすることしかできない。しかも内容がないことばかり。
同じく優勝のときにしゃしゃり出てきた眞鍋かをりと同じレベル。
自分らが売れるために阪神を利用したこいつらは許せん。

ただ結構こういう阪神ファンもいるということは事実。
人気球団のファンには多い傾向があるね。なんか自分の派閥が大きいことをえらくなったのと勘違いしているようなやつ!

なんというか、阪神ファンである前に野球ファンなんだから他球団の選手にしてもリスペクトした上で阪神を応援して欲しい。
私も昔はどちらかというと阪神の戦力を贔屓目に見ていましたが、野球を長年見ているとパリーグなど他球団の試合に興味を持ち始め、それらを見るうちに阪神を客観的にも見れるようになり、今では逆に阪神に対して厳しい目を持っていると思います。
長年野球を見続けている人は同じような傾向があるようで、私の周りにも同様の人が多くいます。

好きなチームや好きな選手を応援するにもやはり他球団や他の選手を知らなければ、ただの贔屓の引き倒しになりかねません。
で、悪いパターンの典型があの宮根です。

あまり他球団のことは知らないという阪神ファンの方、是非他球団の試合を見ることをお勧めします。阪神に対して違った見方が出来るようになるかもしれませんよ。

まあ、とにかくもう宮根は中継に出すな!!
| 虎話 | 20:04 | comments(4) | - |
ほんま強いです。
昨日のソフトバンク戦行ってまいりました。


正直、ソフトバンクは杉内。金曜勝っていてよかったなと思いました。
こっちの先発は能見。期待していましたけどさっぱり。
完全に松中、小久保あたりの打者にはビビってしまっている感じ。
2回2失点ですが、初回は川の盗塁死など相手のまずい攻撃に助けられた分もありました。2回裏のチャンスで能見に回ってきたときに
「もう能見代えよ!代打!代打!」と言っていたらほんまに高橋光信が代打で出てきました(苦笑)
まあ、岡田監督もさすがにあの内容では代えたくなったようですね。

杉山にしても能見にしてもほんまに・・・(怒)
彼らは二軍の成績見ても分かるが、もう二軍で学ぶことはないレベル。
しかし、一軍に上がると精神的な部分か活躍できない・・・。
何回も言うけど、ほんま阪神の伝統的な投手ですな。

代わった江草はテンポよくいいピッチング。能見とうって変わって
こちらは相手が誰であろうと関係ない感じ。
これはこれで一つ間違えれば危ないのだが・・・・(汗)
このピッチングが流れを変えてくれました。

7回の攻撃前には円陣を組みました。

この後に浅井の3ベースが出ます。同点。

そして9回にフォードがやっとヒット。
この日は守備や走塁で足を引っ張ってばかり。
しかし、鳥谷のバントでもスタートが遅れてゲッツー。
なんかこの選手も今岡や藤本のような「負のオーラ」を持っている選手やねえ・・・。イライラする選手だわ。
まあ、目先の勝ちを考えればライト桧山でええんやろうけど、
今からスタメンで使い続けると後半バテそうやから、なんとかしたいんでしょうけどねえ。桜井はよなんとかせえよ〜!

延長に入ります。ソフトバンクは相変わらず杉内続投。
馬原もいない、篠原や水田もいない・・・ソフトバンクの中継ぎ陣は火の車。小椋や久米が頑張っているけど王監督の信頼度は
バテ気味の杉内>久米・小椋
なんでしょうね。

結果、新井のサヨナラタイムリー!!
杉内はよく投げたよ。さすがエースだわ。


能見が投げていたのがいつの話だという試合でした。
よくこの流れで勝てたもんだ・・・やはり強い。

能見はすぐに二軍落ちになったようです。
まあ、あのピッチング内容じゃしゃあないな。
この日が多分今年の能見を左右する日だったのにチャンスつかめず・・・。

しかし、岡田監督はフォードに関しては我慢強いねえ。
確かに守備は一番安心して見れるかもしれんけど。
まあ、昨年の桧山起用の件もあるし、何か岡田監督にもまだ見切るのは早いというものがあるのでしょう。
ただ、ファンはいつまでも待ってくれないからね。
そろそろ頼むよ。フォード。

これで観戦成績も10勝(3敗)と2ケタに乗りました!!

オリックス戦以外は交流戦全球団行く予定です。
誰か明日月曜日のチケット余っている人いれば声かけてくださいwww


| 虎話 | 18:37 | comments(1) | - |
交流戦もまあ順調かな
なんとか楽天相手も1勝1敗でしのぎました。
上園が悪いながらもなんとか抑えて・・・というか球審めちゃくちゃ(怒)
あの判定はないわぁ・・・。ストライクをことごとくボールと言われてましたな。
逆に金本の打席なのではボールをストライクに。
球審は森か・・・へたくそめ。セパ両方とも審判のレベルが低いなあ。なんとかならんか?

藤本、桧山のタイムリーにとどめは金本の3ラン。
藤本もここのところタイムリーが出始めていて、一見いい傾向に見えるが・・・
相変わらず打ち上げているなあ〜・・・(呆)
ヒットも外野の頭を超えるヒット。大きなライトフライもあった。
けど、藤本に求められるものはそれとは違うよね?
結果は出ているけど内容には不満です。
桧山ですらバットを短く持って、ヒット狙いのバッティングに切り替えているのに藤本が長打狙ってどうすんのよ。
このままでは平野が戻ってきたらセカンド交代。
なんとか藤本の意地を見たいんだけどもうちょっと考えて野球をして欲しい。

しかし中日がまさしく「降竜戦」状態で6ゲーム差・・・。
うれしいのはうれしいが、もっとセリーグしっかりしろっ!(巨人以外w)

さて、1日休んで甲子園。今回は安藤がいません。
ということはソフトバンク・オリックスとの4連戦での先発投手は
アッチソン・岩田・下柳・能見、どこに能見が投げるかわからないけど(多分ソフトバンク戦か?)、先発のチャンス。
あのフォーム改造した状態での先発でどこまでできるのか一度見たかった。
正直、ハートの問題があるので1つのミスが致命的になる中継ぎやセットアップは向いていないと思うので、先発でのびのびと投げて欲しい。
この結果次第で今シーズンの能見の使われ方に左右するような登板だと思うので、プレッシャーに負けずに頑張ってほしい。

金曜日のソフバン戦は阪神−南海だそうです。
さすがにスタンカや杉浦の現役時代は知りませんが、門田やドカベン香川がいたころはよく覚えています。三山内とかw
でも明日は残業必至だな・・・土曜行くからそっちもやってほしかったなw
始球式は誰が投げるのかな?
南海ゆかりの人・・・真っ先に水島新司が浮かんだw
| 虎話 | 12:08 | comments(2) | - |
贔屓チーム同士の対決は嫌
久しぶりにどこにも出かけずのんびり休養した日曜日。

あ〜・・・2日連続、胃が痛くなるような試合でした。
でも2試合ともすごく良いゲームでした。
昨日の試合では金本が先制弾、矢野の2本のタイムリー2ベースで
ヤクルト時代苦手だった藤井を攻略したが、その後の坂元弥太郎が良かった。
ヤクルト時代にかなり打ち込んだイメージがあったのだが、別人に思えた。
後、ショートの高口の好守備にもやられたね。打てないけどいい選手です。
この日、日本ハムの1番は坪井、チャンスで回ってくるがことごとく凡退・・・非常に複雑な気分でした。

その後、江草がまさかの誤算で同点に追いつかれます。
阪神打線は結局、坂元、宮西を打ち崩せず。
宮西は地元(西宮出身・市尼崎高)の子で阪神入りを熱望していたんよなあ・・・
先発では使えないのではって事で上位指名を避けたところを日本ハムに取られたんだけど今の中継ぎでの活躍見ているともったいないことしたなあ〜。

そのまま延長に入り、嫌〜な流れになっていましたが、赤星の盗塁でなんか流れが変わりました。やはり赤星の盗塁ってのはそういう効果あるんだね。そして藤本の3ベース。
先日ロッテ戦では足を引っ張り、かなりやばい状況におかれていた藤本が今度は決めました。
しかし、この当たりもフライなんだよねえ。確かに外野が前に来ていたから頭を越そうという考えは間違いじゃないんだけど、やはりゴロを打ってほしかった。
そういう意味では次の秀太の打撃はお手本でしたね。叩きつけるバッティング。ゴロGo!のサインが出ていた藤本が突っ込んで2点目。この2点目が後から考えると大きい大きい。。。

その裏、球児で万全かと思ったらそうはいかない。
正直、村田・工藤・田中と左の小柄な足の速い選手が並んでいたので嫌な感じはしたが
予感的中。村田にはストライク入らず四球。工藤・田中は討ち取るも稲葉を警戒しすぎて四球、そして高橋信二にはデッドボール。

球児〜ただでさえ日本ハムには右の打てる選手がいないのにそりゃあないやろ〜(涙)

日本ハムファンの部分が少し出てきました(苦笑)
そして2死満塁でスレッジに押し出しの四球。
しかし、案外スレッジは押し出しでも良いという頭がバッテリーにあったかも。
次の打者は小田に代わって入ったショート飯山。この選手守備は抜群なんだが打撃はからっきし(日本ハムにはこんな選手ばかり・・・)
下手にスレッジと勝負して2点とられるより、四球で1点あげて飯山勝負という頭もあったかもしれない。
そういう意味では秀太の2点目は非常に大きかった!!
結果、飯山は球児のストレートに負けてファールフライでゲームセット。
なんとか2連敗は避けれました。

この2試合、阪神ファン兼日本ハムファンの私としては両チームにふさわしい内容の濃いすばらしい試合でした。
ただ高橋信二の状態が心配です。
| 虎話 | 16:30 | comments(0) | - |
おかえり!林威助
一昨日はどしゃぶりで惜敗、昨日は快晴で快勝・・・
日ごろの行いが悪いのかねえ。。。。。

安藤の出来はいまいちだったものの、新井の2点タイムリーや相手のエラー
(エラーといっても根元はよく止めたと思う。新井はヒット損したね)
そして葛城の走者一掃の3点タイムリー2塁打!
林が昇格、しばらくはDHか代打起用予定といっても尻に火がついたのは間違いない。
最近少し打率が落ち気味だったので、気合を入れ直すには良い機会だったかも。桧山も含め、高いレベルでの競争をお願いします。桜井もはよ上がってこいよ!

そしてお待たせしました!林威助復活です。
場内大歓声・・・・そしてHMを歌う前に1塁線タイムリー2ベース。
いきなり一軍登録でさすがですわ・・・。これなら期待できそうです。
ちなみにヒーインで「おかえりなさい」「ただいま!」というやり取りがありましたが中国や台湾ではこういう挨拶はないそうです。中国語で「ただいま」という表現はまさに戦地からなど「ただいま戻りました!」というような仰々しいものになるそうです。
まあ、林本人からしたらそれぐらいの長く苦しい道のりだったかもしれませんね。
でもあせらずゆっくりお願いしますね。

まあ、強いて言うなら安藤に6回まで投げてもらいたかったな。
江草、渡辺は連投なので少し休ませたかったし。

中日も巨人も負けました(交流戦に入って中日はやはりおかしい。森野がいないのを加味しても)
そして巨人−楽天の最後の結末に唖然としました。
4−2の2点差、2死1塁でランナー矢野。盗塁失敗でゲームセット・・・・。
あのぉ・・・いったい何を考えて走ったんでしょうか?
原監督は「矢野も走るなら絶対アウトになってはいけない場面だった」
ちょっと待ってくれ・・・そういう問題じゃないやろ!?
1点差ならわかります。ハイリスクだがヒットでも1点入るというハイリターンがあるので勿論成功確率が高いことは条件ですが、トライする価値は十分あります。
しかし、2点差。HRが出ない限り追いつかない点数で1塁も2塁もあまり関係ない。
ハイリスクなだけで意味がない。ハイリスクノーリターン

さらに言わせればノーリターンの「リ」と「タ」をひっくり返してもいいようなプレイ


走った矢野も矢野だが、ベンチも「いけるならいけ」というサインだったらしい。普通「走るな」でしょう!?
おまけに山崎にHR打たれたのもカウント2−0から。そりゃあノムさんにバカにされても仕方が無いよ。

阪神の継投や選手起用への不満なんてかわいいもんだわ。
さあ、今日は移動日。最近平野の怪我もそうだしレギュラーに少し疲れが見える選手もいます。赤星なんか特に。。。ゆっくり休んでください。
そして明日から北海道。美味しいもの食べて英気養ってください。勿論試合も頑張れ。
| 虎話 | 12:06 | comments(0) | - |
土砂降りの雨が〜通り過ぎる頃には〜♪
♪探してた言葉〜見つかるかもしれ〜ない
なんてZIGGYの懐かしい歌を思い出しましたが、ほんまに土砂降りでした・・・会社で業務終了後、会社の同僚と甲子園へ直行。
ちょうど18時過ぎに私らが甲子園駅を下車した途端に雨・・・・。
まあ、なんとか5回まではもってくれと思いつつライトスタンドに到着。

来た瞬間に平野にアクシデントで藤本に交代・・・・嫌な予感。
しかし、金本がタイムリー!そして3回には久々の金本のホームラン・・・てか阪神の選手が甲子園でホームランを打ったのは5月はじめてなんじゃないか???(最後は4月30日の新井のサヨナラ弾だと思う)
3回で4−0になって余裕かましていたが、ボギーがいけない。
4回に大松に2ラン・・・そして5回には集中打を浴びる。
相変わらずの制球難。天気同様ジメジメしたピッチング。

まるで先日の杉山を見ているよう・・・
観客席からも「はよ代えろ!」の嵐。
結局同点打を打たれて5回途中に降板。
今日だけじゃなく、ボギーは4回ぐらいからおかしくなって5回6回につかまるパターンばかり!はっきり言う!
3回しかもたんような先発投手はいらん!!(怒)

同点だけでなく一気にチームの雰囲気も悪くなった。
江草が打たれたのもこの悪い流れの中。流れを作ったボギーの責任。

そして平野の代わりに入った藤本も凡打の嵐。
平野のアクシデントは痛いが藤本にとってはチャンス!なのに当の本人ときたらなんかオドオドしている。
よっしゃ!このチャンスをものにしたる!というよりも、え!?俺!?っていうような感じ。
(実際試合後のコメントでも「準備ができていなかったわけじゃないけど・・・」っていう部分で後ろ向きな姿勢がわかる)
平野と藤本・・・同じような小型の内野手だが、今日打席に再確認したのは今の藤本には投手に対するいやらしさを全く感じない。淡白なんですよね。
最終回の赤星への四球も「次は藤本だから」というロッテサイドの思惑もあったはず。
代打も考えられただろうが、岡田監督は藤本に復活のチャンスを与えてくれた。
でも藤本は初球をポコーンと打ち上げるいつものポップフライ・・・・。
ダメだこりゃ。

これで平野が長期になりそうな場合は
左投手)サードバルディリス セカンド関本
右投手)サード関本 セカンド坂

になるんじゃないかな?せっかくの復活チャンスやったのによぉ!藤本(怒)

そういえば、なんか昨日赤星も様子が変だった。
珍しく守備で緩慢な動きをして3塁打にしてしまったり、打席でもいまいち。
雨もあって首の状態がよくないのでしょうか?心配です。

そういえば林がひょっとしたら戻ってくるという噂もあり、ただ昨年桧山を早く上げすぎて失敗している部分もあるので難しいところですね。

観戦成績も2ケタ〜と思っていたら足踏みの9勝3敗
最終回は雨脚が強くなるもチャンスのため、最後までライトスタンドで応援。
はぁ〜あ・・・・。
| 虎話 | 12:38 | comments(2) | - |
西武に2連勝!両方見てきましたで
急にお誘いがかかりまして、今日の西武戦も観戦することになりました。
しかもグリーンです(笑)

誘っていただいた友人が会社の最寄り駅近く在住のため、朝通勤途中にチケットを受け取ります。
そして、仕事もそこそこに甲子園へ。
といっても定時に即帰るわけには行かないので、しばらく残務処理をして18時前に出発。何人かの人には「お疲れ様」の代わりに「いってらっしゃい」と言われました。何故ばれている??ww

18時半すぎに甲子園に到着。

改装後、初グリーンでした。たまにはゆったり野球観戦もいいですね。
そして到着すぐに問題のシーンが。。。
7番ボカチカの打球はレフトポール際へ。ちょうど自分の席も3塁線延長上だったので「よかった〜ファールや」と思ったら、なんか3塁塁審が手を回している・・・・・。はあ???
しかし球審杉永はファールのゼスチャー・・・どないなっとんねん。
選手が抗議して即ファールに変更。だって明らかにファールやもん。
さすがに渡辺監督も判定が覆ったという本来ならとんでもないことなんだけど、「ありゃあしゃあない」てな感じで早々に引き上げた。
完全にペナルティもんの誤審ですな
昨年のロッテ−日本ハムのセンターフライによる早川の余裕の1塁帰塁がアウトになったり、パリーグの審判はほんまレベル低い。
微妙な判定ならともかく、明らかなものに関しては柔軟に対応すべき。
やはりビデオは必要ですな。

下に小さく映っているのが問題の小寺3塁塁審

その後、友人が到着。淡々と試合は進んでいき21時には終わるのではないかと思うペースだったが、延長にはいる。
9回なんかは高橋光のヒットが出た時点でサヨナラ確信したんだけどなあ・・・。しかし光信はさすがだね。
ここぞというときに右の代打として今後も期待します。

そして11回裏、9回から登場したグラマンは3イニング目。
毎回毎回サヨナラのピンチを抑えた疲れもあっただろうが続投。
赤星ヒット、平野の絶妙なプッシュバントで1死1・2塁。
ここで新井の打席でライトから久々にショートチャンステーマが流れる!

ボルテージが一気に盛り下がるのがわかりましたw
おそるべしショートチャンス・・・
新井の凡退に関してもショートチャンステーマが原因という説もありw

金本がなんとかサヨナラ打を打ってくれて助かりましたが・・
なんか応援団が勘違いして、ショートチャンスを多用しないか心配。
誰か応援団に。ダメなものはダメ(笑)と教えてやってくれ!!!

まあ、応援のことはさておき、いい試合に誘っていただいて感謝です。




これで観戦成績が9勝2敗
2ケタも目の前です。あさって2ケタに乗せたいものです
(またいくんかいっ!!)
| 虎話 | 02:23 | comments(2) | - |
交流戦初観戦
交流戦初観戦行ってきました。

出張の疲れがなかなか取れず、
そのせいかカメラやゴミ袋を忘れてしまいました。


阪神の投手は上園。あまりファームでの成績が良くないという話だったのでどうなるかと思ったが、いやいやどうして・・・。
初回は満塁のピンチをむかえるもきっちり抑えて、それ以降も危なげないピッチング。
西口に四球を与えた場面も西武の走塁ミスで助かる。
やはりこういう気力で投げる投手はモチベーション次第、ファームの成績は関係ないのかな?

しかし、阪神も不運な当たりも多く、西口から点が取れない。

そして6回とうとうG.G佐藤にタイムリーを打たれる。
なんか上園はG.Gに投げにくそうだったね。
無理に勝負しなくても良かったかもねえ。

そんな重苦しい試合展開の中、西武が西口を交代してくれる。
確かにラッキーが続いているがそんなに内容が良くなかった西口だったけどツイている投手をおろしてくれたのは良かった。
そして7回に小野寺が登板。
小野寺はこの日154km/hストレートが出ていた。
しかし、そのストレートを鳥谷がヒット、野口が送って1死2塁。
そして次の関本がピッチャーフライを打ち上げるがこのときに小野寺と中村が衝突。このときに足を痛めたらしい(後にこの怪我で二軍落ちと判明)
この投手は元西武の抑えですごい球持っているんだけど、ここというときに打たれて現在はセットアッパー・・・まさに西武版久保田ですな。

そして2死2塁で代打葛城。ここんとこ全くヒットが出ていなかった。
そろそろ林が復帰ということもあるし、二軍落ちの危機もあったと思う。
しかし、ここでタイムリー。なんとか一軍に踏みとどまるヒットだったと思います。
ここから畳み掛ける畳み掛ける・・・・これが今年の阪神の強さですね。

最後はセーブのつかない場面で藤川。
大事な初戦を勝ちました!

今年これで観戦10試合目で8勝2敗と好調です!

明日も西武戦です。仕事終わってすぐにかけつければ1回裏には間に合うな。。。w
| 虎話 | 00:05 | comments(0) | - |
まとめて感想
ちょっと週後半に名古屋方面に出張していたので更新が滞っていました。

よく今日の試合勝ちましたね。
勝ったのはいいんだけど、やはりDH制のときの岡田采配はなんかおかしい。
無理に交代しているような感じがします。

今日の試合でも8回にソフトバンクが杉内→久米にスイッチしたら、
1番バルディリスに代打桧山。
ここで問題点が2つ
1.バルディリスに代打を出す必要があったのか?
2.何故いきなり桧山を起用した?


右投手しかもサイド気味なので左打者を出すまではわかるのだが、
何故いきなり桧山なのか。結局この後関本に代走赤星で藤本に無理矢理サードを守らす必要が出てきたりしています。
そこまでここで代打を使う必要があったのか?
それに代打なら切り札桧山ではなくこの場面なら葛城でよかったのでは。

なんか無駄に桧山を使ってしまった気がしました。
これが尾を引いたのが9回。無死2・3塁で8番DH浅井。
ここで代打葛城。この起用も問題点が2つ

1.この日2安打の浅井を代える必要があったのか?
2.代えるのなら浅井よりも次の野口じゃなかったのか?


無死2・3塁でゲッツーのない場面、今日思い切りの良い打撃をしていた浅井を代える必要はなかったのでは?
そしてすでに岩田は交代しているので捕手は矢野にスイッチする予定なら
葛城は野口の方に使ったほうがよかったと思う。
もし、浅井に代打を出すのならば桧山クラスでないとあまり意味を感じなかった。しかし、桧山はすでに起用済み。しかもチャンスでもなんでもない場面だったので悔いを残すようなことになってしまった。

結局、葛城野口が何も出来ずに2死。
正直終わったと思いました。采配が正しければ勝てるとは限りませんけど
今日のチグハグな交代はイライラしました。
この岡田采配の失敗をきっちり選手がカバーしました。
赤星、新井はもちろん藤本の四球は値千金でした!!

なんかDH制のときの岡田采配はおかしいんですよね。
投手に代打を出さないので野手や投手の代え時にとまどっている感じ。
無理に選手を代えようとしている風にも見えます。

明日は甲子園。DHなしです。キレのある岡田采配期待します。

それはそうとコリンズ監督の辞任劇。
フロントとの対立が原因じゃないでしょうか?
コリンズ監督本人は機動力を使った野球をしたいというのに
大西、平野という守備走塁の良い選手を出して古木、濱中という一発長打はあるが確実性は期待薄、しかも守備は下手という方針に真逆な補強。
そしてカブレラを取る。DHばかりとってどうすんの!?

その陰にはオリックス側の「勝たなくて良いから派手な試合で客が来れば良い」というような姿勢が見え隠れする。
あまり野球を知らない人はホームランなど派手なプレーを喜ぶ。
当然わかりやすいから。巨人なんかもその典型で前いた会社の自称巨人ファンの上司が「巨人の勝利より松井がホームラン打ったか打たないかの方が関心がある」と言った事があった。
野球に興味の無い人ってこんなもんらしいです。

オリックス球団としては極端な話、
投手戦で1−0で玄人好みの試合でチームが勝つよりもカブレラ、ローズ、濱中がガンガンHR打つ試合で10−11で負けた方が良いと思ってるんじゃないかな?
なんか客寄せ最優先って感じで・・・・清原監督プランなんかもまさにそんな感じがして野球ファンとしてはなんか腹が立ちます。

まあ、コリンズ監督もなんか日本野球に順応しようという姿勢は感じなかったのが事実ですが・・・一昔前のプライドの高いメジャーリーガーみたいでした。このあたりがヒルマンやバレンタインと違うところでしょう。

しかし、シルク姐さんはどうするんでしょうか?(笑)

ミヤコもまさかシルクがこんなことになるとは思ってなかったやろな〜・・・しかしミヤコが亡くなってもう10年経つのか・・・早いなあ。
| 虎話 | 02:17 | comments(0) | - |
今年初の岡田采配への疑問
正直、今年一番腹が立っています。

勝ち試合を落としたというよりも不可解な采配で流れを変えてしまって
負けたことに対して腹が立っています。

もちろんポイントは7回の下柳の交代。
先頭の大引にヒットを打たれて、日高は抑えて1アウト。
次打者下山には微妙なストライクボールの判定で四球。
かなり下さんはイライラしていたが、次の村松は抑えて2アウト。
打者は北川。
ここで岡田監督がベンチを出るのを見て驚いた。
なんでここで交代やねん!?

