RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

PROFILE

RECOMMEND

新宿スワン 1 (1)
新宿スワン 1 (1)

最近ハマっている漫画
歌舞伎町のスカウト物語。
裏社会に興味のある人は必読
Yの悲劇
Yの悲劇

超有名な作品ですが、
私がミステリーにはまったきっかけの作品です。まだ読んでない方は是非お読みください。ちなみにこの作品は4部作です。
OTHERS


03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Tigers is my destiny  (阪神こそ我が運命)

阪神を中心に野球の話題を
開幕シリーズ観戦記(その2)
さて開幕戦勝利の後の2試合目。

この日の先発はオープン戦の活躍で、先発ローテを勝ち取った岩田。
そんな岩田に初回から金本、鳥谷のタイムリー。
岩田も1死満塁のピンチに4番村田5番佐伯を連続三振に取るなどナイスピッチング。ここがある意味この試合のポイントでしたね。
そしてさらに金本は本塁打を含む3安打。
膝を手術してオープン戦では調整不足かなと思っていましたが・・・・
この人はもう化け物ですね(爆)
さらにこの日も代打葛城のヒットを皮切りに新井のタイムリーで追加点。
結局この日もこの1点が大きかった。フォードがいまいち調子が出ないだけにライト葛城になる日も近いかもしれない。
しかし、考えてみると当然ライトに葛城や桜井を起用する方法もあるし、
平野をライトにしてセカンドに関本を起用する方法もある。
林が復活したら本当にどうなるんでしょうか。
渡辺、久保田が1点ずつとられて、藤川も仁志に大飛球を打たれるものの
金本のファインプレーでなんとかしのいだ。
この日は鳥谷にもすごいファインプレーがあるなど、チームの雰囲気は良かったですねえ。


そして3試合目、この日は1塁特別指定席。後輩の親戚の企業招待席を譲ってもらったようで、周りは当然顔なじみが多いようで盛り上がっている。
でもほとんど野球観ていない!おまけに攻撃、守備関係なくうろちょろして野球に関係ない話を大声でしているのでちょっとイライラしましたが、
この日はそんな小さいことを吹っ飛ばすかのように試合内容が良かった。

まず初回、赤星がバントヒット。そして2番平野。
バントの構えからバスターエンドラン!これが成功して一気に無死1・3塁。この後新井がタイムリー。金本が2−3から三振のときに平野・新井が重盗失敗して2死2塁になるものの、今岡がさらにタイムリー。
重盗自体昨年はなかったが、三振ゲッツーで2アウトになってからでも点が取れるのは今年の違うところ。
さらにすごかったのが4回。2アウトから赤星死球、平野四球で出て、
打者新井の初球に重盗。これがあっさり決まる。
そして2・3塁になったところで新井がレフト前2点タイムリー。
なんて理想的な攻撃なんでしょう。
バスターエンドランに重盗、昨年までの岡田阪神には全く見られなかった攻撃です。私自身、各駅停車で足を使った攻撃をしない阪神打線に不満で面白みを感じませんでしたが、この日はまさに理想的な攻撃でした。
6回には新井がさらに追加点の2点タイムリー。
彼は長距離砲で結構もろいのイメージがありましたが、強打者ですね。
個人的にはホームランは20本そこそこでいいので打点をガンガンかせいで欲しいです。
そして投手では勿論福原。今までの速球でガンガン責める福原と違って、
老獪さを思わせるような投球術でゴロの山を築いていました。
速球派投手はストレートのスピードが衰えたときになかなかモデルチェンジできずに活躍できなくなる投手が多いのですが(良い例が与田など)
この日の福原は新しい境地を開いたような気がする。
それから平野・鳥谷の二遊間ってかなりのもんやね。
平野がスピードと技術、鳥谷の強肩でゲッツーの山、ここでも平野が存在感を見せました。
その甲斐あって福原はなんと完封勝利。
4回に唯一満塁のピンチが。しかもあれは2死1・2塁で塁を進めてまで好調小関を敬遠気味に歩かせて、満塁にして鶴岡勝負の予定が横浜が代打に鈴木尚を出してきたという誤算。
ここで本来なら裏目に出たというところなんですけど、代打が鈴木尚だったのが救い。正直今の鈴木尚には昔のようなこわさを感じないんだよね。逆に内川あたりを起用されたほうが嫌だった。横浜でいう「桧山的存在」なわけなんだけどね。
このピンチを抑えたことで今日はいけるってなったんでしょうね。
福原自身も自信がついたでしょう。
昨日、金本がお立ち台で「中継ぎに負担をかけているので、打ちまくって休ませてあげたい」という宣言通りになりました。




