RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

PROFILE

RECOMMEND

新宿スワン 1 (1)
新宿スワン 1 (1)

最近ハマっている漫画
歌舞伎町のスカウト物語。
裏社会に興味のある人は必読
Yの悲劇
Yの悲劇

超有名な作品ですが、
私がミステリーにはまったきっかけの作品です。まだ読んでない方は是非お読みください。ちなみにこの作品は4部作です。
OTHERS


06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Tigers is my destiny  (阪神こそ我が運命)

阪神を中心に野球の話題を
久保×マストニー×甲子園=奇跡?
木曜金曜と歓送迎会続きで疲れたせいか(後述に理由は判明)、ものすごくしんどかった。
よっぽど土曜日のチケットを譲ろうかと思いましたが、結局都合がつかずに一人で行こうと思ったら相方が「仕事終わってからいこうか。時間は保証できないけど」と言ってくれたので、行くことにした。
いきなり、能見が四球、犠打、タイムリー、そして特大の本塁打とあっさり3点失点。特に村田の本塁打なんて上段あたりまで飛んでいったw
久々にあんなすごいの見たわ。

この日の能見は昨年までの能見やったね。
6回も自分の悪送球でピンチを広げて、村田敬遠で満塁にしたのに次打者の左の佐伯に押し出しと、不快指数の高いピッチング。
全般的に球が高かったね。まあ、今まで一年を通して活躍していないからそろそろへばりが来る頃。これを乗り越えてこそ本当のローテーション投手になるんだけど、彼の場合は自信喪失というのが悪影響しそうで困る。
ただこの日は写真のような2人足して87歳というとんでもない対決も見れました。



しかし、工藤は金本にホームラン、ブラゼルに火の出るようなヒットの後、代打高橋光信にもホームランとやはり年齢を感じさせる内容でした。
だって渡辺久信監督より2つ上なんだもんなあ(汗)
まだ一軍で投げているだけで尊敬に値すると思う。まあ、全盛期を知っているだけにさびしいちゃあさびしいけどね。
結局、ジェフが伏兵新沼に本塁打打たれて万事休すなんだけど。
まあ、先発が三浦だけに苦労するかと思ったが・・・

気を取り直して、日曜日。この日は朝から色んな用事があって出かけましたが、色々と幸せなことがあったり、宝塚記念が見事完璧的中したりと「今日はついているぞ」という感じで甲子園へ。

・・・・6番ライトウィリアムス???
偵察メンバーだってことはわかるんだけど、普通は使わない先発投手を偵察にしないかい?それともジェフに何かあってとても投げられる状態じゃなかったが抹消する時間がなかったとか?意味がよくわからなかった。
まさか、「ジェフが残っていると使いたくなるから最初から使えなくしてしまえ」というようなダイエット中の人が欲望から逃げるみたいな内容じゃあるまいな?

先発は久保とマストニー。前回の奇跡のサヨナラと同じ先発。
いきなり久保は伏兵下園に一発を浴びる。そして阪神打線はのらりくらりのマストニーをつかまえられない。関本と林以外はなかなか捕らえられない。

そんな状態なのに7回表にアッチソンを登板させるときに当たっている林をはずす。
あのなあ(怒)アッチソンを2イニング投げさせたいのはわかるけど、今は0-2で負けてるんやぞ。点取らないと勝てないのをわかってんのか!?
9回に確実に回ってくるんのに、なぜ当たっている林をはずすかなあ?
0-0か勝っているならいいけど、2点負けているときの策じゃないと思うぞ。

さらに7回、無死1・2塁で赤星の場面、木塚に2ストライクに追い込まれたあげく併殺打・・・。私は選手じゃないし技術的なことはあまり言いたくないのだが、2ストライクになって赤星でスリーバントなんかありえない状態でなぜバスターもどきのような中途半端な構えをさせていたのだろうか?
これによって結果がどうなるかはわからないけど、なんかすっきりしないというか。。。
正直、この後関本が凡退した時点で「今日は負けか」と思ったし、周りもぞろぞろと帰り始めた。

9回に藤川投げさせたときも「こんなグダグダな試合で藤川見てもうれしないわ〜!」と球場で怒号が渦巻いていました。
そして9回裏、相手は横浜売り出し中のリリーフエース山口。今日の阪神じゃ太刀打ちできそうにないやろなあ〜とヤサグレ状態でまず林の打順に入っていた平野が2ゴロ。
ここでさらに帰る客が増える。

鳥谷イレギュラーヒット「ラッキーやな。でも2点あんねん」
狩野ヒット「一発でたらサヨナラやけど・・・中軸ちゃうしなあ」
葛城ヒット「おおおおおおおおお???」


1死満塁です。そして赤星に代えて代打桧山。
後から知ったが岡田元監督がこの「代打桧山は狩野のところでするべきだ」と言っていたそうだが、この状況では赤星→桧山で正解でしょう。いくら経験は薄くても打率チーム1の狩野を代えるのは間違いだと思う。チャンスで一撃で決めたい場面で長打のない赤星に代打桧山でよいと思う。
しかし、犠牲フライ。1点は入ったが2アウト。正直、万事休すかと思った。
2死で関本。目の前の左中間が空いている。「ここに打球が抜けたらなあ〜」なんて願っていると本当にそこに打球が飛んで抜けて行った。
そこからしばらく覚えていない。周りの人たちと大騒ぎしていたとは思うけど。
相方のサヨナラ伝説はまだ生きていたか・・・・。
しかし久保VSマストニーin甲子園は2回とも奇跡の展開。ありえへん。