スコアは3−0、まだ1点も取られてないんよ。
しかも投手は安定感No.1で実績も十分な下柳。
最悪、北川にホームランを打たれても同点の場面で何故交代??
前打者村松に打たれたか四球を出したのならわかる。
あの交代はものすごく違和感を感じると同時に嫌な予感がした。

案の定、渡辺が北川にタイムリーを打たれる。3−1でローズ。
ここでウィリアムスにスイッチ。
確かに采配自体はこの時点では最良だっただろう。
しかし、下柳交代で完全に流れが狂っているので誰を持ってきても一緒だったような気がする。
結局、ジェフが逆転を許す。

今日も負けは渡辺もジェフも悪くない。
下柳交代で変な流れを作った岡田采配が原因だと思う。

私はこの交代の瞬間に不穏な空気が感じました。
なんか「やってはいけないことをやってしまった」ような空気を・・・・

まあ、今日はDH制でいつもと投手交代の考え方が少し違ったのが原因かも知れない。慣れない事はしない方が良かったのに。

久しぶりに岡田采配に不満を感じた試合でした。
中日も負けてくれたのが救いだわ。。。でも、もったいない。
| 虎話 | 23:15 | comments(2) | - |
雨男杉山、ピッチングがジメジメ
先発が誰かという雰囲気でしたが、結局杉山でした。
北陸で中継ぎでボコボコに打たれた後、中西コーチに指導を受けたので
今回、その効果が出るかどうか期待していましたが・・・・

やっぱりなんにもわかってないわ(呆)

今日のピッチングはもう語るのもバカバカしいような論外のピッチング。
毎回毎回満塁にして3回で70球・・・。
よくまあ2失点で済んだもんだ。
今年は我慢強い岡田監督もさすがにこれは我慢できなかったみたい。
ってか交代して当然やわ(怒)

雨男にしては珍しく快晴やと思ったら、
ピッチングが大雨!不快指数100%!

もっぺんファームで精神から鍛えなおしてこいっ!

杉山も能見も”第二の伊藤、益山”で終わって欲しくないんだがなあ。
その後、阪神は一度追いつくが9回にジェフがまさかの福地にホームラン。
確かにストレートに押されていたのに何故変化球といった意見もあるけど、
コースもボールだったし、あれは打った福地をほめるべきでしょう。
8回裏の矢野の強い当たりがサードゴロになったあたりで阪神もツキに見放されていた感じはありました。
9回裏の攻撃、ヤクルトの守護神林昌勇から関本がヒット。
そして9番で代打葛城。ここでバントという手もあっただろうが、
藤本、浅井はすでに使っていて坂も二軍。
ベンチには今岡、フォード、葛城、野口という状態。
まあ強行してもしゃあないですね。結果はセンターフライも良い当たりだったし。
この後、赤星が併殺になるも結果論ですわ。

結局、打者及び阿部以下の投手は頑張りましたが、杉山の作ったグダグダの流れを取り戻すことはできなかったな。
逆に序盤のあの流れでここまでの試合ができた阪神は強いよ。
そして急遽の5番桧山に関しても最初は葛城、桜井、フォードがいまいちから生まれた消極的5番だったけど、正直これだけ打つならレギュラー定着もありでしょう。
ちょうど交流戦もはじまりますので、ライトもしくはDHでの活躍を期待します。そして葛城、桜井、フォードもベテランを負けないように頑張ること。
バルディリスのハングリーさを見習って欲しい。

結局、3連勝はできないんだよねえ。

今日のヴィクトリアマイル
◎ウオッカ
〇エイジアンウインズ
▲ブルーメンブラッド
△トウカイオスカー
のBOXでやっと今年のG1初日が出ましたw
しかも3連複も大当たりで気持ちよかったけど、喜びも半減だ。

やっぱ俺は阪神>実際の利益なんだろうなあ。

| 虎話 | 02:11 | comments(2) | - |
あっというまの快勝
土曜日の甲子園行ってきました。
関東から友人が2人で観戦に来ていたので一緒にレフトで観戦です。


試合は初回に鳥谷の2点タイムリー。
コントロールの良い石川には珍しく四球を連発した後にきっちり。
今年の鳥谷はこのへんが違います。

投手岩田は今回は中5日といつもと違う間隔。
なんやかんやで打たれるが要所を抑える。
この日に目立ったのはバルディリスの守備!
これが再三のピンチの芽を摘み取った!

特に腕が長くて体が柔らかいのか、抜けると思った打球にグラブが届く。
そして取ってから投げるのが早い!
一塁への送球がちょっと荒かったが、新井がなんとか好捕。

今日の岩田はバルディに救われた感じです。

そのままジェフ、球児で試合おしまい。



試合時間がたった2時間半(笑)
なんか試合も淡々と進んで、印象に残らない試合でした。

この日は関東の友人らはすぐに新幹線で戻るということで、
早々に出て、甲子園口までタクシー。
友人の連れの方は甲子園デビューだったようで、金曜土曜と観戦で2連勝で喜んでいたようです。
今度は是非ライトで応援しましょう。


これで観戦成績も7勝2敗
帰宅したのは5時半。はやっ!
その後、家で岩瀬の大炎上と巨人のドタバタ試合を見てました。
両方こっちの望んだとおりの結果でよかったw
| 虎話 | 13:00 | comments(2) | - |
石川福井で2連勝
水曜日から仕事が一気に忙しくなりました。
多分この状況が来月まで続きます。

石川ではなんと5番桧山。確かに葛城が少し調子落としていたし、桧山の調子も良かったからカンフル剤でよかったかもしれない。
しかも久々に桧山らしい左中間を抜く2ベースが見れた。
あの打球が出るときは桧山の調子が良いとき。
この調子ならば交流戦のDHも期待できますね。
しかし、そもそもライトは葛城、フォード、桜井で桧山は4番手。
その桧山がスタメンで出るということは葛城はともかくとして、
桜井やフォードはもうちょっとしっかりして欲しいね。
いつまでも桧山に頼っていたらあかんよ。
結局、久保田がいつものごとく1点取られるものの4−2で勝利。
まあ、今日のJFKについてはマウンドがグチャグチャでジェフなんかすごく投げにくそうでした。藤川もマウンドを一生懸命ならしていたし、
まあ、久保田に関しても甲子園で再評価ですね。

簡単に久保田を2軍に落とせという意見があるが、JFKというセットアッパーの位置でのプレッシャーは並のものではない。
渡辺、江草がここの入って今と同じようなピッチングできると限らない。
能見が良い例でビハインドの場面で2回ほどいいピッチングしたので僅差パターン(江草・渡辺パターン)で使ったら打ち込まれた。
昨年、林が6番から5番になってクリンナップのプレッシャーで打てなくなったのと同様。だから鳥谷も6番のまま。
だからあれこれ投手をやりくりするよりも、久保田の復活に期待したほうが良いと思います。ただ今の下位限定セットアップでも続けて打たれるようだと調整もやむないかもしれないねえ。

とか思ってたら渡辺が今日久保田の代わりを見事に務めたね。
久保田の反骨精神に期待やな。
福井の試合のポイントは当然桧山の代打タイムリーなんだけど、
結局はブラウン監督の投手起用の下手さかな?

無死満塁で好投の宮崎を交代。この時点でスコアは2−0
まだ勝っていたわけだし、もうちょっと様子見てもいいかもしれない。
しかもここで永川クラスにスイッチするならともかく、7回なので梅津。
これでは意味が無い。
第一、梅津もなんで無死満塁みたいな投げにくい条件で・・・と思う。
そこに岡田監督はさらに代打桧山でプレッシャー。
このあたりの起用は見事やったねえ。

今年の岡田監督は納得できる選手起用や采配が多い。
後はサードバルディリスが見たいなあ。

後は選手の故障がないように。中日は森野が故障、ヤクルトも青木が故障中。阪神も福原、アッチソンが故障しているがなんとか代わりが頑張れそうな感じだが、代わりのいないポジションは特に気をつけてください。
| 虎話 | 00:01 | comments(0) | - |
玉石混淆
いやはや北陸シリーズ第一弾、富山。

アッチソンがエラー、ボーク、そして投手に2点タイムリー。
さらに他の回2点取られた時点で右ヒジの痛みを訴え降板。
なんかやってることが、”昨年いた焼肉のタレのような名前の選手”と変わらないなあ。

実際、アッチソンの登板は甲子園で2度見ていますが、コントロールが良いという前評判の割りに球が高く、またストレートも140km出るか出ないか。
カーブはいいというものの、慣れれば打たれそうな感じがしていました。
下さんのように低めに徹底できればいいんだけどね。
それに最初の頃に比べて、なんかストレートの勢いがなくなっているような。今の状況のままなら厳しいねえ。

そして、8回裏に杉山が炎上して4点取られる。
コーチや監督が「どういう意味で出したかわかってない」と苦言を呈していたが、その前にアレックスのサードゴロをタイムリー内野安打のした今岡の守備が問題。ありゃひどい!
特に捕球で落としたとかなかったのでエラーにはならなかったが、
杉山はこれで気持ちの糸が切れてしまった。正直「またあんたか(怒)」って思ったんちゃうかな。
まあ、これでプッツン来る杉山もアレなんだけど、あんな守備されたらそりゃあ〜やる気なくすわと思わなくも無い。

やはり投手陣のためにもサード今岡はバットで十分取り返せるようになるまで封印してください。バルティリスDHにするぐらいならバルディにサード守らせて今岡DHで・・・・。

さらにそこに大雨が降ってきて、年に1回あるかないかの北陸の虎ファンには散々な状態。
ただそこはプロの手本というべき金本がいました。
大敗、大雨・・・正直ベテランなら「はよ終わって宿舎帰りたい」ってところでしょうけど、それでは富山のファンには申し訳ないと
400号本塁打達成!!

これで今日見に来た虎ファンもかなり救われたことでしょう。
「アッチソンぼろぼろで雨降るし散々やったけど、金本の400号見れたからとしとするか!」なんてファンも多いと思います。
このあたりはさすがですな。

まあ、今日は広島もルイスだったので厳しいとは予想していましたし、
中日も負けたから良いでしょう。

ただ一つ不満を言うならば、こういう展開の試合だったので是非、先日一軍に上がってきた太陽の久々のピッチングが見たかったな〜と思います。
試すいいチャンスやったと思うのにな〜。
| 虎話 | 01:11 | comments(2) | - |
JFK揃い踏み〜バルちゃん初安打
昨日、甲子園に行ってました。
土曜日も出勤だったため、なんか疲れも残ったまま。
しかもこの日の天気がよくわからん。寒かったり暑かったり。

席はライトだったんですけど、後ろで変なギャルファンがわめいているし、
先発メンバー発表後に「5番アッチソン!?間違えているよ〜間違えているよ!!」とわめきだし、ずっと騒いでました。
”偵察メンバー”というのをを知ってからわめいてくださいw
ほんまうるさかった。

そういえばベンチ入りに太陽が入っていました。ようやくですね。
なんとか登板でチャンスをつかんで欲しいものです。代わりに落ちたのは能見。金曜の1球がわざわいしたんでしょうか?ここ2戦以外は良いピッチングしていたので、2軍落ちは少し厳しい気もしますけどね。
まあ、ジェフが上がって江草と2人で左のセットアッパーは十分ってことなんでしょうか?本来能見は先発型なので今度は先発として上がってきてもらいたいね。

横浜の先発はウィリアムス。速球は135km程度で遅い変化球に1巡目は手を焼いていましたが、そのうち打てるだろうという投手でした。メジャーでは結構な実績がある投手らしいですが、とてもそんな風には見えなかった。後で知りましたがどうやら怪我しているようですね。
試合は3点取った後はなんかしっくり来ない展開でしたが、久々のJFK復活は良かったです。久保田も打順が8・9・1と下位でしたがきっちり抑えて、ジェフ登場。
仁志にいきなりヒットを打たれたが、金城をゲッツーにしとめて村田も三振。
上々です。

開幕以来のJFKとバルディリスの一軍初安打も見れましたし、良い1日でした。
カメラを忘れたと思い、撮らなかったらかばんの奥にありました(汗)

これで観戦成績6勝2敗になりました。今週末も行ってきます。

それはそうと昨夜の巨人戦のラミレスのコメント

とうとうカミングアウトですか?(爆)
| 虎話 | 12:35 | comments(3) | - |
考えて投球しよう
連敗ですね。まあ、ここまで連敗していないのが不思議なぐらいなので
それ自体はいいんですけど、久保田の1件以来なんか雰囲気が悪いですね。

今日の試合は仕事の関係で途中からしか見れませんでしたが、
あれだけミスばかりやっている横浜に対して勝てないんかな?と思いました。守備のミスやバント失敗、走塁ミス・・・いかにも最下位にいる理由がよくわかります。
しかも三浦を6回で交代してくれましたので付け入るスキはありました。

8回裏に鳥谷が三振した時点で今日は厳しいとは直感しましたが、
9回表の代打ビグビーの2ランは余計。

てか、能見は何を考えて初球にストレート真ん中投げたんだ!?
代打、新外国人(メジャー実績十分)、データ少なし
初球はボールから入るぐらいの慎重さが必要な状況。
そこで無意識かミスか知らないが真ん中にストレートを投げてしまう。
矢野が初球にそんな球要求するはずがないから、能見の責任でしょう。

これでは、いくら良い球投げていてもやはり僅差の試合では使えません!
細心の注意を払って打たれたならともかく、昨日の久保田といい今日の能見といい不注意から打たれた場合救いようがありません。

またこういうミスをするとチーム全体の雰囲気が悪くなってしまう。
杉山も含め、よく悪い流れを持って来る理由はこのあたり。
多少ミスしても試合を作れば良い先発投手ならまだしも、勝ちパターンの中継ぎ・抑えでは絶対そういう不注意から来るミスは許されない!

そういう意味ではこの3人は先発が向いているんだろうな。

ちょうどシーズンの1/4が終わって23勝11敗1分
このペースでいけば年間92勝ですね。しかし・・・

この成績で何故中日が1ゲーム差にいるんだ!?
今日も巨人にきっちり勝ちました。最後、岩瀬が危なかったけど2死満塁で代打に鈴木尚広しか出せない巨人の試合運びの下手さに呆れた。
9回無死2・3塁で谷が2−3で粘って最後ボール球打って凡退した時点で勝負あったけどね。あそこで選んでおけばひょっとしたらひょっとしたかもしれない。
でもやっぱり中日は野球が上手いです。

でも中日ファンからしたら年間85勝ペースでなんで2位なんだ!?ってとこでしょうw
それだけ今年のタイガースはすごいってことです。
だからこそ注意すれば防げるミスは防いでください!!
| 虎話 | 02:06 | comments(3) | - |
久保田よ!何故ストレートをストライクゾーンに投げた!?
あ〜あ、3連勝だと思ったが、そう上手くいきませんね。

江草がワイルドピッチして2・3塁になってからゴンザレスのタイムリーが出たときに嫌な感じはあったんですけどね。
7回に江草から渡辺にスイッチしたときに8回は久保田と予測されたし、
相手の打順はクリーンナップ・・・・嫌な予感がしまくっていた。
正直、7回にブルペンが移って能見と久保田がやっているのを見て、厳しいなと直感しました。小笠原だけ能見という手もありましたけど、岡田采配のパターンを考えるとまあ久保田でいくんだろうと思いました。
まあ、結果論ではなんとでも言えるのでアレですけど、ラミレスへの配球だけは不満ですね。別に私もプロではないので細かいことはよう言いませんけど、2-1のカウントでストライクゾーンにストレート投げるのは信じられない。
あの場面、ホームランだけは避けたい場面で余裕があるカウントで「ホームラン打ってください」という球を投げるか?普通。
しかも、野口のサインにクビ振ってあれですからね・・・完全に久保田の一人相撲です。
もし、あそこで変化球(フォーク)だったら打たれても「ラミレスが上手かった」で仕方がないのですが、ストレートでホームランされたら「何を考えて投げているんだ!?」といわれても仕方ありません。
野口もあそこはフォークを要求していたんだと思います。
私個人の素人考えを言わせてもらうならば、あそこはフォークか高めの釣り球であるストレートです。ストレートなら絶対ボールです!ストライク投げてはいけません。
確かに変化球と予想していると思って虚をついてストレートを投げたんだとしても、そんな危険なバクチを打つ場面ではなかったはず。それに2−1というカウントで4番のラミレスに勝負を急ぐ必要はなかったし、よりによって低めのストライクゾーンにストレートって・・・・

もし、あの配球のもっともな理由がわかる人がいれば教えてください。

試合結果としては昨日の今日であり、結果的には2勝1敗。
明日から巨人には中日を叩いてもらわないといけないので、勢いつけたと思えばいいんじゃないでしょうか?

ただ、あの久保田の配球は下せん・・・。
誰か、理由がわかる人説明してください。
| 虎話 | 12:35 | comments(2) | - |
結局は阪神の粘りの勝利
GW休み明け、遊び疲れのため初日は無理せず。
(いきなり会議はあったけど)
残業せず定時に帰宅。

帰った時は3−2でした。金本の頭部の死球はほんまにびびった。
他の選手なら間違いなく「無理するな!」と休養させるところだが、
記録継続中の金本だけになかなかそうはいかない。
結局、出てきましたが後遺症が心配。
なんせ昔、当時の我らのヒーローだった掛布さんが同じように死球受けてから打てなくなって引退しているのを見てるだけに。

しかし、金本のすごさは私の想像をはるかに超えていました。
なんと次の打席でホームラン。
まさに鉄人・・・というかすごすぎて言葉が見当たらない!
そして問題のシーン。ラミレスの本塁打性の当たりがレフトの阪神ファンのパンチングで2塁打になった件。
さんざんあちこちで「情けない」とか「ファンの恥」とかいう意見は出ているので、あえて他の問題点を挙げてみる。
実は、あんなことが起きるのは東京ドームぐらいなんよな。
他の球場ってフェンスと観客席に間があったり、ネットがあったりする。
最前列でよくメガホンでフェンスを叩いているファンがいるがあんなことできること自体おかしいんよね。俺も以前最前列いってやったけどw
京セラドームもできるけど、外野席のフェンスはホームランゾーンで当たった時点でホームランだから関係ないし。
横浜スタジアムはフェンスにいると警備員が下がるように注意するし。
(以前に旗が当たって新庄の当たりが2塁打になったことはあったが)

今回はファンが故意にパンチングしたようにも見えるが、実際はわからないし、もし自分が同じ状況なら咄嗟に避けるためにメガホンでボールを叩き落とすかもしれない。
要はファンもファンだけど、あのドームの構造にもかなり問題があるということ。極端な話、ボールが飛んできたら最前列の人が一斉にメガホン持って壁になったらフェンスが2mぐらい高くなることになるわけでしょw
おかしいよ。それ。

そして1992年の八木の幻のサヨナラ弾のことを言っている人もいるが、
あれは一度ホームランと判定されたものが覆ったのが問題であるので、今回の件で持ち出すのはとんちんかんも甚だしい。

まあ、あの回に結局2塁打になったものの4−3で1死満塁になって
ゴンザレスの当たりで同点になったものの、阿部が葛城の好返球もあって2塁でアウトになる。ライトゴロ(爆)
これが今日のポイントでしょう。
あの場面、冷静に2塁にいい送球を送った葛城のファインプレーです。そして8回に新井が1塁で金本のレフト前への当たりで新井は一気に3塁へ。この走塁が生きて葛城の決勝タイムリーが生まれた。

今日の勝負はこの新井と阿部に代表される阪神と巨人の走塁に対する意識の差でしょう。
巨人側は負け惜しみでラミレスの打球のことを言うだろうが、そもそもあの回に勝ち越せないこと自体に問題があることを自覚してもらいたい。
あのゴンザレスのライト前の当たりで2塁でアウトになるようじゃ無理!

しかし、能見はせっかくのチャンスだったのにいつもの弱気の虫が出たなあ。なんかマウンドが投げにくそうだったけど、やはり接戦ではまだ厳しいのかな。江草のほれぼれするピッチング見ていると余計にそう思う。

まあ、金本の件があっただけにもうちょっとスッキリ勝ちたかったが、
勝ったことには違いない。
それよりも明日の金本の状態が心配です。
| 虎話 | 00:15 | comments(1) | - |
なんにもないなんにもない全くなんにもない
いや〜ほんま、なんにもない試合でした。
昨日が昨日だけにいや〜な予感はちょっとしてました。
ヤクルトの投手が館山だったのでいけると思ってましたが
なんと1安打!そりゃ勝てないよな。
ボギーも6回2失点だったらまあ、仕事はしたわけだし。

まあ、今日は何もかも阪神に流れは来てなかった。
いい当たりしても全部ファインプレーにはばまれるし、
走塁ミスは出るし、誤審はあるし、
8回の平野のゲッツー見て、「あかんわ、今日は野球の神様に見放されている」と思いました。

まあ、そんなどうしようもない試合なのでどうしょうもなかったんでしょうが、5回に1死1塁で関本にバントさせた理由がよくわからない。
2死2塁にしてボギー・・・・そりゃ確かに昨年ホームラン打ったし、バッティングはいい方だけど、野手に送らせて投手に期待って・・・・。
なんか昔ムーアがいたころ見たような気はするけど・・・・(汗)
あんなことしてたらあかんわな。

これで観戦成績5勝2敗。今日は呆れて球場で写真もとりませんでした。
唯一の収穫はこれぐらいです。金本の2000本記念の下敷き。



これをチケット代で買ったと思うしかないか(汗)
| 虎話 | 02:28 | comments(0) | - |
GW突入
4月29日からGWに突入しました。6日まで休みです。
(その代わり土曜日出勤あり)

29日は甲子園に行ってきました。



この日は矢野とアッチソンの呼吸が合わずに、矢野の連続後逸で2点など最悪の流れ。ようやく入った1点も無死1・3塁で関本の併殺打。
これじゃ勝てませんわ。
まるでドタバタ喜劇のような試合。

まさにアッチこっち丁稚ですな。

別に怒鳴ったからって相撲取りは出てきませんが(笑)
※ある年齢以上しかわからない関西ネタですんまそん


はじめての負けです。これで観戦成績5勝1敗。

30日は東京にいる大学時代の友人が帰省で帰ってきているとの連絡を受けたので急遽いつもの4人で三宮に集合。
大学卒業後、毎回集まっては「ええ話ないんか?」「ない(全員)」「はぁ〜」というような感じですが、今回ようやく1人が秋に結婚が決まったようです。よかったよかった。
(なんか言いたそうな人がいるようですが、ツッコミはなしよw)

そして4人のうち2人は明日も仕事ということで早めの解散。
携帯で甲子園の試合を確認すると9回表で5−5。どうやら久保田が打たれたらしい。藤川が投げている模様。
下さんの5勝目はなしか〜と思いながら駅へ移動。
友人2人は姫路方面のため、ここで別れて東京の友人と一緒にホームへ。
そこでワンセグで確認すると映像に「新井2号」と出て、新井がグラウンドを回っている。(公共の場なので勿論音声はOFF)
「おお、ようやく甲子園で阪神の選手にホームラン出たみたい。新井やわ」
と友人に話して一瞬の沈黙・・・

待てよ、さっき確か藤川が投げてたよな?・・・9回だったよな。
9回で同点で、今ホームランってことは・・・・・もしや・・・


とこの間約0.5秒(笑)
映像を見るとホームに多くの選手が待ち構えている。

うっそぉ〜!サヨナラ弾かいっ!!

いやはや、恐れ入りました。
さて、今日もお休み。また甲子園いってきますw
| 虎話 | 13:27 | comments(1) | - |
勝って兜の緒を締めよ
本日、甲子園にいっておりました。

先発は杉山。昨日は私は能見が先発ではないかと言っていましたが、
ボギーを上げるということで能見は中継ぎで使うということなんですね。
能見は先発の方がいいと思うんだけどな・・・まあ、中継ぎで結果出してるからいいんだけど。

さて、試合についてはもうご存知の通りなので過程はあまりふれません。

相手も内海ということであまり点は取れないだろうと推測していましたが、
5回に赤星がタイムリーで先制。
その後の6回表に杉山がすいすいと2死とったのでそのまま行くかと思ったらいきなり四球連発し、ラミレスに2点タイムリー打たれる。
問題はラミレスに打たれたのが初球ということ。
連続四球の後で、しかも外国人のラミレス。
初球は要注意なんてことは誰でもわかる。そこに甘い球を投げてしまったのが杉山のポカミス。相変わらずやねえ・・・。
このあたりを早く改善しないと、そのうち上園あたりにとって代わられるよ。

8回表に登板した能見は亀井・小笠原・高橋の左3人をきっちり抑える。
金曜といい今日といいかなりの安定感ですね。江草しか勝ち試合で使える左が今いないのでこの能見のピッチングは大きい。
でもやっぱり先発がいいなあ・・・。

8回裏に赤星が相手のエラーもあって一気に3塁に行って、
平野の代打今岡がタイムリーヒット。
ただこのヒットもライト前にあわせただけのヒットなんだよね〜。
早くミスター2ベースと言われたころの打球が見たいです。
まあ、ヒットが出たから良しとするか。
そして1死1・3塁でフォードがはかったように併殺打。
ここ最近外野に打球があがることもありません。
慣れうんぬんを考えるなら二軍で調整した方がいいのでは??
もう左右関係なく5番ライト葛城でいいんじゃない?

正直、このフォードの併殺打で負けを確信しました。
ただ、9回表に久保田が例のごとくピンチをまねいて赤星のファインプレーでなんとかしのいだときにひょっとしたら流れが来るかもと思ったが、
相手はクルーン・・・。
しかし、そのクルーンのコントロールが大荒れ。
矢野さんの顔面に行った球なんか本当に危なかった。
あの一球で球場の雰囲気が一気に変わったような気がします。
一死2・3塁で代打桧山が一塁ゴロで凡退したときは一瞬その空気がとだえ、現にクルーンも立ち直り赤星に対してポンポーンと2ストライク。

やっぱりダメかな・・・と思ったが、阪神は私が思っている以上にすごかった。赤星の同点内野安打が出た時点で、もうサヨナラ決定な感じがしました。


たしかにサヨナラ試合で最高でしたが、反省すべき点も多々ありました。
「勝って兜の緒を締めよ」です。そうしないと中日のようなチームには足元すくわれます。

でも、今年初のサヨナラ試合に立ち会えてよかったです。
これで観戦成績もなんと5勝0敗です。
今週は結構甲子園にいくのでこの連勝記録をどんどんのばしたいと思います。

| 虎話 | 02:08 | comments(4) | - |
勝ったのはいいけど・・・・
岩田投手初完投勝利おめでとう!