この3連戦振り返って、私は2番セカンド平野という存在がかなり大きいと思います。赤星・平野の1・2番は昨年の阪神に無かった「何をやってくるかわからない不気味さ」を感じます。
そして持ち味のヘッドスライディング。これには賛否両論あるでしょうけど(福本さんは間違いなく批判的やろw)チームを盛り上げる行為として私は肯定的です。1992年の快進撃も亀山の一塁ヘッドスライディングからですから。
濱中のトレードで平野が来るときに「阪神にいないタイプ」ということで期待していましたが、予想以上です。

この3試合目はまさに理想の試合でした。完璧です。
こういう野球が見たかったんだ〜!という念願がかなった最高の気分です。
是非、これからもこういう野球を続けてください。
当然、裏目に出ることもあるでしょうが、前向きな失敗に関しては私はどんどんやってもらえばいいと思ってます。

幸先良いスタートを切れました!
観戦成績 3勝0敗

(追伸)フォードはあと3試合見てから判断します。
| 虎話 | 02:02 | comments(1) | - |
開幕シリーズ観戦記(その1)
京セラドームでの横浜との開幕3連戦。
当初は土曜日だけ行く予定でした。金曜日は研修が入っているので諦めていましたが、よくみると「工場見学」が入っていました。
工場見学終了時間を考えると会社に戻っても定時過ぎるため直帰が許されました。開幕戦行けるやん!!(喜)
幸いライト外野上段が残っていたので2枚GETしました。
そしてしばらくすると会社の後輩が「のら(仮名)さん、日曜のチケあるんですけど行きませんか?」
結局3戦全部行くことになりました。

金曜日、研修先から直接ドームへ向かいます。さすがに研修に応援グッズを持っていけないのでカバンにカンフーメガホンだけ入れて。
途中、梅田で必勝を祈願してトンカツを食べる(爆)
そして京セラドームへ。

この日はカメラも忘れてしまって、携帯での写真。
始球式はやしきたかじんと藤山直美。
まあ、関西らしいな〜って感じやな。関東にいたときにやしきたかじんの知名度のなさに愕然としたことがあった。これほど関西と関東で知名度の差があるタレントはいないでしょう。(上沼恵美子はNHKとかおしゃべりクッキングやってるから)
藤山直美は岡田監督と親子ということなんでしょう(笑)
<若年層にはわからないかな?>
しかし、彼ら2人とも南海ファンやったんちゃうか???

まあ、昨年の千葉ロッテの開幕戦の始球式が千秋だったのに比べればマシか?(爆)

さて、試合は阪神・安藤、横浜・寺原でスタート。
序盤は完全に寺原に抑えられるものの、4回に会社の後輩が遅れて到着した途端に1死1・2塁から金本が2点タイムリー3塁打で同点。
しかも新井が一気にホームインし、金本も3塁へ。さらに今岡が続いて簡単に逆転。
さらに次の回に代打葛城が2塁打で出て、赤星が送って平野が犠飛。
この犠牲フライ。レフト小関への浅めのファールフライで、小関も浅いのでファールゾーンにもかかわらず捕球したんでしょうけど葛城はスタート!
次の塁を貪欲に責める姿勢。このあたりが今年の阪神は違うなって感じです。
しかし、葛城は2ベース。桜井も凡退とはいえいい当たり。
このへんが控えにいるというのがもったいないけど、それだけ層が厚いってことかな?
結局、この1点が最終回、ちょっと不安定だった藤川にとって大きかったと思う。1点差と2点差では精神的に大きく違ったと思います。

まずは開幕戦勝利。JFKで磐石という試合でしたが、走塁面や平野をセカンド→ライトにして藤本を入れるなど守備に対しての意識も今年は何か違うな〜と感じた開幕戦でした。
| 虎話 | 23:46 | comments(2) | - |
高松宮記念
セリーグが開幕。
なんやかんやで毎日観戦になり、野球一色状態です。
まあ、2試合見た感じとしては新井と平野の加入が大きいなと。
走塁、守備面でこの2人が引っ張っている感じがします。
後は控えの層の厚さ。特に葛城は代打で2試合とも得点に絡むヒットなどスタメンで使えないのがもったいないぐらい。

