RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

PROFILE

RECOMMEND

新宿スワン 1 (1)
新宿スワン 1 (1)

最近ハマっている漫画
歌舞伎町のスカウト物語。
裏社会に興味のある人は必読
Yの悲劇
Yの悲劇

超有名な作品ですが、
私がミステリーにはまったきっかけの作品です。まだ読んでない方は是非お読みください。ちなみにこの作品は4部作です。
OTHERS


05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Tigers is my destiny  (阪神こそ我が運命)

阪神を中心に野球の話題を
5/30試合後のヒーローインタビュー
昨日の楽天戦勝利後のヒーローインタビュー
アナ「ファンに向かって一言お願いします」
スペンサー「おおきの!」
「????」
観客もとまどっている。
通訳がなにやら耳打・・・「おおきに!」
なるほどね(笑)
続きを読む >>
| 虎話 | 12:20 | comments(3) | - |
5/30 楽天1回戦
甲子園での野村楽天戦。
投手が山村、捕手カツノリ。共に阪神時代不遇だった選手。
リベンジしてこいっ!てところかな?
特に山村は95年ドラフト1位で入団するも、いじめ問題で自律神経失調症になり、
解雇されて近鉄に入団したという過去がある。

ちなみにこの原因を作ったといわれるN選手は他にも某捕手に対しての選手生命に影響するような問題を起こしたといわれていますが、実際はそうではないらしい。
この山村投手の件もゴシップ誌に書かれた内容と実際はかなり違うようです。
過去のことを蒸し返したくないですが、山村投手のことになるとN選手のことを目の敵にする人が結構いますので、本人の名誉のためにもそう言っておきます。

続きを読む >>
| 虎話 | 01:25 | comments(4) | - |
5/28 西武戦観戦記 前向きな気持ちの大事さ
2日連続、会社通勤並みの時間に起床して西武ドームへ
結構つらいもんがありますわ・・・。

この日もベンチサイドシートでの観戦。
前にはなんとK選手の家族が・・・実家が近いから応援に来てたみたいです。しかし、この日はちょっとつらい結果になってしまいました。

ここまで書けば誰かわかると思いますが・・・
ちなみにK選手はお母様似だということがわかりました。

さて、試合はオックスとルーキー松永。
この松永、確か倉敷でのOP戦でも先発してた投手。
帆足の故障でローテーション入りしている。
正直、打てるだろうと思っていたが、点が入らない。
投手が良いというより阪神側の拙攻が目立つ。

で、オックスはオックスで足でかき回される。
どうやらけん制のクセを見破られていたらしい。
出塁→盗塁→タイムリーを繰り返される一番悪いパターン。

矢野さんもクセがわかっているのに気づいていたようでかなり動揺していました。・・・まあおかわりくんにまで走られれば動揺するわな(笑)
後で聞いた話ですが関西では福本さんが「見かけで判断したらあかん!」ってゆうてたそうです(爆)

続きを読む >>
| 虎話 | 00:54 | comments(4) | - |
5/27〜28 西武ドーム観戦記
今週の土日は西武ドームに観戦にいきました。
応援仲間のご厚意も有り、
2日ともベンチサイドシートで観戦することができました。
さんきゅー、ら○、R○DC◎Tさん。

朝9時前から並ぶため、車で球場へ。
普段、パリーグの試合では駐車場も余裕ですが、
9時半にもなると球場前の駐車場はすでに一杯になる状態。
まだ、試合開始まで4時間あるぞ・・・おそるべし阪神戦。

友人らとなんやかんや話しているとあっという間に開門。
西武ドームに来たら恒例の牛ハラミ串ととんかつ和幸のカツサンドを食べ、
試合開始を待つ。西武ドームは食べ物が美味しいのでうれしい!
都心にある某ドームとえらい違いです・・・。

土曜日は阪神が江草、西武が西口の先発。
西武西口はさすがに貫禄のピッチング。
一方、エグもなんやかんやゆうて0点に抑える。
西武側は無死1・2塁のチャンスが2度あったが、
赤星の見事なプレーで併殺になるなどいかせず。
そして8回に2アウト後、赤星が四球で出塁。
打席はこの日、2番に入っている桧山!
カウント2−3、赤星が自動的にスタートする状況でレフトオーバーの2ベース。
今日の西口はそうそう打てない状態だったので、2−3自動スタートの状況であのヒットが出たのはとても大きい

ひーやんグッジョブ!