1型糖尿病というハンデを持ちながら、一線で頑張る姿に多くの同じ病気に苦しむ患者や他の病気の患者にも勇気を与えています。

初回はいきなり鳥谷のエラーがらみの失点。
1回裏も赤星が巨人先発の悩めるエース上原から2ベースで出るも、
平野が送れず、新井はライトへ大飛球。
もしランナーを進めていれば・・・・という悪い流れ。
結局次の金本も三振で重苦しい雰囲気。

従来の上原であれば、このままスイスイといかれるんだけど・・・
なんかやはりおかしい。解説ではシュートを覚えた関係で・・とか言っていたが、新井の2ベースで逆転した後に金本のセカンドへのゴロに対してベースカバーを忘れるという失態(記録は内野安打)
今までの上原ではありえないプレーだったと思う。
完全に自信喪失している状況ですね。今岡の状態に近いかもしれない。
この後葛城に犠牲フライで3点目。

上原を打ち崩したのはいいけど、北京五輪のことを考えると不安。
星野JAPANにはなくてはならない戦力だけに復活してほしい。
でも阪神戦で活躍されると困るし・・・・ジレンマ。
後、途中で投げた野間口、あんないい投手だったっけ?
以前と違って球に力もあって、かなりレベルアップしているような。
現在敗戦処理っぽいところで投げているけど、豊田より今の野間口の方が嫌だな。

この日のお立ち台は岩田と犠牲フライと2点タイムリーの葛城。
ただ葛城は2点タイムリーの後、鳥谷のときに3塁の帰塁で失敗してアウトになるボーンヘッドをやっていたせいか、淡々としていた。
あのプレーは流れを向こうにやる可能性があったので、活躍は讃えるけど、
今後も5番でやっていくならやはりこういうプレーに注意しないと。

岡田監督も「相手が右なら葛城」とはっきり勝利後のインタビューで言ってたね。ということは・・・・日曜は左の内海だと思うからフォード?
正直、今のフォードを使うのならライト浅井も試してほしい。

それからサード今岡にするのかな?
内野守備陣は今日のままにしてほしい。平野は語るまでもないし、関本のサードもかなり上手いし。鳥谷も今日はエラーしたものの守備がかなり上手くなっている。今日の岩田も安心して投げられたのではないだろうか?
こっちの先発はローテ通りなら杉山だが、左の多い巨人なので金曜に1イニング投げた能見という可能性もあると思う。
次のヤクルトは青木、ガイエル以外は主力は右なので、案外明日は能見では?金曜のピッチングは圧巻だったので期待します。
精神面の弱さを出さないように(だからこそ守備は万全で!!)

エラーしてもその分打ってくれるのなら文句は無いが、打てない上にやる気の無い守備を見せられたら投手のモチベーションが下がってしまう。
今岡を使うなら交流戦のDHにしてください。
(桜井が交流戦DH起用にあわせて二軍で試合勘を養っているが)
そして打ち出して今岡のやる気が見えてから、サードで起用してください。

明日、どんなスタメンになるんだろうか・・・・。
現場で確認してきます。

| 虎話 | 01:37 | comments(1) | - |
金曜日のお話
昨年9月からずっと週3回ペースで続いていた研修が終わりました。
16時ごろに会社を出て、東大阪まで移動して20時まで講義や実習。
定期的に試験もあります。帰宅したら22時〜23時。
週5日のうち3日も途中で抜けるため、まともに会社で仕事ができるのが2日だけ。その2日に実験をしなければいけないので結構きつかった。

その一方、研修所で他社の人たちと仲良くなって、研修帰りに飲みにいったり、休憩時間に馬鹿話をしたりと楽しい時間をすごせました。
研修生は40人ぐらいいるのですが、その中で8人ぐらい特に仲良いグループ(ある理由から「マリア会」と内輪では呼んでいます)があって、そこに属していたのが良かったのかもしれません。
昨日は最終回の講義があって、今後この研修の卒業生の同窓会というのがあってその幹事を無記名投票で以前行ったんですが、なぜか私が入ってました(汗)他のメンバー見るとマリア会ばかり・・・・。
絶対、投票でお互い同士討ちしたと思われます(笑)
(中の1人は「(マリア会)全員の名前を書いた」とカミングアウトしましたしw)

昨日は最後幹事だけ連れられて事務局と飲みに行ってました。
普段馬鹿話していた割には真面目な話が多かったですね。
あやうく終電のがすところでした。

というわけで昨日の試合はVTRで見ました。
サードの今岡に代わって入った坂が経験不足からのプレーが目立ったようですね。昨日の試合を見る限り、まだ坂にはレギュラーは厳しいような感じですね。状況判断が悪すぎる。
ただこの状況判断は試合(特に一軍)に出場して、肌で勉強するしかないので今回のミスは坂にとって良い財産になることを祈りたい。
これを糧にして今後の成長に期待します。
しかし、逆にセカンドに平野がいると安心するねえ。
我々が安心するのだから投手はもっとでしょう。
それに平野がセカンドにいると内野守備全体に躍動感が生まれる。
多少打てなくても是非セカンドで使って欲しい。
サード関本にすればかなりレベルの高い内野陣だと思います。

後、昨日福原に代わって上がってきた能見が良いピッチングをしました。
昨年まで良い球投げながらここ一番で踏ん張りきれない典型的な「阪神伝統の先発投手」だったんですが(例:伊藤・仲田・猪俣など)
今年のOP戦でオリックスの二軍選手にサヨナラ満塁弾を打たれて、意気消沈、そのまま二軍へ。
しかしファームで結果出して、今回先発陣の上園、ボギー、金村やハシケンなどを押しのけて上がってきました。
OP戦の屈辱をバネにLVUPしたような気がします。
福原の怪我は残念でしたが、能見には絶好のチャンス。
個人的には杉山と共に阪神の投手陣を担えると期待している投手なので、
是非このチャンスをバネに頑張って欲しいですね。

さあ、今日明日頑張って巨人戦勝ち越しましょう!
特に日曜日はお願いします!
| 虎話 | 13:45 | comments(0) | - |
ポイントは森野
昨日は研修の実習で森ノ宮のほうに昼から行っていましたが、その研修が予定より早く終わりました。梅田でもぶらつこうかと思いましたが、最近体調がイマイチだったのもあってとっとと帰って休養しました。

ほどなく中日−阪神戦がはじまりました。
中日川井はスピードはないものの、変化球とのコンビネーションが良く阪神打線はきりきり舞い。そして下柳は開始直後は球が高かった。なんかナゴヤドームのマウンドはそういう傾向があるらしい。しかし、さすがは下柳。1点は取られたもののちゃんと修正。
そして4回に赤星が出塁して、盗塁。そして新井にタイムリー2ベースで同点。
そのまま1−1で川井、下柳譲らずであったが6回にポイントがあった。
金本のセンターへの打球に対して森野が飛び込んだものの取れずに3塁打になる。そして絶不調の今岡がタイムリーを打つわけだが、中日からするとこれはとんでもない失態。
無死ランナー無しの状況で森野の飛び込む理由がわからない。
別に無理をしなければシングルヒットで済んだはず。終盤のいちかばちかの状況ならまだしも状況判断のできていないプレーでした。このあたりが福留の抜けた穴の大きさかな。
そしてこれが結局今岡のタイムリーを呼ぶ。中日からしたら今後のことも考えて一番避けたいのは「今岡の復活」
その糸口になりかねないチャンスをみすみす与えてしまったのは中日からしたら痛いはず。

中日はこの後、なんと川上が登場。彼も現在不振で調整登板という意味合いもあったのだろうが、これが裏目。
新井のHRは勿論だが、関本や金本にもあとちょっとという当たりを打たれる。
そもそもエースである川上をいくら調整登板とはいえ、こういう形で投げさせるのはいかがなもんだろうか。先発と中継ぎ(抑え)は調整方法も違うし、ここでの川上起用はあまり意味がなかったのではないだろうか?
なんか川上が気を悪くするだけのような気がする。
そして阪神も久保田が相変わらず。いいかげんにピリッとしてくれよ。
最後の森野の打球もあぶないあぶない。
でも結局、今日は森野がポイントなんでしょうね。
不幸中の幸いで久保田が森野まで回したおかげで藤川は中村ノリはいるものの8番9番と比較的に楽に投げられた。てか7番中村って犯罪ちゃうか?w

まあ、勝ちは勝ち。3連敗だけは避けたかったのでほっとしてます。
せっかくだから今日も勝ってしまえ!頼むぞ福原。
| 虎話 | 16:31 | comments(0) | - |
負け試合をいかに有効に使うかが重要
今日のスタメンは驚きました。
葛城が軽い故障があったのもあって2番セカンド関本5番サード今岡7番ライトフォード。
結果は0−8の大敗。まあ、相手投手も中田だというのもあったけど。

これで中日に1.5ゲーム差に迫られたといわれても、これで15勝5敗
ある意味中日が首位でないのがおかしいぐらいで、
このまま行ったら100勝超えるというペースでありえない!
そりゃ負けるときもあるし、負け越しするときもある。

重要なのは負け試合から得られるものである。

今日の場合は平野の休養。
平野はあの通り常に全力プレー。オリックス時代もよくバテてました。
しかも大怪我して今年が再スタートのようなもの。
ヤクルト戦で少し2番の仕事を見失うようなプレーもあったのでこういう積極的休養はよかったと思います。
次は5番今岡と7番フォード。
今岡は首位打者、打点王という阪神の看板打者。
フォードは大枚はたいてメジャーから獲得した助っ人。
やはり決断する前には本人及び周りが見て納得できることがないと、逆にチームに不穏な空気が流れかねない。
ここで起用して打って調子を取り戻せば万々歳だし、
ダメだった場合でも今岡を二軍調整、フォードは代打でしばらく桜井と葛城を使うというような決断の理由になれば、このゲームも無駄ではないと思う。
今日は最後まで今岡、フォードを交代させなかった辺りにもそういう岡田監督の思惑が見えるような気がする。
ひょっとしたらもう1試合今岡、フォードを使うかもね。
岡田監督って選手に対しての情があるから。落合なら即決断しているやろけど。

そして一番大事なのは若手の出場経験

阪神のような勝ちパターンで使う選手がほぼ確定しているチームは
点差の開いた負け試合でないと若手選手の出場機会はなかなかない。
こういう試合でこそ、坂、浅井、筒井、阿部といった選手に経験を積ましたり、出場機会の少ない藤本を出すなどのことをやってほしい。
特に若手は失敗してもそれが今後の糧と考えれば安いもの。

そういう意味で阿部、筒井を投げさせたのはよかったが、個人的には坂をもっと早めにつかって欲しかった。

ぶっちぎりで優勝するようなチームでも平均すれば3〜4試合に1試合は負けるわけでその負け試合をいかに有効に使うかが今後のポイントでしょう。

今日の試合の結果で、明日岡田監督がどう動くか・・・注目です。

しかし、今岡は相当重症やねえ。
ただ単に調子が悪いとかそういうレベルではなく、年齢的には考えられないのだが”衰え”のようなものを感じる。
今シーズンにヒットも何本か出ているがほとんどがライトに合わせただけのヒットやゴロが運良く抜けていったなど、改心の当たりがほとんどない。
1本の東京ドームのホームランもインコースを巻きつけた打球で改心の当たりとは違ったような気がする。
あの左中間を鋭く破る2塁打が今岡の真骨頂だと思うが、今年はそれが皆無。ヤクルト戦で代打に出てきたときも「全盛時の今岡なら間違いなくとらえていた球」をことごとく振り遅れて1塁側へファール。
左中間に鋭い打球を飛ばす今岡が見たいねえ。
なにかきっかけがつかめればいいんですけどね。岡田監督がチャンスをくれている間に。
| 虎話 | 00:43 | comments(2) | - |
7カード連続勝ち越し
いやはや、強いですねえ。

この土日は久々に休養でおでかけなし。
昼は競馬しながらネットでパリーグの試合見て、夜は阪神戦。
土曜は日本ハムの7年目ゴリ佐藤のプロ初安打が試合を決めるホームラン。ヒーローインタビューも緊張と雲の上にいる心地のせいかほとんど何もしゃべれなかった。高卒で7年目、今年まで一軍での出場はなし。
いつクビになってもおかしくなかった選手。こういうのできっかけをつかんで欲しいね。
そして日曜は皐月賞。直前に予想を変更。
馬体重-18kgのキャプテントゥーレと大とびで馬場が悪いと不利のブラックシェルを切って、スズジュピター、タケミカヅチ、マイネルチャールズ、ダンツウィニングで勝負したら、なんと-18kgで即切りのキャプテントゥーレが1着。馬体重見なければ馬連当たっていたのになあ。。。

そして本日の阪神戦、
先発はなんと杉山。福原じゃなかったのね・・・・。
関西テレビの中途半端な中継のせいで19:00からTV。
よかった!雨は降ってない!(爆)

冗談はおいといて、今日の杉山はストレートが走っていた。
でも時々ポカをするのは相変わらず。ポカがなければ完投できそうな球だった。それでも要所を押さえて5回1失点で降板。
下で上園、ボーグルソン、金村などが先発ローテ入りを待っているが、
とりあえず杉山との入れ替えの危機は今回は避けれた模様。
ここから江草→渡辺と継投になったが7回表に2点追加して5番に入っていた渡辺まで回って来て代打(桧山)が出たので7回から久保田。

ここで関西テレビの中継が終了・・・・まとめに入って、
「7回にダメ押しの追加点、そして久保田−藤川ですから大丈夫ですよね」とか言って最後に放送の提供が流れているときに代打福地のホームラン。そのまま放送終了(爆)
なんて後味の悪い・・・・。

そもそも18時20分開始で21時に試合が終わるわけないんやからそんな中途半端な放送するな!サンテレビに譲れ!
土曜日のテレビ大阪も21時に終了。何が全力虎中継だ!
全然、全力と違うやろうがっ!!(怒)

ビバ!おっサンテレビ!
ビバ!ラ・ラッサ!
(わかる人だけわかってくれw)

さて、試合の話に戻りましょう(笑)
久保田はここまで11回1/3投げて3失点。この3点全部ソロホーマー。
吉村(横浜)栗原(広島)宮本(ヤクルト)そして今回とうとう
年に1本打つか打たないかの福地に打たれました。
わてほんまによういわんわ・・・(呆)
それでも防御率は2.70、失点がホームラン4本で全部ソロに4点のみ。
なんなんでしょう。。。。久保田は。
でも7,8回を結果その1点だけで抑え、最後は藤川が鬼神のような3連続三振で終了。
今日の試合のポイントはヤクルトの投手交代。
7回に関本、フォードと打ち取った時点で増渕から左変則の佐藤に交代
その時点で増渕は111球投げていて、次が赤星、平野と左が続くことを考えて
あえて石橋をたたいた継投だったんでしょうがこれが裏目に出ましたね。
この佐藤が赤星、平野に連続四球。
高田監督はどちらかで打ち取れると思ってたに違いない。
この誤算で新井まで回ったため、急遽右投手に交代。
押本はもっと後ろで使いたいはずだったので、結局花田クラスを投げさすしかなかった。この時点で流れは阪神に来てしまった。
まあ、相手の誤算を一気についた阪神の勝利でしたね。

さあ、今週はナゴヤと甲子園で中日と巨人相手です。
週末の日曜は甲子園の予定ですが、先発は杉山になるな・・・。
天気大丈夫かなぁ?(笑)
一度被害にあっているので、週末はたのんだよ。
天気も重要やけど、ちゃんと勝ってや!
| 虎話 | 02:39 | comments(0) | - |
雨の神宮
今日の東京の天気予報は「雨」。
夜は80%。どう考えても中止だろうという感じでしたが
あの状況で試合やるか!?普通。

まあ、週末の阪神戦はドル箱やからねえ。
内野のシートかけ忘れて雨降っていないのに14時に中止する甲子園も見習うべし。

序盤、阪神がコントロールが定まらないリオスに対して
チャンスをことごとくつぶしていた阪神。
初回も相手エラーで1点入った後、2死満塁で点入らず
打撃妨害での1死満塁で鳥谷がアンラッキーなゲッツー打ったり
安藤への死球でのチャンスも無得点。
そして逆に追いつかれる・・・・流れは悪い。

しかし、追いつかれてすぐに引き離すのが今年の阪神。
それに今日も矢野がヒットで出て、関本でどうするかと思ったら初球にエンドランかけてきた。このへんが昨年とは全然違うね。
結果、関本はショートゴロだったがランナーを2塁に進められた。

やはりこういう内容のある野球していると勝つのもうなづけますね。

後は今岡!君の復活だ!
普段、ボロクソ言ってるけどみんな復活を待って応援しているんやで!
「野次られたくなかったらがんばらんかい!」ってね。
「けなしながら応援する」ってスタイルは関西独特なのかな?
たまに関東の人が真に受けて困るときがある(笑)

そして今日思ったのはやはり神宮が広くなったね〜。
去年までなら打った瞬間、やばいって思った打球が結構余裕でフライになっている感じがします。
巨人のような一発屋ばかりのチームにはこの変化は厳しいでしょうね。
阪神には有利な条件だと思います。

本日、寒い中応援された方々お疲れ様でした。
風邪ひかないようにして、明日も応援頑張ってくださいな。

しかしほんま無茶しよんな〜神宮。
外野に打球がはずんだときの水しぶきがすごいことすごいこと。
| 虎話 | 00:48 | comments(2) | - |
5番の難しさ
岡田監督がスタメンを動かしました。
今岡、フォードをはずして、5番葛城8番関本。

現在、絶好調のタイガース。今岡が打てなくても他の選手が打つ。
しかし、今岡のところで止まるのは事実(鳥谷から始まる回が多い多い)。

私も今岡ははずした方が良いとは思っていたが、チーム状態が良いので動かしたくないということと、では代わりに誰が5番を打つのかというのが問題になる。
やはり3〜5番のクリンナップというのは特別で、それなりの格のようなものが必要になってくる。成績だけではいかないんよね。実際、昨年も林が6番から5番に上がって重圧のせいか打てなくなった。
鳥谷が調子がいいが、5番に上げると調子を崩す恐れがある。

今のメンバーで私が5番を張れると思われる選手は今岡以外だと桧山ぐらいかなと思う。そしてサードの代わりといえば関本になるので結局5番は誰になるのかと思っていた。
(個人的には今岡が下がるなら5番フォードかなと予想)
ちなみに現時点での新井のサードは新井自身の好調のリズムが崩れる可能性があるため、現時点ではやりにくいと思う。
とはいえチーム状態が良いので結局、今岡をはずせないかなと思っていたが、思い切りましたね。
葛城もせっかく好調で代打で結果を出していたのに出番がなく、代打も出番ですら桧山に奪われかかっていたのでスタメン出場は良かったと思います。
せっかくオープン戦で活躍して、結果を残したのに出番がないのではかわいそうでしたからね。

結局、この葛城、関本起用が当たってこの日も勝利。下さん完投のおまけつき。この日も快勝でした。

しかし、5番葛城はちょっと重たいような気がするなあ。かといって鳥谷を上げるのもなんだしなあ。一番しっくりくるのは5番桧山なんだが、せっかく代打で存在感を示し出したところで今後を考えると切り札にしておきたいし・・・・あ〜あ、今後どうなるでしょう。
多分、5番はライト守る選手の併用でしょうけどね。林が帰ってくればスッポリはまるんですけどね。
後、8番で関本を使うということはあくまで関本は「決める選手」ではなく「つなぐ選手」という岡田監督の意志表示が見えますね。
ん〜・・・もったいないような気もするけどね。

さて、今日は朝から雨。
現在は曇っていますが、午後の天気予報が悪いのと先発予定が杉山なので(笑)中止っぽいですかね。

昔、中日の権藤(元横浜監督)の連投の様子を「権藤、権藤、雨、権藤」といっておりましたが、
「杉山、杉山、雨、杉山」・・・全部雨やん!(笑)

先週に続き、木曜か〜・・・。まあ、連戦だし明日は移動なんで選手は休めていいですけどね。


| 虎話 | 12:44 | comments(2) | - |
今年初甲子園(公式戦)
先週の木曜日が中止になったので、今日が今年の甲子園初観戦となりました。(センバツには行っているので、公式戦初観戦)

勿論、平日なので仕事終わってから。
幸い、管理職がみんな出張などでいなかったので定時17時35分に出発。
電車乗って甲子園球場についたらちょうど1回裏攻撃スタート。
同行のEJさんはすでに到着済み。事前にチケットを渡していたので待たせずにすんでよかった。
早速、金本のタイムリーで1点先制。幸先よろしい。

アッチソン、ルイス共に良く投手戦のままものすごい早いペースで試合が進む。7回終わったとき20時過ぎたぐらいでした。
しかし、8回に一気に追加点、ダメ押しと行って、藤川を温存して勝利。


いやはや、今日の試合は見事だった。
足を使った積極的攻撃ですね。鳥谷が単打で1塁から一気に3塁へいったり、ポテンヒットを赤星が2塁打。
そして2回の盗塁敢行(1回は失敗したが)
見てて楽しいですね。そして8回の代打桧山登場で球場のボルテージが上がり、今季初桧山ダンスです。大阪ドームではわっしょい!だったんで不満でした。そしてその桧山がヒット!そして1死満塁での鳥谷の走者一掃。
かゆいところに手が届く最高の試合でした。
まあ、相変わらず蚊帳の外の5番打者もいますけどね。
見逃し三振、空振り三振、見逃し三振って・・・なんやこれ。なんとかならんか!?

これで今季観戦成績は4勝0敗です。
・・つうかビジターでしか負けていないから当たり前かw


ヒーローインタビュー:アッチソン

ヒーローインタビュー:赤星



| 虎話 | 01:26 | comments(1) | - |
2000本安打記念
金本選手2000本安打記念のらくやんカードです。




阪神電鉄の各駅で計30000枚の限定発売のようです。
私は武庫川駅で購入しましたが、そこの改札ではあと数枚のようでした。
小さい改札だったからかも知れませんが、欲しい方はお急ぎあれ。

ちなみに私は2枚買いました。1つは自分用。もう1つは会社のボーリング大会の景品用(笑)
別に阪神ファンの集まりでもないのに、これが景品として成り立つってところが地元ですなぁ。まあ、興味ない人はらくやんカードとして使えばいいからね。(もったいな!)
| 虎話 | 00:51 | comments(3) | - |
ニュー桧山
昨日は会社の有志で花見をしていました。
ほとんど葉桜でしたけど(汗)
地上波では中継はやっておらず、mixiの実況版で情報を仕入れていました。

だから詳細はわからないんですが、福原が7回1失点。
決して良くはないという話でしたが、技術でカバーしたのでしょうか。
でも、昨日の岩田もそうですけど先発投手が調子が良くないながらも崩れずにゲームを作れるというのが今年の阪神の強みですね。

後、今年の桧山は違いますね。
過去にはファースト転向を拒否したり、処遇が不満でFA宣言してみたり、
昨年も「自分は代打向きじゃない」などの発言など、「そんなことゆうてる場合とちゃうやろ〜」ってよく思いました。
多分、どうしても「阪神の看板打者」というプライドの悪い部分を捨て切れなかったんでしょうね。
ただ、今年はライトにフォードが入り、桜井、葛城が台頭し桧山は4番目という状況。
正直余程のことがない限りスタメンのチャンスは厳しい状況が桧山を変えたと思う。
最近はバットを短く持ち始めた。これは正直「元4番打者」としては相当勇気のいることだったと思う。過去の栄光を捨てて、これから「1打席に賭ける新しい桧山像」を作っていこうという前向きな意識の現われでしょう。
そして桧山にはチャンスで登場するだけで球場のボルテージが上がるという「千両役者」という武器がある。一気にチームのムードを変えることができるのは彼だけです。
残念ながら葛城ではこれはできません。(桜井にもそういう素質はありますが、まだまだ桧山の域には及ばない)
過去には真弓や八木など、阪神の看板打者だった選手が晩年「代打の神様」として一振りで活躍しました。今でも中日に立浪という良い例があります。
是非桧山にも「代打の神様」になってもらいたいですね。
過去の栄光を捨てて、与えられた仕事にがむしゃらにぶつかっているのがよくわかる今年は新しい桧山を見れそうな気がします。
| 虎話 | 12:28 | comments(0) | - |
祝・金本2000本安打達成!
祝!金本選手 2000本安打達成!

本日、やっと達成されました。
次が甲子園の広島戦なのでもしや・・・と思っていましたが、
横浜での達成になりました。
まあ、金本の2000本安打の関係でチーム全体も硬くなっているような状況だったので、早く呪縛から逃れられてよかったかな?