まあ、今日はめでたい序曲な日なのでふさわしい内容でよかったです。





これで観戦成績9勝13敗・・・相変わらず負け越しが減りません(涙)
今日は運良く勝てたけど、もうちょっと真弓采配の精度を上げてもらわないとしんどい試合が続きそうですね。

少し体がだるかったがこの喜びで吹っ飛んだ。
そして本日会社へ行くと、どうも金曜日の飲み会メンバーが軒並み体調不良を起こしている。群馬から出向していたS沼くんと新人の子の歓送迎会だったのだが、群馬に帰ったS沼くんにもメールしてみると「腹痛がひどかった理由がわかった」ということでどうやら軒並み当たったらしい・・・・。S沼くんは群馬で点滴を受けているそうな。

原因は牛肉のたたきか?鶏肉のたたきか?それともサーモンの和え物か?

どうやら土日しんどかったのはこのせいかも・・・ただ腹の方は俺にはわからないからねえ・・・普段からだから。

みなさんもこの時期からの生ものはくれぐれもご注意を。
| 虎話 | 17:55 | comments(3) | - |
ジェット風船問題について
神宮での風船飛ばしが禁止になった。
これは新型インフルエンザ関連でなく、環境や周辺への配慮などが要因なので今後もずっと続くでしょう。

逆に甲子園は本日から風船飛ばしが解禁です。
甲子園の阪神ファンの中でも賛否両論ありますが、私の個人的見解を以下に言わせていただきます。

まず、この新型インフルエンザ関連での風船飛ばし自粛によって、試合後の甲子園が非常にきれいになりました。
試合後に多数の有志がボランティアでゴミ拾いをして帰りますが、以前は落ちた風船が多く、その中に食べ残しや食べた後のゴミが散乱することがありましたが、風船がなくなってゴミが目立つようになって放置しづらい雰囲気になったのか、自主的にゴミを持ち帰ったり、収集している人のゴミ袋に入れてくれたりするような傾向が見えていました。

そういう意味では風船飛ばしはなくしてもいいのかと思いますが、一方、長年の阪神の応援のある意味「ジェット風船=阪神の応援の象徴」になってしまっているという問題です。
私たちのように四六時中阪神のことが気になる人と違って、チケットもらったから行こうというようなLightなファンは結構この風船飛ばしを楽しみにしています。
実際、今回うちの会社に研修に数ヶ月来ていた子を数人甲子園に連れて行きましたが「風船飛ばせなかったのが残念」と言っておりました。
球団が運営する「応援シート」みたいなものにも応援グッズとしてジェット風船がついてきたりと球団もいわば「公認」しているわけだし、阪神を中心に報道する虎バンやぶったまなどの報道番組も番組特性のジェット風船を作るなど「阪神の応援はジェット風船ありき」というのが一般の人の認識だと思います。

そういう中で廃止するには今回のインフルエンザのような「絶対的な理由」が必要だと思います。不衛生とかそういう価値観レベルの内容では廃止はできないでしょう。
神宮で廃止にできた背景にはヤクルト側は風船を飛ばさないという部分があったからだと思います。もし、これが「傘での応援は禁止」となったら大変なことになると思います。
実際、風船で長年商売やってきている人もいるわけで、上記のように球団が実質的に公認している以上これをなくすにはかなりの労力が必要になってきます。

その反面、私が不満なのは風船を飛ばすタイミングですね。
現在、7回の風船飛ばしだけでなく、勝利の瞬間に飛ばすのが慣例化しています。
これには反対です。その頃にはだいたいの場合、藤川球児が投げているわけで野球を見に来ている人は藤川の投球が見たいのに風船のおかげで見づらい。
甲子園は試合中にイベントはあるけど、そもそも目的は野球を見に来るところであって、その目玉とも言える「藤川の投球」が見づらいというのはおかしいと思う。
私はあと1人コールのときの風船はふくらましません。

ラッキー7の風船飛ばしはもう「名物」化していますし、インプレーではないのでこちらはそのまま継続で良いと思います。
ただ7回の風船とばしのために7回表に早々と風船をふくらませている人もいますけど、これもなるべく遅めにしていただきたいものです。(まあ、肺活量は人それぞれなんでこちらに関しては程度問題と思います)

結論として、正直、私個人の価値観としてはゆっくり野球を楽しみたいし、風船飛ばしはなくなっても良いと思います。

しかし、現状として甲子園名物となってしまっており、これを楽しみにしているファンが多い中、すぐに廃止というのは無理でしょう。
不衛生だとか言って即廃止、廃止と叫んでいる方は左に多い自分の価値観しか認識できない連中と同じだと思います。よく「タバコなんか害があるんだからこの世からなくしてしまえ」とヒステリーに騒ぐ嫌煙家のような人ですね。