・・・まあ、明日もありますので詳細報告は後日まとめて。
馬の話を。

G靴G兇篭いのにG気肋,討泙擦鵝
先日も中山牝馬Sの万馬券を取るなど競馬自体は調子良いんですけどねえ。
では、一応予想をしてみます。

◎キンシャサノキセキ
〇マルカフェニックス
▲スズカフェニックス
△プレミアムボックス
×プリサイスマシーン
☆マイネルシーガル

中京1200mというまぎれのある条件。正直何が起こるかわかりません。
阪急杯組を中心に左回り実績のある馬をチョイス。
ローレルゲレイロは僅差の逃げ切りが続いているので今回は崩れるとみて、
本命は阪急杯で一転後ろからいったキンシャサノキセキを。
左周りも得意で理想的。対抗はマルカフェニックス。
連勝後、降着もこれがストレスリセットで吉と見る。
後はスズカフェニックスとプレミアムボックスですが、連続連対中も僅差続きのため少し心配。ファイングレインも同傾向だがG気離侫献セキ産駒の成績及び左回り適正のなさで切り。
大穴は中京大好きプリサイスマシーンだが1200mはどうか。
ただ1800からの短縮で一発はあるかも。
後は左回り大好きのマイネルシーガルだが休養明けと1200m初挑戦ということで注意まで。

馬券 馬連・3連複´↓キ

ついでにマーチSも

◎アドマイヤスバル
〇ブラックランナー
▲レオエンペラー
△マコトスバルピエロ
| 馬話 | 02:06 | comments(0) | - |
開幕メンバー発表
阪神の開幕登録メンバーが発表されました。

【投手】安藤、福原、下柳
    渡辺、江草、阿部、筒井
    久保田、ウィリアムス、藤川

【捕手】矢野、野口、小宮山

【内野】新井、平野、今岡、鳥谷、関本、藤本、坂

【外野】金本、赤星、フォード、桜井、葛城、浅井、桧山

小宮山と筒井以外はまあ順当かと。
ただ、広島戦に岩田、アッチソン、杉山が上がると思うので
2人は落ちるということになります。
浅井が一応捕手もできるので小宮山はその可能性が高いかな?
でも、彼はこれからの選手なので開幕戦の空気を味わうだけで価値はあるし、また自信及び励みになると思います。
また現実的な話をすると一軍登録されると一軍最低保証(1500万)との差額が登録日数の分日割りでもらえるので推定年俸480万の彼にはかなり大きいと思いますw

しかし、筒井はOP戦で中田に2度も打たれた屈辱をバネに頑張ったね。
あれ以来藤川のアドバイスもあったらしいが、ピッチングが見違えた。
きっかけをつかんだのかも知れない。
せっかくのチャンス!モノに出来るように頑張って欲しい。
第6の先発をつかんだ杉山もそう。
いつもは実績に頼る首脳陣なのに、ハシケンや上園、ボーグルソンを落としたところ見ると、今回は調子の良さを重視した感じがする。これなら若手投手陣もやりがいがありそうです。

後は能見!彼もOP戦でいきなりサヨナラ満塁弾食らってその後メロメロ。でも逆に一皮剥けるチャンスでもある。
今のままでは勝ち数より負け数が先行する弱小時代によくいた典型的な先発投手の域を出ない感じなので、筒井を見習ってこのショックをバネに成長して実力で先発の座をつかんで欲しい。

後は野手ですが、平野が加入して坂が調子いいだけに下手したら藤本あたりが危ないような感じだなあ。さらにここに林が帰ってきたらいったいどうなるんだろうか。
昨年はシーツや今岡、関本が不振でも交代要員がなかなかいなかったことを考えると今年は新井や平野の加入で色々なバリエーションが考えられます。

さあ、あさって開幕!今年も京セラドームにいってきます。
昨年は体調不良で前半戦ほとんど観戦できなかったけど、今年は頑張って応援しますよ〜。

| 虎話 | 23:41 | comments(0) | - |
リニューアル甲子園(センバツ高校野球)
公式戦が開幕する前にリニューアル甲子園にいってきました。
センバツ高校野球です。


近くに住んでいますが、高校野球は2回目。前に見たのは15年前ぐらいでした(確か天理−沖縄水産の夏の大会決勝戦だったと思う)
11時ごろに一塁アイビー席で観戦。確かに席は以前より広くなっています。
そして通路には喫煙スペースが個室でできており、通路が煙でもうもうになることもなくなりそうです。トイレや食事の設備もかなり充実していました。ただ、階段の段差でおかしなところがあるようで自分が座っていた横の階段で5人に1人ぐらいはつまずく。しかもみんな全く同じ場所でつまずきます。明らかに構造的な問題のようです(汗)