それとビジターチームでもちゃんとヒーローインタビューをやってくれる横浜スタジアムだったのもよかったね。

さて、試合に関しては2死からの赤星の2点タイムリーがポイントでしょう。前の回に今岡のエラーから村田に2ランという悪い流れ。
そして鳥谷がヒットで出て、フォードの2ベースで横浜金城のトリックプレーで鳥谷は3塁ストップ。
無死2・3塁で野口・岩田。岩田に期待するのは無理なのでせめて野口に犠牲フライというところだが内野フライ。岩田も三振で2死。
このまま0点ならますます横浜へ流れがいくところに赤星がきっちりレフト前。フォードも還って同点。
この一打が大きかったね〜。
しかし、今岡・・・打てないんならせめてちゃんと守れよ。
凡退の内容も悪すぎる。明日結果が出なければ打順下げるか、関本もしくは新井をサードにして葛城を入れましょうよ。

後は6点目の代打桧山のタイムリーかな。
9回はこっちは藤川とはいえ、金城から始まる攻撃でランナー一人出ると本塁打で同点となる2点差を3点差にしてくれたおかげで、藤川は楽だったと思います。
金本の偉業を勝利で飾れてよかったです。

ふう・・・これで15日の甲子園。会社からタクシー乗るほど急がなくてもよくなったわ。
それから、早くこのチケットの払い戻ししないと・・・(涙)

| 虎話 | 23:51 | comments(0) | - |
ん〜残念
今日の試合は結局中止。

14時半頃に中止が発表。
しかし、そのころ武庫川付近は雨は降ってませんでした。
余りにも早い中止に驚くと共に「なんでやねん」と思いました。

確かに夕方に雨は強くなりましたが、試合をやろうと思えばできそうな・・・。グラウンドコンディションの悪化というけどシートかぶせていただろうし、水はけの良い甲子園ということでちょっと納得いきませんでした。
雨男杉山のせいか?(笑)

まあ、しゃあないですね。シャワーさんのいうように最近恵まれすぎなんでしょうか?(笑)
金本の2000本は横浜かな?3連戦でさすがに達成するでしょう。

それとも四球と犠牲フライの連発で再び甲子園に戻ってきたりして(笑)
ちなみに15日のチケットもあったりしますw

まあ、早く達成して重荷を下ろしてください。
| 虎話 | 23:34 | comments(0) | - |
明日天気にな〜れ♪
♪あ〜めが好きです あ〜めが好きです あ〜した天気にな〜れ

本日は阪神は下さんの快投で勝利。

しかし、金本の2000本はまさかのお預け・・・・。
そして3月に購入した木曜の甲子園のチケットが手元に!

しかし降水確率80%(涙)

先週から木曜の天気に注目していましたが、降水確率70%。
減ることを期待していると今週になって80%に増えました・・・。

横浜で観戦するみなさんには悪いですが、
やはり金本には甲子園で2000本を達成して欲しいです。
木曜が雨の可能性が高かったので火水で決めてもらいたかったのですが、かないませんでした。
こうなりゃ、なんとか木曜に試合してもらって金本に2000本を達成してもらいたい。
多少の雨は我慢しますんで(会社帰りなのでスーツですが)、
是非試合が出来るようにお願いします!神様〜!

・・・ご清聴ありがとうございました(笑)

伏見のたぬたぬさん、ちゃんと軒先にぶらさがってくれてますか〜?(笑)
| 虎話 | 02:03 | comments(0) | - |
甲子園開幕戦
甲子園開幕戦。仕事が1時間ぐらい残業になり、金本が2000本打ってしまわないかドキドキしていました。やはりテレビでその瞬間を見たいものです。
(ほんまはすぐそばの甲子園で生で見たいんだけど)
仕事終わってTV見ながら駅まで歩くと、そこには甲子園へ行こうとする人たちが、なんか落ち着かない様子なので「金本フォアボールだったからまだ大丈夫ですよ」と教えてあげると「そうですか!教えてくれてありがとうございます!」
甲子園で下車するそのファンに「応援たのむで〜」というと「はい!まかしといてください!」と。このへんが関西らしいね。
甲子園を出発した直後に今岡のゲッツーで電車の中で思わず「最悪や」と言ってしまいました。そしたら周りの人たちが何人か同じようにうなずく。みんなラジオやワンセグで中継をチェックしているらしい(笑)
そして電車から下車していつもならバスに乗るのですが、今日は時間が惜しくてタクシーに乗りました(笑)
タクシーも勿論ラジオで阪神戦。運転手に「金本の2000本までに帰らないとと思って、タクシー飛び乗ったんですわ」と言うと「今日、甲子園周辺走ってましたけどお昼から異様な雰囲気でしたよ」とのこと。

さて、試合を振り返りましょう。
アッチソンのピッチングは非常に良かったですね。やはりコントロールが良いということで大崩れがなさそうというのが感想です。首脳陣からするとある程度計算の立ついい投手ではないでしょうか?
しかし、7回の攻撃がやはり良かったですね。矢野がヒットでアッチソンに当初葛城がスタンバイしていたが関本に変更。明らかに意図がバレバレの中、きっちり関本がバントを決める。確かにここはバントの可能性は高いが、ここで「今年の阪神は何やってくるかわからない」というのが効いて来る。100%バントと構えられないんですよね。
そこにスキが生まれてくる。ちゃんと成功した関本もすごいが、こういう雰囲気を作った赤星、平野の功績は大きいです。あと和田コーチかな?
そして1死1・2塁になって平野のところで代打桧山。この岡田采配は見事だった。
本来「打つ仕事」だけであれば今の状態なら葛城>桧山だと思います。
ただ、この場面、中田が甲子園の雰囲気に飲み込まれかけていた。この雰囲気を最高潮にするには桧山が一番。ある意味ファンの力を利用した起用ともいえます。
この日は甲子園開幕で金本の2000本の期待もあったのでいつも以上に異様な雰囲気。それが一気に爆発した感じになりました。
私は中田は桧山に四球与えて1死満塁で新井になると思ったが、桧山がきっちり1−3からカウントを取りに来たストレートをはじきかえしました。同点。
ここから完全に勢いがついて、阪神の流れになりました。
金本は残念ながらサードゴロ。でもこれで3点目。
まあ、2000本安打がボテボテというのもさみしいので、まあいいかw

藤川が最後少し危なかったですが、3−2で無事甲子園
そう考えると金本の3点目は大きかった。

問題は今岡・・・。結果が出ないだけでなく内容も悪すぎます。
ただ5番をまかせられる選手がねえ・・・「5番フォード7番今岡」にしてみます?
この中日戦で結果が出ないならサード関本、もしくは「サード新井 ファースト葛城」という起用も考えないとね。特に葛城は結果出しているので。
| 虎話 | 12:10 | comments(0) | - |
得点の内容が非常に良い。
近所の夙川公園は桜が満開です。

今日なんかものすごい人でした。ただ花見に来るのはいいんですけど、
付近住民として、
・ゴミをそのまま残すな。
・せまい道(橋の上など)で立ち止まるな(通行の邪魔)
・無断駐車や一方通行の逆走など、交通ルールを守れ。
・夜中に大声を出すな。酔っ払い(これ書いているときも声が聞こえる。もう2時やっちゅうねん)

・・・・甲子園と一緒やん(笑)
なんとなく甲子園周辺の住人の気持ちがわかったような・・・(汗)


しかし、阪神は東京ドームでも勢いは衰えない。
金曜も勝って、土曜日も勝ちました。
今岡、鳥谷、フォード、金本とホームランも出ていますが、
この2日間の勝利のキーポイントは機動力でしょう。

金曜の試合は3−1で迎えた6回。追加点が欲しいところで
今岡四球の後、鳥谷のところでエンドラン。足の遅い今岡が必死で走って3塁にヘッドスライディング。その間に鳥谷も2塁へ。
これがフォードのタイムリー、矢野の犠牲フライの2点につながる。

土曜の試合もグライシンガー相手に足でまず得点。
鳥谷四球の後、フォードのときにエンドラン。レフト前だったが
レフトラミレスということもあってか鳥谷が3塁まで行く。
この走塁が生きて、さらに野口がライトにファールフライ。
高橋良伸は浅いので捕球すると、鳥谷がGO!
中継がもたつく間に結局犠牲フライで先取点。
これはいちかばちかだったが、次が投手の岩田であり、相手投手がグライシンガーということを考えればチャレンジするべきだったと思う。

こういう足でかせいだ点数が投手陣を助けている。
金曜は7回の鳥谷のホームランで6−1になり、藤川を温存できた。
土曜も金本の2ランだけなら8回まで無失点だったとはいえ、岩田を投げさせたかどうか。直接藤川につなぐことができたのは大きい。
この金本の2ランでもその前に平野の盗塁があったりしている。

逆に巨人はこれだけの選手を並べて、土曜の試合なんぞ目立ったのは高卒2年目の坂本のバッティングと亀井の好守備ぐらい。
年俸ウン億円というような選手は何をやっているんだろうか。
今の巨人には覇気が感じられない。9回に投手の絡みとはいえ、好守備の亀井をベンチに下げる采配も???だし。
そろそろ、球団の方向性に間違いがあることを気づいたらどうでしょうか?
前の原巨人のときは生え抜きの若手をどんどん起用して好感をもてたのに・・・。まあ、ナベツネがいる間は無理か。
今日の試合終了後にベンチ方向をじっと見つめて突っ立っている巨人ファンが映っていました。なんとなく試合結果ではなくて今のチーム方針に関して疑問があるのではないでしょうか?

まあ、明日も福原に頑張ってもらいましょう。
| 虎話 | 02:30 | comments(0) | - |
初負け
ん〜・・・とうとう負けましたか〜。
この日は武庫川沿いで会社の花見があり、その準備やバーベキューをしながらワンセグ観戦でした。

杉山は球は悪くなかったようだが、きわどいところをボールと言われたり不運な部分もあった。でも、相変わらず気が弱いのか、ピンチになったり自分のリズムが崩れるとモロい部分が出てしまったね。
なんか「早くこの緊迫した状況から脱したい!」と“やっつけ“で投げたような球を打たれていた感じがした。
人間って性格だけはなかなか直らないからねえ。
二軍ではボーグルソン、金村、上園なんかがゴロゴロしているし、杉山の後を投げた阿部健太なんかも元々は近鉄時代に先発やっていたし。うかうかしているとせっかく手に入れた先発ローテーションを取られてしまうよ。

打者では今岡かな。本人も言っているように凡打の内容が悪い。
昨日も勝ったものの、2回も金本敬遠されて今岡勝負で結果を出せず。
本日も最初のチャンスで当たりは良かったもののショートゴロ併殺。
今岡らしい打球が全然見られないねえ。
今岡にとってもサードは安泰ではない。平野が絶好調で守備面での信頼絶大のためサードの出番が無いか関本が待っているし、好調葛城をファーストにしてサードに新井を回す手もある。
林が帰ってきたらライトの調子次第では「サード新井ファースト林」になるかもしれない。
うかうかしてられへんよ〜。

さあ、仕切り直し!今日は東京ドームで巨人戦。
巨人の昨晩、HR連発で勝っているので注意しましょう。安藤たのんだよ。
そろそろ新井の阪神1号が見たいなあ。
| 虎話 | 12:39 | comments(0) | - |
5連勝も広島を見損なった
開幕5連勝・・・すごいやん!
昨日も下さんは決して良くなかった。球も高かったし、正直あぶなかった。
それでも7回を2失点だからさすがなのか、それとも広島が情けないのか。

そして先日も書いたけど鳥谷が今年はなんか雰囲気が違う。
この日も逆転2ラン。平野効果もあるでしょうけど母校の聖望学園が頑張っていますからね。励みになっているんじゃないでしょうか?
後の2点は矢野の併殺と犠牲フライ。最初の併殺は無死1・3塁。次が投手だったということもあるので三振は一番良くなかったからバットに当てたということでしょう。
あの場面での追加点は大きかった。
正直、昨年から矢野のバッティングは少し陰りが見えている。
ヤマ張って打たないと打てないような感じでヤマが外れたときはとんでもない空振りをしたりする。やはり動体視力なのかねえ。
そんな中、ヒットこそないものの2打点というのはさすがだなと思います。

しかし、広島側の新井に対する行動はいくらなんでも問題。
私はブーイングに関しては別に苦言はしない。ある意味儀式的な部分もあるし。
ただ昨日の広島の明らかな内角攻めは大問題。見ていても明らかだが
「抑えるための内角攻めではなく、当てるためもしくは脅しのような内角攻め」だったからだ。そして2打席目にとうとう死球。こんなん明らかに故意死球やで!(怒)

投手を退場させろ!それを指示したブラウンも退場させてもいいぐらいだ。
最低の行動ですな。個人的には広島は好きなチームやったけど、こういう陰湿なチームだとは思わなかった。
さすがの岡田監督も石原に文句を言って、それ以降外角一辺倒。
これを見てもわざとだったのが明らかやん。まあ、所詮その程度のチームってことやけどな。

今日はさすがにやってこないでしょう。もしやるようだったら審判に抗議すべき。
5連勝なんやけど、ちょっと気分悪いですな。

お、聖望学園が決勝進出ですか!!前の会社では大騒ぎになっているでしょうな、きっと。
今日も鳥谷活躍してくれそうですねw
| 虎話 | 17:45 | comments(0) | - |
勝つべくして勝っている4連勝
最初に愚痴を一つ。
先週木曜日に試作用のサンプルを工場に発注。
月曜朝着という連絡をもらったが、月曜到着せず。。。
工場に問い合わせると伝達が上手くいっておらず、明日朝になるとのこと。
そして今朝・・・来ません(苦笑)
今度は運送会社のミス。結局サンプルが届いたのは午後3時。
ええかげんにせえよ・・・おかげで残業でほとんど試合見れなかったやん!(怒)

20時すぎにやっと仕事を終え、携帯ワンセグで帰宅途中TV観戦でした。
途中からなのでアッチソンの出来はよくわからなかったですが、
あまり良くなかったといいながら6回2失点はまずまずか?しかも狭い広島市民球場で。
ただ、今回は広島打線なので巨人や中日相手のときどうなるかでしょう。
次回のピッチングをじっくり見たいです。

今日も見てて思ったけど、今の阪神はチーム全体に非常に躍動感があります。平野のプレーに触発されて、鳥谷も負けじと躍動感のある守備を見せてくれています。今の鳥谷にはすごい前向きな姿勢というか昨年とは一味違う気合のようなものを感じます。
大学時代は東海大の平野の遊撃守備を尊敬していたという鳥谷。
(オリックスに入団したときも守備はすでに一流と言われていた)
平野と二遊間を組むことによって鳥谷のメンタル面にもプラスになっているのか?
元々素質はあるのに淡々としたプレーが批判の的になることが多かった鳥谷。今年は一味違うかもしれません。
鳥谷のためにもこの平野の加入は良かったかもね。

金本も新井の加入で相手投手が金本だけでなく新井も注意しなければいけないという状況でマークが自然にゆるくなっているのも大きい。
また、今日の試合で捕手が落球したスキに新井が2塁を狙ってアウトになったシーンがありましたが、結果はアウトになったけど相手に「今年の阪神はスキをついてくる。うかうかできない」という意識を植え付けたと思います。
こういう積極的な走塁は失敗を恐れずにどんどんやってもらいたい。
勿論、積極的と無謀は別ですけどね(苦笑)
そう考えると新井・平野の加入って大きいねえ。。

なんか4連勝は4連勝でも「勝つべくして勝っている」という感じで、不思議じゃないです。
久々に見ていて楽しい野球をやってくれています。

他球団を見てみると・・・
濱ちゃんが満塁弾を打ってお立ち台だったようですね。
平野が頑張っているので是非濱ちゃんも負けじと頑張れ!

後、先の京セラドームでも絶好調だった横浜・小関がまた猛打賞。
15打数9安打の打率600!
なんでこの選手が2度も戦力外になっているんだ!?

そして!巨人4連敗ですかw
ヤクルトをなめて上原を中日戦に回して、その上原で負ける。
ざまぁKANKAN!(・・・古、しかも関西圏しか通じない)
そういや、オールスター感謝祭で森脇健児が頑張ってましたねw

・・・話を元に戻しますが、そういう投手起用をした首脳陣がアホですね。
開幕投手が上原じゃないという時点で巨人側にも相手を見下すような変な空気が流れるし、ヤクルト側は「上原を使うまでもなく勝てるってことかいっ!(怒)」って意地を見せるだろうし・・・。
絶対やってはいけない投手起用ですね。
この逆ですが同じようにやってはいけない投手起用で思いますのが、
野村監督時代の阪神、2001年東京ドームでの巨人との開幕戦で星野伸之を先発に持ってきたことがあった。当時の星野伸の成績では開幕投手は違和感があり、予想外であった。(藪か福原といわれていた)
多分「開幕の相手は上原で勝てるわけがないから良い投手は温存」という消極的起用だったんでしょうが、この時点でチームのムードは盛り下がりますよね。
結果、3−17で大敗w
そのときレフトスタンドにいました。呆れて物言えませんでした。
必死で開幕戦のチケットを取れて狂喜していた自分がアホみたい。
試合やる前から負けているんですね。これじゃあ勝てるわけない。
結局、星野はこの後すぐに2軍に落とされました。
またこの日は当時阪神ファンの間で新人王確実といわれていた大物ルーキー太陽も中継ぎでボコボコに打たれて、速攻二軍に落ちました・・・・。そして現在に至ります・・・・。

まあ今考えれば、太陽がエース候補と言われていたぐらいだからそもそも勝てるわけないんだが。OP戦だけ活躍してバースの再来といわれたクルーズってのもいたし。
「太陽15勝、クルーズ40HR・・・」当時の阪神ファンは本気でこんなことゆうとりました(恥)

話は大きく脱線しましたが、阪神はチーム全体が躍動感のある非常に良い雰囲気です。このモチベーションを保ったままいってほしいですね。
| 虎話 | 02:18 | comments(0) | - |
開幕シリーズ観戦記(その2)
さて開幕戦勝利の後の2試合目。

この日の先発はオープン戦の活躍で、先発ローテを勝ち取った岩田。
そんな岩田に初回から金本、鳥谷のタイムリー。
岩田も1死満塁のピンチに4番村田5番佐伯を連続三振に取るなどナイスピッチング。ここがある意味この試合のポイントでしたね。
そしてさらに金本は本塁打を含む3安打。
膝を手術してオープン戦では調整不足かなと思っていましたが・・・・
この人はもう化け物ですね(爆)
さらにこの日も代打葛城のヒットを皮切りに新井のタイムリーで追加点。
結局この日もこの1点が大きかった。フォードがいまいち調子が出ないだけにライト葛城になる日も近いかもしれない。
しかし、考えてみると当然ライトに葛城や桜井を起用する方法もあるし、
平野をライトにしてセカンドに関本を起用する方法もある。
林が復活したら本当にどうなるんでしょうか。
渡辺、久保田が1点ずつとられて、藤川も仁志に大飛球を打たれるものの
金本のファインプレーでなんとかしのいだ。
この日は鳥谷にもすごいファインプレーがあるなど、チームの雰囲気は良かったですねえ。


そして3試合目、この日は1塁特別指定席。後輩の親戚の企業招待席を譲ってもらったようで、周りは当然顔なじみが多いようで盛り上がっている。
でもほとんど野球観ていない!おまけに攻撃、守備関係なくうろちょろして野球に関係ない話を大声でしているのでちょっとイライラしましたが、
この日はそんな小さいことを吹っ飛ばすかのように試合内容が良かった。

まず初回、赤星がバントヒット。そして2番平野。
バントの構えからバスターエンドラン!これが成功して一気に無死1・3塁。この後新井がタイムリー。金本が2−3から三振のときに平野・新井が重盗失敗して2死2塁になるものの、今岡がさらにタイムリー。
重盗自体昨年はなかったが、三振ゲッツーで2アウトになってからでも点が取れるのは今年の違うところ。
さらにすごかったのが4回。2アウトから赤星死球、平野四球で出て、
打者新井の初球に重盗。これがあっさり決まる。
そして2・3塁になったところで新井がレフト前2点タイムリー。
なんて理想的な攻撃なんでしょう。
バスターエンドランに重盗、昨年までの岡田阪神には全く見られなかった攻撃です。私自身、各駅停車で足を使った攻撃をしない阪神打線に不満で面白みを感じませんでしたが、この日はまさに理想的な攻撃でした。
6回には新井がさらに追加点の2点タイムリー。
彼は長距離砲で結構もろいのイメージがありましたが、強打者ですね。
個人的にはホームランは20本そこそこでいいので打点をガンガンかせいで欲しいです。
そして投手では勿論福原。今までの速球でガンガン責める福原と違って、
老獪さを思わせるような投球術でゴロの山を築いていました。
速球派投手はストレートのスピードが衰えたときになかなかモデルチェンジできずに活躍できなくなる投手が多いのですが(良い例が与田など)
この日の福原は新しい境地を開いたような気がする。
それから平野・鳥谷の二遊間ってかなりのもんやね。
平野がスピードと技術、鳥谷の強肩でゲッツーの山、ここでも平野が存在感を見せました。
その甲斐あって福原はなんと完封勝利。
4回に唯一満塁のピンチが。しかもあれは2死1・2塁で塁を進めてまで好調小関を敬遠気味に歩かせて、満塁にして鶴岡勝負の予定が横浜が代打に鈴木尚を出してきたという誤算。
ここで本来なら裏目に出たというところなんですけど、代打が鈴木尚だったのが救い。正直今の鈴木尚には昔のようなこわさを感じないんだよね。逆に内川あたりを起用されたほうが嫌だった。横浜でいう「桧山的存在」なわけなんだけどね。
このピンチを抑えたことで今日はいけるってなったんでしょうね。
福原自身も自信がついたでしょう。
昨日、金本がお立ち台で「中継ぎに負担をかけているので、打ちまくって休ませてあげたい」という宣言通りになりました。




この3連戦振り返って、私は2番セカンド平野という存在がかなり大きいと思います。赤星・平野の1・2番は昨年の阪神に無かった「何をやってくるかわからない不気味さ」を感じます。
そして持ち味のヘッドスライディング。これには賛否両論あるでしょうけど(福本さんは間違いなく批判的やろw)チームを盛り上げる行為として私は肯定的です。1992年の快進撃も亀山の一塁ヘッドスライディングからですから。
濱中のトレードで平野が来るときに「阪神にいないタイプ」ということで期待していましたが、予想以上です。

この3試合目はまさに理想の試合でした。完璧です。
こういう野球が見たかったんだ〜!という念願がかなった最高の気分です。
是非、これからもこういう野球を続けてください。
当然、裏目に出ることもあるでしょうが、前向きな失敗に関しては私はどんどんやってもらえばいいと思ってます。

幸先良いスタートを切れました!
観戦成績 3勝0敗

(追伸)フォードはあと3試合見てから判断します。
| 虎話 | 02:02 | comments(1) | - |
開幕シリーズ観戦記(その1)
京セラドームでの横浜との開幕3連戦。
当初は土曜日だけ行く予定でした。金曜日は研修が入っているので諦めていましたが、よくみると「工場見学」が入っていました。
工場見学終了時間を考えると会社に戻っても定時過ぎるため直帰が許されました。開幕戦行けるやん!!(喜)
幸いライト外野上段が残っていたので2枚GETしました。
そしてしばらくすると会社の後輩が「のら(仮名)さん、日曜のチケあるんですけど行きませんか?」
結局3戦全部行くことになりました。

金曜日、研修先から直接ドームへ向かいます。さすがに研修に応援グッズを持っていけないのでカバンにカンフーメガホンだけ入れて。
途中、梅田で必勝を祈願してトンカツを食べる(爆)
そして京セラドームへ。

この日はカメラも忘れてしまって、携帯での写真。
始球式はやしきたかじんと藤山直美。
まあ、関西らしいな〜って感じやな。関東にいたときにやしきたかじんの知名度のなさに愕然としたことがあった。これほど関西と関東で知名度の差があるタレントはいないでしょう。(上沼恵美子はNHKとかおしゃべりクッキングやってるから)
藤山直美は岡田監督と親子ということなんでしょう(笑)
<若年層にはわからないかな?>
しかし、彼ら2人とも南海ファンやったんちゃうか???