ただ今回、風船飛ばしがなくなると球場内が綺麗になるのではないかということも証明されました。

まずは勝利の瞬間の風船を自粛する方向でいけば、散乱する風船の量も半分になると思いますし、環境問題という点については良化傾向にあると思います。
実際、私のように「藤川の投球が見たいのに、風船が邪魔」って人も多いと思います。

急激なダイエットはリバウンドが激しいのと一緒で徐々にフェイドアウトさせる方向が一番いいでしょうね。

ん〜、なんか自分に都合のいいような意見になってるかな?(笑)
| 虎話 | 12:42 | comments(3) | - |
リーグ戦再開を前にして
いよいよ明日からリーグ戦がはじまります。
これまでの阪神の成績は24勝33敗3分の5位。
昨年の終盤のバテや、主力選手の高年齢化による戦力低下を考慮しても13ゲーム差ひっくりかえされたとはいえ、82勝59敗3分の堂々の2位だった昨年に比べてあまりにも無惨な成績だと思います。
せめてこの戦力なら5割前後にいてもらいたいんだけど。
ただ、このままの戦力では来年以降どんどん落ちていくのは目に浮かぶし、真弓監督就任時には「今後の阪神を担う選手の育成」という展望もあったはず。
それにしては今のところ「虻蜂取らず」でほとんどプラス要素がない。
前半戦の真弓阪神での動きは

1.JFKの解体(先発投手の辛抱、能見の成長はここにあったと思う)
2.狩野の育成(矢野に比べるとまだまだだが、来年以降正捕手でいけそうなメド)
3.ブラゼルの加入

なんかさみしいよねえ。やはり選手の競争がないんだよね。
ライトは桜井、林、葛城の併用だが競争というより投手の左右や真弓監督のよくわからない一存で決めている感じで競争という感じがしなかった。
葛城はともかく、桜井、林は併用というより競争させてほしいね。
調子の良いときは固定してやって、ある程度我慢して使って内容が悪くなったら(結果はともかく)交代する。2人とも調子が出ないなら短期的に葛城や平野、もしくは桧山を起用するなど。

ようやく最近桜井がポジションを獲得した感じがするけど、しばらくは我慢して使って欲しい。他球団を見ればわかると思うが1年間我慢して起用した結果、数段レベルアップして今年活躍している選手がいる。(例:日本ハムの糸井など)
やはり選手の成長には我慢が必要。
平野、葛城はすでに経験は十分だから併用でもいいけど、林や桜井はまだ経験させる価値はあると思う。林は年齢的にもギリギリだけど楽天草野などを見ればわからないし。
というわけで後半戦は桜井を固定してとことん我慢して欲しいです。林がもったいないんだけどね。
ほんと、なんで交流戦のDHで林をほとんど使わなかったのか。。。

後は新井、鳥谷あたりの「不振の中軸」をどうするかかな?
鳥谷も一度代打は出されたものの、その後もずっと特待生扱いは変わらないし、新井も過去の実績から代わりの選手は難しい。けど、ずっと出ずっぱりにするメリットってあるのだろうか?
それと、いつぞやの真弓監督の発言「調子のいいヤツをはずして、わざわざ調子の悪いヤツを使うはずが無い!」

この発言見て唖然とした・・・思いっきり使ってるやん。

「調子は悪くとも実績があるので、そのうち活躍してくれることを信じて使ってます」
とかいうのならまだしも・・・・。真弓監督自身に自覚がないのが一番こわいね。

まあ、選手たちもいくらモチベーションが下がっているとはいえ、この順位では情けないと思っているから奮起してもらいたいね。
まあ、一番は真弓監督が選手のモチベーションを上げることができればいいんだけど。

チームの防御率や打率を見てもこの順位にいるのが不思議だし、やはり真弓監督以下首脳陣になんらかの問題があるのは明確。
(打てないことを理由に「真弓采配はおかしくない」という方々は広島のスタメン野手の成績を見ることをお勧めする)
ブラゼルが入って、「わかりやすい野球」ができる環境になったので、まずは難しいことは考えずにオーソドックスに戦って欲しいです。奇策はいりません。第一、使いこなせてないし。

後半戦は本人が宣言した「調子の良いやつを使う」を是非実践して欲しいね。有言実行でお願いします。

あと、若手の可能性追及もね。藤本や葛城、光信なんかは起用したらある程度の活躍はするけど、レギュラークラスになる可能性は低いんだから、未来のレギュラーやエースを探してください。それだけに今年初めて二軍戦を見たという真弓監督のコメントには失望した。

「藤本や林の調子を見に来たんだけどね」
「(若手の入れ替えはないかと聞かれて)誰を落とすんや?」

自分の発言の影響力と、何を求められて監督になったかをもう一度考え直してください。
これじゃ二軍の選手たちがかわいそうだわ。

真弓監督本人には正直、期待できないから誰か右腕になる人物が欲しいですね。
岡コーチでは役者不足みたいだから。島野さんなんかは星野氏の良いところだけを引き出して悪い部分を押さえていたからね。押さえ役のいなくなった今、星野氏は「分別わきまえないただの我の強いおっさん」になってしまったからね。
中で育ててもいいし、外部招聘しても良いから頭脳が欲しい。
巨人を見ればわかるでしょ?
戦力もあるが伊原、尾花などの名コーチと言われる人々に支えられて快進撃を続けている原監督。しかし、名コーチを集めただけでは決してチームはまとまらない。では原監督の役目は何か?真弓監督にもそのあたりを考えていただきたいものだ。
ただこの部分には「持って生まれたもの」も多少必要で努力でカバーできないからなあ。
まあ、まずは前半戦の戦い方の反省をしてもらって、自分の失敗に対して正面からぶつかっていける器量があるかどうかが、今後の阪神の戦い方に影響しそうな気がします。

