RECENT COMMENTS

ARCHIVES

PROFILE

RECOMMEND

新宿スワン 1 (1)
新宿スワン 1 (1)

最近ハマっている漫画
歌舞伎町のスカウト物語。
裏社会に興味のある人は必読
Yの悲劇
Yの悲劇

超有名な作品ですが、
私がミステリーにはまったきっかけの作品です。まだ読んでない方は是非お読みください。ちなみにこの作品は4部作です。
OTHERS


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Tigers is my destiny  (阪神こそ我が運命)

阪神を中心に野球の話題を
<< WBC 日本V2!! +おまけ | main | OP戦最終戦 >>
2009ペナント予想 パリーグ編
そういや、パリーグの予想をすっかり忘れていました。
うかうかしてたらペナントはじまるやん。

1.西武 投手+0.5 打者-0.5 守備±0 (五輪+1) 計+1
2.オリックス 投手+0.5 打者+1.5 守備-0.5 計+1.5
3.ロッテ 投手±0 打者+0.5 守備±0 (五輪+1)計+1.5
4.ソフトバンク 投手+0.5 打者-0.5 守備±0 (五輪+1.5)計+1.5
5.日本ハム 投手-1 打者+0.5 守備±0 (五輪+1) 計+0.5
6.楽天 投手±0 打者±0 守備+0.5 (五輪+0.5)計+1


セリーグに比べて、ややこしいのは北京五輪の補正が必要なこと。
昨年のメンバーの中でパリーグは主力戦力を根こそぎもっていかれたチームが多く、特にソフトバンクやロッテなんかはお話にならなかった。

そのあたりの補正を()として今回は要素に入れてみた。
しかし、パリーグは難しいなあ・・・。
戦力に差がほとんどないんだもん。

チーム毎の分析は以下の通り。
西武
IN:<投手>ワズディン・野上(新人)<打者>清水 
OUT:<投手>キニー<打者>ブラゼル
昨年の覇者西武。王者らしく、それほど戦力に変化は無い。
ただ4番を打っていたブラゼルが抜けており、その補充はなし。
しかし、後半ブラゼルなしで快進撃を繰り広げたわけで、さほど影響は無いか?それにこのチームは主力が若いので年々成長が期待できる。
さらに若手の大崎などの成長もあり、まだまだトップは譲らない気配。

オリックス
IN:<投手>ボーグルソン・レスター・伊原(新人)
  <打者>フェルナンデス・大村
OUT:<投手>デイビー・オルティズ
   <打者>村松・清原
昨年一番成長を見せたオリックス。コリンズが辞任した途端にこれなのが因果なもんなのだが、やはり若手先発投手陣の成長がこの要因でしょう。
さらに今年はエース平野が復帰し、打線にもフェルナンデス、大村という補強があり、ますます戦力UPが期待できる。
ただ、問題は守備面。フェルナンデス次第ではローズがレフトを守ったり、
フェルナンデスがサードを守ったりと不安はある。
また、昨年後半に順位を上げた理由に五輪代表で誰も派遣が無かったというところもあるのでそのあたりも加味すると2位確保というところだろうか?

ロッテ
IN:<投手>橋本健・木村(新人)・坪井(新人)
  <打者>井口・ランビン・バーナムJr
OUT:<投手>久保・アブレイユ
   <打者>オーティズ・ズレータ

一番の補強はなんといっても井口の加入でしょう。
オーティズと比べたら打撃守備ともに少しずつUPしそう。さすがに井口はグラブをボールに投げつけないと思いしw
ただ、久保が阪神に移籍し、先発の誰かが故障や不調のときのスペアがいないし、ランビン&バーナムコンビもなんか小粒。ジャックスパイク以来かもしれないにおいがする。
ただ、ロッテが後半順位を下げたのは西岡、里崎など主力を根こそぎ取られた部分もあるのでまともならAクラスは十分狙える。

ソフトバンク
IN:<投手>ロー・ファルケンボーグ・ジャマーノ・巽(新人)
      摂津(新人)
  <打者>アギーラ・村松
OUT:<投手>スタンドリッジ・ニコースキー・ガトームソン・パウエル
   <打者>大村・的山・レストビッチ

昨年の最下位は論外。なぜなら先発エース2人と内野の要を五輪で取られたらそりゃあどうしようもありません。まともなら3位ぐらいにいるチームです。
それに今年は馬原がおり、斉藤も復帰してくるという話なので、最下位はないでしょう。
戦力は外国人を中心に入れ替えが多いですが、正直たいしてかわらないような。ただ巽あたりは戦力になりそう。
後は外野大村の穴をどうするかでしょうが、タムランカーが怪我しないかどうかでしょうね・・・期待できないかw
アギーラはあんまり期待できなさそう。アダムレベルかな?

日本ハム
IN:<投手>林・ウィング・榊原(新人)  
  <打者>ヒメネス・二岡・大野(新人)
OUT:<投手>MICHEAL・グリン・歌藤
   <打者>工藤

パリーグの中で戦力ダウンの可能性があるのは日本ハム。
抑えのマイケルと先発2番手のグリンがいなくなったのは大きい。
ダルビッシュがいても、それに続く先発がスウィーニー、藤井、多田野あたりだと弱い。抑えは武田久と移籍の林がやるのだろうが、言ってもマイケルの穴は大きい。武田勝あたりの復活が待たれる。
打線の目玉は二岡なんでしょうけど、三塁が守れないやら怪我やらでどうなるのだという状況。DHで起用するとヒメネスやスレッジが使いづらくなってしまうし、貧打に悩む日本ハムにとってはつらい。明るい材料は新人の大野がレギュラー捕手になりそうな感じであること。
高橋信二の打撃をいかせるようになる。

楽天
IN:<投手>ラズナー・チルダース・藤原(新人)
  <打者>中村紀・宮出・小坂
OUT:<投手>一場・ドミンゴ
   <打者>フェルナンデス・吉岡

別に戦力的に落ちるわけではないが、消去法的に考えたら最下位になった。
ただ十分Aクラスを狙えると思う。ただ抑えが定着していないのは厳しい。
抑え投手を固定できるかどうかが楽天浮上のカギだと思う。
打線は中村紀が加入、フェルナンデスが抜けたので打撃面はどっこいどっこいだが守備では雲泥の差。
セギ様もいるので打線が爆発したら面白い。かき回せるには十分な存在
| 他球団話 | 19:32 | comments(2) | - |
明るい材料は新人の大野がレギュラー捕手になりそうな感じであること。
| christian louboutin outlet | 2017/01/20 11:55 AM |

明るい材料は新人の大野がレギュラー捕手になりそうな感じであること。
| replica watches uk | 2017/08/17 4:25 PM |