まあ、昨年の千葉ロッテの開幕戦の始球式が千秋だったのに比べればマシか?(爆)

さて、試合は阪神・安藤、横浜・寺原でスタート。
序盤は完全に寺原に抑えられるものの、4回に会社の後輩が遅れて到着した途端に1死1・2塁から金本が2点タイムリー3塁打で同点。
しかも新井が一気にホームインし、金本も3塁へ。さらに今岡が続いて簡単に逆転。
さらに次の回に代打葛城が2塁打で出て、赤星が送って平野が犠飛。
この犠牲フライ。レフト小関への浅めのファールフライで、小関も浅いのでファールゾーンにもかかわらず捕球したんでしょうけど葛城はスタート!
次の塁を貪欲に責める姿勢。このあたりが今年の阪神は違うなって感じです。
しかし、葛城は2ベース。桜井も凡退とはいえいい当たり。
このへんが控えにいるというのがもったいないけど、それだけ層が厚いってことかな?
結局、この1点が最終回、ちょっと不安定だった藤川にとって大きかったと思う。1点差と2点差では精神的に大きく違ったと思います。

まずは開幕戦勝利。JFKで磐石という試合でしたが、走塁面や平野をセカンド→ライトにして藤本を入れるなど守備に対しての意識も今年は何か違うな〜と感じた開幕戦でした。
| 虎話 | 23:46 | comments(2) | - |
開幕メンバー発表
阪神の開幕登録メンバーが発表されました。

【投手】安藤、福原、下柳
    渡辺、江草、阿部、筒井
    久保田、ウィリアムス、藤川

【捕手】矢野、野口、小宮山

【内野】新井、平野、今岡、鳥谷、関本、藤本、坂

【外野】金本、赤星、フォード、桜井、葛城、浅井、桧山

小宮山と筒井以外はまあ順当かと。
ただ、広島戦に岩田、アッチソン、杉山が上がると思うので
2人は落ちるということになります。
浅井が一応捕手もできるので小宮山はその可能性が高いかな?
でも、彼はこれからの選手なので開幕戦の空気を味わうだけで価値はあるし、また自信及び励みになると思います。
また現実的な話をすると一軍登録されると一軍最低保証(1500万)との差額が登録日数の分日割りでもらえるので推定年俸480万の彼にはかなり大きいと思いますw

しかし、筒井はOP戦で中田に2度も打たれた屈辱をバネに頑張ったね。
あれ以来藤川のアドバイスもあったらしいが、ピッチングが見違えた。
きっかけをつかんだのかも知れない。
せっかくのチャンス!モノに出来るように頑張って欲しい。
第6の先発をつかんだ杉山もそう。
いつもは実績に頼る首脳陣なのに、ハシケンや上園、ボーグルソンを落としたところ見ると、今回は調子の良さを重視した感じがする。これなら若手投手陣もやりがいがありそうです。

後は能見!彼もOP戦でいきなりサヨナラ満塁弾食らってその後メロメロ。でも逆に一皮剥けるチャンスでもある。
今のままでは勝ち数より負け数が先行する弱小時代によくいた典型的な先発投手の域を出ない感じなので、筒井を見習ってこのショックをバネに成長して実力で先発の座をつかんで欲しい。

後は野手ですが、平野が加入して坂が調子いいだけに下手したら藤本あたりが危ないような感じだなあ。さらにここに林が帰ってきたらいったいどうなるんだろうか。
昨年はシーツや今岡、関本が不振でも交代要員がなかなかいなかったことを考えると今年は新井や平野の加入で色々なバリエーションが考えられます。

さあ、あさって開幕!今年も京セラドームにいってきます。
昨年は体調不良で前半戦ほとんど観戦できなかったけど、今年は頑張って応援しますよ〜。

| 虎話 | 23:41 | comments(0) | - |
リニューアル甲子園(センバツ高校野球)
公式戦が開幕する前にリニューアル甲子園にいってきました。
センバツ高校野球です。


近くに住んでいますが、高校野球は2回目。前に見たのは15年前ぐらいでした(確か天理−沖縄水産の夏の大会決勝戦だったと思う)
11時ごろに一塁アイビー席で観戦。確かに席は以前より広くなっています。
そして通路には喫煙スペースが個室でできており、通路が煙でもうもうになることもなくなりそうです。トイレや食事の設備もかなり充実していました。ただ、階段の段差でおかしなところがあるようで自分が座っていた横の階段で5人に1人ぐらいはつまずく。しかもみんな全く同じ場所でつまずきます。明らかに構造的な問題のようです(汗)

ちょうど第2試合がはじまるところでした。
下関商−履正社
しばらく観戦していると1塁側アルプスでどよめきと歓声が起こる。
誰か初老の男の人が手を上げて歓声に応えている。
自分の席からは誰か分からず、下関商側だから池永氏(元西鉄)かな〜と思ってましたが、後で聞いた話しでは安倍元首相だったそうです。
2−0のままで履正社のリードで来たが、9回に3番と5番がホームランで追いつくすごい展開に。延長戦へ。
しかし、延長10回・・・・センター竹野内くんのまさかのエラーで下関商はサヨナラ負け。彼は試合後ずっと泣き崩れて立つことも出来ない状態でした。
実は他にもいろいろあったんです。
2回に彼はレフトの選手と交錯してレフトの選手は担架で退場になりました。(脳震盪起こしたそうです。)
途中ファインプレーなどもありましたが、10回にエラーしなければ次の回は先ほど本塁打を打った2人のいるクリンナップ。しかもその前の回の最後の打者は竹野内くん。余りにも色々なことを1人で背負い込んでしまいました。高校生の彼にはかなり厳しかったでしょう。立てなかったのは無理ありません。私も運命ってこうまで意地悪かと思いました。
ただ、彼にはこの厳しい試練を是非乗り越えて欲しい。
観客席からは彼らの健闘を讃える大拍手。「夏にまた戻ってこいよ。待ってるぞ!」と声が飛んでいました。私も夏にまた下関商が戻ってくるのを期待します。
そしてそのときに竹野内くんには是非活躍してもらって「あの春のミスはとてもつらかったですが、それが僕を成長させてくれました」と笑顔で言ってくれることを願っています。

勝った履正社は大阪で出身の友人もいるのですが、思わず下関商を応援してしまいました。いきなりすごい試合で感動しました。

第3試合は埼玉の聖望学園が登場。鳥谷の母校として有名ですが、
私にとっては前の職場のすぐそばにある学校(飯能市)で、職場の同僚にもここの出身者がたくさんいるために応援していました。無事勝ててよかったです。

第4試合あたりから甲子園は雨が降り始め、めちゃくちゃ寒くなりました。
7回ぐらいでさすがに限界が来て、途中で退席しました。

でも3試合も見れたし、とにかく第2試合の内容がすばらしかったので満足です。やはりこういう一発勝負はまたプロ野球と違って楽しいですね。
ドラマを見せていただきました!
| 虎話 | 23:52 | comments(0) | - |
スカイマーク観戦記
日曜のスカイマークでのロッテ戦に行ってまいりました。

スカイマークスタジアムのあるあたりは元々山を切り崩して新興住宅地にしたような場所なので、寒いと思うダウンを着ていったんですが、

めっちゃ暑いやん!!

バックネット裏にいたのですが、日光がジリジリときて暑い暑い。
ロッテの試合練習を見ていると、ごっつい体格のいい売り子さんが登場。
あのSASUKEで有名な山田勝己さんです。
だいたいこのあたりでいつも売り子しているそうです。

まず最初に新人紹介から。

この日は金村はやはりおらず・・・・大丈夫かいな。

そして試合開始、阪神は安藤、ロッテは渡辺俊介という豪華な先発陣。
この日もマリサポは元気でした。ここ神戸なんだけどな(笑)
そういえば、この日のロッテは9番に神戸という選手がファーストに入っていて、応援歌が一昨年まで在籍したマット・フランコのものでした。
♪神戸 神戸 おれたちの神戸〜
ひょっとしてスカイマーク限定か(笑)こういうシャレが利いたロッテの応援は好きやな〜。

安藤・渡辺俊介ともにすばらしいピッチング。特に渡辺俊介には阪神打線は手も足も出ないという感じ・・・・。
いやはや今年も一流の投手相手だと厳しいんかな〜。
そして5回に安藤に代わってなんと藤川登場。


そして6回には久保田も登場

久保田は2イニング。しかし、大松に2ランを打たれました(汗)

しかし、この日ボロボロだったのは阪神打線。とにかく打てない。
7回の鳥谷のヒットまでノーヒット・・・・大丈夫なのか?
ロッテがエラー連発したのでランナーは出るがヒットが出ないので点は入らない。そういえばこの日ロッテは4エラー記録したがそのうち3つは今江。
しかも打撃でもダメで最終打席は併殺打。ロッテファンからブーイングが起こっていました。確かにあの内容じゃ仕方ないな。

そういえば試合前に今江が阪神ベンチへ挨拶に。
多分大先輩の木戸コーチのところでしょうが、そのときに同級生の桜井との会話の感じと「じゃあな」って感じがほんまに“ただのツレ”って感じでしたw仲良いんでしょうね。

公式戦ならなんとかするところでしたが、OP戦なんで後半は若手選手や控え選手を起用。9回に坂がライトへ2ベースを打ち、これが2本目の安打。
後半は育成枠の田中とバルティリスの打撃を見ることが出来ました。

田中

バルティリス

田中のようなガッツあふれる選手は好きですね。是非頑張って3桁の背番号を卒業してください。

試合結果はこの通り・・・・。

3時過ぎると試合内容同様、急激に寒くなりました。トホホ・・・・。

帰りは三宮のHARBSへ。めちゃくちゃ並んでいました。
関西人ってよっぽどええもんじゃない限り並ばないんだけどね。。。30分近く待ったかな?
ストロベリーフェアだそうで、ストロベリーミルフィーユを注文。
1個で十分満足な量でした。
| 虎話 | 12:37 | comments(1) | - |
2008戦力分析ペナント予想(セリーグ編)
そろそろ恒例の戦力分析&順位予想を行いましょうか。
まずはセリーグから。
下の戦力±は昨年比と考えてください。

1.巨人   投手+1 打撃+1 守備±0 計+2
2.阪神   投手+1 打撃+1 守備±0 計+2
3.中日   投手±0 打撃−0.5 守備−1 計−1.5
4.ヤクルト 投手−0.5 打撃−0.5 守備+0.5 計−0.5
5.横浜   投手−0.5 打撃−0.5 守備±0 計−1
6.広島   投手−2 打撃−1 守備±0 計−3


順位予想は以上ですが、戦力はこんな感じかな。

巨人>阪神・中日>ヤクルト・横浜>広島

今回の台風の目はヤクルトだと思います。
高田監督になって、今までのヤクルトの選手が相次いで退団&移籍。
全く違ったヤクルトスワローズになりそうな予感がします。
機動力をいかした野球などが成功すればAクラス入りも狙えるかと思います。


一球団ずつ見ていきましょう。
続きを読む >>
| 虎話 | 12:40 | comments(1) | - |
OP戦行ってきました
最近、仕事が忙しい。
水曜、木曜と静岡に出張して、戻ってきて金曜は研修。
出張の疲れが残る中、京セラドームのOP戦に行ってまいりました。

今回はオリックスの主催ゲーム。
試合前の練習はホーム→ビジターの順番で開門後に見れるのはビジターチームの練習。すなわち今日は関西で阪神の練習が見れる希少な機会ってことです。しかも今回はバックネット裏の良席ということで頑張って開門直後に行ってまいりました。
席は2列目で横はなんとスコアラー席。御子柴さんと太田(貴)さんがいました。

鳥谷です。

桜井です。

試合前の練習で圧巻だったのは桜井広大
蒼々たる面々の中で一人異質の打球を放っていました。
昨年よりも打球の鋭さが増している感じです。

さて、あっという間に試合開始。始球式はなぜかカルーセル麻紀・・・なんでやねんw
<阪神>
8赤星D桧山6鳥谷3新井5今岡9葛城7桜井2野口4藤本P上園
<オリックス>
8坂口4後藤5ラロッカDローズ3カブレラ9濱中7迎2日高6大引P金子

関西でのOP戦開幕戦にふさわしいメンバー。
・・・と思ったらオリックスいきなり4番DHローズに代打古木。
確かDHは最低1打席は立たないといけないってルールがあったような・・。(昔、阪急時代の上田監督がそれを知らずにDHにアテ馬で山沖を使って、チャンスで山沖をそのまま打席に送らないといけなくなったというのがあったと思う)
今回、オープン戦だから問題にならなかったんでしょうか?
(後からローズの膝の違和感が理由ということが判明)

やはり濱中のときの声援はすごかった。

でも、力みすぎたのか結果が出ず。。。。

阪神は今岡と桜井にホームラン。打撃練習そのままのような桜井の打球には思わず声をあげるほどすごかった。
この打球を見る限りライトはやはり桜井で決まりかな。
そういえばこの日新外国人フォードも代打で出場し、見事タイムリーヒット。まだ少ししか見ていないがこのフォード、外国人には珍しくじっくり球を見るタイプ。日本のストライクゾーンに慣れるかどうかが鍵のような気がします。

それから今年から新しくできたHM。なんとなくメロディーは以前に比べて単調になってわかりやすく、歌詞も覚え易くなっています。
シーツや藤本のHMを代表とする意味不明の歌詞やノリの悪い駄作に比べて結構マシになっているような。さすがに自分らのセンスに問題があることに気づいたか?w
ただ、相変わらず「男意気」とか古臭い言葉があるのが気になりますが。
後、新井はいかにも広島チック、フォードはロッテ風ですな。
個人的には狩野のHMはいい出来だと思います。

試合は4−4で引き分け。オープン戦なんで勝ち負けは度外視。
9回土壇場で村松にタイムリーで追いつかれましたが、投手は金村大、捕手は小宮山。良い経験になったでしょう。
ただ、今日投げた上園−岩田−正田−金村大、岩田はそこそこでしたが後は色々課題があったと思います。
正田はキャンプでは評判良かったですけど、今日見た限りではストレートは135km/h程度で得意のカーブも古木にしっかり待って打たれるなど、一軍クラス相手には少し厳しいかなという印象がありました。

でも、やっぱり野球は楽しいですね。

そして本日の晩御飯はここ
香川に讃岐うどんツアーに行ったときはいつも最後はこの「一鶴」の骨付き鳥でしめていました。
久々の一鶴で、「おやどり」を頼みましたが確かに美味しいけど以前香川で食べていた鳥に比べて少し小さいし、味もコクがないような・・・。
他にも以前はなかったサイドメニューがたくさん。
でも一鶴はやはり以前のように「おやどり」「ひなどり」「とりめし(スープ付)」だけで十分だと思います。
でも久々に美味しかったです。



| 虎話 | 01:12 | comments(0) | - |
OP戦開幕!
やはり、OP戦がはじまるとワクワクしますね。
ちなみに私の場合は公式戦とOP戦の見方は違います。
公式戦は完全に応援体制すなわち「参戦」型ですが、OP戦は個々の選手のプレーに注目します。
だからOP戦は一喜一憂せずにゆったり見れるので、ある意味本当に野球を楽しんでいるかも。
だからユニとかもOP戦はあまり着ないですねえ・・・。
今年もOP戦は数試合観戦予定です。

さて、この土日はオリックスとの試合。
土曜は結果は阪神が勝ちましたが、そりゃあスタメン見たら一軍主導の阪神と二軍主導のオリックス。当たり前です。
ただ阪神もレギュラークラスはゆったりかまえていますが、控え及び一軍当落線上の選手はそういうわけにはいかない。
ただ変わったな〜と思ったのがOP戦開幕での「2番 DH桧山」
この時期にこのクラスのベテランが出場するなんて絶対無かった。
OP戦後半になってのっそり出てくるのが定番だったが・・・。
まあ、ライトがフォード・桜井・葛城・浅井など目白押しで、悠長にしておれないという状況なのか。まあ、今岡がこの時期に目を光らせて頑張っていることといい、やはりポジションの競争というのは必要だと思います。
そういう意味ではやはり鳥谷の競争相手は必要かと・・・。
どうもOP戦でも覇気が見られない。
昨年はこの時期「三振してもいいから振る」というような目標を持ってやっていたが、今年はあまりそのへんの目的意識が見られない。
私としては3番を打てる選手として期待しているんだがね〜。
逆に目立つのは葛城かな。昨年までと違って今年はどっしりとしている。
いつ二軍に落とされるかわからなかった昨年に比べ、精神的にやはり違うのかな。すごく前向きにプレーしているように思えます。
結婚もしたことだし、ライトの争いをさらに白熱させてもらいたい。

そして、オリックスとの対決を見ているとやはり動きがどうも見劣る。
この時期は失敗しても課題が見つかって開幕までに修正できればかえってプラスになる時期なのでどんどんヒットエンドランとか動いてもらいたい。

オリックスは先の塁を狙う意識というのがすごく見れた。
特に今年の1番打者候補の坂口。毎年この時期は目立つんだけど
今年はどうでしょうか?ロッテ・西岡クラスのリードオフマンになれる素材はもってると思うんだけどなあ。
逆に阪神で期待するのは浅井です。
捕手という負担が取れて打撃に専念できる今年、もともと打撃はバッティング練習でスペンサーに負けないぐらいポンポン飛ばすぐらいの力を持っている選手。個人的には案外桜井などを押しのけてライトに浅井が定着するんではないかと思っています。それぐらいええもん持っています。

しかし、今日はサヨナラ満塁ホームランですか・・・。
打たれたのが能見・・・。
しかも経緯が最悪。三振とったと思ったのをボールと判定されて
それに動揺してずるずる〜といってガツン。
ただでさえハートに課題がある投手がOP戦開幕でいきなりこんなんやられたら。。。大丈夫かいな(汗)尾を引かないか心配ですな。
逆に杉山は順調なすべり出し。
ただ、今年は先発陣も頭数だけは豊富。
下柳、金村、安藤、上園、アッチソン、ボーグルソン
さらには福原、岩田、小嶋、正田あたりもここへ参戦という厳しい状況。
左右の「ガラスのエース」今後はいかに。
| 虎話 | 00:30 | comments(0) | - |
バン・アレン帯のお誕生日ですか?
・・・・多分わかる人にはわかると思います(笑)>タイトル
あ、「ハート型のおむすび」はいりませんからねw

最近FC先行発売でチケット買いだめしている私です。
週末は年間指定などのコネクションがあるので、平日を中心に購入しましたがなかなか良い席が取れました。さすがにFC先行発売になるとチケットゲッターも少なくなるのだろうか?今回はプラチナ会員限定のもあるのでとりあえず一通り募集してみます。
券が余ったとしても、会社の同僚も含めて周りに需要がいっぱいいるので問題なし。
3月に入るとOP戦も始まるので、楽しみです。
OP戦はOP戦で公式戦とは違うスタンスでゆっくり見られるので楽しみです。

というわけで(どういうわけだ?w)、昨日は「チョコレート販促記念日」でした。
会社終わった後、今日は大阪で晩御飯。
普段は梅田の東通やお初天神などが多くて、新地はあまりいきませんけど
この日は北新地のうまいもんや回に行きました。
色々美味しいんですけど、特にここにものっている完熟トマトの天火焼き
これがめっちゃ美味しかった。
後、私はあまり飲めないですがワインの品揃えもすごく、ワイン好きにはうってつけのお店だと思います。

その後、堂島まで来たので一度は行きたいと思っていて行ってなかったまる虎ぽーろへ!
マスターには以前何度か店以外の場所でお会いしていましたが、店に行くのは初めて。
店に入ると顔を覚えてくれていたようで
「ビアホールで歌、歌った子やな。いらっしゃい」
とそこでマスターとすでにいたお客さん3名とで阪神談義というか野球談義。

「最近の阪神ファンは自惚れすぎ。強くなって自分も偉くなったと勘違いしている」
「他球団や他球団ファンにもっと敬意を表さないといけない」
「強くなったんはええけど、なんか大事なもんを忘れている」
「今まで散々批難していた“我田引水な巨人ファン”と同じようになっている」
「阪神だけではなく野球界全体のことを考えないと。自分とこだけ良かったらええっていうのはあかん」
などなど・・・なんか価値観が非常に近くて、内容の濃い話ができました。
また行きたいと思います。
| 虎話 | 12:40 | comments(4) | - |
最近の野球ニュースをまとめて
ここ、最近公私に忙しく(めっちゃ充実しているのでええんですが)、
更新が疎かになっておりました。久々に野球ネタでも。

和田のFA人的補償に岡本

いやはや、ちょっと驚きました。中日は28人枠に岡本を入れてなかったんですね。
まあ、確かに年齢は33歳、しかも少し力が落ち加減な選手。
目の前のことより、将来を取ったということでしょうか?
でも、昨年62試合登板 5勝2敗 防御率2.89の選手ですからねえ。
ただ、ここという場面で勝負弱かったのも事実。
アジアシリーズでも韓国に同点被弾したのはこの岡本。
阪神戦でも例えば8回に川上から岡本にスイッチした場合など
「チャンス!岩瀬が出てくる前に逆転しとけ!」って期待しましたし、
実際打ち込んだことも多々ありました。そのあたりもあったんでしょうかねえ?
プロテクトで微妙だと思っていたのが平井と岡本だったのですが、平井の場合は先発やロングリリーフも可能という反面、岡本は短いイニング限定という感じがありましたからね。

ただ、西武からしたら抑えの小野寺が昨年不振で急遽グラマンを「急造抑え」にしたぐらいで今年も抑えに悩みそうな感じだったので、この岡本加入は大きいのではないでしょうか?
上手く需要と供給があったような気がします。4番不在の西武の和田FAは痛いですけど、それ以上に深刻だった抑え投手部分が思わぬ形で補強できたのですから。

ただ、逆に私は中日和田に疑問符。鉄壁の外野を誇る中日に穴ができます。
しかもDHがないのでずっと守備につくというのはかなり負担だと思います。
なんか昔、オリックスからFAで阪神に来た石嶺みたいになりそう。
その石嶺が今は中日のコーチやっていたりしますけどね・・・・。

でも、

ヤクルト石井一久の補償→昨年28盗塁の俊足福地
西武和田の補償→セットアッパーの岡本


こう考えると赤松であればまだ戦力的に良かったのかもしれませんね。

その赤松のFAが決定したときに阪神ファン仲間で話していて
「足速いけどチョンボ多くて、天然」
まるで加藤博一やなぁ〜と笑っていましたが、
その博一さんがお亡くなりになりました
56歳・・・若すぎますよね。

つい先日までCSプロ野球ニュースのキャスターや解説者やってられたような気がしていたのでニュースを聞いて驚いています。
阪神時代はなんとなく覚えています。
代走→盗塁→アウト(爆)というイメージが強かったですが、観客の「アホか〜!」という声の中にも「加藤やし、しゃあないな(笑)」というある意味すばらしいキャラでした。

このへんで加藤博一武勇伝を
1985年の阪神日本一の年の甲子園の声援はすごく、他球団からしたらプレッシャーだったが、加藤博一だけはなんともなかったらしい。
理由は阪神ファンのコールにのって一緒にやってたらしい(爆)

他にも上岡龍太郎と板東英二がある番組でスカウト合戦し、
上岡「是非吉本にこい」
板東「いやうち(板東プロダクション)の方がええで」、
上岡「いや、こいつのとこはあかん!金に汚い。」
などやんややんやで盛り上がっているところに、本人が
加藤博一「すんません、ぼく現役なんですけど・・・」
上岡・板東「まだやる気かいっ!」

あくまで解説者というスタンスは崩さずに、芸人顔負けの面白さ。
また、たまに見せる野球に対する厳しい姿勢がギャップでまた良かったりする。

「イチロー」コールの元祖は実は大洋時代の「ひ〜ろかず〜〜〜!」コール。蒲田行進曲を聞くとあの加藤博一のバッティングフォームを思い出します。

一昨年、神宮球場の外で並んでいるときに博一さんが通りがかり
「博一さ〜ん」って声かけたら「おう!ありがと〜」って笑顔で返してくれたのが印象的です。でもあのときすでに病魔が蝕んでいたってことですね・・・・。

ほんま残念です。
ご冥福をお祈りします。
| 虎話 | 12:40 | comments(0) | - |
選手がよく動く今年のオフ
赤松の広島移籍に関して、もうちょっと考えてみた。

阪神の戦力で一番厚いのは中継ぎ〜抑え投手。例えば桟原など昨年は一軍定着も十分できなかったが、投手不足の球団ならセットアッパークラスの投手。
阪神としての放出のダメージはそれほどなかったとしても、他球団の選手として敵として向かえた場合、強敵になることを考えると一軍半の投手でも放出できない。
私は吉野のオリックス放出すら、新井の人的補償を見据えてのものだと思っています。
次に先発投手・・・逆に阪神の先発陣は中継ぎ抑えに比べるとレベルは落ちるが、なにしろ数がいないので1人抜けるとさあ大変。
これは阪神の方にダメージが大きい。そこで阪神側は投手を徹底的にプロテクトした。その結果、野手であぶれた赤松が広島へ行くことになった。

多分、広島は投手不足なのでとにかく投手が欲しかったと思う。
それに、広島には中東、天谷など、左右は違えど赤松のような俊足の外野手は他におり、確かにブラウン監督の好きなタイプの選手かもしれないが、「喉から手が出るほど欲しい選手」ではなかったような気はします。
それでも、赤松を獲得したということはよっぽど投手がガチガチにプロテクトだれていたと想像出来る。
ただ、阪神が今年の巨人のような大味な野球になると思うとちょっとさみしい。しかも巨人は伊原がいるから代走の有効な使い方を知っている分まだいいかも。

でもやっぱり生え抜きの選手は大事にして欲しいなあ。巨人の清水の心境なんか考えると。

そう思ってたら、今度は日本ハムとヤクルトでトレードの噂が!