ちょうど第2試合がはじまるところでした。
下関商−履正社
しばらく観戦していると1塁側アルプスでどよめきと歓声が起こる。
誰か初老の男の人が手を上げて歓声に応えている。
自分の席からは誰か分からず、下関商側だから池永氏(元西鉄)かな〜と思ってましたが、後で聞いた話しでは安倍元首相だったそうです。
2−0のままで履正社のリードで来たが、9回に3番と5番がホームランで追いつくすごい展開に。延長戦へ。
しかし、延長10回・・・・センター竹野内くんのまさかのエラーで下関商はサヨナラ負け。彼は試合後ずっと泣き崩れて立つことも出来ない状態でした。
実は他にもいろいろあったんです。
2回に彼はレフトの選手と交錯してレフトの選手は担架で退場になりました。(脳震盪起こしたそうです。)
途中ファインプレーなどもありましたが、10回にエラーしなければ次の回は先ほど本塁打を打った2人のいるクリンナップ。しかもその前の回の最後の打者は竹野内くん。余りにも色々なことを1人で背負い込んでしまいました。高校生の彼にはかなり厳しかったでしょう。立てなかったのは無理ありません。私も運命ってこうまで意地悪かと思いました。
ただ、彼にはこの厳しい試練を是非乗り越えて欲しい。
観客席からは彼らの健闘を讃える大拍手。「夏にまた戻ってこいよ。待ってるぞ!」と声が飛んでいました。私も夏にまた下関商が戻ってくるのを期待します。
そしてそのときに竹野内くんには是非活躍してもらって「あの春のミスはとてもつらかったですが、それが僕を成長させてくれました」と笑顔で言ってくれることを願っています。

勝った履正社は大阪で出身の友人もいるのですが、思わず下関商を応援してしまいました。いきなりすごい試合で感動しました。

第3試合は埼玉の聖望学園が登場。鳥谷の母校として有名ですが、
私にとっては前の職場のすぐそばにある学校(飯能市)で、職場の同僚にもここの出身者がたくさんいるために応援していました。無事勝ててよかったです。

第4試合あたりから甲子園は雨が降り始め、めちゃくちゃ寒くなりました。
7回ぐらいでさすがに限界が来て、途中で退席しました。

でも3試合も見れたし、とにかく第2試合の内容がすばらしかったので満足です。やはりこういう一発勝負はまたプロ野球と違って楽しいですね。
ドラマを見せていただきました!
| 虎話 | 23:52 | comments(0) | - |
難儀な女たち(その2)
昨日、秋田連続児童殺害事件の畠山鈴香容疑者への地裁の判決が出ました。

無期懲役という判決でした。
判決はともかく、裁判官のコメント。

「凶悪、卑劣な犯行で責任は極めて重大。死刑も考えられるが、男児殺害を周到に計画したとはいえないなどの事情を考えると、極刑はちゅうちょせざるを得ない」

「刑事責任は重大で内省が表面的にとどまる被告の性格特性の改善が容易でない」

ポイントは後半の発言。要は無期懲役の仮釈放は慎重にという意味らしい。
その後、畠山被告は傍聴席の被害者家族に対して土下座したとのこと。

結構世間の意見は「良心の呵責があった」など肯定的な意見もあるが、ここで色々問題あるんです。
彼女は境界性人格障害と言われています。
わけあって私はこの性格について勉強する機会がありました。
簡単に説明すると「その場の感情だけで後先考えずに行動する」
「世間では到底理解しがたい自分だけの理屈で行動する」
など・・・

例えば自分の娘を殺した理由が「男との関係に邪魔になった」
そして豪憲君を殺したり理由が「私の娘はいないのに、楽しそうにいるから」
普通の人間ならそこで疑問が出るはず
「そもそも、娘に手をかけたのは自分やろうが?」
そこは上に書いた「その場の感情だけで行動する」典型的パターン。
彼女の頭の中では「娘がいなくなったのは自分のせい」という思考が欠落していると思われます。
それで「なんで私だけこんなに悲しい目にあわなくちゃならないの!」と思って2つ目の犯行に及ぶというわけです。
多分、自分の娘への愛情はあったと思うんですが、場面場面の欲求で存在が邪魔なときは我慢ができないので「うっとおしい存在」になる。
でも、いざいなくなると「娘の存在が欲しいときにいない」ということへの不満が出てくる。常識では考えにくい心境ですが、事実です。

