RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

PROFILE

RECOMMEND

新宿スワン 1 (1)
新宿スワン 1 (1)

最近ハマっている漫画
歌舞伎町のスカウト物語。
裏社会に興味のある人は必読
Yの悲劇
Yの悲劇

超有名な作品ですが、
私がミステリーにはまったきっかけの作品です。まだ読んでない方は是非お読みください。ちなみにこの作品は4部作です。
OTHERS


11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Tigers is my destiny  (阪神こそ我が運命)

阪神を中心に野球の話題を
FAの藤井獲得について
FA解禁などストーブリーグも熱くなってきました。

特に楽天は星野新政権で岩村を獲得するなど、2003年阪神のようにどんどん選手を獲得していこうというのが目立っています。
まあ、こういう政治力に関してはやはりすごいと思うのですが、監督としてはどうでしょうか?暴走した場合に故・島野さんのようにストップをかけられる人がいるのか注目です。

さらに広島がなんと内川の獲得に乗り出したというのは驚き。
是非、行ってもらいたい。意外と内川が3番に座って、栗原、岩本で
新外国人がそこそこ当たったりしたら打線はかなりのものになる。
逆に横浜は西武の細川を狙っているが、捕手よりも投手が先だと思うんだけどね。野口、橋本とFAで獲得して次は細川。前者に比べれば守備力やリードは比べ物にならないけど、相変わらず金の使い方に疑問がある。
だいたい内川・村田・ハーパー・スレッジ・カスティーヨといた打線で断トツ最下位になった理由は明確だと思うんだけどね。

そして我が阪神は楽天からFA宣言した藤井を獲得するとのこと。
理由としてはこのオフに手術をする城島が来季開幕が微妙ということでのいわば「付け焼刃的補強」ですな。
藤井も悪い選手ではないが、楽天嶋との競争に負けた選手が城島に太刀打ちできるとはとても思えない。
城島が戻ってきたらなんかあったときの控え捕手としてずっとベンチにいるでしょう。
そんな選手に2年で1億2千万(推定)も使うか。小宮山・清水という捕手もいるわけだし、城島がいない間フォローするのならそれこそ横浜自由契約の野口を呼び戻して、日本ハムの中嶋兼任コーチみたいな形でやればいい。
阪神の投手もよく知っているわけなんだからさ。

これじゃあ横浜のこと笑えないよ。
それなら投手の補強をしてもらいたい。

藤井にとっても「活躍の場所を求めて」のFA宣言だったのに、より活躍の場が少ない球団が手を挙げるとはね。
まあ、年齢も30半ばだし、関西出身で入団も近鉄となると2年契約の好条件で阪神となれば「喜んで」という話でしょうね。
推定年俸が4000万で今年ほとんど一軍で出ていないから、普通なら3200万ぐらいにダウンしてもおかしくないぐらいだからね。
それにこの状態がもう1年続けば年齢的に解雇も考えられる。
そう考えれば、この阪神の条件は願ったりかなったりでしょう。

だから入団となれば藤井本人に対してはどうこう思わないし、当然応援するけど、こういった球団の体質がねえ。。。
なんか一昔前の巨人みたいですごく嫌。

城島が帰ってきてからも定期的に休ませて藤井にマスクをかぶらせるような柔軟な起用ができればいいけど、今の真弓阪神にそんな采配はまあできないでしょう。目先の勝利にこだわって計画性ゼロってのはここ2年通じて変わらないので。
ただ、城島も今季見ていればもうフル出場は体力的にしんどいようなので、上手く休ますことでシーズン終了まである一定レベル以上のパフォーマンスを保つことができれば良いのですがねえ。

小宮山や清水を試す良い機会だと思うのですがねえ。

明日はファン感謝デー、正直あまり興味はないが年間指定席メンバーと久々に会う機会なので忘年会風に楽しんできます。
| 虎話 | 02:41 | comments(6) | - |
初めてNGKへ
もう・・・超超超多忙です。