リーグ戦再開後、前半と違ってどれだけ真弓阪神に進歩があるか、それともまたもや落胆させられるのか?
お手並み拝見といきましょう。
| 虎話 | 12:40 | comments(4) | - |
先週は観戦1勝2敗でした。
先週は観戦成績1勝2敗。
日本ハム戦は負け、楽天戦は1勝1敗・・・

日本ハム戦については言いたいことは先の記事のTomoさんへのコメントで書いたから割愛します。しかし、普段京セラで応援しても負けてばかりの日本ハムがこんな日に限って勝たなくてもねえ・・・。日本ハムの応援団の方はそんなに多くないのですでに何人か顔見知りで最近は挨拶もしてくれるようになりました。
レフト見ながら「楽しそうやな〜」と思いつつため息ついていました。



週末は甲子園での阪神−楽天戦
土曜は勝利の女神のパワーも届かず、安藤がボッコボコに打たれて負け。
ピンチで首位打者草野。「まあ、1点はしゃあないわ。長打は少ないからまだ救いが・・・」と話していた瞬間にライトにドカン・・。
続いて山崎で「本塁打警戒するならこっちやのに・・」と話していたら山崎もバックスクリーンにドカン。
そっから長打2発でさらに1点。ボコボコです。
まあ中継ぎ陣も頑張りましたが、ブラゼルの2点タイムリーだけじゃあねえ。
相手の3番中村は昨年育成選手上がりで、6番丈武なんてこないだ育成から登録されたばっかりだよ。
高い給料もらっている連中が何やってるねん(怒)

日曜日はなんと楽天の先発は藤原。阪神がクジではずした新人を初登板で持ってくるとはなかなか皮肉なことをやってくれるもんだ。
これで抑えられたら赤っ恥というところでしたけど、さすがに意地を見せてくれましたね。
ただ、ヒットがラッキーヒットが多かったのがちょっと引っかかりますが(汗)
楽天も色々苦難があった元阪神ドラ1の中谷が10年目のプロ初本塁打を甲子園で打ったし、
思わず拍手してしまいましたわ。勝ったから良かったけどあれで1点差になってしまったから結構やばかったんだけど。まあ、球児も見れたんだけどさ。





しかし、この試合いまだに引っかかるのは1死1塁での狩野の送りバント。
セーフティかと思ったけど、どう見ても腰を落としての送りバントでした・・・。
次の打者は能見なんですが(汗)
さすがに真弓監督の采配ではないとは思いますが、(もしそうなら速攻辞めろと言いますw)山脇コーチのミスか狩野のミスかはわからないけど、ちょっとは疑問を持って行動しろよ。誰がどう考えてもおかしいやないか(怒)

能見がムーアだったら話はわかるけど。

真弓監督もなんかここんところ投手の継投がやはり早いねえ。
まあ、しばらく休みが続くこの状況だからというのならいいんだけど、リーグ戦開始後も同じようでは元の木阿弥だ。せっかく先発が我慢できるようになっているのに。
それと気になったのは桜井の交代。2点差で守備固めで平野に代わったが、すこ〜し早くなかったかな?
まあ、これはあくまで私の直感で思っただけなので、おかしな采配でもなんでもないんだけど・・・。

まあ、真弓監督にはこの交流戦休みでちょっと前半戦の自分の行っていた発言や行動を振り返ってもらいたいね。後半戦そのあたりの修正や改善が見られることを願う・・・ってか祈りたい!
私の中ではここ最近にも2つほど納得できない真弓発言があるのだが、それについてはまた今度かきたいと思います。

しかし、これで観戦成績8勝12敗・・・・勝率400
まあ、しゃあないか。
日曜は負け男S君と一緒だったが、これで彼は観戦成績3勝4敗となり、勝率を抜かされてしまいました・・・。うむう。
| 虎話 | 17:55 | comments(3) | - |
岡田時代の悪い部分はマネしなくていいんだってば
やっと連敗が止まった。
勝つには勝ったけど、私はちょっと気になった部分は多い。

久保を5回で下げて、渡辺→ジェフ→アッチソン→藤川と投手リレー。
ジェフの登板について疑問がある。あの場面代打坪井が出て、田中、糸井と続くことからジェフを持ってきたのだろうが、その後に稲葉やスレッジがいることを考えれば2イニングを考えるべきだし、打順もそれを加味して考えるべきだと思う。
結局、ジェフが抑えたものの7回に代打の関係で8回は稲葉、高橋、スレッジと2人の左の中心打者がいる場面でアッチソンを使わざるをえない状態へ。
結果論的にはよかったが、稲葉の当たりが新井のファインプレーで助かったようなもんだ。
稲葉、スレッジを考慮するなら7回は江草、8回ジェフで小谷野までいったらアッチソンで良かったんじゃないかな?8回に稲葉から始まるところにジェフをぶつけるべきだったんじゃないかな?