さすがに気落ちした西口はシーツに四球、
金本に2点目のタイムリーを打たれる。
2点あれば後は藤川−久保田のリレーで無失点勝利。

この日の勝利はエグの粘りのピッチングと、ひーやんの一打。
松坂、西口相手はつらいと思っていた西武戦で価値のある1勝でした。

日曜編はまた後ほど。
| 虎話 | 12:47 | comments(4) | - |
5/24千葉マリンは豪雨
千葉マリンでの2戦目、ロッテの投手は左の成瀬。
昨年のファーム日本選手権でもリリーフで登板した投手です。
(確か勝ち投手になったんじゃないかな?)

まず、この日は16時半ごろ埼玉地方では恐ろしいような豪雨が降り出し、
丁度別棟で会議に出席していた私たちは帰れなくなりました(涙)
30分ぐらいして雨が少し落ち着いた状態で「今だ!」ということでダッシュで自分の部署に戻りました。
そんな状態だったので隣の千葉で試合をやろうとしているということに驚き!
まあ、阪神にとっては中止が多い関係上、1試合でも消化しておきたいので良かったのですが、観客の人たちは大変だろうなあ・・・。

続きを読む >>
| 虎話 | 12:43 | comments(4) | - |
今シーズン最高の試合 流れのポイントは福浦勝負
いや〜、最高の試合だった。

井川くんとロッテ小野の投げ合い。
最初は少しあぶなかしかったものの
途中からは久々の「エースらしい」ピッチング。

それが今岡のホームランを呼び、同点。
そして9回はロッテが裏の利点をいかして
小林雅を投入したにもかかわらず、9回裏も井川くん!
しかし、危なげなく抑える。

そして10回表・・・・ここからストーリーがはじまる・・・。
続きを読む >>
| 虎話 | 00:45 | comments(4) | - |
5/21日曜 オリックス戦観戦記
昨日のシーツのサヨナラ弾の余韻覚めやらぬまま、日曜も観戦。

この日は金本さんの後ろぐらいで、ちょうどビジター応援席の下。
角度的にも普段見慣れない角度のため最初はとまどった。

初回いきなりオリックスの新人王候補平野から
ラッキーもあって3連続タイムリー。1回でいきなり3点。
しかし、江草がいまいちピリッとしない。
赤星のバックホームに助けられたりしながらも、
代打清原に2点タイムリーを許す。

清原選手はこれで1500打点達成。
しかし、きっちり甲子園で記録達成をするところは
やはり清原は甲子園が似合うってことなんでしょう。
本人もたった3試合しかない甲子園で記録達成できたのは
縁を感じているのではないでしょうか。

全盛期(西武から移籍するとき)阪神に来てもらいたかったなあ。

そして5回裏終了後セレモニーで金本さんが花束を贈呈。
実は私・・・トイレにいっててこの場面見逃しています(笑)

その後は代打浜ちゃんの久々の2ランで5−2。
しかし、その後の能見くんが塩崎に被弾。
最近登板しては律儀に1発浴びる能見くん・・・・。
2点差になったので球児くんの登板。
しかし、この日の球児くんはいまいち・・・・
やはり連投で疲れているのかな?そう考えると月曜の試合で
太陽−相木さんの継投でしのいだのは大きいね。

今日はクボタンも危なげなく、久保田劇場はありませんでした。

この日の感想は「オリックス応援団のトランペット」が上手ってこと。
多分、阪神のトランペットが下手なだけかもしれんが・・・
(応援団の騒動が起きて、上手な人たちが追い出されてしまったから)
曲調のテンポもいいし、清原の応援歌なんかは名曲ですわ。
なんか清原らしい〜岸和田っぽい雰囲気の曲やしね。