後、話が二転三転したというのもウソをついてたんじゃないと思います。
彼女は本当にそう思い込んでいるんです。事実を自分の都合の良いようにインプットする。そうすると当然矛盾が生じる。そうするとそれに対してさらにその場しのぎのつじつま合わせをする。
これを繰り返してできたのが発言。もし、ウソをつこうと思ったらそのあたりの矛盾を消そうとするはずですが、実際そう思い込んでいるので明らかに矛盾していることでも平気で発言します。
「自分のことを棚に上げてよくそんなことを言えるなあ」という発言はこのへんから出てきます。その場だけの感情で経緯は忘れているか、自分の都合の良いように頭の中で修正されて思い込んでいるか・・・。

「土下座しておわびした」この気持ちは間違いなく彼女自身の感情でしょう。パフォーマンスじゃないと思う。
ただ、上で言ったとおりに「その場のみの感情」なんです。
この感情が持続されることはなく、「なんで私ばかりこんな目にあわなくちゃいけないの!?」と180℃変わったりします。
自分がまねいたことなんですが、先ほど言ったように「自分の都合の良い解釈を信じきっている」ため自分が悪いなんて思いません。
そしてやっかいなのは人格障害というものは本人に自覚がない限り、治療することは難しいということ。
人格障害によって発生する症状(躁鬱など)は治ることはあっても根本的な性格が治らない限り、また再発する。

今回の判決に対して「死刑にしろ」とは絶対に言いません。
ある意味、本人には自覚がないというのは正しいと思います。
彼女はある意味「かわいそうな」女性とも言えます。

ただ・・・日本の場合の無期懲役には仮釈放があります。
今の現状では無期懲役といっても15年ぐらいで仮釈放になるそうです。
上の理由があるので有期刑はもちろん仮釈放は危険なんです。
だから今回の裁判官が「仮釈放には慎重に」という苦渋の決断を思わせる内容が出たと考えます。
もし、終身刑が日本にあれば迷わず判決したと思います。

世の中、自分の意志で人を傷つける悪い人間もいます。
彼女の場合はその「意志」はありません。
でも意志がなく人を傷つけるほどこわいことはありません。
そして被害者にとって傷つけられたという事実は変わりないのです。

よく殺人事件で責任能力が問題になりますが、
「責任能力欠如≠悪くない」
被害者にとっては責任能力がどうあれ殺された事実には変わりないんです。

もうすぐ裁判員制度がはじまります。
感情論はいけませんが、もっと被害者の心情というものを考えて欲しいですね。
| 日常 | 02:15 | comments(1) | - |
難儀な女たち(その1)
最近、多忙と疲れでなかなか更新ができてません。
帰宅してもTV見ながら寝てしまったり、PCもなかなか開く気力がありません。まあ、その分仕事に気合が入っているんですけどね。

ここ最近気になったことを2件ほど。両方ともけったいな女が主役。

1つ目、例の橋下知事にたてついた作業服の女

まず事の経緯から説明すると橋下知事が朝礼を勤務時間内に行うのではなく、その前に行う。もしそれができないのなら一切の私語などを禁止すると宣言。それについて作業服の女性が
「何時間サービス残業やってるん思ってるんですか」
「あなたのすることは逆のことばっかり」

TVで何回もやっていたのでご存知でしょうが、どっちもおかしいんですよね。まず「サービス残業」は違法です。
現実はどうあれ公の場でサービス残業を強制する内容はおかしいと思う。
昨日の「休憩時間廃止&全面禁煙」発言に関しても休憩時間廃止はともかく、昼休みの外での食事以外たばこはダメというのは非現実。
実際そんなシステム導入したところで「暗黙の了解」というようなものが出来るのが目に見えている。
「就業時間中、お茶も飲むな、トイレもいくな」って言っているのと喫煙者にとっては同じ。喫煙がどうのこうの言う前に1/4の職員が喫煙者という現実を考えないと・・・。システムは作ることより、いかに導入するかが一番難しい。
ちょっと話がそれたがここまでは橋下知事の話。「理想論もいいが現実ももうちょっと見ようよ」っていうこと。