それともっと気になったのは、この投手継投って岡田采配の起用法だよね?
真弓監督になって良くなった部分は「先発投手を我慢する方針」「機動力重視」
その場その場の投手起用や投手の選択肢などには非常に疑問符のつく采配が多いが、先発を我慢するという方針は中継ぎ陣にとって非常に良いと思う。
その良い部分を否定して、岡田監督時代と同じような投手起用したらあかんでしょ!まあ、勝ちにこだわって昨日だけこうしたってならいいんだけどねえ。
こういうところが一貫性がないんだよ。
やはりこういう大方針ってものは余程のことがない限り動かしてはいけない。

あの投手起用では決まった投手以外使えないのは岡田時代で実証済み。
ただでさえ、岡田監督が酷使した戦力で同じことをやっても昨年以下の結果しか残せないと思う。
今はやはり新たな道を探るべきであり、先発投手陣の我慢というのはその点で非常に良い方向性でどんどん若手投手などを育てて起用してほしい。ジェンや小嶋を起用していたのに、ここにきてそのあたりの部分も消極的になっているしねえ。
そういった良い部分はどんどん継続して欲しいんだけど。

ただ、そんな中、トレード話が浮上してます。
藤田太陽と西武赤田・・・っていうかよく赤田を出すなあという印象ですが
それについては決定してから話します。

これは真弓監督の意向でしょうね。
本来はヤクルトのような守備力機動力で勝つチームにしたいのだろう。
これで本当にG.G取ったら「全然言っていることと逆やんけ」って言うところですがw

しかし、昨年までの阪神は対極のようなチーム、そんな中で5年間野球やってきたのにいきなり全部変更されたら選手は戸惑ってしまう。
特に「そこそこ打てるが守れない、走れない」といった林や桜井にとっては死活問題になる。大きな変更をするときにはそのあたりのケアなども必要だし、いきなり一気に変えようとしても選手はついてこられないと思う。
そういった選手の立場も考えてやってほしい。

昨日打順を岡田監督時代のような感じに戻したが、どういった真弓監督の考えがあったのか。そこがポイントだと思う。
「うまくいかないから昨年までの起用に戻そう」というような安易な考えであれば、やはり今年でやめてもらいたい。
そうではなくて「とりあえず、原点に戻ってそこから自分の色を出したい」という意思であることを願いたい。

私が真弓監督に不満なのは「言っていることと、やっていることが違う」「計画性が無く場当たり」「選手起用が不明瞭」

そして何よりも一番不満なのは「起用に真弓監督の考えが見えない」こと。
確かにフロントからブラゼル獲得したりと真弓方針に反してチャチャが入る部分はわかりますが、そこはやはり真弓監督がそういった方針を明確にしていないという原因もあると思います。

結果論でしか物を見られない人は昨日の試合の采配を名采配とか言っているけど、私は岡田監督時代の悪い部分が復活しないか非常に心配です。

岡田采配は「目の前の試合をいかに勝つか」に長けた采配であり、今のような育成急務なチーム状態にはそぐわない。だからこそ岡田采配にはないような今のチーム編成にあった采配を真弓監督にはしてほしいもんですが、今のところそれ以前の問題ですね。
やはりもっと真弓色を前面に出してもらわないと・・そうじゃないと選手もどういう野球をやれば起用してもらえるのかわからないと思うし、選手のためにもそのあたりは明確にしてほしいものです。
最近、こういった管理職目線で見てしまう自分に時の流れを感じてしまいます。

しかし、鳥谷・・・最近守備がすごく良いねえ。
中心打者として期待するからアレだけど、あの守備なら守備だけでも十分価値あるし、なんか15年前の新庄みたいになってきているなあ。
ただ、ポテンシャルと年俸考えたら打つほうももっとやってもらわなあかんけどね。
| 虎話 | 12:44 | comments(7) | - |
のらを探せ!
先週土曜にUSJに行ってきました。

トワイライトパスという15:00以降入場の割引券で行く予定だったのですが、
先週、会社で「土曜日にTさん(九州から研修に来ている女の子)連れてUSJ行くんやけどどう?」とブッキングな誘いがありました(笑)

普通なら「先約があるからごめん」で済むんですが、そこは関西人のネタ提供へのサービス精神の良さがわざわいして、「先約があるけど、同じ場所にいるかもしれん(笑)」と答えてしまった。
結局「のら(仮名)さんを探せ」というゲームも同時開催で行われることにw

16:00前に到着して、会社同僚6人に「ただいま入場」とメールしてゲーム開始w
とりあえず、スパイダーマンに乗って戻ってきたらまたメール。
「そろそろヒントくれ〜」と。仕方が無いので「今ここにいます」と写メールを送ったりと「見つかったら後が大変なのはわかるが、見つかったらどうなるか面白そう」という自分のドタバタを面白そうと感じてしまうのはやはり関西人独特なのかも。