藤井(ヤクルト)⇔川島(日本ハム)

多分元GMの高田監督ならではのトレードですね。この川島という選手、一昨年ルーキーの年にOP戦で活躍し、新人王候補と噂された選手(すぐに二軍に落ちたが)。しかも内外野守れて俊足、そしてパンチ力もある万能型選手。
私も陽と川島はそのうち化けると思っていましたが、藤井とトレードですか〜。
実績だけ見ると全然釣り合ってないので「え〜!?」と思う人も少なくないでしょうが、私はなかなかのトレードだと思います。
藤井もここ数年不振でしたので環境が変わってプラスになるかもしれません。
ただ、ヤクルト・・・確かに野手が足りないのはわかるけど、
先発陣・・石井抜けて、グライジンガー抜けて、藤井まで。。。どうするの?(爆)

まあ、2VS2や3VS3のトレードに発展する可能性があるらしいし、
多分需要はヤクルトは投手、日本ハムは大きいの打てる野手かな?
結構、今年は各球団動くなあ〜。
そしてオリックスもカブレラ獲得。
ローズ、濱中、古木、そしてカブレラ・・・・DH候補ばっかり〜(笑)
| 虎話 | 17:41 | comments(1) | - |
赤松が人的補償で広島へ
久々の野球ネタです。

新井のFAの人的補償が赤松に決定しました。

「走塁技術に関してだけは天下一品」というのをどう評価するかの違いですね。
まあ、外野は赤星・金本はほぼ固定でライトにフォードや桜井、
そして林が復帰してくるとますます熾烈になります。
守備走塁の意識皆無の岡田野球でここに打撃に問題のある赤松が入ってくるとは考えられません。
かといって、守備固めや代走もまともに使えない首脳陣なので、
正直赤松がいても宝の持ち腐れ。

個人的には走塁を重視する野球が好きなので、赤松には頑張ってもらいたかったのですが、岡田政権下では飼い殺しになるのは決定的。
それなら走塁に関して長けているブラウン監督の下で野球をやる方が
赤松のためにもなるんではないでしょうか。

しかし、赤松がプロテクトされなかったところを見ると、
今年の阪神も守備走塁面は期待できそうにありませんなあ・・・。

逆に赤松に走られまくって、かき回されてピッチャー自滅なんてことがないように。

しかし、広島に赤松と喜田がそろうとはねえ・・・。
阪神時代の鬱憤を阪神戦以外で爆発させてくれることを祈ります。

後は中日にFA移籍した和田の人的補償が誰になるか・・・
結構興味ありますね。
| 虎話 | 00:10 | comments(0) | - |
島野コーチ逝く・・・・
あまりにも衝撃だったために、1日遅れになってしまいました。
お体が悪いというのは当然わかってはいたのですが、あまりに突然だったので。

私は島野さんの現役時代は覚えていません。
最初に印象に残ったのは柴田コーチと一緒に・・・・の件です。
そのときの印象もあって荒っぽいイメージがあったのですが、TVなどで見ると非常におだやかで柔和な方だったので驚きました。ただ野球に関する情熱というか熱意はすごいものがあったと思います。
2003年に星野監督夫人の遺影を持って、優勝セレモニーに参加する島野コーチの姿が印象的でした。あれからたった4年・・・・。
コーチをやっているときに体調を悪くされ、2軍監督へ。
個人的には「なぜ、夏場のあの暑い中での仕事なんだろう・・・体調良くないのに」と思いましたが・・・。そして特命コーチという形になる。多分体調の良いときに顔を出すという形だったんでしょう。
そんな中、先月まで鳴尾浜に顔を出していたということで、最後まで阪神のことを気にしておられたんでしょうねえ。
岡田監督も頭が上がらなかった島野コーチ。思い込みの激しい岡田采配に対して、文句を言える数少ない人物だっただけに残念です。
是非一軍コーチとして岡田監督の暴走を止めてほしかったのですが。

島野コーチのおかげで阪神タイガースは優勝争いできるチームになりました。
ありがとうございました。
これからも阪神タイガースを見守っていてください。

そして阪神ナインは来季、島野さんのためにも一層奮起してください。

心よりご冥福をお祈りします。
| 虎話 | 13:50 | comments(1) | - |
2007プロ野球オールスタースポーツフェスティバル
木曜日に大阪城ホールで開催のスポーツフェスティバルへ行って来ました。

正直、半分お付き合いという部分がありました。
大阪城公園駅を下車したときには回りはほとんど女の子。
なんか場違いなんかな〜と思いつつ中へ入る。

しかし、いきなり面食らった。
選手がハイタッチで迎えてくれるんです。
5人いたのですが、なんと韓国戦先発の成瀬がいるやん!!
緊張の余り、「ありがとうございました」とわけのわからん言葉を発してしまいました。
他にも西武・中島やオリックス・大引などがいました。

しばらく見てたら選手が交代し、今度は田中のマー君が登場。
この出迎えには驚いた。


で、18時からイベント開催。
司会はココリコ、品川庄司、石川梨華、インパルス・・・
蛍ちゃんもいたかな?
他にも色んなタレント出てましたが、それは放送のお楽しみということで。
選手登場ではやはり阪神の選手での歓声が多かったですけど、
一番拍手があったのはやはりヤクルトの宮本キャプテンでした!
やっぱみんなそうだよね〜。

阪神は杉山、球児、久保田、赤松
他球団で有名どころはセリーグは森野(中日)、三浦、村田(横浜)、青木(ヤクルト)など。
パリーグは森本(日本ハム)、渡辺俊介、里崎、TSYOSHI(ロッテ)、斉藤和巳、川(ソフバン)、田中マー君、山(楽天)、涌井(西武)など
特にロッテは上記の成瀬に加え、超豪華メンバーでした。

放送以外の部分ではランディーズが選手に裏話を聞いていたのですが、
オリンピックの球児のストレート勝負の真相が
「変化球のサインを忘れて、カーブかフォークかどっちだったかわからなかったのでとりあえず首を振った」
・・・・・さすが、大物(爆)

ON AIRは2008年1月5日 16:00 読売(日本テレビ系)で放送です。
| 虎話 | 18:24 | comments(3) | - |
もう12月です。
とうとう師走になってしまいました。
最近、多忙により更新が滞っていまして当ブログファンの方々(いるのか?w)申し訳ありません。

多忙というよりはDS版ドラクエ4にはまっていただけです!(爆)

阪神の選手の契約更改が始まっています。
どうした阪神!いやに気前がいいじゃあ〜りませんか?

今までなら「予想した以上」なんて発言ありえなかったぞ!
これも阪急資本の影響か??

そんな中、保留者もいます。橋本健、野口、杉山。
まあ、ハシケンはあとわずかの差ということで納得するまで話し合いたいんでしょう。まあ、今年の成績は良くはなかったけどシーズン通してほぼ一軍で活躍していた部分は評価できます。

問題は野口と杉山。こちらは結構大変そう。
野口は7500万→6000万で保留。かなり怒っているようです。

確かに今年の野口は頑張ったと思うし、かなり活躍したと思う。
でも、7500万という年俸に見合った活躍だったかは正直疑問。
他球団で同額程度(昨年)もらっている野手の顔ぶれ。
森野(中日)、森本(日ハム)、サブロー(ロッテ)、今江(ロッテ)、
中島(西武)、北川(オリックス)・・・・

う〜ん、やはり高いよなぁ〜・・・。
ただ、野口の言い分は理解できる。野口はFAでの引き止め料をプラスした7500万をベースとしているのに対し、球団はその前の6500万をベースにしている。
野口いわく「何故FA前の金額がベースになるのか?」
確かにその通りだと思います。FAは選手の権利なので。

ただ、そのあたりのことを球団社長も理解していたようで、「野口の言い分は理屈に基づいている」との発言。
多分、次回は球団側からの歩み寄りがあるでしょう。

さて、問題は杉山。
2900万から2600万への減俸で保留。
理由は「最後のほうは他球団のいい投手と投げ合った。そういうところを評価して欲しい」

情けない・・・・(涙)

今年の自分の成績考えろ!!そんなこと言える立場か?
完封したゆうても1回。
先発ローテを期待されながら守れなかった人間が言えることか?

もう一度自分の背番号が何番なのかを考えろ!!(怒)
何のためにエースナンバーを背負っているねん!!


悔しかったら来季規定投球回数投げて10勝してみろ!!そしたら球団も倍ぐらいに年俸上げてくれるわ!!

もっと上を目指して欲しいもんやねえ。
その点200万増とはいえ、会見で笑顔はなかったという能見は自分の役割を理解している。

いつまでも下柳たちベテランに頼るな!!自分らが阪神の先発陣を背負っていかなきゃ行かないという自負を持て!!!

正直、杉山の発言にはがっかりです・・・。マウンド度胸に問題があるといわれていましたが、どうもこのあたりに原因がありそうな気がする。


あと、阪神ではありませんが、横浜と広島のトレードもあったようです。
小山田(広島)⇔岸本・木村(横浜)

う〜ん、木塚、加藤といる横浜に同じようなサイドハンドの小山田。
クルーンの代役とか言っていますが、そんなんなら投手難の広島が出すわけないし(笑)
そして、岸本はともかく木村のようなタイプの内野手は広島結構いると思うけどなあ〜・・・う〜〜〜ん。

あんまりメリット感じません(汗)
| 虎話 | 23:17 | comments(1) | - |
大型トレード第2弾
とうとう出ました!

濱中・吉野⇔平野恵・阿部健

色んな意見がありますが、私は阪神は儲けたと思っています。
というか・・・オリックスは平野恵を出すか!?いいのか?ってのが本音です。

正直、濱中は阪神にいる限り、復活は厳しいです。
外野守備に不安があるため、林が怪我したとはいえ桜井、浅井がいます。
そうすると代打になりますが、濱中は代打向きではありません。
交流戦のDHぐらいしか4打席立てるチャンスがなくなります。

そのあたりを考えれば、本人のためにもパリーグ行きはよかったのでは?
ただ、以前書いたようにすでにDH候補はたくさんいるオリックスというのが
少し疑問です。
オリックスにチームを強くしようという意志が全く見えないんですが。

吉野にしても、オリックスは菊地原、高木、山本、中山など意外と中継ぎの左投手いるんですよね。
今年そこそこ結果出した同じタイプの大ベテラン吉田を解雇しているのに
吉野を取るという部分がよくわからん。

個人的にはひそかに新井のプロテクト枠の関係かもと思ってます。
吉野を広島に取られるぐらいならオリックスにやっちゃえ〜って(爆)

逆に阪神に来た平野選手は昨年フェンス激突の大怪我をし、
今年はリハビリを経て復活したため、たいした成績は残せませんでしたが
セカンドの守備は藤本以上(それこそ荒木に匹敵します)
おまけにセンターなど外野もそこそこ守れるという万能選手。
打撃も怪我前の状態に戻れば、かなりの活躍が見込めます。

ただ、守備走塁への意識が皆無な岡田監督が平野の持ち味をいかせるかどうかが非常に心配。

阿部健太投手は以前にも当時阪神にいた前川とトレード寸前まで話がいきました。久保コーチが欲しがっているみたいですね。
近鉄時代に一時彗星のごとく現れて後半戦活躍しましたが、そこから音なし。でもストレートは速いので化ける可能性はあります。
多分岡田監督はワンポイント投手を使う気はなさそうなので、これもよかったと思います。

ここ2つのトレード、いずれも阪神に分がありそうです。
まあ、来年になってみないとわからないけどね。

そして、現在のお相手さんがオリックスファンも兼務しているので
来年はお付き合いで大阪ドームにオリックス戦を観に行くこともありそうですが(野球自体好きなので自分的にも問題ないですが)
オリックス濱中の雄姿も見てみたいですね。

どっちの選手も頑張って欲しいです!!活躍期待!

しかし、濱中は16日の阪神競馬場でのイベントどうするんやろ・・・・。
| 虎話 | 01:27 | comments(0) | - |
新人王
新人王決定です。

セ:上園(阪神)
パ:田中(楽天)


上園〜新人王おめでとう!!

正直、選ばれるとは思ってませんでした。
てっきりヤクルトの飯原かと・・・。
新人王候補4人の成績は以下の通り。

上園 17試合登板 8勝5敗 防御率2.42 85回2/3
金刃 22試合登板 7勝6敗 防御率3.55 121回1/3
渡辺 53試合登板 1勝1敗 防御率2.47 58回1/3

飯原 246 8HR 32打点 23盗塁(規定打席到達)

この中で投手は規定投球回数に達している選手はおらず、
飯原は唯一規定打席に到達。

昨年、梵が新人王を取りましたが、昨年の成績は

梵 289 8HR 36打点 13盗塁

これに対して、次点になった横浜吉村は

吉村 311 26HR 66打点 5盗塁

数字を見たら、打者タイプが違うということを考慮しても
吉村の成績はすごい。なのに梵が選ばれた大きな理由は規定打席到達
吉村は30打席ほど規定打席に足りなかったんですね。

なのでその理屈から今回も規定打席ということで飯原が選ばれると思いましたが、上園ですか〜・・・。
飯原の打率が悪すぎるということか?23盗塁はなかなかと思うんですがね。
後は資格があるとはいえ、2年目というところも理由だったのかな?

まあ、投手の中では圧倒的に上園なんですけどね。
新人王に恥じない成績であるのは間違いないです。
(まあデビューが遅かったので投球回数は足りないが)
ただ個人的には渡辺にも3票入ったのはうれしかった。
ほんまよお頑張ってたもんな〜。

パリーグはマー君。
これはまあ、彼しかいませんね。
西武の岸も頑張ってましたが成績がほぼ互角であれば
話題性や奪三振、投球回数などでマー君やね〜。。。
他には大引、岩崎ですね。
パリーグの方がレベルの高い争いでした。

2年目のジンクスに負けずに来年も頑張れ!上園!
| 虎話 | 01:27 | comments(2) | - |
ドラフト感想
本日、今年の大社ドラフトがありました。

大場が6球団の競合になって、結局ソフトバンクへ。
斉藤和巳、杉内、和田、新垣、ガトームソン、神内。
そして故障したとはいえ、昨年は大隣で今年は大場。
いやはやすざまじいですな。
神内あたりトレードで欲しいものです。
ソフトバンクも大村が5番打ったりすることもある状態なので
話題の濱中でどうでしょうか?

長谷部は楽天。これはいいでしょう。ノムさんがどう育てるか。

まあ、それはおいといて
阪神の獲得選手は以下の通り

1 白仁田寛和 投 福岡大
3 石川俊介 投 上武大
4 黒田祐輔 投 シャンソン化粧品
育成 田中慎太朗 内 立正大

白仁田ってなんか太いネギが頭にうかびますが、
ソフトバンク、楽天が目をつけていた九州No.1投手。
幸い両球団共に大物を当てたため、阪神が外れ1位で獲得。
秋季リーグは肩をいためて欠場というのが気がかりだが、他球団から声が上がっていたのはありがたい。

上位での阪神単独指名の選手は正直ろくなことがない(笑)

3位の石川投手は大場投手と互角に投げあったと言われた投手だが、
あまり他球団からの声が聞こえないのは心配。
横浜に奈良産業大の桑原を先に指名されたのは痛かった。
まあ、3位まで桑原が残っているのがおかしいのだが(笑)

そして、シャンソン化粧品黒田。
・・・・誰??
すっごい隠し球ですなあ。
なんか昔、サンジルシ醸造から採った曽我部を思い出したぞ。
肩だけは新庄以上といわれた。

ただ、石川はメディアに出ていたのに対し、全くノーマークの黒田。
こういう隠し球は意外と当たったりする。
久保田もある意味隠し球だったし。北村スカウトあたりが目をつけたのであればいいんですがね。

今年の全球団のドラフトの選手獲得状況を見ると、あまり野手でめぼしい選手は少なかったようですね。どこも投手にウエイトを置いています。
まあ、大場、桑原は逃したがまずまずというところかな?
育成では打撃が売りだが守備に難のあるといわれる田中を獲得。
育成枠なので当たったら儲けでよいでしょう。

後、日本ハムは

1 多田野数人 投 元3Aサクラメント
3 宮西尚生 投 関西学院大
4 村田和哉 外 中央大

外れ1位はTDN!
いや〜日本ハムは中田に続き、話題性豊かですなあ。
ただ、ある意味一番即戦力かもしれませんわな。
ある意味パリーグで良かったかな?セリーグならヤジがすごいでしょうから。甲子園なんか・・・・想像しただけでも恐ろしいアッー。

3位では阪神もはずれ1位候補に挙がっていた宮西。
ん〜、ただ阪神も石川とったときにはまだ宮西残っていたんですよね。
でも、あえて石川でいったということはどうなんでしょう?
まあ、左の少ない日本ハムなら活躍の場もあるでしょう。

そして4位の村田・・・・
あの〜同じタイプがごろごろいるんですけど(苦笑)
工藤・紺田・・・・

あと、ロッテは育成を5人もとってどうするんでしょ。

さあ、来年以降この中で誰が活躍するのでしょうか?
楽しみです。
| 虎話 | 00:58 | comments(2) | - |
最近の野球界の出来事
最近あった出来事やニュースについてまとめてふれてみます。

1.稲尾和久氏逝去 

「鉄腕稲尾」がお亡くなりになりました。
先日、沢村賞の選考のニュースの際に1人だけ手紙で参加されていたので、
「あまり体調がよくないのかな?」と思ってましたが。。。。

西鉄ライオンズのエースとして、神様仏様稲尾様と言われた鉄腕です。
私が生まれたときにはすでに西鉄ライオンズもありませんでしたので(うそじゃありませんw)勿論、現役時代は知りません。
 ただ年間42勝、78試合登板などの伝説の投手で、つい最近も2年前に藤川球児が稲尾氏の年間登板記録を更新した際にもこの記録がクローズアップされていました。
藤川はリリーフ、稲尾氏は基本は先発。いくら時代が違うとはいえすごい記録でしょう。

そのすごさを表すエピソードに昔、阪神の福間投手が中継ぎでこの稲尾氏の記録を更新しそうになったときに、宇佐美氏が「稲尾が先発での大記録を中継ぎで更新するのはやめてほしい」的内容の手紙を当時の安藤監督に送り、結局その年福間は77試合登板で終わったという話がある。

ただ2年前の場合はリリーフとはいえ、稲尾と同様、後世間違いなく伝説に残るであろう藤川球児が記録更新ということで「伝説の継承」的なイメージがあり、周りも福間のときのような声も批判のほとんどなく(時代が変わったというのもあるが)、稲尾氏も心から祝福していたようです。そしてその記録はやはり伝説になるであろう「JFK」の久保田が今度は90試合登板で更新。
稲尾氏からすれば、藤川、久保田という「現代の鉄腕」に伝説を継承して満足だったのではないでしょうか?

私の稲尾氏のイメージはABCの解説が強いですけどね。わかりやすい解説でした。ご冥福をお祈りします。

2.「濱中オリックスへ」の記事がスポニチに

・・・・見た瞬間、正直「ありえん」と思った。
案の定、他紙は書いていない。多分憶測の飛ばし記事でしょう。

なぜなら、オリックスの戦力状態及び現在の動向を考えればわかる話。
濱中は肩の故障で守りに不安があるのでDHが基本になると考えられる。
しかし、オリックスはローズがすでにいて現在西武のカブレラ獲得に向けて動いているという話、DHはどちらかが打つでしょう。さらにもし、ローズ外野、カブレラ一塁と仮定しても北川がいるし、ひょっとしたら清原もいるかもしれない。
そんな中、出血覚悟で濱中を取りに行く必要があるとは思えない。

おまけに阪神は交換相手に当然先発投手を求めるだろうけど、濱中の相手にそれなりの実績のある投手(ロッテ・清水クラス)を狙っており、それに該当する投手は今、オリックスにはいません。
平野佳は濱中クラスでは無理だし、川越だと年齢的に逆に濱中がもったいない。岸田や金子といった若手を出すともとても思えない。

上にも言いましたが、戦力としてそんなに濱中はオリックスには必要なさそうなのに先発投手を切り崩してまで獲得に行くとはとうてい思えません。

デイリーはロッテに打診と書いていますが、ロッテも竹原など同じタイプの選手がいますし、ベニーも契約更新したようですのであまり濱中の需要はないんじゃないでしょうか?
ただ、ロッテはYFK崩壊で後ろの投手に需要がありそうなので、中継ぎ投手を絡ませて清水あたりの獲得を狙えるかも知れません。
個人的には清水、久保といった先発投手のほか、里崎がいるので出番が減っている橋本あたりを取れたらいいなと思っていますが。
でも、そうすると江草クラスを出さないといけなくなるので厳しいかな。

3.種田、谷中西武へ 

横浜を解雇になった種田が無事西武に入団しました。
ん〜、でも西武はセカンド片岡、ショート中島がデンと座っており、
控えと考えても平尾とすごく打撃守備共にポジションがかぶるような気がするのですが。
谷中は古巣復帰ですね。もう松坂はいないので影武者する必要はないですね(笑)
| 虎話 | 12:24 | comments(0) | - |
新井FA宣言 阪神入りか
広島の新井選手がFA宣言しました。
以前からFA宣言するなら移籍濃厚と本人が言っているようで
阪神移籍の可能性が高くなっています。

確かに阪神は貧打であり、補強は必要です。
しかし、広島は黒田がメジャー移籍希望しており、
下手したらエースと4番が抜ける事態です。
阪神で言えば、金本と藤川が一気に抜けるような感じですかね。

確かに広島がFA移籍に対して財政面から「去るもの追わず」になっているのも問題ではあるけどねえ。

個人的には他球団で冷遇されていて阪神に来たらポジションがある選手などの獲得には大賛成だけど、新井のようにある意味チームの顔のような選手ばかりを獲得しようとするのはどうかな???
しかも新井は2007年から広島の選手会長です。

昔(今もだけど)巨人がそれをやって清原がいるのにペタジーニ取ったり
落合がいるのに清原とって、落合放出とかアコギなことをやっており、
それに対して「ほんま巨人って自分とこのことしか考えてないな〜」
ってゆうてましたけど、今、広島ファンに阪神も同じこと言われてるんちゃうかな〜?

個人的には広島に残って欲しいけどねえ。
阪神に来たら応援するけど。

そしてもう一つ問題があるのはFA獲得の場合の人的補償。
一応今のFAのルールでは

1.移籍した選手の旧年俸の1.2倍
2.移籍した選手の旧年俸の0.8倍+外国人と新人、移籍選手、プロテクト28人以外の選手から1人

今年の新井の推定年俸は12300万と言われていますので

阪神からもらえる選手の価値>4920万

なら人的補償の方が良いということになりますが。
私なりに28人枠を考えてみましたが、投手なら桟原クラス、野手なら浅井、葛城クラスが当落線上になりそうです。
さらに金本、下柳、矢野、今岡といったベテラン高額年俸選手をわざとはずす可能性もありますし・・・。

まあ、そのへんもふまえて広島は上の天秤なら4920万の方を取るような気がしますけどね。

横浜が工藤取ったように桧山を取ったりして(汗)
| 虎話 | 12:43 | comments(3) | - |
あらまびっくり
今日、元町で食事していて、ふと携帯を見たら

金村⇔中村泰 トレード成立

「とろさばの七輪焼美味しいね」から一気に野球の話になりました(爆)

しかし、年俸1億8000万と1200万のトレードねえ。。。。
いくら最近不調でダルビッシュにエースを譲ったとはいえ、
元エース金村に2軍のエースから脱却できない泰じゃあ釣り合いません。

まるでFA宣言して阪神に入る金村に人的補償で中村泰みたいな感じです。

ただ、FAの絡みや日本ハム球団と金村の確執などが多少なりとも影響しているのでしょう。
極端なことを言えば、「金村がM永のように1年で阪神からFA宣言する」可能性も考慮に入れたトレードかもしれません。

そうでないと、いくら潜在能力があるとはいえ、一軍実績のほとんどない投手と元エースは交換しません。

阪神にとっては貴重な先発要員になるでしょう。
言っても今年完投を3回しています。
下柳や関テレの阪神番ともいえる片岡とも親しいようなので
それなりに良い環境になるのではないでしょうか?
また、日本ハムにとっても貴重な左の中継ぎ候補戦力になるでしょう。
しかも高額年俸選手が1人減るので財政的にも大きい。

ただ、佐藤コーチたちのドタバタ解任劇がおさまらないうちに
「元エースの安売りとも思える放出」
このファンを無視したようなフロントに対しては??であります。

もう一つ、公式版でにぎわせているのが
桧山38%減俸 6500万→4000万+出来高でまとまる。

前回に保留したことについて「文句を言うな」的意見がありますが、
もし、「年俸が少なすぎる」と文句をいったのなら私も「2年連続この成績で甘えんな。」という答えになりますが、
「出来高契約をオプションで」という保留ならば納得です。
「自力で給料を上げたる」という意志が見えるならば大歓迎。

まあ、オプションをすべてクリアすれば現状維持になるということなので
それくらいの活躍を期待しましょうか。
でも、桧山がスタメンで出る=林、桜井は何しとんねん!ってことになるんで微妙ですね。
そりゃあ今年の横浜佐伯のような復活であれば文句はいいませんがね。
| 虎話 | 01:49 | comments(2) | - |
中日日本一
中日が4勝1敗で日本一になりました。

日曜日に札幌で大勝してから一気に勢いがついた感じがあります。

世間では地味とか注目度は低いとか言われた対決でしたが
共に「投手が良い」「鉄壁の守備」「つなぎの野球」という
玄人好みの野球のチームの対決なので逆に楽しめました。

CSのときからメディアはウッズなど派手な部分ばかり取り上げてたが
実際中日の野球は「守りの野球」
この日本シリーズはそっちが大きく出た。

しかしパーフェクトの山井をすぱっと代えるところは落合らしい。
まあ、1−0でソロホームランでも同点という展開で、
一番信頼できる投手を起用するというのはある意味セオリー。
それに3勝1敗でこの試合落としても・・・というのがあるが
次からは敵地札幌ということを考えたら、3勝3敗の第7戦に近い状況の試合であったのも確か。
日本シリーズでパーフェクト達成すれば70年以上続いている歴史の中で史上初という快挙。
ん〜・・・多分これが2−0ならばランナー一人(ソロも含む)出した時点で交代だったんでしょうけど・・・・。
まあ、落合さんも悩んだんでしょうなあ。
でも、ビールかけの山井は晴れ晴れしてましたね。記録よりも後半戦に怪我から復帰して、チームを支えてかつ日本一に大きく貢献したことの方がうれしいんでしょう。給料上げてやってほしいねえ。

逆に日本ハムは相手が同じタイプのチームなのであの打線では厳しかったねえ。もし、巨人のようなチームであればもっと日本ハムの野球を見せられたと思う。
でも小笠原、新庄が抜けて、セギノールもシーズン中は不振。
外国人はグリーン、ミッチェル共にはずれ。
DH制であるのに「5番 工藤」という打線。阪神で言えば5番 赤星。
それでもパリーグ制覇。よくやったと思います。

この日本シリーズの戦いを見て、岡田監督は何か感じただろうか?
正直、日本ハム打線は阪神より悪い。
それでも優勝。今回日本シリーズの2球団に共通するのは

「守備重視」「走塁重視」

ある意味阪神の対極です。
それでもあの頑固のことやから「うちはうち」とかぬかしているんちゃうやろなあ・・・。
俺からしたら、ただの無策にしか思えないんやけどなあ。