今月は出張以外は毎日残業で、まだ18日なのに今日ですでに組合と会社の取り決めた残業時間を超えてしまったので、協定書を書くはめに。

しかも今週は現場作業がメインなので結構きついです。
定時まで現場作業やって、そこから4時間ほどデスクワーク。
今週は4日中3日は最後の一人ですわ。

そんな状態なのでなんかストレス発散したいんですが、野球は終わっているし・・・というわけで従弟の出演する舞台をまた見に行きました。

今回はよしもと∞ホール。
実はNGKに行くのは初めてです。
甲子園の高校野球と一緒で近すぎるとあんまり行かないもんですわ。
今回は新喜劇の若手メンバーの安井まさじさん主演の「あんちきショー」という一言で言うと「ビーバップハイスクール風新喜劇」です。

一応ストーリーはあったようなんですが、個人技の方が目立ったような気がします。劇の内容よりアドリブの部分が結構笑えました。
従弟も結構メインの役柄をやっておりました。

ストーリーよりも劇終了後の雑談の際に従弟がスベって、清水けんじさんが「お前親戚5人来てんやろぉ〜」と突っ込んだ際に思わず手を振ってしまい、「あそこにいはるやんか。すんませんね〜ほんまに」といじられました。
こういうときにさっと手が上がるところは「いじられたら美味しい」という関西人のサガなんでしょうね。

こうやって実際見に行くとやはり新喜劇の他のメンバーにも親近感がわくようで、今までは土曜のTVの新喜劇も最初の出演者のテロップをチェックして従弟が出てなければ見ないことが多かったが(ウラマヨにチェンジ)、最近はそのまま見てますもんね。

疲れているときは笑うのが一番
オフシーズンの心の洗濯にはちょうどいいかも。
| 日常 | 01:55 | comments(4) | - |
本当の意味で今シーズン終了
ロッテが3位から日本一になりました

開始前はロッテと中日ということで、世間一般的には地味な扱いでしたが、内容は野球好きにはたまらないような手に汗握る内容でした。

私は千葉マリンの第4戦、第5戦は見れてなかったのですが、ターニングポイントだったと思うのは第6戦の場面。
8回表、2−1で中日リードの場面で2死2塁、浅尾vsサブローの場面。
浅尾のストレートに全くタイミングが合わないサブローに変化球をタイムリーされた。
この場面、谷繁は外にボール球の変化球を投げた後、ストレート勝負という意図があったんだと思うのですが、その変化球がバットの届く範囲に行ってしまった。
結局このまま延長15回引き分けになるのですが、ここで抑えていたら第6戦は中日が勝利していただろうし、それによって第7戦の雰囲気も変わっていただろう。
負けてももう1戦あるロッテと後がない中日、しかも前日は15回までの死闘・・・。
わずかの勝負のあやなんですよね。

そして、もう一つはロッテ岡田外野手の活躍。
育成枠で2009年入団し、今年は守備固めや代走などで活躍。
守備、走塁はかなりのものがあるのだが、いかんせん打てないというイメージがありました。
今回のシリーズも当初は代走、守備固めとしてベンチ入りしていたんですが、初戦の大松の怪我により突然出番が回ってきて、スタメンで大活躍。
このシリーズで多分彼の人生は変わったでしょう。
現在頑張っている育成枠選手や独立リーグの選手にとって大いなる希望になったでしょう。

さあ、これで2010年の野球は終わりました。
(日韓チャンピオンシップなんて、お祭りみたいなもんだし)

さあ、ストーブリーグのはじまりです。

先日、巨人と日本ハムとの間でトレード

オビスポと須永+紺田の交換

オビスポといえば、150km超のストレートで谷間の先発などで活躍していたドミニカ人投手。
ただ、交換相手が須永に紺田。
須永は浦和学院からドラフト1位で入団し、期待されていたものの制球難で結果が出ず、正直戦力外になってもおかしくなかった状態。
紺田は俊足と守備が売りの外野手だが、打力はいまいち。
しかも巨人には一昨年、マイケルと一緒に移籍した工藤という同じタイプの外野手がおり、その工藤の出番がない状態で果たして紺田を必要としているのか疑問である。

巨人は外国人枠を空けるのが目的?
オビスポに伸びしろなしと判断したのかな?
でもクルーン、エドガー、グライシンガー、李など4人の解雇が決定的でさらに空ける必要性はあったのか?5人も新外国人を取る気なのだろうか?