結局、向こうから電話があり、「今、バックトゥザフューチャーにいますけど、近くにいますか〜?」と・・・。
残念!全く反対側だ。パレード前なのでもう移動できない状態。
ほっとしたような、がっかりしたような複雑な気分でパレードを見ました。



なかなかスリルもあり、楽しいひとときでした。

阪神?しらんわ(怒)
このまま負け続ければ、さすがのルンバさんも若手育成の必要性を感じるやろ。
「切り替えるしかない」とか「明日は勝ちます」とか根拠もへったくれもない発言ばかりせんと、何が悪くて何が必要なのかを考えて実行して欲しい。
「明日は勝つ」といって勝てれば世話ないよ。
まあ、似た発言をして阪神が負け続けたことはありましたけど・・・。
| 日常 | 19:00 | comments(1) | - |
もうルンバ真弓と呼んでいいですか?
呆れて何も言えないね。

勝敗は別として、なんであそこでジェフなの?
いろんなところで言われているけど、「今期の与四死球率」「慣れない球場のマウンド」
いきなり9回の満塁のサヨナラのピンチで出すか?普通。
真弓監督は選手のデータとかを分析するってことをやっているの?
ミーティングでは何を考えているんだ?

確かにG.Gに打たれて1死1・3塁になった時点でサヨナラは覚悟したよ。
ただ、あんな自滅で負けちゃあ話にならない。
アッチソンそのままか、交代するならいっそのこと藤川だと思う。
ただ藤川も最近コントロールがいまいちなんで、やっぱり交代はないかな・・・。
あそこでジェフが出てきても脊髄反射的に右打者に代えずに左の大崎のままでいった。
江藤とかを穴の多い選手を代打に出すなら、大崎の方が四球をとれるという見事な判断ですな。
やはり臨機応変に頭を使って采配している渡辺監督と左が出たから何も考えずにジェフを出した真弓監督。
悲しいほど采配力の差が出ましたな。

そもそも試合当初から今日も5番DH桧山。
真弓阪神の方針は「若手中心の起用」だったはずよね。今更桧山ですか?
先日の楽天戦はカンフル剤として効果が出たけど、だからといって今後もずっとDH桧山で良いわけがない。
それに林はどうするの?林は打撃好調なのに守備に不安とか言って使ってなかったが、DHでも使わずにどうするの?
なんか林の扱いが理不尽なまでにひどいような気がする。
結果出しているのに使われなかったり、使われても左投手が出たら交代。
無理に林を起用していないような感じすらする。
前任者の岡田監督は一部の選手を贔屓する傾向はあったが、一部の選手を干すということはあまりなかったように思われる。(贔屓の結果、干される形になることはあっても)

とりあえず、今の阪神は防御率2位、打率4位、本塁打5位、盗塁1位
そして得失点差は+14点(ヤクルト+18点、広島−17点 中日+21点 横浜−65点)
得失点差が+14点なのに借金6って、明らかに采配に問題があるということを示しています。
広島なんかすごいよねえ。いかに上手に戦っているかってことです。
逆に阪神はいかにまずい戦い方をしているかってことですよね。

おまけに若手を使ってこれならまだしも中堅、ベテランばかり起用してこれでは話にならない。

正直、3ヶ月経ってもこんな采配続けているようじゃ、経験を積んだからといってまともな采配になるとは思えないね。

とりあえず今のところは素人以下の采配と言われても仕方がないよ。
ファンの方が今年の選手の状況をよく知っているんじゃないかな?
それぐらいひどい采配だということを自覚してもらいたいよ。
改善しようと努力するか、身を引くかは本人の自由だが、このままでは阪神がボロボロになるのは確か。
| 虎話 | 12:49 | comments(5) | - |
先週末の感想を一気に
最近、忙しくてすっかり更新が滞り、すいませんでした(汗)

でもちゃんと週末と月曜の観戦は行ってきました。
土曜はオリックス戦。久々に大学時代の旧友Kと観戦。
関東にいるときは正月や夏休みなどの節目節目の帰省時に会っていたが、こっちに戻ってきていつでも会えるという感じで1年半ほど会っていなかった。
たまたまKから飲みの誘いがあったので「昼、久々に甲子園はどう?」という流れ。
実はKは大学時代は熱烈な阪神ファンで在学初期は2人で真弓監督の実質引退試合や平田ニ軍監督の引退試合他数々の試合に行った。しかし、3年生ぐらいになってKが競馬にはまり、天皇賞のビワハヤヒデ単勝(確か1.5倍)に親からもらった生活費10万円全部突っ込んで(結果5着、レース中屈腱炎発症が判明しそのまま引退)一文無しになったりと話題をふりまき、そのうち今度は玄人女性にはまったりとどんどん阪神から離れていきましたw
今回の観戦も7年ぶりだそうで、外野席は10数年ぶりだそうです。
まず応援歌(HM)がわからんとゆうてました。当然やわなw
1番・2番以外は桧山の応援歌ぐらいしかわからないんじゃないか?いや、桧山の応援歌自体もまだ藤田平のやつだったかも。
そんな友人も試合が良い感じだったのもあって、試合が進むにつれて昔の血が騒いできたようで、俺の歌うHMを覚えてマスターしていました。





その後梅田で一杯やりましたが、「昔と違って強くなったなあ〜あのころの4番って平塚か?」とか「昔は5連勝しただけで優勝したような大騒ぎしてたなあ〜」など昔話で盛り上がっていました。確かにファンも贅沢になってきたのかもねえ。

そして日曜は会社の同僚2人を連れて観戦。九州から今月一杯まで新人研修でこっちに来ているあびる優似のTさんといつものボギ男Sくんです。
先発杉内」「好調ソフトバンク」「負け男S」さらにS以上に負けが混んでいる某会長も参戦
ということで覚悟はしていましたが、最終回にドラマ!