もうちょっと来季は走塁、守備を重視して欲しいなあ。
ただでさえ、野村、星野時代からの遺産がどんどん老朽化しているのに、
来年も鳥谷固定とかセンター桜井とかやってるようじゃ、差はどんどん広がるでしょうねえ。


| 虎話 | 00:20 | comments(0) | - |
桧山戦力外誤報の件について
朝、始業前にネットで野球の情報を仕入れていると
「桧山やめるなー」「ひーやん〜」などのカキコミがやたらあるので
何事かと思い、調べてみたら以下の記事です。

タテジマ一筋16年 桧山退団へ

まず思ったのが「そんなはずあらへんやろ!」

そしてサンスポや日刊スポーツを確認するが桧山のひの字ものっていない。
桧山退団などという関西にとっては大ニュースを1紙だけしか取り扱わないのはおかしいと思い、続報を待ちました。
結果、桧山本人がHPで否定して、ガセネタということが判明。

私が「そんなはずあらへんやろ」と思った理由。

まず、桧山が今年でバットを置くということに関しては十分あり得たと思う。いくら後半代打で活躍したとはいえ、阪神の主力だった桧山が2年連続打率1割台では不満。
衰えがあることは否定できない。

ただ、CS終わってからの戦力外通告というのはあり得ないと思った。
桧山はまぎれもなく阪神の功労者であり、
もし引退するのなら和田豊、八木裕並みの引退試合を行う価値は十分にある選手。もし、戦力外の意向があるのなら
9月ごろから打診はあっただろうし、本人が他球団での現役生活を希望するなら少なくとも事前に発表があったと思われる。
昔、真弓さんも戦力外通告されたが現役にこだわったため
引退試合ではなく甲子園最終戦に「6番ファースト真弓」で「阪神サヨナラ試合」をやってもらいました。
桧山が例え他球団でのプレーを希望したとしても、これぐらいはやってもらえたはずです。

そもそも、夏場あれだけ打てない桧山を代打で使い続けた意味がなくなる。
やっと後半に「代打桧山」の効果が発揮されはじめて
来季もこれなら代打として立浪のようになれるかと思っていたわけで
もし、戦力外にするのならそれこそ二軍に落としていたでしょう。

以上のことからこの時期にバットを置くとするのなら
「桧山が自分の意志で引退する」しかありえません。

なので「戦力外」という時点でおかしいと思ったし、
もしそんなことをやったら、それこそヤクルト高津の扱いと同じです。

しかし、不思議なのは「阪神情報が生命線」のデイリースポーツが
何故こんなガセネタを書いたのか・・・・。

私の予想では100%「ガセ」ではないと思います。

阪神ファンなしでは生きられないデイリースポーツが
目先の新聞売り上げのためにこんな危ない橋を渡るようなことはしないと思う。
それなりに信用性のある情報をつかんでいたのでしょう。
ただ、他紙が全くこの件に触れていないのも不思議・・・。
なんかウラがありそうな予感がします。

とにかくデイリーは大打撃でしょう。
うちの弟は親会社にいるのでこの話をすると
「またボーナス減るやんけ〜〜!」と怒ってました(笑)

桧山に関しては来季も阪神のユニを着るようなので安心しました。
レギュラーははっきりいって難しいと思いますが、
ここ一番の代打や桜井、林へのカンフル剤的存在としての活躍を期待します。

まあ、年齢的に考えて数年後には間違いなく「そのとき」が来るでしょう。
そのときも阪神のユニフォームを着ていることを祈ります。

| 虎話 | 01:36 | comments(3) | - |
終わっちまった・・・・
by シャ乱Q(古)

ってわけで終わってしまいましたね。クライマックスシリーズ。

まあ、でも正直力不足は否めなかったので、当然の結果でしょう。
悔しくはないです。

鳥谷〜林までの1〜6番、みんな故障を持っている選手ばかり。
鳥谷、赤星、金本、林あたりは正直試合に出れるコンディションじゃなかったのでは?
投手陣もそう。先発が弱いから早い回から中継ぎを出してJFKって
その弱い先発が初回に点を取られては何もできませんわな(苦笑)

まあ、今日の3点、特に金本の2ベースは意地が見えましたね。
ただ、あそこで桜井に何故代打桧山??

左に代わったから林に代打桜井、また右になったから代打桧山・・・
左右病もいい加減にしろ!岡田。
やっぱりこの監督学習能力ありませんな。
後半戦少し良くなってきたと思ったが、ちょっと間が空くと忘れるんでしょうね。にわとりかお前は(笑)

後半戦の快進撃の原動力は桜井なんだから
あの場面はそのまま打たせたかった。
うまくいけば桧山の使いどころはもっと別にあったはず。

まあ、なんやかんやゆうても力不足は力不足。
この戦力で勝てるわけがない。

まず、故障及び疲れている選手はゆっくり治療休養をとって来季に備えてください。
そして球団は「仕方ないな」で終わらず、今シーズンの反省を来季にいかしてください。
何が阪神に足りないのか・・・。
金にモノを言わせた補強ではなく(補強も必要ですが)
選手のレベルアップを図って欲しい。

それには首脳陣の意識改革が必要ですけどね。。。
岡田監督には無理な話かな?

ともかく、選手には1年間お疲れ様でしたと言いたい。
特に投手陣はよくあの無茶な選手起用に耐えたと思う。
本当にゆっくり休んでください。

さあ、明日からは日本ハムを応援しよう。
| 虎話 | 01:02 | comments(3) | - |
ラミちゃん
ラミちゃん年俸高騰により放出の可能性

FAで新井獲得や福留獲得など新聞を賑わしていますが
これが一番現実的ちゃうかな〜。

守備に関しては一塁と外野の併用、もしくは一塁コンバートして。
打撃に関しては文句なしやし。
昨年は低打率だったけど打点はきっちりあげている。
タイムリーの出ない阪神にはピッタリの選手。

ただ個人的には打撃よりも何よりもキャラクター!

あのキャラクターを東京に置いておくのはもったいない!!

関西に来れば、吉本が絶対ほおっておかない!
関西ローカルの番組で「今日のラミちゃん」的コーナーができて大人気。
パフォーマンスに絶対新喜劇のギャグが入ること間違いなし(爆)
※まあ、ベタなとこでパチパチパンチかな?

他にも
・球場内にボールではなくて、飴をまく(ビッキーズ解散(涙))
・ストリークと3人でトリオ漫才
・クイズ紳助くんのゲスト(福本豊扱い)
・探偵ナイトスクープの顧問
・ミナミの帝王に友情出演
・打席の登場曲が「アホの坂田の原曲(それでも爆笑)」

・・・全部野球と関係ないな。
あと、これでオマリーの後継者もできるし(爆)

元々、阪神ファンに大人気のラミちゃん(神宮レフトの人気はすごい)
個人的には是非来て欲しい。
多少年俸は高くても、あのキャラを使えばグッズや広告塔で十分まかなえるんじゃあ〜りませんか?
お金はボークの新記録に使うもんではない!(笑)

ご静聴(?)ありがとうございました!
今日はこれぐらいで許したろ。
| 虎話 | 12:02 | comments(3) | - |
クライマックスシリーズ予想
シーズンも本日で終了。
まあ、最後に古田監督の引退試合という大イベントが残っていますが。

ここで今年のデータを用いて、
あるゲームを使用してCSを予想してみました。
もちろんガチンコでしたが、結果は無事阪神の2連勝となりました。

試合内容は以下の通り

第1戦 4−3 勝久保田 S藤川 敗岡本
阪神:安藤−渡辺−江草−久保田−ウィリアムス−藤川
中日:川上−岡本−岩瀬−平井−久本

初回、中日が荒木の2ベースを足がかりに中村のタイムリーで先取点。
さらに3回、荒木、井端の連打などで1死2・3塁からウッズのサードゴロを今岡がはじく間に2点目。(リアルだ・・w)
阪神も4回に鳥谷の2ベースの後、2死から金本がタイムリー。
5回には1死2・3塁から岡田監督は早くも安藤に代えて代打桧山で勝負するが、凡退。
7回に中日は久保田から英智がヒット、谷繁が送った後、
好投の川上の代打立浪がタイムリー2ベース。大きな追加点が入る。
しかし、交代した岡本がピリッとせず、鳥谷、赤星に連打。
シーツ、金本は抑えたものの2死1・3塁から今岡がタイムリー2ベース。
2−3でなお、2死2・3塁。
ここで中日は岩瀬にスイッチ。阪神は林に代打濱中。
濱中がレフトへ2点タイムリー2ベースで逆転!
後はジェフと藤川がしっかり抑えて勝利。

第2戦 2−1 勝下柳 S藤川 敗朝倉
阪神:下柳−ウィリアムス−藤川
中日:朝倉−鈴木
HR:中村紀1号ソロ

初回不安定な朝倉から赤星が2ベース、そしてシーツのタイムリー、
(送球の間にシーツは2塁へ)
さらに金本がヒットで続き、今岡の犠牲フライで2点先取。
中日は4回に中村紀のソロホームランで1点とるがそれまで。
3安打に抑えられる。最後はJFK。
最後の打者はウッズ。藤川が因縁の相手を三振に抑えて
阪神が第2ステージへ進出!

なかなかゲームにしてはリアルな試合展開で・・・。
ちなみに第2ステージ第1戦もすごいドラマがあります。
これはまた、後日公開します。
(ただ、CSで阪神が進出すればですが・・)

ちなみにパリーグはロッテの2勝1敗となりました。

第1戦 3−6 勝斉藤和 S馬原 負小林宏 本 (ソ)多村、小久保
第2戦 1−0 勝薮田  負杉内
 ベニーのサヨナラヒット。ソフトバンクは9回に2死満塁のチャンスも
 代打柴原が2−3から見逃し三振。
第3戦 7−2 勝渡辺俊 負和田 
本 (ロ)ベニー、オーティス、ズレータ (ソ)柴原
7回に出た元ソフトバンクズレータの3ランがとどめ。

パリーグは明日からです。楽しみ〜 

| 虎話 | 13:54 | comments(3) | - |
戦力外通告第一弾
とうとうこういう季節になりました。

阪神が4選手に戦力外通告

今回はプロの壁を越え切れなかった選手3人と
怪我が致命的と判断されたと思われる三東ですね。

正直一軍での活躍が難しいとわかったら、
本人のためにも早いうちにの方がいいですよね。

三東は怪我さえなければ・・・
紅白戦のあの暴投後にマウンドにうずくまるシーンが目に浮かびます。
バッティングも「和製ムーア」と言われるほど良く、
もうちょい若ければ打者転向も可能だったのでは・・・残念です。

日本ハムの鎌倉も故障で22歳という年齢で戦力外・・・。
故障というのは本当にこわい。

今回はこの4選手だけですが、勿論これだけでは終わらないでしょう。
CSもしくは日本シリーズ終了時点で第2弾があると思います。

ただCSでアピール可能な選手もいるので、
秀太なんかは鳥谷の故障などで起死回生のチャンスがあるかも。
投手では吉野(トレード要員?)、伊代野、相木
野手では上坂、秀太、中村豊(コーチ就任?)あたりが該当しそうな感じ。

ただ、8月までは戦力外濃厚といわれていた高橋光信が8月後半に
起死回生の活躍で残留濃厚になっている例もあるので、
上にあげた選手もそこそこの実力を持っている人ばかりなので頑張って欲しい。
| 虎話 | 01:36 | comments(1) | - |
ドラフト&公式戦終了
今日は朝から会議続きでその後研修という超多忙。
研修に出かける直前に気になって、高校生ドラフト結果を見る。

中田は日本ハム・・・まあ、しゃあないか。

でも代わりに横浜高校の高濱を獲れたのは大きい。
帰ってからビデオを見ましたが、
私も素人なのでくわしい技術論はわかりませんが
ものすごく柔らかいバッティングをするという印象。
そのくせに打球は鋭く、飛距離も出るという・・・

ひょっとしたら中田よりも高濱の方がよかったかも・・・
と思うぐらいの逸材と見ました!
往年の立浪のような打者になってくれればいいですねえ。

ショートということなので、将来は
サード 鳥谷 ショート 高濱 セカンド 大和
という形になるのかな?
楽しみな素材です!

そして本日の最終戦。
今岡のHRにはじまり、上園の好投、久保田90試合目
藤川セーブ日本タイ記録。ええ感じでしたね。
古田監督に関しては7日の引退試合の後に存分に語りたいと思います。

ここにきての今岡の復調は大きいですね。
CSの秘密兵器になりそうです。

実はCS第一シリーズ、土曜日は会社の旅行で浜松からバスで帰路の予定。
・・・・名古屋で下ろしてもらおうかな(爆)

それより日本シリーズに出てもらって、スカイマークに観に行けるように頑張ってもらいましょう!
| 虎話 | 02:10 | comments(0) | - |
甲子園最終戦観戦記
甲子園最終戦行ってまいりました。

チケット購入時点ではXデーかもと大ハシャギでしたが
ただの甲子園最終戦になってしまいました。
それでも今の甲子園最後の試合であり、阪神ファンとしてはどんな状況でも試合に行きたい気持ちは変わりません。
そうじゃないと10年前のころに甲子園へ何度も行こうと思いません。

少し早めに行って、今年最後の焼き鳥をほおばりながら発表を待つ。
ベンチ入りメンバー発表「内野手 00秀太」

「!」甲子園最終戦に合わせての登録・・・。
今までの経験から嫌な予感がしました。

そして試合開始。福原−宮崎。
阪神打線は相変わらず打てない。
そして福原も本調子ではない。それでも丁寧に投げて技術で抑えていたが
内野が足を引っ張り、おまけに広島にダブルスチールまでやられ
完全に浮き足立ってしまった。

そしてこの日一番の驚きは、チャンスで鳥谷があっさり三振した後
ショートに秀太
フルイニング出場を続けていた鳥谷をとうとう下げました。
正直、これでよかったと思う。というか遅すぎるぐらい。
今の鳥谷にフルイニング出るだけの成績は残していない。
フルイニング出場は自分で勝ち取るもので、与えられるものではない。
270程度で本塁打も10本、盗塁もほとんどない。
チャンスに強いわけではない。

今まで「1番 鳥谷」が交代できないという足かせがあったが、
それがなくなったのはある意味大きい。
金本も250切るようであれば考えたほうがいいかもしれませんね。

しかし、ここで代わりに出たのは秀太。
このときに雨が降ってくる。これはなにを暗示しているのか。
結局秀太はそのまま最後まで出続ける。
最終回、桜井のHRが出た後、本来なら高橋光信もいたのにそのまま。
ここまできたら確信にかわりました。
まあ、正式発表が出てから感想は書きたいと思います。

この試合は負けましたが、唯一の収穫が今岡のタイムリー。
結果だけではなく、あのときの今岡の打席。
今岡の気迫がスタンドのこっちまで感じました。
横にいた友人たちに「今岡打つわ。これ」といった矢先でした。
試合後に集まった友人も同じことを言ってました。
今岡に闘争心が戻れば大きいです。

これで公式戦観戦は終了となりそうです。
今年は7勝10敗で終わりました。
序盤のことを考えれば、よく盛り返しました。

CSは万が一、京セラドームでやるのなら行きたいな〜。
| 虎話 | 18:26 | comments(2) | - |
開き直り
まあ、10連勝したら5連敗もするわな。。。。

なんか首位に出た瞬間に達成感でそこからズルズルいった観がある。

そしてなんとか食らいつこうとするから選手がガチガチに。

ただ、今日負けて選手たちが開き直れるかもね。

巨人と中日が優勝争いしている間に戦力の調整や休養を取らせて

CSで死闘でヘトヘトになった両チームを叩いて

日本シリーズ出場なんてこともあるかも。

まあ、明日から開き直っていきましょう。ある意味こっちも気楽に見れる。

今までふて寝して親に起こされた私でした(笑)
| 虎話 | 21:39 | comments(4) | - |
まあ、仕方ないね
ここにきて阪神4連敗。

神がかり的な粘りと後ろの投手陣で耐えてきたが
ここにきて力の差が出始めている。

やっぱり打線が弱すぎる。
ここで上位3球団の3〜5番比較をやってみる(9月22日現在)

巨人
3番 小笠原 314 30本 87打点
4番 李   270 27本 65打点
5番 二岡  299 19本 81打点
中日
3番 中村  292 19本 73打点
4番 ウッズ 273 34本 99打点
5番 森野  289 15本 87打点
阪神
3番 シーツ 246 9本 51打点
4番 金本  275 30本 92打点
5番 葛城  262 2本 14打点

・・・これでは本来勝てるはずがない。
てか下位3球団よりひどいですからね。

今までは調子の良い選手や日替わりヒーローでなんとかやってきましたが、
ここ数試合完全に力負けですね。

ヤクルトも古田監督辞任による一緒にやってきた選手の発奮や、
来季に向けて必死な選手(ユウイチなど)の活躍で
ここにきて歯車がかみ合いだしたのもめぐり合わせが悪かったですね。

それから気になるのが、ここにきてチームワークというか
あせりが個人プレーに繋がりだしたこと。
今日でも唯一のチャンス、1死2・3塁で代打濱中。
当てればなんとかなりそうな場面で大振りして三振。
「自分が決める」という気持ちばかりで次につなぐ気持ちがない。

巨人みたいな重量打線ならともかく、今の打線で個人プレーに走って勝てるわけがない。
特に濱中は決勝2ラン打って以来、何度も同じことを繰り返している。
そのせいか打率も2割を切って、さらにあせる。悪循環。
「俺が俺が」は桜井が目立っていたが、濱中も桜井以上にひどい。

林が上がるときに落ちるのはこのままなら濱中でしょうね。

とにかく明日からの横浜戦はそのへんを反省して、
もう一度原点に返って、今のチーム状態で自分は何をすべきかを考えてプレーをしてほしい。

全力を尽くして負けるのなら仕方がない。
| 虎話 | 01:40 | comments(2) | - |
ダーッシュダーッシュダンダンダダン
ダーッシュダーッシュ ダンダンダダン
スクランブル〜ダッシュ!

俺は阪神勝たせない ダダッダー!


というわけで見事にグライシンガーにやられたようですね。

今日は研修で試合見ていないので結果だけで言うと

また投手にタイムリー打たれてるやんけ!!(怒)

グライシンガーのサンダーブレーク・・・もとい2点タイムリーってのが
やはりケチのつきはじめかな?

先日のシーツの件といい、こないだのボギーの件といい
なんか阪神にダーティーなイメージがついてしまった観あり。
そのツケが来てるのかな?

ただグライシンガーには勝ち目がうすいのは想定内で、
JFKも休めたし、土日と勝てば問題ないんですが。

ただ日曜は苦手の川島が出てくるので、土曜になんとか勝っておくように!
| 虎話 | 00:54 | comments(4) | - |
4連続観戦in甲子園
土曜から火曜まで中日2試合、巨人2試合
4連続甲子園観戦でした!!

こんだけ続けて観戦したのは初めてかも。ご一緒してくださった方々ありがとうございました。試合も中田にこてんぱんにやられた1試合以外は勝利。

ではこの4試合で良かった選手、悪かった選手リスト。
<良かった人>
野口
 今、一番バットが振れている。この4戦中ある意味2試合は野口で勝ちました。
 開幕当初は全く出番がなかったベテランがここで頑張っています。

葛城
 ダメ押し、欲しい追加点を渋くたたき出してくれる。
 後、目立たないが一塁守備での活躍もかなりのもの。
 どうしても地味になりがちだが、非常に内容のある活躍です。
 そのあたりが昨日の5番起用につながったのでしょう。

渡辺
 JFKの他にこの投手がいるってどんなに層が厚いんだ?という活躍。
 勝っていても負けていても仕事きっちり!よくぞここまで育ってくれた。

江草
 昨日の試合、能見が作った悪い雰囲気をきっちり切り替えてくれた。

下柳
 久々にすばらしい上柳(笑)谷に一発は打たれたものの四球なしというのは見事。

岡田監督(笑)
 この4試合の采配は見事でした。
 能見の早期交代、葛城の5番起用、代打起用など納得できる起用ばかりでした。

<悪かった人>
桜井
 ここんところ大物狙いというか、気持ちばかりが先に出すぎ。
 守備でも濱中の守備範囲の打球を無理に取りに行って落としたり。初心に帰って欲しい。

福原
 まだ完全じゃない状態で技術でごまかしながら投げている感じ。
 なんとかごまかしていたが投手の中田にタイムリー打たれたらいけない。 まだまだ完調にはほど遠い内容。

能見
 先日の広島戦の判定ショックの傷がまだ癒えていないようで。
 巨人の拙攻と鳥谷の好守備で1点で済んだが、あれでは2回で降板も仕方がないところ。
 阿部のあの当たりでも甲子園では入らないということを理解してほしい。 びびりすぎ。

日曜以降の濱中
 土曜のホームランで気を良くしたのか、そこからは「自分が決めるぞ!」の大振りばかり。
 これでは桜井と一緒。

原監督(笑)
 巨人ファンも唖然とする高橋尚登板。レフトの巨人ファンがあっけにとられてました。
 「落とせない試合だった」とかいいつつ、門倉を8回に引っ張る。
 落とせない試合なら代打桧山のところで上原でしょうが・・・・。
 やってることに一貫性がない。

こんな感じでしょうか?
なんとか3勝1敗でこれで観戦成績7勝9敗になりました。勝率4割を超えました!
ただ、今年の観戦はあと1試合なので公式戦の勝ち越しは無理っぽいです(涙)

さあ、頑張ってマジック点灯といきましょう!

一緒に観戦してくれたコメさん、ヒーさん、爺、(自称)勝利の女神さんありがとう!
また試合後、球場や飲みの席でお会いした皆様もお疲れ様でした。
| 虎話 | 12:26 | comments(7) | - |
あわてないあわてない 一休み一休み
昨日は残業だったので、試合は見てません。
ちゅうか、仕事中に途中経過で大負けしてると聞いて
「今日はあかんわ」思って仕事に専念しました。

まあ、審判のわけわからんジャッジなどがあったようですが
昨日、JFKが休めたというのが大きい。

A大差での勝利
B僅差での勝利
C僅差での敗北
D大差での敗北

Aが一番そりゃいいのは間違いないけど
今の現状を考えるとBとDならDの大差での敗北のほうがええかも。
昨日の展開ならJFKが肩を作ることもなかっただろうし、
次の中日巨人の6連戦考えれば大きかったんじゃないでしょうか?

負けるなら大差で負けろと思っていただけに
昨日はこれでOKじゃないでしょうか?

そりゃ10連勝もすれば、負けることもあります。
選手はよく頑張ってますよ。
まあ、昨日中日も負けたし、惜しむらくは巨人が勝った事位かな?

しかし、桜井の状態がよくないみたいですね。
まあ、今まで「突っ走ってきた」感があるから壁にぶつかるのは当たり前。
ただ、その壁は乗り越えなければいけないけどね。

前にも言いましたけど、そろそろライト桧山起用がありそうかな?
もしそうなれば、桜井に
「阪神を支えるってのはこういうことや!」
という模範のようなプレーを見せてもらいたいもんですね。
| 虎話 | 12:33 | comments(3) | - |
スジ違いの抗議
まさに神がかりですな。
巨人戦3連勝!


もう、何も言う事ありませんが、ひとつ気になるのは
昨日のシーツの1件のときに原監督がきよし師匠の目になった瞬間

いったい岡田監督は原に何を言ったのでしょう???(笑)

珍プレー好プレーがあったら絶対取り上げられたシーンだろなw

原@きよし師匠VS岡田@寛美さん

まさに伝統の対決「吉本VS松竹」ですな(爆)


吉本といえば、前にも話しましたが
うちの従弟が最近、結構吉本新喜劇で出演しています。
月の半分ぐらいは出てるので土曜の昼12:54からTBSの吉本新喜劇、
是非見てやってください。

ところで、あのシーツの1件について
シーツのプレーは故意、過失に関係なくあぶないプレー、
シーツに非があるのは間違いない。

でも、問題は原が直接シーツに文句を言いに行ったこと。
李がシーツに文句を言うならわかる。
原が岡田監督や審判にクレームをつけるならわかる。

でも、原が直接シーツに文句を言うのはおかしい!
岡田監督を飛び越えて・・・

会社でも一緒。こんなん基本中の基本です。常識です。
取引先へのクレームに対して、担当者や窓口を通さず
直接原因の人に文句を言う会社がありますか?