でも論外は作業員の女性の方。
ごちゃごちゃ言う前に貴方が勤めている「大阪府という”企業”」の状況を考えようよ。本来なら倒産している企業なんですよ。
そんな企業の社員が同じような発言をしていると考えたら「アホか」で一蹴です。そのへんがぬるま湯体質です。
サービス残業うんぬん言っていますがでは彼女らの年収は?もし200万ぐらいであればまだ話はわかりますが・・・・。(噂によると700万ぐらいらしい)
スーツ代とかわけのわからん手当をどれほどもらっているのか。
今の大阪府の財政に対する危機感というか自分がその一員である自覚が皆無なんだろうな。
こういうぬるま湯体質を続けてきたから、これだけの負債をかかえたわけで、それを橋下知事が建て直そうとしているのに、言うのは自分らの権利ばかり。ただの世間知らずのヒステリーとしか思えません。
おまけに笑ってしまうのは後のインタビューで「私はサービス残業してません」って・・・(呆)
自分さっき何言ったかわかってんのか?(嘲笑)
もうちょっと「破産企業の社員」ということを自覚しろ。
夕張市の職員がどんな状況で頑張っているのかわかってんのか!?

ただ、彼女の素性がどうもそういう組織の構成員ということで、なんとなく納得がいきました・・・。そのスジの人だったんですね。
ただ、一番呆れたのはこの女を讃えるような報道をしたマスコミやコメンテーターがいたこと。もうちょっと自分の頭で考えて発言しろ。
どう考えてもおかしいのはわかるでしょ?

・・・と、これはあくまで民間業者のサラリーマンとしての意見。
明日、公務員やってる友人たちに会うので公務員側の意見を聞いてみます。

長くなったのは2つ目は別にします。

| 日常 | 23:50 | comments(0) | - |
ホワイトデー
3月14日はホワイトデー。

うちの会社でもお返しはありました。
部署は男:女の比率が約2:1なので1000円ずつ集めても1人あたり2000円ぐらいに。

今回、そのお返し担当の1人が私でした。
とりあえず女性陣の希望を聞くとランチが食べたいということで
お昼に神戸屋レストランでランチ招待。
個人的にはこの辺りはあんまり来たくないんだけど・・(苦笑)
なんやかんやのカンパで1人2500円という予算になったので女性陣大ハッスル。
綿密に計画を立ててほとんどの人が予算2400円台(爆)2490円って人もいました!!いやはやおそるべし。
おまけに「あんまり食べれない」てことでそんなに頼まなかった人は「余ったお金で子供のおみやげ買っていい?(笑)」
おいおい・・・(汗)まあ、これは冗談でしたけどね・・・。

我々も一緒に食べましたが当然自腹・・・。お昼2000円はきつい。

そして本日はいつものお店にクッキーを買いに行きました。
会社の掃除のおばさんもバレンタインに出資してくれたので、神戸屋を誘いましたが「昼までの勤務だから、若い人でいってください」ってことなので
代わりに予算相当のクッキーを用意するためとプライベート用と。

プライベートでは結構この店のクッキーを渡しているので、今回は違う店にいってその店の定番のクッキーを買おうと思ってたが
「原油高でバターが手に入らず、現在注文できない状態です」とショーケースに紙が貼ってました。なんじゃそりゃ!?
・・・・こんなところにまで原油高の影響が・・・(汗)

結局、いつもの店で買いました(爆)

今日の晩御飯はこの店。ロシア料理の老舗「バラライカ」

学生時代から一度行ってみたかったお店です。
セットとザクースカ(前菜)を頼みましたがかなりのボリュームです。
ボルシチもピロシキもやはり今まで食べていたものとは違う感じです。
〆はロシアンティー。紅茶にローズジャムを入れます。満喫満喫。
店内も落ち着いた雰囲気で常連のような年配の方も多く、気持ちよく過ごせました。
机の上にあったマトリョーシカを同行者がえらい気に入ってました。

満腹状態で店を出てしばらく歩くとあら不思議。胃がすっきり。
普通、あれだけ肉料理を食べたら胃がもたれるはずなんだけど・・・
油をあまり使っていないのか、野菜が多いのか・・・
ラーメン1杯ぐらいなら食べられそうな状態に(食べないけどw)

かなり気に入りました。今度はカツレータを食べに行こう。


| 日常 | 01:19 | comments(0) | - |
2008年ペナント予想(パリーグ編)
前回はセリーグだったので今回はパリーグ

ロッテ  打撃+0.5 投手−1 守備±0 計−0.5
ソフトバンク 打撃±0 投手±0 守備−0.5 計−0.5
日本ハム 打撃−1 投手±0 守備−0.5 計−1.5
オリックス 打撃+1.5 投手+0.5 守備−0.5 計+1.5
楽天   打撃+0.5 投手±0 守備+0.5 計+1
西武   打撃−1.5 投手+0.5 守備±0 計−1