Tさんにはいい思い出が出来たと思います。実はこの日もう一つすごいことがあって、偶然昔、持病で手術したときに一緒だった同じ病気の戦友たちと再会した。
うち1人は2年前の京セラドームの開幕戦のときに試合前のドーム見学会で偶然再会していたが、ちょうどそのときの話をしていたらしく、

「そういえば、前に京セラドームでのら(仮名)に会ってん。」
「へー、元気にしてるんかな?」
「元気そうやったで」
などと話しているときに私が前を通ったらしく、

「っていうかあれ、のら(仮名)ちゃうん?」

ということで声をかけられた。球場には知り合いはいっぱいいるが、あまり本名で呼ばれることは少ないので最初は誰やろうと思ったけど、まさかそっちの人間関係とは(笑)
試合後に興奮冷めやらぬ状態で2人がやってきて、大喜びで写真撮りました。
写真は載せられませんが、一見阪神ファン3人の写真だが、全員腹に傷跡があったりしますw
これもやはり縁なんでしょうねえ。5万人の中でまさかねえw

さて、2日間最高の試合で明けて月曜。3戦連続観戦はしんどいので誰かに譲ろうと思ったが貰い手がなく、例のGさんが「のらが行くなら行くよ」ということで結局行くことに。
仕事が終わって18時ごろに会社を出ようとすると、「今から組合の打ち合わせするっていったら怒る?」と言われました。
「怒る」と答えて行きましたが、もっと早く言えよ。
結局試合は散々・・・まあ、それまで勝ってたし、ある意味完敗だったので腹も立ちませんでしたわ。
しかし、Gさんと一緒にいくとあかんねんなあ(爆)
まあ、これからGさんは季節的に忙しくなって観戦する機会も減るので私の勝率も上がるでしょう(笑)
でも、秋になって阪神がシビアな順位にいるときは観戦誘うのやめとこ(爆)

しかし、ブラゼルが入って打線に重量感が出たよねえ。
新井や金本がいくらパワーがあるとはいえ、ブラゼルのパワーを見ていると日本車と外車のパワーの違いを感じるね。やはり外国人取るならこういったパワー型の選手がいいんだろうね。日本野球のレベルがかなり上がった今でもパワーだけはやはり勝てないもん。
| 虎話 | 17:42 | comments(3) | - |
普段見ない試合も楽しいもんだ
水曜日のオリックス−中日戦に行ってきました。

どんだけ行ってるねん!?と思う方もいるでしょうが、事情がありまして群馬から出向で来ているSくん・・・・いやそうすると元ボギ男のS君とまぎらわしいので、S沼君にしますw
そのS沼くんが中日ファンということで、普段の甲子園の試合だと私がいると思う存分応援できないと思い、京セラドームの3塁側に連れて行ってあげました。
企業優待もあって1000円でA指定に入れました。
18時半ごろに球場に到着したときはすでに1回が終了で3-1と中日リード。
長い表裏の攻撃やってんな〜と言っていましたが、これは単なる序曲でした。
両チーム打つわ打つわ・・・・5回終了時点ですでに21:00、スコアは10-10

このままいけば9回は間違いなく22時半すぎる・・・・いや、このスコアでは9回で終わる保証もないw
結局その後も点は入らないもののズルズルした展開で、終わってみれば22時40分!!疲れました・・・。
帰りには終電案内まで出ていました。
ただ、中日が勝ったのと代打立浪が間近で見れたことにS沼くんは満足していました。ドアラも来てたしw





まあ、連れて行った甲斐があったかな?

この日は試合後にサラリーマンノックというイベントがありました。
ただ、時間が時間でしたのと、あの試合展開で疲れたみたいで1000人募集のところ、50人ぐらいだったそうです。
ただ、上記のノッカーに注目を。



ロベルト・バルボン、ご存知阪急OBの変な関西弁を話す外国人で今は球団の偉いさんなんですが、今年で76歳

76歳のおじいちゃんが夜11時にノックするって・・・・
やるな!オリックス。
| 他球団話 | 17:43 | comments(1) | - |
普段見ない試合も楽しいもんだ。
阪神は札幌に行っておりますが、相方がオリックス−横浜戦が見たいということで土曜日に付き添いでスカイマークスタジアムにまで行ってきました。