いまいち目的が見えないトレードでした。
それとも巨人は外野手を出してさらなるトレードをもくろんでいるのでしょうか?

こっちも目が離せません。
| 他球団話 | 00:56 | comments(7) | - |
オフの祝日の過ごし方〜お笑い編〜
日本シリーズはまだやっているけど、阪神にとってはもうシーズンオフ。
オフの祝日の過ごし方ということで、今日は京橋花月に行ってきました。

本日、見に行ったのはナイトステージの劇団スープパスタ第4回公演
若手の有志が集まって喜劇をやるのですが、出演者は下記の通り

信濃岳夫(吉本新喜劇)
岩橋良昌(プラスマイナス)
兼光貴史(プラスマイナス)
花岡翔(さかなDVD)
宮崎高章(吉本新喜劇)
諸見里大介(ハム)
藤本聖(ソーセージ)


このメンバーを見ればわかる人にはわかると思いますが、従弟が出演している関係で行きました。
以前から誘いもあって気になっていたのですが、平日だったり野球があったりでなかなか行けなくて、今日は祝日で嫁も休みを取れたということで夫婦で行くことにしていました。
そしたら一昨日、弟から「俺も行くで」ということで、弟とまた別の従妹と4人で行ってきました。
従弟があらかじめ並びでチケットを取ってくれていました。

席に座っていると、伯父伯母(出演する従弟の両親)も登場。

1時間半の演劇で、すごくおもしろかったです。相当笑わせてもらいました。やはり諸見里君の「滑舌の悪さいじり」は鉄板ですね。

今回の出演者で全国区なのはこの諸見里君ぐらい(プラスマイナス兼光君のモノマネも結構有名)かと思いますが、みんなすごく上手で十分満足いく内容でした。
それから友情出演のゴメス河田君

彼は阪神ファンではひそかに有名な赤星芸人でストリーク山田の地位をおびやかすぐらい上手です。
俗に言う「細かすぎて伝わらないモノマネ」ですね。
※多分そのうち出るでしょうw

この日の劇終了後のネタもバティスタ(ソフトバンク)やオグリビー(近鉄)などコアな人しかわからないモノマネ。
そして阪神ネタでは新井が完璧な当たりを打った時(バットの返し)
そして平野の見逃し方。
ちなみにこの日、うちの嫁が一番食いついてたのはこの「平野の見逃し方」でした(ぉ
共にちゃんとストッキングの長さを変えるマメさw

ちなみに彼を見たい方は阪神百貨店屋上ビアホールで阪神戦をやるときに行けばよくいます(笑)

そして帰りは伯父たちと合流、従弟に声をかけにいくときに
偶然プラスマイナス兼光君に遭遇。伯父伯母に挨拶して「一族です」と紹介されると「お世話になっています」とw
嫁が「一昨日、クイズ紳助くんに出てた人と話してるんってめっちゃ不思議!」とわけわからんことゆうてましたw

帰りは伯父伯母含め一族6人で梅田で11時ぐらいまで飲んでいましたw

感想としてはやはり劇場で生で見た方が、音とか空気とかがよく伝わって本当に楽しいです。是非みなさんも一度足を運んでみてください。
お笑いの好きな人には損はないと思います。

しかし、従弟の演劇を見に行った話なのにチョイ役の友情出演のゴメス河田君の話が半分を占めてしまうところが阪神ファンの悲しいサガかな・・・

14日にまた従弟が別のホールで出るみたいなので行ってこようかなあ。
今、前向きに検討中。
| 日常 | 01:23 | comments(4) | - |