こんな感じです。戦力的には
ロッテ・ソフトバンク>日本ハム>オリックス・楽天>西武
上と下の差が昨年よりも縮まったような気がします。オリックスや楽天のCS出場の可能性も十分あります。
ただ、その要因が戦力強化ではなくて上位チームの主力選手のメジャー流出など戦力ダウンというのがさみしいですけどね。
詳細は以下の通り。
続きを読む >>
| 他球団話 | 17:56 | comments(1) | - |
スカイマーク観戦記
日曜のスカイマークでのロッテ戦に行ってまいりました。

スカイマークスタジアムのあるあたりは元々山を切り崩して新興住宅地にしたような場所なので、寒いと思うダウンを着ていったんですが、

めっちゃ暑いやん!!

バックネット裏にいたのですが、日光がジリジリときて暑い暑い。
ロッテの試合練習を見ていると、ごっつい体格のいい売り子さんが登場。
あのSASUKEで有名な山田勝己さんです。
だいたいこのあたりでいつも売り子しているそうです。

まず最初に新人紹介から。

この日は金村はやはりおらず・・・・大丈夫かいな。

そして試合開始、阪神は安藤、ロッテは渡辺俊介という豪華な先発陣。
この日もマリサポは元気でした。ここ神戸なんだけどな(笑)
そういえば、この日のロッテは9番に神戸という選手がファーストに入っていて、応援歌が一昨年まで在籍したマット・フランコのものでした。
♪神戸 神戸 おれたちの神戸〜
ひょっとしてスカイマーク限定か(笑)こういうシャレが利いたロッテの応援は好きやな〜。

安藤・渡辺俊介ともにすばらしいピッチング。特に渡辺俊介には阪神打線は手も足も出ないという感じ・・・・。
いやはや今年も一流の投手相手だと厳しいんかな〜。
そして5回に安藤に代わってなんと藤川登場。


そして6回には久保田も登場

久保田は2イニング。しかし、大松に2ランを打たれました(汗)

しかし、この日ボロボロだったのは阪神打線。とにかく打てない。
7回の鳥谷のヒットまでノーヒット・・・・大丈夫なのか?
ロッテがエラー連発したのでランナーは出るがヒットが出ないので点は入らない。そういえばこの日ロッテは4エラー記録したがそのうち3つは今江。
しかも打撃でもダメで最終打席は併殺打。ロッテファンからブーイングが起こっていました。確かにあの内容じゃ仕方ないな。

そういえば試合前に今江が阪神ベンチへ挨拶に。
多分大先輩の木戸コーチのところでしょうが、そのときに同級生の桜井との会話の感じと「じゃあな」って感じがほんまに“ただのツレ”って感じでしたw仲良いんでしょうね。

公式戦ならなんとかするところでしたが、OP戦なんで後半は若手選手や控え選手を起用。9回に坂がライトへ2ベースを打ち、これが2本目の安打。
後半は育成枠の田中とバルティリスの打撃を見ることが出来ました。

田中

バルティリス

田中のようなガッツあふれる選手は好きですね。是非頑張って3桁の背番号を卒業してください。

試合結果はこの通り・・・・。

3時過ぎると試合内容同様、急激に寒くなりました。トホホ・・・・。

帰りは三宮のHARBSへ。めちゃくちゃ並んでいました。
関西人ってよっぽどええもんじゃない限り並ばないんだけどね。。。30分近く待ったかな?
ストロベリーフェアだそうで、ストロベリーミルフィーユを注文。
1個で十分満足な量でした。
| 虎話 | 12:37 | comments(1) | - |
2008戦力分析ペナント予想(セリーグ編)
そろそろ恒例の戦力分析&順位予想を行いましょうか。
まずはセリーグから。
下の戦力±は昨年比と考えてください。

1.巨人   投手+1 打撃+1 守備±0 計+2
2.阪神   投手+1 打撃+1 守備±0 計+2
3.中日   投手±0 打撃−0.5 守備−1 計−1.5
4.ヤクルト 投手−0.5 打撃−0.5 守備+0.5 計−0.5
5.横浜   投手−0.5 打撃−0.5 守備±0 計−1
6.広島   投手−2 打撃−1 守備±0 計−3