子供の喧嘩に親が出るのと一緒。
ここんとこの試合のイライラへの八つ当たりとしか見えませんね。
大人気ない。
| 虎話 | 12:52 | comments(2) | - |
すごい試合やったみたいですね〜
実は昨日の試合リアルタイムで見てません。

先日、お話したゴム研メンバーと研修後飲みに行ってました。
ちょこちょこ携帯で試合経過を見ていましたが、
なんかどないなっとるねんって感じでした。

みんな関西人で基本は阪神ファンなんで、
経過を話題にしながら、飲んでました。
7−6で7回ジェフ登板で「もう大丈夫やろ」と思ってましたが、
再度見ると勝ったようですが、9−8・・・・

試合経過を見ていると
8回に久保田が李・二岡に連続ソロで同点
しかし、9回に桧山が上原から勝ち越しホームラン・・・

なんちゅ〜試合や!!!(笑)

「阪神勝ったみたいやで、桧山のホームランで」と話していると
隣の席の人らが「え?阪神勝ったんですか!?」と
それから意気投合して一緒に飲んでました。

そしたら店のマスターが気を利かせてくれて
店内のテレビでニュースのスポーツコーナーを見せてくれて
桧山のホームランの映像を見た瞬間、みんな大拍手。
その後、また乾杯。

さすが大阪やな〜・・・・。

しかし、よく上原のフォークを追い込まれてから上手く打ちましたね。
あれはなかなか打てませんよ。
1ヶ月ほど前の不振のときと本当に同じ選手なんでしょうか?(笑)
人間ってきっかけが大事なんやな〜とつくづく思いました。

しかし、東京ドームは打球飛びすぎ。
あんなポンポンホームランが出るっておかしいわ。
なんか片岡さんの話やと「台風で外の風が強かったから、余計に室内の圧力を低くしないといけなかったんじゃないか」
ってことですが、東京ドームを出るときのあの回転扉の突風・・・
大阪ドームや他のドームではあんなんなれへんし。
やっぱおかしいで〜。
結局、桧山のホームランもそれだったんですけどね。

まあ、昨日の試合勝ったのは大きいですね。
試合展開的に2年前の「ナゴドの中村豊のHRの試合」に似た感じがします。

そんなことを思って書いていると
田中幸雄引退へのニュースが・・・・

まあ、仕方ないですね。昨年の成績で現役続けられたのは明らかに2000本への温情だし、今年も試合にあまり関係ない場面での起用が多くて、相手も含めて打たせてやれという雰囲気もありました。
弱い時代の日ハムを支えた部分など、ある意味桧山と同じような立場の選手ですね。
もう幸雄ダンスができないのか・・・(このへんも桧山とかぶるなw)
人気だけでは勝負ができないという厳しい世界ですね。
お疲れ様でした。


| 虎話 | 13:20 | comments(2) | - |
さあ、天王山!
首位が現実に見えてきました。
なんかここまで来ると勢いを感じますね。
逆に横浜はこの3連戦、選手も監督もあたふたしていましたね。
昨日の試合、三浦の交代はともかく2番手にマットホワイトはないでしょう。
来季の残留テストかも知れないですけど、ある意味クライマックスシリーズへのラストチャンスのような大事な試合でこういう投手起用をするようじゃ勝てないですよ。
阪神にとってはラッキーでしたね。

さあ、今日から東京ドームで巨人戦ですが、ちょっと桜井のここ数試合の内容が心配です。
目下10打席ノーヒット。別にヒットが出ないのはともかく、凡退の内容が悪い。昨日も3三振。ちょっと疲れか精神的な迷いもしくは大振りになっているのかもしれません。
まあ、今日も同じような内容なら1試合ぐらい休ませた方がいいかも。
そうすると、今の状態なら守備面を考慮しても桧山>濱中なので
この3連戦で久しぶりに「ライト 桧山」の起用があるかも知れませんね。
今の桧山なら十分期待できますし、この大事な巨人戦で勢いをつけるためにも、はまれば大きな起用になると思います。

ただ、昨日の巨人の勝ち方も良い勝ち方だったので、少し嫌です。
12回表、最初左の久本が登板、古城→代打矢野で矢野がヒット。
次の打者大道は100%バント。ここで落合監督はワンポイントで鈴木に交代。
サイドハンドの速球派でバント失敗を誘うつもりが、1ストライク後にバントした打球が切れそうだったにもかかわらずウッズが処理して1死2塁。
ここで小笠原・阿部を迎えるので投手は左の高橋聡へスイッチ。
しかし、阿部の次は上原、で代打も高卒ルーキー坂本と捕手の加藤。
捕手は万が一のために置いておくので、坂本が有力。

結局小笠原、阿部を攻め切れずに2人とも途中で敬遠気味の四球、2死満塁。
しかし、打者は高卒ルーキー坂本、この時点でまだプロでは2打席、ヒットはなし。
普通に攻めれば討ち取れる打者。しかし、投手高橋にとっては正直、打者坂本よりも「満塁による押し出しの危険」の方が強敵だったと思う。
そのせいで萎縮した感があり、ストライクを取りにいった球をつまりながらセンターへ。
打った坂本は確かに仕事はしたが、高橋からしたら「坂本に打たれた」というよりも「自分自身に負けた」感じでしょう。
まあ、策としては当然考えられるべき策だし、中日サイドも満塁というデメリットをわかって天秤にかけたと思うので、これは仕方がないです。

しかし、阪神からすると巨人がこういう勢いがつくような勝ち方をしたことは懸念材料ですね。
さあ、今日からの3連戦楽しみです!
でも、今日も20時まで研修があるので、ゆっくり見れません。
(地下鉄に乗るのでワンセグも使えない)
研修終了後にチェックしたときに「今日はもう大丈夫」と思える試合であることを期待します。この3連戦は少なくとも2勝1敗でいきたいので初戦が大事!!

| 虎話 | 12:04 | comments(3) | - |
勝った!
今日は甲子園へ。
春先から買ってあったチケットだったので
すっかり直前まで忘れていて、今週になって急遽相棒を探しまくった。
声かけた何人の方すいませんでした。

すっかり負け男して定評のある私。
行く前から
「大事な試合なんやから頼むから家でおとなしくしとけ」
「ダフ屋に売って帰って来い」
など散々な言われよう・・・・

ヤクルトの先発も数年前まで阪神キラーでならした川島。
阪神はいきなり安藤が先発。なんとなく嫌な予感。

そして、試合開始。
いきなりラミちゃんに2ラン浴びる。
その瞬間、携帯に
「すぐ、甲子園から立ち去れ!」
「阪神のために帰ってくれ」


あのなあ・・・(苦笑)
そのままずるずると・・・阪神キラー川島にバットはくるくる。
5回ぐらいから川島の球のキレがなくなってくる。
しかし、今度は打球がすべて正面へ。
やはり俺の負のパワーはすごいなと我ながら感心していました(笑)

しかし、ヤクルト側もエラーや走塁ミスなどで流れが徐々に阪神へ。
(渡辺のワイルドピッチ→本塁でラミちゃんアウトなどラッキーなものもあったけど)
そして8回に葛城が今日2本目のタイムリーで同点!
しかし、この後がいけない・・・
矢野さんがバント失敗で三振、そしてセッキーのラッキーヒットで満塁になるも、代打浜中、鳥谷が三振。勝ち越せず。

球児が9回に出てくるものの、いきなり田中に2ベース。
宮本バント失敗で3塁アウトにするも、度会もさらにバント。
無事川本は討ち取るも、次の回が青木からというのを考えると
なんとか9回で勝負をつけたかった。
しかも一緒に行ってた人は10時半には甲子園を出ないといけない。

赤星がサードゴロ・・・しかし、その打球をはじく。
もうそこからはイケイケ、無死満塁で桜井広大。
そして桜井広大のサヨナラヒット!

頭が真っ白になりました。しばらく記憶が飛んでいます(笑)

そしてヒーローインタビューですが、うれしかったのは
桜井だけじゃなくて、そのお膳立てをした葛城も呼んでもらえたこと。

先日も書いたが今までツキがないと言われていたが、
林の怪我の間に地味ながら確実に活躍して、今日やっと日の目をみた感じ。

派手な活躍の桜井の陰に隠れた形だが今日の勝因は葛城の2打点です。
桜井の場面は正直もうイケイケでしたから何をしてもサヨナラになりそうでしたから・・・まあ、そういうところで回ってくるのが桜井の持っているものなんでしょうけど。

これで観戦成績も3割越え
4勝8敗 勝率333

明日、会社に胸はっていけま〜す♪

| 虎話 | 00:23 | comments(3) | - |
高橋光信 崖っぷちからの生還
祝!高橋光信阪神初本塁打&お立ち台

本塁打は帰宅中にバスの中で携帯で見ましたが、
思わず「よっしゃ!」って発してしまい、周りをびっくりさせてしまいました。

もう9月でそろそろ来季の戦力についての編成会議がはじまり、
当然整理選手の話も出てきます。
昨年、中日を戦力外になり阪神にテスト入団した高橋光信。
シーズン序盤は活躍できずにすぐ二軍落ち。
このままいったら間違いなく戦力外の最右翼で、
今回の一軍は最終テストも兼ねていたと思われます。

活躍できなければ、即戦力外へ。
そんなことは高橋本人もわかっていると思います。
まさに野球人生のラストチャンスに命がけなんでしょう。

広島戦で活躍し、まずは生き残り、そしてさらにチャンスをもらえて
そこでタイムリーに本塁打。そしてお立ち台。
まさに2003年の早川を見ているようです。

広澤コーチの一言
「野球の神様はちゃんと見てくれているんだ」

元々中日時代は代打の切り札、立浪の前任者で登場すると
ナゴヤドームが沸いていた存在。
まだ32歳!これからです。

前にも言いましたが、この時期レギュラーがバテたときに
ベテランが活躍するのが○○へのセオリーといいました。

桧山が完全復活、そこに高橋光信が右の代打としてスタンバイ。
林、今岡あたりが戻ってくれば臨戦態勢万全なんだけどね。

とにかく高橋光信の活躍がうれしかった。
これからも頼みます!

| 虎話 | 00:20 | comments(2) | - |
俺が行って負けた次の日は勝つ
・・・これも伝説です(笑)

そしていつも昨日いっとけばよかったやんと言われます。

でも、俺が行ってないから勝てたともいえます(笑)

実は甲子園駅で下車はしました(笑)
駅前のダイエーへ買い物があったので、横で試合やってるのに
行かない自分は妙な気分でしたわ。もう6回だったのもあったけど。

昨日は広大デーの一言です。
あのバックスクリーンへのHRはそうそう打てません!
カメラマン席あたりまで飛んでましたから。

ただ、葛城の追加点タイムリーも大きかったね。
得点に絡むエラーもしたけど、3−6−3のダブルプレーは難しいし、
前田が左ということもあって、急いだのはわからんでもない。
まあ、2塁はアウトにできたから問題ないと思っています。

ただ、問題はやはりシーツですね。
前の日に続き、この日も大事な場面で失点に絡むエラー。
しかも両方エラーの内容が軽率なのでちょっと問題。
ただ、その後名手藤本もエラーしたところを見ると
土の固さがいつもとちょっと違ってた可能性もありますね。
ま、エラーの理由にはなりませんが。

急造サードでの出場が続いて、疲労が出てきたんじゃないかな?
打撃もあかんし、そろそろ休ませるかしたらどうだろうか。
少なくとも今の状態で3番はないと思うぞ。

でも代わりがいないんよねぇ〜
関本もあんな調子だし、今岡は二軍だし。
ファーストは林の代役の高橋光信と葛城がきっちり仕事やってますが
サード、セカンドが・・・・。

かたや外野は金本は置いといて、桜井が目下ガンガン売り出し中、
赤星も状態キープ、桧山が確変モード突入、濱中もそこそこ復調。
でも2人しかスタメンで使えない。

なんか調子の歯車がかみあってないな〜。

今日からヤクルト戦、とりこぼさずに頑張ってもらいましょう。
| 虎話 | 12:40 | comments(0) | - |
なんでそ〜なるのっ!
飛びます!飛びます!・・・って飛べてないっちゅうねん!!

あまり多くは語りたくない・・・しかし!

なんで俺が行くと負けるの!!??(涙)

会社の他部署での組合イベントの甲子園ツアーでチケットが余ったらしく
「のら(仮名)なら絶対飛びつきはず」といわれたらしく、
その通り飛びつきましたw
1塁アルプスが500円ならみなきゃ損ですわ(笑)
ってわけで会社のメンバー総勢23名で行って参りました。

雨の方は晴れ女がたくさんいたらしく(笑)、無事降らず。
しかし、行く前から林が右肩痛で二軍落ちというニュース。
暗雲立ち込める・・・。
本当に右肩痛なんだろうか?なんとなく後づけの理由のような・・・。
まあ、疲労があったのは事実なのでゆっくり休んでもらって大事なときに
本来の林に戻ってもらいたい。

しかし、試合展開はほんま運がなかった。
良い当たりがことごとく正面ついたり、ファインプレーに阻まれり・・・。
まあ、最初の点の取られ方が悪すぎますけどね。

1死1・2塁で投手青木高のバント、上園が取って3塁へ送球したところ
シーツが弾く。しかも最初シーツはその弾いた球を取りにいこうとしないように見えた。
3塁ランナー前田が本塁へ突っ込むのを見て、あわてて取りにいったような感じ。
明らかにシーツの凡プレー。エラーはともかくその後の処理が悪すぎた。

その後、信じられないプレーを見る。広島のダブルスチール。
2塁ランナー石原はともかく1塁ランナーは投手の青木高やで!?
まあ、ノーマークやったのはわかるけど、まるでおちょくられてるような感じ。
そしてしっかり犠牲フライが出て2点目。
どっちが上位のチームかわからんぞ!(怒)

まあ、そんな中救いは高橋光信の活躍かな?
ぶっちゃけ言いますが、多分残留か解雇かの最終テストでしょう。
最後のチャンスでタイムリーに一塁守備でもファインプレー。
「まだ終わらんぞ!」という気迫は見えました。
まだ32歳(ちょっと驚いた。もっといってると思ってた)、老け込む歳ではない。
大学時代は高橋(巨人)を押しのけて全日本の4番打っていた選手。
これでもうちょっとチャンスがもらえると思うので頑張ってほしい!!
代打の経験及び実績は中日時代から折り紙つきなので、いい場面でも代打に期待。

しかし、ほんと阪神はついてないわ〜。
桜井のセンターライナー、9回も濱中の当たりを梵に阻まれ、
最後は葛城の当たりを前田が好捕してゲームセット。。。。

葛城はいったいなんなんでしょう。。。
いい当たり打っても真正面やファインプレーに阻まれ、
勝ち越しHR打ってヒーローと思いきや、まさかの藤川が逆転されて負け。
ハマスタでも追加点の2点タイムリー打ってヒーロー最有力候補になるも佐伯にまさかの逆転3ランを打たれる。
ここまでツキがない選手も珍しい。
こればっかりは本人に罪はないし、どうしようもないからなあ。
まあ、林がファームなのでスタメン1塁で起用される機会も増えると思うので、そのチャンスに頑張ってもらいましょう。

結局、多くを語ってしまった・・・・(笑)
これで3勝8敗 勝率273
おまけに2中止・・・・なんなんでしょうこれ(苦笑)

実は・・・・今週末も甲子園なんです・・・・。
見つけても石投げないでくださいね(笑)
| 虎話 | 12:09 | comments(2) | - |
決定力の差
あ〜、なんかイライラする試合やったわ〜。

1死満塁2回などで点が入らず、グズグズしてたら
あっというまに4点取られて・・・
しかも、中日の点の取り方がええこと。
荒木四球の後、中村ノリのセンター前で荒木は一気に3塁へ。
さらに送球の間に中村が2塁を奪う。
あの流れではダーウィンは責められないわ。
野手陣の拙攻が作った負の流れやもん。
李のタイムリーまではともかく英智の2点タイムリーが痛かった。
このへんの「取れるときにとっておく」のが違うところやね。

ただ中田の投球数が多いので後半チャンスはあると思っていた。
そして桧山のタイムリーなどで3点を取って1点差。

久保田の起用は当然。
少し精彩を欠いていた林を下げたのもわかる。
しかし、「ファースト藤原」の意味がわからなかった。
まず、中日はこの時点で高橋聡を起用済み。
後、勝ちパターンで使える左は岩瀬のみ。でも岩瀬は9回。
それを考えればファーストの守備の上手い葛城でええんちゃうの?

もし、藤原を使うにしても「サード藤原 ファーストシーツ」
ちゃうの?一軍で藤原がファーストに入ったのは何回ぐらいある?
この起用はあのエラーの前から意味がわからなかった。

結局、この起用が裏目に出たのはご存知の通り。

結果論で言っているわけではなく、あの起用自体意味が分からない。
次の回に結局代打で葛城を出しているわけだし・・・。

それとも、林の疲れが見えてきているので
左投手のときには「ファースト藤原」を起用できるか試したのか?
それなら「サード関本 ファーストシーツ」でええやろうし。

なんかスッとせえへん負け方でした。

しかし、そろそろ林も休ませたほうがいいかもね。
明らかに振りがにぶっているような気がします。
でもファーストシーツ、サード関本 セカンド藤本にすると打力がね〜。

桧山さん、今更やけどファースト守れませんか?(笑)
| 虎話 | 00:13 | comments(2) | - |
疲れる試合やった〜
ふぅ〜、手に汗握る試合やったな〜。

正直、8回に無死3塁で点取れなかったときには終わったと思った。
関本はいったい何を考えて打席に入ってたんやろ・・・?

しかし、その裏が8番谷繁からというのが助かりました。

一方、中日小笠原が信じられないような奪三振ショー。
シーツのクレームにも動揺せず。
しかし、この快投がアダとなる。
奪三振の1試合記録16に並び、かつ無失点のため
8回ウラにさすがに代打は出せず。
そして9回登板するも明らかに疲れていた。

そして金本歩かして1死満塁で林。
ここで落合監督が投手交代・・・・

正直、高橋聡が出てきたいややな〜と思っていたが投手は岩瀬。

この場面、小笠原があまりにも好投しすぎていて、
この状況で交代するなら切り札岩瀬を投入するしかないという格の問題がここで出てきたのが阪神には追い風になった。

今の岩瀬ならなんとかなるって思いました。
結果、林が犠牲フライ。
さらに気落ちしたところに矢野がタイムリー。
精神的にこの2点目が良かった。
そしてその次の関本は予想通り三振。全然あかんね。
明日は藤本先発でいきましょ!岡田監督w

でも、正直9回ウラは不気味な雰囲気がただよっていた。
中村ノリを歩かせて、バッター、ウッズ。
まあ、ウッズは正直いけると思ったがその次の森野が嫌だった。
なんかノリのときに球児がマウンドを気にしていたし。。。
で、ウッズのライトへの打球で一瞬沸くもライトフライ。

これで不気味な雰囲気が霧が晴れたようになくなった。
森野、李をあっさりうちとって終了。

あ〜、しんどい試合やった。
でもこの勝利は大きいな〜、ある意味今季のポイントともなりえる試合だったと思います。
| 虎話 | 00:22 | comments(0) | - |
今日の敗因
今日負けた理由は

私の誕生日は大敗するジンクスのせいです(爆)

それも必ず大敗・・・。
ブログで毎年書いているような・・・。

今日は出かけてたので試合見てません。
見なくてよかったかもしれませんw
| 虎話 | 00:00 | comments(6) | - |
小休止かな
今日はしゃあないですね。

相手がグライシンガーということで厳しいとは思ってましたが
でも、流れが悪すぎました。

杉山の5失点、特に最初の1点が2死1・3塁から投手グライシンガーに打たれたタイムリー。
そりゃ投手だって打つときは打ちますよ?
けど、初球に安易に投げたストレートを打たれたらあきませんわ。
油断したわけじゃないけど、気を抜いたんでしょうね。
福川をいい形で三振に取ったのにもったいない!
結局、この1点が悪い流れを呼んだ状態、
ヒットにしてもすべてアンラッキーヒット。
杉山にとっては不運だが、これも自分が呼び込んだ流れ。しゃあない。

そしてユウイチに満塁弾。これも初球スッと甘い球が入って・・・・。

なんか杉山は一瞬頭が真っ白になるときがあるんでしょうか?(笑)
大事なここという場面で失敗することが多いねえ。
素質はすごいもん持ってると思うんやけど、このへんが前半一軍におれなかった原因の1つかな?

今日の球の走りや変化球のキレはそんなに悪くなかったと思います。
まあ、今日は反省してもらって次回の先発では頑張って欲しい。

桟原もせっかく関本はじめ打者が粘ってグライシンガーに球数を投げさせて
7回でマウンド下ろして、さあ!ってときに失点。
なんかキレがなかったな〜今日の桟原。
ここで追加点が入った時点で今日は厳しいと思いましたわ。

そういう意味では杉山も桟原も空気が読めてなかったね〜今日。

でも、収穫はありました。
桧山のタイムリー。
グライシンガーのチェンジアップをしっかり見極めて
ストレートをセンターにはじき返す。
表情も前とは一変したし、遅まきながら桧山確変突入の予感。
次の中日戦でも桧山のバットに期待。
スタメンで使ってもいいかもしれないが、快進撃の原動力の桜井と盗塁王&守備範囲の広い赤星を下ろしてまで使う意味があるのかは懐疑的。
林に疲れは見えますけど、現在はファーストなので桧山起用には関係ないですし。

赤星を休ませる意味で1試合ぐらい起用してもいいかもしれないが、個人的にはセンター桜井起用の通称超攻撃型打線(個人的には外野守備力無視打線と呼んでいますw)はあまり好きじゃない。
まあ、守備で言えばライト濱中より桧山の方が上手いとは思いますけど
センター桜井という時点でかなり無茶だと思っています。
かといって今の状態で桜井をスタメンから落とすのはもっと暴挙ですしねw

やはりここは長打のある立浪を目指して欲しいですね。

ま、今日は相手投手が良かったということで切り替えましょう!
| 虎話 | 00:27 | comments(1) | - |
野球づくし
今日は高校野球の決勝でした。
県立の普通の高校と歴戦の強豪校の対決。
もちろん仕事中なんで見れませんが、今日は特許関係の書類の作成をやっていたので仕事でネット検索しているときに何回か途中経過が目に入る。

佐賀北0−2広陵

まあ、そやろな〜・・・

佐賀北0−4広陵

ん〜・・・やっぱり勢いだけではきつかったかな〜・・・

佐賀北5−4広陵

ん!!!!???
思わずイニング経過を確認すると、なんと8回に5点。
しかも満塁弾とか書いてあるし。。。いったい何が起こった??

そして帰宅してからニュースや熱闘甲子園で試合内容をチェック。
8回に副島くんの満塁弾で逆転って・・・こいつらどんだけミラクルってるんだ!!??

まあ、野球人気に陰りがある中、今回の大会で再び野球の面白さ、そしてドラマを見せてくれた佐賀北ナイン。
この功績は大きい!

ただ・・・・今回広陵はかわいそうだった。
佐賀北旋風で盛り上がっている中、決勝。
甲子園常連の強豪校だけあって完全に悪役のような扱い。
実際、甲子園の無党派層(笑)もほとんどが県立からの佐賀北を応援しているような感じで、アウェイみたいな雰囲気でした。
本来50:50のはずなのに・・・・。


おまけに押し出しのボール判定・・・完全にストライクでした。
高校野球は一発勝負なんだからあんな明らかな誤審したらあきませんわ。
頑張ってる球児たちに失礼です。
他にも??というような判定があり、球審まで佐賀北びいきのような感じでした。

広陵の野村くんの表情からも「うそやろ〜」って感じでしたし、
正直、審判に泣かされたという部分はありました。

そのへんがちょっと興ざめでしたね。残念。

そして夜は神宮ナイター。
まさに花火大会で序盤に大量得点。
JFKは準備すらしなくてよい展開で上園完投。
お見事!
その中で金本の3ラン。
なんか広陵ナインへ送るメッセージのような気がしました。


さあ、いよいよ首位から1.5差まできました・・・・。
9月後半の平日の甲子園押さえておこうかなあ・・・・。
| 虎話 | 00:47 | comments(4) | - |
神がかりの序曲〜24の復活〜
桧山がやっと・・・・・
全く打てない桧山の起用に反対し、若手起用を言ってきましたが
昨日のホームランの瞬間、自然に涙が出る自分がいた。
VTRを何度見ても涙腺が熱くなります。
なんやかんやいいながら、心の中では応援しているんです。はい。

その瞬間に「ひーやーまー!!!!!」と仕事中の子に一言メール。
返事が「メール見てこっそりチェック、現在号泣中」

先日、某所で書きましたが、ヒットが出た次の代打機会にセンターフライで凡退。
そのときに
「1.初球から積極的に行った」
「2.打ち損じて悔しがる桧山」

この2つを見て、ヒットで精神的に楽になったのと打撃が上向きになっているのではないかと思いました。
それまでは四球狙いで消極的、結果追い込まれて三振&凡退という繰り返しだったので初球を打ちにいったのは何かが変わる予感がした。

そして今回の大仕事。
これで私含め桧山起用に批判的だった人たちに目に物言わせましたな。
目に物言わされた割にはめっちゃうれしいんですけどね(笑)
ただ桧山自身も行ってたけど、これがスタートです。
今まで一軍にいるのが不思議な状態だったのは間違いなく、
その分を取り戻すのはこれから。

優勝するチームには後半主力選手がバテたときに必ずベテランかニューヒーローが活躍します。
2003年のときは広澤現コーチと早川。
2005年は中村豊。
正直中日の堂上兄が「それ」かと思いましたが、
阪神も真打ち登場というところですか。本当に昨日の勝ちは大きい。

しかし、桧山の大活躍の陰に隠れるようだが江草の完璧なピッチングも見事!
青木、ラミレス、ガイエルの3者三振などあんなすごいエグ見たことない!!
あの青木がボール球振るんだからよっぽど切れてたんでしょうねえ。
そしてJFKがいつもどおり・・・いや、いつもにも増して活躍。
久保田の気合もすごかった。

この1勝は間違いなく今後のペナントを左右する1勝でしょう。
多分0−7が8−7になったことを知った瞬間、東京ドームは両チームとも震え上がったでしょうねえ・・・。
ただ、問題はジャン。滅茶苦茶でした。この間の中日戦は良かったのに。
2億6千万の年俸考えるともうちょっとやってもらわんと。
え?日本新記録樹立したやん・・・ってアホか!(笑)

誰が呼んだか「ジャンボークA」
投げ終わるとセスナに戻るそうです(嘘)
・・・すいません・・・30代以上しかわかりませんねw

昨日は興奮しすぎて3時ごろまで寝付けず、今日は睡眠不足ですw
| 虎話 | 12:40 |