一時期にわか近鉄ファンもやってた自分としては
水口、北川の応援歌を口ずさんでしまいます。
タオル踊りのときなんぞ、踊ってない自分に違和感感じました(笑)
※最近は危ないせいか、回らないんですね。

それに比べて、阪神の応援はリズムは悪いし、なんかずれるし・・・
ワッショイコールなんかライトにあわせるのが精一杯で
なんかストレスたまる。

それとこの日の不満は後ろの席にいたファンがにわかファンだったこと。
酒ばっかり飲んで攻撃・守備問わず試合なんぞ見ずに
関係ない話題をしゃべってばかり。
しかもでかい声でしゃべるもんだからうるさくて仕方がない。
おまけに気が向いたときに選手応援歌うる覚えで適当に歌うので、
うっとうしいったらありゃしない。その上で
「昔の応援歌は覚えやすかったのに〜」って真弓とか掛布とか歌いだす。
典型的なにわかファンでした。

なんか、阪神が強くなったのはうれしいが、
こういう連中も増えてしまった・・・。
強くなってからのファンでも真剣に応援してくれるファンならいいが、
こういう連中は阪神が弱くなったり、ワールドカップがはじまったら
ポイッと捨てていく。こういうファンには球場に来てほしくないなあ。

でも、今の応援歌が覚えにくいってのは事実だな(苦笑)
| 虎話 | 11:00 | comments(4) | - |
オリックス戦観戦記 5/20編
この週末、甲子園でのオリックス戦を観戦してきました。
当初、土曜はどしゃぶりの予報だったため、半分諦めていたのですが、
朝方、ドドドッと降ったが昼前に雨は上がり、野球日和になりました。
これで2004年の八木さん引退試合から中止経験無し。
いくらドーム球場がたくさんあるとはいえ、昨年も31試合観戦のうち、ナゴヤドーム1試合、西武ドーム1試合以外はすべて屋外球場だったし(霧でコールドってのはありましたが(笑))

俺ってもしかして晴れ男!?

土曜日はレフトで観戦。先発の福ちゃんが6回までノーヒットでもしや・・
と思ったら1点取ってもらった後にガルシアに初ヒット打たれた後、
ノリに2ラン浴びて逆転される。
・・・・福ちゃんらしいなあ(笑)藪さんの伝統を継いでるよ。
試合も重苦しい展開で追加点を取れないまま9回へ。
オリックスは抑えの大久保を投入。
オリックスはここまで先発川越−菊地原−加藤と継投。
自分のイメージでは菊地原=ジェフ、加藤=藤川で大久保=久保田。
すなわち「加藤より大久保の方がまだ打てる!」と直感した。
※大久保も間違いなくいい投手なんですけどね。
とりあえずランナー出して・・・と思った矢先に
金本さんが打った瞬間ライトスタンドへという弾丸ライナーのホームラン!
ここ30試合以上ホームランが出ていなかった金本さんの一発で同点。
一気に勢いがつく。やっぱり4番の一撃の効果はすごい!

阪神ペースで延長に入り、10回。オリックスは追いつかれたため萩原を投入。
この萩原という投手、球は速いが荒れ球で被本塁打も多いのでチャンス。
ちなみにこの選手は元々野手で入団したのだが、
仰木マジックによって今村(現オリックス打撃投手)と共に
野手から投手に転向して話題になった。
確かイチローと同期でイチローより指名順位も上だったはず。

菊地原、加藤という勝ちパターンの中継ぎを使ってしまったのは痛かったみたい。
案の定、中村豊に四球。赤星が送って、関本には頭部への死球。
一瞬関本が倒れて動かなかったときは俺も真っ青になったが、無事一塁へ。
で、萩原は危険球退場。
ここで一つ言いたいのは関本が頭部に死球受けて
どうなっているのかわからないのに蛍の光を流すなよ!!
もっと融通利かせろ!応援団!(怒)


日曜編でくわしく書くが、応援はバラバラだったし、リズム悪いし、トランペットはへたくそだし・・・もうちょっとなんとかせえよ!
まあ、その後は流れのままに、シーツがサヨナラ3ラン。
レフトの追い方を見て、頭を越すのはわかったが入ってしまった!