順位予想は以上ですが、戦力はこんな感じかな。

巨人>阪神・中日>ヤクルト・横浜>広島

今回の台風の目はヤクルトだと思います。
高田監督になって、今までのヤクルトの選手が相次いで退団&移籍。
全く違ったヤクルトスワローズになりそうな予感がします。
機動力をいかした野球などが成功すればAクラス入りも狙えるかと思います。


一球団ずつ見ていきましょう。
続きを読む >>
| 虎話 | 12:40 | comments(1) | - |
OP戦行ってきました
最近、仕事が忙しい。
水曜、木曜と静岡に出張して、戻ってきて金曜は研修。
出張の疲れが残る中、京セラドームのOP戦に行ってまいりました。

今回はオリックスの主催ゲーム。
試合前の練習はホーム→ビジターの順番で開門後に見れるのはビジターチームの練習。すなわち今日は関西で阪神の練習が見れる希少な機会ってことです。しかも今回はバックネット裏の良席ということで頑張って開門直後に行ってまいりました。
席は2列目で横はなんとスコアラー席。御子柴さんと太田(貴)さんがいました。

鳥谷です。

桜井です。

試合前の練習で圧巻だったのは桜井広大
蒼々たる面々の中で一人異質の打球を放っていました。
昨年よりも打球の鋭さが増している感じです。

さて、あっという間に試合開始。始球式はなぜかカルーセル麻紀・・・なんでやねんw
<阪神>
8赤星D桧山6鳥谷3新井5今岡9葛城7桜井2野口4藤本P上園
<オリックス>
8坂口4後藤5ラロッカDローズ3カブレラ9濱中7迎2日高6大引P金子

関西でのOP戦開幕戦にふさわしいメンバー。
・・・と思ったらオリックスいきなり4番DHローズに代打古木。
確かDHは最低1打席は立たないといけないってルールがあったような・・。(昔、阪急時代の上田監督がそれを知らずにDHにアテ馬で山沖を使って、チャンスで山沖をそのまま打席に送らないといけなくなったというのがあったと思う)
今回、オープン戦だから問題にならなかったんでしょうか?
(後からローズの膝の違和感が理由ということが判明)

やはり濱中のときの声援はすごかった。

でも、力みすぎたのか結果が出ず。。。。

阪神は今岡と桜井にホームラン。打撃練習そのままのような桜井の打球には思わず声をあげるほどすごかった。
この打球を見る限りライトはやはり桜井で決まりかな。
そういえばこの日新外国人フォードも代打で出場し、見事タイムリーヒット。まだ少ししか見ていないがこのフォード、外国人には珍しくじっくり球を見るタイプ。日本のストライクゾーンに慣れるかどうかが鍵のような気がします。

それから今年から新しくできたHM。なんとなくメロディーは以前に比べて単調になってわかりやすく、歌詞も覚え易くなっています。
シーツや藤本のHMを代表とする意味不明の歌詞やノリの悪い駄作に比べて結構マシになっているような。さすがに自分らのセンスに問題があることに気づいたか?w
ただ、相変わらず「男意気」とか古臭い言葉があるのが気になりますが。
後、新井はいかにも広島チック、フォードはロッテ風ですな。
個人的には狩野のHMはいい出来だと思います。

試合は4−4で引き分け。オープン戦なんで勝ち負けは度外視。
9回土壇場で村松にタイムリーで追いつかれましたが、投手は金村大、捕手は小宮山。良い経験になったでしょう。
ただ、今日投げた上園−岩田−正田−金村大、岩田はそこそこでしたが後は色々課題があったと思います。
正田はキャンプでは評判良かったですけど、今日見た限りではストレートは135km/h程度で得意のカーブも古木にしっかり待って打たれるなど、一軍クラス相手には少し厳しいかなという印象がありました。

でも、やっぱり野球は楽しいですね。

そして本日の晩御飯はここ
香川に讃岐うどんツアーに行ったときはいつも最後はこの「一鶴」の骨付き鳥でしめていました。
久々の一鶴で、「おやどり」を頼みましたが確かに美味しいけど以前香川で食べていた鳥に比べて少し小さいし、味もコクがないような・・・。
他にも以前はなかったサイドメニューがたくさん。
でも一鶴はやはり以前のように「おやどり」「ひなどり」「とりめし(スープ付)」だけで十分だと思います。
でも久々に美味しかったです。



| 虎話 | 01:12 | comments(0) | - |