私はご存知かもしれないが、パリーグは日本ハムファンであり、オリックスは正直そんなに好きではない。(オーナーと親会社の体質及び近鉄との合併のいざこざのときに一気に嫌いになった)阪急ブレーブスや近鉄バファローズなら喜んで応援していただろうけど。
新庄、坪井と好きな選手が移籍した日本ハムを応援するようになった。
ただ、スカイマークスタジアムは大好きである。まあ、私はいまだに「グリーンスタジアム」って言ってしまいますがw
オリックスが嫌いな要因の1つに利益ばかりに目がくらんで、この球場を捨てようとしたこともあります。
多分、札幌ドーム、広島ZoomZoom以外のフランチャイズには行った私が思うに「スカイマークが一番綺麗で見やすい球場」です。確かに利便性を考えると少し不便だが環境も良いし、大好きな球場です。京セラドームは選手が遠く感じ上、死角が多すぎる。ライト外野の上段席なんかライトの選手見えない!はっきりいって構造的に失格です。
食べ物の質もスカイマークの方がダントツに良い。スカイマークの食べ物なら現地で買おうと思うが、京セラで買うなら持ち込もうと思うし。
現在、スカイマークでのホームゲーム開催は京セラドームの半分。これからどんどん減っていくだろう。もったいない・・・。花火ナイターなんか最高なのに。

話はそれたが、そんなわけでオリックスも横浜も私からしたら敵チームであり、どちらが打っても「打たれた」という見方になってしまう。
ただ、私が観戦すると自分の意に反してオリックスの勝率が非常に高い。
大概は相手チームを応援しているのだが・・・。オリックスが負けたのは昨年夏に行った楽天戦ぐらいしか記憶にない。相方が阪神の勝利の女神なら私はオリックスか・・。
でも、決定的な違いは相方は望んでいる結果だが私は望んでいない結果であることだ。



試合はやはりオリックスの打撃陣が爆発。ラロッカのホームランにフェルナンデスが2発。
不振のフェルナンデスの本塁打はこれで見るの3本目。6本中3本見てるってのもすごいなあ。途中までぽーっと見てましたが・・・・

レフト大村に代わって、なんと高波が入りました。そして今年初打席。



多分最後に見たのは7〜8年ぐらい前に千葉マリンでヤクルト−阪神戦があったときに2番で大活躍したときじゃないかな?確か、先発が横田で八木が3ランかなんか打った記憶があるからかなり昔のことだろう。どっちもエラーしまくりでグダグダな試合だったと記憶している。
もう一軍で生で高波の打席を見ることはないと思ったが・・・・。
結果はもうちょいでホームランのセンターフライ。惜しかった。

そのまま6−0で9回になり、オリックスは今季初登板のレスターという外国人が登板。
ところがストライクが入らない。速球は150km出ているがコントロールがひどい。
2連続四球、打ちにいった村田は三振にとったもののまた四球で満塁w
あわてて投手を香月に代えるが吉村に満塁弾w
まあ、準備が不十分だったんだろうけど・・・やっと最下位同士らしい試合になってきた。
でも6-4になったが、そこまで。オリックスは加藤が登板。
打者が7番下園、8番黒羽根という打線だったのできつかったねえ。金城もベンチにいたのだろうけどランナー1人出ないと使いづらい場面でしたね。

結局そのままオリックスが勝利。



まあ、たまにはこういう精神衛生上平和な試合もよかったね。
多分この日の日本ハム−阪神をTVで見ていたら怒り狂ってたやろうし・・・。
はっきりいって今の阪神よりは上の2球団の方がマシな試合をしていると思う。

なんか選手自体はそんなに悪いメンバーではないんだけど、なんかスキが多いし、軽率なミスが多い・・・選手だけではなくコーチもね。
昨日の延長11回の狩野の本塁突入なんて・・・いくら2死とはいえレフト捕球時に3塁に到達していたかどうかの状態でしかもレフトは森本。これで突入させるのははっきり言ってルンバ。
返球がそれる可能性とか言っているが、そういう次元の問題じゃなかった。

逆に阪神の方は簡単にランナー返してしまうよね。
まあ、金本の場合はある程度仕方がないけど、もうちょっと色々と守備走塁コーチが教えることがあると思うよ。
先日のロッテ戦の葛城の返球がファインプレーとか言っているけど、あれは他球団なら普通にありふれたプレーだと思う。ナイスプレーだがファインプレーではない。いかに阪神の外野陣の肩が情けないかということ。
打撃だけじゃなくて守備もライトはもうちょっとなんとかしてほしい。
投手陣は頑張っているんだけどねえ。ただ、土曜の敗色濃厚の試合展開で江草を起用したり、相変わらずよくわからん投手起用もあるし。おかげで昨日の展開で使えなかった。

なんか阪神のチーム自体にゆるんだ空気を感じるのは気のせいでしょうか?
この雰囲気は10数年前に感じた空気によく似ているよ・・・・選手の気持ちがついていってないというか。真弓監督と選手の間になんか壁を感じます。
監督の起用する判断基準に一貫性がないから、選手のモチベーションが上がらないんじゃないかな?もうちょっと選手の立場、使われる立場になって考えて欲しいもんです。
活躍した次の日に起用されなかったり、なんか空気が読めないというか選手のやる気をそいでしまう起用が多いような気がします。
選手のご機嫌を取れというわけじゃないけど、やはり信賞必罰を明確にやらないといけないと思います。

最後はやはり阪神の愚痴になりました。
| 虎話 | 17:53 | comments(1) | - |