そこからしばらく記憶が飛んでいますが、
なにやらオリックス側がクレームをつけているのが見えた。後から知ったが、
「1塁走者関本が2塁ベースを踏んでいなかったのではないか?」
というクレームだったそうだ。
あの〜・・・もし関本がアウトになってもサヨナラはサヨナラなんですが・・・・
そんな阪神ファンを敵に回すだけのような抗議しても意味ないでしょうが(苦笑)
中村監督は自分の古巣、しかも監督までやってた自分がその阪神ファンに
「帰れコール」をされた気分はどんなもんだったんでしょうか・・・。

まあ、とにかくサヨナラ勝ち!うっしゃ!
日曜編はまた後ほど。
| 虎話 | 12:57 | comments(4) | - |
それ行け〜(Go!)新庄 燃え〜る男〜
新庄が試合前のシートノックで阪神ユニを着用。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060519-00000017-maip-spo.view-000

おおおおおおおお〜〜〜〜!(言葉が出なかった)

やっぱよお似合うわぁ。かっこええ。

思えば1992年5月26日大洋戦、ヘッドスライディング亀山フィーバーで沸く中、
オマリーの骨折でいきなり「6番サード新庄」でスタメンデビュー。
その1打席目でいきなりホームラン。
そこから新庄伝説がはじまるのだが、
今でも、この試合に甲子園のライトスタンドで立ち会えたということは誇りに思っています。

しかし、新庄って選手は「ファンのツボ」ってものを本当によくわかっているね。
生まれついてもエンターテイナーなんでしょうねえ。

さて、この件を日曜日の朝、某番組で「アジアの・・・さん」はどう評価するんでしょう?まあ、あの時代錯誤なカチンコチン頭だから「喝!」なんでしょうな(笑)

日本ハムのヒルマン監督の「ファンは喜んだ。そのためにやった」
この言葉に尽きると思う。

試合は・・・・どうでもいいや(笑)
新庄のこの姿を見れただけでおなかいっぱい。
| 虎話 | 12:14 | comments(6) | - |
ジェフを一軍に上げるときどうする?
ジェフがもうすぐ戻ってくる!わ〜い!

・・・確かにうれしいのですが、一軍の外国人は4人まで。
開幕当初はダーウィンを落とせばって感じでしたが、
そのダーウィンがまさしく「進化」したようなピッチングを
披露している状況なので、さあ!困った!

簡単に考えるならばスペンサーを落とす。
しかし、右の代打でムードメーカー、ここのところ調子を上げている。
そして一番の問題は「阪神球団とどのような契約を行っているか」
もし、メジャー契約をしているならば怪我でもしていない限り、
下には落とせない。

そうなるとオックスかダーウィン。
問題は福原をどう使うかだろう。もし、先発で考えるならば
井川・安藤・江草・下柳・杉山・福原で6人埋まるのでオックスはいらなくなる。
しかし、先日の日本ハム戦ではガッツ小笠原にHR打たれたものの
上々のピッチング。
かといって、ダーウィンも12試合15回2/3投げて自責点1の防御率0.57。
奪三振16に課題の四球もたった2つというすばらしい内容。
僅差で負けているときや先発が早く崩れたときには欠かせない存在になっている。

う〜〜〜ん・・・・そうなるとオックスかなあ。
もし、ダーウィンの調子が落ちてくれば、
オックスを上げて福原をリリーフに回す。
(江草でもいいのだが、先発で結果が出ているから)

浅井が代打で十分使えるメドがたったので
スペンサーを落とすのが、個人的には良いと思うが問題は落とせるのかどうか。

その前にジェフが昨年までの投球ができるということが前提ですが。
| 虎話 | 17:43 | comments(4) | - |
とりあえず
色々と事情があって、前のブログは閉鎖しましたが
新しく立ち上げました。
まだ、何もありませんが、ぼちぼちと更新していきます。
よろしくお願いします。
| - | 21:46 | comments(5) | - |